メアリと魔女の花(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『メアリと魔女の花』とは、2017年に公開されたスタジオポノック制作のアニメーション映画だ。監督はスタジオジブリで「借りぐらしのアリエッティ」と「思い出のマーニー」を手がけた米林宏昌。キャッチコピーは「魔女、ふたたび。」。主人公のメアリは縮れた赤毛の女の子。不器用で何をやっても上手くできず、人から期待されることがなかった。失敗が続いたある日、メアリは森で魔法の花「夜間飛行」を見つける。そして魔法の世界に迷い込み、彼女の大冒険が始まる。

ティブの恋人の灰毛の猫で、ピーターの飼い猫。
ピーターと共にマダムに誘拐され、ドクター・デイに「変身魔法」の実験材料にされた。

【声のキャスト】
Lynn

コンフューシャス

赤い館でシャーロットが飼っている老犬。
メアリが遊びに誘っても興味を示さず、寝てばかりいる。
名前の意味は中国の思想家であり哲学者の「孔子」をラテン語化したもの。

『メアリと魔女の花』の用語

魔法の箒

かつては赤毛の魔女の所有物だった魔法の箒だが、魔女が魔力を失ったと同時に人間界の森へ墜落して長い間眠っていた。そして霧の森でメアリが「夜間飛行」を見つけ、花の力で再び目覚めた。箒という生物外のキャラクターだが、作中でこの箒にはちゃんと「個性」がある。エンドア大学の箒小屋の番人であるフラナガンになだめられると、甘えるようなしぐさを見せたり、メアリを迎えに来た時には、くるくる回って喜んでみたりする。メアリもそんな箒を「ほうきくん」と呼び、生物であるかのように扱う。

魔法の花「夜間飛行」

「夜間飛行」は、いつも青く光を帯びており、種はブルーベリーのような丸い形をしている。メアリー・スチュアート原作の「小さな魔法のほうき」でこの花は、ただ単にメアリに魔法の力を与えてくれる花というだけで、マダム・マンブルチュークやドクター・デイが追い求めるようなものではない。原作で2人がメアリを追う動機は、黒猫のティブを奪うことと、「魔法の神髄」を取り返すことだった。だが本作、『メアリと魔女の花』では「夜間飛行」の存在こそがメアリが追われる原因となっている。
この花は、赤い館のそばにある森だけにある7年に1度しか咲かない魔法の花で、魔女たちが探し求めたという伝説が残っている。かつて赤毛の魔女が発見し、魔法学校エンドア大学校長のマダムと、魔法科学者のドクターに見せてしまったことから、彼らが「変身魔法」に野望を抱いてしまうきっかけとなる。この花には触れたものに魔法の力を与えるという特性があったからだ。通常では「1日だけの力」であるが、マダムたちはこの花を研究し変身魔法によって「すべての魔法が使える存在」を造りだす、という危険な実験を始めてしまったのだ。だが、過去の彼らの実験は、赤毛の魔女が2人から「夜間飛行」の花の種を盗み出したことで失敗した。暴発した「夜間飛行」の力は、周辺の魔法の力を全て吸い取ってしまう。そしてこの爆発に巻き込まれた赤毛の魔女は、力を失い人間界に墜落したのだった。

魔法の本「呪文の神髄」

メアリがマダム・マンブルチュークの校長室で見つけた魔法の本。これにはありとあらゆる魔法の呪文が魔法文字で書かれている。物語の鍵となる「すべての魔法を解く呪文」をはじめ、「物を腐らせる呪文」や「腹痛を治す呪文」などユニークな呪文も書かれている。校長室に飾られた魔法がかかった「夜間飛行」の絵の中(魔法が解けると、中から本棚が現れる)に隠されており、通常は魔力を持った者が「ナハケラヒ(反対から読むと「開け花」)」という呪文を唱えることで開く。だがメアリは手のひらに「夜間飛行」の花からもらった魔力を持っており、それによって触れただけで絵が開いたのだ。

