リメンバー・ミー(Coco)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「リメンバー・ミー(Coco)」とは2017年に公開されたアメリカのフルCGアニメーション映画作品。ピクサー・アニメーション・スタジオの劇場公開長編第19作目。家族に反対されながらもミュージシャンを志す少年が死者の世界に迷い込み、自身の先祖に関する秘密を知っていくストーリー。家族の絆をテーマとしている。

『リメンバー・ミー(Coco)』の概要

『リメンバー・ミー』(原題:Coco)は、2017年に公開されたアメリカのフルCGアニメーション映画作品。ピクサーの劇場公開長編 第19作目。
邦題は本作の主題歌から採用されている。家族の絆について描いた作品であり、先祖や亡くなった家族のことを子供たちの世代に語り継いでいくことの重要性を説いている。家族に反対されながらもミュージシャンを志す少年が死者の世界に迷い込み、自身の先祖に関する秘密を知っていくストーリー。
日本版キャッチコピーは「それは、時を越えて― 家族をつなぐ、奇跡の歌。」。

監督は「トイ・ストーリー3」で有名なリー・アンクリッチ。共同監督としてエイドリアン・モリーナがノンクレジットで参加している他、原案、脚本、作詞を担当。また、「トイ・ストーリー3」の製作担当ダーラ・K・アンダーソンも本作で製作に参加。
メキシコを舞台としており、キャストの多くはヒスパニック系である。原語版の主要言語は英語だが、セリフや劇中曲にはスペイン語が多く用いられている。
死者の日というメキシコ独特の文化を題材として取り入れ、死者の世界は非常にカラフルな色彩が描かれている。また、死者という要素が含まれるため、ピクサー作品としては比較的ダークな要素も描かれる。
同時上映はウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作の短編アニメーション「アナと雪の女王/家族の思い出(Olaf's Frozen Adventure)」。

制作費は推定1億7500万~2億ドル。アメリカの映画批評サイトRotten Tomatoesでは274件のレビューにより97%の高数値を獲得し、興行収入は全世界で8億ドルを超えるなど、興行・評価ともに大成功している。

スタッフは本作の制作にあたって「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」「ジョン・ウィック」を参考にしたと語っている。

『リメンバー・ミー(Coco)』のあらすじ・ストーリー

リヴェラ家の家訓とミゲルの想い

メキシコの片田舎サンタ・セシリアでは、年に1度の死者の日を迎えていた。靴磨きの少年ミゲル・リヴェラは、今夜広場で開かれる死者の日の音楽コンテストに出場したいと考えている。しかし、靴職人のリヴェラ家は、音楽に関する一切の禁止を家訓にしているのだ。ミゲルのひいひいおじいさんは音楽にのめり込み、家族を捨てて出ていった。それ以来、家族を引き裂いた音楽は、リヴェラ家では語ることさえ禁止なのである。

しかしミゲルの憧れは、今はもう亡き偉大なミュージシャン、エルネスト・デラクルス。ミゲルは将来を夢見ながら、今日もマリアッチ広場でミュージシャンの靴を磨いているのだ。

死者の日に、亡くなった家族の魂を迎えるには、祭壇に本人の写真を飾る必要がある。リヴェラ家の祭壇にも、ひいひいおばあさんであるママ・イメルダの写真が最上段に飾ってあった。しかし並んで写るひいひいおじいさんの顔は破り取られている。そんなリヴェラ家で、今夜の音楽コンテストに出たいというミゲルの願いが許されるはずもない。もっとも家訓に厳しいエレナおばあさんからは、今夜はどこへも行かせないといわれていたのだ。

ひいひいおじいさんの正体

手づくりのギターを持ち、のら犬ダンテとともにこっそりとコンテスト会場に向かおうとしたミゲルは、家族に見つかりそうになって慌てて祭壇部屋へ飛び込む。そのときダンテが暴れたため、ママ・イメルダの写真が落ちてケースが割れてしまった。写真をよく見ると、ひいひいおじいさんの左腕のところで裏へ折られている。開いてみると、なんとデラクルスのギターを持っていたのである。

ミゲルは家族に向かい、ひいひいおじいさんはデラクルスであり、自分はミュージシャンになると決意を告げる。しかしエレナおばあさんはまったく聞く耳を持たず、「音楽は呪いだ!」と叫びながらミゲルのギターを叩き壊してしまう。「こんな家族はもう嫌だ!」と叫び、ミゲルは外へと駆け出すのだった。

