バキ(刃牙シリーズ第2部)のネタバレ解説・考察まとめ

『バキ』は『グラップラー刃牙』の続編で、1999年から2005年まで板垣恵介が『週刊少年チャンピオン』で連載していた漫画。巻数は31巻で話数は276話ある。2018年と2020年にアニメ化されている。『グラップラー刃牙』で活躍していたキャラクター達が新たに出てくる強キャラと死闘を繰り広げていく。作者の板垣恵介が描く丁寧な戦闘描写が、この漫画の面白い所である。『バキ』には「最凶死刑囚編」「中国大擂台賽(ちゅうごくだいらいたいさい)編」「神の子激突編」の3章ある。

『バキ』の概要

バキ完全版1の表紙の範馬刃牙

『バキ』とは『グラップラー刃牙』の続編で、1999年から2005年まで板垣恵介が『週刊少年チャンピオン』で連載していた『バキシリーズ』の1つ。『バキシリーズ』は『グラップラー刃牙』が1991年に連載されたのが始まり。『バキ』は『グラップラー刃牙』が1999年に最終回を迎え、同年に始まった『バキシリーズ』の2作目。漫画は1999年から2005年まで続いた。アニメは第1期が2018年7月2日~12月24日の6ヶ月間で第2期が2020年7月7日~9月29日の3ヶ月間で放映された。作風は『バキシリーズ』に通じる所だが、主人公以外の闘いも丁寧に描いている。対戦相手や主人公刃牙の出ない戦闘も闘っている闘士たちのバックグラウンドからファイトスタイルまで時間をかけて描くことが多い。そのため大ゴマや見開きを多用し迫力を持たせた構図で漫画のコマを贅沢に使う。あと『バキシリーズ』で多いのが叫び声や悲鳴を表すセリフの最後に「ッ」、「ッッ」といった文字を使用している特徴がある。『バキシリーズ』が続いていく中で、よく戦闘の凄さの表現として出てくる、後日に目撃者へのインタビュースタイルがあるが、このインタビュースタイルが初めて使われたのが、『バキ』の花山(喧嘩師)VSスペック(フリーファイター)戦の時である。『バキ』には「最凶死刑囚編」「中国大擂台賽(ちゅうごくだいらいたいさい)編」「神の子激突編」の3章ある。「最凶死刑囚編」は各国から5人の死刑囚が東京に集まり主人公の刃牙を中心に地下闘技場戦士たちが闘いを繰り広げていく。「中国大擂台賽(ちゅうごくだいらいたいさい)編」では中国武術最強の称号とされる「海王」たちが集まる。その中で最強の「海皇」を目指して闘い、その中に刃牙や父の勇次郎が参加する。そして最後の「神の子激突編」では偉大なる父のもとに生まれた子供たちの闘いを描いている。

『バキ』のあらすじ・ストーリー

最凶死刑囚編

出典: baki-anime.jp

最凶死刑囚と地下闘技場戦士が対峙する場面

『バキ』の始まりの物語。前作の『グラップラー刃牙』の最終章「最大トーナメント編」が終わった後、怪我も癒えない状態で学校に登校し、授業中に居眠りをしている刃牙から始まる。授業中の刃牙の所にご老公こと徳川光成が訪れ、校長室の応接間で刃牙とご老公は対面した。
そこで、刃牙はご老公より5名の死刑囚が「敗北を知りたい」と東京に向かっていることを知らされる。なぜ死刑囚が向かってくるのかは先日の最大トーナメントの影響だろうことは何となく理解していた。だが、死刑囚5人VS地下闘技場戦士という構図には刃牙はピンときていなかった。それでも、死刑囚たちは最大トーナメントで優勝した17歳の少年の刃牙を一目みようと刃牙の所にやってきた。
このままだと戦闘は免れず、またそれをどうしても見たいご老公は地下闘技場に死刑囚5名と選りすぐりの地下闘技場戦士を何名かを集めた。そこで完全にノールールで何でもあり生死を問わずの闘いをしようということになり、その場で始まるかと思われたが、とりあえずは解散した。この状態での解散となったので、今後至る所街中どこでも殺し合いが行われることになる。ここまでが死刑囚VS地下闘技場戦士にいたる話の流れである。

死刑囚VS地下闘技場戦士の初戦は花山VSスペック。この闘いは漢「花山薫」が遺憾なく発揮されている。花山のノーガードのフルパンチ対スペックの5分間無呼吸連打のパンチ。あとやはり衝撃的なのは膝を銃で撃たれても立っている花山の姿。2人の殺し合いは花山薫の勝利で幕を閉じた。
その後、物語は主人公刃牙に移っていく。授業を受けている刃牙の所にイギリスの死刑囚のドイルが襲撃をかける。この時の刃牙はこの死刑囚VS地下闘技場戦士という構図にやる気を感じておらず、ドイルの襲撃も授業中の教室から逃げる。
逃げている途中に校舎の校庭の庭の手入れをしているおじさんに攻撃される。この強襲も間一髪で避けた刃牙。その相手はなんとドイルではなく日本の死刑囚である柳龍光だった。ここで今度は柳龍光との戦闘が始まる。だがそこに合気道の達人である渋川剛気が現れ、渋川剛気と刃牙VS柳龍光という2対1での戦いに変わる。今までやる気が見られなかった刃牙が、2対1になって気が大きくなったのかファイティングポーズをとる。
それでも戦いに集中していない刃牙は隙が多く、その隙をつかれ2対1にもかかわらず刃牙は柳龍光に敗北してしまう。『バキ』が始まって最初は主人公の刃牙は前作『グラップラー刃牙』での最大トーナメントで優勝し調子にのっていたのか疲れていたのか、やる気がなかった。だがこの敗北によって主人公の刃牙が「死刑囚VS地下闘技場戦士」にしっかり参戦することになる。

