ウルトラマンレオ(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

1974年(昭和49年)4月12日から1975年(昭和50年)3月28日までの間にTBS系で放送。
『ウルトラマンレオ』の製作はTBS・円谷プロダクション。全51話が放送された。
「生きる厳しさと哀しさを鮮烈に謳う」をテーマに掲げ、主人公・おゝとり(おおとり)ゲン=ウルトラマンレオが、強敵や周囲の人々たちとの軋轢により過酷な状況に追い込まれ苦悩しながら成長していく物語。

『ウルトラマンレオ』のあらすじ・ストーリー

ウルトラマンレオの故郷・獅子座L77星が、マグマ星人の侵略により滅ぼされてしまう。
脱出したウルトラマンレオは、地球にたどり着き、地球人・おゝとり(おおとり)ゲンの姿となり、城南スポーツセンターの指導員として日々の生活を送っている。

一方、ウルトラマンタロウの後を受け、再び地球防衛の任に就くウルトラセブン。
モロボシ・ダンの姿で、宇宙パトロール隊MACの隊長を務めている。

地球侵略を企むマグマ星人は、先兵として双子怪獣レッドギラス、ブラックギラスを送り込んでくる。
怪獣たちと対戦するウルトラセブンだったが、脚を折られてしまう。
その時、ウルトラマンレオが現れ、ウルトラセブンの窮地を救うが、マグマ星人と双子怪獣は撤退をする。

この戦いでモロボシ・ダンは、右脚が不自由となってしまい、さらに、セブンへの変身能力を失ってしまう。
そこでモロボシ・ダンは、自らに代わり地球を守ることをおゝとり(おおとり)ゲンに託す。
そして、おゝとり(おおとり)ゲンは、ダンの推薦でゲンはMACに入隊。
だが、星人や怪獣の件で、他のMAC隊員と意見の食い違い、対立してしまう。
モロボシ・ダンは、おゝとり(おおとり)ゲンに、地球人としての振る舞いを諭すも、聞こうとしない。

再び、双子怪獣が出現。
モロボシ・ダンは「お前1人の力では勝てない」と忠告するも、それを無視して、おゝとり(おおとり)ゲンは戦いへと向かってしまう。

戦闘に巻き込まれ、おゝとり(おおとり)ゲンの恋人が負傷。
さらに、マグマ星人までもが再び現れ、絶体絶命に追い詰められてしまう。
モロボシ・ダンは、自らの命を削って、ウルトラ念力を使用し相手の動きを鈍らせるも、倒れてしまう。
ウルトラマンレオは、双子怪獣の角を折り、撤退させる。

モロボシ・ダンは、おゝとり(おおとり)ゲンに、忠告無視をしたことや、恋人を傷つけてしまったこと、自分一人の力で怪獣たちを追い払っていないことをを叱る。
そして、修行をし、怪獣たちを倒す技を習得することを厳命。

三度、マグマ星人と双子怪獣が出現する。
MACが応戦するも苦戦を強いられる。
おゝとり(おおとり)ゲンは、必殺技を習得し、ウルトラマンレオに変身。
3体相手に苦戦をするも、必殺技により双子怪獣を倒すことに成功。
マグマ星人は宇宙へ撤退させる。

こうして、おゝとり(おおとり)ゲン=ウルトラマンレオは、モロボシ・ダン=ウルトラセブンから数々の訓練を受けながら、地球を守るため戦うのである。

ウルトラマンレオについて

・身長:52メートル
・体重:4万8千トン
・年齢:1万歳
・出身:獅子座・L77星
・飛行速度:マッハ7
・走行速度:時速800キロメートル
・水中速度:150ノット
・ジャンプ力:少なくとも1000メートル。
・腕力:20万トンタンカーを持ち上げる。
・視力:100キロメートル先のマッチ棒も見える。

