NieR:Automata(ニーア オートマタ)のネタバレ解説・考察まとめ

「NieR:Automata(ニーア オートマタ)」とはプラチナゲームズが開発したPlayStation4用のゲーム作品。ジャンルはアクションRPG。2017年2月23日にスクウェア・エニックスより発売。2017年4月には全世界での累計出荷本数 (ダウンロード版含む) が100万本を突破。
地球に侵略してきたエイリアンが作った機械生命体と人類を守るために作られたアンドロイドたちの抗争を描く。

『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』の概要

2017年2月23日にスクウェア・エニックスより発売されたPlayStation4用ゲームソフト。ジャンルはアクションRPG。開発元はアクションゲーム開発で高い評価を持つプラチナゲームズ。プロデューサーは齊藤陽介。ディレクターおよびシナリオを前作「NieR Gesutalt / NieR Replicant (ニーアゲシュタルト / ニーアレプリカント)」のヨコオタロウが引き続き担当する。
キャッチコピーは「これは呪いか。それとも罰か。」
タイトルは当初「NieR:Androis」を想定していたが、「Android」と表記が類似していたため商標登録ができなかった経緯がある。ちなみに「Automata」とは「自動人形」の意味である。
本作は前作の主人公ニーアが消滅した後の世界であるにも関わらずタイトルを「NieR2」にしなかった理由として、前作の世界から数千年以上後の世界が舞台なので前作をプレイしていなくても楽しめる仕様になっていることが挙げられる。
本作ではエイリアンに侵略された地球を奪還するために人類側が作り出したアンドロイド兵士2B、9S、A2それぞれの視点で物語が展開される。
本作は前作と同様に周回要素のあるマルチエンディング方式である。メインストーリーのエンディングはAエンディングからEエンディングの5種類がある。アダムとイヴ戦の終結までを2Bの視点で進むAエンディング (1周目) 、9Sの視点で進むBエンディング (2周目) 、そしてアダムとイヴ戦後の物語をCからEエンディング (3周目以降) で描く。

『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』のあらすじ・ストーリー

西暦5012年の地球。突如宇宙からエイリアンが襲来。
人類はエイリアンと彼らが作り出した機械生命体により文明は壊滅し絶滅の危機を迎えていた。エイリアンの侵略を免れた少数の人類は地球を離れ月へ逃げ延びた。
5204年、人類軍司令部は地球の奪還をかけてエイリアンに対抗すべく、アンドロイド兵士を作り地球へ送り込む。十数回におよぶ大規模降下作戦を経ても膠着状態が続いたため、状況を打破するために最終決戦兵器としてヨルハ (YoRHa) 部隊を結成。地球ではアンドロイドと機械生命体の戦争が繰り広げられた。

1周目および2周目

大型兵器殲滅のためにブラックボックスを取り出した2人。そして..。

時は西暦11945年、衛星基地「バンカー」でヨルハ部隊所属隊員の2Bは随行役のポッド042と共に大型兵器の破壊作戦の任務に就く。しかし、現地に到達する前に部隊は2Bを残し全滅。救援を頼むためバンカーにいる担当のオペレーター6Oに相談し、既に探査目的で現地入りをしていた9Sとポッド153と合流した。合流後再び別行動を取った9Sは、オペレーター21Oの指示で各所のハッキングを試み2Bの援護をする。途中9Sが負傷するも目標の大型兵器を破壊することに成功する。しかし、同様の兵器が複数体現れたために為す術なく、2人は自らの心臓とも言うべきコア「ブラックボックス」を破壊することで自爆し作戦を終えた。

2Bは目が覚めるとバンカーにいた。自爆前に9Sが2Bの個体データをバンカーに送信してくれたおかげで、バンカーに備えていた素体に自爆直前までの記憶が移されたからだ。お礼を言うために「再起動」した9Sに会うが、9Sの個体データは送信しきれず、作戦時の記憶は残っていなかったため2Bのことを覚えていなかった。

