アメリカン・スナイパー(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『アメリカン・スナイパー』とは、2014年公開のアメリカ映画である。イラク戦争に従軍した実在の狙撃兵クリス・カイルの自伝的原作を、巨匠クリント・イーストウッド監督が実写映画化。主演はブラッドリー・クーパーが務める。クリスは海軍史上最強と言われる伝説的スナイパー。だが過酷な任務に心を蝕まれ、彼と家族はその影響に苦しむ。残酷な戦場と虚しい戦争の実像を、過剰な演出を排除した構成で淡々と描く。ミリタリー・アクションとしての鑑賞にも十分堪えるが、極めてメッセージ性の強い反戦映画である。

幼少より父ウェインから狩猟を教わり、射撃技術や命を奪う重みなど、その薫陶を受けた。ある日、クリス少年はひどいイジメに遭っていた弟ジェフを助けた。ウェインから「羊と狼、羊の番犬」の例え話を聞かされ「我が家では羊など育てていない。だが狼になれば容赦しない」と諭される。この時にクリス少年は「羊の番犬」になると決意したという。アメリカ南部テキサスのごく一般的な家庭であったが、ジェフと共に両親から愛情深く育てられた。そして男として、また人間として逞しく成長していくのである。

主人公の家族

タヤ・カイル(演:シエナ・ミラー)

タヤはクリスの熱烈なアプローチに心を開く

吹き替え:渋谷はるか
主人公クリス・カイルの妻。戦地に向かう夫の支えとなる。クリスがシールズに入隊した頃、行きつけのバーで出会う。当初「シールズとは結婚しない」とタヤは考えていたが、クリスの熱烈なアプローチにほだされ深く愛するようになる。その後、結婚したふたりだったがすぐにクリスはイラクへ出征した。その頃に長男コルトンを出産、2度のイラク出征からクリスが帰国した時には女児も産んでいる。クリスは戦地から戻るたび、心に何かを抱えるようになりタヤはそれを心配した。何度も退役するよう懇願するが「国や仲間、家族を守ためだ」と言ってクリスは聞かなかった。だが4度目の出征で、宿敵であった敵スナイパーを倒したことでクリスは気持ちに区切りを付け、2009年に軍を辞めた。
帰国して日常生活に戻ったクリスだったが、血圧の高い状態が続き頭痛や飛蚊症などに悩まされる。突然怒鳴ったり、怒りの衝動を抑えられなくなったりするなど、クリスが異常な行動を取り始めるのに至り、タヤは夫にカウンセリングを強く勧めている。軍医から心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断され、クリスは退役軍人の会への参加を促される。やがて治療の効果が徐々に表れ始め、クリスは人間らしさを取り戻してゆく。だが皮肉にも、心に傷を抱えた退役軍人をサポートするボランティア活動の最中、当の元海兵隊の青年にクリスは殺害されてしまった。

その後のタヤは、本作の企画が進行中だったこともあり積極的に映画製作に協力する。主演のブラッドリー・クーパーや監督のクリント・イーストウッド、脚本のジェイソン・ホールらと会い、生前のクリスについて語っている。戦地との間でやり取りされたメールや、おびただしい数の画像や映像も提供している。このことは、クリスの人間像を描くうえで大いに貢献することになる。また、本作が空前のヒットを記録したことでタヤ自身もメディアに取り上げられ、テレビでバラク・オバマ元大統領との共演も果たしている。このとき銃規制を訴えるオバマに対し、タヤは物怖じすることなく反対意見をぶつけた。彼女は「私たちは自らを守るため、どのような武器でも所持する権利がある。そもそもほとんどの銃所持者は人を殺害などしない」と語った。

コルトン・カイル(演:マックス・チャールズ)

帰還兵の青年に話しかけられるコルトン(中央)

吹き替え:宮澤はるな
クリスとタヤの息子で、長男である。クリスが最初のイラク出征中だった頃に生まれている。2度目のイラク派遣から戻ったクリスは、成長したコルトンを伴いある店に立ち寄った。そこでクリスに命を救われたという青年と出会う。青年はコルトンに「君のパパはすごい英雄なんだ。僕を娘の元へ返してくれた。パパを貸してくれて本当にありがとう」と言った。幼いコルトンはよく分からない様子だったが、うれしそうに笑って何度もうなずいた。
さらに成長すると、コルトンは父クリスに森へ連れられていく。そこでコルトンはライフルを与えられ、狩猟を教わる。それはまさにクリスが父ウェインから教わった通り、射撃や狩猟の技術だけでなく「命を奪う重さ」についての薫陶であった。

