ジョナサン・ジョースター(ジョジョの奇妙な冒険)の徹底解説・考察まとめ

ジョナサン・ジョースターとは、『ジョジョの奇妙な冒険』Part1『ファントム・ブラッド』の主人公で、波紋使いである。英国貴族の一人息子として生まれ本物の紳士を目指す少年・ジョナサンの運命は、義兄弟となるディオの出現で大きく変わる。石仮面の力で吸血鬼となったディオを倒すべく、ジョナサンは波紋と呼ばれる力を会得した。ディオとジョースター一族は一世紀以上に渡る因縁の歴史を刻むこととなるのだが、ジョナサンは因縁の始まりともいえる人物であり、死後も子孫たちの運命に大きな影響を与えている。

1889年2月2日。ジョナサンはエリナ・ペンドルトンと結婚式を挙げた。スピードワゴンを始めとする知人の祝福を受け、二人は新婚旅行の船旅に出る。ようやく手にした平穏な時間を満喫するジョナサンだが、船旅に不穏な影があった。
ディオが、頭部だけの姿でワンチェンに伴われて現れた。自ら「情けない姿」と称するその姿をジョナサンに見せたのは、爆発的な力を持つジョナサンに敬意を表してのことだった。ディオには、もはやジョナサンを侮辱する気はないが、和解するつもりもなかった。ディオの目的は、ジョナサンの肉体を奪い、自身の体にすることであった。ディオは「自分たちほど計算された関係はあるまい」「俺とお前は二人で一人」と言った。
ワンチェンが船の中にゾンビを解き放ち、船の中は阿鼻叫喚となる。最後の戦いを繰り広げる中、ジョナサンはディオの目から高速で押し出された体液が首を貫通し、致命傷を負う。戦いの場から遠ざけられていたエリナだが、夫の死を悟り運命を共にしようとした。しかし、ジョナサンは新妻と共に死ぬつもりはなかった。ディオの連れていたワンチェンは、ジョナサンの最期の波紋の力で操られ船の動力炉にしがみつくことで船を爆破しようとしていた。
エリナはジョナサンに口づけ、運命を共にしようとするが、今わの際のジョナサンが指さした先にはゾンビに殺された母親が抱えた赤ん坊がいた。見ず知らずの赤ん坊を連れて逃げるようエリナに示したジョナサンはディオの首を抱きしめ、「君のいうように、ぼくらはやはりふたりでひとりなのかもしれないな」と奇妙な友情を感じ、彼を解き放つまいとする。
「幸…せ…に…エリナ…」、それがジョナサンの最期の言葉だった。ディオは「自分と一緒になればエリナと共に永遠を生きられる」とジョナサンを説得しようとするが、ジョナサンは既にこと切れていた。
1889年2月7日、ジョナサン・ジョースターはその短い生涯を終える。エリナは託された赤ん坊と共に逃げ延び、自らの胎内に宿りつつあった新しい命や彼の子孫に、ジョナサンの人生が聞こえるだろうと感じるのだった。

Part3以降のジョナサン

Part3のディオ(DIOと表記される)はジョナサンの肉体を奪い復活した。

Part1のラストでジョナサン・ジョースターという人物は死亡するが、その肉体はディオに乗っ取られ生き続けた。Part3では、吸血鬼となり、ジョナサンの肉体を奪ったディオ(Part3以降は「DIO」と表記されるが、本項ではディオと記す)の復活でジョナサンの子孫に異変が生じる。
スタンドと呼ばれる目に見える能力がディオとジョナサンの肉体に発動し、血の絆でジョナサンの子孫であるジョセフ、ホリィ、空条承太郎(くうじょう じょうたろう)、東方仗助(ひがしかた じょうすけ)、ジョルノ・ジョバァーナにもスタンド能力が目覚めた(ジョルノはディオの息子だが、流れる血はジョースター家のものである)。
ジョースターの血統そのものがディオやその友人の運命に何らかの影響を与えており、Part3で塵となってもジョナサン、ディオの因縁は続いていく。

ジョナサン・ジョースターの能力

波紋(はもん)

