ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3(DQMJ3)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3』とはスクウェア・エニックスより発売されたドラゴンクエストモンスターズジョーカーシリーズ4作目となるRPGである。物語の舞台であるブレイクワールドでモンスターをスカウトして仲間にしながら、主人公の過去と世界の秘密を解き明かすストーリー。シリーズ初となる仲間モンスターに乗って移動できる「ライドシステム」など新要素も追加されている。ジョーカーシリーズ1作目との繋がりも多く、マイナーチェンジのプロフェッショナル版はシリーズのフィナーレを飾る完結作となった。

『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3』の概要

前作までと共通のロゴに3と大きく描かれたタイトル

『ドラゴンクエストモンスタージュ ジョーカー3』とは、スクウェア・エニックスから2016年3月24日に発売された、ニンテンドー3DS専用ソフトである。
前作の『ドラゴンクエストモンスターズジョーカー2』に引き続き「スカウトアタック」で仲間にしたモンスターたちを育成・配合しながら物語を進めるRPGで、本作ではジョーカーシリーズでは最大である500体の以上のモンスターが登場する。さらに、仲間のモンスターに乗ってフィールドを移動することができる「ライドシステム」や、主人公が身に着けている「リアクター」でフィールド上に隠された異空間や通路を感知し、宝箱の入手や新しいエリアへ行けるようになるなどの新要素も追加された。
ストーリー開始時に主人公は記憶を失っており、モンスターマスターとして成長しながら彼の過去の記憶や本作の舞台であるブレイクワールドの秘密に迫る物語となっている。
中世ファンタジーが舞台となっているドラゴンクエストモンスターズシリーズでは珍しく水上バイクや飛行船、ATMが存在するという異質の雰囲気だったジョーカーシリーズだが、本作ではストーリーの舞台であるブレイクワールドの性質や歴史からさらに近未来SFのような世界観となっている。
またジョーカーシリーズの最終作として『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3 プロフェッショナル』が2017年2月9日に発売された。新しいモンスターや新特性、クリア後のストーリーなどが追加され、歴代のキャラクターが登場するなどシリーズ経験者を意識した内容となっている。

『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3』のあらすじ・ストーリー

偽りの楽園

主人公(右)を連れ出そうとする謎の少女(左)のもとにサンチョ(中央)が慌てた様子で駆けつける

サイレンが鳴り響いている研究室のような場所で男が球状の機械の中に黒い装置を詰めていた。魔物たちが男を追いつめるその直前に作業は完了し、男が装置の入った機械を掲げると機械は窓を破って外へと飛び出す。機械はそのまま飛行してしばらく移動を続けるが、悪天候による落雷で地面に墜落してしまう。

主人公が目を覚ますとサンチョというしもべのロボットが朝食を用意してくれていた。サンチョによるとここは「楽園」と呼ばれた場所で、主人公は小さなモンスターたちと平和に暮らしているとのことだった。主人公が庭を散歩していると地面に壊れた機械をみつけてその機械に触れると中には黒い装置が入っており、主人公が装置を頭に装着すると大きな音が楽園に鳴り響く。その音に気付いたサンチョが慌てて駆け付けると、同じ装置をつけた謎の少女が主人公の目の前に現れた。サンチョは「今すぐ頭につけたリアクターを捨てて逃げてください!」と主人公に指示すると姿を変えて攻撃の体制をとるが、すぐに少女に破壊されてしまう。サンチョが少女に破壊されると突然周りの景色が殺風景な洞窟の中に変わる。主人公の暮らしていた楽園はすべてサンチョがみせていた幻影の「偽りの楽園」だったのだ。謎の少女は「そのリアクターは道しるべ」と告げて主人公が装着した装置に手を触れる。「あなたがすべてを知ったとき 今度こそ私たちの目的を果たせる」と言葉を残して謎の少女は姿を消し、主人公は旅立ったのであった。

