ラウダ・ニール(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

ラウダ・ニールとは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の登場人物で、アスティカシア高等専門学園パイロット科3年生。
ジェターク・ヘビー・マシーナリーの御曹司グエル・ジェタークとは同年代ながら異母兄弟の関係。ラウダは彼を兄と呼んでいるが、実際にそうなのか正妻の子を立てているのかは不明。学園ではグエルの取り巻きの1人として行動することが多く、傲慢で横暴なグエルの振る舞いに呆れることも多いが、これといって止めるわけでもなく“揉めているわけでもないが積極的に関わろうともしない”冷めた関係である。

ラウダ・ニール(水星の魔女)の概要

ラウダ・ニールとは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の登場人物で、アスティカシア高等専門学園パイロット科3年生。
MS開発の最大手であるベネリットグループ内の有力会社ジェターク・ヘビー・マシーナリーの御曹司グエル・ジェタークとは、同年代ながら異母兄弟の関係。学園ではグエルの取り巻きの1人として行動することが多く、傲慢で横暴なグエルの振る舞いに呆れることも多いが、これといって止めるわけでもなく“揉めているわけでもないが積極的に関わろうともしない”冷めた関係である。

そのグエルが「決闘」で負けたことで、彼を打ち負かしたスレッタ・マーキュリーや兄の元婚約者ミオリネ・レンブランと関わっていくようになる。

ラウダ・ニール(水星の魔女)のプロフィール・人物像

所属:アスティカシア高等専門学園
学科:パイロット科
学年:3年生

CV:大塚剛央

何かにつけて前髪に触れる癖がある。学園ではグエルの取り巻きとして行動することが多く、能力の高さゆえに横暴に振る舞う兄を見て呆れるなど比較的良識的な性格。それでも積極的に兄を諫めるようなことはなく、事実上放置している。
グエルのことは“兄”として扱っているが、実際に彼の方が誕生日が先なのか、正妻の息子である彼を立てているのかは不明。

ラウダ・ニール(水星の魔女)の来歴・活躍

ヴィム・ジェタークの隠し子

ジェターク・ヘビー・マシーナリーのCEOであるヴィム・ジェタークの愛人の子として生まれる。ヴィムはまったく同じ時期に正妻にも子を産ませており、家庭人としてはかなり揉めたと思われる。
ラウルが正妻の子であるグエルとどのようにして出会ったか、当初はどのような関係だったかは不明。アスティカシア高等専門学園に通うようになった頃には、ラウルはグエルを自分の兄と認めてそれなりに扱っており、グエルの側も特に彼を無下にしてはいないなど「やや距離のある普通の兄弟」といった関係に落ち着いている。

編入生とグエルの敗北

編入生スレッタ・マーキュリーの駆るMS(右)に完敗するグエルのMS(左)。この敗北は彼に大きな影響を与え、それはラウダにも波及していく。

アスティカシア高等専門学園には「決闘」というルールがあり、これは“生徒同士の揉め事をMSでの模擬戦で解決する”というものだった。MSパイロットとして頭角を表したグエルは、親の権力を利用して特別製のカスタム機を作らせ、決闘を利用して学園内で高い地位を得る。ついにはベネリットグループ総帥の娘であるミオリネ・レンブランとの婚約を勝ち取るも、ミオリネ本人からは毛嫌いされて逃げ回られる状態を続けていた。ラウルはそんな兄に取り巻きとして付き合い、彼が決闘する際のサポートを任されることとなる。
ある時、そのミオリネと知り合った編入生のスレッタ・マーキュリーに強引なアプローチを咎められたことが原因で、グエルは彼女と決闘を行い敗北。学園内では敵無しだった兄が敗れたことに驚くも、敗北は敗北として必死に受け入れようとするグエルを見守る。

そのグエルとスレッタが再び決闘することになった時、ヴィムから「なんとしてもグエルに勝たせろ」と厳命され、卑劣な策略の片棒を担ぐことを指示される。ラウダは「兄さんならそんなものなくても勝てる」と考えていたがヴィムには逆らえずにこれを実行し、グエルが決闘で優位に立ち回れるよう取り図る。
しかしミオリネのサポートもあって、スレッタはラウルたちの策略を打ち破る。グエルは「誰も“俺だけの力で勝てる”と信じてくれない」との屈辱の中でプライドを激しく傷つけられ、敗色濃厚となってからヴィムやラウダの思惑に反抗して自分だけの力で戦うも、接戦の末に再び敗北。スレッタから「あなたを見くびっていた、動きが変わってからの(=自分だけの力で戦い出してからの)あなたはとても強かった」との賞賛の言葉を受けて、“この女だけは俺の力を認めてくれた”と感激して彼女に「結婚してほしい」と言い出す。これはグエルからしても無意識に出てしまったものらしく、後で撤回するようなことを口にしている。