司令官の指示で2Bと9Sは地球にいるレジスタンスと合流し情報収集する任務を受ける。
レジスタンスリーダーのアネモネから、凶悪な機械生命体の調査を依頼された2人は機械生命体が出現した原因を突き止めるために砂漠地帯へ向かう。
砂漠地帯で逃げる機械生命体を追って砂漠の団地にたどり着くと機械生命体が集団で襲いかかってきた。
しばらくすると、バラバラに動いていた機械生命体たちは一つにまとまり、その中からアンドロイドのような人型の機械生命体が生み落とされ戦闘になる。徐々に言葉を覚え、攻撃を避け始めるなど学習能力を向上させる機械生命体に困惑しつつも2人は撃退する。倒したかに思われたがその機械生命体の中からもう1体現れ、建物の崩壊もあり2人はこの2体を取り逃がしてしまう。

機械生命体ボーヴォワールと戦闘になる2Bと9S。

司令部から行方不明になったヨルハ部隊員の捜索を新たに命じられた2人はブラックボックス反応のある遊園地廃墟へ向かう。そこで目にしたのは、無残な姿となったアンドロイドたちを身にまとい、また彼らを兵器として利用する異様な機械生命体ボーヴォワールだった。
ボーヴォワールを倒したものの、アンドロイドたちはブラックボックスを焼き切られ助けることができなかった。遊園地を跡にすると白旗を上げる1体の機械生命体に声をかけられる。ボーヴォワールを壊してくれたお礼に村に招待すると誘われた2人は警戒しつつも情報収集のためにこれに応じる。

全員が白旗を揚げる奇妙な機械生命体の村へ訪れると長であるパスカルに歓迎される。そこは機械生命体のネットワークから逃れ戦争を放棄した機械生命体たちが暮らす平和な村だった。パスカルはアネモネと交流があり、友好的な機械生命体が存在することを2人は初めて知った。

人型の機械生命体「アダム」と「イヴ」と名乗る2人の目的は..。

突如、廃墟都市地帯で大型兵器および多数の機械生命体が出現したことで、全ヨルハ部隊の出撃命令を受けた2人は現場へ急行する。部隊同士の協力で大型兵器を撃墜したことで都市地帯の地盤が崩落し、地下空間にエイリアンの拠点があることを発見する。
エイリアンの拠点調査のために地下空間に向かった2人はそこで以前取り逃がした人型の機械生命体アダムとイヴと再会する。戦闘の最中アダムから、エイリアンは数百年前に機械生命体によって滅ぼされたという驚愕の事実を告げられる。さらに人類に純粋な興味を持ち、「人間を生きたまま分解して分析したいからアンドロイドに協力してほしい」と話を持ちかけられる。交渉は決裂し再び彼らを取り逃がしてしまう。

「森の国」で出会ったヨルハ部隊兵士のA2。容姿がどことなく2Bに似ているが..。

2人はバンカーに戻り事の次第を報告すると司令官からパスカルについて調査するように命じられる。パスカルに話を聞きに行くと、パスカルたちのように機械生命体のネットワークから切り離された機械生命たちが暮らす「森の国」という場所があることを教えてもらう。
調査のために「森の国」がある森林地帯へ向かう。奥地にある城の内部で2人は指名手配中の脱走兵A2と出会い戦闘になるも逃げられてしまう。

レジスタンスキャンプに立ち寄ると、アネモネからアンドロイド軍の空母の護衛を依頼される。空母がある水没都市へ向かうと、司令官から空母が機械生命体に襲われているため援護するよう指令が下される。そこに超巨大機械生命体も現れ戦闘になるも、増援部隊が駆け付けたこともあり超巨大機械生命体の機能停止に成功するが、停止した直後のEMP(電磁波)攻撃の余波で9Sが行方不明になってしまう。
2Bは9Sのブラックボックス反応を頼りに捜索しようとするがEMP攻撃の余波が通信機能にも影響が出ており、微弱な電波信号しか感知できない現状では9Sの現在位置を割り出すことができなかった。ポッド042から微弱な信号でも検知できる特殊なスキャナーがあるという情報を聞いた2Bは、使用実績のあるレジスタンスキャンプへ向かう。そこで特殊なスキャナーを作ったというデボルとポポルからスキャナーを譲ってもらい、9Sの捜索を続けた。

