女王の教室(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『女王の教室』とは2005年7月から9月まで、日本テレビ系列の土曜ドラマ枠で放送されていた日本のテレビドラマ。悪魔のような教師・阿久津真矢と、神田和美を中心とした6年3組の子供たちの戦いが描かれている。子供たちが真矢の横暴なやり方に苦しみ、翻弄されながらも、たくましく成長していく姿が見どころ。脚本は数々のヒット作を生み出した遊川和彦が担当しており、主演は天海祐希が務めた。

和美と由介が結成した漫才コンビの名前。いじめられて落ち込んでいた和美を元気づけるために、由介が祖父から教わった「辛いときはカウント8を数えて立ち上がる」という言葉を伝え、それがコンビ名の由来となっている。

『女王の教室』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

阿久津真矢「それが社会というものです」

真矢が新学期の初日に放った言葉。テストで良い成績をとった者は特権を与え、悪い成績をとった者は雑用係をさせると発表した真矢。子供たちは「差別だ」と不満を口にしたが、真矢は「愚か者や怠け者は差別と不公平に苦しみ、賢い者や努力した者は特権を得て豊かな人生を送ることができる、それが社会というものです」と言い放った。さらに「この国で幸せになれるのは100人のうち6人だ」「日本という国は特権階級の人たちが楽しく暮らせるように、凡人が安い給料で働き、高い税金を払うことで成り立っている」などと伝えた。子供たちにも容赦なく社会の厳しさを教え、恐怖を煽る真矢の冷酷さが伝わる言葉だった。

神田和美「私はこいつのこと好きです」

真矢は「あなたたちの秘密を知っている」と生徒たちを脅したが、由介は知られて困るようなことはないと話す。すると真矢はクラスメイトの前で、由介が母親に捨てられたことや父親が刑務所に入っていることを語り出し、将来誰にも愛されないんじゃないかと不安でたまらない彼の心を見透かすような発言を繰り返した。そして真矢は「このクラスであなたのことを好きな人がいるかしら?」と冷たく言い放つ。何も言えずに震えて黙り込む由介を見た和美は「もうやめて!」と真矢を止め、彼の良いところを語り出す。そして和美は「こいつには先生の知らないような良いところがいっぱいあるんです。お父さんやお母さんがどんな人かは関係ない。私はこいつのこと好きです。大好きです。」と由介をかばった。由介は照れながらも和美に感謝し、二人の距離はさらに縮まった。クラスが真矢の恐怖に支配される中、和美の真っすぐで温かい言葉が胸を打つ名台詞だった。

阿久津真矢「大事なのは子供たちがいじめに立ち向かう精神力をつけることです」

和美が財布を盗んだ犯人だと濡れ衣を着せられ、いじめられていた時、2組の担任の天童しおりがそれを知って、真矢に和美がいじめられていることを伝える。しかし真矢は素っ気ない反応をする、しおりがいじめている人を叱らないのかと問いかけると、真矢は「いじめをやめなさいと言って、子供たちがいじめをやめますか?」と聞き返した。さらに真矢は「大切なのは子供たちがいじめに立ち向かう精神力をつけることです。いじめを対処する知恵を持つことです。いじめられても戦おうという気力がないから、いつまでたってもいじめられるんです。」と語った。真矢は子供を注意していじめをやめさせようとする他の教師とは違い、いじめを自分で解決させ、強い精神力を身に着けさせようという考えを持っていたのだ。そして和美はいじめに立ち向かって自力で解決し、クラスメイトとの友情を取り戻した。

真鍋由介「お前らみんな最低だよ!」

財布を盗んだ濡れ衣を着せられいじめられていた和美だが、めげずにみんなと仲良くしたいという思いで、クラスメイト全員に手紙を書く。しかしクラスメイトは手紙をバカにして破り捨てた。怒った由介は男子と取っ組み合いの喧嘩になり、止めようとした和美が窓ガラスを突き破って怪我を負ってしまう。和美が真矢に怪我の治療を受けている間、由介は「お前ら最低だ!卑怯だ!」とクラスメイト達を罵った。そして由介は和美が自分たちが一緒のクラスになったのは運命だと言っていたこと、良い思い出を作りたい、このままクラスがバラバラになるのは嫌だと言っていたことを伝えた。この出来事をきっかけに和美はクラスメイトと和解し、ひかるや久子と親友になった。

