FAIRY TAIL / フェアリーテイル

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)とは、2006年から20017年の間、『週刊少年マガジン』(講談社)にて連載された漫画である。略称は「FT」。作者は『RAVE』、『EDENS ZERO』などの作品を出している真島ヒロだ。
魔導士ギルド。それは魔導士たちの仕事を仲介する団体である。一流の魔導士を目指す一人の少女ルーシィ。彼女の前に現れたのは、問題児ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」の魔導士ナツと青い喋る猫のハッピー。ナツに誘われて「妖精の尻尾」は入ることになったルーシィはナツとハッピーとチームを組み、魔導士としての冒険が始まる。
単行本は全63巻545話あり、日本国内だけでなく、海外にも人気の作品ある。累計発行部数は7200万部を記録している。
2009年10月からテレビ東京系列にてテレビアニメ放送が始まった。2016年3月にはアニメ第二期。2018年10月にはファイナルシリーズ(第三期)が放送された。2012年には劇場版FAIRY TAIL‐鳳凰の巫女‐。2017年には劇場版FAIRY TAIL‐DRAGON CRYと劇場版オリジナル作品が2作品は発表された。
FAIRY TAILには、『FAIRY TAIL ZERO』や『FAIRY TAIL 100 YEARS QUEST』などとスピンオフ作品もたくさん存在しており、全てのストーリーでつながっている。

FAIRY TAIL / フェアリーテイルの関連記事

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『FAIRY TAIL(フェアリーテイル)』とは、真島ヒロが『週刊少年マガジン』で連載していた漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。累計発行部数は7200万部を記録しており、日本のみならず全世界で読まれている人気作品。 人々の生活に魔法が根付く世界で、立派な魔導士を目指すルーシィが、滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)のナツと出会い、最強の魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に加入する。チームを組んだ2人が様々な仕事に挑む中での冒険と絆が描かれた、ファンタジー作品である。

Read Article

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の魔法まとめ

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の魔法まとめ

『FAIRY TAIL』とは『週刊少年マガジン』で連載された真島ヒロによるファンタジー漫画及びそれを原作としたアニメ・ゲームなどのメディアミックス作品である。魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」の問題児ナツとその仲間たちが依頼を受けて様々な問題を解決していく様子が描かれる。 登場する個性豊かな魔導士たちはそれぞれ特徴的な魔法を使うことができ、その種類は多岐にわたる。その迫力満点の魔法が『FAIRY TAIL』の魅力の1つといえる。

Read Article

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)のギルドまとめ

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)のギルドまとめ

『FAIRY TAIL』とは、2006年から2017年まで週刊少年マガジンで連載された、真島ヒロによるファンタジー漫画作品。2009年にテレビアニメ化され、その後シリーズ展開を遂げた。この作品は、魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に属する主人公ナツを軸に、彼と仲間たちが様々な依頼をこなす活躍を描いている。 仲間との友情や信頼、家族愛を核としており、激しい魔法バトル、ユーモラスなギャグシーン、そして感動的なドラマが展開される。妖精の尻尾以外にも様々な個性的な魔導士ギルドが登場する。

Read Article

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「FAIRY TAIL」は、2006年より「週刊少年マガジン」にて連載が開始された真島ヒロによる漫画作品。 一人前の魔導士を目指す少女「ルーシィ」はひょんなことから、炎を操りそして炎を食べる滅竜魔導士「ナツ」と出会い、魔導士ギルド「妖精の尻尾」に加入することに。迫力的な魔法バトルと魔導士としての彼らの成長を描くファンタジー作品。「絆」を軸とした、心の熱くなるセリフの数々が魅力の一つである。

Read Article

FAIRY TAIL 100 YEARS QUEST(漫画・アニメ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

FAIRY TAIL 100 YEARS QUEST(漫画・アニメ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『FAIRY TAIL 100 YEARS QUEST』とは、真島ヒロによる漫画『FAIRY TAIL』の最終話の続きを描いた、スピンオフ作品である。ストーリーは真島、作画は上田敦夫が担当し、「マガジンポケット」にて連載している。主人公のナツ達が100年間誰も成し遂げた事がないといわれる、100年クエストに挑戦するストーリー。依頼内容は五神竜と呼ばれるドラゴンを封印すること。さらに「ドラゴンイーター」と呼ばれる、新たな勢力も現れ、三つ巴の戦いへと発展していく。

