YOASOBI

YOASOBI

YOASOBI(ヨアソビ)とは、日本の2人組音楽ユニット。メンバーはコンポーザー・Ayase、ヴォーカル・Ikura。
「monogatary.com」に投稿された小説を音楽にするプロジェクトから誕生。以降、同サイトを問わず既存の小説や、新たに書き下ろされた小説などをモデルに楽曲を発表している。
「monogatary.com」のスタッフが「小説を音楽にするユニットをやりたい」とAyaseに声を掛けたことがユニット結成のきっかけである。ヴォーカルを探していたAyaseが、Instagramでカバー曲の弾き語りをしていたIkuraを見て声を掛けヴォーカルが決定した。
2019年10月1日に結成し、星野舞夜の小説『タナトスの誘惑』を原作とした1stシングル『夜に駆ける』でデビュー。11月16日にミュージックビデオを公開。公開から約5か月でYouTubeでの再生回数は1000万回を突破し、2020年10月に1億回再生を突破。自身の代表曲となる。
2022年8月6日には「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」に登場。音楽フェス初出演を果たすなど、活動の規模を拡大している。

YOASOBIの関連記事

YOASOBI(Ayase・ikura)とは【徹底解説まとめ】

YOASOBI(Ayase・ikura)とは【徹底解説まとめ】

YOASOBIとは、ボーカルのikuraと作詞作曲のAyaseから成る男女2人組の音楽グループだ。小説を元にした曲作りが特徴。デビューしてわずか1年ほどで年末の紅白歌合戦に出場を果たし、人気アニメ『BEASTARS』の主題歌を担当、ミュージックビデオの再生回数が億を超えるなどの快挙を遂げた。YouTubeのチャンネル登録者数は200万人を超える。1発撮りを行うYouTubeチャンネル、「THE FRIST TAKE」の出場でも大きな話題を呼んだ。

Read Article

韓国芸能界・K-POPで活躍する日本人まとめ

韓国芸能界・K-POPで活躍する日本人まとめ

日本でも幅広い世代から高い人気度を誇るK-POPや韓流ドラマ。2016年デビューのガールズグループ「TWICE」に日本人メンバーが3人選ばれたことで、K-POPアイドルを目指す日本人が急増した。韓国の芸能市場にとっても、日本人メンバーの存在は日本進出の大きな足掛かりとなるため重要視されている。またK-POPアイドルに限らず、韓国芸能界で活躍する日本人は多い。

Read Article

【推しの子】(漫画・アニメ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

【推しの子】(漫画・アニメ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

【推しの子】(おしのこ)とは、原作:赤坂アカ、作画:横槍メンゴによる漫画作品。『週刊ヤングジャンプ』にて、2020年4月より連載を開始した。芸能界やインターネットの闇を現在の視点から描く切り口が魅力である。2023年にアニメ化され、主題歌が世界的にヒットするなど大きな反響を呼んだ。 自身の「推し」のアイドルの子供に転生した主人公は、母を殺害され、事件の黒幕である今の自分の父親への復讐を誓う。一方彼の妹は、「母の夢を継ぐ」ためにアイドルを目指す。それぞれの目的から、2人は芸能界で活躍していく。

Read Article

機動戦士ガンダム 水星の魔女(G Witch)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

機動戦士ガンダム 水星の魔女(G Witch)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『機動戦士ガンダム 水星の魔女』とは、サンライズによるアニメ作品で、ロボットアニメの金字塔である『ガンダムシリーズ』の作品群の1つ。同シリーズでは7年ぶりのテレビ用作品で、放送前からファンの注目を集めていた。 人類が宇宙に進出し、太陽系に広く勢力を拡大したA.S.122年。アスティカシア高等専門学園に、辺境の地・水星からスレッタ・マーキュリーという少女が編入してくる。やがて彼女を含むパイロット候補生たちは、巨大企業の陰謀に飲み込まれるも、それに懸命に抗っていく。

Read Article

葬送のフリーレン(FRIEREN)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

葬送のフリーレン(FRIEREN)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『葬送のフリーレン』とは、原作山田鐘人、作画アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。 勇者ヒンメルと共に魔王を倒したエルフの魔法使いフリーレン。その50年後、ヒンメルがあっさりと寿命で息を引き取った時、彼女は自分と比べてあまりに短い時間しか生きられない人間の儚さを知り、苦楽を共にしてきた彼のことを自分が何も知らないという事実に激しく後悔する。人とは何か、自分にとってのヒンメルとは何者だったのかを今度こそ理解するため、フリーレンは新たな仲間たちと共に旅立っていく。

