アメリカン・スナイパー(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『アメリカン・スナイパー』とは、2014年公開のアメリカ映画である。イラク戦争に従軍した実在の狙撃兵クリス・カイルの自伝的原作を、巨匠クリント・イーストウッド監督が実写映画化。主演はブラッドリー・クーパーが務める。クリスは海軍史上最強と言われる伝説的スナイパー。だが過酷な任務に心を蝕まれ、彼と家族はその影響に苦しむ。残酷な戦場と虚しい戦争の実像を、過剰な演出を排除した構成で淡々と描く。ミリタリー・アクションとしての鑑賞にも十分堪えるが、極めてメッセージ性の強い反戦映画である。

アメリカ軍の上司・同僚

マーク・リー(演:ルーク・グライムス)

出典: popcorntv.it

上層部と交渉中のマーク

吹き替え:中川慶一
海軍特殊部隊ネイビー・シールズの仲間、同僚である。クリスや他の隊員と共にイラクに派遣され、ファルージャ、ラマーディー、サドルシティなどの戦闘に参加した。当初はクリスより階級が高く、上司とも言える立場でチームを指揮していた。やがて目覚ましい戦功を挙げ、クリスが昇進するにつれふたりの階級は逆転するも、絆は変わらなかった。
第一回派遣のファルージャでの出来事だ。地上で部隊の指揮を執っていたマークは、クリスに感謝を伝えねぎらいの言葉をかける。クリスは階上から長時間に渡り、敵を狙撃してくれていたのだ。「守ってくれてありがとう。何人倒したんだ?」マークがそう問いかけると、クリスは「6人だ。撃ったのは8人だが2人は運ばれていった」と答えた。「6人だと?他のヤツを合わせた数より多い」と、マークはその数に驚いていた。
やがて、クリスはマークの上官になっていた。「神を信じるか?」とクリスに話しかけたマークは、戦う意義を見失いかけていた。それまで弱音など吐いたことはなかったが、度重なる過酷な経験でマークは消耗していたのだ。クリスは「お前も悪を見ただろ?ニューヨークやサンディエゴが再び攻撃を受けてもいいのか?この砂漠だけじゃない。俺たちは祖国を守っているんだ」と言って励ました。
だが、その後の任務で仲間のビグルスが被弾する。チームで初めての被害である。「目には目を」と言ってマークはクリスに仇討ちを促す。クリスとチームはビグルスを救護班に預けると、すぐさま前線に引き返した。だが、この動きは敵に察知されており、待ち伏せされていた。チームは奇襲に遭い、今度はマークが銃撃を浴びてしまう。そして、そのまま彼は息を引き取ったのだ。チームにとって最初の戦死者であり、共に辛苦を分かち合ったマークの死は、クリスの心にも深刻な影響を与えることになった。

ビグルス/ライアン・ジョブ(演:ジェイク・マクドーマン)

クリスが初めて人を狙撃した日のビグルス

海軍特殊部隊ネイビー・シールズの仲間、同僚である。仲間からはビグルスの愛称で親しまれる。クリスとは最も親しく、結婚式の付添人を頼むほどの間柄だ。明るく陽気な性格で、クリスや隊の仲間をよく笑わせていた。イラクに派遣され、任務の中でクリスは初めて人間の狙撃を経験する。その日、兵舎に戻るとビグルスが雑誌を読んでくつろいでいた。クリスは「最悪だよ。胸糞悪い」とボヤく。その日クリスが撃ったのは、手榴弾を抱えた子供とその母親と見られる女性だった。戦車と海兵隊を狙ったもので、手榴弾は部隊の手前で爆発したため味方は無傷であった。「多くの仲間を救ったんだ。やるべきことをしただけさ」ビグルスはそう言って、落ち込むクリスを気遣った。
ある日、チームは砂埃の舞う市街地で敵を追跡していた。「彼女にプロポーズするよ。もう指輪も買ってあるしね」と話し、ビグルスはクリスに結婚式の付添人を頼んだ。その直後、敵がクリスらの追跡に気付き発砲してきた。チームが応戦すると敵は停車し、乗っていた男は逃走する。ビグルスはクリスに従い、建物に侵入する。屋上まで上がり、ふたりで周辺を警戒する。逃走した敵は仲間が制圧。安全を確認し気が緩んだその時、ビグルスは衝撃を受け倒れる。スナイパーが放った弾が持っていた銃に当たり、跳ねたあとビグルスの顔面を下から上へかすめたのだ。幸い直撃を免れ、命は取り留めたが右の頬から目までを損傷した。

