ゲッターロボ アーク(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゲッターロボ アーク』とは、石川賢が手がけたSF巨大ロボットバトル漫画であり『ゲッターロボ』シリーズの叙事『ゲッターロボ・サーガ』最終作。
正義のロボットだったはずのゲッターロボが、未来ではゲッターエンペラーとして宇宙を侵略する悪魔のようになってしまう予知があった。
なぜ、そのような未来が創られたのか。初代ゲッターパイロット流竜馬の子、流拓馬が現代での最新ゲッター「アーク」を駆って、その謎を解き明かす予定だったが、作者急逝により謎のまま未完となった。
2021年夏アニメ化。

早乙女研究所に配備されているゲッターのひとつ。
隼人が開発に関わっている機体で、外見的にはかつてのゲッタードラゴンを彷彿とさせるものとなっている(なお「D」という名前がドラゴンの頭文字なのかは不明)。
拓馬が初陣で乗り込み、ゲッタービームで敵を撃破した。
早乙女研究所には他にも多数のゲッターが配備されているが、ゲッターロボアーク以外で確実に外見と名前が一致するのは本機のみである。

また、作中では一度も「ゲッターロボD2」とは呼ばれておらず、もっぱら「ゲッターD2」と呼称される。
外見はゲッターアークの没デザインの流用である。

ゲッター軍団

ゲッターD2を含む、早乙女研究所に配備される名も無きゲッターの総称。
だが量産型というわけではないらしく、一機一台がそれぞれ異なる外観をしている。
隼人によって研究開発された機体だが、いずれもゲッターアークの性能を上回る事はない。

UAVステルバー

かつてアメリカ空軍が開発した空戦用ロボット・ステルバーa04の後継機。ゲッター線は使用していないが性能はかなりのもので、変形して高速で飛行することが可能。原作には設定からして存在せず、アニメ版にのみ登場する。
それでもアンドロメダ流国の大軍勢を前には質と量の両面で圧倒され、終始苦戦を強いられていた。

ゲッターザウルス

ゲッター線が苦手なはずのハ虫人類が、自滅覚悟で恐竜帝国の科学力を結集して造り上げたゲッター。
火力を重視したのか、それとも恐竜帝国の優れた科学技術もゲッター制作のノウハウが不足していたせいなのかは不明だが、ゲッターアークより二回りほど大きい。
最終決戦までゲッターアークと共に戦ったが、なぜか最終章(最終話)ではパイロットごとフェードアウトしており、どうなったのかまったく不明。
最終章自体も、まるでゲッターザウルスなどいなかったかのごとく話が進む。

アニメ版では、ゲッターザウルスのパイロットたちがカムイの幼馴染であるという新しい設定が追加されたこともあり、出番が増えている。

ゲッタードラゴン

地下深くで進化しているゲッタードラゴン。

早乙女研究所の地下奥深くで、ゲッター線の繭に包まれて進化の眠りについているゲッター。
かつて『ゲッターロボG』で主役メカをつとめたゲッターGそのものなのだが、本作ではゲッターGの名称は使われず(ゲッタードラゴン、ゲッターライガー、ゲッターポセイドンの三形態に変形するメカを総称して「ゲッターロボG」略して「ゲッターG」と呼ぶ)あくまでゲッタードラゴンとして呼ばれる。

アンドロメダ流国の破壊対象だったが、物語の最後で覚醒。危機に陥るゲッターアークの背後に守護として現れた。
その際の「でたなゲッタードラゴン」というカムイのセリフは、初代『ゲッターロボ』から続く『ゲッターロボ・サーガ』のトリを飾る言葉として、『ゲッターロボ』ファン、そして石川ファンの中で有名である。

外部媒体で「真ゲッタードラゴン」と紹介される事もあるが、この段階のゲッタードラゴンは進化途上であり、あくまで冠なしの「ゲッタードラゴン」である(作中で「真ゲッタードラゴン」と呼ばれた事は一度もなく、そのような設定もない)。

公式設定ではないのだが、多くの『ゲッターロボ』ファンは「はるかなる未来で、このゲッタードラゴンが進化を遂げた後に、火星に飛び立って進化した真ゲッターと合流し、融合する事で"ゲッターエンペラー"が誕生したのではないか」と考察しており、作中でもゲッターエンペラーのデザインは真ゲッターとゲッタードラゴンを掛け合わせたような姿をしている事が論拠となって、半ば通説になっている。

ゲッター艦

現代のゲッターよりも、異形化が進んでいる機体が多い。

未来の世界でゲッターエンペラーに率いられ、宇宙を侵略して回る宇宙戦艦型ゲッター。とはいえ変形合体メカらしく、ほとんどの艦が人型ゲッターに変形できる模様。
無数におり、宇宙中で大艦隊を構成している。ゲッター艦隊のいる領域へ入ると、宇宙のどこを見回してもゲッター艦が浮いているような状態になる。
敵にとっては逃げ場がない。

さらに、一機一台がどれも主役ロボ・ゲッターアークをはるかに上回る性能を持っており、ゲッターアークと共同戦線を張った際には、戦闘にはやる拓馬をたしなめて「あせるな拓馬! 奴らの戦闘力は我々が奪う!」「ゲッターアークの戦闘値では敵に叩きのめされる!」「奴らが弱小な敵でも、お前らには無理だ!」などと、主役ロボとそのパイロットに向かって、容赦のない戦力外通告を次々と放った。

だが実際、サイズも戦力もゲッターアークとは桁違いのレベルであり、これらゲッター艦と比較するとゲッターアークはまるで巨象の群れに迷い込んだ子猫のようだった。
作劇上で「主役ロボよりも圧倒的に強力な"味方ロボ"がうようよ存在していて、しかも主役ロボは王女様のごとく彼らにエスコートしてもらって戸惑っている。なお、敵は大半が味方ロボに殺戮されており、生き残った敵も絶望に沈んでいる」という描写をされており、これはロボットもの史上、後にも先にも例のないシーンとして有名。

