ONE PIECE(ワンピース)のクロス・ギルド(CROSS GUILD)まとめ

『ONE PIECE』とは、“ひとつなぎの大秘宝”を巡って無数の海賊たちが繰り広げる大海洋冒険譚を描いた、尾田栄一郎による漫画作品である。単行本は100巻を超える大長編となっており、アニメから実写作品まで様々なメディアミックスを果たしている。
クロス・ギルド(CROSS GUILD)は作中終盤に登場する組織で、物語序盤の敵ながらしぶとく生き延びてきた千両道化のバギーが表向きのリーダー。「本来追われる立場である海賊が追う立場の海軍に懸賞金をかける」という前代未聞の手法で大波乱を巻き起こした。

『ONE PIECE』の概要

『ONE PIECE』とは、“ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)”を巡って無数の海賊たちが繰り広げる大海洋冒険譚を描いた、尾田栄一郎による漫画作品である。
海賊王ゴール・D・ロジャーが、世界の全てとも称される“ひとつなぎの大秘宝”をどこかに隠した旨を言い残して処刑された。彼の発言を機に始まった“大海賊時代”の中、未来の海賊王となることを夢見る少年モンキー・D・ルフィもまた仲間と共に海へと繰り出していく。

クロス・ギルドは、そんなルフィたちの前に立ち塞がる競合相手としての海賊団の1つである。「これまで海賊を追う立場だった海軍の将兵に懸賞金をかける」という斬新な手法で海賊と海軍の関係を一変させており、作品世界に大きな混乱をもたらしている。
作中終盤になって登場した新勢力ではあるが、「物語序盤でルフィに死を覚悟させるほど苦戦させたバギー海賊団の船長で、しぶとく生き延びながら勢力を強くしていったバギー」、「物語中盤の大敵として立ちはだかった秘密結社バロックワークスのリーダーであるクロコダイル」、「ルフィの仲間の剣士ロロノア・ゾロが、物語当初から目標と定めて追い続けた世界最強の剣士ミホーク」と、これまでの長い冒険の集大成のような顔ぶれで構成されている。

クロス・ギルド(CROSS GUILD)とは

クロス・ギルド(CROSS GUILD)は作中終盤に登場する組織である。物語序盤の敵ながらしぶとく生き延びてきた千両道化のバギーを表向きのリーダーにしており、物語中盤に強大な敵としてルフィたちの前に立ちはだかったサー・クロコダイル、ゾロの目標でもある世界最強の剣士ジュラキュール・ミホークなどが参加している。
『ONE PIECE』では、「時に無法に振る舞い、時に周囲の被害も顧みず縄張り争いを繰り返す海賊」と、「世界政府の有する軍事力として、海賊を追い、捕え、処罰する海軍」という対立構造が描かれてきた。海軍は有力な海賊に対しては懸賞金をかけており、それを目当てとする賞金稼ぎからも狙われるため、基本的に海賊は常に“追われる立場”の存在だった。

しかしクロス・ギルドは、この作品世界の対立の構図を「海軍の将兵に自分たちで懸賞金をかける」という前代未聞の手法で覆し、海軍もまた“追われる立場”へと追い込むことに成功している。世界政府は様々な施策において多くの国々から不評を買っており、その武の象徴である海軍に反感を持つ者は少なくなく、海軍は海賊のみならずこれまで守ってきた市民をも警戒する必要に迫られることとなった。
この行為により、バギーはその名を一気に高め、別口で強敵を倒したルフィと同じタイミングで世界最強の海賊4人に与えられる“四皇”の称号を獲得。その中でも特に警戒すべき、あるいは期待すべき存在として、作品の内外から今後の活躍に注目が集まっている。

クロス・ギルド(CROSS GUILD)の結成の流れ

バギー海賊団の敗北

バギー海賊団を率いていた頃のバギー。この頃は弱小海賊団の船長でしかなかった。

バギーは物語開始前から海賊として活動しており、若い頃は海賊王と呼ばれたゴール・D・ロジャーの船のクルーだった。主人公のルフィの恩人にして目標でもある赤髪のシャンクスとはこの頃同じ船に乗っていたが、やがて病により自分はもう長くないと悟ったロジャーが海軍に投降すると独り立ちし、自分の海賊団を作っていく。
数十年後、バギー海賊団を結成して好き放題に暴れていたバギーだったが、ここにルフィが現れる。ルフィによって海賊団を壊滅させられたバギーは、一度は逃げおおせるもリベンジしようとして再びルフィと彼の仲間たちに敗北。駆けつけた海軍によって捕まってしまい、悪名高い海賊が入れられることで知られる特殊監獄インペルダウンへと収監される。