複製された街で無事9Sを救出した2B

2Bはケイ素と炭素の結晶で作られた不思議な空間、複製された街にたどり着く。
9Sはそこでアダムに捕らわれ身動きできずにいた。アダムの仕打ちに激昂した2Bは一人でアダムを撃破。アダムは「死」の感覚に満足したように事切れる。2Bは9Sを救出し街を跡にする。

バンカーで修復を受けることになった9Sは自身のバックアップ中に不明瞭なバグを発見する。バグの原因を究明するためにバンカーのメインサーバーを調査しているうちに機密事項である「ヨルハ計画」を目にしてしまったことで司令官に呼び出される。9Sは司令官から「ヨルハ計画」の詳細を聞かされる。戦争が始まってからしばらくして人類が滅亡しているという噂が広まり、アンドロイド兵士たちの戦意が下がっていた。
「ヨルハ計画」とはエイリアン襲来時に既に人類が絶滅していたという事実をアンドロイド兵士たちに知られないために、ヨルハ部隊を新たに立ち上げ活躍させることで、人類がまだ月面基地で生存していることを強く印象付ける演出に過ぎないものだった。さらに9Sは月面基地にあるのは人類の遺伝子情報だけであるという事実も知らされる。

9Sのハッキングのおかげで機械生命体の撃退に成功した2B

一方2Bは司令官からの話で、機械生命体のネットワークの半数をアダムが管理していた事実が分かり、ネットワークから切り離された機械生命体の動向を探るよう指示を受ける。
ポッド042の提案でパスカルに話を聞いてみると、工場廃墟でコロニーを作っているという機械生命体から同盟を組みたいという連絡がきているという。2Bはパスカルと工場廃墟で合流し和平交渉に立ち会うも、機械生命体たちは暴走し2Bたちに襲いかかってきた。9Sがバンカーからハッキングしたおかげで、2Bたちは工場廃墟の脱出に無事成功した。

アダムを失ったことで暴走し始めるイヴ

pansy7b1
pansy7b1
@pansy7b1

Related Articles関連記事

ベヨネッタ(BAYONETTA)のネタバレ解説・考察まとめ

ベヨネッタ(BAYONETTA)のネタバレ解説・考察まとめ

『ベヨネッタ』とは、500年前の封印から目覚めた美しく妖艶な魔女ベヨネッタが、天使達を華麗に叩きのめしながら失われた記憶の手掛かりを求めてヨーロッパの辺境ヴィグリッドを舞台に暴れまわるクライマックス・アクションゲーム。 少年少女、または成人した男性主人公が多い日本製のアクションゲームにおいて、フェミニンかつセクシーな大人の女性を主人公とし、その魅力を前面に押し出しながらスタイリッシュにまとめ上げたゲームデザインは発売当時話題となり、国内だけでなく海外に於いても多くのファンを生み出し続けている。

Read Article

ベヨネッタ2(BAYONETTA 2)のネタバレ解説・考察まとめ

ベヨネッタ2(BAYONETTA 2)のネタバレ解説・考察まとめ

『ベヨネッタ2』とは、美しく妖艶な魔女ベヨネッタが天使達を華麗に叩きのめすクライマックス・アクションゲーム『ベヨネッタ』の続編。 諸事情で一度開発中止となりながらも、パワーアップした操作感とヴィジュアルを伴いより爽やか且つスタイリッシュに進化した形で世に生み出され、「究極を超える究極」が盛り込まれたよりスケールアップしたアクションを体感できることとなった。本作では世界の目を含む天地創造やベヨネッタの父母に関する真相など前作に残された伏線や謎も描かれており、見どころの一つとなっている。