この敗北後、今度はロシアから来た死刑囚のシコルスキーが刃牙の彼女を誘拐する。誘拐に怒り狂った刃牙は仲間の神心会空手家の愚地克己の手を借り側索する。捜索している中、衝撃の事実が発覚する。誘拐の手引きをしたのは「地上最強の生物」である父、範馬勇次郎であった。父とシコルスキーそして誘拐された彼女、さらにアメリカ人で怪力自慢のビスケット・オリバがいるホテルに刃牙は突撃した。因みにビスケット・オリバと刃牙はこれが初対面である。
突撃した刃牙は誘拐した張本人のシコルスキーを襲撃し、ホテルの部屋の大きな窓ガラスとともに蹴り落とす。落下させて勝ち誇った刃牙は父である範馬勇次郎とビスケット・オリバに襲い掛かる。だが落ちたと思ったシコルスキーはホテルの壁をよじ登り生きていた。よじ登っている時にガラスや画びょうを拾ったのか、刃牙に対しガラスや画びょうを使用し刃牙に一杯くわせる。だがそのタイミングで警察が駆け付け、勝負は持ち越しとなった。
その後シコルスキーのアジトである廃ビルに刃牙が訪れ、そこで再度、刃牙とシコルスキーは戦いに身を投じる。ここでは刃牙が圧勝するも戦いの最中に現れたビスケット・オリバに最後の止めを持っていかれた。

最後に上げるのは刃牙VS柳龍光・シコルスキーである。最初の闘いでは、どこか刃牙には甘さがあり柳龍光にもシコルスキーにも勝てずに誰かに助けられていた。だがこの間に刃牙と彼女は「初体験」するかしないかの瀬戸際だった。そしてその彼女との「初体験」を柳龍光・シコルスキーと闘う前に終えていた。その「初体験」を終えた刃牙がえらく強くなっていた。柳龍光・シコルスキーの2人を相手に刃牙は圧倒した。そのためこのままでは負けると思った柳龍光、シコルスキーは見事に敗走していた。そしてこの時、柳龍光は己の手を毒手化していた。対戦中にその毒手をくらっていた刃牙は闘っている最中には効いていなかった。これも「初体験」のおかげらしい。だが戦闘が終わり何日か経過するとすっかり毒が刃牙を侵していた。
このくらった毒を解毒するために中国に中国拳法家の烈海王とともに向かうことになる。それが中国大擂台賽編の始まりである。その他にも空手家の愚地独歩、渋川剛気、烈海王、フリーファイターのジャック・ハンマーや独歩の息子で空手家の愚地克己などの魅力的な闘いが死刑囚編では繰り広げられている。

中国大擂台賽(ちゅうごくだいらいたいさい)編

出典: baki-anime.jp

死刑囚の柳龍光の毒手によって毒に侵されたバキ

死刑囚の柳龍光からくらった毒に侵された刃牙は飛騨の山中で静養していた。そこに訪れた烈海王にヘリコプターで中国に運ばれるところから中国大擂台賽(ちゅうごくだいらいたいさい)編がはじまる。中国大擂台賽とは100年に1度開かれる中国武術界最強の「海皇」を決める大会である。
烈海王はその大会になんと刃牙を出場させるつもりだ。毒に侵されながらも出場することを強く勧める。その理由はその大会にもなんと毒手使いが出場しており、その毒手使いと闘うことを狙っていた。刃牙はその考えに乗り、大擂台賽に出場することを決意する。大擂台賽に出場すべく刃牙は出場権を得るために少林寺の張と闘うことに。
毒が体にある状態でも圧勝をおさめ出場権を得た。そしてもう1人、大擂台賽の噂を聞きつけたボクサーでありマホメド・アライ流拳法家のマホメド・アライJr.も出場権を得るために闘い勝利を収めていた。