ウェイン・カイル(演:ベン・リード)

息子たちを諭すウェイン

クリスとジェフの父親である。教会の執事をしていた1974年、長男としてクリスを授かった。聖職者ではあるものの、銃の所持や狩猟などには前向きであったという。そのため、幼い頃より息子たちを森に連れて行っては狩りのやり方を教えていた。クリスが8歳の年には、扱いやすくシンプルな構造を持つ狩猟用ライフルを与え、さらに成長するとショットガンまで買い与えている。
ある日、シカを仕留めたクリスが思わずライフルを放り出して駆け出した。ウェインは「決して銃を置き去りにするな」とクリスを叱りつける。ハンターにとってライフルは、信頼できる友であり自らを守る盾でもあるからだ。だが同時に「よくやった。一流のハンターになれるぞ」と、ウェインはクリスの成長と才能を認め褒めることも忘れなかった。また別の日、弟のジェフがひどくいじめられ、クリスは相手を殴りジェフを助け出す。ウェインは息子たちにこう諭す。

「この世界には3種類の人間がいる。羊と狼、そして羊の番犬だ。この世の悪意に無縁な者もいるが、そんな人々はいざという時に身を守る術を知らない。彼らは羊。じっとしているだけだ。その羊を襲って食べようとする奴らがいる。そいつらが狼だ。そして戦う術を知り、羊の群れを守る才能を持って生まれた者がいる。狼に立ち向かえるのは彼らだけ。それが羊の番犬だ」

続けてウェインは「羊を育てる気はない。だが狼になれば容赦しないからな」と言い、クリスの暴力については不問にした。この一件はクリスの心に深く残り、仲間や弱い者を助ける「羊の番犬」になろうと決意したという。射撃や狩猟の技術のみならず、クリスの男としての義侠心溢れる生きざまは、この父に受けた薫陶による影響が大いにある。やがて海軍史上最強のスナイパーと呼ばれることになるクリス・カイルの、あらゆる意味での素地を作った人物だと言えるだろう。

デビー・カイル(演:エリース・ロバートソン)

心配そうにウェインを見つめるデビー

クリスとジェフの母親で、教会の執事ウェインの妻である。ある日、弟のジェフがひどくいじめられ、クリスは相手を殴りジェフを助け出す。ウェインは息子たちに「羊と狼、羊の番犬の例え」を話して聞かせ「うちは羊を育てる気はない。だが狼になれば容赦しないからな」と諭した。傍らで見ていたデビーは、ウェインが息子たち特にクリスの暴力を咎め、ひどく折檻するのではと心配していた。だが、いじめっ子に果敢に立ち向かい弟を助けたことを褒めこそしなかったが、その暴力については不問にしたため、ホッと胸を撫でおろす。
デビーはウェインと共に、素朴ではあるものの非常にあたたかい家庭を築いた。そして、クリスとジェフを愛情深く育て上げるのだ。のちにイラク戦争に従軍して多くの味方を救い「レジェンド(伝説)」と呼ばれた英雄、クリス・カイルの基礎を作った人物である。

ジェフ・カイル(演:キーア・オドネル)

帰国前に兄クリスと再会するジェフ

クリスの弟で、幼い頃より兄と共に父ウェインの薫陶を受けて育つ。兄を尊敬し、クリスもまたジェフを大切に思っていた。ある日、ジェフは大柄のいじめっ子にひどく殴られいじめられていた。そこへクリスが現れ、いじめっ子を殴りつけジェフを助け出した。ウェインは息子たちに「羊と狼、羊の番犬の例え」を話して聞かせ「うちは羊を育てる気はない。だが狼になれば容赦しないからな」と諭した。この一件はクリスの心に深く残り、その後の成長に影響したがジェフもまた同様に逞しく育っていった。
青年期には兄クリスと連れ立ち、毎週末ともなるとロデオに出かけては賞金を稼ぐ日々を過ごしていた。「このままテキサスを回って稼ごう」と、提案するがクリスはあまり乗り気では無かった。そして1998年、ケニアとタンザニアで起きた「アメリカ大使館爆破事件」に衝撃を受け、兄と共に海軍に志願した。当初は空挺部隊を希望したが、合格することは叶わず海兵隊に配属されている。クリスが2度目に出征した際、イラクの空港で兄と会う。「活躍はこっちの部隊にまで聞こえているよ。兄貴は俺のヒーローだ。今も昔も、それは変わらない」と言って、クリスを喜ばせた。だが、すぐに暗い表情になり「こんなとこクソ食らえだ」と吐き捨てる。ジェフもまた、クリスや他の兵士と同様に戦地では辛い経験をしたのだ。そのまま輸送機に乗り、まるでクリスと入れ替わるようにしてジェフは故郷へと帰っていった。

