ファンタジーの定番「エルフ」とは!?元ネタ・特徴・能力・有名キャラクターを徹底解説!

エルフとは、ファンタジー風の異世界を舞台とする作品にたびたび登場する、人間に近い姿をした「亜人」と呼ばれる種族の1つである。もともとは北欧に伝わる妖精の一種で、『指輪物語』や『ロードス島物語』といった作品で取り上げられながら設定が整理されていった。
エルフは長い耳と人間の数倍以上の寿命を持ち、種族的に高い魔力を持つ。自然を崇拝し、森の中を主な生活圏にしており、他種族に対しては排他的な傾向が強い。ここでは、ファンタジー物の作品では定番のキャラクターであるエルフについて解説していく。

エルフの概要

エルフとは、ファンタジー風の異世界を舞台とする作品にたびたび登場する、人間に近い姿をした「亜人」と呼ばれる種族の1つである。もともとは北欧に伝わる妖精の一種で、この地域には怪物然としたもの、人を襲うもの、神に近い能力を持つもの、美しい以外は人間と大差ないものまで様々な伝承が存在していた。
やがてこれらのエルフの伝承は、J.R.R.トールキンの『指輪物語』やグループSNEの『ロードス島物語』の中で再解釈を加えられつつ取り上げられ、20世紀後半のサブカルチャー作品の中で設定が固まっていった。

比較的広い地域の伝承に残る、「人に近い姿を持ち、森の中で暮らす人類の近縁種」が日本のサブカルチャーにおけるもっとも一般的なエルフの原型である。一方、このイメージにそぐわないエルフの伝承は、「エルフの亜種」や「エルフとはまったく異なる怪物」として別個にまとめられることとなった。

邪悪な存在としてのエルフ

「人を襲う」、「人類を憎み積極的に害をなす」というタイプのエルフの伝承から生まれたのが、「ダークエルフ」と呼ばれる種族である。見た目はほぼエルフと同じだが、肌が黒いという特徴がある。人間を攻撃するのは、「血や殺戮を望む邪神などとの契約」が理由となっていることが多い。
作品によっては“肌が黒い”という設定が存在せず、見た目の上ではエルフとの違いがほとんどないこともある。

半神としてのエルフ

「神に近い」存在として語られてきたエルフのイメージから生まれたのが、ハイエルフと呼ばれる種族である。知力、魔力、技術力、身体能力などの全てが人間を大きく上回る、まさに半神たる存在。寿命も無いに等しく、文明の発祥の時点から人間たちを見守っていることも少なくない。
J.R.R.トールキンの『指輪物語』に登場するエルフは、基本的に全てこのハイエルフであり、作中でも強い存在感を放っている。

怪物としてのエルフ

怪物然としたエルフの伝承からは、トロールやオークといった邪悪な妖精が生まれた。J.R.R.トールキンの『指輪物語』では、交渉することも不可能な主人公たちの障害として登場し、彼らを大いに苦しめた。
トロールは大柄で怪力を持つが知能が低く、物語序盤の脅威として登場することが多い。一方、オークは武器を使い部隊を率いる程度の知能があるため、悪党の先兵として様々な場面で活躍する。

妖怪漫画の大家である水木しげるも、このタイプのエルフをイラスト化している。

エルフの元ネタ

エルフの元ネタは北欧に残る妖精の伝承である。この地域には、人間に比較的友好的なものから敵対的で邪悪なものまで様々なタイプの妖精の伝説が残っており、これを整理することで20世紀以降のファンタジー作品に登場するエルフが完成していった。
この項目では、原型のエルフがどのようにお馴染みの姿に変わっていったかを解説していく。

J.R.R.トールキンの『指輪物語』

学者にして凝り性の作家だったJ.R.R.トールキンは、ある時「架空言語を用いた物語を作ろう」と思い立ち、地球とはまったく異なる異世界を舞台にした『ホビットの冒険』、『指輪物語』といった作品を執筆した。これらの作品は中つ国と呼ばれる架空の土地が舞台となっており、ここに生きる種族の1つとしてトールキンが参考にしたのが北欧に伝わる妖精たちだった。
トールキンが伝承の中から設定を拾い上げ、「中つ国に生きる種族」として再定義したことで、エルフは「人間に近い姿と、人間を上回る寿命や能力を持つ超人」として世に知られていった。