バロックワークス壊滅

ルフィ(左)を追い詰めるクロコダイル(右)。

その後ルフィは仲間を集め、小さいながらも自身の海賊団を結成。海賊王を目指して冒険を続けていく。そんな彼らの前に立ち塞がったのが、クロコダイル率いる秘密結社バロックワークスである。
当時クロコダイルは、「世界政府に上納金を収め、時に軍事力を貸し出す代わりに、一定の地域での略奪を公的に許される」という特権を持つ王下七武海という組織に属していた。しかしクロコダイルの野望は王下七武海に留まらず、さらなる力を求めてアラバスタ王国に隠されているという古代兵器プルトンの奪取を目論む。

アラバスタ王国の王女ビビと知り合ったルフィたちは、バロックワークスとも敵対することとなり、激しい攻防の末にこれを打ち破る。
ルフィに敗れたクロコダイルは、王下七武海としての権利を全て剥奪された上で、バギーと同様にインペルダウンへと収監される。しかしその上でなお野心を抱き続け、海賊として再起する時を虎視眈々と狙い続けていた。

バギーズデリバリーの活動

強運を味方につけて、バギーは海賊として力強く再起していく。

インペルダウンに義兄のエースが囚われたことを知ったルフィは、単身ここに乗り込み、上へ下への大騒動を巻き起こす。この騒ぎに乗じて脱獄したバギーは、途中でクロコダイルと合流し、ほとんど初対面の間柄ながら他の囚人たちとも力を合わせてインペルダウンを脱出する。
その後四皇の一角であった“白ひげ”ことエドワード・ニューゲートが海軍との大戦争の末に倒れ、世界は混沌としていく。そんな中、脱獄囚人たちの一応のリーダーに収まっていたバギーは、「海賊王の船の元クルー」、「すでに四皇へと上り詰めていたシャンクスと旧知の仲」といった点が過大に評価され、クロコダイルの穴埋めの形で王下七武海に入るよう誘われる。

四皇とは別の意味で海賊としての頂点に近い立場となれることにバギーは狂喜し、この話を受け入れる。バギー海賊団の生き残りとインペルダウンからの脱獄囚たちから成る新たな海賊団「バギーズデリバリー」を結成したバギーは、しかし実際には自分に王下七武海相当の力がないことをよくよく理解しており、強力な海賊との直接対決になることを恐れて特定の縄張りに固執せず、その代わりに傭兵の派遣業を開始する。
これは「バギーのことを“本当に偉大な海賊”だと信じている戦闘力だけは一級品の脱獄囚たちを、各国の要請に応じて貸し出す」というもので、創業時にクロコダイルからかなりの額の出資金を借りている。報酬さえしっかり払えば、雇い主側からは略奪行為もせずに引き上げるため、真っ当な傭兵として人々から大いに評価された。この傭兵派遣業が大当たりしたことでバギーは地位と名声を確かなものとしていくが、一方で大量の傭兵を養うのにはそれなりに金がかかり、その経営状況は世間の評判ほどには良くなかった。

王下七武海の廃止とクロス・ギルド結成

海軍と世界政府の横暴に憤るバギー。

バギーズデリバリーの経営状況はなかなか改善しなかったが、その戦力自体は増していき、バギーは次第に強力な海賊との抗争にも応じるなど王下七武海の海賊としての評価を確かなものにしていった。全てが順調だと思っていたバギーだったが、かつてのクロコダイル同様に王下七武海のドンキホーテ・ドフラミンゴが自身の拠点でもあるドレスローザ王国で大暴れし、「いくら世界政府の許可があるとはいえ、国を滅ぼしかねないような海賊を所属させるようであれば、王下七武海は無くした方がいい」との意見が海軍の中で支配的になっていく。
世界政府はこれを取り入れ、王下七武海の廃止を決定。一瞬でただの海賊に戻ってしまったバギーは、容赦のない砲撃を加えてくる海軍に向かって、「ちゃんとお前たちの決めたルールに従って働いてやっていたのに、いきなりそれを無かったことにして攻撃してくるとは、世界政府には仁義というものがないのか」と激怒する。

部下を利用して逃げようとした矢先、クロコダイルが駆けつけて海軍を蹴散らし、バギーは危ういところを切り抜ける。クロコダイルは「王下七武海が廃止された以上、バリーズデリバリーの業務もこれまでのようにはできないだろうし、創業時に貸し付けた金をバギーから返してもらう」ことを目的にしていたのだが、この時のバギーに一度に返せるほどの資金の余裕は無く、平身低頭して謝ったあげく「働いて返すから部下ともども雇ってくれ」と頼み込む。
この時クロコダイルは、すでにクロス・ギルド結成の準備を進めており、バギー同様に海軍に追われる立場となったミホークにも参加するようすでに声をかけていた。バギーから資金を回収しようとしたのも結成資金の足しにするためだったが、回収できなければバギーズデリバリーの人材をそのままいただこうとも考えていたらしく、彼らをすんなり取り込むためにはバギーがいた方が良いと考えて彼の提案を受け入れる。