墓地での出来事

コンテスト会場へと来たミゲルだったが、ギターが無いと出場できない。困ったミゲルは、墓地に建つデラクルスの霊廟にあるギターを借りようと思いついた。霊廟に忍び込んだミゲルは、デラクルスの遺影に向かってギターを手にし、弦をはじいてみた。その途端、ミゲルの身体は一瞬光り、足元に溜まっていた枯れ葉が激しく飛び散ったのである。

警備員が霊廟に入って来るのを見て慌てたミゲルだが、警備員が自分の身体をすり抜けたのを見て呆然となる。そのまま墓地へと飛び出したが、周りの人には誰もミゲルの姿が見えていない。パニックになったミゲルはやみくもに走り出し、地面に掘られていた墓穴へと落ちてしまった。そんなミゲルに気づいて引っ張り上げてくれた婦人の顔は、なんとガイコツだったのである。

周りを見るとガイコツだらけ。わけがわからないままダンテの後を追って走り出すミゲル。するとその先には、ロシータおばさん、パパ・フリオ、そしてヴィクトリアおばさんのガイコツがいたのである。ミゲルの姿を見て抱きしめるロシータおばさん。そして3人は、今のミゲルの状態をママ・イメルダに相談しようと話し合うのだった。

ところが、ママ・イメルダは向こうの世界で足止めにあっているという。原因はミゲルにあるかも知れないと考えたパパ・フリオたちは、ミゲルを連れて死者の国へと向うのであった。

死者たちの国

パパ・フリオたちに連れられて、のら犬ダンテとともに死者の国へとつながる橋を渡っていくミゲル。マリーゴールドの花びらに埋め尽くされている橋の先には、霧にけぶって光り輝き、見上げるような高さの建物が立ち並ぶ幻想的な国が見え始めた。空には魂の旅のガイドといわれるアレブリヘが、翼をはためかせて飛び回っている。パパ・フリオ一行は、ミゲルを見て驚く死者たちの横を通り抜け、死者の国の入国ゲートへと急ぐのだった。

案内所の中ではママ・イメルダが、祭壇に写真が無いはずはないと、担当係に怒鳴っていた。その後、案内所の責任者から今の状況の原因を聞くことになる。ミゲルは死者の日に死者から盗みを働いたための呪い、そしてママ・イメルダは、ミゲルが写真をここへ持って来てしまったのが原因なのだった。ミゲルの呪いを解く方法は、日の出前までに家族が許しを与えること。日の出を過ぎるとミゲルは死者になってしまうのである。

ママ・イメルダは、二度と音楽に関わらないことを条件にしてミゲルに許しを与えようとする。輝き始めたマリーゴールドの花びらに触れたとたん、ミゲルはデラクルスの霊廟の中に戻っていた。そしてミゲルは、ママ・イメルダとの約束を破ってデラクルスのギターを手にする。すると再び死者の国へと戻ってしまったのだ。

ヘクターとの出会い

約束を破ったミゲルを激しく怒るママ・イメルダ。しかしミゲルは、家族であるデラクルスの許しをもらえればいいのだと気づいてしまった。そしてダンテと一緒に事務所を飛び出したのだ。そのすぐあと、ミゲルは警官と言い合っているヘクターに出会う。ヘクターは祭壇に写真が無くても橋を渡れないかとぐずっていたのだ。その話から、ヘクターがデラクルスの知り合いだと知るミゲル。

ミゲルの事情を聞いたヘクターは、生者の国に帰ってから自分の写真を祭壇に飾ってくれるなら、デラクルスの場所に連れて行くと約束する。そして、ミゲルを死者に見えるように変装させたのだ。ただしミゲルはヘクターに、家族はデラクルスしかいないとウソをついていた。

そのころママ・イメルダは、ミゲルの触れた花びらの匂いを自分のアレブリヘであるペピータに嗅がせ、ミゲルの捜索を開始した。

忘れ去られた人たち

デラクルスのリハーサル場を訪ねたヘクターとミゲルは、デラクルスは今、巨大なタワーの上で開催されているパーティーに出席していると教えられる。そして、デラクルス広場での音楽コンテストに優勝すれば、パーティーに招待されることも。ミゲルは、呆れ顔のヘクターをよそに、コンテストへの出場を決意する。

コンテストに出るにはギターが必要。ヘクターは知り合いからギターを借りるため、彼が住んでいる場所へとミゲルを案内する。そこは、死者の日の祭壇に写真を飾ってもらえない、忘れ去られた人たちが住んでいる場所だった。ヘクターたちは、先ほどまでの街中と比べて明らかに貧富の差がある家々を通り抜け、目的の家へとたどり着く。ヘクターのアミーゴ(友)だという寝たきりのチチャロンは、ギターを貸す代わりに1曲歌ってほしいと、弱々しい声でヘクターに頼むのだった。