『ホビットの冒険』及び『指輪物語』に登場するエルフは、知力、技術力、身体能力、さらには美貌と全ての面で完全な人類の上位種として描かれており、弱点らしい弱点が無い。殺される以外では死ぬこともなく、文明が発祥する以前から人類を見守っており、世界の平穏を乱す者と戦う高潔な存在である。
これらの作品の時点でエルフの耳は尖っているとされてはいたが、「人間のものと比べると少し尖っている」程度で、外見上は人間とはほとんど変わらない状態だった。

グループSNEの『ロードス島戦記』

『ホビットの冒険』、『指輪物語』によって世に「ファンタジー物」というジャンルが生まれた後、アメリカで「ファンタジーの世界観で冒険する」ことをコンセプトとした『ダンジョンズ&ドラゴンズ』(Dungeones & Dragons)という対話式のゲームが作られた。これは特定のルールに則り、プレイヤーがゲーム世界のキャラクターを口頭で演じながら様々なミッションをクリアしていくもので、日本でも一部のオタクが楽しんでいた。
1986年、日本のクリエイター集団「グループSNE」は、『ダンジョンズ&ドラゴンズ』をもっと日本に広めようと自分たちが実際にプレイする様子を雑誌で発表。これが大好評となり、純粋な小説の形に仕立て直して再出版することとなるも、版権の問題から設定や世界観を『ダンジョンズ&ドラゴンズ』とは異なるものに変える必要が生じた。

こういった経緯を経て、『ロードス島戦記』と呼ばれる小説シリーズが完成。ヒロインであるエルフのディードリットは特に人気が高く、彼女の名前と「エルフ」という種族が日本に広く知られることとなった。
『ロードス島戦記』におけるエルフは『ホビットの冒険』や『指輪物語』のものほど絶対的な存在ではなく、魔力や寿命においては人間を上回るものの、純粋な腕力や生命力では人間に劣るとされた。さらに挿絵で描かれたディードリットの耳は人間のものよりも明らかに長く、エルフの特徴としてたびたび挙げられる「尖った耳(エルフ耳)」はこの時生まれたとされている。その高い人気もあり、『ロードス島戦記』で描かれたエルフは後の作品においてもエルフのスタンダートなスタイルとなっていった。

エルフの特徴

この項目では、『ロードス島戦記』で登場したものを基本として、一般的なエルフの特徴を紹介していく。

外見的特徴

エルフの外見は人間とほとんど変わらないが、大きく尖った耳を持つのが一番の特徴である。基本的に美形ばかりで、肌は色白で髪も金髪や銀髪などの淡い色合いのものが多い。
体つきは華奢で、見るからに非力な印象がある。多くの女性エルフは美しいスレンダー体形ではあってもグラマーとは言いがたく、同族同士で暮らしている時はともかく人間と共に行動しているとこの点を気にすることが少なくない。

種族的特徴

エルフの種族的特徴として、人間の数倍以上の長寿を持つことが挙げられる。実際にどれくらい長く生きるかは作品によって変わるが、中には「殺されない限り不死」に近い異様な長寿を持つケースもある。成長の速度も遅いが、成人まで成長するとほとんど老化しない。
身体能力自体は人間に劣り、純粋な力比べは苦手。菜食主義者であることが多く、アルコールについては「理性を奪う」と忌避することもあれば「植物由来のものだから気にしない」と普通にたしなむこともあり、作品によって様々である。

エルフと人間は生物として非常に近縁であり、人間の男とエルフの女性、あるいは人間の女性とエルフの男性との間で子を成すことが可能。こうして生まれた子供はハーフエルフと呼ばれ、両種族の特徴を足して2で割ったような存在となる。
ハーフエルフにも生殖能力があるが、生まれる子供がハーフエルフになるかは分からず、人間やエルフとしての特徴を持つこともある。

社会的特徴

エルフは基本的に森を生活圏としており、その中から出ることは滅多にない。人間と交流することは稀で、外部からの侵入者には容赦無く攻撃を加える排他的な気質を持つ。人間に対しては「森を拓き、大地を穢す愚かな種族」と見下す一方、その有り余る活力に脅威と羨望も感じている。
時に若いエルフが好奇心から森を飛び出すことがあり、物語の中で人間と交流するのはこの手のエルフが多い。

エルフの能力

高い魔力

YAMAKUZIRA
YAMAKUZIRA
@YAMAKUZIRA

Related Articles関連記事

ファンタジーの定番「ドワーフ」とは!?元ネタ・特徴・能力・有名キャラクターを徹底解説!