ゲッターエンペラー

合体の余波で周囲の惑星が破壊されている。

はるかなる未来の世界で、人類をその庇護下に置き、宇宙全体を戦場に人類以外の生命体を殺戮して回る、天文学的サイズの宇宙戦艦型ゲッターおよび、それが3機合体して出現する人型ゲッター。
同時に、人類率いるゲッター艦隊の旗艦でもある。
通常のゲッター艦でも、ただ一隻そこにあるだけで人類以外にとっては悪夢そのものなのに、そのゲッター艦がもしも束になってかかったとしても、軽く蹴散らされるほどの馬鹿げた強さを誇る。

そのサイズは作者の石川賢によると「太陽系と同じくらい」であり、しかもまだまだ巨大に進化する可能性を秘めている。
変形しただけでビッグバンが起きるレベルのエネルギーを放出し、亜空間を物理的に握りつぶすなどの荒技も披露する。

ゲッターの行き着く先の姿とされており、その目的はゲッター艦隊曰く「大いなる意志の戦い」である。
この「大いなる意志」というのは、石川賢の別作品『虚無戦記』に登場するキャラクターであり、無限の大きさを持つ敵「時天空」と戦っていた神の軍団の事である。しかし時天空には大いなる意志の攻撃も一切通用しなかったため、大いなる意志は自らの攻撃を諦めビッグバンで時間を稼ぎ、その間に大いなる意志のそれぞれが時天空を倒せる兵器を創り出す事を計画する。
その際のワンシーンに、「宇宙を消滅させる機械の化物でもいい!!」というセリフがあり、これが本作にも登場するゲッターエンペラーの事であると示唆されている。

本作では竜馬の意志あるいは魂が宿っているようであり、宇宙のどこかへ飛んでしまったゲッターアークに乗る拓馬を探し出し、元の時代の地球に送り返した。

ウザーラ

漫画版『ゲッターロボG』に登場する古代兵器。かつて栄華を極めたアトランティス大陸の科学者が作り上げた巨大ロボで、胴体中央に生えた人型ロボの上半身が大体ゲッターロボアークと同等のサイズという巨体を誇る。
そのサイズに見合ったすさまじい戦闘力を有し、当時のゲッタードラゴンすら成す術もなく敗北。百鬼帝国すら太刀打ちできず、たった1機で第3勢力的な存在となり、作中では最後まで正面からはほとんど無敵の力を振るい続けた。

それを回収したのか、あるいは同型の別の機体なのか、マクドナルドと彼の仲間たちがゲッタロボアークとの最後の戦いの時に搭乗。原作さながらのすさまじい力を発揮して、ゲッターロボアークをあと一歩まで追い詰めた。それでも母の仇を前に激越した拓馬がゲッターロボアークの力を限界以上に引き出した結果、ゲッター線をまといながらの体当たり攻撃によって胴を貫通されて爆沈した。

バグ

az399
az399
@az399

Related Articles関連記事

デビルマン(DEVILMAN)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

デビルマン(DEVILMAN)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『デビルマン』とは、70年代にアニメの企画と並行して誕生した漫画作品で、原作者である永井豪の会心作の一つである。 悪魔を主人公にした斬新な設定と、ハードなアクション、そして後半のヨハネ黙示録を元にした終末観溢れるストーリーが話題を呼び、いくつもの派生作品が生まれた。 人、悪魔、そして神とは一体何か、本作の登場人物の言葉にその秘密が隠されている。

Read Article

キューティーハニー(CUTIE HONEY)のネタバレ解説・考察まとめ

キューティーハニー(CUTIE HONEY)のネタバレ解説・考察まとめ

『キューティーハニー』は、漫画、テレビアニメ、オリジナルビデオアニメ、数回にわたる実写映画など、様々な媒体で製作されている、永井豪の代表作の一つである。セクシーシーンと臨場感あふれるアクションシーンが満載の、キューティーハニーと悪の組織・パンサークローとの戦いは、少年少女のみならず、幅広いファンを獲得した。

Read Article

グレンダイザーU(Grendizer U)のネタバレ解説・考察まとめ

グレンダイザーU(Grendizer U)のネタバレ解説・考察まとめ

『グレンダイザーU』とは、世界的に高い人気を誇るロボットアニメ『UFOロボ グレンダイザー』のリブート作品。総監督に福田己津央、キャラクターデザインに貞本義行、脚本に大河内一楼、音楽に田中公平と豪華絢爛なスタッフで話題となった。キャッチコピーは「宙と大地よ、思い出せというのか?」。2024年放送予定。 故郷フリード星を滅ぼされ、地球へと逃げ延びたデューク・フリード。その地球に仇敵たるベガ星連合軍が迫っていることを知ったデュークは、フリード星の守護神グレンダイザーに乗ってこれを迎え撃つ。

Read Article

【ガラダK7】徹底解説!マジンガーZに登場する機械獣一覧!【ダブラスM2】

【ガラダK7】徹底解説!マジンガーZに登場する機械獣一覧!【ダブラスM2】

スーパーロボットアニメの元祖として語り継がれる伝説的名作『マジンガーZ』。作中で主役ロボットマジンガーZが戦うのが、世界征服を目指すDr.ヘルに率いられた“機械獣”である。そのデザインは千差万別にして自由奔放、狙撃兵を模したようなものから機械に人体風のパーツがついたようなものまで様々である。 ここでは、『マジンガーZ』に登場した機械獣たちを紹介する。

Read Article

目次 - Contents