阿久津真矢「悔しかったら自分の人生くらい自分で責任を持ちなさい」

財布を盗んだ真犯人であることがバレてしまった恵里花は、暴走して教室に火を放とうとする。そこへ真矢がやってきた。恵里花は動揺して火をつけようとするも、ライターの火が上手くつかなかったため、カッターを取り出した。しかし真矢はそのカッターを素手で掴んで投げ捨てる。恵里花はスパイしろなんて言うのが悪い、人権侵害だと真矢を責めるが、真矢は子供でも自分の意志で断ることができたはずだと言い返す。そして真矢は「何か気にくわないことがあると人のせいにしてばかりいると、自分では何も考えられない思考停止人間になる」「普段は個人の自由だと言って権利を主張する癖に、いざとなったら人権侵害だと大人に守ってもらおうとして。ようするにいつまでたっても子供でいたいだけ」と恵里花を叱りつけ、「悔しかったら自分の人生くらい自分で責任を持ちなさい」と言い放った。この一件で恵里花は改心し、和美に謝罪した。

阿久津真矢「残される遺族に苦しみや痛みや悲しみを与える権利は誰にもありません」

教育委員会から西郷百合子が授業を見に来た際、由介は真矢になぜ前の学校で受け持ったクラスの子をボコボコにしたのかと尋ねた。すると真矢は、クラスでいじめをしていた子がいたのだと明かす。いじめで自殺未遂する子までいたにもかかわらず、その子は全く反省しておらず、なぜ人を殺しちゃいけないのかと真矢に問いかけた。そこで真矢は人の痛みを教えるため、その子をボコボコにした。「一人一人の人間の持つ家族や愛や夢や希望や思い出や友情を奪う権利は誰にもありません。残される遺族に苦しみや痛みや悲しみを与える権利は誰にもありません。だから人を殺しちゃいけないんです。」と真矢は語った。和美たちは真矢の起こした問題は生徒を思うがゆえの行動であったと知り、命の大切さを教えられた。

『女王の教室』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

エンディング映像の発案者は天海祐希

本編が冷酷で過激な内容であるため、エンディングは明るく締めようと天海祐希が発案した。そのためエンディングでは、天海を始めとした出演者やダンサーが笑顔で爽やかにダンスを踊っている。宝塚歌劇団の振り付けも担当する川崎悦子がダンスの振り付けを行った。

1qyo12jack
1qyo12jack
@1qyo12jack

Related Articles関連記事

泣きたい私は猫をかぶる(泣き猫)のネタバレ解説・考察まとめ

泣きたい私は猫をかぶる(泣き猫)のネタバレ解説・考察まとめ

『泣きたい私は猫をかぶる』とは、2020年6月18日16時からNetflixにて全世界に独占配信されている日本の長編アニメーション映画である。スタジオコロリドが制作を手掛けており、監督に佐藤順一と柴山智隆を迎え、岡田麿里が脚本を担当している。 猫に変身できるお面を所有する少女「ムゲ」と、彼女の思い人であり、素直になれない少年「日之出」との恋愛関係と其々の心情を描いている。少し切なくも暖かいストーリーと、ヨルシカの手掛けた主題歌が相まって、多くの人気を博している。

Read Article

家政婦のミタ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

家政婦のミタ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『家政婦のミタ』とは、2011年10月から12月まで日本テレビ系で放送された、訳ありな過去を持つ完璧な家政婦を題材としたテレビドラマ。タイトルの由来は市原悦子主演で有名な『家政婦は見た!』のパロディ。頼まれたことは何でもやるが、常に無表情でミステリアスな家政婦・三田 灯が、一家離散の危機にある阿須田家に派遣される。命令されれば犯罪行為でもやってしまう三田だが、その行動によって家族は絆を取り戻していくというストーリー。最終回は40.0%を記録した。

