時をかける少女(アニメ映画) / 時かけ(アニメ映画) / The Girl Who Leapt Through Time (2006 film)

時をかける少女(アニメ映画) / 時かけ(アニメ映画) / The Girl Who Leapt Through Time (2006 film)

『時をかける少女』は、筒井康隆の小説を原作としたSFアニメ映画。2006年7月15日公開。監督は細田守、アニメーション制作はマッドハウス。細田守がフリーになって初めて手掛けた劇場長編作品である。公開当初は単館系作品の扱いで、大々的な宣伝もほとんど行われなかったが、公開後に口コミで話題が広がり、徐々に動員数を増やしていった。そして各国の映画祭などで多くの賞を受賞し、高い評価を受けることになる。
小説そのものの映画化ではなく、原作の出来事から約20年後の世界を描いている。原作の主人公、芳山和子の姪である紺野真琴が主人公となり繰り広げる青春物語。 ふとしたきっかけで時間を越えて過去に飛べる「タイムリープ」の力を手に入れた高校2年生の真琴。 その力を日常の不満や欲望の解消に進んで使い始めるようになったが、タイムリープできる回数には限度があった。 かけがえのない時間を取り戻すために奮闘する女子高生の恋と友情を描く。
キャッチコピーは「待ってられない 未来がある。」。1972年~2016年にかけて5回、テレビドラマ化され、長く愛されている作品である。

時をかける少女(アニメ映画) / 時かけ(アニメ映画) / The Girl Who Leapt Through Time (2006 film)の関連記事

時をかける少女(時かけ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

時をかける少女(時かけ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『時をかける少女』とは、2006年に公開された、アニメーション映画である。監督は『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』などを手がけた細田守。筒井康隆の原作を元に作られており、原作の20年後が舞台となっている。時間を跳躍する力を手に入れた主人公が、その力を使いながら、本当に大切なものは何なのか気づいていく、青春SF作品。

Read Article

ハウルの動く城(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ハウルの動く城(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「ハウルの動く城」とは宮崎駿監督、スタジオジブリ製作の日本の長編アニメーション映画作品である。2004年11月20日に全国公開され、興行収入は196億円。スタジオジブリ製作アニメでは「もののけ姫」を抜き、「千と千尋の神隠し」に次ぐ第2位の記録を樹立した。 物語は魔法と機械が混在する架空の世界が舞台。呪いで老婆にされた少女ソフィーと魔法使いハウルの戦火の恋を描く。

Read Article

リバース(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

リバース(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『リバース』とは、2017年4月から6月まで放送された湊かなえのミステリー小説が原作のテレビドラマである。主人公の深瀬和久は、10年前に大学時代の友人たちと卒業旅行に行った際、親友・広沢由樹が失踪し、遺体となって発見された。10年前の事件について深瀬たちに何者かが告発文を送りつけられ、その犯人を突き止めていくミステリー。現在と過去を交互に描いていくストーリーが、人気を博した。

Read Article

バケモノの子(アニメ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

バケモノの子(アニメ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『バケモノの子』とは、2015年に公開され、400万人を動員した大ヒット作といえるアニメーション映画である。監督は『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』を手がけた細田守。ひとりぼっちの人間の子供と、天涯孤独のバケモノが、奇妙な師弟関係からともに成長し、親子の絆を築く新冒険活劇。

Read Article

サマーウォーズ(アニメ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

サマーウォーズ(アニメ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

サマーウォーズ(Summer Wars)とは2009年8月1日から公開された日本のアニメ映画である。監督はアニメ映画版『時をかける少女』や『おおかみこどもの雨と雪』で知られる細田守であり、今作品は監督初の長編オリジナルアニメーション作品となっている。 仮想世界が発達した世界を舞台に主人公である小磯健二が先輩の篠原夏希とその家族らとともに仮想世界と現実世界の危機に立ち向かう物語である。

