FAIRY TAIL(フェアリーテイル)のネタバレ解説・考察まとめ

『FAIRY TAIL(フェアリーテイル)』とは、真島ヒロが『週刊少年マガジン』で連載していた漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。累計発行部数は7200万部を記録しており、日本のみならず全世界で読まれている人気作品。
人々の生活に魔法が根付く世界で、立派な魔導士を目指すルーシィが、滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)のナツと出会い、最強の魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に加入する。チームを組んだ2人が様々な仕事に挑む中での冒険と絆が描かれた、ファンタジー作品である。

『FAIRY TAIL』の概要

『FAIRY TAIL』とは、真島ヒロによるファンタジー漫画作品である。『週刊少年マガジン』にて2006年から2017年まで連載された。累計発行部数は7200万部を超えている人気作品である。日本国内だけでなく、海外でも非常に高い人気を博している。全63巻、545話。テレビアニメはテレビ東京系列にて、第1期が2009年10月から2013年3月まで、第2期が2014年4月から2016年3月まで、ファイナルシーズン(第3期)が2018年10月から2019年9月までそれぞれ放送された。累計6年半、全328話の長期シリーズである。また映画作品としては、2012年に『劇場版 FAIRY TAIL 鳳凰の巫女』、2017年に『劇場版 FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』が公開された。2.5次元舞台作品、『ライブファンタジー「FAIRY TAIL」』が2016年に上演された。
魔法が人々の生活に根付く世界が舞台。魔法を駆使して生業とする者を魔導士と呼び、王国最強の魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」を中心とした物語。立派な魔導士を目指すルーシィは契約した星霊(せいれい)を召喚する星霊魔導士である。ある時ルーシィは、火を食べ操る滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)のナツと、喋る青猫のハッピーと出会い、彼らの紹介で「妖精の尻尾」に加入する。ギルドメンバーは皆、強力な魔導士で仲間思いだが、依頼先で大暴れして街を半壊させるなどの問題児ばかりであった。ナツ、ハッピー、ルーシィの3人はチームを組み、様々な仕事に挑んでいく。その中で、世界を混沌に陥し入れようと目論む闇ギルドとの戦いや、400年前の伝説の黒魔道士ゼレフの残した黒魔術や悪魔達との戦いに発展していく。ゼレフやドラゴン達、ナツの出自の謎に迫っていく中で、白熱するバトルと仲間達との固い絆を描いたストーリーである。

『FAIRY TAIL』のあらすじ・ストーリー

ルーシィが「妖精の尻尾」に加入

契約した星霊を召喚する星霊魔導士の少女ルーシィは、魔導士ギルドへ加入して一人前の魔導士となる為に、港町ハルジオンを訪れた。特に魔法専門誌の週刊ソーサラーでも頻繁に特集される魔導士ギルド、「妖精の尻尾」に憧れを抱いていた。町でルーシィは悪い魔導士に騙されそうになっていたところを、「妖精の尻尾」所属の火の滅竜魔導士のナツと、喋る青猫のハッピーに助けられる。ルーシィは彼らの紹介で「妖精の尻尾」に加入した。フィオーレ王国最強と言われる「妖精の尻尾」のメンバーは皆、問題ばかり起こす規格外の荒くれ者の集まるギルドだった。

「鉄の森(アイゼンヴァルト)」編

「妖精の尻尾」最強の女魔導士のエルザ・スカーレットが帰ってきた。エルザは仕事先で闇ギルド「鉄の森(アイゼンヴァルド)」が、音色を聴いた人の命を奪う魔笛・ララバイを盗み出したと聞く。「鉄の森」の企みを阻止するべく、ナツ、ハッピー、ルーシィ、エルザ、氷の造形魔導士のグレイは「最強チーム」を組む。
「鉄の森」の元へ向かうナツ達だったが、敵の策略にはまり結界の中に閉じ込められてしまう。「鉄の森」のリーダー・エリゴールはララバイを持ち、ギルドマスター達の定例会へ向かってしまった。マスター達を呪殺する事が目的だと判明し、急いで結界を破りエリゴールを追う。追いついたナツは、エリゴールと交戦。風の魔法を使うエリゴールは、ナツの炎を無効化し圧倒する。しかしハッピーがわざとナツを挑発し、怒りによってナツはの火力が上がり上昇気流が生みだす。エリゴールの風を乱したことで、エリゴールを倒した。
首謀者を倒したものの、ララバイが突如巨大な悪魔へと姿を変え暴れ始めた。ララバイの正体はゼレフ書の悪魔だったのだ。ララバイは一撃で山を消失させるほど強かったが、駆けつけたナツ、グレイ、エルザの連携攻撃で討伐した。