ビグルスはそのまま帰国し、アメリカの病院で治療に専念する。その後、帰国したクリスが見舞いに訪れる。「もう何も見えなくなっちまった。彼女には別れて男を探せって言ったんだ」ビグルスは皮肉交じりにつぶやいた。クリスは「そんな事言うな。彼女はお前と居たいはずだ」と言って、すっかり弱気になったビグルスを励ます。そして「必ず仇は取ってやる。ヤツらはサドルシティに逃げ込んだから包囲して倒す」と、敵への復讐を誓うのだ。それを聞き「頼んだぞ、レジェンド」そう言って、ビグルスは虚空を見つめた。
その後、顔の整形手術中に容態が悪化したビグルスは死亡してしまう。クリスはこの報告を、サドルシティの戦地で聞かされる。反撃に向かう、まさにその時であった。チームで二人目の戦死者となったビグルスの死は重く、クリスの心に深い傷跡を残した。

ドーバー/ケヴィン・ラーチ(演:ケヴィン・ラーチ)

ビグルスの負傷で動揺するクリスとドーバー(右)

吹き替え:志村知幸
海軍特殊部隊ネイビー・シールズの仲間、同僚である。愛称はドーバー。実際にイラクへ派遣され、クリス・カイルと同じ部隊で戦ったケヴィン・ラーチが本人役で出演している。当初、軍事アドバイザーとして本作に参加していたケヴィンだったが、主演のブラッドリー・クーパーに誘われ俳優業に興味を持ったという。訓練時代を経て、イラクにおける幾多の戦場をシールズ隊員としてクリスと共に戦った。妻の妊娠をきっかけに退役した為、クリス最後の任地であるサドルシティの戦いには参加していない。また、ドーバーはビグルスの被弾や、マークが直撃弾により死亡した際には応急措置を行うなど衛生兵のような役割をしている。随所に登場してセリフもそれなりにあり、俳優としても演技を達者にこなしている。

クリス・カイルは二回目のイラク派遣で、仲間を指揮する立場に昇進する。そして、ドーバーはその指揮下にあった。その日、クリスらは現地アルカイダの幹部である「ブッチャー」を逮捕もしくは排除する任務が与えられていた。あるレストランにブッチャーが滞在している事を確認すると、クリスらは襲撃部隊を編成した。
別建物の階上に後方支援としてドーバーを配置、狙撃任務を与えクリスは地上の突入部隊を指揮する。メンバーは「D」ダンドリッジ、リス、トニー、マークら精鋭とその他の仲間たちだ。ドーバーの放つ1発の弾丸を合図に、レストラン周辺で激しい銃撃戦が繰り広げられる。そして、突入部隊とドーバーの狙撃により、アルカイダの兵は次々と倒れていった。だがアルカイダ兵の抵抗は激しく、混乱に乗じる形でブッチャーは車輛に乗り込み逃走を図る。「ヤツが逃げるぞ!」と叫んだクリスは銃弾が飛び交う中、走って追いすがり車輛めがけて果敢に銃撃を加えた。
続けざまにクリスの弾丸を受け、それがガソリンタンクに命中したのだろう。大きな炎が上がり、車輛は乗員もろとも爆発する。クリスたちは、ついにブッチャーを仕留めることに成功したのだ。