Read Article

FAIRY TAIL ZERO(ZERØ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

FAIRY TAIL ZERO(ZERØ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『FAIRY TAIL ZERO(ZERØ)(フェアリーテイルゼロ)』とは、世界的な人気漫画『FAIRY TAIL』のスピンオフ漫画およびアニメである。原作者の真島ヒロが原作と並行して執筆し、『月刊 FAIRY TAIL マガジン』にて掲載された。魔導士ギルド・妖精の尻尾(フェアリーテイル)の初代ギルドマスターのメイビスを主人公としており、彼女の幼少期からの成長と、ギルドを結成に至るまでを描いたストーリー。『月刊 FAIRY TAIL マガジン』にて13話にわたって連載された。

Read Article

月が導く異世界道中(ツキミチ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

月が導く異世界道中(ツキミチ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『月が導く異世界道中』とは著者・あずみ圭、イラスト・マツモトトミツアキによって執筆されたライトノベル、およびそれらをもとにしたアニメ作品である。ストーリーは日本にいる深澄真が突如異世界の女神によって勇者として呼ばれるが、見た目が酷いと言う理由で異世界の果てへ捨てられてしまう。その後、自分のいた世界の神である月読命から加護を受けて自由に生きることにする真。旅の道中、従者となる巴と澪。二人を引き連れていく先々でのトラブルを解決していく薄幸少年の異世界世直し物語である。

Read Article

FAIRY TAIL 鉄の森編から冥府の門編までの長編ストーリー&キャラクター達!

FAIRY TAIL 鉄の森編から冥府の門編までの長編ストーリー&キャラクター達!

最初の長編「鉄の森(アイゼンヴァルト)」編~「冥府の門(タルタロス)」編までのストーリーと、アニメオリジナルストーリー。 そして、そこに登場したキャラクター達を一気に紹介! 「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」メンバーがこれまでに、どれほどの強敵達との戦いを強いられてきたかのおさらいです!

Read Article

【FAIRY TAIL】歴代美女キャラクターまとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】歴代美女キャラクターまとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)とは、魔導士ギルド「妖精の尻尾」に所属する魔導士たちが幾多の冒険を繰り広げる、真島ヒロによるアクション漫画。 作中では世界はおろか時間軸までをも超えた大冒険が描かれ、幾多の魅力的なキャラクターが物語に花を添えた。ここではその中でも人気の高い女性キャラクターを中心に紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】冥府の門(タルタロス)の登場キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】冥府の門(タルタロス)の登場キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中ではフェアリーテイル以外にも様々なギルドが登場する。その中でもバラム同盟の一角、冥府の門(タルタロス)と呼ばれる闇ギルドはほぼ全員がゼレフ書の悪魔・エーテリアスで構成されており、高い戦闘能力を持っている。ここではタルタロスに所属する登場人物・キャラクターを紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】竜(ドラゴン)の解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】竜(ドラゴン)の解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。主人公のナツは竜(ドラゴン)である「炎竜王」イグニールから滅竜魔法や言葉、文化を教わった。また作中ではアクノロギアと呼ばれる漆黒の竜がかつて国一つを滅ぼしたとされ、とても強大な存在として描かれている。

Read Article

【FAIRY TAIL】主要な登場人物・キャラクターの徹底解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】主要な登場人物・キャラクターの徹底解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィなどが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。作中では多くの登場人物・キャラクターや魔法が登場し、ド派手なバトルが繰り広げられる。ここでは『FAIRY TAIL』の主要な登場人物・キャラクターの人物像や魔法を解説する。

Read Article

【FAIRY TAIL】剣咬の虎(セイバートゥース)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】剣咬の虎(セイバートゥース)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中では「フェアリーテイル」以外にも様々な魔導士ギルドが登場する。「剣咬の虎(セイバートゥース)」はX791年時点においてフィオーレ王国最強のギルドと言われており、中でも滅竜魔導士のスティングやローグ、ミネルバといった面々は実力が高い。

Read Article

NEW
【FAIRY TAIL】妖精の尻尾(フェアリーテイル)のS級魔導士、マスターの解説まとめ

【FAIRY TAIL】妖精の尻尾(フェアリーテイル)のS級魔導士、マスターの解説まとめ

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。ギルド「フェアリーテイル」にはS級と呼ばれる優れた魔導士が存在する。彼らは大変高い戦闘能力を誇り、主人公のナツですらS級のギルダーツには片手であしらわれる。ここではS級魔導士と、初代マスターであるメイビス、三代目マスターであるマカロフを紹介する。