ヘクターはチチャロンのギターを手に取り、優しく語りかけるように歌い始める。驚いた表情でヘクターを見つめるミゲル。歌い終わったヘクターにお礼をいいながら、チチャロンは光の粒となって消えていった。忘れ去られ、思い出を伝える人がいなくなると、魂は二度目の死を迎えることになるとつぶやくヘクター。チチャロンのギターを受け取ったミゲルは、寂しげな様子のヘクターのあとを追っていくのだった。

デラクルス広場の出来事

デラクルス広場へ向かう途中、デラクルスと一緒に音楽をしていたと話すヘクター。しかしミゲルは半信半疑である。コンテスト会場は大いに盛り上がっていた。そしてついにミゲルの番が来る。ミニデラクルスの呼び名で舞台に上がったが、ミゲルは緊張して声が出ない。しかし、ヘクターが応援しているのを見て、思いを込めて歌いだす。

歌うにつれて調子が上がっていくミゲルの隣では、ヘクターまでもがダンスを披露している。大きな歓声に包まれるコンテスト会場。そこへ、ペピータとともにママ・イメルダが現れた。

慌てて逃げ出したミゲルに気づいて追いかけるママ・イメルダ。その様子に、ミゲルの家族はデラクルスだけではなかったと知ったヘクターは、自分にウソをついていたのかとミゲルをなじる。そのヘクターの態度に怒りを覚え、ミゲルは預かっていたヘクターの写真を放り出して、1人で逃げていくのだった。

地下のトンネルを逃げていくミゲルの背に向けて歌いだしたママ・イメルダの美しい声歌を聞き、ミゲルは驚いて立ち止まった。音楽は嫌いじゃなかったのかと問うミゲルに、スキだったと答えるママ・イメルダ。でも、ココが生まれたため音楽は捨てたのだと。この言葉に反発し、再び走り出すミゲルは、「家族って支え合うものだけど、うちは違う」と叫んでいた。

パーティー会場での出会い

パーティー会場に入り込もうとして失敗したミゲルは、コンテスト優勝者たちに協力を頼み、楽器に隠してもらうことで侵入に成功する。

パーティー会場では、招待客の多さのためにミゲルはデラクルスに近づけない。考えた末、二階の廊下の手すりに立ち、映像にあわせて歌いだした。そしてうまくデラクルスの気を引き、自分は孫の孫だと紹介することに成功したのである。自分の家族だと知り、ミゲルを肩車したまま満面の笑みで会場中に紹介してまわるデラクルスであった。

紹介が一段落したとき、ミゲルはデラクルスに音楽を選んだことを後悔していないかと聞いてみた。それに対してデラクルスは、家族を残していくのは辛かったが、運命には誰も逆らえないと答える。そして、君もミュージシャンになる運命だと、ミゲルに告げるのだった。

驚愕の真実

デラクルスがミゲルに許しを与えようとしているまさにその時、変装してパーティーに入り込んでいたヘクターが現れた。ヘクターの名を呼ぶデラクルスの姿に、本当に2人は知り合いだったのだと知ったミゲル。ヘクターは、自分が死んだのはデラクルスに毒を盛られたためではないかと疑っていた。音楽をやめて故郷へ帰ろうとした自分を殺し、書きためた曲を奪ったのではないかと。

真実を確かめようとしたヘクターは、デラクルスに自分の写真を取り上げられた上、警備員に連れて行かれてしまった。デラクルスに疑いの目を向けたミゲルも、深い地下牢へと投げ込まれてしまう。その地下牢でヘクターに会ったミゲルは、自分が間違っていたと泣いて謝る。気にするなというヘクターだが、その存在は消えかけていた。

いつ消えてもおかしくないヘクターは、娘のココに会って謝りたいとの思いを話す。驚くことに、ママ・イメルダはヘクターの妻であり、ミゲルはヘクターの孫の孫だったのである。「リメンバー・ミー」は、娘のココのためにヘクターが作った曲だったのだ。2人はお互いが家族であることを喜び合う。その時、はるか頭上にある穴のフチに、ダンテとペピータ、そしてママ・イメルダが現れた。ミゲルとヘクターは、ペピータによって救出される。