静寂の草原

静寂の草原でノチョーラ族のノチョリン(右)と出会う

幻影の世界から旅立った主人公は「静寂の草原」で、人懐っこい純生物であるノチョーラ族のノチョリンと出会う。ノチョリンに案内されてウッドパークに到着すると、ノチョリンの仲間たちがさらわれてしまっていた。大喰らいの要塞へ向かいノチョーラ族たちを解放しようとすると、そこに大食王ボーショックが現れる。主人公のつけているリアクターを見て、もうレジスタンスの人間は逃がさないと大食王ボーショックが襲い掛かってきた。無事に勝利すると、救出されたノチョーラ族のキングが主人公の姿を見てレジスタンスに間違いないと話す。
主人公に記憶がないということを知ったキングはウッドパークでバーチャルコロシアムを解放する。バーチャルコロシアムで試験を受けた主人公はC級ライセンスを取得し、陸上ライドでモンスターに乗ることができるようになる。陸上ライドを利用して、移動装置まで到着した主人公とノチョリンたちは崩壊都市へと飛んだ。

崩壊都市

名前の通り、街が壊滅している崩壊都市

主人公たちは崩壊都市に到着するが、シャッターが封鎖されて開かず先に進めない。キングから電力の復旧を頼まれて主人公は送電施設へ向かい、都市全体の電力の復旧に成功する。
崩壊都市の主要施設であるセンタービルに入ると、主人公たちは大きな地震に見舞われた。地震の原因を探るため、ビルの最上階を調べに行くとガードマスターに襲われる。戦闘に勝利した主人公の前に謎の少女が立体映像として現れ、かつて過去に何があったのか見て感じてほしいと映像を再生する。映像の中では、主人公によく似た青年と謎の少女がモンスターに跨って旅立つところを老婆と幼い少年が見送るというものだった。立体映像の謎の少女はレジスタンスのルキヤに会うために、手掛かりのある歓楽の霊道へ行くよう主人公に伝える。主人公はビルで集中制御システムを操作し都市の大陸を移動させ、歓楽の霊道へ向かった。

歓楽の霊道

歓楽の霊道のネオンパーク

歓楽の霊道にて、主人公はルキヤと面識があるという幽霊からアンデッドガーデンの開放を依頼される。アンデッドガーデンに到着し、探索しているとノチョーラ族のチョーマッハに遭遇する。チョーマッハは特別なリアクターを探していると言い、主人公に同行することになった。最奥では強奪王ブンドルドがおり、楽園に閉じ込められているはずの主人公を見て動揺しながらも戦いを挑んでくる。勝利すると、ブンドルドのそばに置いてあったレジスタンスのリアクターからルキヤへの伝言が再生される。レジスタンスの秘密基地であるアンデッドガーデンがブンドルドに気づかれているという忠告の内容だった。そして立体映像として現れた少女から「凍骨の氷原にルキヤをよく知る者がいる」との助言を受けて主人公は解放されたアンデッドガーデンの裏にあった移動装置から凍骨の氷原へと飛んだ。

凍骨の氷原

争いによって東と西に分断されてしまったポーラパーク

凍骨の氷原のポーラパークでは西と東に分かれて紛争が起きていた。西のリーダーのトードーに東のリーダーであるシルバーの殺害疑いがかけられていたのだ。B級ライセンスを取得し、水中ライドが可能になった主人公はトードーに頼まれて、東の新しいリーダーのイエタスとの仲裁をすることになる。シルバーの死について調査するため氷の霊園へ向かうと、死んだはずのシルバーと対面する。さらに霊園の奥を探索していると、本物のイエタスの死体が発見される。偽物のイエタスに化けていたのは狡猾王アーザムークだった。アーザムークはルキヤに託された希望である「証」を持つイエタスを狙っていたのだ。
アーザムークとの戦いに勝利すると、謎の少女の映像が再生される。ルキヤは敵との戦いだけではなく世界を豊かにすることを考えており、自分たちの希望は主人公であると謎の少女は語る。さらに、主人公の過去と思われる映像が流れる。どうやら少女と主人公はふたりで「マザーをなんとかしよう」とするために戦っていたようだ。「バーディ」と呼ばれた魔物の背にふたりで乗りながら「マザー」について話している途中で、映像が突然終わってしまう。するとレジスタンスを狩る者と自称するダークマスターが映像に現れ、必ず追い詰めてやると主人公に宣戦布告をして映像は終わってしまう。主人公は、トードーとシルバーに別れを告げて黒鉄の監獄へ飛んだ。