ウルトラマンレオは、M78星雲・光の国出身ではなく、獅子座・L77星が出身である。

レオの故郷・獅子座L77星はマグマ星人の侵略で全滅させられてしまう。
その際、生き別れになった弟のアストラや、ペットのロンがいる。

宇宙の難民となり、故郷と瓜二つの惑星・地球に辿り着き、地球人「おゝとりゲン」として城南スポーツセンターで働きながら生活をしている。
劇中では、故郷や一族を失った悲しみを見せることもある。

ウルトラ兄弟と同様に、カラータイマーを胸部に備えている。
活動時間は、彼らよりも短い「2分40秒(番組後半では2分30秒としている回も)」。
人間サイズの場合は、エネルギーの消費が抑えられるた。
自ら体温を上昇させる能力も持っている。

腹部のマークは、L77星人の証であり、使用する文字・シークレットサインでもある。
「レオ」という意味がある。

ウルトラマンレオは、「宇宙拳法」の達人でもある。
高い身体能力を生かした体術で、弱点である活動時間の短さを補っている。

レオリング(獅子の瞳)

おゝとりゲンが、左手薬指にはめている金色の指輪。
リング部本体が獅子の顔となっており、上部に赤い宝石が埋め込まれている。

空手の正拳突きに近いポーズを取り「レオーッ!」と叫びながら変身をする。

アストラについて

・身長:52メートル
・体重:4万8千トン
・年齢:1万歳
・出身:獅子座・L77星
・飛行速度:マッハ7
・走行速度:時速800キロメートル
・水中速度:150ノット
・ジャンプ力:少なくとも1000メートル
・腕力:20万トンタンカーを持ち上げる。
・視力:100キロメートル先のマッチ棒も見える。

アストラはウルトラマンレオの双子の弟である。
レオ同様に獅子座L77星の出身。
獅子座L77星を滅ぼしたマグマ星人に監禁されていたが、ウルトラマンキングにより助けらる。
左足のマグマチックチェーンは、ウルトラマンキングでも外せないマグマ星人の鎖である。
救出された後は、ウルトラマンレオのピンチに駆けつけるようになる。

MAC(マック)

MAC(マック)とは、Monster Attacking Crewの略称。

アメリカ・ヨーロッパ・アフリカ・アジアの主要都市上空に、本部基地である宇宙ステーション「MACステーション」を構えて、宇宙船の航行の安全確保や、怪獣・宇宙人の襲来をいち早く察知、撃退することが任務。
地上の主要地域にもMAC東京支部などの拠点となる基地は存在する。

主な登場人物・キャラクター

おゝとり(おおとり) ゲン

演者:真夏 竜

本作の主人公。
設定年齢20歳。

ウルトラマンレオが地球人に変身した姿。
明るい好青年で、面倒見や人当たりも良く、地球を「第二の故郷」として愛している。

城南スポーツセンターに指導員として勤務。
ウルトラセブン=モロボシ・ダン自らが変身能力を失ってしまったため、代わりに地球を守ることを託さる。
また、ダンの推薦で宇宙パトロール隊MACに入隊。
非番の時は、スポーツセンターの指導員として活動し、スポーツセンターで寝泊まりしている。

人間体でも優れた身体能力や超感覚を見せる。
しかし、戦闘経験が浅く、時に若さゆえの感情的な判断で不適切な行動を取ってしまい、他の隊員たちに非難され、確執を生むこともある。

人間関係における逆境や、ダンが毎話のように課す厳しい特訓と数多くの孤独な戦いに耐え抜き、自らの素質を磨いて成長していく。

モロボシ・ダン

演者;森次 晃嗣

元ウルトラ警備隊の隊員にしてMACアジア本部の隊長。
ウルトラマンタロウの後を継ぎ、再び地球防衛の任を受ける、ウルトラセブンの地球人としての姿。
第1話でウルトラセブンとなり怪獣たちとの戦闘中、右脚を折られてしまう。
さらに、変身能力を失ってしまう。