「夜間飛行」によって魔力を得た者に現れる、手のひらの痣。

魔法科学 高度呪文「変身魔法」

檻の中にいるのは、変身魔法で姿を変えられたギブだ。

マダム・マンブルチュークとドクター・デイが研究している、魔法科学で一番高度な魔法。呪文を唱えて姿が変わるといった魔法ではなく、様々な機械を使って生み出される魔法だ。エンドア大学での変身魔法の研究は、赤毛の魔女が在籍していたころに始まる。普通の変身魔法の研究あったのであれば、何も問題はなかったのであろう。だが、2人が始めたのは「すべての魔法が使える存在」を変身魔法で造りだす、といった危険なものだった。その実験には魔法の花「夜間飛行」が必要不可欠で、変身させる素材には大学の生徒たちが使われていた。赤毛の魔女が2人に研究をやめさせるために、「夜間飛行」の種を盗み出してからは、満足に研究が出来ておらず、メアリが花を持って現れるまでは動物実験を繰り返しては失敗していた。エンドア大学の学則「不法侵入者は変身の刑に処す」というのも防犯目的ではなく、裏では実験材料として扱っていたようで、ピーターと一緒に誘拐されたギブは、ドクターに変身魔法の実験材料にされてしまった。

『メアリと魔女の花』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

「あんたも黒猫なんかに生まれて災難ね。不吉だなんて言われてさ…。でも、私も同じ。」

赤い館に引っ越してきて、大人たちを手伝おうとするも上手くできなかったメアリが言う台詞。「赤毛の縮れ毛だし、ランチを一緒に食べる友達もいないし、何をやっても失敗ばかりだし。私になんか一生いいことなんて起こらないんだー…きっと。」という言葉の後に続ける。それは「赤毛」の人物は、差別され、いじめの対象になることが多いからだ。これはキリスト教が布教される際に、それまでは信仰されていた雷神トール(北欧神話の神で、赤い髪をしている)が、邪神とされてしまったことが原因となる。これによりキリスト教徒たちに「赤毛は悪い」というイメージが浸透してしまったのだ。メアリが「ランチを一緒にする友達もいない」と言うのは、ただ単に「バカンスシーズンで子どもが村にいない」という意味なのだろうが、転校生のメアリには「赤毛」がコンプレックスであり、いじめられないかという不安もあったのだ。

「今のは40%くらいの力ですね」

syunnkannsettyakuzai9
syunnkannsettyakuzai9
@syunnkannsettyakuzai9

Related Articles関連記事

SEKAI NO OWARI(セカオワ)の徹底解説まとめ

SEKAI NO OWARI(セカオワ)の徹底解説まとめ

SEKAI NO OWARIは日本の4人組バンド。略称はセカオワ。 メッセージ性のある歌詞にファンタジー感のある音を合わせる音楽性で、独特の世界観を築き上げている。 他に類を見ないバンドスタイルで、音に対するこだわりと共にファッション性に対する評価も高い。 4人で共同生活を行うなど、その生活スタイルも注目されており、音楽のみならず多角的な影響力を持っている。

Read Article

バクマン。(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

バクマン。(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『バクマン。』とは、大場つぐみと小畑健による漫画を原作とするアニメ作品。 2010年よりNHK教育テレビにて第1シリーズ~第3シリーズ、全75話が放送された。 高い画力を持つ『真城最高』と文才と発想に長けた秀才の『高木秋人』を主人公とし、二人の少年がコンビを組んで漫画家を目指していく道のりを描いた作品である。 多くの漫画関係の固有名詞が実名で使用されるなど、リアル志向な作品。

Read Article

バクマン。の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

バクマン。の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『バクマン。(Bakuman.)』は週刊少年ジャンプで2008年から2012年まで連載していた漫画作品である。ジャンプで連載マンガ家を目指す中学3年生の真城最高と高木秋人は、ヒロインの亜豆美保と真城の「描いたマンガがアニメになり亜豆がそのヒロインの声優をやる」との約束をお互いの夢として努力を続ける。夢・友情・青春に関する数多くの名言が連載終了後も作品の魅力として語られ続けている。