黒鉄の監獄塔

ブレイクモンスターにするためのイケニエを回収しに来た拷問王イッタブル

黒鉄の監獄塔は、入るのは容易だが一度入ると脱獄は不可能だといわれている。イケニエを差し出さなければ拷問王イッタブルからひどい目に遭うと怯える魔物の身代わりに、キグルミを着た主人公はイケニエに成りすまして監獄塔へ潜入した。監獄塔の牢屋で主人公は、ルキヤが入っていたであろうキグルミを発見する。さらに探索を続けると、イケニエにされた魔物がブレイクモンスターに改造されているのを目撃した。牢屋の前で行われる拷問王イッタブルと看守たちの集会にキグルミを着た主人公も参加することになるが、そこで正体がばれてしまう。主人公が敵の魔物たちに追い回されているとルキヤが手助けしてくれた。

ルキヤは魔物をブレイクモンスターに変えてしまう改造装置の爆破計画を立てていた。ルキヤと改造装置に爆弾を仕掛けて、立ち去ろうとすると拷問王イッタブルが主人公を「アンセス」と呼び、戦闘を仕掛けてくる。イッタブルを倒すと、そこへダークマスターが現れる。ブレイクモンスターはマザーの下僕であり、ダークマスターの目的はマザーの名のもとに世界をまとめてひとつにすることであると話し、ルキヤが設置した爆弾を壊してしまう。ルキヤは自分のリアクターを主人公に手渡すと、自爆して装置を破壊することを告げる。主人公はルキヤにすぐ逃げるように指示されて戸惑いを見せるも、その場から脱出する。「それでいい、マザーのことはあんたに任せたよ」とルキヤはつぶやき、改造装置を巻き込んでルキヤは爆発した。ルキヤに渡されたリアクターから、録音されたルキヤからのメッセージが再生される。主人公はメッセージに従い、主人公の相棒であるバーディを訪ねるために監獄塔の最上階から焦熱の火山へ向かった。

焦熱の火山

主人公に会い、パートナーのアンセスと再会できたと喜ぶバーディ

6usakixjapan
6usakixjapan
@6usakixjapan

Related Articles関連記事

スターオーシャン セカンドストーリー(スターオーシャン2)のネタバレ解説・考察まとめ

スターオーシャン セカンドストーリー(スターオーシャン2)のネタバレ解説・考察まとめ

『スターオーシャン セカンドストーリー』とは1998年にエニックスより発売されたプレイステーション専用ソフト。2008年にはリメイク版をPSPで発売し、2015年にはPS3・PSVita・PS4でもリメイク版が発売されている。ストーリーは主人公クロードがもう一人の主人公レナと出会い、仲間たちと共に冒険をするといったもの。2016年には歴代の『スターオーシャン』シリーズのキャラクターを登場させるクロスオーバーのスマートフォンゲーム『スターオーシャンアナムネシス』も発売されている。

Read Article

ドラゴンクエストビルダーズ(DQB)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストビルダーズ(DQB)のネタバレ解説・考察まとめ

ファミリーコンピュータ版ドラゴンクエストの舞台・アレフガルドの復興のため、ものづくりの才能を持った主人公が奮闘していくブロックメイクRPG。ファミリーコンピュータ版ドラゴンクエストにて「勇者が竜王の仲間になる選択をした」その後の未来が描かれている。従来のドラゴンクエストの世界観を踏襲しながらも、まったく新しいストーリーやシステムが搭載されたシリーズ外伝である。

Read Article

ドラゴンクエストビルダーズ2(DQB2)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストビルダーズ2(DQB2)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』は、ドラゴンクエストの世界でモノづくりを楽しめる『ビルダーズ』シリーズの第2作目。 舞台はドラゴンクエスト2のエンディング後の世界。見習いビルダーである主人公は、流れ着いた無人島『からっぽ島』で出会った謎の少年シドーと共に、ハーゴン教団によって荒廃した世界を救う冒険をしながら、からっぽ島を開拓していく。

Read Article

【二次創作】ドラクエ風フリーゲーム作品まとめ【ドラゴンクエスト】

【二次創作】ドラクエ風フリーゲーム作品まとめ【ドラゴンクエスト】

大人気のRPG作品【ドラゴンクエスト】シリーズ。中にはドラクエの世界観を再現したオリジナルのフリーゲームを制作したファンも大勢存在している。ドラクエに登場するキャラクターや武器に近いものが登場する、無料でドラクエ風のストーリーが楽しめる二次創作のゲーム作品を、まとめてご紹介する。