Read Article

XVX-016 ガンダム・エアリアル(水星の魔女)とは【徹底解説・考察まとめ】

XVX-016 ガンダム・エアリアル(水星の魔女)とは【徹底解説・考察まとめ】

XVX-016 ガンダム・エアリアルとは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』に登場する人型機動兵器MS(モビルスーツ)の1機にして、同作の主役機である。 詳細な出自については謎が多いが、ヴァナディース機関が開発したガンダム・ルブリスを利用して作り出された機体だと思われる。大企業の独断で闇へと葬られたGUNDフォーマットというシステムを利用しており、自律兵装GUNDビットでの攻防一体の戦闘が特色。高性能のAIを搭載しており、メインパイロットのスレッタ・マーキュリーとは姉弟のような絆で結ばれている。

Read Article

幾田りら(ikura)とは【徹底解説まとめ】

幾田りら(ikura)とは【徹底解説まとめ】

幾田りら(ikura)とはソロの歌手活動と同時に音楽ユニット『YOASOBI』のボーカルとしても活動しているシンガーソングライター。 2000年に日本で生まれ、幼少期はアメリカで過ごした。 中学2年生の頃から路上でのライブ活動や、様々なオーディションに参加しながら音楽活動を始める。 2017年から2021年8月まではアコースティックセッションユニットの「ぷらそにか」のメンバーとして活動していた。ソロ歌手としてオリジナルソングだけでなくカバー曲の歌唱も積極的に行っている。

Read Article

ダリルバルデ(水星の魔女)とは【徹底解説・考察まとめ】

ダリルバルデ(水星の魔女)とは【徹底解説・考察まとめ】

ダリルバルデとは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』に登場する人型機動兵器MS(モビルスーツ)の1機で、同作に登場するジェターク・ヘビー・マシーナリー社製の最新鋭機。 タイプとしては分厚い装甲を売りとする重MSで、それを意識させないだけの高い出力と機動力を持つ。両腕とシールドにドローンシステムを搭載しており、これを利用した立体的な戦闘を持ち味としている。最新型の意志拡張AIにより、完全なオートパイロットで戦闘を行うことも可能だが、反応が早過ぎて陽動に引っかかりやすいという弱点を持つ。

Read Article

MD-0032G グエル専用ディランザ(水星の魔女)とは【徹底解説・考察まとめ】

MD-0032G グエル専用ディランザ(水星の魔女)とは【徹底解説・考察まとめ】

MD-0032G グエル専用ディランザとは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』に登場する人型機動兵器MS(モビルスーツ)の1機で、同作の登場人物であるグエル・ジェタークの専用機。 ジェターク・ヘビー・マシーナリーの主力商品ディランザを、同社の御曹司であるグエルに合わせてカスタム化した機体。出力など全体的な性能の強化に加え、近接兵器として十字の刃を成すビームパルチザンを装備。頭部のブレードアンテナには羽根飾りのような白い装飾をつけている。物語の1話で華々しく登場し、ガンダム・エアリアルと交戦した。

Read Article

葬送のフリーレンの魔法・呪い・必殺技まとめ

葬送のフリーレンの魔法・呪い・必殺技まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 典型的なファンタジー世界を舞台としており、物語には多種多様な魔法や技が登場する。炎や雷を放つ戦闘用の魔法から戦士の振るう一撃必殺の大技、魔族の用いる解析不能の呪いまで、その用途も効果も様々である。ここでは、そんな『葬送のフリーレン』に登場する魔法と呪いと必殺技を紹介する。

Read Article

機動戦士ガンダム 水星の魔女のモビルスーツ・モビルアーマー・艦船・兵器まとめ

機動戦士ガンダム 水星の魔女のモビルスーツ・モビルアーマー・艦船・兵器まとめ

『機動戦士ガンダム 水星の魔女』とは、サンライズによるアニメ作品で、ロボットアニメの金字塔である『ガンダムシリーズ』の作品群の1つ。人型機動兵器MS(モビルスーツ)のパイロットを目指す少女たちが、彼女たちを飲み込まんとする巨大企業や大組織の陰謀に抗っていく様を描いている。 『ガンダムシリーズ』はリアル路線のロボットアニメとして知られており、作中に登場するロボットはあくまでも“兵器”として扱われている。ここでは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』に登場するMSなどの兵器を紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンの七崩賢まとめ

葬送のフリーレンの七崩賢まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 七崩賢は、作中に登場する魔王軍の幹部である。具体的に七崩賢という枠組みができたのがいつのことなのかは不明だが、いずれもが人知の及ばぬ強大な魔法を操り人類を脅かした。南の勇者との戦いで3人、勇者ヒンメル一行に2人が討ち取られ、生き残った2人も魔王軍壊滅後にフリーレンに倒され全滅した。

Read Article

葬送のフリーレンの料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

葬送のフリーレンの料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 物語の舞台はいわゆるファンタジー世界だが、料理に関してはかなり進んでおり、ドーナツやパフェも登場する。主人公のフリーレンたちは旅の行く先々で様々な料理を食べ、舌鼓を打っている。ここでは、『葬送のフリーレン』に登場する料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物をまとめて紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンの恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