Read Article

夜行観覧車(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

夜行観覧車(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『夜行観覧車』とは、2010年6月に単行本が発行された原作者・湊かなえによる小説で、2013年にテレビドラマ化されている。主演は平凡な主婦・遠藤真弓を演じた鈴木京香。憧れの高級住宅街であるひばりヶ丘に一軒家を建てて引っ越してきた遠藤一家と、向かいに住む高橋一家。家族ぐるみで親しくなっていく内に起こった事件をきっかけに崩壊していく家族の様子を描いた主婦の愛憎劇。読み終わったあとにイヤな気分になるミステリー「イヤミス」の女王と称される湊かなえの代表作の一つである。

Read Article

未来のミライ(細田守)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

未来のミライ(細田守)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『未来のミライ』とは、スタジオ地図製作により2018年7月に公開された長編アニメーション映画である。監督は「時をかける少女」や「サマーウォーズ」を制作した細田守。 横浜の片隅で両親と暮らす「くんちゃん」は、「お兄ちゃん」になったばかり。妹が生まれてから両親は自分の要求を叶えてくれなくなり、ついにくんちゃんは「赤ちゃん返り」をしてしまう。「赤ちゃん好きくない!」を連発して駄々をこねるくんちゃんは、家の中庭から不思議な時間旅行をすることになる。そこで出会ったのは未来の妹だった。

Read Article

おおかみこどもの雨と雪(アニメ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

おおかみこどもの雨と雪(アニメ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『おおかみこどもの雨と雪』は2012年7月21日に公開されたアニメーション作品である。 アニメ映画版「時をかける少女」や「サマーウォーズ」を世に出した細田守監督の長編オリジナルアニメーションであり、監督が立ち上げたアニメーションスタジオ「スタジオ地図」名義での記念すべき1作目である。主題歌はアン・サリーが歌う「おかあさんの唄」。

Read Article

ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島(ワンピース)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島(ワンピース)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』(ワンピース ザ ムービー オマツリだんしゃくとひみつのしま)とは、少年漫画『ONE PIECE』を原作とした劇場版アニメ第6作品目。『時をかける少女』や『サマーウォーズ』で有名な細田守が監督を務めた。『ONE PIECE』らしからぬ作風や作画で波紋を読んだ作品であり、シリーズ屈指の異色さを放つ。物語終盤はホラー映画と見紛うストーリーや演出が満載で、その怖さがトラウマになっていると語る視聴者もいるほどだ。

Read Article

竜とそばかすの姫(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

竜とそばかすの姫(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『竜とそばかすの姫』とは、2021年の夏に公開されたスタジオ地図製作の細田守が監督を務める日本アニメーション映画。心に大きな傷を抱えた主人公の女子高校生が、仮想世界と現実世界での出会いを通して成長していく姿は見る人に勇気を与える。監督特有の空想と現実による2つの世界と2つのアニメーションによって紡ぎだされる物語は、かつてない圧倒的スケールとなる。SNSが当たり前になり目まぐるしく変化していく世界で、変わることの無い大切な物は何かを訴えかける作品となっている。

Read Article

最愛(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

最愛(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『最愛』とは、2021年10月15日から12月17日まで放送された恋愛サスペンスドラマで、主演は吉高由里子。 2017年4月期に、同枠のTBSテレビ系「金曜ドラマ」枠で放送された『リバース』の制作陣が再集結して制作された。 連続殺人事件の重要参考人となった実業家の女性、彼女を取り調べる男性刑事、彼女を守ろうとする男性弁護士の3人を中心とした物語が展開し、謎が複雑に絡み合ったサスペンスドラマである。 数々のドラマ賞を受賞し、メディアなどでも高評価やランキング上位を獲得した。

Read Article

Coo 遠い海から来たクー(アニメ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

Coo 遠い海から来たクー(アニメ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『Coo 遠い海から来たクー』(クー とおいうみからきたクー)とは、景山民夫による小説『遠い海から来たCOO』を原作とした劇場版アニメ映画。1993年に東映洋画系で全国公開された。相次ぐ製作関係者の不祥事の影響か、公開から30年以上経ってもDVD・Blu-ray化されていない。 主人公の小畑洋助は、父・徹郎と共にフィジー諸島のパゴパゴ島で暮らす12歳の少年。ある時、洋助は海で生まれ落ちたばかりのプレシオサウルスの子供を拾いクーと名付けて育てることになった。この物語は洋助とクーの絆の物語である。