ミゲルとヘクター、そしてママ・イメルダ

ペピータは、ママ・イメルダとミゲル、そしてヘクターとダンテを背に乗せて大空を飛んでいた。その背の上で、ダンテは翼の生えたアレブリヘに変貌する。ペピータが地上へ降りた途端、ママ・イメルダがヘクターを激しく非難したが、ヘクターは悪くないとミゲルがかばう。ヘクターは家へ帰ろうとしていたのに、デラクルスに殺されてしまったのだと。それでも家族を捨てたことには変わりないと、ママ・イメルダはかたくなにヘクターを拒もうとする。しかし存在が消えそうになっているヘクターの様子を見て驚き、ちょっとだけなら手伝うと考えを変えるのだった。そして家族が一丸となり、デラクルスからヘクターの写真を取り戻すための作戦会議が始まったのである。

サンライズコンサート会場での活劇

lazy-human-EXs8
lazy-human-EXs8
@lazy-human-EXs8

Related Articles関連記事

ディズニーの歴代プリンセスまとめ

ディズニーの歴代プリンセスまとめ

ディズニープリンセスとは、これまでに制作されたディズニー作品に登場するプリンセスたちの総称である。白雪姫、シンデレラ、オーロラ、アリエル、ベル、ジャスミン、ポカホンタス、ムーラン、ティアナ、ラプンツェル、メリダ、モアナ、ラーヤがアメリカ公式サイトで発表されているディズニープリンセスだ。その他、ソフィアやヴァネロペ、エレナなどもプリンセスとして扱われることがある。

Read Article

ディズニー100 フィルム・フェスティバルのイベント・作品まとめ

ディズニー100 フィルム・フェスティバルのイベント・作品まとめ

『ディズニー100 フィルム・フェスティバル』とは、ディズニー創立100周年を記念して行われる映画の祭典。過去に公開されたディズニー映画の中から厳選された作品が、全国100か所の映画館で1日だけ特別上映される。『アナと雪の女王』、『ベイマックス』、『シンデレラ』、『モアナと伝説の海』、『リトル・マーメイド』、『ズートピア』、『塔の上のラプンツェル』、『ファンタジア』の計8作品を、2023年10月の毎週土日限定で見ることが可能。9月24日には公開直前のイベントも実施される。

Read Article

トイ・ストーリーシリーズの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

トイ・ストーリーシリーズの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『トイ・ストーリー』シリーズとは、ピクサー・アニメーション・スタジオが1995年から作成した『トイ・ストーリー』をはじめとする長編アニメシリーズ。1999年に『トイ・ストーリー2』。2010年に『トイ・ストーリー3』、2019年に『トイ・ストーリー4』が公開された。人格があるおもちゃを主人公としたストーリーで、1作目である『トイ・ストーリー』は世界初のフルCGアニメーション作品として注目を集めた作品。ここでは、そんな『トイ・ストーリー』シリーズに登場する数々の名言を紹介。

Read Article

【アナと雪の女王】歴代ディズニープリンセスと異なる新しい愛の形【比較考察まとめ】

【アナと雪の女王】歴代ディズニープリンセスと異なる新しい愛の形【比較考察まとめ】

『アナと雪の女王』とは、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作による2013年公開のアメリカ合衆国の映画である。日本では『アナ雪』の略称でも呼ばれ、大ヒットを記録した。ディズニー史上初のダブルヒロインともなる今作で描かれるものは、従来のディズニープリンセスの映画では描かれてこなかった愛の形がある。アナ雪で描かれる愛の形について、他のディズニープリンセス作品と比較しつつまとめていく。

Read Article

NEW
トイ・ストーリー3(Toy Story 3)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

トイ・ストーリー3(Toy Story 3)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ピクサーによる生きたおもちゃの物語3作目です。おもちゃで遊ばなくなったアンディと、遊んでほしいおもちゃたち。大学に同行するカウボーイ人形のウッディ以外は、捨てられたと思い込んで保育園に寄付される道を選びます。そこが、おもちゃの楽園に見せかけた地獄だとも知らずに。容赦ない展開と冒険に手に汗握る、それでいて爽快にして感動の物語です。ジョン・ラセター製作総指揮、リー・アンクリッチ監督。

Read Article

Mr.インクレディブル(ピクサー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

Mr.インクレディブル(ピクサー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『Mr.インクレディブル』とは、ディズニー配給・ピクサー製作、ブラッド・バード監督による長編フルCGアドベンチャー・アニメーション映画。一般市民として暮らしていた驚くべき怪力を持つ元スーパーヒーローが、謎の伝言が届いたことから、再びスーパーヒーローとして同じように特別なパワーを持った妻や子供たちとともに邪悪な敵に立ち向かう。2004年製作・アメリカ作品。