Read Article

君の名は。(新海誠)のネタバレ解説・考察まとめ

君の名は。(新海誠)のネタバレ解説・考察まとめ

『君の名は。』とは、新海誠監督の6作品目となる長編アニメーション映画である。コミックス・ウェーブ・フィルム制作により2016年に公開された。飛騨の山奥の糸守町に住む女子高生・宮水三葉と東京に住む男子高生・立花瀧。2人はたびたび夢の中でお互いが入れ替わるという不思議な体験をしていた。そんなある日、1000年ぶりに彗星が地球を来訪する。しかしその美しい彗星は、彼らにとって悲しい運命をもたらすものであった。多くの人が涙した話題作である。

Read Article

SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜(ドラマ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜(ドラマ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』とは、超能力などを使った特殊な事件を捜査するために設立された、未詳事件特別対策係を舞台にした刑事ドラマ及び原作をもとにした映画である。IQ201の天才刑事と警視庁特殊部隊 (SIT) 出身の捜査官が特殊能力(SPEC)を持つ犯人と対決する姿が描かれている。ドラマ初期にはミステリーなストーリーが繰り広げられ、後半になるとSPECに関わる陰謀劇が中心となっている。2人の刑事の個性的なキャラクターも見どころのひとつだ。

Read Article

湯を沸かすほどの熱い愛(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

湯を沸かすほどの熱い愛(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『湯を沸かすほどの熱い愛』とは、2016年に公開された日本映画。「幸の湯」という銭湯を営む幸野家。しかし1年前に父が家を出て行ってしまい銭湯は休業状態。母の双葉はパートをしながら懸命に娘を育てていたが、ある日余命宣告を受ける。双葉はその日から、「絶対にやっておくべきこと」を決め実行して行くが、それは家族の秘密を取り払うことでもあった。関わるすべての人の心を突き動かす強さと優しさを持つ主人公・双葉を宮沢りえが演じ、失踪した夫・一浩をオダギリジョーが演じる。第40回日本アカデミー賞受賞作品である。

Read Article

すずめの戸締まり(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

すずめの戸締まり(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『すずめの戸締まり』(すずめのとじまり)とは、災いを封じる旅を続ける少女の成長と再生を描いた、新海誠によるアニメ映画。 高校生の少女岩戸鈴芽は、ある日宗像草太という青年と出会い、彼が地震を起こすミミズという存在を封じて回っていることを知る。その封印に必要な要石を抜いてしまった鈴芽は、イスに姿を変えられた草太と共に、ネコの姿になって逃げ出した要石を追って日本中を旅していく。その旅の果てに待っていたのは、過去の巨大な災いと、鈴芽自身の再生の物語だった。

Read Article

バクマン。に登場する物語・作中作・劇中劇・連載まとめ

バクマン。に登場する物語・作中作・劇中劇・連載まとめ

『バクマン。』とは、原作・大場つぐみと作画・小畑健による少年漫画作品。2010年にNHK教育テレビにてアニメ化された。 絵の才能を持つサイコーこと真城最高(ましろ もりたか)と、文章に長けた秀才のシュージンこと高木秋人(たかぎ あきと)がコンビを組み、『週刊少年ジャンプ』で売れっ子の漫画家になるべく研鑽するサクセスストーリーだ。 作中では主人公たちが描く漫画の他に、多くのライバル、仲間たちが作り出す多種多様な漫画が登場する。

Read Article

夜行観覧車(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

夜行観覧車(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『夜行観覧車』とは、2010年6月に単行本が発行された原作者・湊かなえによる小説で、2013年にテレビドラマ化されている。主演は平凡な主婦・遠藤真弓を演じた鈴木京香。憧れの高級住宅街であるひばりヶ丘に一軒家を建てて引っ越してきた遠藤一家と、向かいに住む高橋一家。家族ぐるみで親しくなっていく内に起こった事件をきっかけに崩壊していく家族の様子を描いた主婦の愛憎劇。読み終わったあとにイヤな気分になるミステリー「イヤミス」の女王と称される湊かなえの代表作の一つである。

Read Article

借りぐらしのアリエッティ(ジブリ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

借りぐらしのアリエッティ(ジブリ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『借りぐらしのアリエッティ』とはメアリー・ノートン著書の『床下の小人たち』を原作として、米林宏昌が監督のスタジオジブリ制作アニメーション映画である。最終興行収入は92億5000万円で2011年に日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞。とても美しい映像は劇中の音楽とよく合い、見ている人を夢中にさせた。人間に見られてはいけない小人が、人間の家で物を借りながらどのように隠れて暮らすのか、そして短い間に築かれていく小人であるアリエッティと少年の翔との友情と絆を描く。