波紋とは、特殊な呼吸法で習得できるエネルギーである。またの名を波紋法。チベットを発祥とし、伝えられる秘術で、仙道とも呼ばれる。
特殊な呼吸法により、体を流れる血液の流れをコントロールし、血液に波紋を起こして太陽光の波と同じ波長の生命エネルギーを生み出す。波紋を流すことを波紋疾走といい、通常では倒せない吸血鬼やゾンビを浄化したり、難病を治したりできる。
常に強いエネルギーを生み出している為か、身体能力が著しく向上し、老化が遅くなる。強い波紋疾走ができるものほど、より長く若い期間を保てる。
通常、素質のある者が5分間息を吸い続け、5分間吐き続けるなど過酷な修行を経て習得する。技術のある波紋使いが横隔膜付近を突けば、修行をしていない者でも波紋が使えるようになるらしい(が作中では失敗した)。

ズームパンチ

パンチを繰り出しつつ、腕の関節を外してリーチを伸ばす。関節を外す際の痛みは波紋で和らげることができる。

山吹き色の波紋疾走(サンライトイエローオーバードライブ)

打撃により波紋を叩き込む技。ジョナサンの使う技の中では、最も強い波紋を放つ。パンチ一撃と、後々Part3で玄孫の承太郎が見せるようなラッシュ(激しい連打)のような形態がある。

青緑波紋疾走(ターコイズブルーオーバードライブ)

水中用の技。水に波紋を走らせ遠くまで伝達させる。波紋は、油や水といった液体をよく流れる。

緋色の波紋疾走(スカーレットオーバードライブ)

熱を発生させる。作中では、中世からよみがえった騎士ブラフォード戦で使用。ジョナサン自身の腕を通して、ブラフォードの髪に熱を与えた。

生命磁気への波紋疾走(せいめいじきへのオーバードライブ)

木の葉など、生命体に波紋を流して一つに寄せ集める。作中ではツェペリとジョナサンが協力して大きなグライダーを作り上げた。

最後の波紋

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

ジョジョ第1部(ファントムブラッド)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ジョジョ第1部(ファントムブラッド)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ジョジョの奇妙な冒険(第1部)』は荒木飛呂彦によって1987年に『週刊少年ジャンプ』で連載されたマンガである。 石仮面によって吸血鬼となったディオと、主人公ジョナサンの闘いを描く。 その後ジョジョ第6部まで続くディオとジョースター家の因縁の原点になっている。 人間とは何か?、勇気とは何か?など、まさに少年漫画といえる内容を荒木飛呂彦の独特なセリフ回しで表しており、非常に名言が多い。

Read Article

ジョジョ第1部(ファントムブラッド)のネタバレ解説・考察まとめ

ジョジョ第1部(ファントムブラッド)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジョジョの奇妙な冒険』とは、荒木飛呂彦のマンガ作品、およびそれをもとにしたアニメ、小説、ゲーム作品。第1部「ファントムブラッド」は今なお続く大人気シリーズ「ジョジョ」の原点であり、ジョナサン・ジョースターとディオ・ブランドーとの青春と対立が描かれています。ジョースター家と宿敵ディオの因縁の物語はここから始まり、様々な時代と舞台で「波紋」や「スタンド(幽波紋)」を駆使して戦いを繰り広げていきます。

Read Article

【ジョジョの奇妙な冒険】ディオ・ブランドーのカリスマ的魅力と彼の人生を徹底解説【DIO】

【ジョジョの奇妙な冒険】ディオ・ブランドーのカリスマ的魅力と彼の人生を徹底解説【DIO】

「ジョジョの奇妙な冒険」に登場し、初代・ジョジョとの死闘を繰り広げ、血の因縁を作り上げた巨悪、ディオ・ブランドー。底なしの野心のため、人間を辞めて怪物へと変貌した彼の奇妙な人生と「悪のカリスマ」として多くの人々を突き動かした、彼が持つ独特の魅力について、解説する。