Read Article

八日目の蝉(小説・ドラマ・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

八日目の蝉(小説・ドラマ・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『八日目の蝉』とは、角田光代による連載小説および、それを原作としたドラマと実写映画作品である。 「優しかったお母さんは、私を誘拐した犯人でした」のキャッチフレーズで公開された。 主人公・希和子は不倫相手の子を誘拐し4年間の逃亡生活をする。誘拐された女児・恵理菜は本当の親の元に戻っても普通の生活はできず、心を閉ざしたまま大人になる。 母性をテーマに描かれた作品で、恵理菜と希和子二人の視点で交互に描かれている所も見どころの一つとなっている。

Read Article

【少女革命ウテナ】超マニアック!?外国人が選ぶ「見る価値のあるアニメ」まとめ【時をかける少女】

【少女革命ウテナ】超マニアック!?外国人が選ぶ「見る価値のあるアニメ」まとめ【時をかける少女】

日本の漫画・アニメなどの作品はクオリティの高いものもたくさんあり、日本人のみならず外国人からも高く評価されています。中には日本人でも知らないようなマニアックなやつを知っている人もいて、海外の方のジャパニメーションに対する熱烈な愛を感じますね。この記事では、外国人が「見る価値がある」と評価したアニメについて紹介しています。いやぁ、ほんとに、こんなに日本のアニメって世界で流行ってるんですね。日本人としては嬉しい限りです!

Read Article

ジブリ好きにおすすめのアニメ映画10選!『時をかける少女』や『サマーウォーズ』など

ジブリ好きにおすすめのアニメ映画10選!『時をかける少女』や『サマーウォーズ』など

この記事ではがジブリが好きな方に、ジブリ以外でおすすめのアニメ映画をまとめた。紹介する映画はどれも世界観がしっかり作りこまれており、登場人物・キャラクターがユニークである。そしてどことなくジブリ作品に似た映画ばかりなので、ジブリしか観ないという人も楽しめるだろう。

Read Article

『サマーウォーズ』『時をかける少女』『おおかみこどもの雨と雪』を一生楽しむための雑学・都市伝説まとめ!【細田守作品徹底解説】

『サマーウォーズ』『時をかける少女』『おおかみこどもの雨と雪』を一生楽しむための雑学・都市伝説まとめ!【細田守作品徹底解説】

細田守監督の作品「サマーウォーズ」「時をかける少女」「おおかみこどもの雨と雪」の雑学・都市伝説をまとめた。絵コンテや作品のキャッチコピー、鑑賞した人たちの感想など、細田守監督作品に関連する情報を徹底的に解説する。

Read Article

【時をかける少女】細田守監督作品の厳選壁紙まとめ!100枚以上あるよ【サマーウォーズ】

【時をかける少女】細田守監督作品の厳選壁紙まとめ!100枚以上あるよ【サマーウォーズ】

細田守監督作品といえば、『時をかける少女』や『サマーウォーズ』、『バケモノの子』などが有名ですよね。細田作品はアニヲタなら必ず一度は通る道ですが、アニメファンではない方の間でも知名度が高いので、恐らく誰もが一度は観たことがあるのではないでしょうか。この記事では、そんな細田作品の壁紙画像を厳選してまとめています。

Read Article

おすすめのアニメ映画7選!ジブリ作品しか観ない人にこそ観て欲しい!【時をかける少女】

おすすめのアニメ映画7選!ジブリ作品しか観ない人にこそ観て欲しい!【時をかける少女】

「アニメはスタジオジブリ作品しか観ない」という人にこそ観てほしい、おすすめの映画をまとめました。ここに掲載しているのは『時をかける少女』や『茄子 アンダルシアの夏』、『東京ゴッドファーザーズ』など、アニメに苦手意識がある人でも楽しめる良作ばかり。各作品のあらすじ・ストーリーやおすすめポイントを紹介していきます。

