ジョナサン・ジョースター(ジョジョの奇妙な冒険)の徹底解説・考察まとめ

ジョナサン・ジョースターとは、『ジョジョの奇妙な冒険』Part1『ファントム・ブラッド』の主人公で、波紋使いである。英国貴族の一人息子として生まれ本物の紳士を目指す少年・ジョナサンの運命は、義兄弟となるディオの出現で大きく変わる。石仮面の力で吸血鬼となったディオを倒すべく、ジョナサンは波紋と呼ばれる力を会得した。ディオとジョースター一族は一世紀以上に渡る因縁の歴史を刻むこととなるのだが、ジョナサンは因縁の始まりともいえる人物であり、死後も子孫たちの運命に大きな影響を与えている。

両指を合わせた後、体内に残されたわずかな波紋を指先から相手に打ち込む技。ワンチェンを倒すのに使った。ワンチェンの命を奪うには至らなかったがその肉体を操り、船の動力炉を停止させることに成功した。

スタンド能力

ディオに乗っ取られた肉体に発動したスタンド。

Part3では、スタンドと呼ばれる能力が登場する。一人につき一つの能力を持ち、「パワーあるビジョン」が具現化する。スタンドを持つ者(通称スタンド使い)以外には見ることも触れることもできない。
ディオに乗っ取られたジョナサンの肉体にもスタンドが発動した。茨の姿をしたこのスタンドの能力は念写で、ディオは自分の存在を知り、追ってくるジョースターの血統に気付く。尚、ジョナサンのスタンドの形状と能力は、彼の孫であるジョセフのスタンド「隠者の紫(ハーミット・パープル)」と酷似する。
ジョナサンの血統の者は、ディオの覚醒でほぼ全員スタンドが発動している。

ジョナサン・ジョースターの関係人物・キャラクター

ジョージ・ジョースター

CV:菅原正志(TVアニメ版) / 磯部勉(Part1劇場版)

ジョナサンの父で、ジョースター家の当主。温厚で物腰柔らかな人物で、ジョナサンにも優しく接していた。1868年、旅行の最中馬車の事故で妻を失う。この時、火事場泥棒をしていたダリオを介抱してくれた恩人と見て、彼に礼をした。ダリオの死後はその息子であるディオを引き取り自分の養子にしている。
ディオを引き取ってから7年後は病床についていたが、それはディオが彼に少しずつ弱り、病死させる薬を盛っていた為であった。ダリオからの手紙の内容からディオの企みを知ったジョナサンの「ディオからの薬は受け取らないでください」との言葉を信じて待つ。
ディオが自分に毒を持っていたことを知った時はショックを受けたが、それでも彼を息子と呼んでいた。馬車の事故の際、自身の指輪を盗んだダリオを責めることはせず「自分も貧しければ同じことをしたかもしれない」と考えて指輪を譲るなど、息子のジョナサン同様お人好しな性質を持つ。
本性を現したディオがジョナサンを刺そうとした際、ジョナサンを庇い刺される。息子に看取られながら息を引き取った。

エリナ・ペンドルトン / エリナ・ジョースター

CV:川澄綾子(TVアニメ版) / 久川綾(PS2ゲーム版) / 水樹奈々(劇場版)

男の子たちにいじめられていたところを、ジョナサンに助けられた少女。ジョナサンが自分を助けた理由を「本物の紳士になる為」と言い、殴られても泣きごとを言わない様を見て好意を抱く。後に、ジョナサンに助けられた時のハンカチを返す為に果物の入ったカゴに入れて渡し、それから親しく付き合うようになった。
少女ながら気高い心を持っており、ジョナサンへの嫌がらせの為ディオに強引にキスをされた時には泥水で口をすすぎ、彼への嫌悪を露わにしている。
ジョナサンとの再会は成長後、彼がディオとの死闘で負傷していた時だった。見舞いに来たスピードワゴンを冷たく追い返し、彼からは不快感を持たれるが、冷たい水でタオルを洗い、ジョナサンの看病をしていた。手が荒れるほど何度もタオルを変えており、スピードワゴンはエリナがジョナサンを大事に思っていると感じてその場を後にした。
ジョナサンとディオの戦闘が終わった後ジョナサンと結婚し、新婚旅行に出かけるがそこにディオが現れる。戦いの中でジョナサンが致命傷を負い、エリナは共に死のうとしたがジョナサンから乗客の赤ん坊を託され、ディオの用意した棺に入って脱出した。この時既に妊娠しており、ジョージ・ジョースターII世を出産する。保護した赤ん坊は女児で、後にジョージ・ジョースターII世と結婚し、Part2の主人公となるジョセフを産む。