ウルトラマンレオ=おゝとりゲンに、地球を守ることを託す。
地球人、戦友、師匠として、ゲンに厳しい特訓を課し鍛え上げていく。

怪獣たちとの戦闘で骨折して以降、右手にはロフストランドクラッチ(前腕部支持型杖とも呼ばれ、腕に装着して使用する片手用の杖)を使用。
この杖には、銃やガスなどの機能が搭載されている。
また、唯一使用できる能力「ウルトラ念力」で、相手の動きを封じることも可能。
しかし、長時間の使用は精神的負荷が大きく、寿命を縮めてしまうというリスクを持っている。

黒田 明雄(くろだ あきお)

演者:黒田 宗

登場期間は第8話まで。

MACアジア本部の初代副隊長格。
年齢24歳。

機械整備が得意
ゲンに対しては先輩風を吹かせる面があるものの、気遣う姿も見せている。

LED_Yrenaj9
LED_Yrenaj9
@LED_Yrenaj9

Related Articles関連記事

ウルトラマンを倒した怪獣・宇宙人たち!

ウルトラマンを倒した怪獣・宇宙人たち!

子供たちから憧れを持たれ、圧倒的な国民的ヒーローであるウルトラマン。そんなウルトラマンは、実は結構敗北しています。初代ウルトラマンを倒して、その後、シリーズ最大の敵となるゼットン、4人のウルトラマンを相手にしても勝利してしまうヒッポリト星人など、強力な怪獣・宇宙人が登場します。 歴代のウルトラマンを打ち倒し、視聴者に衝撃を与えた怪獣・宇宙人をまとめました。

Read Article

『ウルトラマンシリーズ』に登場する悲しき運命を背負った怪獣・宇宙人たち

『ウルトラマンシリーズ』に登場する悲しき運命を背負った怪獣・宇宙人たち

『地球の平和を守るために怪獣と戦う』がウルトラマンの一般的な印象だと思うが、作品の中にはそこから大きく逸脱した回が存在する。迫害・いじめをテーマにした回、やむなく怪獣になるしかなかった者、そういった回では怪獣はかわいそうに思えるほど悲痛な最後を迎える。 ジャミラやピグモンなど、悲痛な最後を遂げた怪獣・宇宙人たちを紹介する。

Read Article

ウルトラマン(初代)のネタバレ解説・考察まとめ

ウルトラマン(初代)のネタバレ解説・考察まとめ

1966年(昭和41年)7月17日~1967年(昭和42年)4月9日の間にTBS系で放送。 『ウルトラマン』とは、劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前。制作は円谷プロダクション。 映像上の題名は「ウルトラマン 空想特撮シリーズ」である。全39話放送された。 ウルトラマンと地球人のハヤタ隊員が一心同体となり、科学特捜隊と共に、怪獣や侵略宇宙人を倒し、地球の平和を守るストーリーである。

Read Article

ウルトラマンティガ(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

ウルトラマンティガ(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

1996年(平成8年)9月7日から1997年(平成9年)8月30日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンティガ』の制作は、円谷プロダクション・毎日放送。全52話が放送された。 1998年、第29回『星雲賞』映画演劇部門・メディア部門を日本の特撮テレビドラマとして初めて受賞。 「光の巨人」ウルトラマンティガ=マドカ・ダイゴ、GUTSメンバーと、迫りくる「闇」との戦いを描いた作品。

Read Article

ウルトラセブン(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

ウルトラセブン(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

1967年(昭和42年)10月1日から1968年(昭和43年)9月8日の間にTBS系で放送。 『ウルトラセブン』は、劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前。制作は円谷プロダクション。全49話が放映された。 地球侵略を企む的生命体=宇宙人に対して、地球を守るウルトラ警備隊。 そして、警備隊ら地球人と協力をするヒーロー・ウルトラセブンの活躍を描いた物語。

Read Article

帰ってきたウルトラマン(ウルトラマンジャック)のネタバレ解説・考察まとめ

帰ってきたウルトラマン(ウルトラマンジャック)のネタバレ解説・考察まとめ

1971年(昭和46年)4月2日から1972年(昭和47年)3月31日の間にTBS系で放送。 『帰ってきたウルトラマン』の制作は円谷プロダクション。全51話が放映された。 世界各地で地殻変動や異常気象が相次ぎ、眠っていた怪獣が目覚めていく。 その怪獣たちと戦う防衛チーム・MAT(マット)と、共に戦う巨大ヒーロー・ウルトラマンの活躍を描いた物語。