この時点でのクロコダイルの構想としては、自分が組織のトップとなって実権を握り、ミホークを同等の幹部とし、元バギーズデリバリーの海賊たちをおとなしく従わせるためにバギーにも建前上は同じ地位を与えるというものだった。しかし宣伝をバギーの部下に任せた結果、彼らは「地位が同じというのはバギーがクロコダイルとミホークに配慮したからで、事実上のトップは自分たちをここまで導いてくれたバギーに違いない」と思い込んで“バギーがクロス・ギルドのトップ”であるようにしか見えないチラシを作ってバラ撒いてしまう。
これを見た海軍は、「クロス・ギルドのトップはバギーで、彼を追い詰めた際にクロコダイルが現れたのも彼を守ろうとしたからに違いない」と判断。バギーを新たな四皇として認定する。ここでようやくクロコダイルとミホークは「世間ではクロス・ギルドのトップがバギーだと思われている」ことに気付くも、すでに後の祭りだった。

予定を狂わされたクロコダイル、誰かの下に就くことなど受け入れられないミホークは、2人してバギーを問い詰めるも、バギーからしてもこの事態はまったく想定していないものだった。遥かに格上の相手2人から痛めつけられ、泣き叫びつつもひたすら詫びるバギーを前に、ミホークは「コイツを矢面に立たせておいた方が動きやすい面もあるし、始末しようと思えばいつでもできるのだから、考えようによっては悪くない」と考え直す。
これにクロコダイルも同調し、バギーを建前上のトップとしてクロス・ギルドは活動を開始。クロコダイルが掻き集めた莫大な資金力に物を言わせて、「海軍の将兵に懸賞金をかける」という前代未聞の作戦で海軍の進攻に抵抗する。この効果はすさまじく、世界政府の横暴な政策で不満の溜まっていた市民からも狙われ始めた海軍は、機能不全の危機を抱えるようになっていった。

クロス・ギルド(CROSS GUILD)の活動と影響

海軍への懸賞金

これまで作中に登場した海賊団と決定的に異なるのは、「海軍の将兵に懸賞金をかける」という行動に出ている点である。
もともと海軍とその母体である世界政府は、所属する国家が貧困に喘ぐほどの天上金こと特権階級の人々への莫大な税や、王下七武海の略奪への黙認などで世界中から不満を集めており、潜在的な敵は多かった。クロス・ギルドの懸賞金はこの不満に火をつける形となり、海軍全体を揺るがす事態となっている。

この懸賞金という手法がうまくいったのは、インペルダウン脱獄後にクロコダイルが莫大な資金を稼いだこと(投獄される前に用意していた隠し財産を回収したと思われる)、「強力な海賊と縄張り争いをしたくない」という理由から敵対する相手以外からの略奪を控えていたために王下七武海時代の彼に比較的クリーンなイメージがあった点が大きい。
クロス・ギルドが登場するまで、海賊にとって海軍は「正面から戦うには強過ぎるし、勝っても懸賞金を上げられて賞金稼ぎに狙われる危険が増えるか海軍が本気で潰しに来るだけでメリットが無い」という存在だったが、懸賞金制度によって積極的に狙う理由ができてしまったことになる。さらにはこれまで海賊だけを狙っていた賞金稼ぎ、世界政府に恨みを持つ一般市民までもが海軍を狙う可能性が生じており、作品内に大きな波乱を生み出している。

以下に、クロス・ギルドの懸賞金制度のメリットとデメリットを紹介する。

メリット1:現体制の問題点の表面化と改善

特権階級への過剰な保護や、体制の維持や機密保持のための国家的虐殺など、世界政府は多くの問題を抱えている。これまでは海賊という恐るべき敵と、それを抑える海軍という強大な軍事力の存在によってこういった問題に対する不満は抑えつけられてきたが、クロス・ギルドの懸賞金制度はこれに一石を投じるものとなっている。
懸賞金目当てに海軍の将兵を襲う者が増えれば、世界政府への不満を持つ者たちが我も我もとこれに続き、下手をするとそのまま世界政府そのものが転覆しかねない。これを防ぐためには海軍と世界政府はこれまでの施策を見直す必要があり、世界の在り方を大きく改善する可能性を秘めている。

メリット2:非加盟国の治安維持

世界政府は加盟国に対して莫大な税を課しており、これを払えない国を非加盟国として扱い、様々な非人道的行いを繰り返してきた。この対抗手段として、非加盟国は強力な海賊の傘下となって献上金を収めつつ自分たちを守ってもらうのが常套手段となっている。
こういった「非加盟国の用心棒」としてクロス・ギルドを見た場合、まずリーダーのバギーが四皇であるという事実が大きな意味を持つ。四皇を相手にケンカを売るような海賊は極めて少なく、「自分たちはクロス・ギルドの縄張りだ」と主張すれば海軍や世界政府ですらおいそれとは手を出せない地域となる。