Read Article

借りぐらしのアリエッティ(ジブリ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

借りぐらしのアリエッティ(ジブリ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『借りぐらしのアリエッティ』とはメアリー・ノートン著書の『床下の小人たち』を原作として、米林宏昌が監督のスタジオジブリ制作アニメーション映画である。最終興行収入は92億5000万円で2011年に日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞。とても美しい映像は劇中の音楽とよく合い、見ている人を夢中にさせた。人間に見られてはいけない小人が、人間の家で物を借りながらどのように隠れて暮らすのか、そして短い間に築かれていく小人であるアリエッティと少年の翔との友情と絆を描く。

Read Article

過保護のカホコ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

過保護のカホコ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『過保護のカホコ』とは、2017年夏に日本テレビ系水曜ドラマ枠で放送されていたテレビドラマ。主演は高畑充希。脚本は遊川和彦。主人公の根本加穂子は両親から超過保護に育てられた箱入り娘だったので自分で考えて行動するという概念がなかった。麦野初と奮闘しながらもカホコが毎回「こんなの初めて!」を経験する。気持ちを伝えることの大切さ、自分を愛してくれた家族の愛の大きさを学び、自分で切り開いていく力をつけて大切な人の遺言を守ろうと山積みの家族の問題を初と解決していく痛快ホームドラマである。

Read Article

SUPER RICH(スーパーリッチ)のネタバレ解説・考察まとめ

SUPER RICH(スーパーリッチ)のネタバレ解説・考察まとめ

『SUPER RICH』とは2021年秋にフジテレビ系の木曜ドラマ枠で放送されていたテレビドラマ。主演は江口のりこである。主人公はベンチャー企業の破天荒な女性社長である氷河衛(ひょうがまもる)。お金には困ったことがないが家族の愛情をうけてこなかった衛。反対に愛情であふれた家庭で育ったがお金がない春野優(はるのゆう)とともに会社を経営していくなかで、山あり谷ありの経験をしていく。孤独だったキャリアウーマンが信頼している社員たちと共に、いばらの道を次々に乗り越えていく人生を描いた作品である。

Read Article

【女王の教室】志田未来・福田麻由子・伊藤沙莉・夏帆等…話題になった子役たちが成長している件!

【女王の教室】志田未来・福田麻由子・伊藤沙莉・夏帆等…話題になった子役たちが成長している件!

記録的な高視聴率を記録し、当時大きな話題となったテレビドラマ『女王の教室』。その伝説のドラマから時が流れ、出演していた子役たちが成長して様々な場所で活躍している。志田未来、福田麻由子、松川尚瑠輝、伊藤沙莉、梶原ひかり、森田直幸、夏帆等、『女王の教室』で生徒を演じた子役たちのその後を紹介する。

Read Article

子役・森田直幸のその後を徹底まとめ【「血と骨」「女王の教室」など】

子役・森田直幸のその後を徹底まとめ【「血と骨」「女王の教室」など】

子役として人気ドラマや映画に出演した俳優・森田直幸のその後をまとめました。人気ドラマ「女王の教室SP」でのいじめっ子役が話題となったり、NHK朝の連続テレビ小説に7本出演するなど、様々活躍を見せた彼。ここでは森田直幸の出演作品や、芸能活動引退後の様子を紹介していきます。

Read Article

タトゥーを入れている芸能人・歌手まとめ【安室奈美恵、ワンオクほか】

タトゥーを入れている芸能人・歌手まとめ【安室奈美恵、ワンオクほか】

海外アーティストはもとより、日本の芸能人・歌手でもタトゥーを入れていることを公言する人が多くなっている。あまり目立たないワンポイントものや自分の星座のモチーフ、恋人とお揃いのものまで、その種類は様々だ。本記事では海外アーティストも含め、タトゥーを入れている芸能人・歌手の情報をまとめて紹介する。

Read Article

【天海祐希】あの人も!?タカラジェンヌだった女性芸能人まとめ(画像あり)【黒木瞳】

【天海祐希】あの人も!?タカラジェンヌだった女性芸能人まとめ(画像あり)【黒木瞳】

芸能界のタレントや女優の中には、もともと宝塚歌劇団のトップスターとして活躍されていた方も多くいます。天海祐希、黒木瞳、八千草薫、真矢ミキなど、みんな元タカラジェンヌというだけあって美しく、しかもカッコイイ方ばかりですよね。この記事では、そんな宝塚出身の女性芸能人の画像を集めました。

Read Article

【令和・卒業ソング】 感動できる!卒業式に歌いたい曲まとめ! 【福山雅治 など】

【令和・卒業ソング】 感動できる!卒業式に歌いたい曲まとめ! 【福山雅治 など】

2019年度に歌われるであろう卒業ソングのまとめです。 誰もが一度は卒業を経験します。思い出に残るそんな名曲の数々を紹介します。卒業生を受け持つ教師の方にも是非オススメの泣けるまとめです。福山雅治やレミオロメンなど、超有名アーティストがたくさんいるのでぜひ最後までご覧ください!