そして始まった大擂台賽。第1試合はなんと範馬勇次郎が闘うことに。相手は劉海王だった。劉海王は黒竜江省の名門である白林寺の総帥である。試合開始早々に範馬勇次郎が劉海王の首の後ろに抜き手を刺した。そして劉海王の顔面の皮を引きはがした。それでも立ちあがるが、勇次郎は容赦なくハイキックを炸裂。勇次郎は無傷で圧勝していた。
そして第2試合はマホメド・アライJr.VS除海王(中国拳法の龍王拳使い)。こちらもマホメド・アライJr.が難なく勝利した。
第3試合に出場するのは範馬刃牙だ。この試合が烈海王と刃牙が狙っていた毒手使いとの闘いになる。相手は李海王という相手で中国ナンバーワンの毒手の使い手。試合が開始し、刃牙はその相手から悉く毒手を食らう。李海王の毒手に蝕まれ、吐血しながら倒れこむ刃牙。だがその時の刃牙の全身の細胞はボロボロになりながらも、毒に侵されながらも、その細胞はなんと「復讐」を誓っていた。復讐を誓った細胞は驚くべきことに毒に打ち勝つ。つまり烈海王は毒を裏返すという荒業の治療法を行ったのである。毒の裏返った刃牙は李海王を瞬殺した。その後も復讐を誓っている細胞のために大擂台賽で刃牙は闘うことに。そこにビスケット・オリバも参戦し、大会は日米連合vs中国の対抗戦に形を変えていく。

日米連合は範馬勇次郎、範馬刃牙、ビスケット・オリバにマホメド・アライJr.、寂海王(空拳道家)の5名。そして中国はそれぞれが名だたる中国拳法家である郭海皇、烈海王、範海王、郭春成、龍書文の5名。この5VS5の闘いとなる。範馬親子が共闘するのはこれが初めてである。
第1試合はビスケット・オリバVS龍書文の対戦。2人とも奇しくもニックネームが「アンチェイン(不可拘束)」。試合が始まり、ゆっくりと歩み寄り鉄槌の拳を振り下ろすビスケット・オリバ。コンクリートにめり込む程の衝撃だったが片腕一本で支える龍書文。龍はポケットに手を入れながら居合の要領で貫手を繰り出す。このファイトスタイルを抜拳という。抜拳の龍書文に対しオリバは自分もポケットに手を入れて挑発する。そしてお互いの殴り合いの末にオリバの上から振り下ろされた拳に龍書文はダウンをする。それでも立ちあがった龍はオリバを滅多打ちする。しかしオリバは龍の頭をしっかりと掴み渾身の頭突き。攻撃をやめない龍に対し何度も頭突きをし、最後は龍の顔が潰れて試合終了となった。ビスケット・オリバの勝利となった。
第2試合で行われるのは範馬刃牙VS郭春成である。毒が裏返った刃牙は今までよりさらに強くなっている。そのためこの試合は2秒で終わることになる。自信たっぷりの郭春成は試合開始とともに仕掛けるがさらっと刃牙に躱され、顎に綺麗な廻し蹴りをくらい失神した。郭春成を瞬殺し刃牙の勝利でこの試合はあっけなく終わった。
続いて第3試合は寂海王VS烈海王のカードである。試合は寂海王のだまし討ちでスタートする。3度のだまし討ちで烈の片腕を使えなくすることに成功する。あまりにも卑劣で観客は怒ったが、烈は「ちょうどいいハンデだ」と観客を諫めた。だが寂は完全な烈の攻撃を受け切ってこそ意味があると思い改め、烈の腕を元に戻し仕切り直しに。完全な烈との最終決戦だったが、そこは烈に軍配が上がった。これが中国側の初勝利となった。
第4試合はマホメド・アライJr.VS範海王。この闘いもさらっと終わってしまう。マホメド・アライJr.のパンチ2発で相手は倒れ終了となった。これで中国側は3敗となり勝負はついた。
しかし範馬勇次郎は海皇の称号に敬意を表し、最終戦が始まる。最終決戦は範馬勇次郎VS郭海皇。地上最強の生物である範馬勇次郎に対し、中国武術の最高峰の闘いは息もつけない闘いである。一番の見ものは郭海皇が使用する「消力(シャオリー)」である。このシャオリーは勇次郎のあの強力な武力すらも無力化してしまう。このシャオリーの郭海皇と勇次郎の闘いの最後は勇次郎の背中に鬼の形相が現れ止めの攻撃を放つ。だが当たる前に郭海皇は事切れていた。このタイミングで郭海皇は老衰により死んでしまった。勝利とは言い切れない雰囲気で試合は終わった。しかし控室で郭海皇は息を吹き返した。勇次郎に勝てないと判断した郭は死んだふりをして、自らの身を守ったのである。
大会終了後、郭は勇次郎の前に姿を現し「海皇」の称号を名乗ることを認めた。だが勇次郎はそれを断り、お互い100年後の再戦を約束しこの中国大擂台賽編は幕を閉じた。

神の子激突編

出典: baki-anime.jp

アニメでは『バキ大擂台賽編』の中に描かれている。画像はマホメド・アライJr.