同じ四皇同士で見た場合でも、懸賞金制度を採用しているクロス・ギルドは、他の海賊たちからはもっとも“敵に回したくない”立場となる。自分たちが海賊と戦い、クロス・ギルドの懸賞金を受け取ろうとしても、敵対関係にあるから払わないと言われれば骨折り損にしかならないためである。クロス・ギルドの懸賞金制度は海軍だけを対象にしているわけでもないため、海軍とクロス・ギルドから二重に懸賞金をかけられることもありうる。大抵の海賊たちがこれらの事態を避けるだろうことを考えれば、クロス・ギルドは四皇の中でももっとも高い安全性を保障してくれる存在となる。
同時に、こういった性質を踏まえていけば、クロス・ギルドの側もあまり高額の献上金を設定せずとも広く浅く活動資金を集めることが可能なため、自分たちの傘下に入ろうとする国々とWin-Winの関係を築きやすい。懸賞金制度の確立により、ただ海軍が世界中の標的となるだけでなく、クロス・ギルドが世界政府に代わる人々の守護者となりうる未来もありえない話ではなくなっている。

YAMAKUZIRA
YAMAKUZIRA
@YAMAKUZIRA

Related Articles関連記事

ONE PIECE(ワンピース)のネタバレ解説・考察まとめ

ONE PIECE(ワンピース)のネタバレ解説・考察まとめ

『ONE PIECE』は『週刊少年ジャンプ』にて連載されている尾田栄一郎による漫画作品。海賊王を目指して「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める主人公「モンキー・D・ルフィ」を中心に仲間との友情や夢、バトルなどの海洋冒険ロマンが描かれている。また、2015年に「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネスにも認定されているほど人気の高い作品である。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ONE PIECE(ワンピース)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ONE PIECE』は、尾田栄一郎によって『週刊少年ジャンプ』に1997年34号より連載されている漫画作品。 時は大海賊時代。主人公「モンキー・D・ルフィ」は海賊王を夢見て、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を探しに海に出る、海洋冒険ロマン。夢への冒険、仲間たちとの友情といったテーマで展開される深いストーリー、心を動かす名言の数々は日本中のみならず海外でも高い評価を得ている。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)のロックス海賊団まとめ

ONE PIECE(ワンピース)のロックス海賊団まとめ

『ロックス海賊団』とは、『ワンピース』に登場した伝説の海賊団である。 後に名を成す海賊たちが多数在籍しており、その当時は『最強の海賊団』として世界に名を轟かせていた。船長のロックス・D・ジーベックは、海賊王であるゴールド・ロジャーの『最初にして最強の敵』とされていた。 すでに壊滅しているが、船長を失っても力を増していると言われている。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の悪魔の実と能力者まとめ

ONE PIECE(ワンピース)の悪魔の実と能力者まとめ

『ONE PIECE』とは、週刊少年ジャンプにて長期連載中の大人気少年漫画。海賊王になることを夢見る少年モンキー・D・ルフィが、仲間とともに大海原を大冒険する。「悪魔の実」によって手に入れた能力で繰り広げられる数々のバトルは、この漫画をさらに面白くさせている。今回は、その「悪魔の実」と能力者についてまとめてみた。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の海賊船・軍艦・客船まとめ

ONE PIECE(ワンピース)の海賊船・軍艦・客船まとめ

『ONE PIECE』は1997年から『週刊少年ジャンプ』にて連載が開始された、尾田栄一郎による海賊を題材とした海洋冒険漫画。 世界中の海を海賊が行き交い、様々に活躍する大海賊時代。主人公モンキー・D・ルフィは海賊王になることを夢見て故郷を飛び出し、仲間と共に大海原へと、冒険の旅へと臨んでいく。 舞台が海洋であるだけに、作中には数多くの海賊団、海軍、民間の船乗りが登場し、それぞれが個別に個性豊かな船舶を所有している。本記事では『ONE PIECE』に登場する多種多様な船舶を紹介していく。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)のDの一族まとめ

ONE PIECE(ワンピース)のDの一族まとめ

Dの一族とは、尾田栄一郎の漫画作品『ONE PIECE』に登場するキャラクターたちである。海賊王を目指す少年モンキー・D・ルフィを始め、作中で時たま「D」のミドルネームを持つ者が現れる。彼らは「Dの一族」或いは「Dの意思を継ぐ者」とも称される。Dの一族には、権力に縛られない自由な気風を持つ人物が多く、世をひっくり返すほどの海賊や革命家が多く存在する。たびたび「Dはまた嵐を呼ぶ」との意味深な表現がされており、作品世界を支配する組織・世界政府からは危険視されている。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の海賊旗まとめ

ONE PIECE(ワンピース)の海賊旗まとめ

『ONE PIECE(ワンピース)』とは、尾田栄一郎による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 海賊王に憧れるモンキー・D・ルフィが「ひとつなぎの大秘宝(=ワンピース)」を見つけるために仲間と共に冒険を繰り広げる。迫力のあるバトルシーンだけでなく、ギャグシーン、仲間との友情を描いている。『ONE PIECE(ワンピース)』において、1つの海賊団につき1つの「海賊旗」が存在し、作中では様々な海賊旗が登場する。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の王下七武海まとめ

