千と千尋の神隠し / Spirited Away

『千と千尋の神隠し』とは、スタジオジブリが制作した長編アニメーション映画。宮崎駿の原作・脚本・監督により2001年に公開された。ジブリ作品の興行収入ランキング1位。316億8000万円で当時は日本国内の興行収入1位だった。『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』に記録を更新されるまで、記録を破られることは無かった。
不思議な世界に迷い込んだ10歳の少女、千尋(ちひろ)が、「千」(せん)という名で神々が訪れる湯屋「油屋」で働き、豚にされた両親や謎の少年ハクを助けるために強く生きていく姿を描いた物語。
2002年に第52回ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞。2003年に第75回アカデミー賞でアカデミー長編アニメ映画賞を受賞。日本の長編アニメ作品でアカデミー賞を獲得したのは本作品のみ。
日本テレビ系『金曜ロードショー』の2003年に1回目を放送。視聴率は46.9%でこの年の紅白歌合戦の視聴率を上回り、同年の年間視聴率1位を記録した。
2022年舞台『千と千尋の神隠し』が上演され、第47回菊田一夫劇賞を受賞。

千と千尋の神隠し / Spirited Awayの関連記事

千と千尋の神隠し(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

千と千尋の神隠し(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『千と千尋の神隠し』とは、2001年の夏に劇場公開されたジブリの長編アニメーション映画。この映画は千尋という10歳の少女が神々の世界に迷い込んでしまう物語である。興行収入は300億円を超える業績を生み出し、2003年にはアカデミー賞を受賞した。まさに大作中の大作である。その名作ぶりは2016年のイギリスBBCの投票で、「21世紀の偉大な映画ベスト100」の4位に選ばれたほど。

Read Article

ジブリの歴代ヒロインまとめ

ジブリの歴代ヒロインまとめ

ジブリの歴代ヒロインとは、『風の谷のナウシカ』や『天空の城ラピュタ』といったジブリ作品に登場する女性キャラクターたちのことである。ジブリのヒロインは主人公として登場することも多く、その存在はファンたちから憧れを抱かれることも多い。主に10代の女子が活躍しているが、その他にもポニョやメイのような幼い女の子やマダム・ジーナのような大人の女性も作品を盛り上げている。

Read Article

天空の城ラピュタ(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

天空の城ラピュタ(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

1986年公開、スタジオジブリ作品。宮崎駿氏が監督、脚本、原作を手掛けた長編アニメです。飛行石という不思議な石を持つシータと、彼女を助けた少年パズー。空に浮かぶとされる島ラピュタ発見を夢見て、飛行機を作っていたパズーはシータと共にラピュタ探しを提案します。そこに空中海賊、政府軍などが飛行石、そしてラピュタを狙い介入。ただの冒険活劇でないところが、数十年経っても衰えない人気を誇っています。

Read Article

崖の上のポニョ(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

崖の上のポニョ(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「崖の上のポニョ」とは、宮崎駿監督によるスタジオジブリ製作の長編アニメーション映画作品。2008年に公開された。藤岡藤巻と大橋のぞみが歌うエンディング主題歌「崖の上のポニョ」は、オリコン週間3位になり話題になった。崖の上の一軒家に住んでいた5歳児の少年「宗介」は、海で魚の女の子「ポニョ」に出会う。ポニョは宗介に恋をし、人間になろうとするのであった。

Read Article

となりのトトロ(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

となりのトトロ(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

1988年公開。昭和30年代、緑豊かな農村に引っ越してきた草壁さつき、メイの姉妹は奇妙な生き物トトロと出会います。ネコバスも含め、子供の時にしか会えない彼らとの交流、そして少しの成長を描いたもの。爽やかな自然の描写と、それに相反する多くの暗い都市伝説を持つ作品でもあります。宮崎駿の原作、脚本、監督アニメ映画。

Read Article

風の谷のナウシカ(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

風の谷のナウシカ(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『風の谷のナウシカ』とは、1984年トップクラフト制作の日本アニメーション映画で、宮崎駿監督の長編アニメーション映画第2作である。原作は「アニメージュ」に連載していた宮崎の同名漫画『風の谷のナウシカ』。遥か遠い未来、近代文明が崩壊し「腐海(ふかい)」と呼ばれる菌類の森に世界は覆われていた。その辺境にある「風の谷」で生き抜く少女の生き様を描く。