ファンタジーの定番「ドワーフ」とは!?元ネタ・特徴・能力・有名キャラクターを徹底解説!

ドワーフとは、ファンタジー風の異世界を舞台とする作品にたびたび登場する、人間に近い姿をした「亜人」と呼ばれる種族の1つである。もともとは北欧神話に登場する妖精の一種で、『指輪物語』や『ロードス島物語』といった作品で取り上げられながら設定が整理されていった。 ドワーフは小柄で屈強な体を持ち、手先が器用で鉱物の加工を得意とする。酒を好み、髭が長く、偏屈なところはあるが人間に対して友好的である。ここでは、ファンタジー物の作品では定番のキャラクターであるドワーフについて解説していく。

Read Article

ドラゴンクエストIV(DQ4・ドラクエ4)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストIV(DQ4・ドラクエ4)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』とは、1990年2月にエニックスから発売されたファミコン用RPGソフト。前作までがロトシリーズと呼ばれているのに対し、今作は天空シリーズの第1弾となる。今回の冒険は、地獄の帝王を蘇らせようとしているデスピサロの企みを阻止し、地獄の帝王を倒すことが目的である。主要なプレイヤーキャラクターは「導かれし者たち」と言われる8人で、第1章から第4章までは仲間の旅立ちが描かれ、第5章で主人公のもとに導かれし者たちが集って魔王討伐に向かうことになる。

Read Article

葬送のフリーレン名勝負「一級魔法使い試験」のネタバレ解説・考察まとめ

葬送のフリーレン名勝負「一級魔法使い試験」のネタバレ解説・考察まとめ

「一級魔法使い試験」とは、人間を知るための旅を続けるエルフの魔法使いフリーレンの姿を描いた『葬送のフリーレン』で繰り広げられた名勝負の1つ。一級魔法使い試験に臨む世界有数の魔法使いたちによる、熾烈な戦いや様々な駆け引きを描いている。 旅の途中で一級魔法使いの資格を欲したエルフの魔法使いフリーレンは、弟子のフェルンと共にこの試験が開催されるオイサーストへと向かう。宮廷魔法使いデンケン、北部魔法部隊の隊長ヴィアベルといった猛者たちもこれに参加し、時に争い、時に協力しながら試験を突破していく。

Read Article

ドリフターズ(Drifters)のネタバレ解説・考察まとめ

ドリフターズ(Drifters)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドリフターズ』とは、月刊誌『ヤングキングアワーズ』にて2009年6月号より連載中の歴史ファンタジー漫画である。作者は平野耕太。 世界中にその名を残す歴史上の人物が、時代も国も超えて集まる異世界。彼らは「漂流者(ドリフターズ)」と呼ばれ、すべてを滅ぼそうとする「廃棄物(エンズ)」たちと壮絶な戦いを繰り広げる。 関ヶ原の合戦に加わっていた島津豊久は、突然その異世界へと飛ばされた。彼はそこで織田信長や那須与一と出会い、武士の本能に従って、血で血を洗う戦へと身を置き、やがて「国盗り」を志す。

Read Article

葬送のフリーレン(FRIEREN)のネタバレ解説・考察まとめ

葬送のフリーレン(FRIEREN)のネタバレ解説・考察まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作山田鐘人、作画アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。 勇者ヒンメルと共に魔王を倒したエルフの魔法使いフリーレン。その50年後、ヒンメルがあっさりと寿命で息を引き取った時、彼女は自分と比べてあまりに短い時間しか生きられない人間の儚さを知り、苦楽を共にしてきた彼のことを自分が何も知らないという事実に激しく後悔する。人とは何か、自分にとってのヒンメルとは何者だったのかを今度こそ理解するため、フリーレンは新たな仲間たちと共に旅立っていく。

Read Article

葬送のフリーレン名勝負「断頭台のアウラとの戦い」のネタバレ解説・考察まとめ

葬送のフリーレン名勝負「断頭台のアウラとの戦い」のネタバレ解説・考察まとめ

「断頭台のアウラとの戦い」とは、人間を知るための旅を続けるエルフの魔法使いフリーレンの姿を描いた『葬送のフリーレン』で繰り広げられた名勝負の1つ。かつて魔王軍幹部「七崩賢」の一員だった断頭台のアウラとその軍勢を相手に、フリーレンと仲間たちが奮闘する内容となっている。 グラナト伯爵領を訪れたフリーレンは、この地の人々がアウラの軍勢と戦い続けてきたこと、相手の申し出で和睦を結ぼうとしていることを知る。それが魔族の策略だと見抜いたフリーレンは、かつて取り逃がしたアウラを今度こそ討つべく戦いに臨む。