Read Article

星のドラゴンクエスト(星ドラ)のネタバレ解説・考察まとめ

星のドラゴンクエスト(星ドラ)のネタバレ解説・考察まとめ

「星のドラゴンクエスト」とはスクウェア・エニックスより配信されている、スマートフォン用のロールプレイングゲームです。 略称は「星ドラ」で、仲間と共にクエストをクリアし、レベルアップしながらボスを倒していきます。 過去のドラゴンクエストシリーズのストーリーや、キャラクターなども登場するので、ドラクエファンの方はもちろんですが、初心者の方でも楽しめるゲームになっています。

Read Article

ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2 プロフェッショナル(DQMJ2P)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2 プロフェッショナル(DQMJ2P)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2 プロフェッショナル』とはスクウェア・エニックスにより発売されたニンテンドーDS向けのRPGで、前作の『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2』をベースに、新要素が追加されたマイナーチェンジ版。冒険の舞台は巨大モンスターが生息する孤島。主人公は行方不明になった仲間たちを探し、脱出するために巨大モンスターと戦い、島に隠された謎を解き明かす。『ドラゴンクエスト』シリーズのモンスターをスカウトして育成・配合で強くし、敵モンスターを倒していく育成RPG。

Read Article

ファイナルファンタジーXIII(FF13)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーXIII(FF13)のネタバレ解説・考察まとめ

「ファイナルファンタジーXIII」(FF13)は、スクウェア・エニックスからPlayStation 3(PS3)及びXbox 360のマルチプラットフォーム向けに発売されたFFシリーズの第13作目。 「FABULA NOVA CRYSTALLIS」という神話世界を共有するプロジェクトの1つ。 パルスとコクーン、2つの世界を舞台にライトニングたちは「神」のような存在ファルシと戦う。

Read Article

ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII(LRFF13)のネタバレ解説・考察まとめ

ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII(LRFF13)のネタバレ解説・考察まとめ

「ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII」(LRFF13)は、スクウェア・エニックスより2013年に発売されたPlayStation 3・Xbox 360向けゲームソフト。 「FF13-2」の続編にあたり、「FF13」から続く三部作の最終章となる。 前作から500年後の終末に向かう世界で、「FF13」の主人公ライトニングが再び主役となり人々を救うため戦う。

Read Article

ファイナルファンタジーXIII-2(FF13-2)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーXIII-2(FF13-2)のネタバレ解説・考察まとめ

「ファイナルファンタジーXIII-2」(FF13-2)とは、2011年にスクウェア・エニックスより発売されたプレイステーション3・Xbox 360向けゲームソフトであり、「FF13」の続編である。 「FF13-2」は「FF13」のエンディング後から始まる。今作では「FF13」の主人公だったライトニングの妹セラが主人公となり、時空の歪みを正すために、未来から来たノエルと共に時空を超えた旅に出る。

Read Article

ドラゴンクエストIX(DQ9・ドラクエ9)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストIX(DQ9・ドラクエ9)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』は、2009年7月にスクウェア・エニックスより発売されたニンテンドーDS用RPGソフト。 ドラクエナンバリングタイトルで初めてMORPGとしてマルチプレイ要素が導入された作品である(シングルプレイのみでも本編をクリア可能)。 本作の主人公は天使であり、とある事件によって世界各地に散らばってしまった「女神の果実」を集めることが今回の冒険の目的である。 主人公の仲間たちはドラクエ3のようにプレイヤーがキャラクターを作成して仲間に加えるというシステムである。

Read Article

ファイナルファンタジーX(FF10)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーX(FF10)のネタバレ解説・考察まとめ

「ファイナルファンタジーX」(FF10)は、スクウェア・エニックスが2001年7月にプレイステーション2用ソフトとして発売したロールプレイングゲーム(RPG)。FFナンバリングタイトルの10作目。 ザナルカンドに住む青年ティーダはある時異世界「スピラ」に飛ばされてしまう。そこで出会った召喚士のユウナとともに、この世界の脅威である「シン」を倒すための旅に出る。

Read Article

ドラゴンクエストVIII(DQ8・ドラクエ8)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストVIII(DQ8・ドラクエ8)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』とは、2004年に発売された「PlayStation 2」専用ソフト。「ドラゴンクエスト」シリーズの8作目の作品となる。邪悪な呪いによって時を止められた王国を救うべく、主人公が仲間達と共に旅をするストーリーが展開される。キャラクターからフィールド背景まで全てが3D表現となったほか、スキル選択による成長、テンション上昇による強化戦闘、アイテム錬金などのシステムが登場した。