ガルナ島編

ナツとハッピーがS級クエストの依頼書を勝手に持ち出し、ルーシィを誘ってS級クエストへ向かう。S級クエストはS級魔導士であるとマスターに認められた者しか依頼を受けられない掟であった。依頼内容は、紫色の月に照らされ、悪魔の姿になってしまった村人達の呪いを解くことである。グレイやエルザは連れ戻しに来たが、成り行きで同行することになった。
ガルナ島に着くとナツ達は村人から月を破壊するよう頼まれる。ひとまず島内の調査をすると神殿に辿り着き、その中で氷漬けになった厄災の悪魔・デリオラを発見する。デリオラはゼレフ書の悪魔で、10年前にグレイの両親の命を奪った仇である。幼かったグレイは復讐を誓ってデリオラに挑むが歯が立たなかった。グレイの魔法の師のウルが駆け付け、命と引換えに「絶対氷結(アイスドシェル)」で封印したのだ。
さらに調査を進めると、グレイの兄弟子のリオンと出会う。リオンはこの島特有の魔法、月の雫(ムーンドリップ)でデリオラを復活させて、倒す事で師を越えようと考えていたのだ。グレイはリオンを止めようとして戦闘になる。自らの力を過信しているリオンは片手で造形魔法を使うが、グレイはウルの教えどおり両手の造形魔法を使い、リオンに勝利する。
しかし残党によって月の雫の儀式が完了し、デリオラの封印は解かれてしまった。しかしデリオラは動き出すことなく、その身体が崩れ去った。封印して以来10年間、氷となったウルがデリオラの生命力を奪い続け、既に死んでいたのだ。それを目の当たりにしたリオンは「オレにはウルを超えられない」と涙し、改心した。
戦いが終わり村に戻ると、エルザは月を破壊すると言い出した。ナツの協力で月に向かって矢を投げる。しかし割れたのは月ではなく、空だった。呪いの正体は月の雫によって生じる邪気の膜によって引き起こされた、記憶障害だったのだ。村人達は元々悪魔である事を思い出し、再び平和が訪れた。

「幽鬼の支配者(ファントムロード)」編

ガルナ島から帰還したナツ達は、「幽鬼の支配者(ファントムロード)」に所属する鉄の滅竜魔導士のガジルによって、破壊されたギルドを目の当たりにする。さらにギルドの仲間レビィ、ドロイ、ジェットが襲われ重傷を負わされてしまった。仲間を傷つけられた事で、「妖精の尻尾」マスターのマカロフは「幽鬼の支配者」との全面戦争を宣言。
「幽鬼の支配者」のマスタージョゼの本当の目的は、ハートフィリア財閥の令嬢であるルーシィだった。マスタージョゼはルーシィの父から、娘を連れ戻すことを依頼されていた。実はルーシィは父との不仲を理由に家出をしていたのだ。ルーシィは自分のせいで仲間が傷ついた事に深く悲しむが、ギルドメンバーはルーシィを責めるどころか、仲間を絶対に渡さないと一致団結して敵を迎え撃つ。
「幽鬼の支配者」はギルドの建物を巨人のように変形させ移動し、魔導収束砲・ジュピターや、破壊魔法陣で「妖精の尻尾」を町ごと消し去ろうとする。ナツ、グレイ、エルザ、魔獣に変身する「獣王の魂(ビーストソウル)」の使い手のエルフマン等の活躍により、敵の主戦力である「エレメント4」を次々に倒していく。しかし戦いの最中、ルーシィがガジルに攫われてしまった。ナツがルーシィを見つけ出し、ガジルと交戦。ガジルは鉄屑を食べて魔力を上げ、圧倒的な力でナツを追い込む。しかしルーシィの星霊が生み出した炎を食べ、パワーアップしたナツが勝利する。
残す敵はジョゼのみとなった。マカロフが敵対する者を聖なる光で攻撃する「妖精の法律(フェアリーロウ)」を放ち、ジョゼのみならず、戦場の敵を全て掃討した。これによりギルド間の抗争は終結した。
評議会により「幽鬼の支配者」の解散命令が出された。騒動の後ルーシィは、父親の元に行き、「妖精の尻尾」こそが自分の居場所である事を告げ、再びギルドへと戻ってきた。