Read Article

葬送のフリーレンの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

葬送のフリーレンの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『葬送のフリーレン』とは、山田鐘人(原作)とアベツカサ(作画)による漫画作品。 10年の歳月を費やして魔王を打倒し世界を救った勇者一行。その50年後、勇者ヒンメルは昔の仲間たちと再び集い、人生の幕を閉じた。 その一行の中にいたエルフのフリーレンは、その長寿な種族の性質上、人間と深く交わることがほとんどなかった。しかし、10年という歳月を共に生きた友の訃報を受け、彼女は人間と交流し理解しようという決意を固める。 勇者一行や勇者に助けられた者たちなどの多くの名言・名セリフが登場する。

Read Article

葬送のフリーレンの魔法・呪い・必殺技まとめ

葬送のフリーレンの魔法・呪い・必殺技まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 典型的なファンタジー世界を舞台としており、物語には多種多様な魔法や技が登場する。炎や雷を放つ戦闘用の魔法から戦士の振るう一撃必殺の大技、魔族の用いる解析不能の呪いまで、その用途も効果も様々である。ここでは、そんな『葬送のフリーレン』に登場する魔法と呪いと必殺技を紹介する。

Read Article

江戸前エルフ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

江戸前エルフ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『江戸前エルフ』(えどまえエルフ)とは、月島にある神社でご神体として崇められる引きこもりのエルフと、彼女に仕える高校生の巫女の交流を描いた、樋口彰彦の漫画作品。日常系の漫画に非日常感溢れる設定が組み込まれた作風が好評を博し、2023年にアニメ化された。 高校生で高耳神社の巫女でもある小金井小糸は、本物のエルフにして神社の祭神で引きこもりのエルダリエ・イルマ・ファノメタルとの交流に手を焼いていた。東京は変わってしまったと嘆くエルダリエに、小糸は「一緒に東京見物しよう」と持ち掛ける。

Read Article

葬送のフリーレンの七崩賢まとめ

葬送のフリーレンの七崩賢まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 七崩賢は、作中に登場する魔王軍の幹部である。具体的に七崩賢という枠組みができたのがいつのことなのかは不明だが、いずれもが人知の及ばぬ強大な魔法を操り人類を脅かした。南の勇者との戦いで3人、勇者ヒンメル一行に2人が討ち取られ、生き残った2人も魔王軍壊滅後にフリーレンに倒され全滅した。

Read Article

葬送のフリーレン名勝負「黄金郷ヴァイゼの戦い」のネタバレ解説・考察まとめ

葬送のフリーレン名勝負「黄金郷ヴァイゼの戦い」のネタバレ解説・考察まとめ

「黄金郷ヴァイゼの戦い」とは、人間を知るための旅を続けるエルフの魔法使いフリーレンの姿を描いた『葬送のフリーレン』で繰り広げられた名勝負の1つ。黄金へと姿を変えた城塞都市ヴァイゼの解放を巡り、フリーレンと彼女の仲間たちが大魔族マハトに挑んだものである。 人類との共存を目指すマハトは、魔族に無い罪悪感という感情を学ぶため、友と呼べるほど親しくなった人間ごと城塞都市ヴァイゼを黄金へと変える。数十年後、ヴァイゼ出身の魔法使いデンケンがマハトの打倒のため動き出し、フリーレンもこれに協力していく。

Read Article

フリーレン構文とは!?元ネタ・使い方・トリビア・反応など徹底解説!

フリーレン構文とは!?元ネタ・使い方・トリビア・反応など徹底解説!