クリス三回目の派遣では、仲間のビグルスが敵狙撃手「ムスタファ」に狙撃され重傷を負ってしまう。ドーバーは懸命に応急処置を施し、チームと共にビグルスを基地へ搬送した。上官のマーテンス中佐は、戻ったばかりのクリスらに「君らは休んでも構わない」と言う。だが、ドーバーを始めチームの仲間はビグルスの仇討ちを誓い、前線に引き返す。敵側の拠点の情報が新たに入った為、海兵隊の部隊と合同で行う作戦に参加する。
だが、この動きは敵側に察知されており、海軍の部隊は待ち伏せされていたのだ。突入すると拠点内部はもぬけの殻で、すぐに周囲からアルカイダ兵による猛烈な銃撃が加えられる。虚を突かれ、仲間のマークは何発も被弾して崩れ落ちてしまった。ドーバーはすぐに彼を引きずり、安全な場所に避難させる。そして応急処置をしようとするが、すでにマークの脈は反応していなかった。ビグルスの負傷に続き、マークまで失いドーバーとクリスのチームは物心両面で深いダメージを受けるのだった。
その後ドーバーは、妻の妊娠を機に退役して故郷に帰った。そのため、クリス最後の任地であるサドルシティの戦いには参加していない。

ゴート/ウィンストン(演:カイル・ガルナー)

出典: wreg.com

クリスと共に監視任務に就くゴート(奥の人物)

吹き替え:須藤翔
クリスの部隊の仲間、同僚である。最初の派遣において、観測手としてクリスの傍らに待機する。愛称はゴート。基本的にスナイパーは、観測手を伴っており単独では難しい距離や風向きなどの観測と修正を主に担当させる。また、スコープに集中するため周囲に迫る危険に気付きにくい任務の性質上、サポートの目的もある。とはいえ、本作でゴートはそれらしい動きを全く見せていない。クリスのそばに居て、双眼鏡こそ所持しているが単に標的の様子を見ているだけである。

その日、クリスと共にゴートは監視任務を遂行中であった。海兵隊の部隊と戦車が市街地を移動している。すると建物から女と少年が出てきた。女はイラク女性がよく着ている「チャドル」と呼ばれる黒い布をまとっており、年齢も表情も分かりにくい。少年はおそらく10歳に満たないだろう。クリスは彼らを200m先からスコープで捉えている。
やがて女は少年に何かを手渡した。クリスはそれを「RKG対戦車手榴弾」と視認した。ロシアが開発した対戦車手榴弾で、威力はそれほど無いが携行しやすく一般人でも扱える厄介な兵器である。とはいえ、炸裂すれば数人を殺害する可能性は十分にあるのだ。
本部からは「判断は任せる」と言ってきた。ゴートは「もし違っていたらレブンワース刑務所行きだぞ」と尻込みしている様子だ。軍が定めた交戦規定というものがあり、むやみに一般市民を殺害してはならない。軍事裁判にかけられ有罪になれば、刑期によってアメリカのカンザス州レブンワースにある施設に収監される。ゴートも観測手として同行しているため、クリスが標的を誤れば自分にも害が及ぶと考えているのだ。だが、少年と女性はそのまま海兵隊に向かい、クリスはふたりを狙撃する。手榴弾は先頭を行く戦車の数メートル手前で爆発し、部隊は無傷であった。ゴートは「やったな!すげえ」と、クリスの腕を叩いたが「やめろ、触るな」とつぶやいたままクリスは身じろぎもしなかった。最初の狙撃が女性と子供だったことで、クリスはこれ以上無いほど嫌な気持ちになっていたからだ。