Read Article

風立ちぬ(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

風立ちぬ(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『風立ちぬ』とは、2013年にスタジオジブリが公開したアニメーション映画で、監督は宮崎駿。キャッチコピーは「生きねば。」。主人公の堀越二郎は、幼い頃から飛行機が大好きで飛行機乗りになりたかった。しかし近眼という決定的な欠陥から飛行機乗りの道を諦め、設計者を志すこととなる。そして大学生のころ関東大震災にあい、その時に出会った結核の少女、里見菜穂子と恋に落ちる。大正から昭和へと流れゆく時代に、生と死の間で苦悩する青年を描いた感動作となっている。

Read Article

おもひでぽろぽろ(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

おもひでぽろぽろ(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

1991年公開のスタジオジブリ作品。監督・脚本は高畑勲。制作プロデューサーとして宮崎駿も参加している。ひとり旅に出た27歳の私が“小学5年生のワタシ”と一緒に、それまでの歩みを振り返るストーリー。 声優として今井美樹や柳葉敏郎が参加していることも上映当時には話題となった。 キャッチコピーは「私はワタシと旅に出る」。

Read Article

コクリコ坂から(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

コクリコ坂から(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『コクリコ坂から』とは、2011年に公開されたスタジオジブリのアニメーション映画。監督は宮崎吾朗で、キャッチコピーは『上を向いて歩こう。』。 港南学園高校2年生のメルこと松崎海は、毎朝庭で旗を揚げていた。それは戦争に行ったきり、帰ってこない父親へ向けた信号旗だった。ある日、学校新聞「週刊カルチェラタン」で、自分が旗を揚げる少女として取り上げられていることに気が付く。それは同じ高校の3年生、風間俊が書いた記事だった。メルはこの記事をきっかけに俊を気にするようになり、だんだんと彼に惹かれていく。

Read Article

君たちはどう生きるか(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

君たちはどう生きるか(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『君たちはどう生きるか』とは、義母を救うために不可思議な世界を旅する少年の姿を描いた、宮崎駿によるアニメ映画。宮崎が「これで本当に最後」と明言して制作した作品で、宣伝も無く、公式HPも無く、一切情報を隠したまま公開されるという独特の手法で話題となった。 太平洋戦争が激化する最中、牧眞人は父と共に郊外へ引っ越し、そこで叔母で新たに自身の義母となるナツコと再会。どう接すればいいのか互いに戸惑う中、ナツコはいずこかへと姿を消し、眞人は彼女を連れ戻すために謎のアオサギに導かれて異界へと旅立っていく。

Read Article

魔女の宅急便(魔女宅)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

魔女の宅急便(魔女宅)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『魔女の宅急便』は、1989年に公開されたスタジオジブリ制作のアニメーション映画。キャッチコピーは「おちこんだりもしたけれど、私は元気です」。13歳の魔女キキは満月の夜に自分の住む街を出て、海の向こうの街コリコにたどり着く。そこで「魔女の宅急便」を開業し、挫折を味わい、成長していく。角野栄子の『魔女の宅急便』が原作で、映画では原作よりファンタジー性が抑えられているのが特徴。

Read Article

ハウルの動く城(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ハウルの動く城(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「ハウルの動く城」とは宮崎駿監督、スタジオジブリ製作の日本の長編アニメーション映画作品である。2004年11月20日に全国公開され、興行収入は196億円。スタジオジブリ製作アニメでは「もののけ姫」を抜き、「千と千尋の神隠し」に次ぐ第2位の記録を樹立した。 物語は魔法と機械が混在する架空の世界が舞台。呪いで老婆にされた少女ソフィーと魔法使いハウルの戦火の恋を描く。

