【トリビア・伏線】ファイト・クラブの徹底解説・考察まとめ【ネタバレ】

『ファイト・クラブ』とは1999年公開のアメリカ映画。鬼才と呼ばれるデヴィッド・フィンチャーが監督を務めた。不眠症の”僕”は自分とは正反対の自信家でマッチョな男タイラーと出会い、男同士が素手で殴りあう「ファイト・クラブ」と言う組織を結成していく。殴り殴られることで自分の存在意義を確認するが、やがて組織はテロリズムに傾いてき、”僕”は衝撃の事実を知ることとなる。
巧妙に張り巡らされた伏線とサブリミナル効果、ラストシーンの解釈、製作時のトリビアなどをネタバレ解説していく。

『ファイト・クラブ』の概要

『ファイト・クラブ』とは1999年公開のアメリカ映画である。『セブン』や本作『ファイト・クラブ』の成功により、今では鬼才と称されるデヴィッド・フィンチャーが監督を務めた。
『ファイト・クラブ』の監督候補には当初、ピーター・ジャクソン、ブライアン・シンガー、そしてダニー・ボイルの名前が挙がっていたが、脚本を気に入ったものの他の映画の製作に当たっていたり、オファーをスルーする監督もいて、最終的にデヴィッド・フィンチャー監督がメガホンをとることとなった。
フィンチャー監督は1993年に20世紀フォックスで初めて監督として映画を撮った『エイリアン3』が不評だったこともあって、最初は難色を示していたのだが、20世紀フォックス側は1995年にヒットした『セブン』での監督の腕を絶賛し、強くオファーした。

当初、制作陣は主演のナレーター役にマット・デイモンかショーン・ペンを考えており、ショーン・ペンはタイラー役の候補でもあったのだが、フィンチャー監督はナレーター役に、1996年の映画『ラリー・フリント』での演技を高く評価していたエドワード・ノートンを起用。
タイラー役にはフィンチャー監督自身がメガホンを取ったセブンでの主演のブラッド・ピットが起用された。

以下、本作のあらすじ。
自動車会社でリコール調査をし全米をを飛び回っている平凡な会社員である”僕”(演:エドワード・ノートン)は身の回りの物をすべてブランドで固め、何不自由のない生活を送る一方不眠症に悩まされていた。
僕は精神科の医師に「世の中にはもっと大きな苦しみを持った人達がいる」と言われ、睾丸ガン患者の集いに行ってみることを勧められる。そこで生死に関わる本物の悲しみを前にした人々と抱き合い、泣くとスッキリしよく眠れることに気づいた僕は、様々な自助グループに出入りするようになる。
複数の自助グループに出入りしていると、自分と同じように健康なのを偽ってグループに出入りする女、マーラ(演:ヘレナ・ボナム=カーター)がいることに気づいた。偽物がいると僕は前のように泣くことができなくなってしまい、また不眠症に陥ってしまった。。
ある時、自宅のコンドミニアムで爆発事故が起こり、家を失った僕は、出張先で知り合った自分とは正反対で自信満々、筋骨隆々の男、タイラー・ダーデン(演:ブラッド・ピット)を思い出し電話を掛ける。バーで酒を飲み、バーを出たところの駐車場でタイラーは僕に「力いっぱい俺を殴ってくれ」と言い出す。本気で殴りあった2人は痛みの中で生きている実感を感じ、病みつきになっていく。
やがて地下に拠点を移し、大勢の男たちが1対1のファイトを行う秘密の集まりができた。これをファイト・クラブと呼んだ。
僕はタイラーの住む廃屋で二人暮らしをしタイラーとの生活を楽しんでいた。ある時、僕は狂言自殺をするマーラに電話で呼び出されるが話の途中で受話器を放置してしまい、その受話器を取ったタイラーがマーラのもとに向かったようで、以来二人は親密になった。
ファイトクラブの会員は1人また1人と増えていき、やがてタイラーが率いるスペース・モンキーズという集団ができた。
彼らは黒い服を着て、名前を持たず、自分たちに与えられた目的を誰にも話さなかった。
タイラーは僕の知らないところでスペースモンキーズと「騒乱計画(プロジェクト・メイヘム)」という計画を企てる。
騒乱計画(プロジェクト・メイヘム)によるテロ活動は活発になっていき死者まで出るが、僕はタイラーが決めた「ルールその1、騒乱計画について質問するな」のルールにより騒乱計画が具体的にどのようなものか知ることができなかった。
死者が睾丸ガン自助グループで知り合った僕の友達ボブ(演:ミート・ローフ)であったこともあって、僕の感情は昂り、姿を消したタイラーの足取りを追う。するとタイラーが全米各地にファイト・クラブの拠点を作っていたことを知る。あるファイト・クラブのメンバーがいた店で見知らぬ店主に話しかけられた僕が、自分は誰なのかと問うと、店主は「あなたはダーデンさんです」と答えた。
僕は驚き慌ててマーラに電話で自分はタイラーなのか確認すると、目の前に再びタイラーが現れ、タイラーは僕の理想の姿であり、別人格であるということを告げる。これを聞いた僕はショックのあまり意識を失ってしまう。
気が付くとタイラーも地下室のスペース・モンキーズの姿もなく、彼らの残したメモから市内各所にある銀行・クレジットカードなど、資本主義システムを司り全米の個人のローンや資産を管理する大企業各社のビルに対する同時爆破テロが計画されていることを知る。
その計画を阻止しようと僕は爆弾のありかの1つを突き止め、一旦は爆弾を停止するもタイラーに妨害され、殴り合いの中で再び意識を失う。意識が戻るとビルの高層階でタイラーが僕の口に銃を突き付けていた。タイラー=自分自身であるということに気づいた僕は自分で自分の喉を打ち抜いたが急所を免れ死ななかった。スペース・モンキーズによって連れてこられたマーラと再会したが、時すでに遅し、僕とマーラは手を繋ぎ、崩壊していくビルの群れをただ見ていた。