Read Article

ウルトラマンタロウ(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

ウルトラマンタロウ(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

1973年(昭和48年)4月6日から1974年(昭和49年)4月5日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンタロウ』の製作はTBS・円谷プロダクション。全53話が放送された。 前作ウルトラマンAの後に地球防衛の任務に就くウルトラマンタロウ。地球では宇宙科学警備隊ZATの東光太郎として活躍しながら、超獣以上の力を持つ怪獣や宇宙人との戦いを描いた物語。

Read Article

ウルトラマンA(エース)のネタバレ解説・考察まとめ

ウルトラマンA(エース)のネタバレ解説・考察まとめ

1972年(昭和47年)4月7日から1973年(昭和48年)3月30日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンA』の制作はTBS・円谷プロダクション。全52話が放送された。 地球を侵略しようと企む新たな敵・異次元人ヤプール。そのヤプールが送り出す怪獣以上の強敵・超獣に対して、超獣攻撃隊・TAC(タック)と、共に戦う巨大ヒーロー・ウルトラマンAの活躍を描いた作品。

Read Article

ウルトラマンガイア(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

ウルトラマンガイア(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

1998年(平成10年)9月5日から1999年(平成11年)8月28日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンガイア』の制作は、円谷プロダクション・毎日放送。全51話が放送された。 高山我夢=ウルトラマンガイア、XIGメンバー、そして、藤宮博也=ウルトラマンアグルが、それぞれの思いを胸に、襲い来る根源的破滅招来体に立ち向かう作品。

Read Article

ウルトラQ(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

ウルトラQ(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

1966年1月2日から7月3日にかけて放映されたTBS系で放送されたテレビ番組。白黒作品。 ウルトラシリーズ第一弾にあたる。円谷プロダクション制作。全28話。 世界のバランスが崩れた「アンバランスゾーン」で巻き起こる怪事件や怪獣出現を描く。 後のシリーズと違い、防衛組織やスーパーヒーローが登場しないことが特徴。 2011年、『総天然色ウルトラQ』と題してカラーライズされた。

Read Article

大人向けウルトラマン?ウルトラセブンの印象的なエピソード集

大人向けウルトラマン?ウルトラセブンの印象的なエピソード集

モロボシ・ダンの名を借りて僕らの幸せを守るウルトラセブン。 この深紅のヒーローは当時の子供たちは勿論、現代の大人までも魅了している。 何故子供たちだけでなく大人たちの心までも掴むのか。 それはただ単にかっこいいだけでなく、深い問題提起に富んだエピソードが多いからである。 本記事ではウルトラセブンの印象的なエピソードたちを紹介する。

Read Article

ウルトラマンオーブ(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

ウルトラマンオーブ(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウルトラマンオーブ』とは、円谷プロダクション制作で2016年に放送されたウルトラシリーズの特撮テレビドラマ。ウルトラシリーズ50周年記念作品にあたる。主人公の風来坊クレナイ・ガイ/ウルトラマンオーブは旅の途中に魔王獣の復活を感じ取りとある街に立ち寄る。そこで起こる運命の出会いや、戦い、ガイ自身の葛藤を描く。キャッチコピーは「光の力、おかりします!!」「覚醒せよ、光の戦士。」「史上初!!合体から変身!」。

Read Article

ウルトラマンコスモス(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

ウルトラマンコスモス(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

2001年(平成13年)7月6日から2002年(平成14年)9月27日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンコスモス』の制作は円谷プロダクション。全65話が放送された。 春野ムサシ=ウルトラマンコスモスが、怪獣と人間の共存を願い、むやみに殺傷せず、一方で邪悪な敵には敢然と立ち向かう姿を描いた作品。