またある日の監視任務では、ライフルスコープを覗くクリスの横でゴートは携帯ゲーム機で遊んでいる。クリスは訓練不足の若い海兵隊の危うさを見ていられず、地上に下りて彼らに同行することにした。「来るか?」とクリスに尋ねられたが、ゴートは「あんな危険なマネはごめんだね。連中は悪いクジを引いた。俺は生きて国に帰りたいからな」と言って断る。クリスは「そうか、じゃあ二度とそのツラ見せるなよ?」そう吐き捨てると、ゴートを置いて行ってしまった。

D(ディー)/ ダンドリッジ(演:コリー・ハードリクト)

ビグルスが負傷して復讐を誓うD

海軍特殊部隊ネイビー・シールズの仲間、同僚である。仲間内からはダンドリッジの頭文字、「D(ディー)」というニックネームで呼ばれる。クリスの4度に渡るイラク出征において、最初のファルージャからラマーディーそして最後のサドルシティまで、共に戦い抜いたのはこのDだけである。サドルシティでは、着いたばかりのクリスにビグルスの訃報を伝えている。

シールズの厳しい訓練中、Dは教官から「まだチームに居座るつもりかD?黒人が泳げないことはみんな知っているぞ」とハッパを掛けられる。そして「大丈夫であります。私は黒人ではありません!」と答えた。教官が「黒人じゃないだと?」と怒鳴ると、「私はニュータイプの黒人であります。走るのが遅く、ジャンプ力も無く、泳ぎが上手でGAPで買い物をします。そして白人女とヤッて喜ばせます。実際にヤっています!」と返し、仲間を笑わせた。アフリカ系人種はバスケットボールなどは得意だが水泳選手はほとんどいない。海軍の訓練であるため、教官はそのことを皮肉っている。ちなみにGAPとは、アメリカで定番の男性ファッションのブランド。ジーンズやスポーツウェアなどを扱うショップである。

アメリカ軍はイラク・アルカイダをサドルシティに追い詰め、周りを防護壁で囲い込む作戦を始める。だがその作業中、敵側の凄腕スナイパー「ムスタファ」に狙撃され味方に多くの被害を出していた。業を煮やした軍司令部は、シールズにムスタファ排除の特命を下しクリスらのチームを派遣する。Dもこれに同行し、クリスの補佐を担当した。チームは敵側の支配地域に侵入し、現場建物を確保した。クリスは「1920m先にムスタファを発見した」と言う。だが撃てば敵に察知され、包囲される恐れがあった。
Dは「自信があるなら撃て!」と、クリスを励ます。クリスの腕を知っているし、信じているからだ。しかし、チームの他の仲間は反対する。応援部隊を待つべきだと言う。だが、こうしている間にもムスタファは味方を狙い続けている。そしてクリスは引き金を引き、ムスタファを狙撃することに成功する。Dは「任務完了だな!」と、宿敵ムスタファを倒せたことをクリスと共に喜んだ。その後チームは敵に包囲されピンチとなるが、折からの砂嵐に紛れ員無事に基地へ戻ることができたのである。

リス(Squirrel)/ケイス(演:エリック・ラディーン)

敵地へ向かう直前のリス

海軍特殊部隊ネイビー・シールズの仲間、同僚である。仲間からは「リス(英語でSquirrel)」との愛称で呼ばれる。訓練時代から3回のイラク出征までを、クリスと共に過ごした。クリスのイラク出征4度目となるサドルシティは、仲間のDによると「リスは名誉除隊した」とあり、生きて帰国したものと思われる。ラマーディーの戦闘で「虐殺者(ブッチャー)」を待ち伏せし、その排除に成功した任務などで活躍した。

ある日、教官のトニーに「ようリスちゃん!ナッツはどこに隠した」とからかわれる。ケイスは背が低く、ちょこまかと動くことから「リス」と呼ばれていた。寒さに震えながら泥の中でじっと耐える訓練の最中だ。「ナッツは寒さで引っ込みました!でも暖かくていい気持ちです!」と、ケイスは教官の罵倒に対しユーモアで返した。ちなみにナッツ(木の実)は、男性の睾丸を表す隠語である。リスの餌となる木の実で皮肉った教官に、ケイスは寒さで引っ込む睾丸をナッツに例えたジョークで返したというわけである。