マホメド・アライJr.を中心とした戦闘を描いている。ここでの描き方は特徴的である。この神の子激突編に入るとひたすらにマホメド・アライJr.と地下闘技場戦士との闘いが始まる。それはマホメド・アライJr.が自らの強さを証明するためである。
最初に闘ったのは渋川剛気。マホメド・アライJr.は人間の反射神経を凌駕するスピードでパンチを繰り出し、渋川剛気の顎を打ち抜いた。マホメド・アライJr.のKO勝ちとなった。
次に接触したのは愚地独歩だった。こちらもマホメド・アライJr.のスピードで攻撃を躱され、最後は顎を打ち抜かれ愚地独歩の敗北となった。
3戦目に接触を試みたのはジャック・ハンマーだった。ジャックにも先の闘いのようにスピードを駆使して的確に攻撃する。しかしどんなに攻撃してもジャックは倒れなかった。そして遂にジャックの強く執念深い攻撃に捕まってしまう。マホメド・アライJr.は何度か立ち上がったが最後は徹底的に叩きのめされてしまった。マホメド・アライJr.は最後まで敗北を認めなかったが、もう闘えない姿をみてジャックはその場を後にした。マホメド・アライJr.はボロボロとなった。
そのマホメド・アライJr.の所に渋川剛気が姿を現し再び立ち会うことになる。渋川剛気はボロボロとなったマホメド・アライJr.の指を捕り翻弄する。マホメドJr.が意識を失うまで渋川剛気は手を緩めず、再戦は渋川剛気の勝利となった。
さらに傷を増やしたマホメドJr.の所に今度は愚地独歩が現れる。一度負かした相手を再度叩きのめすと息を巻くマホメドJr.だが、独歩はマホメドJr.の弱点を攻めて拳を破壊。最後は正拳突きで左膝も破壊され、まともに動くことができなくなった。独歩はその場を去るが、プライドが邪魔をして自らの負けを認めることができないマホメドJr.は悔しくてその場で涙した。

ボロボロになり、ボロボロに負けながらも最強と最愛を手に入れる闘いから降りようとしない。そこにご老公こと徳川光成が現れ、マホメドJr.と刃牙の闘いの場を用意することを申し出る。マホメドJr.は誠心誠意を表し、土下座でご老公の厚意に全力で答えることを誓った。そして刃牙もマホメドJr.との対戦を快諾する。しかも条件はお互いベストコンディションで闘うことだった。その条件を知ったマホメドJr.はリハビリに熱が入り、ものすごい回復を見せた。
そして最強と最愛を手に入れるためマホメドJr.は刃牙に勝負を挑む。最強は刃牙に勝つこと。最愛は刃牙の彼女に猛アピールしていたので、刃牙の彼女のこと。いよいよ2人は闘うことになった。だがビックリするほど瞬殺で刃牙は勝利していた。刃牙からは相手の命を奪おうとしているのに、自分の命は差し出していないと、死ぬ覚悟が無いままで戦っていたことを見抜かれ批判された。
この闘いの後に刃牙が父である範馬勇次郎に挑戦状を叩き付けることで、この神の子激突編そして『バキ』が終わった。この後は『バキシリーズ』の『範馬刃牙』へと続いていく。

『バキ』の登場人物・キャラクター

主要人物

範馬 刃牙(はんま バキ)

出典: baki-anime.jp

CV:島崎信長

本作の主人公。地上最強の生物オーガこと範馬勇次郎の息子。母は朱沢紅珠。異母兄にジャック・ハンマーがいる。バキシリーズは主に地下闘技場という場所が舞台。その地下闘技場の現チャンピオンである。『バキ』というタイトルの時には範馬刃牙は17歳で物語最初は13歳で登場している。幼少期のころは範馬勇次郎から闘うためのトレーニングをうけ、その後、母の朱沢紅珠よりプロボクサーや喧嘩師との実践を含む戦闘の英才教育を受ける。幼少のころから常軌を逸したトレーニングや実践を重ねたため、刃牙の全身には無数の傷跡がある。それが刃牙の特徴の一つである筋骨隆々の肉体に無数の傷跡という見た者がその力量にグッと息をのむ雰囲気を醸している。常軌を逸した鍛錬と実践とその雰囲気から高校や近場の不良と喧嘩をしては勝つのが当たり前。普通の人間でさえも、その雰囲気だけで震え上がらせてしまう。そのため、1人暮らしをしている自宅は玄関上の屋根に「刃牙死ね」と書かれているのをはじめ、負けた不良達による恨みを込めた落書きが屋根や壁、さらには近所の道路の壁にまでびっしりと書き込まれている。幼少のころから戦闘の英才教育を受けてきた刃牙のファイトスタイルは対戦相手に合わせて臨機応変に闘う自己流の格闘術が中心である。今回の『バキ』では、前作のグラップラー刃牙の「地下闘技場最強トーナメント」が終わり傷も癒えない頃、高校で授業を受けている刃牙に地下闘技場の支配人である徳川光圀が訪ねてくる所から始まる。

範馬 勇次郎(はんま ゆうじろう)