Read Article

もののけ姫(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

もののけ姫(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『もののけ姫』とは、宮崎駿、スタジオジブリ原作の長編アニメーション映画作品である。 1997年7月12日全国公開され、1998年の春先までロングラン上映を実施した映画館もあったことで、 興行収入193億円を記録し、20世紀日本映画歴代興行収入第1位となった。 アシタカという人間ともののけに育てられたサンが出会い、人間と自然の対立を描いた壮大な作品になっている。

Read Article

ゲド戦記(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ゲド戦記(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

2006年公開、スタジオジブリ作品であり、宮崎駿氏の息子である宮崎吾朗氏が初監督を務めた長編アニメーション映画。国を捨て旅に出た王子アレンと、その旅の途中で出会った顔にやけどを負った少女テルー。二人は旅をするにつれ、自身が抱える辛い過去と向き合いながらお互いの理解を深めていく。互いの心に歩み成長していく姿や、メッセージ性に様々な考え方をもたらす作品。

Read Article

NEW
紅の豚(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

紅の豚(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『紅の豚』は、1992年7月18日に劇場公開された、スタジオジブリ制作・宮﨑駿監督による日本の長編アニメーション作品である。舞台は世界大恐慌に揺れるイタリア・アドリア海。自分自身に魔法をかけて豚の姿になったイタリア人・マルコが偽名「ポルコ・ロッソ」を使い、飛行艇を乗り回す空中海賊「空賊」たちを相手に、賞金稼ぎとして空中戦を繰り広げる。

Read Article

NEW
耳をすませば(耳すま)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

耳をすませば(耳すま)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「耳をすませば」は、1995年に公開されたジブリ映画。原作者は柊あおいである。この映画は、ジブリ作品を作画で支えていた近藤善文の最初で最後の監督作品で脚本・絵コンテは宮崎駿が担当している。ストーリーは、主人公「月島雫」を中心に恋や夢、悩みなどを描いている。誰もが一度は経験したことがある甘酸っぱい青春ストーリーで未だに人気の高い作品だ。

Read Article

借りぐらしのアリエッティ(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

借りぐらしのアリエッティ(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『借りぐらしのアリエッティ』とはメアリー・ノートン著書の『床下の小人たち』を原作として、米林宏昌が監督のスタジオジブリ制作アニメーション映画である。最終興行収入は92億5000万円で2011年に日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞。とても美しい映像は劇中の音楽とよく合い、見ている人を夢中にさせた。人間に見られてはいけない小人が、人間の家で物を借りながらどのように隠れて暮らすのか、そして短い間に築かれていく小人であるアリエッティと少年の翔との友情と絆を描く。

Read Article

ナウシカが招いた死の未来【漫画版 風の谷のナウシカ(ネタバレあり)】

ナウシカが招いた死の未来【漫画版 風の谷のナウシカ(ネタバレあり)】

初めてのジブリ作品で、代表作の一つである『風の谷のナウシカ』。ナウシカには映画版と漫画版があり、映画版の内容は漫画版全7卷の中で第1巻のストーリーです。 漫画版では、王蟲や腐海の蟲はなぜ生まれたのか、巨神兵は何のために生まれたのか、ナウシカたちは何者なのか、など映画では描かれなかった衝撃の事実が明らかになります。それを知ったナウシカはある行動に出ます。それは逃れられない滅びの道です。 この記事では、漫画版で描かれた衝撃の結末・ナウシカの決断を解説します。

Read Article

もののけ姫のシシ神の謎についてネタバレ解説・考察まとめ

もののけ姫のシシ神の謎についてネタバレ解説・考察まとめ

スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画「もののけ姫」。人間と森に住まう神々「もののけ」との対立を描く。劇中の神々の頂点としてシシ神という存在が登場する。シシ神は多くの謎を覗かせつつも最後までその存在がどういうものかを劇中で語りつくされることなく、物語は終了する。人にとって、また神々にとってどういう存在なのかについて掘り下げていく。

Read Article

未来少年コナン(アニメ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

未来少年コナン(アニメ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『未来少年コナン』とは、宮崎駿監督が初監督をした作品で、小説家アレグザンダー・ケイの「残された人々」を原作にしています。NHKによって1978年4月から10月まで放送された作品。この作品は核兵器を上回る超磁力兵器によって文明が崩壊して20年が経った後の世界で、野生児コナンとその仲間たちによる冒険アクションアニメです。