葬送のフリーレンの恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 作中では様々なキャラクターが交流しており、その中には恋愛関係に発展しそうなものも少なくない。主人公のフリーレンからして「自分とヒンメルの関係」を理解できておらず、その想いの行く末が注目されている。ここでは、『葬送のフリーレン』の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人を紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンの魔族まとめ

葬送のフリーレンの魔族まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 典型的なファンタジー世界を舞台としており、作中には人類を捕食する魔族という種族が登場する。人間を狩るために言葉を学び、人間を騙すために似た姿を獲得し、人間のものとは異なる特殊な魔法を操り、魔力の多寡で上下が決まる風習を持つ。ここでは、『葬送のフリーレン』に登場する魔族を紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンの勇者ヒンメル一行まとめ

葬送のフリーレンの勇者ヒンメル一行まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 勇者ヒンメル一行は作中に登場する人間と亜人の混合パーティーで、物語のメインとなる時間軸の80年前に魔王の討伐に成功した英雄たちである。主人公のフリーレンもその1人で、1000年以上の時を生きた彼女をして「化け物」と評する傑出した実力者がそろっている。

Read Article

葬送のフリーレンのミニアニメ「●●の魔法」まとめ

葬送のフリーレンのミニアニメ「●●の魔法」まとめ

『葬送のフリーレン 〜●●の魔法〜』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』を原作とする公式のミニアニメ。アニメ版『葬送のフリーレン』の放送に合わせ、YouTubeで順次公開された。 『葬送のフリーレン』の主人公フリーレンはエルフの魔法使いで、日常生活で少しだけ役に立つ民間魔法を集めることを趣味としている。『葬送のフリーレン 〜●●の魔法〜』ではこの点をクローズアップし、フリーレンが手に入れた新たな民間魔法と、それによるちょっとした騒動を描いている。

Read Article

葬送のフリーレンの戦士・騎士まとめ

葬送のフリーレンの戦士・騎士まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 典型的なファンタジー世界を舞台としており、作中には武器を手に戦う戦士や騎士が多数登場する。人間、ドワーフ、魔族など種族も様々で、中には一撃で竜を叩き伏せ、ダイヤモンドすら握り潰すほどの怪力を誇る猛者もいる。ここでは、『葬送のフリーレン』に登場する戦士と騎士を紹介する。

Read Article

【推しの子】の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

【推しの子】の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

『【推しの子】』は赤坂アカ原作、横槍メンゴ作画による漫画およびアニメである。2020年から漫画雑誌『週刊ヤングジャンプ』に連載されされた。田舎で産婦人科医をしている主人公のゴローのもとに、推しアイドルである星野アイが双子を妊娠してやってくる。ゴローはアイの出産を全力でサポートするが、アイのストーカーに殺害され、アイの息子アクアとして生まれ変わる「転生もの」である。アクアを中心とした恋愛模様も作品の人気の1つ。

Read Article

葬送のフリーレンの魔法使いまとめ

葬送のフリーレンの魔法使いまとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 典型的なファンタジー世界を舞台としており、この手の作品には定番の職業である「魔法使い」が数多く登場する。主人公のフリーレンもまた魔法使いであり、彼女と人間や魔族の魔法使いたちとの魔法勝負も作品の見所の1つとなっている。ここでは、『葬送のフリーレン』に登場する魔法使いたちを紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンのエルフまとめ

葬送のフリーレンのエルフまとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 典型的なファンタジー世界を舞台としており、主人公のフリーレンを始めとする登場人物の何名かはエルフとなっている。エルフとは長い耳と1000年以上の寿命を持つ人類の亜種で、人間と共に暮らしている者も多い。ここでは、そんな『葬送のフリーレン』に登場するエルフを紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンの魔物まとめ

葬送のフリーレンの魔物まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 物語の舞台はいわゆるファンタジー世界で、竜などの有名なものから巨人のようなものまで荒野や森の奥地を様々な魔物が闊歩している。フリーレンたちは時には旅の中で彼らと交戦し、時には仕事として彼らの討伐を請け負う。ここでは、『葬送のフリーレン』に登場する魔物をまとめて紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンの僧侶・武道僧まとめ

葬送のフリーレンの僧侶・武道僧まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 典型的なファンタジー世界を舞台としており、作中には天地創造の女神を信仰する僧侶が登場する。「女神の魔法」と呼ばれる特殊な魔法を操る治癒と解毒の専門家だが、中には武道僧という“僧侶にして武術を修めた”人物も存在する。ここでは、『葬送のフリーレン』に登場する僧侶と武道僧を紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンのドワーフまとめ

葬送のフリーレンのドワーフまとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 典型的なファンタジー世界を舞台としており、登場人物の何名かはこの手の作品では定番のキャラクターであるドワーフとなっている。ドワーフとは小柄で屈強な体を持つ人類の亜種で、人間とは友好的で街の一員として暮らしていることも多い。ここでは、『葬送のフリーレン』に登場するドワーフを紹介する。