出典: baki-anime.jp

CV:大塚明夫

『グラップラー刃牙』から『バキ』まで、そしてその先もこの親父なくして『バキシリーズ』は語れない。この漫画でアニメでも最強の漢。範馬勇次郎。息子は2人いる。主人公の範馬刃牙。その兄のジャック・ハンマーがいる。「地上最強の生物」「オーガ」という異名がある。刃牙とは因縁が深い。刃牙が斃したい最強の敵として登場している。巨大な北極熊を素手で屠り、複数の軍隊をも単身で壊滅させてしまう圧倒的な戦闘能力を持っている。強者を屠り去ること、丹念に鍛え上げられた強さを蹂躙することを至上の喜びとしている。趣味的に道場破りを行い、数え切れないほどの優秀なファイターを再起不能に追い込んでいる。その戦闘能力は国家軍事力をも上回るとされ、アメリカ合衆国が勇次郎1人に対し友好条約を結んでいる。「オーガ」と呼ばれている所以が背中の打撃用筋肉(ヒッティングマッスル)が異常に発達しており、鬼の貌に見えるためである。そんなオーガの闘い方は生まれ持った超人的な身体能力と、凄まじい闘争本能をもって闘う。繰り出される猛烈なラッシュ(猛獣の連撃)や、鬼の貌を開放して思い切りぶん殴るなど、彼が繰り出す攻撃は全て一撃必殺の破壊力を持つ。まさに最強である。

愚地 独歩(おろち どっぽ)

出典: baki-anime.jp

CV:菅生隆之

「オレの空手は後退のネジをはずしてあるんだよ…」愚地独歩が放った言葉である。この名言が愚地独歩を表している。世界最大の勢力を誇る空手道(フルコンタクト空手)団体・神心会の総帥。「武神」「人喰いオロチ」「虎殺し」などの異名がある。かつては地下闘技場の闘士として闘いに参加していた。その強さは生ける伝説と称され、空手家以外にも多くの格闘家から尊敬されている。地下闘技場の闘士だったころ1対1で虎と戦い虎を屠っている。闘い方は己の体のみを武器とする、空の手即ち「空手」を美学としている。独歩が繰り出す技は正拳突き、手刀、貫き手など古くから空手道に伝わるものが多い。旧知の仲である本部以蔵の弁によれば、独歩の手足は、刃物と同じで命中した部位は全て急所となる。愚地独歩の鍛え上げ方は技の一つ一つを極めるという点では他の追随を許さない。今回の作品『バキ』の「最凶死刑囚編」と「神の子激突編」では流石の大活躍をしている。

yugure_miv8
yugure_miv8
@yugure_miv8

Related Articles関連記事

範馬勇次郎(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

範馬勇次郎(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

範馬勇次郎(はんまゆうじろう)とは、『刃牙シリーズ』に登場する地上最強の生物。通称オーガ。主人公である範馬刃牙(はんまばき)の父親である。その戦闘力は、一国の軍隊よりも上と言われており、どの闘いにも圧倒的な強さを発揮する。刃牙は勇次郎を倒すために日々トレーニングを続けており、親子の対決は2度行われた。多くの猛者が勇次郎と対戦しているが、いまだ勝利した者はおらず、地上最強の生物の名にふさわしいキャラクターである。本気の戦闘モードになった時、背中の筋肉が鬼の顔になる特徴を持つ。

Read Article

範馬刃牙(バキ)の徹底解説・考察まとめ

範馬刃牙(バキ)の徹底解説・考察まとめ

範馬刃牙(はんまばき)とは、『刃牙』シリーズの主人公。父は「地上最強の生物」と呼ばれる範馬勇次郎。母は朱沢財閥グループの朱沢江珠(あけざわえみ)。父勇次郎を倒すべく、日々トレーニングに明け暮れる。その中で数々の強敵と闘いながら強くなり、17歳にして猛者が集まる地下闘技場のチャンピオンに君臨。父勇次郎とは2度対決している。恋人は松本梢江(こずえ)で、学生時代から付き合っている。

Read Article

ジャック・ハンマー/ジャック・範馬(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

ジャック・ハンマー/ジャック・範馬(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

ジャック・ハンマー/ジャック・範馬(はんま)とは、『刃牙シリーズ』の全てに登場し、ステロイドを常用する噛みつきが得意な強者である。範馬という名前の通り、主人公である範馬刃牙の義理の兄にあたる。第1作目『グラップラー刃牙』では、地下闘技場最大トーナメントで初登場し、決勝で刃牙と戦うことになる。第2作目『バキ』ではシコルスキー(死刑囚)やマホメド・アライJr.(マホメド・アライ流拳法)、第3作目『範馬刃牙』ではピクル(白亜紀の人間)、第4作目『刃牙道』では本部以蔵(柔術家)と対決する。

Read Article

渋川剛気(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

渋川剛気(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

渋川剛気(しぶかわ ごうき)とは、板垣恵介原作漫画『刃牙シリーズ』に登場する合気道家である。モデルは塩田剛三。小柄な老人だが、渋川流合気柔術で体格や年齢の差を物ともしない戦いをする。「真の護身」を完成させており、危険な敵に近づくと同等の危険性を表す幻影が見える。第1作『グラップラー刃牙』最大トーナメントではベスト4まで進出。第2作『バキ』では柳龍光、ビスケット・オリバ、マホメド・アライJrと戦う。第4作『刃牙道』では宮本武蔵と戦い、第5作『バキ道』では巨鯨と相撲で対決する。