Read Article

桐島、部活やめるってよ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

桐島、部活やめるってよ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

男子バレーボール部のキャプテンだった桐島が部活をやめた。その噂はあっという間に学校中に広まるが、肝心の桐島は恋人の前にも、親友の前にも姿を現さない。桐島はなぜ部活を辞めたのか、そしてどこへ行ってしまったのか。突然の出来事は、あらゆるところで小さな波を立てていき、やがて映画部の前田の所にもやってくる。第22回小説すばる新人賞を受賞した朝井リョウのデビュー作を、吉田大八が映画化した青春群像劇。

Read Article

バクマン。(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

バクマン。(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』のコンビ、原作・大場つぐみ、作画・小畑健によって、2008年から2012年まで「週刊少年ジャンプ」に連載された大ヒットコミックの実写映画化作品。監督は大根仁、音楽はサカナクションが担当。漫画家を志す二人の高校生、作画担当の最高(佐藤健)と原作担当の秋人(神木隆之介)がコンビを結成し、週刊少年ジャンプ連載の頂点を目指して悪戦苦闘する日々を描く。2015年10月東宝系公開。

Read Article

るろうに剣心 伝説の最期編(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

るろうに剣心 伝説の最期編(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『るろうに剣心 伝説の最期編』(るろうにけんしん でんせつのさいごへん)とは、和月伸宏の人気漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』を原作とする実写映画。国家転覆を目論む武装組織との戦いを描いた「京都編」の後半を、オリジナルの展開を交えて映画化したもの。前作と合わせて100億近い興行収入を達成する大ヒットとなった。 明治政府打倒を目論む志々雄真実を倒すため、奥義を修得する緋村剣心。その志々雄は明治政府を脅し、剣心を処刑させることを画策。剣心は否応なく人斬りとして犯してきた罪との対峙を迫られる。

Read Article

すずめといす(すずめの戸締まりスピンオフ絵本)のネタバレ解説・考察まとめ

すずめといす(すずめの戸締まりスピンオフ絵本)のネタバレ解説・考察まとめ

『すずめといす』とは、マクドナルドのハッピーセットのおまけとして期間限定で配布された、『すずめの戸締まり』を題材とする絵本。『すずめの戸締まり』の前日譚を描いている。 母子家庭で育つ少女すずめは、仕事や勉強で忙しいあまりに机に突っ伏して寝てしまった母のためにごちそうを作ってあげようと思い立つ。1人で料理を作れるだろうかとすずめが不安に思ったところで、母お手製の“すずめのいす”が動き出し、自分も手伝うと言い出す。

Read Article

るろうに剣心 最終章 The Beginning(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

るろうに剣心 最終章 The Beginning(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『るろうに剣心 最終章 The Beginning』とは、和月伸宏の人気漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の“追憶編”と呼ばれる中編エピソードを原作とする実写映画。剣心の人斬り時代の苦悩と絶望と喪失が描かれている。2012年から始まった「実写版るろうに剣心」の最後を飾る作品。 時は幕末。維新志士の剣心は幕府要人を次々と暗殺し、最強の人斬りと称されるも、「自分の行いは本当に正義なのか」と悩み続けていた。そんな折、剣心は雪代巴という少女と出会い、彼女との交流の中で本来の己を取り戻していく。

Read Article

るろうに剣心 京都大火編(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

るろうに剣心 京都大火編(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『るろうに剣心 京都大火編』(るろうにけんしん きょうとたいかへん)とは、和月伸宏の人気漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』を原作とする実写映画。国家転覆を目論む武装組織との戦いを描いた長編エピソード「京都編」の前半を映画化したもの。人気悪役の志々雄真実を実力派の藤原竜也が演じることで話題となった。 伝説の人斬り緋村剣心が新たな道を踏み出した頃、京都では凄腕の剣客にして野心家の志々雄真実が明治政府打倒のために活動を開始していた。剣心と仲間たちは、志々雄の打倒を目指してそれぞれに動き出す。