Read Article

NEW
【FAIRY TAIL】名言・名セリフ集【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】名言・名セリフ集【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。フェアリーテイルの魔導士はギルドメンバーのことを家族と呼び、とても大切に思っている。だからこそ主人公のナツをはじめ、メンバーは仲間の身に危機が迫った時などには熱い言葉をかけることが多い。ここでは『FAIRY TAIL』の名言・名セリフを登場人物・キャラクターごとにまとめた。

Read Article

NEW
【FAIRY TAIL】大鴉の尻尾(レイヴンテイル)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】大鴉の尻尾(レイヴンテイル)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中ではフェアリーテイル以外にも様々なギルドが登場する。大鴉の尻尾(レイヴンテイル)は「フェアリーテイル」の元メンバーであるイワン・ドレアーが組織したギルドであり、物語当初は闇ギルドだった。対「フェアリーテイル」に特化しており、大魔闘演武ではルーシィやグレイを苦戦させた。

Read Article

【FAIRY TAIL】青い天馬(ブルーペガサス)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】青い天馬(ブルーペガサス)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中では「フェアリーテイル」以外にも様々な魔導士ギルドが登場する。「青い天馬(ブルーペガサス)」は一夜という大変個性的な顔を持つキャラクターや美男美女が所属するギルドで、「フェアリーテイル」の主力が一時的に行方不明となった際は捜索に協力するなど、心根の良い者が多い。

Read Article

【FAIRY TAIL】人気の女性登場人物・キャラクターランキング【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】人気の女性登場人物・キャラクターランキング【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。作中では多くの女性登場人物・キャラクターが登場し、その大半がスタイルのよい美人である。ここではセクシー、美人、かわいいキャラクターをランキング形式でまとめた。

Read Article

FAIRY TAIL / フェアリーテイルのレビュー・評価・感想

New Review
FAIRY TAIL / フェアリーテイル
9

心に響く名作

不朽の名作マンガといえば『ワンピース』や『ドラゴンボール』が挙げられますが、講談社の少年マガジン連載の名作として忘れてはいけないのがこの『FAIRY TAIL』。
魔法と冒険が満載のファンタジー世界を舞台にした漫画であり、友情、仲間意識、そして愛といった普遍的なテーマを繊細に描き出しています。魔法使いたちが所属するギルド「フェアリーテイル」のメンバーたちが、それぞれの過去を乗り越えながら成長し、強大な敵と戦う姿から、目が離せなくなります。作者はキャラクターたちの深い絆と、彼らが直面する試練を通じて、仲間とは何か、そして真の力とは何かについて深く掘り下げて描いているのです。
この作品の魅力の1つは、豊富なキャラクターたちがそれぞれユニークな魔法を駆使する点です。彼らの能力は単なる戦闘シーンを超え、キャラクターの成長や物語の進行に深く関わってきます。
また、仲間たちとの結束力の強さも、物語を通じて最も強調されるテーマの1つ。キャラクターたちが直面する困難を乗り越える原動力となります。
愛についても、家族愛、友情、恋愛といったさまざまな形で描かれており、キャラクターたちの間に生まれる複雑な感情が、彼らの行動や決断に影響を与える様子が丁寧に描かれています。これらの感情は、物語の中で重要な役割を果たし、読者に強い共感を呼び起こします。
『FAIRY TAIL』は、壮大なスケールで繰り広げられる冒険譚でありながら、その核は仲間との絆、そして愛。これらのテーマが巧みに組み合わさることで、単なるアクション満載の漫画を超えた、心温まる物語が生まれています。読者は、フェアリーテイルのメンバーたちと一緒に笑い、泣き、そして成長することができるでしょう。

FAIRY TAIL / フェアリーテイル
10

仲間を守るために強敵たちと戦う!!

FAIRYTAILは全く異なる個性のキャラクターが数多く登場しますが、キャラクターはみな、強い仲間意識を持っています。物語は傷つけられた仲間のため、悲しい過去に立ち向かう仲間のため、多くの強敵たちに挑みます。
魔法を駆使したバトルシーンは迫力があり、どんなに傷つけられたても仲間を思いやるキャラクターは本当にかっこいいです。
また仲間や家族との別れの場面が多くありますが、本当に感動します。特に主人公のナツとイグニールが死別した場面が好きです。ドラゴンのイグニールは、ある日突然ナツの前から姿を消します。作中ではイグニールに再開しますが、ナツやフェアリーテイルの仲間たちを守るため、敵と戦い、すぐに死別していまいます。もっと話がしたい、とそれまで全く泣く場面がなかったナツが号泣し、敵であるぜレフを討つべく未来を語る場面は本当に感動しました。
キャラクターたちの仲間や家族の絆を大切にし、どんな過去があろうとも真っ直ぐに生きていくという想いが伝わってきます。そのため数多くの名言が生まれています。
更に登場人物のキャラクター設定がしっかり作られていて、主要人物との関係性や、伏線など、物語の流れもとても面白いです。フェアリーテイルは完結まで少し長いですが、画がとても細かいところまで描かれており、綺麗なところも見所です。