少年時代のジェフ(演:ルーク・サンシャイン)

いじめっ子に殴られたジェフ

少年期のジェフは兄クリスを慕い、よく一緒に遊んだという。また、テキサス州オデッサの牧場で牛を育てるなど、兄と共に牧歌的な幼少期を過ごしていた。父のウェインは教会の執事をしていたが、息子たちには進んで狩猟を教えている。そして母デビーも穏やかで愛情深く、ある意味理想的な南部アメリカの家庭環境だと言える。
ある日、ジェフは大柄のいじめっ子にひどく殴られいじめられていた。そこへクリスが現れ、いじめっ子を殴りつけジェフを助け出した。ウェインは息子たちに「羊と狼、羊の番犬の例え」を話して聞かせ「うちは羊を育てる気はない。だが狼になれば容赦しないからな」と諭した。この一件はクリスの心に深く残り、その後の成長に影響するがジェフもまた同様に逞しく育っていく。

主人公の元恋人

サラ(演:マーネット・パターソン)

出典: tr.pinterest.com

浮気がばれて取り乱すサラ

青年期クリスの元恋人。高校卒業後、クリスは牧場の使用人となりロデオ(荒馬乗り)の賞金を稼いで生計を立てていた。いわゆるテキサスのカウボーイである。その頃に一緒に暮らしていたのがサラである。クリスと結婚はしていない。
その頃、クリスは毎週末になると、ジェフと一緒に出かけてはロデオ三昧の日々を過ごしていた。その帰り道、ジェフに「サラは尻軽女だろ。高校時代になんて呼ばれてたか」と言われ、クリスは「やめろ」と怒って彼女をかばっている。ところが家に戻ると、見知らぬ男が慌ててズボンを履きながら出てきた。ベッドのある寝室からである。なんと、サラはクリスの留守中に浮気をしていたのだ。「あんたのせいよ!いつも家を留守にしてるから」と、声を張り上げ、サラはクリスを責める。だがそんなことに耳を貸さず、クリスは浮気相手の男と一緒にサラまで追い出してしまった。

ks20mn17g
ks20mn17g
@ks20mn17g

Related Articles関連記事

二ッ星の料理人(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

二ッ星の料理人(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『二ッ星の料理人』は2015年にアメリカで公開されたヒューマンドラマ映画である。料理の世界を舞台に、孤高の天才料理人・アダムの挫折と成長の軌跡をたどる美食エンターテイメント作品だ。酒とドラッグに溺れ転落したアダムは、再起を目指してロンドンでレストランをオープンさせる。完璧な料理を追い求めようとするアダムは周囲とぶつかり合いながら、完璧なだけでは人の心を動かせないことに気付いていく。天才だが横暴なシェフが、出会った仲間との絆や恋を経験し、人として成長していく姿を描いた心温まるヒューマンドラマだ。

Read Article

アリー/ スター誕生(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

アリー/ スター誕生(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『アリー/ スター誕生』とは、歌手に憧れる女性の成功と苦悩と愛を描いた、2018年公開のアメリカ映画。主演は、本作が初主演となるレディー・ガガ。監督は、俳優で本作でもジャックを演じるブラッドリー・クーパー。1937年の同名映画4度目のリメイク。劇中の音楽も高い評価を受け、サウンドトラックは全米1位を獲得。自信のないシンガーが才能を見出され、スターダムを駆け上がっていく。単なるシンデレラストーリーだけではなく、依存症や家族のあり方を含めた人の苦節や愛情という側面も深く描いた作品。