Read Article

YOASOBIのレビュー・評価・感想

New Review
YOASOBI
10

珍しい作曲方法を使う大人気ミュージシャン

あまり話題に上がらないのですが、実は「YOASOBI」さんの曲の作曲方法はとても珍しく、全て小説を元に作られています。それのお陰で曲をきいてリズムや歌詞、音程などを楽しみ、その後に小説を読んで曲の音や歌詞、MVに隠されていたメッセージを理解し、更にもう一度曲を聴き小説で得た知識で広がった世界を楽しむ。このように1曲なのに何重にも楽しめるという素晴らしい特性を持っています。

YOASOBIの作曲者さんは元々ボーカロイド曲を作っていて、米津玄師さんやEveさんなど、インターネットの世界でボーカロイドに触れていた人達と同じように珍しい音の動きやリズム、歌詞回しなどが多いです。
元々はボーカロイドに歌わせるような曲なので、ほとんどの人はカラオケなどで「歌えない!難しい!」となるのですが、ボーカルの幾田りらさんはテクニックが凄く歌いこなしてしまいます。
ボーカルの幾田りらさんは先程書いた通りテクニックも素晴らしいのですが、声も素晴らしいです。ayaseさんの曲の儚さに合うような透明感のある声をしていて、ayaseさんの曲は歌詞が多かったり難しかったりすることが多いのですが、声のおかげですっと頭の中に入ってくることが特徴です。
ぜひ聞いてみてこの曲の世界を体験して欲しいです。

YOASOBI
10

YOASOBIの作り出す音楽の世界

デビュー以来数々のCMやアニメ、企画へのタイアップを果たし、日本のみならず世界中へとヒットを出し続けている2人組音楽ユニットYOASOBI。
ボーカロイドプロデューサーとして活躍していたAyaseと、シンガーソングライターとしてYouTube等で活動していたikura がタッグを組み、小説を元に楽曲を制作するという他のアーティストには見られない独自の制作方法を用いて曲を制作・発表してきた。
ユニット名は、「個は昼の姿」「二人では夜の姿」、「遊び心やチャレンジ」という意味を込めて「YOASOBI」と名付けられている。
そんなYOASOBIの楽曲はまさに2人の世界観そのもの。文学作品から得た情報を歌詞やサウンドに変換しているため小説そのものを読んでいるかのような感覚に落ちる。メロディがボカロ調でありながら世界に入り込める美しい詩のような歌詞。タイアップごとに作品の世界を表現力豊かに曲に落とし込んでいるため、デビュー以来若者のみならず世界中の人々に支持され続けているのだ。
そんなYOASOBIが第一線で活躍し続けられている理由。それは2人の持つ異なる音楽性がうまく混ざり合い融合された、異色でありながら実に完成された音楽ユニットならではの世界観ゆえなのである。

YOASOBI
9

2人の天才がコラボレーション!

YOASOBIは、2019年から活動をスタートし、曲を出すたびに巷を騒がす音楽ユニット。その正体は、ボーカル「幾田りら」と、コンポ―サー「Ayase」という2人の天才だ。
1stシングル「夜に駆ける」が爆発的にヒットし、一気にその名を世に轟かせた。ボーカルの幾田りらは、なんと小学6年生の時には自ら作詞作曲をしており、中学3年生で歌手活動を始めたという。
コンポーサー(作曲家)のAyaseも、努力の塊のような人だ。3歳からピアノを始め、小学生の時には国際コンクールに出場するほどの腕前だったという。
そんな2人が生み出す作品の特徴といえば、小説を原作とし、それを基にした楽曲づくり。原作を細部まで読み込んだAyaseは、原作ファンのニーズを的確にとらえ、それを曲に落とし込む。この真新しい音楽スタイルが、若者を中心に視聴者の心を掴んでいった。
2023年に公開した「アイドル」は、11週連続で総合首位を獲得、さらには国際チャート1位に選ばれるなどの快挙を達成する。ラジオ、テレビ、雑誌など様々なメディアで取り上げられ、その人気は国内だけにとどまらず、世界中の人々が魅了されている。圧倒的な実力に、今後も目が離せない2人である。

YOASOBI
10

アーティスト・YOASOBIについて

YOASOBIは、さわやかな女性ボーカルが特徴的なアーティストグループです。
ボーカルのIkuraさん、コンポーザーのAyaseさんのふたりで活動しています。
情報によると、AyaseさんはSNSでIkuraさんの歌声を聞いてグループに誘ったそうです。
YOASOBIは、「夜に駆ける」という曲で知られるようになりました。
これは実は、もとが小説だったのをAyaseさんが曲にしたのだそうです。
Ikuraさんの特徴は、さわやかな声です。また、バラードはもちろんポップスなど、幅広いジャンルの歌を歌っています。
時々テレビに出ていますが、YOASOBIの曲はとても難しいにもかかわらず、ボーカルは全く音を外さずにきれいに歌い上げています。
いちどYOASOBIの曲を歌うとわかりますが、彼らの曲はそう簡単に歌えるものではありません。
それを普通に歌っているIkuraさんの歌唱力がいかほどのものか想像できますね。
YOASOBIの曲の素晴らしいのは、歌唱だけではありません。歌詞じたいにも魅力があります。
歌詞に共感できる、言い回しや言葉が美しいなどがあります。
例えば、「夜が来る」という言葉。Ayaseさんはそのまま使うのではなく、少し言い換えて「夜が降る」と表現しました。こんな言葉、すぐには思いつきませんよね。
こんなふうに、YOASOBIには、ボーカルにも今日を作る人にもそれぞれ魅力があります。
興味がありましたら、ぜひYouTubeなどでチェックしてみてください。