Read Article

スペック(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

スペック(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

スペックとは、『刃牙』シリーズの第2作『バキ』に登場する最凶死刑囚の1人。だまし打ちや武器使用を平気で行う卑劣さに加え、5分間の無呼吸運動も可能な強者。脱獄能力が高く、日本上陸後は警視庁をホテル代わりにする。作中では敗れ去りたいという願いを叶えるために最凶死刑囚VS地下闘技場戦士に参戦。範馬刃牙(本作主人公。地下闘技場覇者)、花山薫(やくざの組長。地下闘技場戦士)と戦い、数々の脱獄シーンも描かれる。花山との死闘の末敗れると願いが叶うことで一気に老化し、実年齢が97歳だった事が判明する。

Read Article

郭海皇(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

郭海皇(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

郭海皇(かくかいおう)とは『刃牙』シリーズ第2作『バキ』中国大擂台賽編から登場する中国拳法の達人である。146歳ながら力を必要としない理合を極めた闘いで海王の中でも最強である。今大会にも出場し中国人海王の不甲斐なさに落胆。大会をトーナメント戦から団体戦(中国連合軍VS日米勝ち残り組)に変えてしまう。大将戦では郭海皇VS範馬勇次郎(地上最強の生物)が行われ、激しい闘いが繰り広げられた。第3作『範馬刃牙』と第4作『刃牙道』では強敵と闘う地下闘技場戦士の指導役として登場する。

Read Article

鎬紅葉(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

鎬紅葉(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

鎬紅葉(しのぎ くれは)とは『刃牙シリーズ』に登場する医師兼格闘家である。医師としては世界的な名声を手にしており、格闘家としては鍛え上げた完全な肉体と解剖学を究めた的確な攻撃を武器に戦う。東京ドームの地下で最強の戦士を決める場所「地下闘技場」のイベント「2大決戦」のメインで範馬刃牙(地下闘技場チャンピオン)と戦う。「最大トーナメント編」では鎬昂昇(地下闘技場戦士の空手家)との兄弟対決も描かれる。医師としても活躍し重傷を負った戦士の治療にあたる事も多い。

Read Article

本部以蔵(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

本部以蔵(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

本部以蔵(もとべ いぞう)とは板垣恵介原作漫画の『刃牙』シリーズ第1作『グラップラー刃牙』から登場する柔術家である。実戦を重視した独自の流派「本部流柔術」の師範で、数々の他流試合を行っている。武器を使用した戦闘にも精通しており、武器の使用が許可された対決では驚異的な強さを発揮する。第4作『刃牙道』では宮本武蔵(クローン技術で蘇った伝説の侍)の危険性にいち早く気付き、自ら闘う事で現代格闘家を守護(まも)る活躍をした。

Read Article

花山薫(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

花山薫(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

花山薫(はなやまかおる)とは、『刃牙シリーズ』に登場する喧嘩師で、強くなるためのトレーニングを一切せず、生来の腕っぷしの強さだけで圧倒していく強者である。特に握力が並外れており、その握力から繰り出される「握撃(あくげき)」は相手に致命傷を与える花山の必殺技である。主人公の範馬刃牙(はんまばき)、その父勇次郎(ゆうじろう)、ボクサーのユリー・チャコフスキー、神心会空手の愚地克巳(おろちかつみ)、死刑囚のスペック、白亜紀の原人ピクル、宮本武蔵(みやもとむさし)のクローン達と対決している。

Read Article

ビスケット・オリバ(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

ビスケット・オリバ(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

ビスケット・オリバとは『刃牙』シリーズ第2作『バキ』から登場する囚人。ミスター・アンチェイン(繋がれざる者)の異名を持ち、刑務所に収監されながらも自由に生活している。鍛え上げられた異常な筋肉によるパワーとタフネスを武器に極悪人捕獲の際は警察に協力している。『バキ』では最凶死刑囚の捕獲に協力。中国大擂台賽編では囚人ドリアン海王の代わりに参戦。第3作『範馬刃牙』では主人公範馬刃牙、J・ゲバル(囚人)の挑戦を受ける。第5作『バキ道』では二代目野見宿禰(力士)と対決した。

Read Article

NEW
ドリアン/怒李庵海王(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

ドリアン/怒李庵海王(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

ドリアン/怒李庵海王(どりあんかいおう)とは板垣恵介原作漫画『刃牙シリーズ』の第2作『バキ』に登場する、世界各地から同時に脱獄し日本に集結した最凶死刑囚の1人で、中国拳法の達人である。中国拳法最高の称号「海王」の名を持つ実力がありながら、勝利のために凶器や催眠術など卑怯な戦法を使っている。最凶死刑囚編では愚地独歩(地下闘技場戦士の空手家)などの空手団体神心会戦士達と対決し、神心会総動員で戦う程の激戦となった。烈海王(中国拳法家)に敗れ、ドリアンが敗北を認めた時に自我が崩壊した。