Read Article

ファイナルファンタジーX-2(FF10-2)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーX-2(FF10-2)のネタバレ解説・考察まとめ

「ファイナルファンタジーX-2」(FFX-2)はスクウェア・エニックスより2003年にPlayStation2用ソフトとして発売されたRPGで、「FFX」からの正当な続編。 世界観は「X」から引き継いているが、キャラクター演出などのノリはかなり軽い。ドレスアップなど新たなシステムを搭載している。 「FFX」から2年後、ユウナはティーダに似た青年が映ったスフィアを見て、再び旅に出る。

Read Article

ファイナルファンタジーXII(FF12)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーXII(FF12)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーXII(FF12)とは2006年に発売された、PlayStation 2専用ロールプレイングゲームで、FFシリーズの12作目。2017年7月13日にはリマスター版「ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ」がPS4版として販売される。 帝国の支配下となった小国に住む少年ヴァンは、物盗り目的で王宮に忍び込んだことから大国同士の戦乱に巻き込まれていく。

Read Article

FFX-2『カモメ団の情報担当シンラ君』とFF7『神羅カンパニー』の関係のネタバレ解説まとめ

FFX-2『カモメ団の情報担当シンラ君』とFF7『神羅カンパニー』の関係のネタバレ解説まとめ

FFX-2内で、主人公ユウナやその仲間リュック・パインが所属しているスフィアハンター集団・カモメ団。その一人、情報担当のシンラ君とFF7の神羅カンパニーにはただならぬ関係があった。シンラ君は実は大きなことを成し遂げていた。それは長い長い年月をかけて、違う物語に関わっていた。名前が似ているだけではない、公式が明かした裏設定とは。その内容と解説。

Read Article

ドラゴンクエストXI(DQ11・ドラクエ11)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストXI(DQ11・ドラクエ11)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエスト11とは、2017年7月29日に発売された同シリーズ11作目にして初の「PlayStation4(以降PS4と呼称)」と「Nintendo3DS(以降3DSと呼称)」の2機種同時発売のゲームとなる。2013年の企画当初はPS4のみだったが、後に3DS版の開発も決定された。 悪魔の子と呼ばれ、勇者でありながら追われる身となってしまう主人公。その旅のなかで出会う仲間たちとの壮大な冒険が始まる。

Read Article

ドラゴンクエストX(DQ10・ドラクエ10)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストX(DQ10・ドラクエ10)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストシリーズの第10作目。同シリーズナンバリング作品としては初のオンラインゲームである。「エテーネの民」と呼ばれる主人公たちの村が冥王ネルゲルの攻撃により滅びを迎え、アストルティア大陸にて五つの種族のうちいずれかに転生した主人公が、元の人間の姿を取り戻し冥王ネルゲルを倒すため旅を始めるといったストーリーになっている。

Read Article

ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング(FF12RW)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング(FF12RW)のネタバレ解説・考察まとめ

「ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング」(FF12RW) は、スクウェア・エニックスより2007年に発売されたニンテンドーDS用ゲームソフト。「ファイナルファンタジーXII」(FF12)の派生作品。 携帯ゲーム機としての今作では、タッチペンを使用し、手軽に遊べるロールプレイングゲーム(RPG)となった。 浮遊大陸レムレースを舞台に「FF12」の主人公、ヴァンの新たな冒険を描く。

Read Article

ファイナルファンタジーXII(FF12)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ファイナルファンタジーXII(FF12)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ファイナルファンタジーXII(FF12)とは2006年に発売されたFFシリーズの12作目。ダルマスカのダウンタウンに住む少年ヴァンは、祖国を支配する帝国に一泡吹かせるため王宮に忍び込んだことから世界を揺るがす大きな運命に巻き込まれていく。イヴァリースというひとつの歴史の中で、登場するキャラクターたちはそれぞれ印象的な台詞を残している。

