ハンターキラー 潜航せよ(Hunter Killer)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハンターキラー 潜航せよ(Hunter Killer)』とは、米海軍攻撃型原子力潜水艦(ハンターキラー)を題材とした海洋アクション映画である。主演は男臭い演技に定評のあるジェラルド・バトラー。小説家のドン・キースと、米海軍潜水艦の元艦長だったジョージ・ウォレスの二人による同名ベストセラー小説が原作である。製作は『ワイルド・スピード』のスタッフが担当。最新のCG技術を駆使、リアルな潜水艦の戦いを描く。深海での潜水艦アクションのみならず、地上での特殊部隊シールズの活躍も見どころのひとつだ。

『ハンターキラー 潜航せよ』の概要

出典: miyakawa.me

『ハンターキラー 潜航せよ』は2018年製作のアメリカ合衆国の海洋・ミリタリーアクション映画である。原作は同名の大ヒット小説。ジャーナリストでもある小説家ドン・キースと、本物の元米海軍で潜水艦の艦長であったジョージ・ウォレスの共著。その映画化の権利を得て『ワイルド・スピード』シリーズの製作スタッフが集結。超リアルな最新鋭の攻撃型原子力潜水艦(ハンター・キラー)の活躍を描き切った。監督はドノヴァン・マーシュ。
ハンターキラーとは、ハンター(探索)とキラー(攻撃)を行う任務や能力の事。同時に両方の任務をこなせることから、攻撃型原子力潜水艦を総称してハンターキラーと呼ぶ。
見どころはなんといっても、公開当時の時点で最新の原子力潜水艦、そのディテールにまで拘った映像だ。日々更新されていく軍事テクノロジー。その技術の粋を集めた装置や兵器、さらにその運用に至るまでが巧みなカメラワークと見事なCGで可視化される。『レッドオクトーバーを追え!』『クリムゾンタイド』に勝るとも劣らない、いわゆる「潜水艦もの」映画の名作の1本となり得るだろう。
主演は『エンド・オブ・キングダム』『300(スリーハンドレッド)』など、数々のヒット作を担当したジェラルド・バトラー。共演に『フィフス・エレメント』『レオン』で有名なゲイリー・オールドマンらが加わり、緊迫感のあるドラマを盛り上げる。

米海軍の原子力潜水艦タンパ・ベイがロシア領バレンツ海で、突如として消息を絶つ。この事態の調査と、タンパ・ベイの捜索に当たるのがジョー・グラス艦長(ジェラルド・バトラー)率いる攻撃型原子力潜水艦アーカンソーだ。しかしその一方で、ロシア連邦の大統領が強硬派の国防大臣とその部下達に拘束されてしまう。驚くべきことに彼らは軍事クーデターを企て、世界大戦を引き起こそうとしていたのだ。
緊迫する情勢の中、ペンタゴン(米国防総省)内でも意見の対立が生じ、駆け引きが繰り広げられる。まずは情報の把握が急務と考えられ、現地には米海軍特殊部隊(シールズ)が派遣される。
国際情勢と軍事バランス、さらには政府内の駆け引きも加味され、否が応でも緊迫感が増してゆく。特殊部隊シールズによる地上での隠密作戦と、原子力潜水艦アーカンソーの深海での任務行動が、物語の中で徐々にシンクロする。果たして彼らは、ロシア強硬派の企みを阻止できるのか。そしてアーカンソー艦長ジョー・グラスとクルーたちの行く先に、いったい何が待っているのか。手に汗握る展開に目が離せない。

『ハンターキラー 潜航せよ』のあらすじ・ストーリー

消息を絶った米原潜タンパ・ベイ

出典: kritikanstvo.ru

意見が対立する海軍少将フィスク(左)と統合参謀本部議長ドネガン(右)

ロシア領バレンツ海。米海軍原子力潜水艦タンパ・ベイはロシアの潜水艦を数週間、追跡・調査する任務に就いていた。ところが、そのロシア潜水艦からの突如とした爆発音をソナー員が探知した。しかしソナーで聴くまでも無く、船体が崩壊する音がすぐさま海底を揺るがし、米海軍クルーたちはロシア潜水艦が沈没した事を知る。原因を究明しようと動き出すタンパ・ベイだったが、続いてソナーが探知したのは自らに向かってくる魚雷のスクリュー音であった。

ロシア艦から爆発音という謎の報告の直後、遭難信号を発し消息を絶ってしまったタンパ・ベイ。その情報はすぐに米国防総省の国家軍事指揮センターに届く。事態の究明と、米原子力潜水艦が持つ機密情報の保持、そして110名のクルーを救出するのは目下の急務であった。海軍少将ジョン・フィスク(演:コモン)は攻撃型原子力潜水艦(ハンターキラー)の現場海域への派遣を検討する。すぐにこの任務に就ける艦は、休息と補給で停泊中の1隻のみであった。それは、新任の艦長ジョー・グラス(演:ジェラルド・バトラー)率いる原子力潜水艦アーカンソーだ。
ジョー・グラス艦長は、士官学校を経ないで叩き上げから艦長職に就いた異例の経歴を持ち、型破りな男と知られていた。上層部の中には、そんな彼の抜擢を危ぶむ者もいた。統合参謀本部議長のチャールズ・ドネガン(演:ゲイリー・オールドマン)その人である。

事態の究明を急げ

その頃、国家軍事指揮センター。フィスク少将のところへNSA局員のジェイン・ノルクィスト(演:リンダ・カーデリーニ)がやってくる。ロシア艦爆発の少し前、ロシア大統領ザカリンが国防相ドミトリー・ドゥロフと会合するために出発していたというのだ。タンパ・ベイの消息不明とロシア艦の爆発。そしてザカリン大統領がその前に会合に向かったのは偶然では無いと、NSAのノルクィストは疑う。彼女はフィスク少将に対し、ザカリンらの動きを調査すべきと、現地へ特殊部隊シールズの派遣を懇願する。意見を同じくしたフィスクは承諾し、すぐさまビル・ビーマン率いるシールズの4名をロシアへ向かわせた。