Read Article

ファイナルファンタジーXIII(FF13)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーXIII(FF13)のネタバレ解説・考察まとめ

「ファイナルファンタジーXIII」(FF13)は、スクウェア・エニックスからPlayStation 3(PS3)及びXbox 360のマルチプラットフォーム向けに発売されたFFシリーズの第13作目。 「FABULA NOVA CRYSTALLIS」という神話世界を共有するプロジェクトの1つ。 パルスとコクーン、2つの世界を舞台にライトニングたちは「神」のような存在ファルシと戦う。

Read Article

ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII(LRFF13)のネタバレ解説・考察まとめ

ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII(LRFF13)のネタバレ解説・考察まとめ

「ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII」(LRFF13)は、スクウェア・エニックスより2013年に発売されたPlayStation 3・Xbox 360向けゲームソフト。 「FF13-2」の続編にあたり、「FF13」から続く三部作の最終章となる。 前作から500年後の終末に向かう世界で、「FF13」の主人公ライトニングが再び主役となり人々を救うため戦う。

Read Article

ファイナルファンタジーXIII-2(FF13-2)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーXIII-2(FF13-2)のネタバレ解説・考察まとめ

「ファイナルファンタジーXIII-2」(FF13-2)とは、2011年にスクウェア・エニックスより発売されたプレイステーション3・Xbox 360向けゲームソフトであり、「FF13」の続編である。 「FF13-2」は「FF13」のエンディング後から始まる。今作では「FF13」の主人公だったライトニングの妹セラが主人公となり、時空の歪みを正すために、未来から来たノエルと共に時空を超えた旅に出る。

Read Article

ファイナルファンタジーX(FF10)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーX(FF10)のネタバレ解説・考察まとめ

「ファイナルファンタジーX」(FF10)は、スクウェア・エニックスが2001年7月にプレイステーション2用ソフトとして発売したロールプレイングゲーム(RPG)。FFナンバリングタイトルの10作目。 ザナルカンドに住む青年ティーダはある時異世界「スピラ」に飛ばされてしまう。そこで出会った召喚士のユウナとともに、この世界の脅威である「シン」を倒すための旅に出る。

Read Article

ファイナルファンタジーX-2(FF10-2)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーX-2(FF10-2)のネタバレ解説・考察まとめ

「ファイナルファンタジーX-2」(FFX-2)はスクウェア・エニックスより2003年にPlayStation2用ソフトとして発売されたRPGで、「FFX」からの正当な続編。 世界観は「X」から引き継いているが、キャラクター演出などのノリはかなり軽い。ドレスアップなど新たなシステムを搭載している。 「FFX」から2年後、ユウナはティーダに似た青年が映ったスフィアを見て、再び旅に出る。

Read Article

ファイナルファンタジーXII(FF12)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーXII(FF12)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーXII(FF12)とは2006年に発売された、PlayStation 2専用ロールプレイングゲームで、FFシリーズの12作目。2017年7月13日にはリマスター版「ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ」がPS4版として販売される。 帝国の支配下となった小国に住む少年ヴァンは、物盗り目的で王宮に忍び込んだことから大国同士の戦乱に巻き込まれていく。

Read Article

FFX-2『カモメ団の情報担当シンラ君』とFF7『神羅カンパニー』の関係のネタバレ解説まとめ

FFX-2『カモメ団の情報担当シンラ君』とFF7『神羅カンパニー』の関係のネタバレ解説まとめ

FFX-2内で、主人公ユウナやその仲間リュック・パインが所属しているスフィアハンター集団・カモメ団。その一人、情報担当のシンラ君とFF7の神羅カンパニーにはただならぬ関係があった。シンラ君は実は大きなことを成し遂げていた。それは長い長い年月をかけて、違う物語に関わっていた。名前が似ているだけではない、公式が明かした裏設定とは。その内容と解説。