Read Article

ガイア(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

ガイア(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

ガイアとは『刃牙シリーズ』に登場する超軍人。防衛庁が組織した最強の実戦部隊の指揮官を務めるが、多重人格者で普段は衛生兵の野村という別人格で生きている。北海道大雪山系で最終訓練中に主人公の範馬刃牙(はんまばき)が訪れるところから2人は出会い闘うことになる。刃牙の父親であるオーガこと範馬勇次郎(はんまゆうじろう)に匹敵する戦力と言われていたが、実際勇次郎には及ばなかった。他にもロシアの死刑囚シコルスキーや宮本武蔵のクローンと闘う場面で登場する。自然を味方につけた環境利用闘法が特徴である。

Read Article

愚地独歩(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

愚地独歩(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

愚地独歩(おろち どっぽ)とは板垣恵介原作『刃牙シリーズ』に登場する空手の達人。空手団体「神心会」の総帥で「武神」「虎殺し」の異名を持つ。三戦(さんちん)を始め様々な構えや散眼など古くから伝わる技も実戦で使ってみせる。第1作『グラップラー刃牙』では地上最強の生物と呼ばれる範馬勇次郎と地下闘技場で戦い、最大トーナメントにも参戦する。第2作『バキ』では最凶死刑囚との戦いに加わり神心会を代表して活躍。第4作『刃牙道』ではクローン技術で蘇った宮本武蔵と対決し、第5作『バキ道』では力士の猛剣と戦う。

Read Article

加藤清澄(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

加藤清澄(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

加藤清澄(かとう きよすみ)とは、板垣恵介原作漫画『刃牙シリーズ』に登場する空手家である。愚地独歩(武神と呼ばれる空手の達人)が総帥の空手団体神心会で修行を積んだが、目突きや急所攻撃など危険な技を好み、凶器を持った相手と戦える闇社会で用心棒になる。『グラップラー刃牙』では地下闘技場チャンピオン範馬刃牙に対抗心を抱き、刃牙を倒すために神心会に復帰する。最大トーナメント出場権を獲得したが、夜叉猿Jr.(凶暴な野獣)に敗れた。『バキ』では最凶死刑囚ドリアン(中国拳法の達人)と対決した。

Read Article

愚地克巳(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

愚地克巳(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

愚地克巳(おろちかつみ)とは『刃牙シリーズ』に登場する神心会空手の最終兵器(リーサルウェポン)と呼ばれる空手家。神心会空手の館長愚地独歩(おろちどっぽ)の養子であり才能は独歩を凌ぐと言われ、音速を超える速さで繰り出されるマッハ突きは克己の必殺技である。喧嘩師の花山薫(はなやまかおる)、中国拳法の烈海王(れつかいおう)、死刑囚のドリアンやドイル、白亜紀の原人ピクルなど数々の猛者と闘い善戦している。ピクルに腕を噛みちぎられたが、『刃牙シリーズ』の第5作目『バキ道』で烈海王の腕を移植手術して蘇った。

Read Article

マホメド・アライJr.(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

マホメド・アライJr.(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

マホメド・アライJr.とは板垣恵介原作『刃牙シリーズ』第2作『バキ』の登場人物。偉大なるボクサー、マホメド・アライの息子で、地上最強の生物の異名を持つ範馬勇次郎とは幼少期に出会っている。アライJr.は父が追い求めたマホメド・アライ流拳法を完成させて来日し、勇次郎と再会。中国大擂台賽編では海王に勝利する。神の子激突編ではアライJr.が範馬刃牙(地下闘技場王者)の恋人松本梢江に突如プロポーズし、刃牙を倒して梢江を手に入れようとする。地下闘技場戦士との戦いを経て、刃牙への挑戦権を獲得した。

Read Article

烈海王(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

烈海王(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

烈海王(れつ かいおう)とは板垣恵介原作漫画『刃牙』シリーズ第1作『グラップラー刃牙』の最大トーナメント編から登場する中国拳法の達人。中国拳法屈指の実力者だけが与えられる海王の名を持ち、シリーズを通して活躍。第2作『バキ』では最凶死刑囚との死闘に加わり、中国大擂台賽編では毒に苦しむ範馬刃牙(本作の主人公。高校生ながら最大トーナメントで烈を倒す)を中国に連れて行く事で死の危機から復活させる。第4作『刃牙道』ではクローン技術で蘇った宮本武蔵に敗れて死亡するが、外伝作品で異世界転生により復活した。

Read Article

鎬昂昇(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

鎬昂昇(刃牙)の徹底解説・考察まとめ

鎬昂昇(しのぎ こうしょう)とは板垣恵介原作漫画『刃牙シリーズ』に登場する空手家である。斬撃拳と称される鎬流空手を使い、指で神経を切断する紐切りを得意技としている。第1作『グラップラー刃牙』では地下闘技場チャンピオン範馬刃牙に挑戦し、死闘の末敗れる。進化した紐切りを習得して最大トーナメントにも出場。兄で外科医の鎬紅葉と対決し、幼少期から抱いていた兄への恐怖心を乗り越えて勝利。2回戦は合気道の達人渋川剛気と対決して惜しくも敗れる。第2作『バキ』では死刑囚ヘクター・ドイルと対決し、反則技で敗れた。

Read Article

NEW
グラップラー刃牙(刃牙シリーズ第1部)のネタバレ解説・考察まとめ

グラップラー刃牙(刃牙シリーズ第1部)のネタバレ解説・考察まとめ

板垣恵介による日本の漫画。週刊少年チャンピオンで連載されていた。東京ドームの地下に秘密裏に建造された闘技場では日夜、熱き格闘家たちによる試合が行われていた。そして地下格闘技場の若きチャンピオンである範馬刃牙は今日も強者との戦いを求めていた。すべては地上最強の生物である父親、範馬勇次郎を倒すため、刃牙は戦い続けるッ! 全国の男を熱くさせた格闘漫画の金字塔!