主人公は名前を持たない

エドワード・ノートン演じる名前を持たない主人公の“僕”

エドワード・ノートン演じる主人公の名前は明らかにされていない。ラストのクレジットにはナレーターと出ているが、ナレーターとは物語の語り手という意味である。
自助グループにおいていくつかの名前が出てくるが、それはあくまでも偽名であり、映画全体を通して一度も主人公の名前は語られない。
タイラーの家でみつけた小説に「僕はジャックの脳の延髄です」と言う一節があり、主人公はそれを作中で何度も引用するが、主人公の名前はジャックではない。
実は、主人公は名前を持たないのである。主人公に名前を持たせないことでどのような効果を生むか。それは特定の名前がないことで誰もが感情移入しやすくなるというところにある。
日常に満たされず、本来の自分を解放できていないと感じる人は多い。この映画を観ているすべての人が僕になりうるということを表している。
映画の技法で、ナレーターを一人称の僕とすることで観客をミスリードする手法がある。この手法を「信用できない語り手」という。
「信用できない語り手」とは、文芸評論家ウェイン・ブースが著書「フィクションの修辞学」で初めて提唱した技法・考え方で、ミステリー小説によく使われる技法である。
ファイトクラブはこの「信用できない語り手」が映画史上でも類を見ないほどに成功している作品である。

僕とタイラーが同一人物だということの伏線

左がタイラー、右が僕。

オープニング

一瞬、観客がこれはなんだろうか?と戸惑う映像だが、それは脳内の細胞が映し出されている。
インダストリアル・ロックバンド、Nine Inch Nailsの曲にのせて一気に脳内を駆け巡るオープニングシーン。
『ファイト・クラブ』は僕の脳内に生み出されたもう一つの人格、オルターエゴ(別人格)と対決する物語なので、僕が人格を変えようと走り回っているイメージである。
最初からこれから始まるストーリーの伏線が張られている。

眠って起きると別の場所にいる

物語の序盤、僕は精神科医に眠って起きると別の場所にいると話している。
これは僕が眠っているとき、タイラーに乗っ取られており、タイラーとして行動していることを意味する。

持っているカバンが同じ

僕が拾おうとしているカバンの横にあるタイラーのカバンは僕の持っているものと同じカバンだった。

僕とタイラーが同じ飛行機に乗り合わせ初めて会うシーン。
僕はタイラーが同じカバンを持っていると指摘するが、同一人物なので当然持ち物も一緒ということになる。

人が眠る時間に働く

映画技師として働くタイラー。

僕はタイラーの仕事のことを、人が眠る時間に映画館でパートをしている映画技師と説明している。
僕が眠っている間、タイラーは活動している。僕は眠っているように思えて、眠っておらず、別人格のタイラーとして活動していることを暗示している。
「ファミリー映画に、ほんの一瞬ポルノ映像を入れるのがタイラーの密かな楽しみ」とも話しており、これはラストシーンで崩れていくビルの映像が途切れ、一瞬男性器が映し出される伏線にもなっている。