ONE PIECE(ワンピース)の王下七武海まとめ

『ONE PIECE』とは尾田栄一郎の漫画及びそれを原作とするアニメ作品である。時は大海賊時代。ワンピースと呼ばれる宝と海賊王の名を巡り、主人公モンキー・D・ルフィと仲間たちが冒険をし、時に海軍や他海賊と戦闘する。王下七武海とは、海軍と手を組んだ大物海賊たちを示す。それぞれの野望や思いを胸に海賊行為を行う七武海は、その戦力や個性、バックボーンにより、物語に花を添える存在である。

Read Article

NEW
ONE PIECE(ワンピース)の海軍まとめ

ONE PIECE(ワンピース)の海軍まとめ

海軍とは、尾田栄一郎の漫画作品『ONE PIECE』に登場する海上治安維持組織である。海軍本部は「偉大なる航路(グランドライン)」の三大勢力の一つとして世界の均衡を保っている。主な任務は海賊を始めとする違法行為の取り締まりや罪人の逮捕で、悪魔の実の能力者、覇気使いといった猛者が多く所属する。「正義」の名のもとに民間人を守る立場だが、海兵の中には自らの正義を暴走させる者、正義よりも己の利益や権威を重視する者もいる。不都合な事実の隠蔽や奴隷売買の黙認など、海軍には闇も多い。

Read Article

【ONE PIECE】ジュエリー・ボニーとルフィ&エースの関係の徹底解説・考察まとめ【ワンピース】

【ONE PIECE】ジュエリー・ボニーとルフィ&エースの関係の徹底解説・考察まとめ【ワンピース】

『ONE PIECE(ワンピース)』に登場する女海賊、ジュエリー・ボニー。彼女は主人公モンキー・D・ルフィやその兄ポートガス・D・エースと深い関係にあるかもしれない。「大喰らい」の異名をもつ彼女。一見がさつに見える彼女は、物語の中で何か深い過去を想像させるような謎めいた行動を見せる。ストーリー上やキャラの元ネタなどから紐解いていく内容と解説。

Read Article

NEW
ONE PIECE FILM RED(ワンピース フィルム レッド)のネタバレ解説・考察まとめ

ONE PIECE FILM RED(ワンピース フィルム レッド)のネタバレ解説・考察まとめ

『ONE PIECE FILM RED(ワンピース フィルム レッド)』とは、『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画『ONE PIECE』を原作とした劇場版アニメ映画である。2022年夏に公開された。原作連載25周年記念作品であり、劇場版映画としては15作品目に当たる。主人公モンキー・D・ルフィにとって、そして『ONE PIECE』という物語にとっても重要人物である赤髪のシャンクスや、その”娘”ウタという少女が登場することで話題になった。音楽の島エレジアを舞台に、世界の存亡をかけた戦いが描かれる。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の革命軍まとめ

ONE PIECE(ワンピース)の革命軍まとめ

『ONE PIECE』とは、尾田栄一郎による漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。海賊王を目指す少年・モンキー・D・ルフィが、ひと繋ぎの大秘宝ワンピースを求め仲間たちと冒険を繰り広げる。夢、冒険、バトルと少年漫画王道の要素に、差別や戦争といった社会問題を加えた独自の作風で世界的人気を得る。革命軍とは、『ONE PIECE』に登場する組織であり、800年に渡りこの世界を支配してきた世界政府の打倒を目的とする。直接の敵対関係である世界政府からは、海賊以上に危険視されている。

Read Article

NEW
ONE PIECE(ワンピース)の種族とそのキャラクターまとめ

ONE PIECE(ワンピース)の種族とそのキャラクターまとめ

『ONE PIECE』とは、尾田栄一郎の漫画及びそれを原作とするメディアミックス作品である。「海賊王」の称号を求め、主人公モンキー・D・ルフィが仲間たちと冒険をする。王道的なアドベンチャーを軸に現実的な社会問題を織り交ぜ、神話やおとぎ話のモチーフを取り入れた独特の作風で世界的に人気を博す。登場人物は基本的に人間だが、他にも巨人、小人、人魚や魚人といった種族がいる。彼らは独自の文化や思想を持ち、物語に広がりを持たせる一方、奴隷として密売されるなど世界の闇を暴く存在でもある。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の懸賞金ランキングまとめ

ONE PIECE(ワンピース)の懸賞金ランキングまとめ

懸賞金(ONE PIECE)とは、『ONE PIECE』(ワンピース)に登場する用語で、作中に登場する海賊たちの中でも“特に勢力などが強大な者”の捕獲もしくは殺害が成功した場合に世界政府から与えられる報酬である。 金額は世界政府にとっての脅威度の高さとほぼイコールとなっているが、個人としての戦闘力もそこに含まれる。社会への影響力も重視されるため、それほど悪事をしていなくても高額の懸賞金をかけられる。懸賞金をかけられるようになって初めて、海賊としては1人前の扱いとなる。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の料理・食事・食べ物・飲み物まとめ