Read Article

るろうに剣心 最終章 The Final(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

るろうに剣心 最終章 The Final(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『るろうに剣心 最終章 The Final』とは、和月伸宏の人気漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の長編エピソード「人誅編」を原作とする実写映画。伝説の人斬り緋村剣心と、姉の仇として彼を狙う復讐鬼の壮絶な戦いを描く。人気キャラクターの瀬田宗次郎がサプライズ出演したことで話題となった。 強敵との戦いを終えて、未来を見守り始めた剣心の前に、雪代縁という男が現れる。縁は剣心が誤って斬殺したかつての妻の弟で、姉の復讐のために東京を火の海に沈め、剣心を追い詰めていく。

Read Article

ジブリ映画と間違えられがちな『メアリと魔女の花』の内容を紹介!声優や監督情報も

ジブリ映画と間違えられがちな『メアリと魔女の花』の内容を紹介!声優や監督情報も

本記事では米林宏昌が監督を務めた『メアリと魔女の花』のあらすじ・ストーリーや、声優、監督などに関する情報をまとめて紹介している。本作品は画風や担当声優などがジブリと酷似している為「ジブリ映画ではないのか?」と勘違いされやすい作品である。米林宏昌は『借りぐらしのアリエッティ』や『思い出のマーニー』の監督を務めた後スタジオジブリを退社しており、その後初めての作品になったのが『メアリと魔女の花』なのである。記事中では米林の所属する会社「スタジオポノック」についても解説した。

Read Article

『メアリと魔女の花』が「ジブリ感がすごい」と話題に!作風や声優など共通点多数

『メアリと魔女の花』が「ジブリ感がすごい」と話題に!作風や声優など共通点多数

本記事ではスタジオポノックが制作したアニメ映画『メアリと魔女の花』が、ネットなどを中心に「ジブリ感がすごい」と話題になっていた件についてまとめて紹介している。監督を務めた米林宏昌は元スタジオジブリのスタッフで、『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』を制作後に移籍した人物である。声優として天海祐希や満島ひかりなど大物俳優を起用するなど注目を集めていた。

Read Article

『金曜ロードSHOW!』の企画「夏のスーパーアニメ祭り」の内容を紹介!細田守・ジブリ・スタジオポノックの映画全6作品が連続放送

『金曜ロードSHOW!』の企画「夏のスーパーアニメ祭り」の内容を紹介!細田守・ジブリ・スタジオポノックの映画全6作品が連続放送

本記事では2018年に日本テレビ『金曜ロードSHOW!』にて、『時をかける少女』『バケモノの子』『となりのトトロ』『猫の恩返し』『ハウルの動く城』『メアリと魔女の花』が6週に渡って放映することが決定した際のファンのツイートを、まとめて紹介している。これは「夏のスーパーアニメ祭り」という企画によるもので、細田守・スタジオジブリ・スタジオポノックによる名作映画の放映にファンは歓喜の声をあげていた。

Read Article

【神木隆之介】豪華すぎる!堀越学園の93年組【山田涼介】

【神木隆之介】豪華すぎる!堀越学園の93年組【山田涼介】

芸能高校として知られる堀越学園は、これまでにもたくさんの子役やアイドルたちが通ってきました。その中でももっとも豪華といわれているのが、2012年2月卒業の「93年組」。代表的なメンバーを挙げると、神木隆之介や山田涼介、川島海荷、志田未来などです。今や超売れっ子の彼ら/彼女らと同じ時期に学んだ人たちが羨ましいですね。

Read Article

きゃりーと破局か?セカオワ深瀬の意味深ツイートが話題

きゃりーと破局か?セカオワ深瀬の意味深ツイートが話題

2015年、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅとの交際が報じられていた「SEKAI NO OWARI」のボーカルFukase(深瀬慧)が、きゃりーとの破局を思わせる意味深なツイートをして話題になった。Fukaseは同グループのピアノ担当Saori(藤崎彩織)と過去に交際していたことを明かしており、ふたりの仲を疑う声が根強かった。

Read Article

【SEKAI NO OWARI】セカオワ・さおりちゃんが可愛すぎる!とってもキュートな画像361選!