僕とタイラーがバスに乗っているシーン

僕とタイラーはバスに乗るのだが、他の客にタイラーの姿は見えていないようだ。

僕とタイラーがバスに乗っているとき、2人の間を長髪の男が通るが、男は僕にだけ「ちょっと失礼」と言うが、タイラーには言わない。タイラーが見えていないということを暗示している。

僕が廃屋で発見した本を読むシーン

僕はタイラーが暮らす廃屋で「人間の臓器が一人称で語っている」という小説を発見し読んでいる。
その中に「俺はジャックの脳の延髄です」という一節があり、ここでも体が乗っ取られているということを暗示している。

マーラの態度

タイラーとマーラが初めて夜を共にした翌朝に僕はマーラに「僕の家でなにしてる!」と言い、これに対し、マーラは「ひどい人」と言ってその場を去る。マーラがタイラーを僕だと思っているという証拠。

tsu_23b9
tsu_23b9
@tsu_23b9

Related Articles関連記事

ファイト・クラブ(Fight Club)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイト・クラブ(Fight Club)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファイト・クラブ』とは、1999年製作のアメリカ映画である。1996年に発表されたアメリカの小説家チャック・パラニュークによる同名小説が原作となっている。監督はデヴィッド・フィンチャー。アンダーグラウンドな雰囲気と過激な暴力描写、また自由で大胆不敵、それでいて頭も切れるブラッド・ピット演ずる、タイラー・ダーデンの存在感。その彼の魅力に惹かれてしまう、主人公(演:エドワード・ノートン)の繰り出す非合法な活動が、やがてテロ活動にまで発展してしまう様を描く、カルト映画である。

Read Article

セブン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

セブン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

1995年のアメリカ映画。監督はデヴィッド・フィンチャー。 舞台は犯罪がはびこるアメリカの大都会。キリスト教の「七つの大罪」に沿って人を殺していく猟奇殺人犯を、退職間近の老刑事サマセット(モーガン・フリーマン)と、血気盛んな若手刑事ミルズ(ブラッド・ピット)が追っていく。 独創的な映像センスと、人間の暗部を描いた脚本が魅力のサイコサスペンス。

Read Article

ゴーン・ガール(Gone Girl)のネタバレ解説・考察まとめ

ゴーン・ガール(Gone Girl)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴーン・ガール』とは、ギリアン・フリンによる同名小説を基に製作されたアメリカの映画である。原作はアメリカで実際に起きたスコット・ピーターソン事件とテレビ番組ナンシーグレイスショーを元に執筆されたといわれている。ニックとエイミー夫妻5回目の結婚記念日にエイミーが消えてしまう。警察による事件の捜査が始まるが、ニックに不審な点が見つかり、彼が容疑者として疑われる。徐々に狂っていく夫婦関係を描いたミステリー・スリラー映画である。

Read Article

インクレディブル・ハルク(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

インクレディブル・ハルク(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

2008年に公開された、マーベルコミックスに登場するヒーローの実写化作品である。『アイアンマン』をスタートとしたMCUシリーズの第2作目であり、型破りなヒーロー・ハルクの誕生の経緯を描いている。ハルクに変身するため軍から追われることになったバナー博士の苦悩が物語の軸。次作から主人公・バナー博士の俳優が変更になっているため、エドワード・ノートン演じるバナー博士を見られるのはこれが最初で最後である。

Read Article

それでも夜は明ける(12 Years a Slave)のネタバレ解説・考察まとめ

それでも夜は明ける(12 Years a Slave)のネタバレ解説・考察まとめ

19世紀のアメリカで、自由黒人であるにも関わらず奴隷として売られ、12年間の奴隷生活を送ることとなったソロモン・ノーサップの実話を、彼が書いた体験記をもとにスティーヴ・マックイーン監督が映画化、2013年に公開された。主人公のソロモン・ノーサップをキウェテル・イジョフォーが熱演。監督の志に賛同したブラッド・ピットが制作段階から参加し、出演も果たしている。