Read Article

アベンジャーズ/エンドゲーム(MCU)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

アベンジャーズ/エンドゲーム(MCU)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『アベンジャーズ/エンドゲーム』とは、2019年に公開されたディズニー配給・マーベル製作の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の続編である。本作は、宇宙最大のパワーを持つ6つの石”インフィニティ・ストーン”を集めたサノスがアベンジャーズのメンバーを含む、全宇宙の生命の半分を消滅させたところから始まる。人類を守るため、”キャプテン・アメリカ”や”アイアンマン”を筆頭に最強ヒーローたちが再び立ち上がり、史上最凶最悪の敵・サノスに逆襲(アベンジ)する。

Read Article

パーフェクト ワールド(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

パーフェクト ワールド(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

監督クリント・イーストウッド、主演ケヴィン・コスナーで1993年に公開されたアメリカ映画。 クリント・イーストウッドとケヴィン・コスナーというハリウッドの2大スター共演だが、フィリップ役の子役が素晴らしい演技を見せて、観るものを驚かせた。 脱獄囚ブッチは、逃亡中に8歳の少年フィリップと出会い、人質として連れ出す。逃亡の中で次第に心を通わせていく2人。せつないラストに心打たれるロードムービー。

Read Article

ジャージー・ボーイズ(Jersey Boys)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ジャージー・ボーイズ(Jersey Boys)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「ジャージー・ボーイズ」は、1960年代に活躍したポップスグループ、フォー・シーズンズの伝記をもとに脚色したブロードウェイの最高傑作を、巨匠クリント・イーストウッドが映画化した。神から与えられた歌声と、曲を作る才能、息のあったハーモニー、スターダムにのし上がった4人の若者”フォーシーズンズ”の名曲誕生に秘められた、友情、夢、栄光と挫折、そして今明かされる真実の物語。2014年に全米で公開。

Read Article

チェンジリング(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

チェンジリング(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ある日突然姿を消した息子が、5か月後に保護された。しかし息子として保護された少年は、彼女の本当の息子ではなかった。1920年代に実際に起きた「ゴードン・ノースコット事件」と呼ばれる連続少年誘拐殺人事件を、アンジェリーナ・ジョリー主演、クリント・イーストウッド監督により映画化したミステリー・ドラマ。

Read Article

グラン・トリノ(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

グラン・トリノ(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『グラン・トリノ』とは、2008年にクリント・イーストウッドが監督、プロデューサー、主演を務めたアメリカのヒューマンドラマ映画である。 ミシガン州を舞台に、頑固な元軍人ウォルトと、モン族の隣人、少年タオとの心の交流を描く。一度は、ギャングにそそのかされ、ウォルトの愛車を盗もうとしたタオであったが、ウォルトに仕事を世話してもらい、真面目に働く。一方で、ギャングの、タオへの嫌がらせはエスカレートしていく。タオやタオの家族を守る為、ウォルトは命を賭けて、ギャングを刑務所送りにする。

Read Article

イエスマン “YES”は人生のパスワード(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

イエスマン “YES”は人生のパスワード(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『イエスマン “YES”は人生のパスワード』とは、2008年にアメリカとイギリスで製作されたコメディ映画。何事に対しても「ノー」が口癖で人生に消極的な男カールが、ある日参加したセミナーで「どんなことに対しても”YES”と答えることで意味のある人生を送れる」と説かれる。「ノー」と答えると災が起こるという暗示をかけられたカールは、どんな場面でも「イエス」と言うようになる。それ以降人生が好転し始めたカールだったが、思わぬ出来事が待ち受けていたのだった。

Read Article

ハドソン川の奇跡(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ハドソン川の奇跡(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ハドソン川の奇跡』とは、日本で2016年に公開されたヒューマンドラマ映画。2009年に実際に起きた“ハドソン川の奇跡”と言われたUSエアウェイズ1549便不時着水事故と、その後の知られざる真実を描いている。俳優・監督として活躍を続ける名匠クリント・イーストウッドが監督を、主演を名優のトム・ハンクスが務めている。英名タイトルは、機長の愛称でもある「SULLY」。第40回日本アカデミー賞最優秀外国作品賞を受賞。