一方、「グエルをミオリネの婚約者にして、“ベネリットグループ次期総帥の父親”という立場で強大な権力を得る」という計画が頓挫してしまったヴィムは激怒。グエルからエースパイロットの特権と、2度目の決闘用に授けた新型MSを取り上げる。ラウダはこれに反対したものの父には逆らえず、グエルにも「これ以上父を怒らせるのはまずい」と忠告する。
しかしそのグエルが、御三家の1つであるペイル・テクノロジーズの専属パイロットであるエラン・ケレスと決闘することとなり、善戦するも機体性能の差を覆し切れずに敗北。勘当同然の形でジェターク寮から追い出されることとなる。敬愛する兄の転変に呆然とするラウダだったが、グエルから「ジェターク寮を頼む」と頼られたこともあり、彼に変わったジェターク寮の代表として決闘委員会に参加する。

魔女への憎悪

敬愛する兄グエルを破滅に追いやったスレッタに、ラウダは憎しみを募らせていった。

ベネリットグループのトップの座を手にすることを目論むヴィムは、現在その位置にいるデリングの真意を探るため、御三家の他2社と手を組むことを選択。そのための策謀にラウダも駆り出されることとなる。
ヴィムたちがデリングを揺さぶるために罠を仕掛ける中、邪魔なプロスペラの足止めを依頼され、「父の名代としての交渉」を装う形でこれを実行。しかしヴィムたちの側が当初の予定通りに事を進められず、プロスペラとの交渉を打ち切られることとなる。

この時、スレッタとも顔を合わせており、グエルの「あんな女全然好きじゃない」という言葉をまったく信用せず「兄さんはなぜあんな愚鈍な女に執心しているのか」と悔しさを滲ませた。彼女への憎悪は日に日に募り、決闘でスレッタが苦戦する様を見た時には「墜ちろ(撃墜されろ)水星女」と嬉々として叫ぶまでになっていった。

ラウダ・ニール(水星の魔女)の関連人物・キャラクター

グエル・ジェターク

異母兄弟。同い年であり、どちらが先に生まれたのかははっきりしていない。正妻の子であるグエルに配慮してか、ラウルは彼を“兄”として扱っている。
グエルもまたラウルのことを家族として認識し、彼のアドバイスには一応耳を傾ける程度に気を遣っている。聞き入れるかどうかは別の話である。異母兄弟であることさえ別にすれば、“やや距離のある普通の兄弟”といった間柄。

renote.net

ヴィム・ジェターク

実父。正妻が長男であるグエルを妊娠中に、愛人にラウダを妊娠させるという、社会人としても家庭人としても問題のあることをやっている。
ラウダの名字が「ニール」となっていることからして、彼を手元に引き取って育てているわけではないようである。グエルとは普通の兄弟程度に交流しているラウダだが、ヴィムについてはまったく言及がなく、冷め切った関係であることがうかがえる。

renote.net

YAMAKUZIRA
YAMAKUZIRA
@YAMAKUZIRA

Related Articles関連記事

NEW
機動戦士ガンダム 水星の魔女(G Witch)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム 水星の魔女(G Witch)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダム 水星の魔女』とは、サンライズによるアニメ作品で、ロボットアニメの金字塔である『ガンダムシリーズ』の作品群の1つ。同シリーズでは7年ぶりのテレビ用作品で、放送前からファンの注目を集めていた。 人類が宇宙に進出し、太陽系に広く勢力を拡大したA.S.122年。アスティカシア高等専門学園に、辺境の地・水星からスレッタ・マーキュリーという少女が編入してくる。やがて彼女を含むパイロット候補生たちは、巨大企業の陰謀に飲み込まれるも、それに懸命に抗っていく。