Read Article

ボーン・レガシー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ボーン・レガシー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ボーン・レガシー』とは『ボーンシリーズ』の4作目で、2012年公開のサスペンス・アクション映画。記憶を失くした元CIAトップ工作員ジェイソン・ボーンをめぐる陰謀を描いた前3部作の裏で同時進行していたストーリーを描くスピンオフ的作品。ボーンの存在によりCIA上層部でさえ知らない国家的極秘計画が暴かれる危機が発生。計画隠蔽のために襲われた工作員アーロン・クロスの逃避行が描かれる。『ボーンシリーズ』の世界観を継承したストーリー展開に加え、前3部作後のCIAの状況もわかるファン必見の物語である。

Read Article

スーサイド・スクワッド(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

スーサイド・スクワッド(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『スーサイド・スクワッド』とは、2016年8月にアメリカ合衆国で公開された、悪役だらけのヒーローアクション映画である。DCコミックスが刊行する人気アメリカン・コミックスシリーズ『スーサイド・スクワッド』の実写映画化されたものでもある。スーパーマンの死から数か月後、米国政府の高官・アマンダによる対メタヒューマン特殊部隊「タスクフォース」、通称”スーサイド・スクワッド”のメンバーになった元精神科医ハーレイ・クインが、恋人のジョーカーと複数の犯罪者たちと共に、世界崩壊の危機に立ち向かっていく。

Read Article

ダラス・バイヤーズクラブ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ダラス・バイヤーズクラブ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ダラス・バイヤーズクラブ』とは、2013年のアメリカ映画で、エイズ患者ロン・ウッドルーフの実話をもとに描いている。仕事中の事故で病院に搬送されたロンは、検査の結果、エイズで余命30日と宣告される。彼は独自にエイズについて勉強し、アメリカで未承認の薬を海外から持ち込んで会員に提供する会社「ダラス・バイヤーズクラブ」を立ち上げる。監督はジャン=マルク・ヴァレが務め、主人公のロンをマシュー・マコノヒーが演じ、ジャレッド・レト、ジェニファー・ガーナーらが共演した。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの魔法・呪文まとめ

ハリー・ポッターシリーズの魔法・呪文まとめ

「ハリー・ポッター」とは作家J・Kローリングが描いた小説から始まり、映画化も行われている作品である。 主人公ハリーが悪と戦いを繰り広げ、魔法を用いた世界で、杖や魔法薬を用いることで魔法や呪文を行使できる。 一部の呪文には、効果が対になる呪文が設定されており、これを作中では「反対呪文」と呼ぶ。 このハリー・ポッターの映画や小説で登場した魔法を一覧にまとめた。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの料理・食べ物・飲み物・お菓子まとめ

ハリー・ポッターシリーズの料理・食べ物・飲み物・お菓子まとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとは、J・K・ローリングによる小説およびそれを原作とした映画、舞台、ゲームなどのメディアミックス作品である。普通の少年ハリー・ポッターはある日自分が魔法使いである事を知らされる。魔法学校で魔法を学び、仲間と友情を育むハリー。そんな中、両親を殺した宿敵ヴォルデモートとの戦いが始まる。舞台はイギリスの魔法界。作中にはイギリス魔法界ならではの様々な食べ物・飲み物・お菓子が登場する。人間界には無い少し変わったものも多く登場し、作品に楽しさ・面白さといった彩りを添えている。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの魔法具・アイテムまとめ

ハリー・ポッターシリーズの魔法具・アイテムまとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとは、J・K・ローリングによる小説およびそれを原作とした映画、舞台、ゲームなどのメディアミックス作品である。 普通の少年ハリー・ポッターはある日自分が魔法使いである事を知らされる。魔法学校で魔法を学び、仲間と友情を育むハリー。そんな中、両親を殺した宿敵ヴォルデモートとの戦いが始まる。 作中には戦いの行方を左右する重要なものや物語の鍵となるものから、魔法使い達の日常で使われるものまで、様々な魔法具やアイテムが登場する。