YOASOBI
8

YOASOBIの聞いてほしい曲

『YOASOBI』はボーカルikuraとプロデューサーAyaseからなる音楽ユニット。
代表曲に「夜に駆ける」や「群青」があり、共感性の高い歌詞と印象的な歌詞によって10代から高く評価されている。
2021年1月には『YOASOBI』としては初のアルバム「THE BOOK」も発売した。
今までの『YOASOBI』の楽曲、「夜に駆ける」や「ハルジオン」など全9曲が収録されている。
『YOASOBI』で作詞作曲をしているのはプロデューサーのAyaseだが、あまり表舞台には出てこないためにその素顔は謎に包まれている。
初めてみた人はクールな印象を持つかもしれない。
しかし、『YOASOBI』のオールナイトニッポンXでは、たびたびAyaseの天然っぷりやikuraに向ける優しさが垣間見え、そのギャップに驚く。
ikuraはシンガーソングライターとして『YOASOBI』Iで活躍している他、
2021年8月31日まではアコースティックセッションユニット、『ぷらそにか』のメンバーとしても活動していた。
澄んだ歌声と愛嬌のある性格で多くの人から支持を集めている。
『YOASOBI』はこれまでさまざまな楽曲をリリースしている。
2021年には英語版の曲もリリースするなど、新しいことにチャレンジする姿勢が感じ取られる。
もし『YOASOBI』の曲を聞いたことがない人は是非聞いてみてほしい。

YOASOBI
10

YOASOBI IKURAの清らかな歌声に癒される

気乗りのしない炊事、洗濯をする時、スマホをポケットに入れYouTubeで音楽を聴いて気分を盛り上げている。
今自分に寄り添ってくれる歌はどれだろうと音楽を探す。YOASOBIは高頻度で登場する。
「夜に駆ける」「アンコール」「群青」「優しい彗星」「怪物」「もう少しだけ」などなど。
新しい曲を知る度、同じ曲を何十回、何百回と続けて聴いてしまう。
イヤホンから届くIKURAさんの歌声は古びた優しいオルガンのようであったり、よく磨かれた銀色のフルートの音色のようだったりする。
人を傷つけたくない、人の心にそっと寄り添いたいというような適度な距離を保った優しい歌声だ。
良家のお嬢様の様な外見も手伝って、押しつけがましくなく、控えめな人柄を想像してしまう。
汚れた食器の山を一枚一枚洗いながら、「もう少しだけ」を聴いていた時はなぜか涙が止まらなくなってしまった。
IKURAさんの歌声は疲れた心にやさしくしみわたる。それはまるで高い山の清らかな湧き水のように体にも心にもすっとしみこんでくる。
やさしい歌声の無限ループにはまりこんでしまっている人が少なくないのではないかと思う。
それはまるで優しい依存症のようであったりもする。

YOASOBI
10

素敵なハーモニーの貴公子 「YOASHOBI」

若い世代の恋物語や友情をテーマに描かれた「YOASHOBI」のミュージック。彼らの音楽作品にはEDM(ダンスミュージック)的な要素も沢山含まれているが、特に目立って素晴らしい所は、絶妙なハモリのミュージックにある。ほとんどの作品があの音楽の天才、小室哲哉が言う音楽の売れるメロディーラインを打破している。詩的でファンタジック、そして四つ打ちのダンスミュージック的なドラムから作り出されるそのメロディーラインが何といっても「YOASHOBI」の魅力のひとつだ。小説をテーマに音楽を作成されていて、小説を読まれる方にとっては、これ以上ないミュージックであり、またミュージックビデオも素晴らしいアニメーションコラボビデオもYOUTUBEで沢山一般公開されている。一般的に見てもその作り出されるメロディーラインは聞いていて美しく、堪能してしまうほど聞きごたえのある作品が多い。これからの「YOASHOBI」のアーティスト活動に大変期待がもたれるが、このユニットは今の若い世代から中高年世代までの音楽シーンを網羅するであろう。実際に一度皆さんにも「YOASOBI」の音楽作品を聴いてほしいと思えるくらい、大変奨励できるアーティストです。