Part2では、主人公ジョセフの祖母として登場。大富豪となったスピードワゴンが生活の不便を気遣い、エリナとジョセフをアメリカに呼び寄せた。以降国籍はアメリカとなっている。
老いても尚気高い精神は健在であり、人種差別の激しかった時代ながらジョセフが知り合った黒人少年スモーキーを「私どもの友人」と呼んだ。夫の他、息子をも失った経緯からか、気高いだけではなく精神的にたくましくなっており、ジョセフを傘でどつく、レストランでスモーキーを侮辱した客に対し「他のお客に迷惑をかけないよう、きっちりやっつけなさい」とジョセフをけしかけるなどしている。
Part2での戦いから10年後、家族や友人に囲まれ穏やかな死を迎えた。

ダニー

ジョナサンの愛犬で、一番の親友。幼い頃にジョースター家に買い取られてきたが、慣れない環境に怯えるあまりジョナサンの手を噛んでしまう。ことあるごとにジョナサンからいじめられるようになるが、川に落ちた彼を救ってからは大の仲良しになった。ジョースター卿は、ダニーを「命と言うものを知っているあっぱれな犬」と評していた。ジョナサンとエリナが仲良くなってからは彼女にも懐くようになる。
ディオには初日から蹴りを入れられており、ジョースター卿の話からジョナサンとの絆を知られジョナサンを追い詰める為に殺される。その方法は、叫び声を上げられないよう口を針金で縛り、木の箱に入れて焼却炉に入れるというもので、使用人が知らずに火をつけた為焼死に至った。
あまりにひどい亡骸であった為、ジョナサンには見せずに埋葬される。ジョナサンは自室で2時間ほど眠り、ダニーの死を思い出して涙を流した。

ウィル・A・ツェペリ

CV:塩屋翼(TVアニメ版) / 小山力也(劇場版 / PS2版)

ジョナサンに波紋を教えた男。本人曰く「男爵」。若い頃、考古学者だった父が率いる調査隊と共に発掘した石仮面を持ち帰る際、父が石仮面をかぶって吸血鬼となり隊員を襲撃し、息子であるツェペリにも牙をむいた。太陽の光を浴びたことで消滅した父を見て、石仮面の悲劇を繰り返さぬよう研究を始める。
偶然波紋使いに出会い、その力を習得したいと頼んで波紋使いの師・トンペティの居場所を教えられ入門する。過酷な修行の末波紋を習得する。最終試練の前、トンペティから「このまま最後の修行に入ると、残酷な運命を迎えることになる」と言われるが決意は揺らがなかった。

ディオとの戦いに勝利したジョナサンの前に現れ、ディオがまだ生きていることを伝え波紋の力について教える。

タルカスとジョナサンの決闘の中、ジョナサンに波紋の力を与える為に闘技場に入る。鎖により締め付けられて腰のところで体が真っ二つにされるが、ジョナサンに波紋と「親友と息子を同時に持ったような気持ちだぞ。そして、わしはこれからお前の中で生きるんじゃ」という言葉を送り死亡した。尚、その死に様はトンペティが予言した通りのものであった。

雑誌掲載時、ツェペリは死ぬ前に「結婚はしていないし、子供もいなかった」と言ったが、続くPart2では彼の孫(シーザー・ツェペリ)が登場している。「子供がいないはずなのに、何故孫がいるのか」との読者の指摘に対し、荒木は「大人は嘘つきなのではありません。間違いをするだけなのです」とコメントした。単行本や文庫では「かつて結婚していたが、家庭を捨てた」と訂正されている。

ロバート・E・O・スピードワゴン

CV:上田耀司(TVアニメ版) / 小野坂昌也(Part1ゲーム版)