Read Article

NieR:Automata(ニーア オートマタ)のネタバレ解説・考察まとめ

NieR:Automata(ニーア オートマタ)のネタバレ解説・考察まとめ

「NieR:Automata(ニーア オートマタ)」とはプラチナゲームズが開発したPlayStation4用のゲーム作品。ジャンルはアクションRPG。2017年2月23日にスクウェア・エニックスより発売。2017年4月には全世界での累計出荷本数 (ダウンロード版含む) が100万本を突破。 地球に侵略してきたエイリアンが作った機械生命体と人類を守るために作られたアンドロイドたちの抗争を描く。

Read Article

ドラゴンクエストVII(DQ7・ドラクエ7)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストVII(DQ7・ドラクエ7)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』とは、2000年8月26日にエニックスより発売されたプレイステーション用RPGソフト。 ドラクエナンバリングタイトルの中では、移植版を除いて初めて任天堂以外のゲーム専用機向けに開発されたソフトである。 今回の冒険は、大魔王オルゴ・デミーラによって失われた世界を取り戻し、大魔王を討伐することが目的である。 シリーズのソフトで最もゲームクリアまでに費やす時間が多いタイトルであり、非常にボリュームのあるストーリーとなっている。

Read Article

ファイナルファンタジーVII(FF7)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーVII(FF7)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファイナルファンタジーVII』とは、1997年にスクウェア(現:スクウェア・エニックス)から発売された初のPlayStation(PS)用ロールプレイングゲーム(RPG)。シリーズの7作目。 シリーズでは初めて全マップ3Dとなり、CGムービーを演出に取り入れ、RPG新時代の先駆けとなった。 星を破滅させようとするセフィロスと、それを止めようとする主人公クラウドの戦いを描く物語。

Read Article

ライブ・ア・ライブ(Live A Live)のネタバレ解説・考察まとめ

ライブ・ア・ライブ(Live A Live)のネタバレ解説・考察まとめ

『ライブ・ア・ライブ(Live A Live)』とは、株式会社スクウェアから発売されたRPGである。原始人の少年が生贄とされる別部族の美少女を救う原始編、要人救出の密命を受けて単身敵地へ侵入する幕末編、心山拳師範の老師が後継者を探す功夫編、放浪のガンマンがギャング集団を迎え撃つ西部編、最強の格闘家を目指す現代編、超能力に目覚めた青年が巨大ロボットで悪に立ち向かう近未来編、宇宙船という閉鎖空間でのサバイバルホラーのSF編の7つのメインシナリオで構成される。

Read Article

ドラゴンクエストV(DQ5・ドラクエ5)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストV(DQ5・ドラクエ5)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』とは、1992年9月27日にエニックスより発売されたスーパーファミコン用RPGソフト。 前作の「ドラゴンクエストIV」に続き、「天空シリーズ」の第二作目として知られている。 今回の冒険は、親子二代に渡って探し続けていた「天空の勇者」を探し出し、魔界に鎮座する大魔王を倒すことが目的。 本作から新しく仲間モンスターシステムが導入され、モンスターをパーティに組み込むことが可能である。

Read Article

ドラゴンクエストVI(DQ6・ドラクエ6)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストVI(DQ6・ドラクエ6)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンクエストVI 幻の大地』とは、1995年に発売された「ドラゴンクエスト」シリーズの6作目の作品。「発見」をテーマとしており、主人公達が2つの世界を冒険する中で本当の自分自身を見つける、「自分捜しの旅」をするストーリーが展開される。新しい転職システムや、2つの世界を何度も往復するシナリオを特徴とする。シリーズの4作目・5作目と共に「天空シリーズ」と称される作品の1つであるとともに、同シリーズの完結編として位置づけられている。

Read Article

ドラゴンクエストIII(DQ3・ドラクエ3)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストIII(DQ3・ドラクエ3)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』とは、1988年2月10日にエニックスより発売されたファミリーコンピュータ用RPGソフト。 ドラクエシリーズ作品の中でも爆発的な人気を誇り、発売日には量販店の前に数キロメートルの行列ができるなどの社会現象を巻き起こした。 「魔王バラモス」の討伐に向かった「勇者オルテガ」の息子である主人公が、そのまま消息を絶った父に代わり魔王討伐の旅に出るストーリー。