Read Article

ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング(FF12RW)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング(FF12RW)のネタバレ解説・考察まとめ

「ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング」(FF12RW) は、スクウェア・エニックスより2007年に発売されたニンテンドーDS用ゲームソフト。「ファイナルファンタジーXII」(FF12)の派生作品。 携帯ゲーム機としての今作では、タッチペンを使用し、手軽に遊べるロールプレイングゲーム(RPG)となった。 浮遊大陸レムレースを舞台に「FF12」の主人公、ヴァンの新たな冒険を描く。

Read Article

ファイナルファンタジーXII(FF12)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ファイナルファンタジーXII(FF12)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ファイナルファンタジーXII(FF12)とは2006年に発売されたFFシリーズの12作目。ダルマスカのダウンタウンに住む少年ヴァンは、祖国を支配する帝国に一泡吹かせるため王宮に忍び込んだことから世界を揺るがす大きな運命に巻き込まれていく。イヴァリースというひとつの歴史の中で、登場するキャラクターたちはそれぞれ印象的な台詞を残している。

Read Article

ドラゴンクエストIX(DQ9・ドラクエ9)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストIX(DQ9・ドラクエ9)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』は、2009年7月にスクウェア・エニックスより発売されたニンテンドーDS用RPGソフト。 ドラクエナンバリングタイトルで初めてMORPGとしてマルチプレイ要素が導入された作品である(シングルプレイのみでも本編をクリア可能)。 本作の主人公は天使であり、とある事件によって世界各地に散らばってしまった「女神の果実」を集めることが今回の冒険の目的である。 主人公の仲間たちはドラクエ3のようにプレイヤーがキャラクターを作成して仲間に加えるというシステムである。

Read Article

ファイナルファンタジーVII(FF7)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーVII(FF7)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファイナルファンタジーVII』とは、1997年にスクウェア(現:スクウェア・エニックス)から発売された初のPlayStation(PS)用ロールプレイングゲーム(RPG)。シリーズの7作目。 シリーズでは初めて全マップ3Dとなり、CGムービーを演出に取り入れ、RPG新時代の先駆けとなった。 星を破滅させようとするセフィロスと、それを止めようとする主人公クラウドの戦いを描く物語。

Read Article

ライブ・ア・ライブ(Live A Live)のネタバレ解説・考察まとめ

ライブ・ア・ライブ(Live A Live)のネタバレ解説・考察まとめ

『ライブ・ア・ライブ(Live A Live)』とは、株式会社スクウェアから発売されたRPGである。原始人の少年が生贄とされる別部族の美少女を救う原始編、要人救出の密命を受けて単身敵地へ侵入する幕末編、心山拳師範の老師が後継者を探す功夫編、放浪のガンマンがギャング集団を迎え撃つ西部編、最強の格闘家を目指す現代編、超能力に目覚めた青年が巨大ロボットで悪に立ち向かう近未来編、宇宙船という閉鎖空間でのサバイバルホラーのSF編の7つのメインシナリオで構成される。

Read Article

ファイナルファンタジー 零式(FF零式)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジー 零式(FF零式)のネタバレ解説・考察まとめ

「ファイナルファンタジー 零式(れいしき)」 (FF零式) とは、2011年にスクウェア・エニックスより発売されたプレイステーションポータブル(PSP)用ロールプレイングゲーム(RPG)。 戦争をテーマに、クリスタルと神、人間の命と死について描かれるFFシリーズの外伝的作品。 主人公の14人の少年少女たちは、アギトと呼ばれる救世主になるために厳しい訓練をこなしながら、戦争に身を投じていく。

Read Article

ファイナルファンタジーVIII(FF8)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーVIII(FF8)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーVIII(FF8)はスクウェア(現スクウェア・エニックス)が1999年にPlayStation用に発売したロールプレイングゲーム(RPG)で、シリーズ8作目。 今作ではシリーズ初の主題歌が採用され、その主題歌「Eyes On Me」は50万枚を超えるセールスを記録した。 兵士養成学校に所属する青年スコールがその仲間たちと共に、世界の脅威となる魔女と戦う物語。