ロンドンの貧民街・オウガストリートでゴロツキたちを取り仕切るボス。ディオがジョースター卿に飲ませていた薬の出所を探りに来たジョナサンから金品を奪おうとしたが、大勢のゴロツキに襲われても退かず、相手を想い深手を負わせなかったジョナサンの心意気に惚れ込み協力を申し出る。ディオに薬を売った売人のワンチェンを探し当て、ディオとの戦いで重傷を負ったジョナサンを励まそうと心を砕き、ディオとの決戦にもついてきた。
波紋の習得はできなかったが、ツェペリの腕が凍らされ波紋が使えなくなった際「あんた(ツェペリ)やジョースターさんの足手まといになる為についてきたんじゃない」と自らの素肌で凍り付いたツェペリの腕を温め、激痛も厭わず解凍するという勇気を見せる。

Part2では老人となって再登場している。ジョナサンの妻・エリナと孫のジョセフを守っていた。若い頃テキサスで油田を発見して大富豪となり、スピードワゴン財団を設立している。Part2のラストでは、妻をめとらず天寿を全うしたと記されている。「過酷な運命に直面するジョースター一族を助けてほしい」との遺言を残しており、Part3以降ジョースター一族は、スピードワゴン財団から金銭を始めとする様々なサポートを受けることとなる。

ポコ

ジョナサンを救う為の活路を開けるのが自分しかいないと気付き、タルカスに攻撃されることを厭わず行動に出るポコ。

CV:小林由美子(TVアニメ版) / 阪口大助(ゲーム版)

ウインドナイト・ロットという村に住む少年。ディオの催眠術で操られてジョナサンたちを誘い出した。臆病な性格で、村の少年たちにいじめられても立ち向かうことができずにいた。姉に対しては「明日やってやる」と言っていたが、その「明日」が気の弱さからくる威勢でしかないことを指摘され、痛みに怯えて何もできない大人になることの方が怖くはないのかと姉に言われていた。
ジョナサンがタルカスによって闘技場に閉じ込められた際、姉の言葉を思い出して勇気を振り絞り、小窓から闘技場に入った。タルカスに叩きのめされるが「怖いのは痛みじゃないぜ」と言い、内部からドアを開けた。その後もジョナサンたちと行動を共にし、ジョナサンとディオの決着を見守った。ジョナサンとエリナの結婚式にも出席している。

ディオ・ブランドー

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

ジョジョ第1部(ファントムブラッド)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ジョジョ第1部(ファントムブラッド)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ジョジョの奇妙な冒険(第1部)』は荒木飛呂彦によって1987年に『週刊少年ジャンプ』で連載されたマンガである。 石仮面によって吸血鬼となったディオと、主人公ジョナサンの闘いを描く。 その後ジョジョ第6部まで続くディオとジョースター家の因縁の原点になっている。 人間とは何か?、勇気とは何か?など、まさに少年漫画といえる内容を荒木飛呂彦の独特なセリフ回しで表しており、非常に名言が多い。

Read Article

ジョジョ第1部(ファントムブラッド)のネタバレ解説・考察まとめ

ジョジョ第1部(ファントムブラッド)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジョジョの奇妙な冒険』とは、荒木飛呂彦のマンガ作品、およびそれをもとにしたアニメ、小説、ゲーム作品。第1部「ファントムブラッド」は今なお続く大人気シリーズ「ジョジョ」の原点であり、ジョナサン・ジョースターとディオ・ブランドーとの青春と対立が描かれています。ジョースター家と宿敵ディオの因縁の物語はここから始まり、様々な時代と舞台で「波紋」や「スタンド(幽波紋)」を駆使して戦いを繰り広げていきます。

Read Article

【ジョジョの奇妙な冒険】ディオ・ブランドーのカリスマ的魅力と彼の人生を徹底解説【DIO】

【ジョジョの奇妙な冒険】ディオ・ブランドーのカリスマ的魅力と彼の人生を徹底解説【DIO】

「ジョジョの奇妙な冒険」に登場し、初代・ジョジョとの死闘を繰り広げ、血の因縁を作り上げた巨悪、ディオ・ブランドー。底なしの野心のため、人間を辞めて怪物へと変貌した彼の奇妙な人生と「悪のカリスマ」として多くの人々を突き動かした、彼が持つ独特の魅力について、解説する。