Read Article

グランド・ブダペスト・ホテル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

グランド・ブダペスト・ホテル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『グランド・ブダペスト・ホテル』は、ウェス・アンダーソン監督、レイフ・ファインズ主演で製作された。ズブロフカ共和国にあるグランド・ブダペスト・ホテルが物語の舞台である。コンシェルジのグスタヴと部下のムスタファを主人公に、常連客をめぐる殺人事件と遺産争いに巻き込まれた二人が、ホテルの威信のためにヨーロッパ中を駆け巡り事件解明に奔走する。本作は1930年代、1960年代、1985年、現在と4つの時間軸で展開されていく。

Read Article

ジョー・ブラックをよろしく(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ジョー・ブラックをよろしく(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジョー・ブラックをよろしく』とは、1998年にアメリカで公開されたファンタスティック・ラブストーリーである。事故死した人間の姿を借りて地上に舞い降りた死神は、死期が迫っている大富豪のビル・パリッシュの元に現れた。ビルは自分の命の延長と引き換えに人間界の案内役を引き受ける。ビルの家族に友人だと紹介された死神は、ビルの娘であるスーザンに惹かれ、次第にスーザンも死神に恋をしてしまうのだった。死神と人間の切ない恋模様と家族愛が描かれている。監督は、マーティン・ブレストが担当している。

Read Article

レ・ミゼラブル(レミゼ)のネタバレ解説・考察まとめ

レ・ミゼラブル(レミゼ)のネタバレ解説・考察まとめ

2012年に公開されたミュージカル映画。主役のジャンバルジャンが牢獄から仮釈放されるシーンから始まる。ジャンバルジャンを追いかけるジャベール警部、ジャンバルジャンに自分の子供を託すファンティーヌなどの登場人物たちにより彼の人生は激動の時代を駆け抜けることとなる。そしてフランス革命が起き、それぞれの人生が変わるのであった。一人の男の一生を描いた超大作である。

Read Article

ハリー・ポッターと謎のプリンス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと謎のプリンス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。活発に動き始めた死喰い人。ハリーとダンブルドアはヴォルデモートを倒すため、秘密裏に対策を取り始める。そんな中ハリーは半純血のプリンスと署名された魔法薬学の教科書を発見。疑いながら、所有者に感情移入していく。しかし、死喰い人がホグワーツに現れたことで状況が一変。ダンブルドアが倒され、ホグワーツは最大の危機に陥る。J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第六弾。

Read Article

アリス・イン・ワンダーランド(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

アリス・イン・ワンダーランド(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アリス・イン・ワンダーランド』とは2010年公開のアメリカの3D映画。監督はティム・バートン。ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給。原作はルイス・キャロルの児童文学小説『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』。19歳になったアリスが再びワンダーランドに迷い込み、赤の女王に支配されていたワンダーランドを救う。実写とモーションキャプチャーの技術を使い映画化した。映像が素晴らしく童話の世界観を見事に実写化しており、アカデミー賞では衣装デザイン賞をはじめ、3部門で受賞した。

Read Article

レッド・ドラゴン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

レッド・ドラゴン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『レッド・ドラゴン』とは、トマス・ハリスの小説をもとにして2002年に公開されたアメリカのサスペンス映画である。 監督はブレット・ラトナー、主演をアンソニー・ホプキンスである。人食いハンニバルと呼ばれる精神科医の殺人犯ハンニバル・レクター(アンソニー・ホプキンス)に殺されかけた過去を持つ、元FBI捜査官であるウィル・グレアム(エドワード・ノートン)との戦いを描く。見どころは、レクター博士とウィルの頭脳戦と徐々にレッド・ドラゴンと呼ばれる猟奇殺人犯を追い詰めていく所である。

Read Article

セブン・イヤーズ・イン・チベット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

セブン・イヤーズ・イン・チベット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『セブン・イヤーズ・イン・チベット』とは1997年のアメリカの伝記映画。スイスの山アイガー初登頂で名高いオーストリアの登山家ハインリヒ・ハラーの自伝を映画化。彼がチベットで過ごした7年間、若きダライ・ラマ14世との交流によってもたらされる心の変遷をチベットのオリエンタルで美しい映像が映し出す。ジャン=ジャック・アノー監督作品。主演のハインリヒ.・ハラーに当時絶大な人気を得ていたブラッド・ピットを迎えた。複雑な中国とチベットの関係を描いている映画であることから、中国は中国での本作の上映を禁止した。