FAIRY TAIL / フェアリーテイル
9

FAIRY TAILとは。

FAIRY TAILとは、真島ヒロさんが書いた漫画です。
真島ヒロさんは様々な漫画を描いていますが、その中でも私は、この「FAIRY TAIL」が一番好きです。
物語は、いくつかの「~編」で分かれており、漫画でも、アニメでも、非常に手に取りやすい作品となっております。
簡単なあらすじですが、魔法を使う魔導士と一般人に分かれており、魔導士は魔導士ギルドに所属します。
そして、このギルドは、いくつも存在し、魔導士のための仕事掲示板があるので、仕事の仲介場所として存在しています。
主人公のナツは火を扱う滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)で、パートナーの喋る青い猫ハッピーと冒険をします。
ある町で魔導士になりたい女の子ルーシイと出会い、魔導士界最強、そして問題ギルド「妖精の尻尾」に所属していたナツはルーシイを仲間に入れ、
物語が始まります。「妖精の尻尾」というギルドには、様々な魔導士が所属しますが、その中でも最強の女魔導士「妖精女王(ティターニア)」という名を持つエルザや氷の造形魔導士グレイと最強チームを作り、様々な危険な仕事に出かけます。仕事=クエストとなりますが、クエストにはランクがあり、「sランククエスト」には選ばれし魔導士にしかできないクエストとなっています。
ですが、負けず嫌いそして破天荒なナツとハッピーは勝手に「sランククエスト」を持ち出し、街にでかけます。
慌てたルーシイは追いかけます。
これが、二人にとって初めての冒険となるのです。
FAIRY TAILとは、いくつもの危険や、仲間の危機を仲間とともに解決していく、「仲間とは」を学ばせてくれるストーリーになっています。
ワンピースとは異なった仲間を感じることができるので是非、一度漫画ではなく、アニメを見て下さい。

FAIRY TAIL / フェアリーテイル
10

一番好きな漫画です!

私が1番好きな漫画です。
情に熱く、仲間を大切にする主人公たちのバドル漫画です。ヒロインたちも守られるだけでなく自分たちの力で戦い、全員で敵を倒していく。しかし誰も殺さない。
敵にだって情けをかけてしまう、そんな優しさしかない漫画です。
王道のバトル漫画であり、仲間、友情、愛、についてさまざまな登場人物によって教えられていきます。
とても辛いことがあったときなどに読むと、明日からも頑張ろうという気持ちにさせてもらえる。明日も生きていこうと思える。そんな心温まる作品です。
自分もこんなに仲間を大切にしたいなと思わせてくれる作品でもあるため、とてもオススメです。
ワンピースに似てると言われたこともありますが、ワンピースにはワンピースの良さ、FAIRY TAILにはFAIRY TAILの良さがあると私は思います。
仲間だろうが!というセリフが、私としては1番響いた言葉です。戦闘の折、敵が仲間を傷つけた時に、放つセリフですが、敵であっても仲間ということに関しての意識を捨てない、そんな彼らが仲間を大切にしているということが全て伝わってくるセリフかなと思います。
この作品において、すべての始まりは愛であった、と描かれており、そこにも深いものがあると感じます。
とにかく、心温まる作品でオススメです。