Read Article

ディオ・ブランドー/DIO(ジョジョの奇妙な冒険)の徹底解説・考察まとめ

ディオ・ブランドー/DIO(ジョジョの奇妙な冒険)の徹底解説・考察まとめ

ディオ・ブランドー/DIOとは、漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の登場人物であり、吸血鬼にして時間を数秒間止めるスタンド「ザ・ワールド」の使い手。 歴代主人公であるジョースター一族の血統と、一世紀以上にも渡り因縁の宿敵となる、シリーズ最大の敵役にして悪のカリスマ。 第1部で吸血鬼となり、主人公ジョナサンと敵対する。第3部ではスタンド能力を身につけるが、主人公である空条承太郎に敗死する。死亡後も何らかの形で間接的にストーリーに関わってくる、最重要キャラクターである。

Read Article

ウィル・A・ツェペリ(ジョジョの奇妙な冒険)の徹底解説・考察まとめ

ウィル・A・ツェペリ(ジョジョの奇妙な冒険)の徹底解説・考察まとめ

ウィル・A・ツェペリとは『ジョジョの奇妙な冒険』の第1部『ファントムブラッド』に登場するキャラクターで、主人公ジョナサン・ジョースターに波紋法を指南する人物である。ジョジョと同じく、自身も石仮面のために父親や友人を失っており、石仮面の討伐を目的として何十年もチベットの山奥にて修行をした末に波紋法を習得した。 師匠であるトンペティに予言されていた運命に従って、タルカスとの闘いの中でジョジョの命を救い残酷な死を迎える。

Read Article

スティール・ボール・ラン(ジョジョ第7部)のスタンドとスタンド使いまとめ

スティール・ボール・ラン(ジョジョ第7部)のスタンドとスタンド使いまとめ

荒木飛呂彦の作品である「ジョジョの奇妙な冒険」の7部は「スティール・ボール・ラン」という、乗馬でのレースの名称を冠した作品である。アメリカ大陸を馬だけで横断すると言う過酷なレースに、主人公「ジャイロ」と「ジョニィ・ジョースター」が挑む。そのレースの最中、彼ら二人を妨害する大量のスタンド使いが現れる。二人は力を合わせて妨害者のスタンド使いを倒し、ゴールへと向かう。そんな大量のスタンド使いとスタンドを紹介する。

Read Article

『ジョジョの奇妙な冒険』に受け継がれる「人間讃歌」というテーマ

『ジョジョの奇妙な冒険』に受け継がれる「人間讃歌」というテーマ

連載を開始から30年という年月を経ても根強いファンをもち、ゲーム、アニメなど様々なメディア展開を行い続けている、名作漫画。絵柄、言い回し、擬音など、強烈な作風の中でも、時代を経て人々に愛される、シンプルな「人間讃歌」というテーマ、そこに描かれる唯一無二の世界観と、世代を超えて受け継がれていくキャラクター達の生きざまについて解説する。

Read Article

【ジョジョの奇妙な冒険】漫画家・岸辺露伴の魅力と奇妙な人生を徹底解説

【ジョジョの奇妙な冒険】漫画家・岸辺露伴の魅力と奇妙な人生を徹底解説

『ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない』に登場する漫画家・岸辺露伴。舞台となる杜王町に集う「スタンド使い」の一人として一度は主人公達に立ちはだかるも、やがて仲間の一人として町で起こる事件へと挑んでいく。数々のスピンオフ作品でも描かれる、彼の「奇妙な冒険」について、解説する。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

ジョジョの奇妙な冒険の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

『ジョジョの奇妙な冒険』とは荒木飛呂彦によるアクション・アドベンチャー漫画及びそれを原作としたアニメ・小説・ドラマ・映画などのメディアミックス作品。この記事では『ジョジョの奇妙な冒険』のアニメに使われた歴代のオープニング・エンディング主題歌・挿入歌と、その他の劇場アニメ、OVAなどの主題歌を紹介していく。

Read Article

名言、迷言多し!第六部までの『ジョジョの奇妙な冒険』歴代ジョジョとラスボスを網羅

名言、迷言多し!第六部までの『ジョジョの奇妙な冒険』歴代ジョジョとラスボスを網羅

第一部冒頭より名言と迷言、そして名シーンの宝庫である『ジョジョ』。まさにタイトル通り、「ジョジョ」の異名を持つ者が過酷な運命に身を投じるというサーガ。「宇宙が一巡りする」前の第六部までの「ジョジョ」と、各部を盛り上げてくれたラスボス、並びに名言と迷言をまとめました。ジョジョ立ち、スタンド戦、頭脳戦ばかりがジョジョの魅力ではない!?