YOASOBI
10

音楽業界に旋風を巻き起こして2年、彼らが目指すものはなにか。

「小説を音楽に」をテーマとして、次々とヒット曲を連発するYOASOBI。
今や常識となりつつあるボカロ(ボーカロイド)曲を生身の人間が歌い上げるスタイルを確固たるものにしたアーティストと言っても過言ではないだろう。卓越した作曲センスのAyaseと、Ayaseが作曲した「ボカロ曲」を見事に歌い上げるikura(幾田 りら)。この2人が生み出す楽曲はどれも、メッセージ性が強く心に重く響く曲ばかり。それでいて軽快なリズムで次々と聴き手に襲い掛かるメロディーの中毒性が、数多くのファンをとりこにしている所以だろう。
彼らがなぜ、ここまでの楽曲を次々と生み出せるのか。それはまさしく、YOASOBIを構成している人間全員が、並外れた努力と才能の塊だからであろう。さきほどAyaseが作曲した曲を「ボカロ曲」とあえて表現したのは、YOASOBIの楽曲はもれなく「人間用」の楽曲ではないからだ。生身の人間が表現できる域を超えてしまった曲を、ikuraはその小さな身体で表現してしまうのだ。しかも一人で。またボカロ曲の難しさはメロディを織りなす楽器にもある。ボカロ曲はPCの作曲ソフトで作成するため、使える楽器は「無限」だ。しかも音階にも制限がない。しかしそのメロディを現場で奏でるのはPCではなく、これもまた生身の人間なのだ。ベース担当の「やまもとひかる」、キーボード担当の「ミソハギザクロ」、ギター担当の「AssH」、ドラム担当の「仄雲」、彼らバンドメンバーの努力と才能が、YOASOBIの楽曲に重みと温もりを与えている。
そんなYOASOBIは2021年12月に初の有観客ライブを成功させている。そのライブはファンにとって、まさしく待ち望んだ瞬間であり至高のひと時だったに違いない。しかしファンは、その先を求めている。YOASOBIもまた、この先を考えている。

「小説」というジャンルの才能が「音楽」という違うジャンルの才能と組み合わさることで爆発する化学反応を、これからも期待せずにはいられない。これからのYOASOBIの活動に、また彼らが生み出す楽曲に、引き続き注目していきたいものだ。

YOASOBI
7

YOASOBIにしかない魅力が沢山あります。

まず、彼らの大ヒット曲「夜に駆ける」は2021年12月22日公開のBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャート「Streaming Songs」で、史上初となる累計再生回数7億回を突破しました。
YOASOBIの楽曲の魅力といえばやはり、小説がモチーフとなっているところです。原作の小説を読んで曲聴くとまた違った感覚を味わうことができます。ikuraさんの透明感もありつつ力強くもある圧倒的な歌唱力と美しい歌声も魅力です。
「TikTok」などのSNSで動画の楽曲に使用されると、どんどん曲が広まっていき、テレビ番組でも続々と取り上げられるようになり、ミュージックビデオの再生回数やストリーミング再生数が急激に伸びていきました。
YOASOBIの楽曲の特徴として、AyaseさんがボカロPとして活動されていたこともあり、曲の節々にボカロっぽさを感じます。さらに、ミュージックビデオも個性的です。音楽と映像がマッチしていて、ストーリー性も感じられます。見ているうちにどんどんYOASOBIの世界観に引き込まれていく感じがします。
歌詞に注目しながら、曲を聞いてみて欲しいです!きっと他のアーティストにはない魅力を感じるはずです。

YOASOBI
9

ボーカロイドと人間の合わせ技

YOASOBIは、ボーカロイドプロデューサーのAyaseさんと、シンガーソングライターのikuraさんによる、2人組のユニットです。
YOASOBIの曲の特徴としては、人間業とは思えないメロディの出し方です。具体的に言うと、ボーカロイドの曲をなんと人間であるikuraさんが歌ってしまうのです!
ボーカロイドは普通、メロディを決め、機会を使って人間には出せないような音をつなげながら1つの曲にします。なので、普通の人にはボーカロイドの曲を完璧に歌うなど、そもそも不可能。ただし、ikuraさんのもつ奇跡の声帯ではそれが可能になってしまうのです!
ものすごく高いキーや、高低差の激しいメロディなども美しく完璧に歌いあげてしまうので、YOASOBIの曲はボーカロイドっぽい仕上がりになりつつ、やはり人間味のあるような曲です。私は、元々ボーカロイドは苦手ジャンルだったのですが、YOASOBIの曲は初めて聞いた時からすんなり受け入れることができました。ボーカロイドが苦手な人も、大好きな人も、両方魅了させることができる、それがYOASOBIの強みです!
私の1番のオススメ曲は「怪物」です。全体的にキーが高い曲なのですが、サビは高低差が激しく、しかもそれを早いテンポで歌わなければならず、素人が歌うと全然形にならない曲です。ですが、ikuraさんは正確に、かつ人を惹きつける歌声で、さらっと歌いあげています。ぜひ聞いてみてください!