「楽園の塔」編

アカネリゾートで休息を味わっていたナツ、ハッピー、ルーシィ、グレイ、エルザ。そこでエルザの昔の仲間と遭遇し、エルザが拉致されてしまった。エルザが連れて行かれたのは、「楽園の塔」と呼ばれる場所だった。
「楽園の塔」とは別名「Rシステム」のことである。黒魔道士ゼレフを崇める黒魔術教団が、多くの犠牲と引き換えにゼレフを復活させることを目的に計画したものだった。エルザはかつて「楽園の塔」で奴隷労働を強いられていた。かつてエルザの仲間だったジェラールは、ゼレフの亡霊に洗脳され、「楽園の塔」の指導者となっていた。
ナツ達は「楽園の塔」に辿り着くと、エルザを過去の呪縛から解放するため奔走する。ナツ達はジェラールが差し向けた暗殺ギルドの魔導士「三羽鴉(トリニティレイブン)」を倒し、ジェラールの元へ向かう。
一方、塔の完成を阻止しようとした評議員によって、超絶時空破壊魔法・エーテリオンが投下される。しかし塔は崩れるどころか、エーテリオンの魔力を全て吸収した巨大な魔水晶(ラクリマ)へと変わり、「Rシステム」が完成してしまった。ジェラールはエルザを生贄にして、ゼレフ復活の儀を行おうとするが、ナツに阻止され戦闘となる。ジェラールはあまりにも強敵だったが、エーテリオンの魔力を食べたナツが、滅竜魔法の最終形態・ドラゴンフォースを発動させる。ドラゴンフォースにより竜に匹敵するほどの力を得たナツが、ジェラールを倒した。
その後、膨大な魔力を制御できなくなった「楽園の塔」は崩壊し、ジェラールの生存と行方は不明となった。

「バトル・オブ・フェアリーテイル」編

「楽園の塔」事件後、元「幽鬼の支配者」のジュビアとガジルが、「妖精の尻尾」に加入した。さらに近頃「妖精の尻尾」が弱体化したという噂も流れていた。マカロフの実孫で雷の滅竜魔導士のラクサスは、この現状に痺れを切らし、配下の雷神衆(らいじんしゅう)と共にマカロフからギルドマスターの座を奪おうと動き出す。
マグノリアの街の収穫祭に、ラクサスと雷神衆が乱入し、ルーシィやエルザ等を人質にされてしまった。そしてラクサスはギルド最強を決める「バトル・オブ・フェアリーテイル」を強行開催。苦戦しつつも次々と雷神衆を撃破し、人質を解放された。人質がいなくなり「バトル・オブ・フェアリーテイル」はもはや体を成していなかったが、ラクサスは時間が経つと街を襲う「神鳴殿(かみなりでん)」を展開し、街全体を人質とした。「神鳴殿」は壊すとそのダメージが破壊者に返ってくる仕掛けがされていたが、ギルドメンバー達は街の人々を守るために、重傷を負いながらも「神鳴殿」を破壊する。
ナツはラクサスに挑むが、圧倒的な力に追い込まれる。ラクサスは「妖精の法律」で自分に敵対する者を皆殺しにしようとするが、心の底ではギルドや街を敵と認識しきれておらず、誰も傷つかなかった。ナツは駆けつけたガジルとの共闘により、辛くもラクサスに勝利。
事件後、ラクサスは自分の行いを悔いたが、マカロフは仲間の命を脅かしたとしてラクサスを破門にした。

「ニルヴァーナ」編

闇ギルド最大勢力のバラム同盟。その一角の闇ギルド「六魔将軍(オラシオンセイス)」が不穏な動きを見せていた。そこで「妖精の尻尾」「青い天馬(ブルーペガサス)」「蛇姫の鱗(ラミアスケイル)」「化猫の宿(ケット・シェルター)」が連合を組み、「六魔将軍」を壊滅させる作戦に挑む。
「六魔将軍」の目的はワース樹海に封印された超反転魔法「ニルヴァーナ」を使い、善と悪を入れ替えて世界のバランスを崩壊させる事だった。連合軍はこれを阻止する為、「六魔将軍」よりも先に「ニルヴァーナ」を見つけ出さなければいけない。連合軍は「六魔将軍」と真っ向勝負するも、全く歯が立たずに負けてしまう。さらに治癒の能力を理由に狙われた「化猫の宿」の天空の滅竜魔導士のウェンディが攫われてしまった。「六魔将軍」の妨害を掻い潜り、ナツは何とかウェンディの救出に成功。その際にジェラールと遭遇するが、彼は全ての記憶を失っていた。記憶がないながらも、断片的に「ニルヴァーナ」の所在と危険性を覚えていたジェラールは、封印を解き完全に破壊しようと動き出した。
その後連合軍は苦戦しつつも、何とか「六魔将軍」のレーサーとエンジェルを敗る。一方でジェラールが「ニルヴァーナ」を見つけだし破壊しようとしたところを、「六魔将軍」のブレインに横取りされてしまう。「ニルヴァーナ」を起動したブレインは、「ニルヴァーナ」を封印する力を持つニルビット族を壊滅させるべく、動き出した。
ナツ達は「ニルヴァーナ」に乗り込み、何とか阻止しようと試みる。待ち受けていた残りの「六魔将軍」を全て倒すと、ブレインの封印されていたもう一つの人格のマスターゼロが現れた。ナツはゼロに圧倒されてしまうが、助太刀に現れたジェラールの咎の炎を食べてドラゴンフォースを発動し、撃破。「ニルヴァーナ」も止めることができた。
その後「化猫の宿」に立ち寄ると、ギルドマスターのローバウルから真相を明かされた。「ニルヴァーナ」の封印を見守っていたヒルビット族のローバウルは、7年前に偶然やってきたウェンディが寂しい思いをしないようにと、幻で魔導士ギルド「化猫の宿」を作ったのだ。役目を終えたギルドと仲間は消えていった。悲しむウェンディと、ウェンディの相棒で喋る白猫のシャルルに、エルザは「妖精の尻尾」に来るように誘った。