Read Article

【サマーウォーズ】「これだけは見てほしい」ジブリ以外のおすすめアニメ映画10タイトルを紹介!【ブレイブ ストーリー】

【サマーウォーズ】「これだけは見てほしい」ジブリ以外のおすすめアニメ映画10タイトルを紹介!【ブレイブ ストーリー】

本記事では「これだけは見てほしい」と自信を持っておすすめできる、ジブリ以外のアニメ映画作品10タイトルをまとめて紹介している。記事中では『時をかける少女』『サマーウォーズ』『イヴの時間』『秒速5センチメートル』『ブレイブ ストーリー』などを掲載した。ぜひ最後までチェックしてみてほしい。

Read Article

映画『時をかける少女』の魅力まとめ!甘く切ない青春ストーリーに思わず胸キュン!

映画『時をかける少女』の魅力まとめ!甘く切ない青春ストーリーに思わず胸キュン!

本記事では、筒井康隆によって描かれた小説『時をかける少女』を原作とした、2006年公開の細田守監督によるアニメ映画『時をかける少女』の魅力をまとめて紹介している。公開当初はわずか6館のみでの小規模上映だったが、口コミで評判が徐々に広まっていき、最終的には100館で約40週に渡って放映される結果となった。記事中ではあらすじ・ストーリーのほか、登場キャラクターの情報、映画を見た人の感想ツイートなども紹介している。

Read Article

『金曜ロードSHOW!』の企画「夏のスーパーアニメ祭り」の内容を紹介!細田守・ジブリ・スタジオポノックの映画全6作品が連続放送

『金曜ロードSHOW!』の企画「夏のスーパーアニメ祭り」の内容を紹介!細田守・ジブリ・スタジオポノックの映画全6作品が連続放送

本記事では2018年に日本テレビ『金曜ロードSHOW!』にて、『時をかける少女』『バケモノの子』『となりのトトロ』『猫の恩返し』『ハウルの動く城』『メアリと魔女の花』が6週に渡って放映することが決定した際のファンのツイートを、まとめて紹介している。これは「夏のスーパーアニメ祭り」という企画によるもので、細田守・スタジオジブリ・スタジオポノックによる名作映画の放映にファンは歓喜の声をあげていた。

Read Article

時をかける少女(アニメ映画) / 時かけ(アニメ映画) / The Girl Who Leapt Through Time (2006 film)のレビュー・評価・感想

New Review
時をかける少女(アニメ映画) / 時かけ(アニメ映画) / The Girl Who Leapt Through Time (2006 film)
9

『時をかける少女』の本当の魅力とは?

一見、時空を超える系のありきたりな映画かと思うが、それだけではないのがこの映画の良い点である。
SF要素を含みながらも現実味があり、どこか共感できてしまう。
ストーリーだけでも十分に楽しめるが、何度か見ていくうちに物語の伏線に気づき、何度も楽しむことができるのがこの作品の本当の魅力であると私は思う。
例えば、物語に出てくる今野真琴の叔母(通称魔女おばさん)は、ただの脇役ではなく、実は原作の『時をかける少女』の主人公なのである。
なので、若き頃の叔母自身も時をかけていたと知ったときは、とても驚いた。
叔母の出てくるシーンでは、そんな魔女おばさんだからこそ、あのアドバイスができたのか、と納得して見てしまった。
他にも、最後の名シーン、千昭の「未来で待ってる」というセリフは、ただ単に千昭が真琴のことを未来で待ってるという解釈になりがちだが、そうではなく、物語の終盤にでてくる千昭が見ることができなかった絵画を千昭のいる未来まで残す、という解釈の仕方もできたり、と繰り返し見ることによって気づく面白さというのが、この映画にはある。
また、作品の中では奥華子さんの「ガーネット」「変わらないもの」の2曲が使われているが、この2曲は千昭目線と真琴目線で書かれた詩だと知りながら見ると、楽曲からも映画の理解を深めることができるので、それもまたお勧めしたい。