Read Article

ウルトラマンジード(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

ウルトラマンジード(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

ウルトラマンジードとは2017年7月8日から12月23日にテレビ東京系列で毎週土曜日朝9時から放送されたウルトラシリーズの作品のタイトル、および作中で主人公が変身するヒーローの名称である。悪のウルトラマン、ウルトラマンベリアルの遺伝子を持つ主人公朝倉リク/ウルトラマンジードの、運命に立ち向かう戦いの中でかけがえのない仲間との出会い、成長する姿を描く作品。キャッチコピーは「運命―覚悟を決めろ」

Read Article

ウルトラマン80(エイティ)のネタバレ解説・考察まとめ

ウルトラマン80(エイティ)のネタバレ解説・考察まとめ

1980年(昭和55年)4月2日から1981年(昭和56年)3月25日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマン80』の製作はTBS・円谷プロダクション。全50話が放送された。 M78星雲・光の国より地球へやってきたウルトラマン80=矢的猛が、人間の負の感情・マイナスエネルギーが怪獣を生み出すということに気付き、新任教師となり根本を断つ日々と、UGM隊員として活躍する日々を描いた物語。

Read Article

ウルトラマンダイナ(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

ウルトラマンダイナ(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

1997年(平成9年)9月6日から1998年(平成10年)8月29日までの間にTBS系で放送。 『ウルトラマンダイナ』の制作は、円谷プロダクション・毎日放送。全51話が放送された。 前作『ウルトラマンティガ』が闇の力を倒し、世界に光を取り戻してから7年後の2017年。アスカ・シン=ウルトラマンダイナ、スーパーGUTSメンバーと、謎の生命体スフィアとの戦いを描いた作品。

Read Article

ウルトラマンブレーザー(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

ウルトラマンブレーザー(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウルトラマンブレーザー』とは、光の巨人ウルトラマンへの変身能力を得た防衛隊の隊長が、巨大な怪獣や悪しき宇宙人と戦う様を描いた特撮作品。「コミュニケーション」をテーマとしており、立場の異なる様々な人々の衝突と和解を描いている。 怪獣や地球外生命体の脅威から地球を守る、地球防衛隊GGF。その特殊部隊の隊長であるヒルマ・ゲントは、ある日ウルトラマンブレーザーに変身する力を得る。特殊怪獣対応分遣隊SKaRDに異動することになったゲントは、その勇気とウルトラマンとしての力で人々を守っていく。

Read Article

ウルトラマンブレーザーの怪獣・宇宙人まとめ

ウルトラマンブレーザーの怪獣・宇宙人まとめ

人類と地球を脅かす敵と戦う防衛隊と、それを助ける光の巨人の活躍を描く『ウルトラマンブレーザー』には、姿も能力も異なる怪獣や宇宙人が毎回登場する。巨大な怪獣が暴れ回る様は、日本でもっとも有名な特撮作品である『ウルトラマン』シリーズの見せ場であり、その圧倒的なスケール感で長年ファンを魅了し続けてきた。 ここでは、時に凶悪な暴威を振り撒き、時に邪悪な侵略の魔手を伸ばし、時には友好的に接しようとしながらも擦れ違いから悲劇を生む『ウルトラマンブレーザー』の怪獣と宇宙人を紹介する。

Read Article

ウルトラマンZ(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

ウルトラマンZ(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウルトラマンZ』とは、円谷プロダクション制作で2020年に放送された『ウルトラシリーズ』の特撮テレビドラマで、令和ウルトラマンシリーズとしては第2作目にあたる。キャッチフレーズは「ご唱和ください、我の名を!ウルトラマンゼット!」。 対怪獣ロボット部隊、ストレイジに所属する主人公のナツカワハルキは、地球にやってきた怪獣との戦いの中で若きウルトラマン、ゼットと運命の出会いを果たす。巨大ロボット『特空機』の戦いと、その裏で暗躍する影に果敢に立ち向かうハルキとゼットの熱血コンビの活躍を描いた作品。