Read Article

ファイナルファンタジータクティクス(FFT)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジータクティクス(FFT)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジータクティクス(FFT)とは、スクウェア(現スクウェア・エニックス)から1997年にプレイステーション用ソフトとして発売されたシミュレーションロールプレイングゲーム(RPG)である。 獅子戦争と呼ばれる内戦の最中、その裏で活躍した主人公ラムザと、その親友だったディリータの栄光と暗躍を描く物語。

Read Article

ファイナルファンタジーIX(FF9)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーIX(FF9)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファイナルファンタジーⅨ』(FF9)とは、スクウェア(現スクウェア・エニックス)より2000年に発売されたプレイステーション用ゲームソフト。FFシリーズ9作目。 今作のテーマは原点回帰。中世欧州風の王道ファンタジー的世界観に加え、過去のシリーズのオマージュ的な要素が盛り込まれている。 主人公ジタンと世界を滅ぼそうとするクジャとの闘いを通して、命と絆の大切さと生きる意味を問う物語。

Read Article

ファイナルファンタジーVI(FF6)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーVI(FF6)のネタバレ解説・考察まとめ

スクウェア(現スクウェア・エニックス)がスーパーファミコン(SFC)向けに1994年に発売したゲームソフト。FFシリーズ6作目。今作では、FF5までのシステムを踏襲しつつ、キャラクターによるストーリー性を重視した群像劇を描き出す。 失われた魔法と幻獣、機械文明世界が舞台となる。世界征服を企むガストラ帝国と、それに立ち向かう抵抗組織に属する者たちの戦いを描く群像劇。

Read Article

ファイナルファンタジーI(FF1)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーI(FF1)のネタバレ解説・考察まとめ

「ファイナルファンタジー(FF)」とは、1987年に発売されたファミリーコンピュータ(FC)用ゲームソフト。ジャンルはロールプレイングゲーム(RPG)。以降、様々なゲーム機にリメイクされている。 FFシリーズの記念すべき第1作目。 闇に覆われた世界に、クリスタルを手にした4人の若者が現れる。 彼らは「光の戦士」として、この世界の闇を払い、平和を取り戻すために冒険の旅に出る。

Read Article

ファイナルファンタジーIV(FF4)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーIV(FF4)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーIV(FF4)は1991年、スーパーファミコン(SFC)用ソフトとして発売されたシリーズ4作目。 「ATB」(アクティブタイムバトル)が初めて導入され、現在までの基本システムを形作った作品。 バロン王国飛空挺団隊長セシルは王の命令により、理不尽な任務を命じられる。王に疑念を抱いたセシルは隊長の任を解かれ、親友カインと共に新たな任務に赴くのだった。

Read Article

ファイナルファンタジーIV ジ・アフター -月の帰還-(FF4TA)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーIV ジ・アフター -月の帰還-(FF4TA)のネタバレ解説・考察まとめ

「ファイナルファンタジーIV ジ・アフター -月の帰還-」(FF4TA)とは、スクウェア・エニックスより配信・発売されたロールプレイングゲーム(RPG)。 元は携帯アプリとして配信され、その後スマホ版も配信され、携帯ゲーム機用ソフトとしても発売された。 FF4の主人公セシルの息子セオドアが主役となり、かつての仲間と共に世界の危機を救う旅に出る。

Read Article

NieR Re[in]carnation(ニーア リィンカーネーション)のネタバレ解説・考察まとめ

NieR Re[in]carnation(ニーア リィンカーネーション)のネタバレ解説・考察まとめ

『NieR Re[in]carnation』とは、2021年2月に正式サービスが開始したスマートフォン向けロールプレイングゲームアプリ。 SQUARE ENIX発のアクションRPGとしてファンから人気の呼び声高い『NieR』シリーズの最新作。 辺り一帯を美しい建造物に囲まれた不思議な場所で1人の少女が目を覚ました。傍らには自らを「ママ」と名乗る謎の生物。 今作では、彼女の失ったものについて紐解かれていく様を魅力的なアクションや幻想的なBGMと共に描く。