ONE PIECE(ワンピース)の料理・食事・食べ物・飲み物まとめ

『ONE PIECE』とは、尾田栄一郎による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。海賊王の称号とひとつなぎの大秘宝「ワンピース」を目指し、主人公のモンキー・D・ルフィと仲間たちが冒険をする。王道的な少年漫画要素と社会問題を絡めた作品で、『週刊少年ジャンプ』の看板作品である。作中には、実在するものから架空のものまで多くの料理、食べ物、飲み物が登場する。冒険や感動で胸を躍らせ、登場する料理や食べ物に思いをはせるのも楽しみの一つだ。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の刀剣位列・ランクと所有者まとめ

ONE PIECE(ワンピース)の刀剣位列・ランクと所有者まとめ

漫画『ONE PIECE』に登場する数々の武器の中でも、特に使い手が多くインパクトに残る存在「刀剣」。「麦わらの一味」のゾロをはじめ、タシギなどの海軍関係者、白ひげやロジャーなど伝説級の人々などいずれも優れた剣士である。また刀剣には「位列」と呼ばれるランクがあり、世界に数本しかない「大業物」は、名のある刀鍛冶によって造られたものだ。本記事では作中に登場する刀剣を、位列・ランクごとにまとめて紹介する。

Read Article

NEW
ONE PIECE(ワンピース)の海軍大将まとめ

ONE PIECE(ワンピース)の海軍大将まとめ

『ONE PIECE』とは、“ひとつなぎの大秘宝”を巡って無数の海賊たちが繰り広げる大海洋冒険譚を描いた、尾田栄一郎による漫画作品である。単行本は100巻を超える大長編となっており、アニメから実写作品まで様々なメディアミックスを果たしている。 海軍は作中に登場する組織で、大将はその中でも最大戦力とされる上級幹部にして屈指の猛者である。平和の象徴として人々から敬意と信頼を寄せられているが、敵対する者を滅ぼすためなら時に非道な行為にも手を染めるなど、必ずしも全き正義の味方ではない。

Read Article

NEW
ONE PIECE(ワンピース)の最悪の世代・超新星まとめ

ONE PIECE(ワンピース)の最悪の世代・超新星まとめ

最悪の世代・超新星とは、尾田栄一郎の漫画作品『ONE PIECE』に登場する海賊たちである。主人公のモンキー・D・ルフィも含め、海賊として旗揚げして1年も経たぬうちに懸賞金額が億を超えた11名を「超新星」と呼ぶ。これに海軍と最強の海賊白ひげとの戦争のきっかけを作ったマーシャル・D・ティーチを加えた12名が後に「最悪の世代」と呼ばれるに至った。最悪の世代たちは、互いに同盟を組む、四皇と呼ばれる大物海賊の傘下に入りながら彼らの隙を伺うなどして各々の野望に突き進む。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)のポーネグリフ(歴史の本文)まとめ

ONE PIECE(ワンピース)のポーネグリフ(歴史の本文)まとめ

ポーネグリフ(歴史の本文)とは、『ONE PIECE』(ワンピース)に登場するアイテムで、隠蔽された世界の秘密について記された謎の碑文である。 砕くことも割ることも溶かすこともできない特殊な石に古代文字で刻まれており、これを解読すること自体が世界政府から危険視される要因となる。国家を挙げて解読に取り組んだオハラは海軍の総攻撃で国ごと滅ぼされている。その内容は世界政府がひた隠しにする“空白の100年”に関するもので、“ひとつなぎの大秘宝”と呼ばれる宝の在処を示すものともされている。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の赤髪海賊団まとめ

ONE PIECE(ワンピース)の赤髪海賊団まとめ

赤髪海賊団とは、『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画『ONE PIECE』に登場する海賊団の名称。四皇の一人・赤髪のシャンクスが船長を務めている。船の名前はレッド・フォース号。海軍からも一目置かれる海賊団であり、「高い懸賞金アベレージを誇り、最もバランスのいい鉄壁の海賊団」という評価を受けている。主人公モンキー・D・ルフィが幼い頃にルフィの故郷である東の海のフーシャ村に滞在していたことがあり、幹部陣はルフィと面識を持つ者が多い。ルフィが活躍して名を上げていく度にその成長を喜んでいる。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の黒ひげ海賊団まとめ