時をかける少女(アニメ映画) / 時かけ(アニメ映画) / The Girl Who Leapt Through Time (2006 film)
10

何気ない日常の大切にしたくなる映画

原作は筒井義隆の小説である。映画では細田守が監督をしている。時間を跳躍する系の映画は今までにも多く出されているが、個人的にこの“時をかける少女”は、子供から大人まで何度も見たくなる作品だと思う。
ある日、平凡な日常を送っていた高校生の紺野真琴が“タイムリープ”する力を手に入れる。その力に気付いたのは、ブレーキの効かなくなった自転車で坂を駆け下りた時だった。そのまま線路に突っ込み、本来なら大怪我では済まないであろう勢いだ。しかし、先程聞いたばかりの時計台から同じ時間を知らせるメロディー。先程通りすがったばかりの、親子。そこで、真琴はタイムリープに気付く。舞い上がり、日常の些細な出来事をやり直す為に何度もタイムリープを繰り返す。ある日は、寝坊をやりなす為に、ある日は飽きるまでカラオケで歌い続けるために。ついには、いつも一緒に遊んでいる間宮千昭からの告白を無かったことにする為にタイムリープを繰り返す。やりたい放題過ごし、都合の悪いことは全てリセットし、真琴にとってやり直しのきく人生がこのまま続くと思われた。が、しかし、タイムリープには制限があること、間宮千昭が“未来から来た”ことを知る。様々なことと葛藤し、暖かくも涙する映画だ。

時をかける少女(アニメ映画) / 時かけ(アニメ映画) / The Girl Who Leapt Through Time (2006 film)
8

細田守版『時をかける少女』における原作との差異

2006年に公開された細田守監督の映画『時をかける少女』は、筒井康隆の同名原作から設定を変えている点が多々ある。
原作の刊行は1967年であり、2006年に現代劇として映画を製作するには設定に変化が加わるのは当然のことでもある。
この記事では、原作との相違点を具体的にあげていくことで、映画化する際にどのような狙いがあったのかを考えたい。

◯未来から来た少年のキャラクター
細田守版『時をかける少女』では主人公の紺野真琴、男友達の間宮千昭、津田功介の3名が主要な登場人物となっている。原作ではそれぞれの名前が芳山和子、深町一夫、浅倉吾朗であった。1983年の大林宣彦監督版『時をかける少女』では原作通りの人名であったが、原作から約40年後という細田守版の時代設定に合わせれば人名を変える方が自然と言える。
原作における深町一夫、細田守版における間宮千昭は、未来から来た少年という設定である。
深町は教育環境の発達した2600年代から自らの実験で開発した薬でタイムリープして来た設定のため、学力は非常に高く静かなキャラクターである。対して千昭は未来に存在するアイテムの力でタイムリープして来た設定で、学力の高さは強調されず、やんちゃなキャラクターとして描かれている。
『時をかける少女』における未来から来た少年のストーリー上の重要な役割は、主人公の少女に恋心を抱かせ、少年が未来に帰ることで少女の心に葛藤を生む点にある。原作では寡黙で知的な少年を、細田守版では活動的でやんちゃな少年を恋愛対象として描いていることから、約40年の間で生まれた「少女の恋愛対象になりやすい少年像」の変化を感じ取れる。

◯タイムリープする回数の多さ
タイトルにもなっている「時をかける」能力を作中ではタイムリープと呼んでいる。
原作ではタイムリープが片手で数えるほどしか行われないが、細田守版では20回以上描かれている。
原作での主人公・和子はタイムリープという特殊な能力を持ってしまった自分を嫌がり、人の生死に関わるような重要な局面で意を決してタイムリープを使用していた。
細田守版の真琴は、タイムリープを自身のちょっとした都合(テストの点数を上げたり、カラオケを何回も楽しむなど)のために乱用する傾向があった。
細田守版はタイムリープをくり返し描くことで、ささいな行動が運命を変えていく様を観客に明快に伝えていた。