エドラス編

突如「妖精の尻尾」のギルドと仲間達が、超亜空間魔法「アニマ」を通って、エドラスへと飛ばされて消えてしまった。
エドラスとはナツ達の住むアースランドと並行する別世界で、ハッピーやシャルル達、エクシードの故郷でもある。エドラスの魔力はアースランドと違い、人が持たず、資源のように消費される有限のものであった。永遠の魔力を欲するエドラス王はアースランドの「妖精の尻尾」を魔水晶に変えてエドラスに取り込み、それをエクシードの国・エクスタリアにぶつけて破壊する作戦を計画していた。魔水晶とエクスタリアの魔力が砕けて融合し、永遠の魔力を生み出すことが狙いである。しかしそれはエクシード達の命を奪う、非人道的な作戦でもあった。
奇跡的に「アニマ」から逃れたナツ達は、「妖精の尻尾」のS級魔導士・ミストガンの手引きで、エドラスにやってきた。そこで魔水晶に変えられた仲間達を見つける。ナツ達は魔水晶から戻す方法を聞き出すため、エドラス王と接触しようと考えるが叶わず、王国軍との戦闘となった。ナツ、ルーシィ、グレイ、エルザらの活躍で、なんとか敵の主力を倒すも一歩間に合わず、魔水晶はエクスタリアに向かって動き出してしまった。
すぐにナツ達は魔水晶の元に行き、力づくで止めようと抑える。そこへエクスタリアの危機を知ったエクシード達も加わる。皆で力を合わせて、ほんの少し魔水晶を押し返すことができた時、突如魔水晶が目の前から消え去った。ミストガンが「アニマ」を使って、魔水晶をアースランドに返したのだ。ミストガンの正体はエドラスの王子で、国王の野望を打ち砕く為に奔走していたのである。
計画を阻止され激昂した国王は、一方的な殲滅のため「ドロマ・アニム」という竜型のロボットで暴れ出す。「ドロマ・アニム」には滅竜魔法しか効かないため、ナツ、ガジル、ウェンディの3人が立ち向かい、苦戦しながらもなんとか勝利する。その後ミストガンは争いの元を根絶するべく、「アニマ」を逆展開させ魔力を全てアースランドへ送り、エドラスから魔法を消し去った。
「アニマ」の逆展開に伴い、体内に魔力を持つナツ達はアースランドへ帰ってきた。ギルドも仲間達も無事に、何事もなかったかのように元通りになった。同時にアースランドへ渡ってきたエクシード達は、こちらの世界に新しい国を作ろうと決意し、動き出す。またエクシードのパンサー・リリーは、ガジルの誘いで「妖精の尻尾」へ加入した。