ONE PIECE(ワンピース)の黒ひげ海賊団まとめ

黒ひげ海賊団とは、海賊を題材とした尾田栄一郎の漫画『ONE PIECE(ワンピース)』に登場する海賊団で、白ひげ海賊団を出奔したマーシャル・D・ティーチが立ち上げた。主人公ルフィの兄であるエースを海軍に差しだすことで七武海となり、七武海の地位を利用してインペルダウン最下層の凶悪犯たちを解放して味方につける。七武海を抜けてからは新世界の「四皇」の一角となった。大船団の各船長は「10人の巨漢船長」と呼ばれ、恐れられている。 豪快・凶悪な「海賊らしい海賊」をコンセプトにデザインされている。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)のロジャー海賊団まとめ

ONE PIECE(ワンピース)のロジャー海賊団まとめ

ロジャー海賊団とは漫画『ONE PIECE』に登場する海賊団の一つであり、800年間誰も到達できなかった「偉大なる航路」最終地点に辿りついた重要人物たちである。船長のゴール・D・ロジャーや副船長のシルバーズ・レイリーのほか、「四皇」の一角を担うバギーやシャンクスがかつて船員見習いとして乗船していた。最後の島に到達するためには古代文字が刻まれた四つの赤い石碑「ロード・ポーネグリフ」が必要であり、ロジャーは文字を扱うことができる光月おでんを仲間に加え、最後の島「ラフテル」に辿りついた。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の白ひげ海賊団まとめ

ONE PIECE(ワンピース)の白ひげ海賊団まとめ

白ひげ海賊団とは、海賊を題材とした尾田栄一郎の漫画『ONE PIECE(ワンピース)』に登場する組織で、世界最強級の海賊であることを示す「四皇」の筆頭として君臨していた“白ひげ”ことエドワード・ニューゲートを船長とする海賊団。 決して略奪を許さず、堅気にも手を出さず、多くの者から敬意と信頼を寄せられる。白ひげは部下たちを「息子」と呼び、部下たちも彼を「オヤジ」と呼んで慕い、家族同然の強い結束力を誇った。マリンフォード頂上戦争にて大敗し、その後の抗争にも敗れて組織としての命脈を絶たれる。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の赤鞘九人男まとめ

ONE PIECE(ワンピース)の赤鞘九人男まとめ

赤鞘九人男(あかざやくにんおとこ)とは、『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画『ONE PIECE』に登場する9人の侍の総称。ワノ国の将軍家の人間・光月おでんに忠誠を誓った9人の侍達を指す。20年前におでんと共に百獣海賊団への討ち入りに向かう際、夕陽に照らされた彼らの姿から、おでんへの強き忠義心を尊んだ人々がつけた呼び名である。元はおでんを慕って勝手におでんの家臣になったゴロツキ達。おでんの遺志を継ぎ、黒炭オロチと百獣のカイドウを討ち、おでんの子・モモの助を次期将軍にしてワノ国に平和をもたらした。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の五老星まとめ

ONE PIECE(ワンピース)の五老星まとめ

五老星(ごろうせい)とは、大人気海賊漫画『ONE PIECE(ワンピース)』に登場する5人の世界政府の世界政府最高権力者の総称。世界政府を作った「20人の王」の末裔である世界貴族”天竜人”の中でも最高位である5人の老人を指す。初登場からかなり期間が経っているが、名前は登場しておらず、キャラクター人気投票でもA~Eのアルファベットで区別された。 「空白の100年」や「Dの一族」など、世界に関する重大な秘密を知っており、世界の支配と秩序のために危険因子を徹底的に抹殺する決断を下す。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)のSWORDまとめ

ONE PIECE(ワンピース)のSWORDまとめ

SWORD(ソード)とは、『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画『ONE PIECE』に登場する海軍本部に属する機密特殊部隊の名称。最悪の世代の一人で海賊であるはずのX・ドレーク(ディエス・ドレーク)が隊長を勤めている。ワノ国編でその存在が明らかになり、ドレークが海賊ではなく実は海軍だったことが判明した。何を目的とした存在なのかは不明である。少なくとも同じ政府の組織でありながら、世界貴族”天竜人”直轄の諜報機関である「CP-0(シーピーゼロ)」とは、仲があまり良くないことがわかっている。

Read Article

ニコ・ロビン(ONE PIECE)の必殺技まとめ

ニコ・ロビン(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から連載が開始された『週刊少年ジャンプ』の『ONE PIECE(ワンピース)』。世界的に大ヒットするこの漫画は、主人公の少年が海賊王になることを夢見て、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求めて大海原に旅に出るという冒険譚だ。 ニコ・ロビンは主人公モンキー・D・ルフィが率いる麦わら海賊団の考古学者。考古学の聖地と呼ばれていた西の海のオハラ出身。もともと敵として登場したキャラクターだが、その後に麦わら海賊団に加入。悪魔の実「ハナハナの実」の能力を用いた多彩な技で戦う。