Read Article

カーズ(ピクサー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

カーズ(ピクサー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「カーズ」は2006年6月9日に公開のピクサーによって制作された長編アニメーション映画作品。第64回ゴールデングローブ賞アニメーション映画賞を受賞。車の世界を舞台にした圧倒的なスケールとスピード感溢れる映像、そして温かい物語のラスト。名曲も多いと話題の映画。期待のレーシングカー、ライトニング・マックィーンが小さな町の住人たちとの出会いをきっかけに大切なものを学び成長していく物語。

Read Article

トイ・ストーリー2(Toy Story 2)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

トイ・ストーリー2(Toy Story 2)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ジョン・ラセター監督による、生きたおもちゃたちの冒険を描くアニメ映画の2作目。アンディ少年の親友、カウボーイ人形のウッディは、実はプレミア人形。おもちゃ屋の社長にビジネスの道具として持ち去られた上、オフィスのおもちゃ達からいずれ持ち主から忘れられると聞き、帰るべきか迷います。一方、アンディの部屋では捜索隊が組まれてウッディの救出に向かうのでした。前作以上に見せ場もメッセージも盛り込まれています。

Read Article

モンスターズ・ユニバーシティ(ピクサー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

モンスターズ・ユニバーシティ(ピクサー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『モンスターズ・ユニバーシティ』とは、2013年にディズニーとピクサーによって制作された映画である。略称は『MU』。2001年に公開された『モンスターズ・インク』の続編で、最強の怖がらせ屋のモンスター・マイクとサリーの大学時代が舞台となっている。夢に向かってひたすら努力をするマイクと、才能に頼って努力を怠けるサリーの出会いと成長を描いた冒険物語になっており、マイクとサリーの関係性の変化や、前作とのつながりが描かれている。

Read Article

カーズ2(ピクサー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

カーズ2(ピクサー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

2011年7月30日公開の大人気カーズシリーズの第2弾。ピクサー映画で「トイ・ストーリー」シリーズ以外で初めての続編長編作。ジョン・ラセターとブラッド・ルイスの共同監督。カーズの主人公「ライトニング・マックィーン」が仲間たちと一緒にワールド・グランプリに出場する。初めてレースについてきた親友の「メーター」がスパイと間違われ悪の組織と闘うことになる。メーターが大活躍する友情がテーマの物語。

Read Article

モンスターズ・インク(ピクサー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

モンスターズ・インク(ピクサー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『モンスターズ・インク』とは、ディズニーとピクサー製作の長編3DCGアニメーション映画。公開前から、ユニークで愛らしいキャラクターが脚光を浴び、2001年、全米で記録的な大ヒットとなった。夜な夜な子どもたちを脅かすくせに実は子どもが大の苦手というモンスターたち。彼らの世界に小さな女の子が紛れ込んだことから巻き起こる騒動を友情と愛情を織り交ぜてコミカルに描く。ベテランアニメーター、ピート・ドクターの初監督作品。

Read Article

トイ・ストーリー(Toy Story)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

トイ・ストーリー(Toy Story)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ピクサー製作、ジョン・ラセター監督による長編アニメ映画。人間の目がない所でおもちゃが動くという設定に、独自の味付けが成されています。古いカウボーイ人形のウッディは、新しくやって来た宇宙飛行士人形バズにより持ち主の「一番のお気に入り」の座を奪われます。その逆恨みが元で様々な困難に見舞われるのでした。厳しい現実をユーモラスに描きつつ、友情や冒険の要素も盛り込んだ、大人も子供も楽しめる作品です。

Read Article

トイ・ストーリー4(Toy Story 4)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

トイ・ストーリー4(Toy Story 4)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『トイ・ストーリー4』とは、ピクサー・アニメーション・スタジオ製作、ディズニーの大人気シリーズ『トイ・ストーリー』の第4作目である。ある少女のおもちゃ・ウッディとその仲間たちが新しく加わった、プラスチック製フォークで作られたおもちゃ・フォーキーと一緒に冒険するという物語。キャッチコピーは「あなたはまだ─本当の『トイ・ストーリー』を知らない。」。『トイ・ストーリー2』を最後に登場が無かったボー・ピープとウッディたちの再会なども描かれている。

Read Article

レミーのおいしいレストラン(ピクサー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

レミーのおいしいレストラン(ピクサー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『レミーのおいしいレストラン』とは、2007年に公開されたディズニー/ピクサー制作のハートウォーミング・コメディな長編アニメーション映画である。監督はブラッド・バード。物語の舞台はフランス・パリ。料理を愛し、フランス料理のシェフになることを密かに夢見るネズミのレミーと、料理が苦手な青年リングイニが出会い、かつて5つ星だったが星を2つ失ってしまったレストラン「グストー」に新風を巻き起こしていく。自分に自信がもてないネズミと人間の成長と友情が描かれた、子どもから大人まで楽しめる作品。