Read Article

ディオ・ブランドー/DIO(ジョジョの奇妙な冒険)の徹底解説・考察まとめ

ディオ・ブランドー/DIO(ジョジョの奇妙な冒険)の徹底解説・考察まとめ

ディオ・ブランドー/DIOとは、漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の登場人物であり、吸血鬼にして時間を数秒間止めるスタンド「ザ・ワールド」の使い手。 歴代主人公であるジョースター一族の血統と、一世紀以上にも渡り因縁の宿敵となる、シリーズ最大の敵役にして悪のカリスマ。 第1部で吸血鬼となり、主人公ジョナサンと敵対する。第3部ではスタンド能力を身につけるが、主人公である空条承太郎に敗死する。死亡後も何らかの形で間接的にストーリーに関わってくる、最重要キャラクターである。

Read Article

ウィル・A・ツェペリ(ジョジョの奇妙な冒険)の徹底解説・考察まとめ

ウィル・A・ツェペリ(ジョジョの奇妙な冒険)の徹底解説・考察まとめ

ウィル・A・ツェペリとは『ジョジョの奇妙な冒険』の第1部『ファントムブラッド』に登場するキャラクターで、主人公ジョナサン・ジョースターに波紋法を指南する人物である。ジョジョと同じく、自身も石仮面のために父親や友人を失っており、石仮面の討伐を目的として何十年もチベットの山奥にて修行をした末に波紋法を習得した。 師匠であるトンペティに予言されていた運命に従って、タルカスとの闘いの中でジョジョの命を救い残酷な死を迎える。

Read Article

スティール・ボール・ラン(ジョジョ第7部)のスタンドとスタンド使いまとめ

スティール・ボール・ラン(ジョジョ第7部)のスタンドとスタンド使いまとめ

荒木飛呂彦の作品である「ジョジョの奇妙な冒険」の7部は「スティール・ボール・ラン」という、乗馬でのレースの名称を冠した作品である。アメリカ大陸を馬だけで横断すると言う過酷なレースに、主人公「ジャイロ」と「ジョニィ・ジョースター」が挑む。そのレースの最中、彼ら二人を妨害する大量のスタンド使いが現れる。二人は力を合わせて妨害者のスタンド使いを倒し、ゴールへと向かう。そんな大量のスタンド使いとスタンドを紹介する。

Read Article

『ジョジョの奇妙な冒険』に受け継がれる「人間讃歌」というテーマ

『ジョジョの奇妙な冒険』に受け継がれる「人間讃歌」というテーマ

連載を開始から30年という年月を経ても根強いファンをもち、ゲーム、アニメなど様々なメディア展開を行い続けている、名作漫画。絵柄、言い回し、擬音など、強烈な作風の中でも、時代を経て人々に愛される、シンプルな「人間讃歌」というテーマ、そこに描かれる唯一無二の世界観と、世代を超えて受け継がれていくキャラクター達の生きざまについて解説する。

Read Article

【ジョジョの奇妙な冒険】漫画家・岸辺露伴の魅力と奇妙な人生を徹底解説

【ジョジョの奇妙な冒険】漫画家・岸辺露伴の魅力と奇妙な人生を徹底解説

『ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない』に登場する漫画家・岸辺露伴。舞台となる杜王町に集う「スタンド使い」の一人として一度は主人公達に立ちはだかるも、やがて仲間の一人として町で起こる事件へと挑んでいく。数々のスピンオフ作品でも描かれる、彼の「奇妙な冒険」について、解説する。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

ジョジョの奇妙な冒険の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

『ジョジョの奇妙な冒険』とは荒木飛呂彦によるアクション・アドベンチャー漫画及びそれを原作としたアニメ・小説・ドラマ・映画などのメディアミックス作品。この記事では『ジョジョの奇妙な冒険』のアニメに使われた歴代のオープニング・エンディング主題歌・挿入歌と、その他の劇場アニメ、OVAなどの主題歌を紹介していく。

Read Article

名言、迷言多し!第六部までの『ジョジョの奇妙な冒険』歴代ジョジョとラスボスを網羅

名言、迷言多し!第六部までの『ジョジョの奇妙な冒険』歴代ジョジョとラスボスを網羅

第一部冒頭より名言と迷言、そして名シーンの宝庫である『ジョジョ』。まさにタイトル通り、「ジョジョ」の異名を持つ者が過酷な運命に身を投じるというサーガ。「宇宙が一巡りする」前の第六部までの「ジョジョ」と、各部を盛り上げてくれたラスボス、並びに名言と迷言をまとめました。ジョジョ立ち、スタンド戦、頭脳戦ばかりがジョジョの魅力ではない!?