「フリーレン構文」とは、人間を知るための旅を続けるエルフの魔法使いの活躍を描いた『葬送のフリーレン』を元ネタとするネットスラング。 主人公で1000年以上の時を生きるフリーレンの、「長く生きている」からこそのトンチンカンな反応を、現実の高齢オタクのあるあるになぞらえたジョークである。 「“人間を知る”ための旅をしているフリーレンが、どうでもいいか知らない方がいいような知識に興味を持つ」というパターンも存在し、これも同じ名で呼ばれている。 ここでは2種類の「フリーレン構文」を紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンの料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

葬送のフリーレンの料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 物語の舞台はいわゆるファンタジー世界だが、料理に関してはかなり進んでおり、ドーナツやパフェも登場する。主人公のフリーレンたちは旅の行く先々で様々な料理を食べ、舌鼓を打っている。ここでは、『葬送のフリーレン』に登場する料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物をまとめて紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンの恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

葬送のフリーレンの恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 作中では様々なキャラクターが交流しており、その中には恋愛関係に発展しそうなものも少なくない。主人公のフリーレンからして「自分とヒンメルの関係」を理解できておらず、その想いの行く末が注目されている。ここでは、『葬送のフリーレン』の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人を紹介する。

Read Article

葬送のフリーレン名勝負「女神の石碑の戦い」のネタバレ解説・考察まとめ

葬送のフリーレン名勝負「女神の石碑の戦い」のネタバレ解説・考察まとめ

「女神の石碑の戦い」とは、人間を知るための旅を続けるエルフの魔法使いフリーレンの姿を描いた『葬送のフリーレン』で繰り広げられた名勝負の1つ。現代のフリーレンと過去の時代のヒンメルたちが協力して魔族と戦う内容となっている。 女神の石碑を調査したフリーレンは、意識だけが80年前の自分自身へと飛ばされた状態となる。当時のフリーレンは勇者ヒンメルたちと共に旅をしており、歴史の改変を防ぐために彼女は未来の情報を隠そうとする。一方、フリーレンが未来の知識を持つことを察した魔族は、その抹殺を画策する。

Read Article

ヒンメル理論/ヒンメル構文とは!?元ネタ・使い方・トリビア・反応など徹底解説!

ヒンメル理論/ヒンメル構文とは!?元ネタ・使い方・トリビア・反応など徹底解説!

「ヒンメル理論/ヒンメル構文」とは、人間を知るための旅を続けるエルフの魔法使いの活躍を描いた『葬送のフリーレン』を元ネタとするネットスラング。 作中で魔王討伐を果たした勇者ヒンメルは、その高潔な人柄で仲間たちに感銘を与え、彼らの人生にも大きな影響を及ぼした。ヒンメルの死後、その仲間たちは誰かに手を差し伸べては「ヒンメルならそうした」と語り、共に旅をした偉大な勇者に恥ずかしくない人間であろうと努めていく。ヒンメル理論はこれを現実に持ち出して、何かを実行する時に唱えて勇気を奮い起こすものである。

Read Article

葬送のフリーレンの魔族まとめ

葬送のフリーレンの魔族まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 典型的なファンタジー世界を舞台としており、作中には人類を捕食する魔族という種族が登場する。人間を狩るために言葉を学び、人間を騙すために似た姿を獲得し、人間のものとは異なる特殊な魔法を操り、魔力の多寡で上下が決まる風習を持つ。ここでは、『葬送のフリーレン』に登場する魔族を紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンの勇者ヒンメル一行まとめ

葬送のフリーレンの勇者ヒンメル一行まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 勇者ヒンメル一行は作中に登場する人間と亜人の混合パーティーで、物語のメインとなる時間軸の80年前に魔王の討伐に成功した英雄たちである。主人公のフリーレンもその1人で、1000年以上の時を生きた彼女をして「化け物」と評する傑出した実力者がそろっている。

Read Article

葬送のフリーレンのミニアニメ「●●の魔法」まとめ

葬送のフリーレンのミニアニメ「●●の魔法」まとめ

『葬送のフリーレン 〜●●の魔法〜』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』を原作とする公式のミニアニメ。アニメ版『葬送のフリーレン』の放送に合わせ、YouTubeで順次公開された。 『葬送のフリーレン』の主人公フリーレンはエルフの魔法使いで、日常生活で少しだけ役に立つ民間魔法を集めることを趣味としている。『葬送のフリーレン 〜●●の魔法〜』ではこの点をクローズアップし、フリーレンが手に入れた新たな民間魔法と、それによるちょっとした騒動を描いている。

Read Article

葬送のフリーレンの回収済み・未回収の伏線・謎まとめ

葬送のフリーレンの回収済み・未回収の伏線・謎まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 主人公のフリーレンは1000年以上の時を生きており、彼女の半生はもちろん「勇者一行がどのようにして魔王を倒したのか」、「魔王は何を目的にしていたのか」など、様々な情報が謎のままだったり伏せられた状態になっている。ここでは、『葬送のフリーレン』の謎や回収済み・未回収の伏線を紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンの戦士・騎士まとめ