Read Article

ドラゴンクエストIV(DQ4・ドラクエ4)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストIV(DQ4・ドラクエ4)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』とは、1990年2月11日にエニックスから発売されたファミコン用RPGソフト。 前作までがロトシリーズと呼ばれているのに対し、今作は天空シリーズの第1弾となる。 今回の冒険は、地獄の帝王を蘇らせようとしているデスピサロの企みを阻止し、地獄の帝王を倒すことが目的である。 主要なプレイヤーキャラクターは「導かれし者たち」と言われる8人で、第1章から第4章までは仲間の旅立ちが描かれ、第5章で主人公のもとに導かれし者たちが集って魔王討伐に向かうことになる。

Read Article

ファイナルファンタジー 零式(FF零式)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジー 零式(FF零式)のネタバレ解説・考察まとめ

「ファイナルファンタジー 零式(れいしき)」 (FF零式) とは、2011年にスクウェア・エニックスより発売されたプレイステーションポータブル(PSP)用ロールプレイングゲーム(RPG)。 戦争をテーマに、クリスタルと神、人間の命と死について描かれるFFシリーズの外伝的作品。 主人公の14人の少年少女たちは、アギトと呼ばれる救世主になるために厳しい訓練をこなしながら、戦争に身を投じていく。

Read Article

ファイナルファンタジーVIII(FF8)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーVIII(FF8)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーVIII(FF8)はスクウェア(現スクウェア・エニックス)が1999年にPlayStation用に発売したロールプレイングゲーム(RPG)で、シリーズ8作目。 今作ではシリーズ初の主題歌が採用され、その主題歌「Eyes On Me」は50万枚を超えるセールスを記録した。 兵士養成学校に所属する青年スコールがその仲間たちと共に、世界の脅威となる魔女と戦う物語。

Read Article

ファイナルファンタジータクティクス(FFT)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジータクティクス(FFT)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジータクティクス(FFT)とは、スクウェア(現スクウェア・エニックス)から1997年にプレイステーション用ソフトとして発売されたシミュレーションロールプレイングゲーム(RPG)である。 獅子戦争と呼ばれる内戦の最中、その裏で活躍した主人公ラムザと、その親友だったディリータの栄光と暗躍を描く物語。

Read Article

ダイの大冒険(ダイ大)のネタバレ解説・考察まとめ

ダイの大冒険(ダイ大)のネタバレ解説・考察まとめ

『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』とは、エニックスの人気RPG「ドラゴンクエストシリーズ」の世界観を元に描かれた、原作:三条陸、漫画:稲田浩司、監修:堀井雄二による漫画作品。かつて世界征服を目論んだ魔王「ハドラー」が勇者とその仲間によって倒されてから十数年。この物語は、復活を果たした魔王ハドラー率いる「魔王軍」と、かつての勇者の弟子「アバンの使徒」との戦いを描くバトルテイスト冒険ファンタジーである。

Read Article

ファイナルファンタジーIX(FF9)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーIX(FF9)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファイナルファンタジーⅨ』(FF9)とは、スクウェア(現スクウェア・エニックス)より2000年に発売されたプレイステーション用ゲームソフト。FFシリーズ9作目。 今作のテーマは原点回帰。中世欧州風の王道ファンタジー的世界観に加え、過去のシリーズのオマージュ的な要素が盛り込まれている。 主人公ジタンと世界を滅ぼそうとするクジャとの闘いを通して、命と絆の大切さと生きる意味を問う物語。

Read Article

ファイナルファンタジーVI(FF6)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーVI(FF6)のネタバレ解説・考察まとめ

スクウェア(現スクウェア・エニックス)がスーパーファミコン(SFC)向けに1994年に発売したゲームソフト。FFシリーズ6作目。今作では、FF5までのシステムを踏襲しつつ、キャラクターによるストーリー性を重視した群像劇を描き出す。 失われた魔法と幻獣、機械文明世界が舞台となる。世界征服を企むガストラ帝国と、それに立ち向かう抵抗組織に属する者たちの戦いを描く群像劇。

Read Article

ファイナルファンタジーI(FF1)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーI(FF1)のネタバレ解説・考察まとめ

「ファイナルファンタジー(FF)」とは、1987年に発売されたファミリーコンピュータ(FC)用ゲームソフト。ジャンルはロールプレイングゲーム(RPG)。以降、様々なゲーム機にリメイクされている。 FFシリーズの記念すべき第1作目。 闇に覆われた世界に、クリスタルを手にした4人の若者が現れる。 彼らは「光の戦士」として、この世界の闇を払い、平和を取り戻すために冒険の旅に出る。

Read Article

目次 - Contents