トニー(演:レイ・ガイエゴス)

訓練教官としてトニー(中央)はクリス(右)を鍛えた

海軍特殊部隊ネイビー・シールズの仲間、同僚である。当初は訓練教官として、入隊したばかりのクリスをしごいていた。その後、目覚ましい功績を挙げたクリスが昇進すると立場が逆転してしまい、その指揮下に入る。イラク最初の戦地ファルージャから途中のラマーディーまでを、クリスと共に戦い抜いた。だが、クリス最後の任地サドルシティでは姿が見えないので、帰国したものと思われる。

当初、訓練教官としてトニーは新入りに罵声を浴びせ、弱い者を振り落としていた。「D(ディー)」には「まだチームに居座るつもりかD?黒人が泳げないことはみんな知っているぞ」とハッパを掛け、「リス」に対しては「ようリスちゃん!ナッツはどこに隠した」と皮肉っていた。だが、その後は同じ隊の仲間となりクリスとタヤの結婚式にDやリス、ビグルスらと出席している。そして、チームはイラクへ派遣され、戦場で苦楽を共にするのだ。

マーテンス中佐(演:サム・ジェーガー)

部隊に作戦を指示するマーティンス中佐

ks20mn17g
ks20mn17g
@ks20mn17g

Related Articles関連記事

二ッ星の料理人(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

二ッ星の料理人(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『二ッ星の料理人』は2015年にアメリカで公開されたヒューマンドラマ映画である。料理の世界を舞台に、孤高の天才料理人・アダムの挫折と成長の軌跡をたどる美食エンターテイメント作品だ。酒とドラッグに溺れ転落したアダムは、再起を目指してロンドンでレストランをオープンさせる。完璧な料理を追い求めようとするアダムは周囲とぶつかり合いながら、完璧なだけでは人の心を動かせないことに気付いていく。天才だが横暴なシェフが、出会った仲間との絆や恋を経験し、人として成長していく姿を描いた心温まるヒューマンドラマだ。

Read Article

アリー/ スター誕生(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

アリー/ スター誕生(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『アリー/ スター誕生』とは、歌手に憧れる女性の成功と苦悩と愛を描いた、2018年公開のアメリカ映画。主演は、本作が初主演となるレディー・ガガ。監督は、俳優で本作でもジャックを演じるブラッドリー・クーパー。1937年の同名映画4度目のリメイク。劇中の音楽も高い評価を受け、サウンドトラックは全米1位を獲得。自信のないシンガーが才能を見出され、スターダムを駆け上がっていく。単なるシンデレラストーリーだけではなく、依存症や家族のあり方を含めた人の苦節や愛情という側面も深く描いた作品。

Read Article

アベンジャーズ/エンドゲーム(MCU)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

アベンジャーズ/エンドゲーム(MCU)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『アベンジャーズ/エンドゲーム』とは、2019年に公開されたディズニー配給・マーベル製作の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の続編である。本作は、宇宙最大のパワーを持つ6つの石”インフィニティ・ストーン”を集めたサノスがアベンジャーズのメンバーを含む、全宇宙の生命の半分を消滅させたところから始まる。人類を守るため、”キャプテン・アメリカ”や”アイアンマン”を筆頭に最強ヒーローたちが再び立ち上がり、史上最凶最悪の敵・サノスに逆襲(アベンジ)する。

Read Article

パーフェクト ワールド(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

パーフェクト ワールド(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

監督クリント・イーストウッド、主演ケヴィン・コスナーで1993年に公開されたアメリカ映画。 クリント・イーストウッドとケヴィン・コスナーというハリウッドの2大スター共演だが、フィリップ役の子役が素晴らしい演技を見せて、観るものを驚かせた。 脱獄囚ブッチは、逃亡中に8歳の少年フィリップと出会い、人質として連れ出す。逃亡の中で次第に心を通わせていく2人。せつないラストに心打たれるロードムービー。