YOASOBI
8

大好きなYOASOBI

YOASOBIは、ボーカロイドプロデューサーのAyaseとシンガーソングライターのikuraによる二人組音楽ユニットです。2019年にもともと、ソニーミュージックが運営する小説&イラスト投稿サイトの「monogatary.com」に投稿された小説を音楽にするプロジェクトから誕生しました。だから、あんなドラマチックな曲になっているんですね。星野舞夜の小説「タナトスの誘惑」を原作として出した1stシングルが「夜に駆ける」です。このミュージックビデオはYouTubeで公開されて5ヶ月で1000万回の再生回数を突破しました。それ以降、今でも「夜に駆ける」はSpotifyやLINE musicなどでずっと国内チャートランキングトップ50入りを続けています。YOASOBIの名前の由来は、Ayaseが命名したのですが、ボカロプロデューサーとして活動する自分自身と、シンガーソングライターとして活動するikuraのそれぞれの活動延長線上にこのユニットができていると考え、それぞれ個人で活動する姿は昼の姿で、YOASOBIとして活動するのは二人の夜の姿と例えました。色々な遊び心満載なチャレンジができることを願いつけたということです。

YOASOBI
9

Ayase+ikura=YOASOBI

作曲を手掛けるAyaseの世界観に透明感がありなが伸びのある声を持つikuraが化学反応を遂げたユニットといえる。
Ayaseの作る曲には爽快なスピード感のあるアップテンポの曲からボリューム感のあるミドルテンポの曲までと手も幅広く、ノートパソコン1台あれば曲の制作はできると話すAyaseはやはり作曲の天才と言っても過言ではないだろう。
Ayaseの才能は作曲だけではなく、ライブでもみることができるがキーボードのテクニックも目を見張るものがあると思える。
さて、Ayaseの魅力を話してきましたがやはりikuraの凄さがあってこそのYOASOBIだと言えるのではないでしょうか。
元々、魅力的な声を持っていたikuraがまじめにボーカルレッスンを積み重ね、ソロライブを繰り返したことでテクニックが加わりより素敵な歌い手になったのは言うまでもありません。
Ayaseが作る曲はボーカリストの僕から見ても歌うのは難しいと感じますが、簡単に歌っているように見せるのはとても素晴らしいですね。
早いリズムに対し、ボーカルの命ともいえるブレスの取り方から微妙なリズムの打ち方を良く練って繰り返し練習しているのでしょう。
また、ikuraは書き物が好きで本なども書いており、洗練された歌詞の魅力も曲と相成って素晴らしい作品が出来ていると思います。
「夜に駆ける」から始まり様々な色を持った曲をリリースし続けるYOASOBIはこれからも止まることなく沢山の世界を魅せてくれるでしょう。
これからもAyaseとikuraの化学反応を起こしていくのか期待が膨らみます。

YOASOBI
9

「夜に駆ける」が原点

『YOASOBI』は、シンガーソングライター出身の女性ボーカル『ikura』と、ボカロP出身の男性コンポーザー『Ayase』の2人組ユニットです。
「小説を音楽にするユニット」というコンセプトの元、2019年10月に結成されました。

ファーストシングル『夜に駆ける』は、ストリーミング再生回数累計5億界を突破、歴代最速記録を更新しています。

YOASOBIの楽曲は、全体的にどこか切なさを感じさせる作品が多いです。
テンポの速いシンセサイザーの電子音がメインですが、なぜか心がきゅっとなる、切なくもポップなメロディーライン。
その音は曲の世界観をつくりあげると同時に、ボーカルのをうまく引き上げているのです。

心にスッと入ってくる心地よい歌声と、どこか素朴な印象を与えるボーカルのikura。
歌唱力が高いのはもちろん、表現力の豊かさが光ります。
歌詞の一言一言に優しさが込められ、丁寧に歌い上げていて魅力的です。

疾走感あふれる音楽が多YOASOBIですが、切なく、暖かみを感じられる曲調は聴く年代を選びません。
YOASOBIの作品を知ることで、あなたの人生に新たなスパイスが加わりますよ。