Read Article

火垂るの墓(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

火垂るの墓(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『火垂るの墓』とは、自身の戦争体験を題材にした野坂昭如の短編小説を元に、監督と脚本を高畑勲、新潮社とスタジオジブリが製作した劇場用長編アニメーション映画。1988年4月16日から東宝系で公開された。第二次大戦下の兵庫県神戸市と西宮市近郊を舞台に、父の出征中に母が亡くなってしまった14歳の兄・清太と4歳の妹・節子が、終戦前後の混乱の中を必死で生き抜こうとする姿を描いた物語。

Read Article

思い出のマーニー(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

思い出のマーニー(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

イギリスの作家ジョーン・G・ロビンソンの古典的名作「思い出のマーニー」をスタジオジブリ制作・米林宏昌監督により2014年に劇場アニメ化。内気な少女杏奈は喘息の療養のため夏休みの間だけ釧路に住む事になった。そこにあった湿っ地屋敷と呼ばれる廃墟で不思議な少女マーニーと出会う。

Read Article

かぐや姫の物語(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

かぐや姫の物語(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『かぐや姫の物語』とは、日本最古の物語と言われている『竹取物語』を題材に、高畑勲が14年ぶりに監督を務めたスタジオジブリ制作のアニメーション映画。2013年11月公開。キャッチコピーは「姫の犯した罪と罰」。竹から出てきた娘・かぐや姫が美しく成長し、男性たちからの求婚をかわし、やがて月に帰って行くという『竹取物語』の筋書きはそのままに、何のために地球に来てなぜ月に帰ることになったのか、誰も知ることのなかったかぐや姫の「心」と、物語に隠された真実を描き出す。

Read Article

千と千尋の神隠し / Spirited Awayのレビュー・評価・感想

New Review
千と千尋の神隠し / Spirited Away
10

アニメ映画『千と千尋の神隠し』についてのレビュー

『千と千尋の神隠し』は、ジブリ作品の中でも傑作とされている作品で、作画の美しさはもちろん、見る度に新しい発見があり、視聴者を惹き付けるミステリアスさがある。この作品については様々な考察が存在し、考察を見た後にそれを踏まえてもう一度視聴する事で新たな発見や腑に落ちる部分があるので、何度も見たくなる事がいつまでもこの作品が愛される理由の一つであると思う。
また、ハク役を演じていた入野自由は当時13歳で、声変わりの時期であり、本人でさえもう二度とハクの声を演じる事は出来ないという。作品の中でのハクが、もう二度と再現する事が出来ない唯一無二のハクである事がエモーショナルであり、なんとも言えない儚さを感じる。
ジブリ作品は他のジブリ作品との繋がりを連想させる作中の描き込みが魅力の1つだが、『千と千尋の神隠し』にもいくつか他の作品との繋がりが感じられる描写がある。特に海の上を走る電車に乗って銭婆の所まで行くシーンでは、途中で止まった駅、「沼原駅」におかっぱ頭の少女が立っており、この少女が『火垂るの墓』に出てくる節子であると言われているなど、この1つのシーンにも、見るものに様々な考察をさせる設定や工夫が多く存在し、人間の明るい部分や綺麗事だけではない心情を直接的ではない表現で表している素晴らしい作品だと思う。

千と千尋の神隠し / Spirited Away
10

千と千尋の神隠し

ジブリ映画はどの作品も面白いです。テーマは銭湯を題材にしています。不思議な国へ入ってしまった千尋ちゃんは湯ばーばのところへ働きにいきます。お父さんお母さんが豚になってしまうシーンは衝撃的でした。あのお父さんとお母さんが食べていた謎のプルプルした食べ物をネットの中で再現しようとされている方が多くいます。ユーチューブで何人も真似をされている方がいました。また、リンさんはかっこよくて優しいです。でもカエルと一緒に仕事をしているのは驚きました。すごい発想力だと思いました。宮崎監督は本当に才能にあふれている人だなと思いました。しかし、ハクが湯ばーばに支配されているのはかわいそうだと思いました。でもハクは飛ぶのをやめようとしませんでした。男らしいところはかっこいいです。また、カオナシがきたときは何でも食べてしまい、不気味だなと感じました。カエルの声がカオナシから聞こえて不思議な感じでした。結局カオナシが千ほしい、千ほしいと言いながら電車に乗っているカオナシは笑っちゃいました。ハクはコハク川という千尋が昔おぼれてしまった川でした。昔の気持ちを思いでしてほしいけど大人になってもその気持ちを忘れないでと言っている気がしました。