Read Article

機動戦士ガンダム 水星の魔女のモビルスーツ・モビルアーマー・艦船・兵器まとめ

機動戦士ガンダム 水星の魔女のモビルスーツ・モビルアーマー・艦船・兵器まとめ

『機動戦士ガンダム 水星の魔女』とは、サンライズによるアニメ作品で、ロボットアニメの金字塔である『ガンダムシリーズ』の作品群の1つ。人型機動兵器MS(モビルスーツ)のパイロットを目指す少女たちが、彼女たちを飲み込まんとする巨大企業や大組織の陰謀に抗っていく様を描いている。 『ガンダムシリーズ』はリアル路線のロボットアニメとして知られており、作中に登場するロボットはあくまでも“兵器”として扱われている。ここでは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』に登場するMSなどの兵器を紹介する。

Read Article

XVX-016 ガンダム・エアリアル(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

XVX-016 ガンダム・エアリアル(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

XVX-016 ガンダム・エアリアルとは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』に登場する人型機動兵器MS(モビルスーツ)の1機にして、同作の主役機である。 詳細な出自については謎が多いが、ヴァナディース機関が開発したガンダム・ルブリスを利用して作り出された機体だと思われる。大企業の独断で闇へと葬られたGUNDフォーマットというシステムを利用しており、自律兵装GUNDビットでの攻防一体の戦闘が特色。高性能のAIを搭載しており、メインパイロットのスレッタ・マーキュリーとは姉弟のような絆で結ばれている。

Read Article

MD-0032G グエル専用ディランザ(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

MD-0032G グエル専用ディランザ(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

MD-0032G グエル専用ディランザとは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』に登場する人型機動兵器MS(モビルスーツ)の1機で、同作の登場人物であるグエル・ジェタークの専用機。 ジェターク・ヘビー・マシーナリーの主力商品ディランザを、同社の御曹司であるグエルに合わせてカスタム化した機体。出力など全体的な性能の強化に加え、近接兵器として十字の刃を成すビームパルチザンを装備。頭部のブレードアンテナには羽根飾りのような白い装飾をつけている。物語の1話で華々しく登場し、ガンダム・エアリアルと交戦した。

Read Article

ダリルバルデ(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

ダリルバルデ(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

ダリルバルデとは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』に登場する人型機動兵器MS(モビルスーツ)の1機で、同作に登場するジェターク・ヘビー・マシーナリー社製の最新鋭機。 タイプとしては分厚い装甲を売りとする重MSで、それを意識させないだけの高い出力と機動力を持つ。両腕とシールドにドローンシステムを搭載しており、これを利用した立体的な戦闘を持ち味としている。最新型の意志拡張AIにより、完全なオートパイロットで戦闘を行うことも可能だが、反応が早過ぎて陽動に引っかかりやすいという弱点を持つ。

Read Article

NEW
プロスペラ・マーキュリー/エルノラ・サマヤ(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

プロスペラ・マーキュリー/エルノラ・サマヤ(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

プロスペラ・マーキュリーとは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の登場人物で、ベネリットグループの末席に位置するシン・セー開発公社のCEO。その正体は、かつてベネリットグループの前身であるMS(モビルスーツ)開発評議会に滅ぼされたヴァナディース機関のテストパイロットエルノラ・サマヤで、同組織への報復を目論む復讐鬼。 その一環として娘のスレッタ・マーキュリーをアスティカシア高等専門学園に編入させ、自身はあくまでベネリットグループの一員という立場で活動。グループ内の権力争いを利用し、巧妙に立ち回る。

Read Article

NEW
スレッタ・マーキュリー/エリクト・サマヤ(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

スレッタ・マーキュリー/エリクト・サマヤ(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

スレッタ・マーキュリーとは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の登場人物で、アスティカシア高等専門学園に編入してきた少女。同作「PROLOGUE」に登場したエリクト・サマヤとは同一人物だと思われる。 物心ついた頃から水星圏で育った、典型的なお上りさん。水星圏から持ち込んだMS(モビルスーツ)ガンダム・エアリアルの操縦には熟達しており、編入初日にグエル・ジェタークと決闘してその専用機を撃破するという大金星を挙げる。これによりミオリネ・レンブランの婚約者となるも、女性同士であるために激しく困惑する。

Read Article

エラン・ケレス 強化人士4号(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

エラン・ケレス 強化人士4号(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

エラン・ケレス(強化人士4号)とは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の登場人物で、アスティカシア高等専門学園パイロット科の3年生。 もともとは貧困層の生まれで、ペイル・テクノロジーズに金で雇われ、同社が研究開発中のMSガンダムのテストパイロットを務める。顔は整形させられており、普段は本物のエラン・ケレスに成り代わってアスティカシア高等専門学校に通っている。他人には滅多に心を開かない孤高の人物だが、自身と同じくガンダムを駆る少女スレッタ・マーキュリーに興味を抱き、彼女に近づいていく。