Read Article

クソゲーだったFF14が作り直しを経て新生エオルゼアとして生まれ変わるまで

クソゲーだったFF14が作り直しを経て新生エオルゼアとして生まれ変わるまで

ネットワークを通じて多くの人々がコミュニケーションを取り、広大な世界を冒険するMMORPGとしてサービスを開始した「ファイナルファンタジーXIV」。大人気MMORPGとしてその名が知れ渡るまでの道は、けして順風満帆ではなかった。一つのゲームを、まるまる「作り直す」という異例の取り組み。大人気RPGの世界が「新生」し、注目を集めるまでの経緯について解説。

Read Article

ファイナルファンタジーII(FF2)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーII(FF2)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーIIは、FFシリーズの第2作目。 FF2は、従来のゲームにあったレベルや経験値という概念を無くし、戦闘中にとった行動によって、キャラクターを好きなように成長させられる新しいシステムを採用した意欲作である。 パラメキア帝国が世界を侵略しようとしている世界で、帝国軍と反乱軍との戦いを軸に、出会いと別れ、命の絆の物語が展開される。

Read Article

FF14 レイドダンジョン「機工城アレキサンダー」のネタバレ解説まとめ

FF14 レイドダンジョン「機工城アレキサンダー」のネタバレ解説まとめ

「機工城アレキサンダー」とは、FF14内に実装されている8人インスタンスレイドのうちのひとつ。ゲーム中では「クロニクルクエスト:機工城アレキサンダー」としてシナリオが展開される。通常難度のノーマル版、そしてエンドコンテンツである高難度版「零式」の2つの難度があり、ストーリーを楽しみたい人はノーマル版だけをプレイし、エンドコンテンツを楽しみたい人は零式版に挑戦できるようになっている

Read Article

FF14 レイドダンジョン「大迷宮バハムート」のネタバレ解説まとめ

FF14 レイドダンジョン「大迷宮バハムート」のネタバレ解説まとめ

「大迷宮バハムート」とは、FF14内に実装されている8人インスタンスレイドのうちのひとつ。ゲーム中では「クロニクルクエスト:大迷宮バハムート」としてシナリオが展開される。ストーリーは旧FF14から新生FF14に至るまでの間にあった大災害「第七霊災」の真実に絡む内容であり、他のシリーズ物コンテンツとくらべてもプレイヤーから高い評価を受けている。

Read Article

ファイナルファンタジーXIV(FF14)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ファイナルファンタジーXIV(FF14)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ファイナルファンタジーXIV』とは、株式会社スクウェア・エニックスが運営しているMMORPGのことである。ファイナルファンタジーシリーズのナンバリング作品としては14番目にあたる。プレイヤーはひとりの冒険者として惑星ハイデリンの大陸のひとつ「エオルゼア」地方を救っていくストーリーとなっている。その話の中で個性あふれるキャラクターたちが名言を残している。

Read Article

ファイナルファンタジーV(FF5)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーV(FF5)のネタバレ解説・考察まとめ

「ファイナルファンタジーV(FF5)」とは、スクウェア(現スクウェア・エニックス)がスーパーファミコン(SFC)向けに発売したゲームソフトで、シリーズ5作目となる。 FF4から採用されたアクティブタイムバトル(ATB)をさらに進化させ、新ジョブも追加された。 風・水・火・土の4つのクリスタルを守るため、クリスタルの心と力を受け継いだ光の戦士達は暗黒魔道士エクスデスと戦う。