千と千尋の神隠し / Spirited Away
9

千と千尋の神隠しのメッセージ

千と千尋の神隠し、2001年に公開されたとても素敵なジブリ作品の一つです。
トンネルに入り、そこから不思議な世界に迷い込む物語です。
不思議な世界に迷い込んでしまった千尋が元の世界に戻るため、湯婆婆に利用されているハクを救いたいと最初は臆病だった千尋がいろんな体験を通して成長をしていくところが見どころです。
もっと自分に自信を持ちたい、一歩前に進みたいという方が観たら勇気をもらえる作品だと思います。
カオナシや湯婆婆、釜爺と個性的なキャラクターがたくさん出てくるのもこの作品の魅力です。
最初のシーンの、トンネルを抜けるまでの不気味な雰囲気や、不思議の町、ハクの存在、ワクワクするポイントもたくさんあります。
最初は一人ぼっちの千尋だったけど、釜爺が自分の孫と言ってかばってくれたり、上司のリンが優しくしてくれたり、最後には銭婆も味方になってくれて、人の温かみが伝わるような作品にもなっていると思います。
物語の最後には千尋は元の世界に戻って両親と再会します。それはハクとの別れを意味していて、そこが少し切なかったです。
子どもと大人が観るのでは感じ方が全く違う作品になっているので何度見ても面白い作品になっています。

千と千尋の神隠し / Spirited Away
10

最初と最後が繋がる作品。

子どもの頃はただたのしかった。大人になってみると、たのしいだけの作品じゃなかったです。もう会えないことをこんなに清々しい最後として映像にできる感性にこの先何本の映画を観ても出会えないと思うほどいい作品。10歳の千尋は10歳だからこそまたねを信じて帰る決断ができたのだと思います。もう少し大人になってしまっていたら、ハクと一緒に湯屋で生きる決断もできたと思うし、仮に帰る決断をしても寂しいと口に出す文字通りのお別れの切なさもあったと思います。千尋が10歳の女の子だからこそああいった最後で別れを描けること、名残惜しそうに振り返らないでと言って残ったハクの手にたくさんの想いがあったこと、特別なお別れの言葉はないお別れは千尋の世界の純粋さそのものだったと思います。一度あったことは忘れないものさ。思い出せないだけで、という銭婆の言葉の通りに、わたしたちは思い出せないことの方がきっと多くて、それでもちゃんと忘れていないといいなって思います。思い出せないことが忘れているで結ばれていないといいなと思います。千尋の束ねた髪でキラッと光ったヘアゴムが千尋の思い出せないだけで忘れていない思い出のひとつであることをわたしたちだけが知っていることは、この作品の上で尊いことだと思います。

千と千尋の神隠し / Spirited Away
4

よくわからない。

ジブリの中で、話がよく分からない話だと思います。まず、ハクがなんで千尋を助けてるのか分からないし、千尋が霊感があって昔遊んだとか、川の掃除をしてたとかなら分かるけど、昔、僕で溺れたんだ、って。それでなんで千尋なのか訳が分からないし、なんか恩返し的なことにしたほうが分かりやすいのになあと思うし、最初、千尋のお父さんらが湯場に近づいた理由も分かりませんでした。その湯場が人間を定期的に攫ってるとか、何日も迷って腹ペコだったとかなら分かるけど、なんか結局ストーリーが千尋を働かせることありきっていうか、御都合主義っていう感じがします。まあ、ハクはかっこいいし、千尋もがんばってるし、湯場の様子も中の人らの姿も面白いので、映像として見るとすごいと思うし、いい場面もあります。好きな人がいるのも分かりますが、私はあんまりのれなかったです。ハマった人から見ると、私の言ってることは揚げ足取りなんでしょうけど、なんかあんまりでした。あと、後半の展開が速すぎるというか、長くなっちゃったからまとめた感がありました。映画より、連載物とかの方が良かったのかもなと思います。いろんな神様を見るのも楽しいし、千尋の変わりぶりも順を追って見れます。映画には向いてない題材だったかなと思いました。