Read Article

シン・ウルトラマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

シン・ウルトラマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シン・ウルトラマン』とは、脚本・庵野秀明、監督・樋口真嗣による、人類のために戦う異星人ウルトラマンと、その周囲の人々の活躍を描いた映画作品。日本を代表するクリエイターによる伝説的な特撮作品のリブートということで、公開前から大きな話題となった。 突如日本に出現し始めた巨大生物、禍威獣。その脅威に対抗するため結成された禍特隊の前に、銀色の巨人が現れる。ウルトラマンと名付けられたその巨人は禍威獣から人々を守るように振る舞い、禍特隊がその謎を追う一方、地球にはかつてない危機が迫っていた。

Read Article

シン・ウルトラマンの禍威獣まとめ

シン・ウルトラマンの禍威獣まとめ

禍威獣(かいじゅう)とは、『シン・ウルトラマン』に登場する敵性大型生物。ある時を境に日本各地に出現するようになり、多大な被害を生み出した。その姿は爬虫類のようなものから鳥に似たもの、巨大な植物まで多種多様。既存の生態系から完全に独立した生物であり、放射性物質を食べたり破壊光線を発したりと個々が地球の常識では考えられない能力を秘めている。 その正体は、外星人こと地球外の知的生命体が、人類発祥以前に後に日本となる土地に不法投棄していった生物兵器。日本にしか出現しないのもこれが理由である。

Read Article

ウルトラマンデッカー(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

ウルトラマンデッカー(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウルトラマンデッカー』とは、2022年に放送された円谷プロダクション制作の特撮ドラマ作品。主人公アスミ・カナタは、突宇宙より飛来した謎の物体スフィアから地球を守るため、対スフィア部隊GUTS-SELECTの一員として、そしてウルトラマンデッカーとして仲間たちと日常を守る戦いへと身を投じていく。今作は2022年に放送開始25周年を迎えた『ウルトラマンダイナ』とも関わりが深い作品。キャッチコピーは「輝け、弾けろ、飛び出せ、デッカー!!」「やるしかねぇ!今、やるしかねぇんだ!」。

Read Article

電光超人グリッドマン(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

電光超人グリッドマン(円谷プロ)のネタバレ解説・考察まとめ

『電光超人グリッドマン』とは、円谷プロダクション創立30周年記念の特撮作品。中学生の少年少女がヒーローと共に電脳世界で暗躍する魔王に立ち向かう姿を描く。インターネットを題材にした斬新な作風で知られ、後に『SSSS.GRIDMAN』などのアニメ作品でシリーズ化されていった。 中学生の翔直人、馬場一平、井上ゆかは、ある日街中で異常現象に襲われ、謎のヒーロー「グリッドマン」に救われる。異常現象の原因が次元犯罪者カーンデジファーにあることを知った直人たちは、グリッドマンと共に街を守ることを決意する。

Read Article

NEW
ウルトラマン ニュージェネレーション スターズ(ジェネスタ)のネタバレ解説・考察まとめ

ウルトラマン ニュージェネレーション スターズ(ジェネスタ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウルトラマン ニュージェネレーション スターズ』とは、日本の特撮作品。『ウルトラマンギンガ』から『ウルトラマンブレーザー』に登場したウルトラマンの活躍を描いている。キャッチコピーは「新時代は新たな次元へ━。掴め!未来からのメッセージ!」、「燃やせ!ULTRA PRIDE!」。 ウルトラマンたちの暮らす光の国のシステムに何者かが侵入し、過去のデータが失われる。ギンガたち若い世代のウルトラマンが自分たちの戦いを振り返って記憶を回収する一方、彼らと共に戦った人間たちも過去の記録の検証を始めていた。

Read Article

ウルトラマンなどの成田亨のデザインの世界

ウルトラマンなどの成田亨のデザインの世界

1966年に生まれ、今も作品が作られ続ける「ウルトラマンシリーズ」。「ウルトラマン」の初期シリーズで、ウルトラマンなどのデザインで作品を支えたのが、彫刻家・成田亨だ。ウルトラマンのみならず、怪獣、メカニック、コスチュームなど、成田亨のデザインワークスは古びないものだ。 そういった、成田亨のデザインを紹介したい。

Read Article

目次 - Contents