FAIRY TAIL / フェアリーテイル
5

パターンがあんまり

話のバランスはとれていると思います。日常とバトルをバランス良く構成していて中盤までは飽きずに見れますが、中盤からは人によっては飽きてくる構成…というのも、200話近く日常→バトル→日常の繰り返しかつ決着の付け方や闘いの持ち込み方がずっと変わらずな気がする。
最後は主人公がなんだかんだと覚醒して敵を倒すというものです。これに関しては唐突にキャラが死んだりしないという安心感がある反面で、同じ展開の多さも目立ちました。
キャラクターは前作のRAVEと同じでキャラの濃さが際立ったキャラが多いですね。悪役にピッタリなキャラクターが味方だったりするから面白い。
音楽に関しては挿入曲はカッコイイです、バトルや描写に上手くマッチした曲が多いからそれも魅力の1つかと。OP、EDに関しては良し悪しがあるからなんとも言えないですが、1つ言えるのはDaisy×Daisyの曲にハズレはないと思います。
作画は気になる作画崩壊はなかったですが、RAVE×FairyTailのコラボOVAのRAVE側のキャラクターデザインが昔のデザインと違っていたのが残念。
結論、話の内容は面白いですが、話の長さ的にはRAVEくらいで十分だったと思います。長編作品の序盤から中盤なので、そこまで急展開もなく、非常に落ち着いた作品です。

FAIRY TAIL / フェアリーテイル
10

ワンピースが好きな方は絶対に好きになるアニメ!

友人に勧められて見始めました。最初の方はあまりキャラ設定やストーリーが読めていないのでそこまで面白くないと感じました。結構長いので3〜4話くらいまで流し見をしていまた。話しが進む内にキャラクターがどんどんたくさん出てきてから何となくちゃんと見るようになって、知らない内にどハマりしていました。
主人公のナツやルーシー、グレイ、エルザのキャラが濃すぎてだんだん面白く感じました。話しが進んでいくごとにフェアリーテールのギルドの友情や愛情がすごく感じてきて、途中から毎回見るたびに感動して泣けました。特にナツの相棒のハッピーとナツの友情が本当に強くて感動します。ハッピーが毎回ナツが危なくなったりすると泣いてるのですが、その度に私もハッピーと一緒に泣きました。
フェアリーテールは魔法を使う人達のお話しで、戦い系なのであまり感動しないと思っていたんですが、ほぼ毎回泣いているのでそのギャップもとても大好きです。フェアリーテールを見ると周りの人への愛情や信頼、仲間を大切にするということが本当に伝わってきて本当に感動します。毎回毎回ナツもルーシーもグレイもエルザも強くなっていって本当に面白いです。最後までずっと感動させられました。アニメの中でも上位に入るくらい大好きです。

FAIRY TAIL / フェアリーテイル
9

本当に推したい漫画

「FAIRYTAIL」は真島ヒロ先生が週刊少年マガジンで連載していた作品で、非常に人気の作品です。もう連載が終了していて漫画本が全巻発売されています。

あらすじ:世界に無数にある魔導士ギルド。その中でも有名なギルドFAIRYTAILに入ろうとしていた初心者魔導士「ルーシィ」が偶然、FAIRYTAILの魔導士の「ナツ」とそのオトモ「ハッピー」に出会う。ギルドに入ると、最強の悪魔、伝説の怪獣、最悪のギルド、いろいろな敵に狙われて大ピンチ!!どうやって魔導士たちはそんな苦難を乗り越え、仲間たちと共に救うのか。

私がこの作品を推す最大の部分は展開が一話ごとに変化、変化、変化と変化し続けるのが全然見ていて飽きない!それどころか更に惹かれていきます。他にも、キャラがひとりひとり個性が強くて見ていて飽きません!このキャラがかわいい!このキャラがかっこいい!このキャラと共感できる!そんなキャラが絶対に一人は見つかる作品なのです。バトル漫画としても、コメディ漫画としても、意外と恋愛漫画としても見ていて面白い作品です。ぜひ、手に取ってみてください。

FAIRY TAIL / フェアリーテイル
8

ファンタジーな世界

ギルドという少しヨーロッパな雰囲気のアクションアニメになります。
内容は戦闘がメインで定番のアニメですが、見ていても非常に面白いというか元気がもらえるような内容です。

主人公も馬鹿ですがまっすぐで憎めないいいキャラです。
また、主人公のライバル的な存在もいますが、それもまたなにか抜けているキャラなので見ていて楽しいです。
内容も面白いですが、メインとしてはキャラクターの個性や会話などがいろいろ面白いのでとても見ていて笑いの絶えないアニメかと思います。
現在シリーズはたくさん出ているので見始めてしまうとずっと見入ってしまいます。
魔法や精霊などといった実際の世界にはないため、見ていてとても面白いです。

内容は感動的な内容から面白い内容、とてもくだらない内容もたまに挟んでくるので、見ていてずっと戦闘などと飽きることがないので、見ようと思っている方ははまってしまうかと思います。
また、女性キャラクターは全員かわいいキャラクターになっているので男性は見ていても目の保養にもなります。
女性の方でも、男性キャラクターがかわいいキャラクターからカッコイイキャラクター、間抜けなキャラクターとたくさんいるのでぜひ見ていただきたいです。