Read Article

ファインディング・ニモ(ピクサー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ファインディング・ニモ(ピクサー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ファインディング・ニモ』とは、第76回アカデミー賞で長編アニメ賞を受賞した、ディズニー / ピクサー製作の冒険ファンタジー映画である。 2016年には続編『ファインディング・ドリー』が公開された。人間に捕らえられたニモを助ける為、父親であるカクレクマノミのマーリンが旅の途中で出会ったナンヨウハギのドリーと共に、大冒険を繰り広げる物語を描いている。ニモの居場所がシドニーだと知り、急いで向かう2人に幾度となくピンチが降り注ぐ。旅の終わりに親子の絆を感じる事が出来る、感動が詰まった作品である。

Read Article

インサイド・ヘッド(ピクサー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

インサイド・ヘッド(ピクサー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『インサイド・ヘッド』とは、公開される前からピクサー史上最高傑作と言われた、人間の頭の中が舞台となったアニメ映画である。人間の感情「喜び」「怒り」「悲しみ」「嫌悪」「恐れ」がキャラクターとなり様々なピンチを乗り越えるという内容。それぞれの感情がなぜ必要なのか、子供から大人まで楽しんで見ることの出来る作品である。ピクサー長編アニメーション第1作は『トイ・ストーリー』であり、20年後の2015年に本作が公開されたので「20周年記念作品」とされている。

Read Article

カーズ/クロスロード(ピクサー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

カーズ/クロスロード(ピクサー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

2017年7月15日に公開されたピクサー映画。ブライアン・フィーの初監督作品。大人気カーズシリーズの第3弾。ベテランレーサーとなったライトニング・マックィーンがシーズン最後のレースで最新テクノロジーを追及した次世代レーサーたちのスピードに圧倒され大クラッシュをしてしまう。「人生の岐路(クロスロード)」に立たされ仲間や新しい相棒に支えられながら運命の決断を迫られる物語。

Read Article

マイ・エレメント(ディズニー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

マイ・エレメント(ディズニー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『マイ・エレメント』(原題:Elemental)とは、2023年夏に日本で公開されたファンタジー映画。ウォルト・ディズニー・ピクチャーズと、『トイ・ストーリー』などでお馴染みのピクサー・アニメーション・スタジオが製作した。同スタジオが製作する長編映画は、27作目である。同時上映作品として、『カールじいさんのデート』も公開された。 火・水・土・風のエレメントが住むエレメント・シティを舞台に、火のエレメントであるエンバーと水のエレメントであるウェイドの種族を超えたラブストーリーが繰り広げられる。

Read Article

インクレディブル・ファミリー(ピクサー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

インクレディブル・ファミリー(ピクサー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『インクレディブル・ファミリー』とは、2018年に公開されたディズニー/ピクサー製作の長編アニメーション20作目となる映画である。また、アカデミー賞で長編アニメーション賞、音響編集賞を受賞した『Mr.インクレディブル』の続編映画となっている。主人公はMr.インクレディブルの妻であるイラスティガール。ヒーロー活動が禁じられひっそりと暮らしていたが、ある事をきっかけにパー一家は再びヒーローとして活躍を遂げる。それぞれ違った才能を持つヒーロー達の活躍を見て、家族で楽しめるコメディ映画作品である。

Read Article

ファインディング・ドリー(ピクサー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ファインディング・ドリー(ピクサー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ファインディング・ドリー』とは、第76回アカデミー賞で長編アニメ賞を受賞した『ファインディング・ニモ』の続編映画であり、その1年後の物語を描いたディズニー / ピクサー製作の冒険ファンタジーアニメーション映画である。極度の忘れん坊のドリーがある事を機に、今まで忘れていた家族を探す冒険を描いている。旅の途中、家族を見つける手掛かりは人間達が海の生物を保護している施設、海洋生物研究所にあると知る。旅の中で親友のニモとマーリンや家族との絆が深まっていく、感動が詰まった映画作品である。

Read Article

バズ・ライトイヤー(ディズニー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

バズ・ライトイヤー(ディズニー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『バズ・ライトイヤー』(原題:『Lightyear』)とは、2022年公開の3Dアニメーションのスペース・アドベンチャー映画で、1995年公開のディズニー・ピクサー映画『トイ・ストーリー』に登場するバズ・ライトイヤーのルーツを描くスピンオフ作品である。スペースレンジャー・バズが任務の失敗から仲間の大切さを知る物語。本家『トイ・ストーリー』の世界で上映された映画という設定で、宇宙を舞台にロボットと戦うSFの世界観を持つ。ストーリーは本家から独立している一方、作中でバズのお馴染みの台詞が再現される。