葬送のフリーレンの戦士・騎士まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 典型的なファンタジー世界を舞台としており、作中には武器を手に戦う戦士や騎士が多数登場する。人間、ドワーフ、魔族など種族も様々で、中には一撃で竜を叩き伏せ、ダイヤモンドすら握り潰すほどの怪力を誇る猛者もいる。ここでは、『葬送のフリーレン』に登場する戦士と騎士を紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンの魔法使いまとめ

葬送のフリーレンの魔法使いまとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 典型的なファンタジー世界を舞台としており、この手の作品には定番の職業である「魔法使い」が数多く登場する。主人公のフリーレンもまた魔法使いであり、彼女と人間や魔族の魔法使いたちとの魔法勝負も作品の見所の1つとなっている。ここでは、『葬送のフリーレン』に登場する魔法使いたちを紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンのエルフまとめ

葬送のフリーレンのエルフまとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 典型的なファンタジー世界を舞台としており、主人公のフリーレンを始めとする登場人物の何名かはエルフとなっている。エルフとは長い耳と1000年以上の寿命を持つ人類の亜種で、人間と共に暮らしている者も多い。ここでは、そんな『葬送のフリーレン』に登場するエルフを紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンの魔物まとめ

葬送のフリーレンの魔物まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 物語の舞台はいわゆるファンタジー世界で、竜などの有名なものから巨人のようなものまで荒野や森の奥地を様々な魔物が闊歩している。フリーレンたちは時には旅の中で彼らと交戦し、時には仕事として彼らの討伐を請け負う。ここでは、『葬送のフリーレン』に登場する魔物をまとめて紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンのドワーフまとめ

葬送のフリーレンのドワーフまとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 典型的なファンタジー世界を舞台としており、登場人物の何名かはこの手の作品では定番のキャラクターであるドワーフとなっている。ドワーフとは小柄で屈強な体を持つ人類の亜種で、人間とは友好的で街の一員として暮らしていることも多い。ここでは、『葬送のフリーレン』に登場するドワーフを紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンの僧侶・武道僧まとめ

葬送のフリーレンの僧侶・武道僧まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 典型的なファンタジー世界を舞台としており、作中には天地創造の女神を信仰する僧侶が登場する。「女神の魔法」と呼ばれる特殊な魔法を操る治癒と解毒の専門家だが、中には武道僧という“僧侶にして武術を修めた”人物も存在する。ここでは、『葬送のフリーレン』に登場する僧侶と武道僧を紹介する。

Read Article

ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間』とは、2001年~2003年に公開された、J・R・R・トールキン作の『指輪物語』を原作とした『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』三部作映画の第一作目。中つ国(ミドル・アース)を舞台に、主人公のフロドを含む9人の旅の仲間が、冥王サウロンを完全に滅ぼすため、全てを統べる「一つの指輪」を破壊する物語である。

Read Article

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』とは、映画三部作の興行収入が全世界で3,000億円を超える大人気シリーズ『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』三部作の完結編で、2003年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『指輪物語』で架空の種族や架空の地が舞台である。すべての指輪を統べる強大な力を持つ「一つの指輪」を葬る旅に出たフロドは目的地の滅びの山があるモルドールの目の前まで来ていた。アラゴルン達は人間の国ゴンドールに加勢し、サウロン軍に勝利、とうとう最終決戦を迎える。

Read Article

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』とは、映画三部作の興行収入が全世界で3,000億円を超える大人気シリーズ『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』三部作の第二作目で、2002年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『指輪物語』でエルフなど架空の種族や架空の地が舞台となっている。前作ですべての指輪を統べる強大な力を持った「一つの指輪」を葬る旅に出たフロドたちは、何人もの仲間を失いながらも3手に分かれ、それぞれの戦いに挑んでいく。中つ国では闇の勢力がますます力を増大させていた。

Read Article

ホビット 思いがけない冒険(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ホビット 思いがけない冒険(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホビット 思いがけない冒険』は、『ロード・オブ・ザ・リング』の60年前の前日譚となる『ホビット』三部作の1作目で、2012年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ニュージーランドの壮大な風景に加え、最新技術を活用した今までにない映像美、臨場感溢れるアクションシーンの連続で、観客を興奮の渦に巻き込む。ホビット族のビルボが困難を乗り越えながら仲間との友情を築いていく冒険物語で、『ロード・オブ・ザ・リング』につながるシーンも多く、シリーズの理解も深まる見逃せない作品。