天狼島編

S級魔導士昇格試験が開かれ、受験者にナツ、グレイ、ジュビア、エルフマン、カナ、フリード、レビィ、メストの8人が選ばれる。今年の試験会場はギルドの聖地、天狼島。
意気揚々と試験に挑む受験者達だったが、途中で天狼島に黒魔道士ゼレフがいる事が判明。さらに闇ギルド、「悪魔の心臓(グリモアハート)」まで上陸してきた。「悪魔の心臓」はゼレフを捕縛し、魔導士のみが存在する大魔法世界を構築することを目論んでいた。試験はやむを得ず中止になり、ナツ達は仲間達とギルドの聖地を守る為「悪魔の心臓」との戦闘となる。マカロフは「悪魔の心臓」マスターハデスと交戦するも、敗北し重傷を負う。ハデスの正体は「妖精の尻尾」2代目マスタープレヒトであり、マカロフの弱点を知り尽くしていたのだ。
ナツ達は「悪魔の心臓」の主力の「煉獄の七眷属(れんごくのななけんぞく)」との戦闘となるが、彼らは1人1人が強大な力を持っており苦しめられる。ナツ達が「煉獄の七眷属」と一進一退の攻防を続ける中、「悪魔の心臓」副司令のブルーノートまで戦闘に参加。さらに天狼樹が倒され妖精の加護を失うなど、戦況はますます不利になる。しかし「妖精の尻尾」最強の男・ギルダーツや雷神衆が、天狼島の異変に気がつき参戦。皆で力を合わせ、「悪魔の心臓」の主力を全て倒した。
ナツ、ルーシィ、グレイ、エルザ、ウェンディはマスターハデスとの直接対決に挑む。ハッピー、シャルル、リリーは「悪魔の心臓」の船の動力源を破壊しに向かう。
ハデスの力は圧倒的で、ナツ達は5人がかりでも歯が立たなかった。ハデスがナツに止めを刺そうとした時、破門中のラクサスが現れナツを救う。ラクサスは自分ではハデスに勝てない事を悟ると、全魔力を雷に変えてナツに与えた。ラクサスの雷を食べた事で雷炎竜となったナツはハデスを圧倒する。一方、ハッピー達は「悪魔の心臓」の船の動力源であるハデスの心臓を破壊。ハデスは不死身ではなくなり、ナツの渾身の一撃で撃破した。

無事に危機を逃れ、島内で怪我の治療をしていると、突如「時代の終わりを告げる」と言われる漆黒の竜・アクノロギアの襲撃を受ける。皆で懸命に立ち向かうも、全く歯が立たない。みんなでギルドに帰ろうと想いを一つにするが、アクノロギアは容赦なくブレスを浴びせた。これにより天狼島ごと消滅してしまう。島にいた「妖精の尻尾」の魔導士たちも消息不明となった。

大魔闘演舞編

天狼組の帰還

7年後。主力メンバーを失い弱体化した「妖精の尻尾」は「フィオーレ最弱」と言われていた。しかし実は「妖精の尻尾」初代マスターメイビスが霊体となり見守っており、絶対防御呪文の「妖精の球(フェアリースフィア)」で天狼島ごと凍結封印して護っていた。つまりナツ達は歳を取らずに生きていたのだ。7年がかりで封印が解除され、天狼組がギルドに帰還。ラクサスも再びギルドの一員になる。
王国最弱となってしまった「妖精の尻尾」はギルドの誇りと名声を取り戻す為、最強ギルドを決める「大魔闘演武(だいまとうえんぶ)」という大会に参加を決める。さらにナツ達は脱獄したジェラールが作った独立ギルド「魔女の罪(クリムソルシエール)」と遭遇し、大魔闘演舞から感じるゼレフに似た魔力の調査を依頼される。

8tts
8tts
@8tts

Related Articles関連記事

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の魔法まとめ

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の魔法まとめ

『FAIRY TAIL』とは『週刊少年マガジン』で連載された真島ヒロによるファンタジー漫画及びそれを原作としたアニメ・ゲームなどのメディアミックス作品である。魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」の問題児ナツとその仲間たちが依頼を受けて様々な問題を解決していく様子が描かれる。 登場する個性豊かな魔導士たちはそれぞれ特徴的な魔法を使うことができ、その種類は多岐にわたる。その迫力満点の魔法が『FAIRY TAIL』の魅力の1つといえる。

Read Article

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)のギルドまとめ

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)のギルドまとめ

『FAIRY TAIL』とは、2006年から2017年まで週刊少年マガジンで連載された、真島ヒロによるファンタジー漫画作品。2009年にテレビアニメ化され、その後シリーズ展開を遂げた。この作品は、魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に属する主人公ナツを軸に、彼と仲間たちが様々な依頼をこなす活躍を描いている。 仲間との友情や信頼、家族愛を核としており、激しい魔法バトル、ユーモラスなギャグシーン、そして感動的なドラマが展開される。妖精の尻尾以外にも様々な個性的な魔導士ギルドが登場する。

Read Article

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「FAIRY TAIL」は、2006年より「週刊少年マガジン」にて連載が開始された真島ヒロによる漫画作品。 一人前の魔導士を目指す少女「ルーシィ」はひょんなことから、炎を操りそして炎を食べる滅竜魔導士「ナツ」と出会い、魔導士ギルド「妖精の尻尾」に加入することに。迫力的な魔法バトルと魔導士としての彼らの成長を描くファンタジー作品。「絆」を軸とした、心の熱くなるセリフの数々が魅力の一つである。