千と千尋の神隠し / Spirited Away
6

話はあまりない

千尋ちゃんが、湯婆婆に何を言われても頑張って仕事をしていたりとか、助けてくれるお姉さん的な人がいたとか、面白い要素はありました。
私が好きなのは、やっぱり、体にゴミの詰まった神様の世話を千尋がするところです。りんは一生懸命、風呂を洗ってるし、番頭から札を手に入れるところも、なるほどと思うし、みんなで綱引きするところも楽しいです。
でも、全体の話はあってないような話でした。なんで、千尋の家族が、あのテーマパークの跡地みたいなとこに行っちゃったのかもよく分からないし、両親をどのようにして元の姿に戻すのか分からないまま、仕事が始まって、最後、なんの脈絡もなく、助けられてるというか、よく分からない話だなと思いました。
ヒロインやヒーローの恋みたいなのも相手が川じゃ意味無いし、別に恋愛ぽくしなくてもいいかなと思いました。いや、恋愛ぽくする気はないのかもしれませんが、2人の関係性もよく分かりまん。よく分からないまま、気が付いたら、千尋が成長しているという感じです。
最初の方で、こどもがいなくなってるとか、他にも、あの世界に行っちゃって戻れなくなった人もいるみたいな話をしたりとかして、ホラーテイストに吹っ切ったほうが面白かったかもしれません。まあ、それはちょっとジブリっぽくないので、良くないかもしれませんが。
とにかく、あまり話のない話でした。場面場面の面白さを楽しむ作品かもしれません。

千と千尋の神隠し / Spirited Away
8

無限の可能性な作品

ジブリの最高傑作とする人も多く、海外の多くの国でも絶賛された、テーマ性が光る、日本文化の粋を究めた集大成と言える日本アニメの至宝。
特に子供達への道徳授業はこの一本で足りるかも知れないと思わせる。「自然に気付かせる訓話」の幕の内弁当だ。食べる為には働くこと、間違いは認めて謝ること、人を色眼鏡で見ないこと、自分が周囲に対して出来ることは惜しまぬこと、自然を守るのは人間の為になること、人の言葉に安易に流されずに自分で考えること、子供への過ぎた干渉は成長を阻害すること、相手の立場や真意を慮ることがコミュニケーションの基本であること等々、挙げ出せば本当にキリがない。
日本人の勤労意識や自律心を、日本版「不思議の国のアリス」とも言える女の子の冒険ストーリーに綴り、日本的かつ無国籍な幻想的空間を舞台に、美しく躍動的なアニメーションを以て、薫り豊かな音楽に乗せて奏でる本作。もはや未来に遺すべき芸術作品だ。
人として社会と関わるからには決して逃れられない基本姿勢を、僅か二時間で親子一緒に愉しく学べるのだ。幾らディズニーアニメが素晴らしくとも日本アニメに届かないのは、そのメッセージの多様さと大人にも通じる普遍的な深みにある。
本作は「風の谷のナウシカ」や「もののけ姫」の様な自然科学や文明論的な社会テーマ性は弱く見える。でも本作の真意は人文科学的な人間行動学の啓蒙にある。
人と自然に対して大いなる愛を持ち、勇気を持って行動する人は、周囲を変え、運命をも変える。この発想は実は日本人には当たり前だが、絶対的な神に運命を委ねる教えの中で育ってきた国や地域の人々にはとても新鮮なのだろう。「善き行動が善き社会を創る」此れこそ真に日本アニメの歴史的名作と確信する由縁である。
世界が宮崎駿に感動し感謝するなど、誰が予想できただろうか?想像力は無限の可能性を秘めていると感じられる名作だ。

親タグ

兄弟タグ