Read Article

NEW
硫黄島からの手紙(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

硫黄島からの手紙(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『硫黄島からの手紙』とは、アメリカ合衆国で製作された戦争映画。太平洋戦争末期の日本軍司令官、栗林忠道が家族に送った『「玉砕総指揮官」の絵手紙』に基づいており、クリント・イーストウッドが監督を、アイリス・ヤマシタが脚本を務めた。前作のアメリカ側からみた硫黄島での戦闘を描く、『父親たちの星条旗』と対をなす『硫黄島2部作』の日本側作品。2006年に発見された兵士たちの手紙から始まり、1944年当時の硫黄島守備隊の玉砕までの日々を陸軍一等兵西郷や守備隊指揮官栗林中将の目線から描いている。

Read Article

「前田有一の超映画批評」で95点以上を獲得した映画まとめ!『アメリカン・スナイパー』など

「前田有一の超映画批評」で95点以上を獲得した映画まとめ!『アメリカン・スナイパー』など

ここでは映画批評サイト「前田有一の超映画批評」で95点以上を獲得した映画をまとめた。イラク戦争で160人を撃ったアメリカ人スナイパーを描く『アメリカン・スナイパー』、ディズニー映画『ピーターパン』をもとに妖精の世界を描く『ティンカー・ベル』などを紹介している。

Read Article

【MCU】仲良しっぷりが伝わるアベンジャーズキャストの画像まとめ【マーベル・コミックス】

【MCU】仲良しっぷりが伝わるアベンジャーズキャストの画像まとめ【マーベル・コミックス】

世界中にヒーロー映画旋風を巻き起こしてきた『アベンジャーズ』シリーズ。2019年、遂にヒーローたちの物語の終幕となる『アベンジャーズ/エンドゲーム』が公開されました。ここではロバート・ダウニー・Jr.やスカーレット・ヨハンソンをはじめとする、同作品に出演した超豪華キャストの集合写真などを集めました。撮影の舞台裏や貴重なオフショットを紹介していきます。

Read Article

感動作揃い!老人と子供の心の交流を描いた映画7選!『ニュー・シネマ・パラダイス』など

感動作揃い!老人と子供の心の交流を描いた映画7選!『ニュー・シネマ・パラダイス』など

老人と子供の心の交流を描いた映画を集めました。名優クリント・イーストウッドが頑固な元軍人役を演じた『グラン・トリノ』や、父が遺したメッセージを解こうと主人公が奮闘する『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』、映画愛に溢れた名作『ニュー・シネマ・パラダイス』など全7作品。各作品のあらすじや見どころを紹介していきます。

Read Article

【アベンジャーズ】宇宙最大の力を持つインフィニティ・ストーンについて徹底解説【MCU】

【アベンジャーズ】宇宙最大の力を持つインフィニティ・ストーンについて徹底解説【MCU】

世界中の人々を熱狂させたMCU作品。「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」では、インフィニティ・ストーンと呼ばれる石が宇宙最大の力を持つものだと判明。ここでは6種類ある石の名前や力、登場した作品などを画像を交えながら解説。それぞれの石の行方や「アベンジャーズ/エンドゲーム」への繋がりも紹介していきます。

Read Article

『名探偵コナン 紺青の拳』の人気の秘密とは!?『アベンジャーズ/エンドゲーム』を破ったことで海外ファン騒然!!

『名探偵コナン 紺青の拳』の人気の秘密とは!?『アベンジャーズ/エンドゲーム』を破ったことで海外ファン騒然!!

2019年の日本映画界の大きな話題となったのが、『名探偵コナン 紺青の拳』の人気の高さ。同時期に公開された『アベンジャーズ/エンドゲーム』以上の興行収入を叩き出したのです。ここでは作品情報や興行収入、映画館に足を運んだ客層など、コナンの人気の秘密を徹底的に解説。アベンジャーズとのコラボ画像も載せています。

Read Article

【アベンジャーズ/エンドゲーム】笑って泣ける!おすすめの感動系映画5選【パパは奮闘中!】

【アベンジャーズ/エンドゲーム】笑って泣ける!おすすめの感動系映画5選【パパは奮闘中!】

2019年の4月に劇場公開された映画の中から、おすすめの映画をまとめました。仲間との絆の強さに感動する『アベンジャーズ/エンドゲーム』や、仕事と育児に悪戦苦闘する父親と子の関係を描いた『パパは奮闘中!』、ハートウォーミング青春コメディの『リアム16歳、はじめての学校』など全5作品、あらすじや見どころを紹介していきます。

Read Article

目次 - Contents