Read Article

ロロノア・ゾロ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

ロロノア・ゾロ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から連載が開始された『週刊少年ジャンプ』の『ONE PIECE(ワンピース)』。世界的に大ヒットするこの漫画は、主人公の少年が海賊王になることを夢見て、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求めて大海原に旅に出るという冒険譚だ。 主人公であり麦わら海賊団の船長であるモンキー・D・ルフィと一番最初に出会い仲間になった剣士がロロノア・ゾロ。三本の刀を使う三刀流をメインに使い、その他二刀流、一刀流、居合など様々な技を使う。 この記事では、ロロノア・ゾロの使う必殺技をまとめてみた。

Read Article

光月おでん(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

光月おでん(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

光月おでんとは、『ONE PIECE』に登場するワノ国の侍で、重要人物の一人である。 破天荒だが、その大きすぎる器に多くの者が惹かれている。作品で重要な意味を持つ『歴史の本文(ポーネグリフ)』を作った『光月家』に生まれ、四皇"白ひげ"ことエドワード・ニューゲート率いる白ひげ海賊団、そして海賊王ゴール・D・ロジャー率いるロジャー海賊団に在籍した。ロジャーと共に『ラフテル』へと辿り着き、全ての真実を知った男である。

Read Article

ヴィンスモーク・サンジ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

ヴィンスモーク・サンジ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から連載が開始された『週刊少年ジャンプ』の『ONE PIECE(ワンピース)』。世界的に大ヒットするこの漫画は、主人公の少年が海賊王になることを夢見て、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求めて大海原に旅に出るという冒険譚だ。 ヴィンスモーク・サンジは、主人公モンキー・D・ルフィ率いる麦わら海賊団のコック。東の海の海上レストラン「バラティエ」で副料理長をしていたところをルフィにスカウトされた。料理人としての矜持が高く、師匠であり命の恩人でもあるオーナー・ゼフ譲りの足技を用いて戦う。

Read Article

モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から連載が開始された『週刊少年ジャンプ』の『ONE PIECE(ワンピース)』。世界的に大ヒットするこの漫画は、主人公の少年が海賊王になることを夢見て、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求めて大海原に旅に出るという冒険譚だ。 夢への冒険のため、仲間のために、数々の敵の野望を打ち破り、海軍の包囲網を突破してきたのが、主人公であり、麦わら海賊団の船長であるモンキー・D・ルフィ。通称「麦わらのルフィ」。 この記事ではルフィが使う多種多様な必殺技をまとめてみた。

Read Article

ゴール・D・ロジャー(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ゴール・D・ロジャー(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

ゴール・D・ロジャーとは、は、『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画『ONE PIECE(ワンピース)』の登場人物。偉大なる航路(グランドライン)を制覇し、海賊王と呼ばれた男。最後の島・ラフテルへとたどり着き、すべての謎を解き明かした重要人物である。 ロジャー海賊団解散後、海軍に自首し故郷・東の海(イーストブルー)のローグタウンで公開処刑された。死の間際に放った遺言は多くの人間を海へ駆り立て、世に大海賊時代を巻き起こす。主人公のルフィもその一人である。

Read Article

ナミ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

ナミ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から連載が開始された『週刊少年ジャンプ』の『ONE PIECE(ワンピース)』。世界的に大ヒットするこの漫画は、主人公の少年が海賊王になることを夢見て、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求めて大海原に旅に出るという冒険譚だ。 ナミは主人公のモンキー・D・ルフィ率いる麦わら海賊団初の女性乗組員。豊富な航海術や天候に関する知識を用いて船を導く航海士である。戦闘力は低いが、仲間のために自分なりの戦い方を見つけて、蓄えたその知識を駆使した技を使う。

Read Article

トニートニー・チョッパー(ONE PIECE)の必殺技まとめ

トニートニー・チョッパー(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から連載が開始された『週刊少年ジャンプ』の『ONE PIECE(ワンピース)』。世界的に大ヒットするこの漫画は、主人公の少年が海賊王になることを夢見て、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求めて大海原に旅に出るという冒険譚だ。 トニートニー・チョッパーは、主人公モンキー・D・ルフィ率いる麦わら海賊団の船医。悪魔の実「ヒトヒトの実」を食べたトナカイである。医療大国であるドラム王国出身で、医者としての腕前は一流。自身で開発したランブルボールで自分を強化し、体術を駆使して戦う。

Read Article

王直(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

王直(ONE PIECE)の徹底解説・考察まとめ

王直(おうちょく)とは、『ONE PIECE』(ワンピース)の登場人物で、史上最強の名をほしいままにしたロックス海賊団のメンバーの1人。 作中では名前が語られているのみで、その容姿や性格は明かされていない。ロックス海賊団の壊滅後も生き延びて活動を続けていたらしく、海賊の中でもビッグネームとして世間に広く知られている。現在も健在なのか、誰かに倒されたのか、あるいは捕まったのかは不明。 かつて中国沿岸や朝鮮半島を荒らし回った倭寇の中に同名の人物が存在し、これがモデルになっていると思われる。

Read Article

目次 - Contents