Read Article

【ジョジョの奇妙な冒険】第1部『ファントムブラッド』登場人物・キャラクター一覧

【ジョジョの奇妙な冒険】第1部『ファントムブラッド』登場人物・キャラクター一覧

『ファントムブラッド』は荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の第1部で、長いシリーズの始まりとなる物語だ。イギリス貴族の家に生まれたジョナサン・ジョースターが、ジョースター家の財産を奪おうと画策する男・ディオと戦う物語で、ジョジョの主人公であるジョースター家の系譜はジョナサンから始まっていく。ここでは『ファントムブラッド』の登場人物をまとめた。

Read Article

【ジョジョの奇妙な冒険】第1部『ファントムブラッド』登場人物・キャラクターまとめ

【ジョジョの奇妙な冒険】第1部『ファントムブラッド』登場人物・キャラクターまとめ

ここでは荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』第1部『ファントムブラッド』の登場人物・キャラクターを紹介する。初代ジョジョであるジョナサン・ジョースターをはじめ、後にジョースター家の宿敵となるDIOなど、ジョジョシリーズの根幹をなすキャラクターたちが揃っている。

Read Article

【ジョジョの奇妙な冒険】第1部『ファントムブラッド』スピードワゴンの名言・名セリフまとめ

【ジョジョの奇妙な冒険】第1部『ファントムブラッド』スピードワゴンの名言・名セリフまとめ

スピードワゴンは『ジョジョの奇妙な冒険』第1部『ファントムブラッド』の登場人物だ。特別な力は持っていないが主人公・ジョナサンの良き友人として彼を支え、ジョナサンの死後は妻・エリナや孫のジョナサンの援助者として尽力する。彼の設立した「スピードワゴン財団」はジョースター家の後援として第3部以降の主人公たちも支えていく。ここではスピードワゴンの名言・名セリフをまとめた。

Read Article

【ジョジョの奇妙な冒険】アニメ第1部『ファントムブラッド』厳選画像まとめ

【ジョジョの奇妙な冒険】アニメ第1部『ファントムブラッド』厳選画像まとめ

ここでは荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』のテレビアニメ第1部『ファントムブラッド』の厳選画像を紹介する。ジョジョのテレビアニメは原作の雰囲気を出すために、アニメでは通常書き込まない「擬音」を登場させるという手法を取っており、原作のあるアニメとして唯一無二の存在感を持っている。

Read Article

【ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ】SSRディオは最強?引けた人の喜びの声と引けない人の悲しみの声まとめ【ジョジョSS】

【ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ】SSRディオは最強?引けた人の喜びの声と引けない人の悲しみの声まとめ【ジョジョSS】

『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ』、通称「ジョジョSS」は、2014年から2021年まで運営されていたiPhone&Androidアプリで、ジョジョの様々なキャラクターが登場する「メダルシューティングバトル」ゲームだ。数あるキャラクターの中でも「最強」と呼ばれたのが「SSRディオ・ブランドー」だった。ここではディオのメダルと、SNSの声を紹介する。

Read Article

【ジョジョの奇妙な冒険】名前の元ネタ集 第1部『ファントムブラッド』

【ジョジョの奇妙な冒険】名前の元ネタ集 第1部『ファントムブラッド』

ここでは荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』第1部『ファントムブラッド』の元ネタを紹介する。ジョジョのキャラクターや能力の名前は海外のミュージシャンやグループ、楽曲が元ネタになっていることが多い。スタンド能力が出てくる前のエピソード『ファントムブラッド』でも、登場人物の名前の多くは洋楽から取られている。

Read Article

目次 - Contents