Read Article

NEW
範馬刃牙(刃牙シリーズ第3部)のネタバレ解説・考察まとめ

範馬刃牙(刃牙シリーズ第3部)のネタバレ解説・考察まとめ

『範馬刃牙』とは『バキ』の続編で、2006年から2012年まで板垣恵介が『週刊少年チャンピオン』で連載していた漫画。巻数は37巻で話数は312話ある。このシリーズの主人公で「範馬刃牙」とその父「範馬勇次郎」との闘いに決着がつく。『範馬刃牙』には「実戦シャドーファイティング編」「超絶!!監獄バトル編」「野人戦争(ピクル・ウォーズ)編」「強者達の闘い編」「地上最強の親子喧嘩編」の5章ある。2022年1月から3月に「実戦シャドーファイティング編」と「超絶!!監獄バトル編」がアニメ化された。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】【BLEACH】実は恋愛漫画を描いていた意外な漫画家【マギ】【バキ】

【HUNTER×HUNTER】【BLEACH】実は恋愛漫画を描いていた意外な漫画家【マギ】【バキ】

大ヒット漫画『BLEACH』の作者である久保帯人の最新作『BURN THE WITCH』はなんとラブコメ。しかし『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博、『マギ』大高忍、『バキ』シリーズの板垣恵介など、有名漫画家が描いたラブコメの名作は実は多い。本記事では有名漫画家の隠れた名作ラブコメを紹介していく。

Read Article

【爆笑必至】徹底紹介!バキシリーズの笑える画像【腹筋崩壊】

【爆笑必至】徹底紹介!バキシリーズの笑える画像【腹筋崩壊】

名前を変えながらも連載を続け、格闘漫画の金字塔的存在へと成長していった漫画『バキ』シリーズ。地上最強の生物範馬勇次郎と、それを超えんとする息子刃牙の2人を中心に、強さを求める様々な猛者たちを描いている。 しかし時に物語に熱が入りすぎて、いわゆる「シリアスな笑い」がたびたび生じることでも有名な作品である。ここでは、そんな『バキ』シリーズの“笑える1コマ”を紹介する。

Read Article

【刃牙シリーズ】こんな父親嫌すぎる…範馬勇次郎の逸話・エピソード【コーヒーの味にうるさい】

【刃牙シリーズ】こんな父親嫌すぎる…範馬勇次郎の逸話・エピソード【コーヒーの味にうるさい】

刃牙シリーズの主人公・範馬刃牙。その父親の範馬勇次郎は、見た目も中身もぶっ飛んだ人物として知られています。この記事では、そんな彼の逸話やエピソードについてまとめました。たとえば、息子が入れてくれたコーヒーを「まずい」と一蹴するなど、かなり味にうるさい一面があるみたいですね。

Read Article

①《vol.1〜15》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

①《vol.1〜15》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

雨上がり決死隊のトーク番組、略して「アメトーーク」ですが、毎回面白いですよね。近年ではperfumeさんやハーフ芸人会、プレゼン大会などもあり、その面白さは無限大です。そんな中、今回は「アメトーーク」の中で取り上げられたアニメ・漫画に関する回、DVDのvol.1からvol.15巻までを、まとめてみました。

Read Article

範馬刃牙のスタンプ・メールで使える名言・名セリフ集【グラップラー刃牙】

範馬刃牙のスタンプ・メールで使える名言・名セリフ集【グラップラー刃牙】

『範馬刃牙』は『グラップラー刃牙』の第3部にあたる作品である。序章である実戦シャドーファイティング編ではカマキリの幻影と戦い、最終編である地上最強の親子喧嘩編では刃牙と勇次郎の因縁に決着が付く。ここではそんな『範馬刃牙』の、スタンプ・メールで使える名言・名セリフをまとめた。

Read Article

もはやネタ?マジなのかコラなのか見分けが付かない「刃牙道」のおもしろ画像まとめ

もはやネタ?マジなのかコラなのか見分けが付かない「刃牙道」のおもしろ画像まとめ

『刃牙シリーズ』の第4作として知られる『刃牙道』。その作中で描かれているシーンが面白すぎるとして話題になっています。作者としてはもちろん真剣に描いているんでしょうけど、コラ画像なのかと思うくらいシュールなんですよね。この記事でそんな場面の画像をいろいろ集めてみたので、作品をご存知の方はぜひチェックしてみてください!

Read Article

目次 - Contents