Read Article

FAIRY TAIL 100 YEARS QUEST(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

FAIRY TAIL 100 YEARS QUEST(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『FAIRY TAIL 100 YEARS QUEST』とは、真島ヒロによる漫画『FAIRY TAIL』の最終話の続きを描いた、スピンオフ作品である。ストーリーは真島、作画は上田敦夫が担当し、「マガジンポケット」にて連載している。主人公のナツ達が100年間誰も成し遂げた事がないといわれる、100年クエストに挑戦するストーリー。依頼内容は五神竜と呼ばれるドラゴンを封印すること。さらに「ドラゴンイーター」と呼ばれる、新たな勢力も現れ、三つ巴の戦いへと発展していく。

Read Article

FAIRY TAIL ZERO(ZERØ)のネタバレ解説・考察まとめ

FAIRY TAIL ZERO(ZERØ)のネタバレ解説・考察まとめ

『FAIRY TAIL ZERO(ZERØ)(フェアリーテイルゼロ)』とは、世界的な人気漫画『FAIRY TAIL』のスピンオフ漫画およびアニメである。原作者の真島ヒロが原作と並行して執筆し、『月刊 FAIRY TAIL マガジン』にて掲載された。魔導士ギルド・妖精の尻尾(フェアリーテイル)の初代ギルドマスターのメイビスを主人公としており、彼女の幼少期からの成長と、ギルドを結成に至るまでを描いたストーリー。『月刊 FAIRY TAIL マガジン』にて13話にわたって連載された。

Read Article

月が導く異世界道中(ツキミチ)のネタバレ解説・考察まとめ

月が導く異世界道中(ツキミチ)のネタバレ解説・考察まとめ

『月が導く異世界道中』とは著者・あずみ圭、イラスト・マツモトトミツアキによって執筆されたライトノベル、およびそれらをもとにしたアニメ作品である。ストーリーは日本にいる深澄真が突如異世界の女神によって勇者として呼ばれるが、見た目が酷いと言う理由で異世界の果てへ捨てられてしまう。その後、自分のいた世界の神である月読命から加護を受けて自由に生きることにする真。旅の道中、従者となる巴と澪。二人を引き連れていく先々でのトラブルを解決していく薄幸少年の異世界世直し物語である。

Read Article

RAVE(真島ヒロ)のネタバレ解説・考察まとめ

RAVE(真島ヒロ)のネタバレ解説・考察まとめ

『RAVE(レイヴ)』とは真島ヒロによる冒険をテーマにした独特のファンタジー世界を描いた漫画、および漫画を原作としたアニメ作品である。物語は、主人公ハルが伝説の「RAVE」を探し求める旅に出ることから始まりる。彼は「ダーク・ブリング」と呼ばれる悪の力と戦いながら、様々な仲間と出会い、成長していく。真島ヒロの独創的なキャラクターデザインと、ユーモアと感動が交錯するストーリーが特徴で、全世界のファンに愛され続けている。

Read Article

ログ・ホライズン(ログホラ)のネタバレ解説・考察まとめ

ログ・ホライズン(ログホラ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ログ・ホライズン』とは、橙乃ままれによる長編SFファンタジー小説。略称は『ログホラ』。『小説家になろう』で公開され、その後、漫画・アニメ化された。また2015年発行の『このWeb小説がすごい!』では、4位を獲得している。ある日突然、人気MMORPG『エルダー・テイル』の世界に、数十万人規模のプレーヤーが閉じ込められてしまう。プレイヤーの1人であり、かつて有名なチームの参謀であった主人公シロエは、「大地人」と呼ばれるNPCたちとの共存や、地球への帰還を目指し仲間たちと奮闘する。

Read Article

マガジンの歴代ヒロインまとめ

マガジンの歴代ヒロインまとめ

『少年マガジン』は、日本でもっとも長く続いている週刊の少年漫画誌の1つである。その長い歴史の中で幾多の傑作を生み出し、日本の漫画文化を支えていった。「少年漫画」という縛りがあるため主人公の多くは少年だが、その活躍を支えるヒロインたちもまた物語に欠かせない存在として魅力たっぷりに描かれている。 幼馴染に学生、人外や異世界人と設定も様々なら、その関係性も恋人から友人、ライバルまで多種使用である。ここでは、マガジン作品を彩ったヒロインたちを紹介する。

Read Article

FAIRY TAIL 鉄の森編から冥府の門編までの長編ストーリー&キャラクター達!