【SEKAI NO OWARI】セカオワ・さおりちゃんが可愛すぎる!とってもキュートな画像361選!

セカオワ(SEKAI NO OWARI,世界の終わり)のさおりちゃん(Saori,藤崎彩織)の画像集です!SEKAI NO OWARIは、日本の男女混合4人組バンド。旧称は世界の終わり。2007年結成。所属事務所はTOKYO FANTASY。所属レコード会社はユニバーサルミュージックで、所属レーベルはVirgin Music。公式ファンクラブは「S.N.O.W.S」と「R.A.I.N.S」。略称は「セカオワ」。

Read Article

【神木隆之介】堀越高校の歴代卒業生まとめ!芸能人を多数輩出!【加藤あい】

【神木隆之介】堀越高校の歴代卒業生まとめ!芸能人を多数輩出!【加藤あい】

数多くの芸能人が通うことで知られる堀越高校。実際に彼ら/彼女らのプロフィールを見てみると、堀越出身者がたくさんいます。この記事では、これまでに判明している歴代の卒業生についてまとめました。改めて列挙してみると、本当に芸能人がたくさんいますね!彼ら/彼女らと同級生だった人たちが本当に羨ましい…。でも校則はめちゃくちゃ厳しいみたいで、同じ校内にいても簡単には交流できないそうです。そりゃそうか…。

Read Article

【Wオメデタ】セカオワのSaoriとNakajinがそれぞれ結婚発表!SaoriとFukaseの関係にほっこり【SEKAI NO OWARI】

【Wオメデタ】セカオワのSaoriとNakajinがそれぞれ結婚発表!SaoriとFukaseの関係にほっこり【SEKAI NO OWARI】

2017年1月、SEKAI NO OWARIのSaoriとNakajinがそれぞれ結婚を発表した。Saoriは俳優の池田大と、Nakajinは一般女性との結婚だ。2人の結婚を受け、メンバーのFukseは祝福のコメントをTwitterに投稿した。中でもSaoriとの関係性をうかがわせるコメントには、多くのファンがほっこりとした気持ちになった。

Read Article

音楽業界のSEKAI NO OWARIに到達したか?VOCALOID「Fukase」の本気

音楽業界のSEKAI NO OWARIに到達したか?VOCALOID「Fukase」の本気

初音ミク、鏡音リン・リン、KAITO、巡音ルカ……もはや日本の「アーティスト」としての地位を確立し、人気を伸ばしているボーカロイドは、紅白出場をはじめアーティストとしての活動で音楽業界へさらに進出するのではないかと語られています。そんな最中、あのアーティストがボーカロイドになってしまいました。「どういうこと?」と思うかもしれませんが、とにかく参考動画を見たら驚くはず。

Read Article

SEKAI NO OWARIの「Dragon Night」のせいで「モッズコートが着づらい」という意外な意見

SEKAI NO OWARIの「Dragon Night」のせいで「モッズコートが着づらい」という意外な意見

SEKAI NO OWARIの人気曲「Dragon Night」。その演出としてメンバーが着用しているモッズコートのせいで、モッズコート=セカオワというイメージができつつあるようです。そのせいかモッズコートを着て町を歩くと「セカオワだ」と言われてしまい、「なんだか着づらくなった」との声も聞こえてきます。 妙な形で話題となった、 SEKAI NO OWARIとモッズコートについて紹介します!

Read Article

Mステでセカオワが曲調変更!不在で分かるDJ LOVEの重要性【SEKAI NO OWARI】

Mステでセカオワが曲調変更!不在で分かるDJ LOVEの重要性【SEKAI NO OWARI】

2014年12月の『ミュージックステーション』に出演したSEKAI NO OWARIは、DJ LOVEがインフルエンザにより不在だった。彼は音作りの他、機材を選ぶ役目も担っているため、SEKAI NO OWARIは急遽「Dragon Night」のアコースティックバージョンを披露することに。それを見た視聴者から「特徴的な旗や無線機型マイクがないと寂しい」という意見が出て、改めてDJ LOVEのありがたみが分かる出来事となった。

Read Article

目次 - Contents