Read Article

NEW
ミオリネ・レンブラン(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

ミオリネ・レンブラン(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

ミオリネ・レンブランとは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の登場人物で、ベネリットグループ総帥デリング・レンブランの娘。 気位が高く、言動は刺々しいが、根っこのところは親切で優しい少女。デリングが勝手に決めた上級生グエル・ジェタークとの婚約に嫌気が差し、この境遇から逃れることを考えていた。自身を賭けた決闘でスレッタ・マーキュリーがグエルに勝利し、彼女が自分の新しい婚約者になると、「勝手に決められるよりはマシ」とこれを受け入れる。女性同士であることは「地球圏では全然アリ」と特に気にしていない。

Read Article

NEW
ニカ・ナナウラ(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

ニカ・ナナウラ(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

ニカ・ナナウラとは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の登場人物で、アスティカシア高等専門学園のメカニック科2年生。名前からすると日系人だと思われる。 編入してきたスレッタ・マーキュリーに「分からないことがあったら聞いて」と声をかけるなど、親切な性格の少女。そのスレッタが水星圏から持ち込んだ特殊なMSに興味を持ち、彼女に近づいていく。学生ながらメカニックとしての腕前は確かで、パイロット科1年のチュアチュリー・パンランチの愛機デミトレーナーはニカがカスタムした機体である。

Read Article

NEW
グエル・ジェターク(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

グエル・ジェターク(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

グエル・ジェタークとは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の登場人物で、アスティカシア高等専門学園パイロット科の3年生にしてトップエース。 ジェターク・ヘビー・マシーナリーの御曹司で、人型機動兵器MS(モビルスーツ)の操縦では学園内でも屈指の実力者。不遜にして尊大、自信家にして野心家、自分の力と権力を絶対の物と信じて疑わない傲慢な性格。親同士が決めた婚約者のミオリネ・レンブランに強引に迫り続けていたが、編入生のスレッタ・マーキュリーに敗れたことでその運命が大きく変わっていく。

Read Article

NEW
シャディク・ゼネリ(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

シャディク・ゼネリ(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

シャディク・ゼネリとは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の登場人物で、アスティカシア高等専門学園パイロット科の3年生。 人型機動兵器MS(モビルスーツ)の大手グラスレー社CEOの養子。その言動は軽妙で飄々とした軟派で通っているが、内面は冷徹で計算高い。学生の身分ながらグラスレー社の経営にも参加しており、多くの実績を残している。アスティカシア高等専門学園には、生徒同士の揉め事をMSでの決闘で解決する風習があり、これを監督する決闘委員会を主導している。

Read Article

NEW
チュアチュリー・パンランチ(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

チュアチュリー・パンランチ(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

チュアチュリー・パンランチとは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の登場人物で、アスティカシア高等専門学園のパイロット科1年生。 自毛なのか付け毛なのかは不明ながら、自身の頭に匹敵するサイズのお団子状にまとめた髪が特徴。アーシアン(地球出身者)であり、これまでの人生でスペーシアン(宇宙出身者)からの様々な差別を受け、彼らに対して強い反感を抱いている。メカニック化の先輩ニカ・ナナウラにカスタム化してもらった専用のデミトレーナーを愛機としている。

Read Article

デリング・レンブラン(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

デリング・レンブラン(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

デリング・レンブランとは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の登場人物で、MS産業の世界最大手ベネリットグループの総裁にしてアスティカシア高等専門学園の理事長。主人公スレッタ・マーキュリーからすると父と恩師の仇である。 軍人としていくつもの戦場を経験し、「人を殺すのは人でなければならない」との思いを抱く。このためパイロットを廃人に追い込む危険性のある新型MSガンダムを忌避し、研究員の虐殺という凶行でこの開発を阻止する。その後ベネリットグループの頂点に立つも、強引な手法が嫌われ多くの敵を作る。