FAIRY TAIL 鉄の森編から冥府の門編までの長編ストーリー&キャラクター達!

最初の長編「鉄の森(アイゼンヴァルト)」編~「冥府の門(タルタロス)」編までのストーリーと、アニメオリジナルストーリー。 そして、そこに登場したキャラクター達を一気に紹介! 「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」メンバーがこれまでに、どれほどの強敵達との戦いを強いられてきたかのおさらいです!

Read Article

【FAIRY TAIL】歴代美女キャラクターまとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】歴代美女キャラクターまとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)とは、魔導士ギルド「妖精の尻尾」に所属する魔導士たちが幾多の冒険を繰り広げる、真島ヒロによるアクション漫画。 作中では世界はおろか時間軸までをも超えた大冒険が描かれ、幾多の魅力的なキャラクターが物語に花を添えた。ここではその中でも人気の高い女性キャラクターを中心に紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】冥府の門(タルタロス)の登場キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】冥府の門(タルタロス)の登場キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中ではフェアリーテイル以外にも様々なギルドが登場する。その中でもバラム同盟の一角、冥府の門(タルタロス)と呼ばれる闇ギルドはほぼ全員がゼレフ書の悪魔・エーテリアスで構成されており、高い戦闘能力を持っている。ここではタルタロスに所属する登場人物・キャラクターを紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】竜(ドラゴン)の解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】竜(ドラゴン)の解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。主人公のナツは竜(ドラゴン)である「炎竜王」イグニールから滅竜魔法や言葉、文化を教わった。また作中ではアクノロギアと呼ばれる漆黒の竜がかつて国一つを滅ぼしたとされ、とても強大な存在として描かれている。

Read Article

【FAIRY TAIL】主要な登場人物・キャラクターの徹底解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】主要な登場人物・キャラクターの徹底解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィなどが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。作中では多くの登場人物・キャラクターや魔法が登場し、ド派手なバトルが繰り広げられる。ここでは『FAIRY TAIL』の主要な登場人物・キャラクターの人物像や魔法を解説する。

Read Article

【FAIRY TAIL】剣咬の虎(セイバートゥース)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】剣咬の虎(セイバートゥース)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中では「フェアリーテイル」以外にも様々な魔導士ギルドが登場する。「剣咬の虎(セイバートゥース)」はX791年時点においてフィオーレ王国最強のギルドと言われており、中でも滅竜魔導士のスティングやローグ、ミネルバといった面々は実力が高い。

Read Article

【FAIRY TAIL】名言・名セリフ集【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】名言・名セリフ集【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。フェアリーテイルの魔導士はギルドメンバーのことを家族と呼び、とても大切に思っている。だからこそ主人公のナツをはじめ、メンバーは仲間の身に危機が迫った時などには熱い言葉をかけることが多い。ここでは『FAIRY TAIL』の名言・名セリフを登場人物・キャラクターごとにまとめた。

Read Article

【FAIRY TAIL】妖精の尻尾(フェアリーテイル)のS級魔導士、マスターの解説まとめ

【FAIRY TAIL】妖精の尻尾(フェアリーテイル)のS級魔導士、マスターの解説まとめ

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。ギルド「フェアリーテイル」にはS級と呼ばれる優れた魔導士が存在する。彼らは大変高い戦闘能力を誇り、主人公のナツですらS級のギルダーツには片手であしらわれる。ここではS級魔導士と、初代マスターであるメイビス、三代目マスターであるマカロフを紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】大鴉の尻尾(レイヴンテイル)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】大鴉の尻尾(レイヴンテイル)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中ではフェアリーテイル以外にも様々なギルドが登場する。大鴉の尻尾(レイヴンテイル)は「フェアリーテイル」の元メンバーであるイワン・ドレアーが組織したギルドであり、物語当初は闇ギルドだった。対「フェアリーテイル」に特化しており、大魔闘演武ではルーシィやグレイを苦戦させた。

Read Article

【FAIRY TAIL】青い天馬(ブルーペガサス)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】青い天馬(ブルーペガサス)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中では「フェアリーテイル」以外にも様々な魔導士ギルドが登場する。「青い天馬(ブルーペガサス)」は一夜という大変個性的な顔を持つキャラクターや美男美女が所属するギルドで、「フェアリーテイル」の主力が一時的に行方不明となった際は捜索に協力するなど、心根の良い者が多い。

Read Article

【FAIRY TAIL】人気の女性登場人物・キャラクターランキング【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】人気の女性登場人物・キャラクターランキング【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。作中では多くの女性登場人物・キャラクターが登場し、その大半がスタイルのよい美人である。ここではセクシー、美人、かわいいキャラクターをランキング形式でまとめた。