Read Article

私ときどきレッサーパンダ(ピクサー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

私ときどきレッサーパンダ(ピクサー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『私ときどきレッサーパンダ』とは、ピクサー・アニメーション・スタジオが2022年3月11日に公開した、ティーンエイジャーの成長を描く3DCGアニメーション映画である。思春期を迎え自分らしくあるべきか、母の期待に応え続けるべきかに迷う少女の姿をコミカル、かつ丁寧に描いている。頑張り屋の主人公メイは母の期待に応えるために努力する優等生だったが、赤くて巨大なレッサーパンダに変身してから生活は一変する。時にはぶつかり合いながらもお互いに成長する母娘や、親友たちとの関係性が見どころ。

Read Article

アラジン(ディズニー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

アラジン(ディズニー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ディズニー製作の大ヒットアニメ映画。 貧しい青年アラジンが王女ジャスミンと出会うことから話は始まる。 願いを三つ叶えてくれるランプの魔人・ジーニーは貧しいアラジンを王子に変身させ、ジャスミンとの恋の成就を後押しする。 しかし、最大の敵であるジャファーの魔の手が忍び寄るのであった。 アラジンとジャスミンが魔法の絨毯で空を舞う際に流れる「ホール・ニュー・ワールド」は珠玉の名曲として知られる。

Read Article

NEW
ムーラン(ディズニー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ムーラン(ディズニー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ムーラン(原題:Mulan)』とは、アメリカのディズニーで1998年に制作された、古代中国を舞台としたディズニー映画である。中国の伝説の人物である「花木蘭」をモデルに描かれている作品。2020年には実写映画化もされたが、こちらの作品は多くの波紋を呼んでいる。古くからのしきたりに従う周囲に求められる女性としての自分、自分らしく振る舞いたいという気持ちを持つ自分とで葛藤をするムーランが、父の代わりに男装して出兵することをきっかけに多くの困難を乗り越える過程と成長する姿を描いた物語である。

Read Article

美女と野獣(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

美女と野獣(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『美女と野獣』(原題:Beauty and the Beast)は2017年にアメリカで制作された映画。1991年に制作された、ディズニーアニメーション不朽の名作を完全実写化。魔女の呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまった王子と、孤独を抱えながらも前向きに生きる美しい娘ベルが出会い次第に惹かれあっていく模様を描く。愛すること、信じ抜くことを描くファンタジーロマンス。

Read Article

魔法にかけられて(ディズニー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

魔法にかけられて(ディズニー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『魔法にかけられて』とは、2007年にウォルト・ディズニー・ピクチャーズが製作したミュージカル映画。ディズニー伝統のアニメーションと実写を融合し、過去のディズニー作品からのセルフパロディや楽しいミュージカルナンバーを随所にちりばめて描いたファンタジック・ラブ・コメディ。王子との結婚式の日に魔女に騙されて現代のニューヨークへと送り込まれたおとぎの国のプリンセス・ジゼルは、見知らぬ世界の中で困り果てていた時、弁護士の男性・ロバートと出会い、やがて彼に惹かれていく。

Read Article

塔の上のラプンツェル(ディズニー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

塔の上のラプンツェル(ディズニー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『塔の上のラプンツェル』とは、2010年11月24日にアメリカで公開された、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが製作の第50作目の長編アニメーション映画である。バイロン・ハワードとネイサン・グレノが共同で監督を務めた。魔法の髪を持つ少女ラプンツェルは幼い頃、魔法の髪を独り占めしようとしたゴーテルにさらわれ、森の中の塔で育てられた。塔から出ることを許されず、誕生日にだけ空に浮かぶ灯りを間近で見るのが夢だった。そんな所に現れた青年フリン・ライダーとその灯りを見に行く旅に出る。

Read Article

ムーラン2(ディズニー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ムーラン2(ディズニー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ムーラン2(Mulan II)』とは、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ製作、ディズニーの人気作品『ムーラン』の続編である。『ムーラン』の物語から1ヵ月後、主人公のムーランとシャン将軍が新たな任務を受け、旅に出る物語である。そのため、前作とリンクする部分も多々見受けられる。2005年にアメリカで公開された。日本では劇場での公開は無かったが、2004年に先行してビデオで販売された。一方で、主要キャラクターの中には今回新たに登場する者もおり、新しい『ムーラン』を見せることにも成功している。