Read Article

ゴルネリ(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

ゴルネリ(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

ゴルネリとは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の登場人物で、MS(モビルスーツ)産業の最大手であるベネリットグループの有力会社ペイル・テクノロジーズのCEOの1人。ニューゲン、カル、ネボラとは4人共同でCEOを務めている。 グループ内での競争で優位に立つため、虎視眈々と商機をうかがう。アスティカシア高等専門学園の天才パイロットエラン・ケレスを抱え込み、ベネリットグループでも規模や営業成績が最低クラスのシン・セー開発公社が開発した新技術を積極的に導入しているのもその一環である。

Read Article

サリウス・ゼネリ(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

サリウス・ゼネリ(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

サリウス・ゼネリとは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の登場人物で、MS産業の最大手ベネリットグループの御三家ことグラスレー・ディフェンス・システムズのCEO。 ベネリットグループの前身であるMS開発委員会の頃からその重鎮として活躍しており、時に容赦なく強権を振るう同組織の中にあっては比較的穏健派。ベネリットグループの幹部の中でも特に高齢で、その才能を見込んだシャディク・ゼネリを養子にして自分の補佐をさせている。

Read Article

ニューゲン(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

ニューゲン(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

ニューゲンとは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の登場人物で、MS(モビルスーツ)産業の最大手であるベネリットグループの有力会社ペイル・テクノロジーズのCEOの1人。カル、ネボラ、ゴルネリとは4人共同でCEOを務めている。 グループ内での競争で優位に立つため、虎視眈々と商機をうかがう。アスティカシア高等専門学園の天才パイロットエラン・ケレスを抱え込み、ベネリットグループでも規模や営業成績が最下位クラスのシン・セー開発公社が開発した新技術の導入に積極的であるのもその一環である。

Read Article

セセリア・ドート(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

セセリア・ドート(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

セセリア・ドートとは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の登場人物で、アスティカシア高等専門学園経営戦略科の2年生。 他人を刺す言葉を次々に口にする毒舌家。情報を扱うことに長け、所属する決闘委員会でその能力を発揮している。学園屈指のMSパイロットであるグエル・ジェタークが決闘で敗れたこと、彼を破った編入生スレッタ・マーキュリーの持ち込んだMSが禁止技術を用いた機体だったことから学園の内外が大きく動き出し、自身もそれに巻き込まれていく。

Read Article

フェルシー・ロロ(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

フェルシー・ロロ(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

フェルシー・ロロとは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の登場人物で、アスティカシア高等専門学園パイロット科の2年生。 猪突猛進傾向のボーイッシュな元気娘。ジェターク・ヘビー・マシーナリーの御曹司であるグエル・ジェタークの取り巻きの1人で、MS(モビルスーツ)パイロットとしてのグエルのことを尊敬している。そのグエルとの婚約を嫌がって逃げ回るミオリネ・レンブランには当たりが強く、何かにつけては揶揄するようなことを告げている。

Read Article

ロウジ・チャンテ(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

ロウジ・チャンテ(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

ロウジ・チャンテとは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の登場人物で、アスティカシア高等専門学園メカニック科の1年生。 MSに関する知識や情報に長け、自分で改造を加えたペットロボットのハロを常に従えている。学園屈指のMSパイロットであるグエル・ジェタークが決闘で敗れたこと、彼を破った編入生スレッタ・マーキュリーの持ち込んだMSが禁止技術を用いた機体だったことから学園の内外が大きく動き出し、自身もそれに巻き込まれていく。

Read Article

ラジャン・ザヒ(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

ラジャン・ザヒ(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

ラジャン・ザヒとは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の登場人物で、MS産業の最大手ベネリットグループの総帥デリング・レンブランの部下。 デリングと同様に自身も軍人上がりで、彼の命令に唯々諾々と従う。秘書のような立場ながら、デリングの娘のミオリネ・レンブランにに関する対応を任されるなど、小間使いのような仕事も押し付けられている。グループ内外に敵の多いデリングにとって、ほぼ唯一といっていい頼れる人物。『PROLOGUE』には登場しておらず、ヴァナディース機関の惨劇には関与していないと思われる。

Read Article

ヴィム・ジェターク(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

ヴィム・ジェターク(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

ヴィム・ジェタークとは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の登場人物で、ベネリットグループの御三家ことジェターク・ヘビー・マシーナリーのCEO。 ベネリットグループの権力争いに熱を上げる野心家で、息子のグエル・ジェタークも利用してグループ全体を掌握しようと画策している。そのためには現総帥のデリング・レンブランを暗殺することも辞さない強硬な人物。グループ内での生き残りを図るシン・セー開発公社のプロスペラと手を組むも、彼女がベネリットグループへの復讐を目的としていることには気づいていない。