Read Article

【FAIRY TAIL】ゼレフ・ドラグニルとスプリガン12の解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】ゼレフ・ドラグニルとスプリガン12の解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。物語の後半では「フェアリーテイル」がある大陸イシュガルと、その西にあるアラキタシアの大陸に位置するアルバレス帝国との戦争が描かれる。アルバレス帝国は皇帝スプリガンを頂点とし、皇帝を守るスプリガン12という精鋭たちが存在する。皇帝スプリガンは、イシュガル大陸ではゼレフという名で知れ渡っている。

Read Article

【FAIRY TAIL】メイビス・ヴァーミリオンを徹底解説!ネタバレまとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】メイビス・ヴァーミリオンを徹底解説!ネタバレまとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。メイビス・ヴァーミリオンは「フェアリーテイル」の初代マスターの少女である。作中では思念体(幽霊)として登場し、カナに「妖精の輝き」を貸し与えたり、アクノロギアからの攻撃を「妖精の球」で守ったりなど、ギルドのメンバーを優しく導く姿が描かれる。

Read Article

【FAIRY TAIL】登場人物・キャラクターの強さランキング【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】登場人物・キャラクターの強さランキング【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。主人公のナツやS級魔導士のエルザやラクサスをはじめ、作中には高い戦闘能力を持った登場人物・キャラクターが多くおり、度々ファンの間でも「最強は誰か」ということが話題になる。ここでは『FAIRY TAIL』での強さランキングを独断で決めた。

Read Article

FAIRY TAILの蛇姫の鱗(ラミアスケイル)のキャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

FAIRY TAILの蛇姫の鱗(ラミアスケイル)のキャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中では「フェアリーテイル」以外にも様々な魔導士ギルドが登場し、作品を盛り上げている。「蛇姫の鱗(ラミアスケイル)」にはグレイの兄弟子であるリオンや偉大な魔導士として認定された「聖十大魔導」の一人、ジュラが所属している。

Read Article

FAIRY TAIL・アルバレス帝国のキャラクターまとめ【フェアリーテイル】

FAIRY TAIL・アルバレス帝国のキャラクターまとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。物語の後半ではナツたちがいるイシュガル大陸の西にあるアルバレス帝国との戦争が描かれる。アルバレス帝国の皇帝はナツの前に幾度となく現れたゼレフ。ゼレフはアルバレス帝国ではスプリガンと名乗り、スプリガン12と呼ばれる精鋭部隊を率いている。本記事ではアルバレス帝国に与するキャラクターたちをまとめて紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】エルザ・スカーレットの鎧まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】エルザ・スカーレットの鎧まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。登場人物・キャラクターの一人であるエルザ・スカーレットは「騎士(ザ・ナイト)」という換装魔法により自身の武器や衣服を一瞬で変化させることができる。ここでは作中で登場した彼女の鎧をまとめた。

Read Article

FAIRY TAIL魔女の罪(クリムソルシエール)のキャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

FAIRY TAIL魔女の罪(クリムソルシエール)のキャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中では「フェアリーテイル」以外にも様々な魔導士ギルドが登場する。「魔女の罪(クリムソルシエール)」は元「悪魔の心臓」のメンバーのウルティアとメルディ、脱獄したジェラールが設立した独立ギルドであり、「自らの犯した過ちを一生かけて償う」という贖罪を活動目的としている。

Read Article

NEW
『FAIRY TAIL』ラクサス親衛隊・雷神衆を紹介【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』ラクサス親衛隊・雷神衆を紹介【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。「フェアリーテイル」には「雷神衆」というマスターの孫ラクサス・ドレアーの親衛隊がある。普段はこの3人で仕事に出ており、ギルドにいる時間は少ない。ラクサスを思う気持ちは強く、ラクサスが破門になった時は「一緒にやめる」とラクサスについていこうとした。ここではそんな「雷神衆」のフリード、エバーグリーン、ビックスローの3人を紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】7人のドラゴンスレイヤー(滅竜魔導士)まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】7人のドラゴンスレイヤー(滅竜魔導士)まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。主人公のナツが使う魔法は失われた魔法(ロストマジック)の一つ、竜を滅ぼす滅竜魔法であり、滅竜魔法を扱う魔導士のことをドラゴンスレイヤー(滅竜魔導士)と呼ぶ。作中にはナツ以外にもドラゴンスレイヤーが登場し、時にドラゴン相手に熱戦を繰り広げている。

Read Article

目次 - Contents