Read Article

福田麻由子が大学生&成人に!「女王の教室」で秀才生徒を演じた子役の成長の軌跡まとめ

福田麻由子が大学生&成人に!「女王の教室」で秀才生徒を演じた子役の成長の軌跡まとめ

『女王の教室』というドラマで秀才役を演じた福田麻由子。子役ながら見事な演技力で世間の話題をさらい、その後も数々の映画やドラマに出演を重ねてきました。彼女もいつしか大学生となり、在学中に成人式を迎えるなど、立派に成長しています!この記事では、そんな福田麻由子のこれまでの軌跡についてまとめました。今後のますますの活躍に期待したいですね!

Read Article

志田未来が大人の女性へと成長!その可愛さが爆発してると話題!

志田未来が大人の女性へと成長!その可愛さが爆発してると話題!

子役として幼い頃から芸能活動をしていた志田未来。数々のドラマや映画に出演し、その名演技で人びとを魅了してきました。そんな彼女も今やすっかり大人の女性へと成長し、可愛さにますます磨きがかかったと話題になっています。一体どんなふうに成長したのかこの記事でまとめたので、ファンの方は必見!

Read Article

【EXILE】サッカーを応援しよう!FIFAワールドカップのテーマソングまとめ【ゆず】

【EXILE】サッカーを応援しよう!FIFAワールドカップのテーマソングまとめ【ゆず】

世界規模で行われる4年に1度のスポーツ大会といえば、FIFAワールドカップ!サッカーファンの人もそうでない人も、この期間中はついテレビ画面に釘付けになってしまうのではないでしょうか。この記事では、歴代のFIFAワールドカップのテーマソングについてまとめています。2022年はカタールで開催!みんなでSAMURAI BLUEを応援しましょう!

Read Article

思い切った幕末ドラマ『竜馬におまかせ』

思い切った幕末ドラマ『竜馬におまかせ』

坂本竜馬が主人公のドラマ数あれど、ここまでぶっ飛んだ設定、展開の作品はあまりないんじゃないでしょうか。従来の竜馬像、幕末当時の偉人に対するイメージに捕らわれない、実験的な内容。しかし単なるドタバタコメディではない作品でした。「思い切った」感はあるけれど、それが実に痛快。この記事内では作品のタイトルに合わせて「竜馬」と表記します。

Read Article

【MOZU】長谷川博己のクズっぷりが藤原竜也にも引けを取らないと称賛の声!【家政婦のミタ】

【MOZU】長谷川博己のクズっぷりが藤原竜也にも引けを取らないと称賛の声!【家政婦のミタ】

長谷川博己といえば、182cmという高身長と大人の色気が魅力的な俳優ですよね。そんな素敵な人なのに演じる役柄はクズばかり…。なんだかもったいないような気がしますが、このギャップが素晴らしいとしてファンの間では逆に好評なんだそう。クズ役といえばもう1人、藤原竜也が有名ですが、彼にも引けを取らないほど絶賛されています。長谷川博己のクズっぷりに寄せられた声をまとめたので、ぜひご覧ください!

Read Article

【半沢直樹】ヒット作揃い!2010年代の大人気ドラマまとめ【家政婦のミタ】

【半沢直樹】ヒット作揃い!2010年代の大人気ドラマまとめ【家政婦のミタ】

2010年から2019年の10年間は、評判の良いドラマが目白押しでした。中でも『半沢直樹』は「倍返しだ!」のフレーズが社会現象になりましたよね。他にも、タイトルを聞けば誰もが「知ってる!」と叫びたくなるようなヒット作がたくさんあります。この記事でまとめたので、ぜひチェックしてみてください。きっとまた観たくなってきますよ。

Read Article

目次 - Contents