Read Article

ホビット 決戦のゆくえ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ホビット 決戦のゆくえ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホビット 決戦のゆくえ』とは、『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』の60年前が舞台となる『ホビット』3部作の最終章で、2014年に公開された映画。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ホビット族のビルボが仲間と共にドワーフ王国の再興を目指す冒険物語で、壮大な世界観や臨場感溢れる映像、圧倒的スケールの戦闘シーンが観る者を魅了する。町を襲う竜や闇の勢力との壮絶な死闘に加え、ビルボとドワーフら旅の仲間の絆、エルフの女性とドワーフの若者の切ない恋の行方も魅力の作品。

Read Article

ホビット 竜に奪われた王国(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ホビット 竜に奪われた王国(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホビット 竜に奪われた王国』とは、『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』の60年前が舞台となる『ホビット』3部作の2作目で、2013年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ホビット族のビルボが仲間と共に困難を乗り越えながら、ドワーフ王国の奪還を目指す冒険物語で、大蜘蛛や火を吐く竜との戦い等、最新技術を活用した臨場感溢れる映像が観る者を圧倒する。『ロード・オブ・ザ・リング』の人気キャラクター、レゴラスの再登場や彼の想い人の初登場、冥王サウロンの復活など見所満載。

Read Article

ミリアルデ(葬送のフリーレン)の徹底解説・考察まとめ

ミリアルデ(葬送のフリーレン)の徹底解説・考察まとめ

ミリアルデとは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』に登場するキャラクター。殺されない限りは不老不死に近い存在であるエルフの女性。 過去に「“なんの価値もないゴミ”を、そうとは知らずに人生を懸けて探し求めた」ことがあるらしく、その反動でか無気力で無味乾燥な性格。自分と同じような人生を歩む者が現れることを期待したのか、不味いことで話題になっていた皇帝酒を「最上の名酒」と称える碑文を残した。ミリアルデは主人公フリーレンの知り合いだが、本人が今どこで何をしているかは不明。

Read Article

終極の聖女トート(葬送のフリーレン)の徹底解説・考察まとめ

終極の聖女トート(葬送のフリーレン)の徹底解説・考察まとめ

終極の聖女トート(しゅうきょくのせいじょトート)とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』に登場するキャラクター。人類側にも広くその名を知られた大魔族ながら、戦いを好まず魔法の探求に勤しむ変わり者である。 魔王の打倒を目指す勇者ヒンメル一行を討伐するため集められた4名の大魔族の1人。しかし招集には応じておきながら、「戦うのは苦手」といって1人引き返してしまう。この時点でなんらかの呪いを無差別に振り撒いており、「100年後には私の呪いが星全体を覆い尽くす」と豪語した。

Read Article

クラフト(葬送のフリーレン)の徹底解説・考察まとめ

クラフト(葬送のフリーレン)の徹底解説・考察まとめ

クラフトとは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』に登場するキャラクター。1000年以上の時を生きるフリーレンよりさらに高齢のエルフで、女神を信仰する武道僧(モンク)である。 記憶にも記録にも残らない古の昔、仲間たちと共になんらかの偉業を果たす。それがどのようなものかは作中で語られていないが、自分たちの過去がこの世から忘れられていくことを憂いたクラフトは、人間たちの信仰対象である女神を崇め始める。長い旅の中で偶然フリーレンと出会い、数百年後の再会を予感しつつ別れた。

Read Article

フリーレン(葬送のフリーレン主人公)の徹底解説・考察まとめ

フリーレン(葬送のフリーレン主人公)の徹底解説・考察まとめ

フリーレンとは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』の登場人物。物語の主人公であり、かつて勇者ヒンメルや仲間たちと共に魔王を倒して世界に平和をもたらした魔法使い。見た目は幼いが、エルフと呼ばれる長命種の存在で、年齢は1000歳を超えている。 冷静沈着で感情の起伏に乏しい。魔法使いとしては最上位クラスの実力者で、多くの魔族を葬ったことから「葬送のフリーレン」の異名を持つ。勇者ヒンメルの葬儀の際、自分が彼のことを何も知らないことに愕然とし、人間を知るための旅に出る。

Read Article

目次 - Contents