Read Article

ノートルダムの鐘(ディズニー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ノートルダムの鐘(ディズニー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ノートルダムの鐘』とは、1996年に公開されたウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ作品で、容姿が醜いことで周囲から酷い扱いを受けるカジモドが1人の女性に恋をする物語である。ディズニー作品といえば、プリンセスとプリンスが結ばれるストーリーで、年齢問わず楽しめるテーマが多い。一方で、今作は社会問題の1つである「差別」をテーマとした描写が見られ、歴史上差別対象となった「ジプシー」と呼ばれる民族が登場することからディズニー映画の中でも大人向けで異質なストーリーとなっている。

Read Article

アナと雪の女王(アナ雪)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

アナと雪の女王(アナ雪)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「アナと雪の女王」はアメリカ合衆国の3Dコンピュータアニメーション・ミュージカル・ファンタジー映画。 日本ではアナ雪の略称でも呼ばれる。 王家の娘、2人の主人公アナとエルサを待ち受ける過酷な運命を描く。 大人から子供まで楽しめるウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの名作。

Read Article

シュガー・ラッシュ(ディズニー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

シュガー・ラッシュ(ディズニー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『シュガー・ラッシュ』とは、アメリカ合衆国で2012年11月2日、日本で2013年3月23日に公開されたウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作の第52作目のアニメーション映画である。監督はリッチ・ムーアが務めた。また、タイトルは作中に登場するアーケードゲームの名前でもある。ゲームの世界で悪役を演じるラルフは、ヒーローになる夢を叶えるため潜り込んだレースゲーム「シュガー・ラッシュ」の世界で少女ヴェネロペと出会い、二人は互いの夢のために協力することになる。

Read Article

ズートピア(ディズニー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ズートピア(ディズニー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ズートピア』とは、2016年にウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオより公開されたアニメーション映画。第89回アカデミー賞長編アニメ映画賞受賞作品。肉食動物と草食動物が共に暮らす大都会ズートピアを舞台に、新米警察官のウサギのジュディ・ホップスと、キツネの詐欺師ニック・ワイルドの2人が、連続行方不明事件を解決するために奮闘するメディ・アドベンチャー。作品のテーマとして人種差別などの社会問題が描かれている。

Read Article

美女と野獣(ディズニー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

美女と野獣(ディズニー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

フランスの民話を元に1991年に制作されたディズニーの長編アニメーション映画作品。魔女の呪いによって醜い野獣に姿を変えられた古城の王子と美しく聡明な街の娘ベルとの奇跡の愛の物語。ロマンティックな音楽と美しい映像が全編を彩り、信じ合うことで起こる不思議な奇跡が深い感動を呼び起こすファンタジー・ラブストーリー。アニメ作品として初のアカデミー作品賞にノミネートされ、さらに作曲賞と歌曲賞を受賞した。

Read Article

プリンセスと魔法のキス(ディズニー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

プリンセスと魔法のキス(ディズニー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『プリンセスと魔法のキス』とはウォルト・ディズニー・スタジオが制作した2Dアニメーション・ファンタジー・ミュージカル映画。原題は『The Princess and the Frog』。日本では2010年に公開され、ディズニー初のアフリカ系アメリカ人のプリンセス映画として知られる。アメリカ合衆国ニューオーリンズを舞台に、主人公ティアナと王子ナヴィーンを蛙に変えた魔法と、それを解く「プリンセスのキス」をめぐる冒険を描く。

Read Article

ポカホンタス(ディズニー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ポカホンタス(ディズニー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ポカホンタス』とは1995年に公開されたディズニーアニメ映画33番目の作品。ディズニー映画史上、初めて実在の人物を扱った歴史的映画である。映画中盤の挿入歌「カラー・オブ・ザ・ウィンド(Colors of the Wind)」はアカデミー賞で受賞するほど評判が高い。舞台は17世紀初頭のアメリカ、インディアンのポカホンタスが植民地開拓するためにアメリカ大陸に上陸したジョン・スミスに出会い、お互いに恋に落ちる。人種の壁を越えたロマンスは、ディズニーでは異例ともいえる作品だ。

Read Article

アリス・イン・ワンダーランド(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

アリス・イン・ワンダーランド(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『アリス・イン・ワンダーランド』とは2010年公開のアメリカの3D映画。監督はティム・バートン。ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給。原作はルイス・キャロルの児童文学小説『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』。19歳になったアリスが再びワンダーランドに迷い込み、赤の女王に支配されていたワンダーランドを救う。実写とモーションキャプチャーの技術を使い映画化した。映像が素晴らしく童話の世界観を見事に実写化しており、アカデミー賞では衣装デザイン賞をはじめ、3部門で受賞した。

Read Article

目次 - Contents