Read Article

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』とは2016年公開のアメリカの3D映画。2010年公開の『アリス・イン・ワンダーランド』の続編。ティム・バートン製作・製作総指揮。監督は ジェームズ・ボビン。3年の船旅から戻ったアリスが青い蝶のアブソレムに導かれ、鏡の中に入り再びアンダーランドを訪れる。そこで病んでいる親友のマッド・ハッターを救うために過去に遡り、過去を変える時間の旅に出る。ヒットした前作と比べアメリカ、日本ともに興行成績は振るわず、厳しい評価になった。

Read Article

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。復活を遂げたヴォルデモート。しかし魔法省はそれを受け入れずホグワーツに干渉するようになる。そんな中、ダンブルドアは「不死鳥の騎士団」を再び活動させる。五年生となったハリーたちはヴォルデモートに対抗するため、ダンブルドア軍団を結成。そしてヴォルデモートや死喰い人と再び対峙することとなる。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第五弾。

Read Article

ハリー・ポッターと死の秘宝(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと死の秘宝(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと死の秘宝』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。ホグワーツに戻らず、分霊箱を探す旅に出かけたハリー、ロン、ハーマイオニー。数少ない手がかりを探しながら、困難な旅を続けていく。そんな中ホグワーツにヴォルデモートが現れ、戦闘が始まる。多くの仲間が死んでいく中、ついにハリーはヴォルデモートと対峙することになる。J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ。第七弾。

Read Article

Mr.&Mrs. スミス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

Mr.&Mrs. スミス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『Mr.&Mrs.スミス』とは、監督はダグ・リーマン、脚本はサイモン・キンバーグが手掛けた、2005年公開のラブアクションムービーである。ジョンとジェーンはコロンビアのボゴタで出会い、2人は一夜にして恋に落ちる。そのまま、お互いに暗殺者という身分を隠して結婚することを選ぶ。パートナーへの熱も冷めた結婚数年後のある日、2人が同じターゲットの暗殺の依頼を引き受けたことから夫婦関係に変化が起こる。競合組織のヒットマンである2人が、戦闘と恋に火花を散らし、壮大なアクションを繰り広げている。

Read Article

テルマ&ルイーズ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

テルマ&ルイーズ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『テルマ&ルイーズ』(Thelma and Louise)とは、1991年5月にアメリカで公開されたロードムービーである。平凡な主婦テルマが、友人のウェイトレス、ルイーズと共にドライブに出かけた。途中のドライブインで、テルマが見知らぬ男たちにレイプされそうになった時、ルイーズは男たちを射殺してしまう。二人はそのまま銀行強盗をして逃避劇を繰り広げる。二人の女性の日常から転落していく様を描いたバイオレンス作品。

Read Article

17歳のカルテ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

17歳のカルテ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『17歳のカルテ』とはアメリカの映画。原題は、『Girl, interrupted』。青年期に精神疾患と診断された主人公スザンナ・ケイセンの精神病棟での成長を描いている。ベトナム戦争の長期化や貧困・人種差別による社会分断の深刻化、主要人物の暗殺など情勢が不安定だった60年代アメリカを舞台に、病棟の内と外、パーソナリティーの正常と異常、自己存在への疑問と確信、それらとは一体何なのかを「境界性パーソナリティー障害」と診断されたスザンナ・ケイセンの視点を通して描いていく。1999年公開。

Read Article

エノーラ・ホームズの事件簿(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

エノーラ・ホームズの事件簿(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『エノーラ・ホームズの事件簿』とは、2020年にNetflixで公開されたイギリスのミステリー映画である。原作はアメリカの作家ナンシー・スプリンガーの小説『エノーラ・ホームズの事件簿シリーズ』。名探偵シャーロック・ホームズに妹のエノーラがいたらという設定で、好奇心旺盛で破天荒なエノーラが、失踪した母の捜索をきっかけに、政治家の息子であるテュークスベリー侯爵の事件に巻き込まれ、母から教わった知識や武芸を使い、解決を目指していく物語。

Read Article

【トム・クルーズ】この渋さがたまらない!海外のカッコイイおじさま俳優まとめ【ブラッド・ピット】

【トム・クルーズ】この渋さがたまらない!海外のカッコイイおじさま俳優まとめ【ブラッド・ピット】

海外の俳優たちを見てみると、けっこう歳がいっているはずなのにめちゃくちゃカッコイイ人っていますよね。ヒゲや長髪など、日本人男性がやるとあまりウケが良くないビジュアルも、海外だとなぜか魅力的に映るのが不思議です。この記事では、アラフォー以上の海外の俳優についてまとめました。いやぁみんなカッコイイですね!このシブさ、そして全身から溢れ出る大人の余裕と色気がたまらん。