Read Article

【ジョジョの奇妙な冒険】第1部『ファントムブラッド』登場人物・キャラクター一覧

【ジョジョの奇妙な冒険】第1部『ファントムブラッド』登場人物・キャラクター一覧

『ファントムブラッド』は荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の第1部で、長いシリーズの始まりとなる物語だ。イギリス貴族の家に生まれたジョナサン・ジョースターが、ジョースター家の財産を奪おうと画策する男・ディオと戦う物語で、ジョジョの主人公であるジョースター家の系譜はジョナサンから始まっていく。ここでは『ファントムブラッド』の登場人物をまとめた。

Read Article

【ジョジョの奇妙な冒険】第1部『ファントムブラッド』登場人物・キャラクターまとめ

【ジョジョの奇妙な冒険】第1部『ファントムブラッド』登場人物・キャラクターまとめ

ここでは荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』第1部『ファントムブラッド』の登場人物・キャラクターを紹介する。初代ジョジョであるジョナサン・ジョースターをはじめ、後にジョースター家の宿敵となるDIOなど、ジョジョシリーズの根幹をなすキャラクターたちが揃っている。

Read Article

【ジョジョの奇妙な冒険】第1部『ファントムブラッド』スピードワゴンの名言・名セリフまとめ

【ジョジョの奇妙な冒険】第1部『ファントムブラッド』スピードワゴンの名言・名セリフまとめ

スピードワゴンは『ジョジョの奇妙な冒険』第1部『ファントムブラッド』の登場人物だ。特別な力は持っていないが主人公・ジョナサンの良き友人として彼を支え、ジョナサンの死後は妻・エリナや孫のジョナサンの援助者として尽力する。彼の設立した「スピードワゴン財団」はジョースター家の後援として第3部以降の主人公たちも支えていく。ここではスピードワゴンの名言・名セリフをまとめた。

Read Article

【ジョジョの奇妙な冒険】アニメ第1部『ファントムブラッド』厳選画像まとめ

【ジョジョの奇妙な冒険】アニメ第1部『ファントムブラッド』厳選画像まとめ

ここでは荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』のテレビアニメ第1部『ファントムブラッド』の厳選画像を紹介する。ジョジョのテレビアニメは原作の雰囲気を出すために、アニメでは通常書き込まない「擬音」を登場させるという手法を取っており、原作のあるアニメとして唯一無二の存在感を持っている。

Read Article

【ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ】SSRディオは最強?引けた人の喜びの声と引けない人の悲しみの声まとめ【ジョジョSS】

【ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ】SSRディオは最強?引けた人の喜びの声と引けない人の悲しみの声まとめ【ジョジョSS】

『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ』、通称「ジョジョSS」は、2014年から2021年まで運営されていたiPhone&Androidアプリで、ジョジョの様々なキャラクターが登場する「メダルシューティングバトル」ゲームだ。数あるキャラクターの中でも「最強」と呼ばれたのが「SSRディオ・ブランドー」だった。ここではディオのメダルと、SNSの声を紹介する。

Read Article

【ジョジョの奇妙な冒険】名前の元ネタ集 第1部『ファントムブラッド』

【ジョジョの奇妙な冒険】名前の元ネタ集 第1部『ファントムブラッド』

ここでは荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』第1部『ファントムブラッド』の元ネタを紹介する。ジョジョのキャラクターや能力の名前は海外のミュージシャンやグループ、楽曲が元ネタになっていることが多い。スタンド能力が出てくる前のエピソード『ファントムブラッド』でも、登場人物の名前の多くは洋楽から取られている。

Read Article

目次 - Contents