FAIRY TAIL / フェアリーテイル
1

全てが安っぽい

見所は絵だけです。
全てが安っぽく、一つも面白くありません。
「フェアリー・テイル」という魔法ギルドに所属する人物たちが冒険を繰り広げます。
敵に出逢い、追い詰められるが、なんやかんやで勝利というのがパターン。その勝利に至る経緯も説明がつかないパワーアップだったり、安易な自己犠牲で済まされる。その際に「仲間だろうが!」「家族じゃないか!」のようなお涙頂戴の薄っぺらいストーリーがはさまれる。

この作者、この作品だけではなく、前作からずっと同じことをしています。
登場人物の中にはそれなりに辛い問題を抱える者もいるが、行き着くのは「人を殺しちゃダメ」「仲間は大事にしよう」のような安易な正解です。そんなもん、言われなくても分かってるっつーの。それ故に、全くキャラクターに魅力がない。
主人公もずっとテンプレートで、自己中、世間知らずで能天気なバカ。あと、キャラクター使い回ししすぎでは?

おもんない。嫌いな漫画家です。

FAIRY TAIL / フェアリーテイル
10

真の王道ファンタジー!読む漫画に迷ったらまずは「FAIRY TAIL」

真島ヒロ先生の作品、「FAIRY TAIL」は少年漫画の王道をいくアクションファンタジー!
フィオーレ王国という国を中心に、魔法が溢れる世界で物語は進行します。
なにが素晴らしいといえば、とにかく多種多様な特徴・特技をもつキャラクター、そして魔法がでてくること。メインキャラクター以外にも深い過去があったり、意外なところで繋がりがあったり、そして様々な出来事を通じて成長していくキャラクターたちを眺めているだけでわくわくします。
また、作中では魔道士たちは「ギルド」に所属していて、このギルド同士の争いや共闘、それぞれの個性などにも心震えます。特にギルド同士での戦いである「大魔闘演武編」は1番のおすすめ!ギルド同士の威信とプライドをかけた闘いにと、物語が一気に動き出すストーリーにどんどん引き込まれます。
主人公ナツ、ヒロイン・ルーシィらが所属する「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」の仲間たちも良い意味で曲者ぞろい、お気に入りのキャラクターが間違いなく見つかる上、どこかで必ず活躍するので、その瞬間に立ち会えた時は打ち震えます。
また、作者の前作「RAVE」のキャラクターや用語などが散りばめられていて、そちらのファンの方であればところどころニヤリとすること間違いなしです。
とにかく「王道ファンタジーを読みたい!」という方には自信を持っておすすめします。完結しているので、一気に読むこともできるし、少しずつ次の展開を予想しながら楽しむこともできるので、楽しみ方が選べるのも魅力だと思います。

FAIRY TAIL / フェアリーテイル
10

ドラゴンに育てられた主人公

ドラゴンに育てられた主人公ナツは、ギルドで仕事をはじめる。
仲間たちと様々な冒険に出かけ、育ての親『イグニール』を探している。
イグニールとは400年前炎竜王と呼ばれており、ドラゴンの頂点に君臨していた。
やがて悪さをするドラゴンが現れ、ドラゴンが人間に滅竜魔法を教える。
滅竜魔法を覚えた人間はドラゴンスレイヤーとなり、ドラゴンを倒せる力を手に入れるのである。
しかし、ドラゴンの血を浴びすぎた人間がいる。
『アクノロギア』である。
このアクノロギアが現代までやってきて、ナツ達のギルドの元あった島『天狼島』を破壊してしまう。
それから7年の間フェアリーテイルの主力たちが眠ることとなる。
そして、ナツ達が目覚め、ギルドに戻るが、ギルドには以前のような活気はなく、借金取りに追われるほど廃れていた。
が、ナツ達が戻り、大魔塔演武に出場し、フェアリーテイルは元の信頼を取り戻し、活気が返ってきた。
そして、ゼレフ書の悪魔たちが在籍する、『タルタロス』とを死闘をするのである。
E・N・Dはイグニールには倒せなかったと知る。
タルタロスとの戦闘の中、アクノロギアが現れる。
ENDを復活させまいとやってきたのであろう。
しかし、ナツの体からなんと…

というような王道バトル系の作品になっていて、かなり見どころも多いですし、大変おすすめです。

親タグ

子タグ

兄弟タグ