YOASOBI
10

YOASOBIの楽しみ方

YOASOBIは「小説を音楽にする」というテーマのもと活動している二人組アーティストである。デビュー曲の「夜に駆ける」が大ヒットし、世間にその名を知らせることとなった。
そんなYOASOBIは二年連続紅白歌合戦に出場したり、初の有観客ライブを日本武道館で行ったりするなど、今ではJ-POP界を引っ張っていっている存在である。
コンポーザーのAyaseが作る曲は聞き心地がよく、かつ耳に残りやすい軽やかなリズムが使われており、歌うのが一般的に難しいとされている。そんなAyaseの難曲に応えて歌うのがikuraである。息継ぎをする場所も少なく、高音も低音も入り交じっている曲を彼女は軽やかに、そして情熱を込めて歌う。彼女は努力家であり、どうしたら作品の主人公の気持ちが聞いている人にも伝わるのか、息継ぎの少ない長いフレーズをどうやって歌うのかをAyaseと相談しながら曲を作り上げていっている。
様々なプロジェクトにも携わっており、NHKのSDGs番組の歌を作ったり、募集した手紙から音楽を作ったり、直木賞作家の書いた小説とコラボしたりした。YOASOBIは常に私たちの期待を越えるパフォーマンスを見せてくれる素晴らしいアーティストであり、ファンを楽しませてくれる存在である。
音楽を聞いたことがある人は、一度その原作を読んでからもう一度その音楽を聞いてほしいと思う。なにげなく聞いていた歌詞が原作の一場面と重なって、より感動を味わえるだろう。何となくテレビや街中で音楽を耳にしたことがあるだけの人は、ぜひ自分の好きな曲を見つけてほしいと思う。様々な雰囲気の曲がたくさんあるので、その違いを味わってほしい。

YOASOBI
10

夜に駆ける

YOASOBIとはボーカルikuraとコンポーザーであるAyaseからなるユニットである。小説『タナトスの誘惑』を基にした楽曲『夜に駆ける』を最初にリリースした。今までは自身の体験談を基にした楽曲などはあったが、小説を基にした楽曲というのは斬新なものであった。1つ1つの言葉の深みに加えて、ボーカルikuraの透き通るような感情のこもった声が多くの視聴者の心を掴んだ。
小説のストーリーありきで楽曲が作られ、それを基に映像が作成されるといったYOASOBI独自のクリエイティブの形が見出されてきた。物語と音楽という、一般的には交わらないような2種類が絡み合うことこそが最大の魅力といってもいいであろう。
また、曲の素晴らしさだけではなく、ボーカルikuraの卓越した歌唱力や表現力も魅力の1つである。某動画サイトでは一発撮りのパフォーマンスを披露し、大きな反響を呼んだ。
2020年の紅白歌合戦にも出場するなど、大躍進を続けている。今後は、歌唱力やキャッチーな曲だけではなく、曲の内容の深みという今まであまり掘り下げられてこなかった分野にも世間は注目を置くのではないかと期待が高まるだろう。

YOASOBI
10

ボカロPから生まれた、令和の2人組ユニット

“ボーカロイド”や“ボカロP”と聞いて「オタクだ」と感じるのは、もう古い考えなのかもしれない。
コロナ禍の中、日本中に認知度を広めた2人組ユニット「YOASOBI」のコンポーザーであるAyaseは、学生時代に軽音部などのバンド活動にて本格的に音楽活動を始めた。
そしてバンド活動後はボカロPとして作曲・作詞を行いYouTubeなどに楽曲を投稿する。
それまではボーカロイド楽曲にあまり触れたことがなかったAyaseだったが、持ち前の音楽センスやバンド活動で培った経験などから、メキメキと人気を伸ばしていった。

そして、音楽好きなら聴いたことがない人などいないであろう名曲『夜に駆ける』が 爆誕した。
ボカロPならではの、人間が歌うことを前提としないようなメロディーと高音で歌われる歌詞。
また、そんな難しい曲を心地よい美声で歌うボーカルのikura。
歌っているとき以外は、どこか天然でとても可愛らしいikuraだが、歌う姿は凛々しく、息継ぎする箇所が見つからないような歌詞も見事に歌い切る。

また、『夜に駆ける』、『三原色』、『怪物』などの有名楽曲は歌詞が完全に英訳されたEnglish ver.も配信されている。
『夜に駆ける』のEnglish ver.である『Into The Night』は、日本語の原曲にしか聞こえないような面白い英訳がされており、何度も繰り返し聴いてしまうような中毒性がある。その他の英訳楽曲もぜひ一聴の価値ありだ。

YOASOBI
7

YOASOBIについて

YOASOBIのことは『夜に駆ける』がTikTokで多く使われていることなどから知りました。それまではあまり目立った印象はなく「まあこんなアーティストもいたかな」という程度で、特に気にしていませんでした。私の好きなラジオ番組でこのアーティストを強く勧めていたこともあり、気になって聞き直してみたところ「なかなか良い」と思い、繰り返し聞いてしまっています。
2020年はYOASOBIにとってブレークの年であったと思います。コロナ禍という恵まれていない状況の中でも人気を不動のものに出来たということは、やはり実力は本物なのでしょう。YOASOBIの曲の基になった小説も読んでみました。簡単に読めるもので、すぐ読み終わることが出来ました。『夜に駆ける』が好きなので「小説はいったいどうなのだろう」と思いながら読んでみたところ、残念ながら深い感動があった訳ではありません。内容が若者向けで、私にとっては少し遠い記憶・遠い感覚となってしまっていたようです。若い人にとっては、青春の甘酸っぱさを感じながら小説と曲を十分に楽しめるのではないでしょうか。しかし、アーティストに対する魅力は満点ですので、今後新しい曲などが公開されたら早く聴きたいです。

子タグ