Read Article

カル(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

カル(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

カルとは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の登場人物で、MS(モビルスーツ)産業の最大手であるベネリットグループの有力会社ペイル・テクノロジーズのCEOの1人。ニューゲン、ネボラ、ゴルネリとは4人共同でCEOを務めている。 グループ内での競争で優位に立つため、虎視眈々と商機をうかがう。アスティカシア高等専門学園の天才パイロットエラン・ケレスを抱え込み、ベネリットグループでも規模や営業成績が最下位クラスのシン・セー開発公社が開発した新技術の導入に積極的であるのもその一環である。

Read Article

ペトラ・イッタ(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

ペトラ・イッタ(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

ペトラ・イッタとは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の登場人物で、アスティカシア高等専門学園のメカニック科の2年生。 ジェターク・ヘビー・マシーナリーの御曹司であるグエル・ジェタークの取り巻きの1人で、MS(モビルスーツ)パイロットとしてのグエルのことを尊敬している。同じ取り巻きのフェルシー・ロロとは仲が良く、大抵一緒に行動している。グエルのことは本気で尊敬しており、敗北した姿を見ても見捨てず、立ち上がろうとする彼を見守っている。

Read Article

ネボラ(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

ネボラ(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

ネボラとは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の登場人物で、MS(モビルスーツ)産業の最大手であるベネリットグループの有力会社ペイル・テクノロジーズのCEOの1人。ニューゲン、カル、ゴルネリとは4人共同でCEOを務めている。 グループ内での競争で優位に立つため、虎視眈々と商機をうかがう。アスティカシア高等専門学園の天才パイロットエラン・ケレスを抱え込み、ベネリットグループでも規模や営業成績が最低クラスのシン・セー開発公社が開発した新技術を積極的に導入しているのもその一環である。

Read Article

NEW
ベルメリア・ウィンストン(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

ベルメリア・ウィンストン(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

ベルメリア・ウィンストンとは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の登場人物で、GUNDアームの研究をしていたヴァナディース機関に所属していた人物。 研究の途中でヴァナディース機関を離れたことで、MS開発評議会の襲撃を受けることなく生存。ペイル・テクノロジーズに拾われ、そこで“ガンダム”ことGUNDアーム搭載MSの研究と開発に従事する。21年ぶりに“先輩”のプロスペラ・マーキュリーと再会した時は、彼女がMS開発評議会の後身たるベネリットグループへの復讐を考えていると推察し、警戒する様を見せた。

Read Article

エラン・ケレス オリジナル(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

エラン・ケレス オリジナル(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

エラン・ケレス(オリジナル)とは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の登場人物で、ベネリットグループの御三家の1つであるペイル・テクノロジーズの関連人物。 寿命を削りながら“呪いのMS”ガンダムのテストパイロットを務める強化人士たちを自分そっくりに整形させ、普段は彼らをアスティカシア高等専門学校に通わせている。彼らに活躍させた上で、その成果だけを自分が得ようとしているが、最終的な目的は不明。軽薄な口調ではあるが強化人士を励ましたり案じたりするなど、やっていることのわりに気の良いところがある。

Read Article

ガンダム Gのレコンギスタ(Gレコ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ガンダム Gのレコンギスタ(Gレコ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ガンダム Gのレコンギスタ』とは、「機動戦士ガンダム」シリーズの続編で、全26話のアニメシリーズ。 ∀(ターンエー)ガンダム以来、ガンダムのTVアニメシリーズとしては15年ぶりの富野由悠季監督作品である。また後年にはテレビシリーズを基に再編された劇場版も制作されている。 独特な演出とセリフ回しはファンから富野節とも呼ばれ、小気味良いテンポで展開されていくストーリーの中で、物語中の状況の変化と共に数々の名台詞が存在している。

Read Article

機動戦士ガンダム(ファースト・初代)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム(ファースト・初代)のネタバレ解説・考察まとめ

1979年から1980年にかけて日本サンライズによって制作・放送されたロボットアニメ。ファンが多く知名度が高い作品だが、放送当時は視聴率が振るわず打ち切りとなった。 ガンダムシリーズの1作目で「初代(ガンダム)」や「ファースト(ガンダム)」とも呼ばれる。 ガンダムに乗ったアムロやその仲間が各地を転戦しながら、宿敵シャアをはじめ様々な人々との出会いや別れ、戦いを経て成長していく物語である。