Read Article

ジャージー・ボーイズ(Jersey Boys)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ジャージー・ボーイズ(Jersey Boys)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「ジャージー・ボーイズ」は、1960年代に活躍したポップスグループ、フォー・シーズンズの伝記をもとに脚色したブロードウェイの最高傑作を、巨匠クリント・イーストウッドが映画化した。神から与えられた歌声と、曲を作る才能、息のあったハーモニー、スターダムにのし上がった4人の若者”フォーシーズンズ”の名曲誕生に秘められた、友情、夢、栄光と挫折、そして今明かされる真実の物語。2014年に全米で公開。

Read Article

チェンジリング(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

チェンジリング(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ある日突然姿を消した息子が、5か月後に保護された。しかし息子として保護された少年は、彼女の本当の息子ではなかった。1920年代に実際に起きた「ゴードン・ノースコット事件」と呼ばれる連続少年誘拐殺人事件を、アンジェリーナ・ジョリー主演、クリント・イーストウッド監督により映画化したミステリー・ドラマ。

Read Article

グラン・トリノ(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

グラン・トリノ(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『グラン・トリノ』とは、2008年にクリント・イーストウッドが監督、プロデューサー、主演を務めたアメリカのヒューマンドラマ映画である。 ミシガン州を舞台に、頑固な元軍人ウォルトと、モン族の隣人、少年タオとの心の交流を描く。一度は、ギャングにそそのかされ、ウォルトの愛車を盗もうとしたタオであったが、ウォルトに仕事を世話してもらい、真面目に働く。一方で、ギャングの、タオへの嫌がらせはエスカレートしていく。タオやタオの家族を守る為、ウォルトは命を賭けて、ギャングを刑務所送りにする。

Read Article

イエスマン “YES”は人生のパスワード(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

イエスマン “YES”は人生のパスワード(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『イエスマン “YES”は人生のパスワード』とは、2008年にアメリカとイギリスで製作されたコメディ映画。何事に対しても「ノー」が口癖で人生に消極的な男カールが、ある日参加したセミナーで「どんなことに対しても”YES”と答えることで意味のある人生を送れる」と説かれる。「ノー」と答えると災が起こるという暗示をかけられたカールは、どんな場面でも「イエス」と言うようになる。それ以降人生が好転し始めたカールだったが、思わぬ出来事が待ち受けていたのだった。

Read Article

ハドソン川の奇跡(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ハドソン川の奇跡(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ハドソン川の奇跡』とは、日本で2016年に公開されたヒューマンドラマ映画。2009年に実際に起きた“ハドソン川の奇跡”と言われたUSエアウェイズ1549便不時着水事故と、その後の知られざる真実を描いている。俳優・監督として活躍を続ける名匠クリント・イーストウッドが監督を、主演を名優のトム・ハンクスが務めている。英名タイトルは、機長の愛称でもある「SULLY」。第40回日本アカデミー賞最優秀外国作品賞を受賞。

Read Article

NEW
硫黄島からの手紙(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

硫黄島からの手紙(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『硫黄島からの手紙』とは、アメリカ合衆国で製作された戦争映画。太平洋戦争末期の日本軍司令官、栗林忠道が家族に送った『「玉砕総指揮官」の絵手紙』に基づいており、クリント・イーストウッドが監督を、アイリス・ヤマシタが脚本を務めた。前作のアメリカ側からみた硫黄島での戦闘を描く、『父親たちの星条旗』と対をなす『硫黄島2部作』の日本側作品。2006年に発見された兵士たちの手紙から始まり、1944年当時の硫黄島守備隊の玉砕までの日々を陸軍一等兵西郷や守備隊指揮官栗林中将の目線から描いている。