・まとめ
今回取り上げたのは「未来から来た少年のキャラクター」「タイムリープする回数の多さ」の2点であった。
もちろん、それ以外にも原作との差異は多くある。
原作では主人公の和子と未来に帰る深町との恋愛感情が主なテーマとして描かれていた。
細田守版では真琴が未来に帰る千昭と会えなくなることや、タイムリープで運命を都合よく変えられなくなるという事実を受け入れるようになる成長がテーマとして描かれていた。
原作からの差異は、主として真琴の成長を効果的に描くために施されたものと言えるだろう。

時をかける少女(アニメ映画) / 時かけ(アニメ映画) / The Girl Who Leapt Through Time (2006 film)
8

未来で待っててほしい。

私が大好きなアニメーションで、時をかける少女という作品があります。
昔小説であった時をかける少女とは別になる漫画にはなるのですが、そちらも関連していてどちらもチェックしていた側としてはとても嬉しくまた面白く感じました。

主人公の女の子がタイムリープというタイムワープ的なことをする話なのですが、友情や愛情などたくさんのことを学ぶことができた作品でした。特に私の好きなキャラクターで間宮千昭というキャラクターがいます。千昭は主人公の真琴に密かに恋心を寄せているのですが、最後の方で自分が未来人であることを秘密にしなければいけないのに主人公に話してしまいます。その後行方をくらませてしまわないといけなくなるのですが、その別れ方が最高に美しくも悲しくて、いつまでも忘れられない名シーンとなっております。間宮千昭が真琴に未来で待ってると告げて、去っていくと言うシーンなのですが、どう考えてもキスするだろうと思ったのに、せずに耳元で囁いて去っていくのです。それにとても魅力を感じたし、悲しくも美しいと思いずっと忘れられません。きっと同じような思い出を持つ視聴者の方はいると思います。私のことも未来で待っててねと思ってしまいました。こんなにもどっぷりと世界観に入っていけるようなアニメーションはあまりないような気がするので非現実なりに視聴者の心を掴むと言うことにおいて、最適な監督、および作者様だなと思いました。
きっと同じような思い出を持つ視聴者の方はいると思います。私のことも未来で待っててねと思ってしまいました。こんなにもどっぷりと世界観に入っていけるようなアニメーションはあまりないような気がするので非現実なりに視聴者の心をつかむと言うことにおいて、最適な監督、および作者様だなと思いました。

時をかける少女(アニメ映画) / 時かけ(アニメ映画) / The Girl Who Leapt Through Time (2006 film)
9

感動作!大人こそ見てほしい!メッセージ性の強い映画です!

時間を巻き戻せたらなあ、誰しもが一度は思ったことがあるはずです。そんな憧れの能力を手に入れてしまった少女の真琴。高校生らしい能力の使い道に、甘酸っぱい青春を思い出して、何故かそわそわしてしまいます。しかし、その使い道故に招いてしまった悲劇。自分のせいで親友の千昭が未来に帰られなくなってしまいます。ああ自分も10代の頃は後先も考えずに突っ走って、後から後悔することばかりだったなあと大人の皆さんは感じるはず。そう、この映画は時間をテーマにした現実離れしたストーリーではなく、誰もが経験した10代の恋愛、失敗をテーマにした映画なのです。そのため、一見ティーンズ向けのアニメ映画かと思いきや、実際のターゲットは我々大人なのかもしれません。
前述の通り、この映画をみると後先考えず行動していた若かりし頃を思い出すのですが、これは大人になった我々に「たまには後先考えずに突っ走ってみようよ!」と伝えているような気がします。気付けば慎重になった、失敗をしなくなった、そんな大人が成長できるでしょうか?成長しないでしょう。真琴は失敗を通して大きく成長したはずです。我々大人もたまには後先考えずに行動してみませんか?まずは騙されたと思って、この映画を見てみてください。後先考えずに。

親タグ

兄弟タグ