Read Article

機動戦士ガンダム00(ダブルオー)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム00(ダブルオー)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダム00』とは、サンライズが製作した日本のオリジナルロボットアニメである。2度のテレビ放映の後に劇場版も公開されている。 宇宙へ進出し、地域格差が現代よりも厳しくなっている地球を舞台に武装組織「ソレスタル・ビーイング」が戦争根絶を目的として、世界へ宣戦布告する。世界は混乱しながらも一致団結して「ソレスタル・ビーイング」と戦いを繰り広げていく。

Read Article

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(オリジン)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(オリジン)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』とは、アニメ「機動戦士ガンダム」の作画監督を務めた安彦良和が原作アニメ設定やストーリーを再構築したコミカライズ(マンガ化)作品をアニメ化したもの。 アニメ化に際し、原作マンガの描いた79年の原作アニメの前日談の部分を再構築し、原作アニメにつながるストーリーとなっている。79年のアニメでは主人公アムロ・レイの好敵手であるシャア・アズナブルが本作の主人公として描かれている。

Read Article

ガンダム Gのレコンギスタ(Gレコ)のネタバレ解説・考察まとめ

ガンダム Gのレコンギスタ(Gレコ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ガンダム Gのレコンギスタ』とは富野由悠季氏による日本のアニメーション作品。 技術の頂点を極めた人々が戦争の末に人類を滅亡しかけた宇宙世紀の1000年以上後を舞台にしている。命からがら生き延びた人々は新しい時代を「リギルド・センチュリー(R・C)」と名付け、さらには同じ轍を踏まぬよう技術に制限をかけ再び繁栄を初めていた。 明るく純粋無垢な主人公ベルリ・ゼナム、少し世話の焼けるお嬢様アイーダ・スルガンの二人の成り行きで始まった世界の仕組みを知る旅の物語である。

Read Article

機動戦士ガンダムΖΖ(ダブルゼータ)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダムΖΖ(ダブルゼータ)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダムΖΖ』とはガンダムシリーズの3作目として1986年3月~1987年1月に放映された。スペース・コロニー「サイド1」でジャンク屋を営んでいた「ジュドー・アーシタ」は前作Z(ゼータ)ガンダムの主人公「カミーユ・ビダン」との邂逅によりニュータイプとして目覚めたことをきっかけにモビルスーツのパイロットとして戦火へと身を投じてゆく。

Read Article

機動戦士ガンダム(ファースト・初代)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

機動戦士ガンダム(ファースト・初代)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

機動戦士ガンダムは日本サンライズによって制作された矢立肇・富野喜幸(現:富野由悠季)原作のロボットアニメである。ガンダム以前のロボットアニメとは違い、重厚な人間関係や緻密なロボット設計で新たなロボットアニメとしてジャンルを築いた。ロボットアニメでありながら、戦争という環境に置かれた主人公アムロ・レイの成長を主軸に描かれているこの作品には数多くの名言が残されている。

Read Article

機動新世紀ガンダムX(エックス)のネタバレ解説・考察まとめ

機動新世紀ガンダムX(エックス)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動新世紀ガンダムX』とは、1996年から1997年にかけてテレビ朝日系列にて放映されたアニメ作品。舞台は大きな戦後の世界で、バルチャーと呼ばれる組織が活動する中、厳しい環境を精一杯生き抜く主人公、ガロード・ランを中心に進んでいく。彼の行動が周囲の大人たちを動かし、次第に世界を巡る情勢をも変えていくことになる。

Read Article

ガンダムシリーズの宇宙世紀年表まとめ

ガンダムシリーズの宇宙世紀年表まとめ

宇宙世紀とは『機動戦士ガンダム』から『G-SAVIOUR』までの作品間に存在する、架空の歴史である。 いわゆる戦記の体裁を採用しており、主に上記作品群の劇中で描かれた戦争をはじめとした、国家および組織間の闘争に年月を当てはめ、あたかも本当にガンダムワールドの歴史が続いているかのように楽しむ事を可能とした設定となっている。 反面、宇宙世紀のガンダムシリーズは年表に基づいた作劇を行うため、この設定を知らないと作品を理解する事が難しくなるという難点も抱えている。

Read Article

目次 - Contents