Read Article

「前田有一の超映画批評」で95点以上を獲得した映画まとめ!『アメリカン・スナイパー』など

「前田有一の超映画批評」で95点以上を獲得した映画まとめ!『アメリカン・スナイパー』など

ここでは映画批評サイト「前田有一の超映画批評」で95点以上を獲得した映画をまとめた。イラク戦争で160人を撃ったアメリカ人スナイパーを描く『アメリカン・スナイパー』、ディズニー映画『ピーターパン』をもとに妖精の世界を描く『ティンカー・ベル』などを紹介している。

Read Article

【MCU】仲良しっぷりが伝わるアベンジャーズキャストの画像まとめ【マーベル・コミックス】

【MCU】仲良しっぷりが伝わるアベンジャーズキャストの画像まとめ【マーベル・コミックス】

世界中にヒーロー映画旋風を巻き起こしてきた『アベンジャーズ』シリーズ。2019年、遂にヒーローたちの物語の終幕となる『アベンジャーズ/エンドゲーム』が公開されました。ここではロバート・ダウニー・Jr.やスカーレット・ヨハンソンをはじめとする、同作品に出演した超豪華キャストの集合写真などを集めました。撮影の舞台裏や貴重なオフショットを紹介していきます。

Read Article

感動作揃い!老人と子供の心の交流を描いた映画7選!『ニュー・シネマ・パラダイス』など

感動作揃い!老人と子供の心の交流を描いた映画7選!『ニュー・シネマ・パラダイス』など

老人と子供の心の交流を描いた映画を集めました。名優クリント・イーストウッドが頑固な元軍人役を演じた『グラン・トリノ』や、父が遺したメッセージを解こうと主人公が奮闘する『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』、映画愛に溢れた名作『ニュー・シネマ・パラダイス』など全7作品。各作品のあらすじや見どころを紹介していきます。

Read Article

【アベンジャーズ】宇宙最大の力を持つインフィニティ・ストーンについて徹底解説【MCU】

【アベンジャーズ】宇宙最大の力を持つインフィニティ・ストーンについて徹底解説【MCU】

世界中の人々を熱狂させたMCU作品。「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」では、インフィニティ・ストーンと呼ばれる石が宇宙最大の力を持つものだと判明。ここでは6種類ある石の名前や力、登場した作品などを画像を交えながら解説。それぞれの石の行方や「アベンジャーズ/エンドゲーム」への繋がりも紹介していきます。

Read Article

『名探偵コナン 紺青の拳』の人気の秘密とは!?『アベンジャーズ/エンドゲーム』を破ったことで海外ファン騒然!!

『名探偵コナン 紺青の拳』の人気の秘密とは!?『アベンジャーズ/エンドゲーム』を破ったことで海外ファン騒然!!

2019年の日本映画界の大きな話題となったのが、『名探偵コナン 紺青の拳』の人気の高さ。同時期に公開された『アベンジャーズ/エンドゲーム』以上の興行収入を叩き出したのです。ここでは作品情報や興行収入、映画館に足を運んだ客層など、コナンの人気の秘密を徹底的に解説。アベンジャーズとのコラボ画像も載せています。

Read Article

【アベンジャーズ/エンドゲーム】笑って泣ける!おすすめの感動系映画5選【パパは奮闘中!】

【アベンジャーズ/エンドゲーム】笑って泣ける!おすすめの感動系映画5選【パパは奮闘中!】

2019年の4月に劇場公開された映画の中から、おすすめの映画をまとめました。仲間との絆の強さに感動する『アベンジャーズ/エンドゲーム』や、仕事と育児に悪戦苦闘する父親と子の関係を描いた『パパは奮闘中!』、ハートウォーミング青春コメディの『リアム16歳、はじめての学校』など全5作品、あらすじや見どころを紹介していきます。

Read Article

目次 - Contents