Read Article

【マドンナ】海外スターの幼少期の写真まとめ【レオナルド・ディカプリオ】

【マドンナ】海外スターの幼少期の写真まとめ【レオナルド・ディカプリオ】

ここでは海外のミュージシャン、ハリウッド俳優、その他有名人の子供のころの写真をまとめました。ビヨンセ、ジョン・レノン、カート・コバーン、マライア・キャリー、アーノルド・シュワルツェネッガー、ブラッド・ピット、はたまたプーチン大統領まで。中にはガラリと雰囲気が変わってしまった人も。是非お楽しみください。

Read Article

【ビートルジュース】不気味だけど可愛い!ティム・バートン作品のコスプレまとめ【アリス・イン・ワンダーランド】

【ビートルジュース】不気味だけど可愛い!ティム・バートン作品のコスプレまとめ【アリス・イン・ワンダーランド】

ティム・バートン監督といえば、『ビートルジュース』や『アリス・イン・ワンダーランド』などのホラー映画を手がけていることで有名です。この記事では、そんな彼の作品に関するコスプレ画像についてまとめました。小さな子どもたちがコスプレしているのを見ると、本当は不気味なキャラクターのはずなんだけどなんだかとっても可愛く思えてきますよね!

Read Article

【レ・ミゼラブル】ミュージカル映画おすすめ10選まとめ【マンマ・ミーア!】

【レ・ミゼラブル】ミュージカル映画おすすめ10選まとめ【マンマ・ミーア!】

ミュージカルといえば、歌・ダンス・演技の3拍子が揃った迫力の舞台が印象的ですよね。この迫力そのままに、ミュージカルならではの魅力がたっぷり詰まった映画がたくさんあります。この記事では、絶対におすすめなミュージカル映画を10個厳選してまとめました。どれも話題になった不朽の名作ばかりなので、いつもとちょっと違う映画を観たい方はぜひチェック!

Read Article

「アリス・イン・ワンダーランド」風の夫婦のウエディング写真がステキすぎると話題!

「アリス・イン・ワンダーランド」風の夫婦のウエディング写真がステキすぎると話題!

ティム・バートン監督による映画『アリス・イン・ワンダーランド』。作中に登場する人物・キャラクターたちはみんな独特の衣装を着ているのですが、その中のアリスと帽子屋(マッドハッター)そっくりに扮した夫婦のウエディング写真がステキすぎると話題になっています。まるで映画の中からそのまま抜け出してきたかのようなクオリティの高さ!これは一生思い出に残りますね!

Read Article

【アラジン】ハロウィンパーティー向けの洋楽まとめ!妖しげでわくわくする!【アリス・イン・ワンダーランド】

【アラジン】ハロウィンパーティー向けの洋楽まとめ!妖しげでわくわくする!【アリス・イン・ワンダーランド】

ハロウィンの夜には、みんなで集まって仮装パーティー!それだけでも楽しいことは間違いないんだけど、場を盛り上げるのに欠かせないのが音楽。ちょっと妖しげな感じの楽曲があると、なんだか雰囲気が出てわくわくしますよね。この記事では、ハロウィンパーティーで使えそうな洋楽についてまとめました。曲選びの参考にどうぞ。

Read Article

【アリス・イン・ワンダーランド】宇多丸の映画批評の神回まとめ!【ONE PIECE・風立ちぬ・ホビット 決戦のゆくえ】

【アリス・イン・ワンダーランド】宇多丸の映画批評の神回まとめ!【ONE PIECE・風立ちぬ・ホビット 決戦のゆくえ】

これまでに様々な映画の批評をしてきた宇多丸。その中には「神回」と呼ばれる批評動画があるので、この記事でまとめてみました。今回は国民的人気アニメ『ONE PIECE』の劇場版やスタジオジブリの作品も含まれています。辛辣な評価を下しているものもありますが、あくまで感じ方は人それぞれ。宇多丸の批評がすべてではないのですから、あなたはあなたの感じたままに映画を評価してくださいね。

Read Article

目次 - Contents