Read Article

ファイナルファンタジーXIV(FF14)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーXIV(FF14)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファイナルファンタジーXIV(FF14)』とは、スクウェア・エニックスが開発・販売したオンラインゲーム。FFシリーズ14作目。 2010年に発売された最初のFF14はゲームの不備により、2年でサービスが終了した。その後2013年に、ストーリーや世界観を引き継ぎつつ、大幅リニューアルし、新生FF14として発売。 プレイヤーはエオルゼアという世界を自由に冒険し、世界を侵略しようとする帝国と戦う。

Read Article

FF14 レイドダンジョン「クリスタルタワー」のネタバレ解説まとめ

FF14 レイドダンジョン「クリスタルタワー」のネタバレ解説まとめ

「クリスタルタワー」とは、FF14内に実装されている24人レイドダンジョン・インスタンスレイドのうちのひとつ。ゲーム中では「クロニクルクエスト:クリスタルタワー」として、突如出現した謎の塔、クリスタルタワーにまつわるシナリオが展開される。ダンジョンのフィールドや敵、シナリオに登場するキャラクターなどはFF3をオマージュしており、FF3愛好者には嬉しいものとなっている。

Read Article

ドラゴンクエストXI(DQ11・ドラクエ11)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストXI(DQ11・ドラクエ11)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエスト11とは、2017年7月29日に発売された同シリーズ11作目にして初の「PlayStation4(以降PS4と呼称)」と「Nintendo3DS(以降3DSと呼称)」の2機種同時発売のゲームとなる。2013年の企画当初はPS4のみだったが、後に3DS版の開発も決定された。 悪魔の子と呼ばれ、勇者でありながら追われる身となってしまう主人公。その旅のなかで出会う仲間たちとの壮大な冒険が始まる。

Read Article

FF14 レイドダンジョン「シャドウ・オブ・マハ」のネタバレ解説まとめ

FF14 レイドダンジョン「シャドウ・オブ・マハ」のネタバレ解説まとめ

「シャドウ・オブ・マハ」とは、FF14内に実装されている24人レイドダンジョン・インスタンスレイドのうちのひとつ。ゲーム中では「クロニクルクエスト:シャドウ・オブ・マハ」として、古代に栄えた都市国家マハにまつわるシナリオが展開される。FF12やFF9などを題材にしたオマージュが散りばめられており、既プレイヤーにはニヤリとする内容となっている。

Read Article

ファイナルファンタジーXI(FF11)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーXI(FF11)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーXI(FF11)とはスクウェア・エニックスが開発したPlayStation2、Xbox360、Windows向けのMMORPG(大規模多人数参加型ロールプレイングゲーム)である。 現在Windows版のみがサービス継続中。 プレイヤーはヴァナ・ディールと呼ばれる世界の冒険者となり、他のプレイヤーとコミュニケーションを取りながら様々なクエストをこなしていく。

Read Article

ファイナルファンタジータクティクス(FFT)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ファイナルファンタジータクティクス(FFT)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ファイナルファンタジータクティクス(FFT)とは、1997年に発売されたFFシリーズの外伝的作品。FFシリーズ初のシミュレーションRPGである。苛烈な内戦の中で主要キャラクターが多く死亡する今作は従来のFFシリーズと毛並みが違っており、ファンを驚かせた。諸勢力が争う戦争に暗躍する謀略に巻き込まれ苦悩するキャラクターたちはそれぞれ印象的な台詞を残している。

Read Article

ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3(DQMJ3)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3(DQMJ3)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3』とはスクウェア・エニックスより発売されたドラゴンクエストモンスターズジョーカーシリーズ4作目となるRPGである。物語の舞台であるブレイクワールドでモンスターをスカウトして仲間にしながら、主人公の過去と世界の秘密を解き明かすストーリー。シリーズ初となる仲間モンスターに乗って移動できる「ライドシステム」など新要素も追加されている。ジョーカーシリーズ1作目との繋がりも多く、マイナーチェンジのプロフェッショナル版はシリーズのフィナーレを飾る完結作となった。

Read Article

目次 - Contents