アーカンソー出撃す

スコットランド高地でひとり休暇を満喫していたグラス。そこへ突如、海軍から極秘招集命令を携えたヘリが現れ、急を告げる。ヘリに乗り、急ぎイギリス領内ファスレーン米海軍基地へとグラスは帰投する。そして副艦長ブライアン・エドワーズに命令し、同じく休暇中だったクルーたちを招集したのだった。当然、休暇は取り消しである。任務のため急ぎ、現場海域に向かわねばならない。最新鋭のハンターキラー、攻撃型原子力潜水艦アーカンソーの出撃である。

氷の海での死闘

ロシア領海コラ半島。現場海域に到着したグラスは、すぐに探索任務を開始した。そしてソナーのスキャン結果から、タンパ・ベイらしき艦影を発見。現地へ小型潜水艇「ミスティック」を出動させる。それによりグラスたちは沈没したタンパ・ベイと、そのクルーたちの無残な姿を目の当たりにすることとなる。そのさなか、タンパ・ベイを撃沈させたロシアのアクラ級原子力潜水艦から数本の魚雷が放たれる。思いもよらぬ奇襲であった。デコイ(おとり)を使った緊急回避を試み、なんとか窮地を脱したグラスとアーカンソー。ロシア海軍の戦い方を熟知していたのか、グラスは氷の中に潜む敵艦を見つけることに成功し、見事これを撃沈する。だが撃破される寸前に発射されたロシア艦の魚雷が接近してくる。爆発音にソナーが反響して、魚雷の発見が遅れたのだ。

危機を脱する奇策

絶望的な状況だったが、グラスの機転と戦術がアーカンソーを救う。沈没したタンパ・ベイのギリギリまで艦を接近させ、魚雷をかく乱したのだ。なんとか被害を最小限に抑え、撃沈されるピンチを回避したグラスとアーカンソー。だが攻撃を受けたとはいえ他国の原潜を撃沈し、そのクルーたちの命を奪ったのだ。この事態がロシアとの戦争勃発の火種となる可能性はぬぐえない。グラスをはじめアーカンソー各員には、一抹の不安がよぎる。そして、なぜタンパ・ベイは撃沈され、このアクラ級ロシア艦は攻撃してきたのか。謎は深まるばかりであった。

クーデター勃発か

ロシアのアクラ級潜水艦がアメリカに撃沈された。この報告をポリャルヌイ司令部で受けたロシア大統領ザカリン。強硬に反撃を進言する国防大臣ドゥロフに対し、ザカリンはアメリカ側との対話を優先する。まずは冷静な事態の把握が先決だと判断したのだった。
一方、アーカンソーのグラスは。タンパ・ベイの近くで最初に沈没したロシア艦を発見し、調査を開始する。ソナー員がその艦内から生存者と思しき物音を探知したのだ。最初の調査でそのロシア艦は魚雷による攻撃では無く、艦内の爆発によって沈没した痕跡が見られていた。事実を究明するためにも沈没したロシア艦から生存者を救出し、事情を聞かねばならない。
深海での海流にさらされ、危機的な状況の中であったが、小型潜水艇による救助任務が進められた。なんとかロシア海軍のアンドロポフ艦長ら3名を救助することに成功。捕虜として拘束する。
そのころシールズが監視していたザカリン大統領が、軍事クーデターを起こしたドゥロフたち強硬派によって監禁される。国家軍事指揮センターは、シールズから送られた映像を確認。それによればロシア内部でクーデターが起きたことは明らかだった。統合参謀本部議長ドネガンとアメリカ大統領ドーヴァーは緊急会議を招集。議論が伯仲する中、ロシア海域に空母機動艦隊を派遣することを決定。さらにフィスク少将の提言した、ザカリン大統領の救出作戦を現地に潜入しているシールズ隊員に命じると決まった。ドネガンは不服そうであったが、ザカリン大統領救出作戦が成功すれば、ロシアのクーデターを無力化できる可能性がある。アメリカ大統領ドーヴァーは、その決断により戦争回避の希望を見出したのである。

生き残ったロシア艦長アンドロポフ

コラ半島ポリャルヌイ。モスクワのはるか北、ノルウェーの東に位置する。周辺のバレンツ海はロシアの裏庭とも言える海域だ。グラスたちのアーカンソーは、ザカリン大統領とビーマンたち4人のシールズ脱出作戦の命令を受ける。回収地点はムルマンスク・フィヨルド。狭隘な水路に機雷と探査ソナーがひしめき、他国の潜水艦が無事に通過するのはまず不可能な場所であった。グラスは、ドゥロフたち強硬派の破壊工作でアンドロポフの乗艦が沈没した事実と、ザカリン大統領の救出任務の命令を受けたことをアンドロポフに告げる。彼の協力無しにムルマンスク・フィヨルドを抜け、戦争の危機を回避するのは困難だからだ。
芯まで軍人気質のアンドロポフには、敵国に機密情報を渡すことなど受け入れがたかった。だが「軍人である前に同じ船乗りではないか。その労苦はお互い分かり合えるはずだ」「アメリカ、ロシア。国境など関係ない。多くの命を救えるのは、今ここにいる我々だけなのだ」グラスの熱い説得に、心を動かされたアンドロポフ。グラスたちに協力することを決意、ロシア艦だけが通過できる極秘航路を案内するのだった。

ロシア兵の追跡

出典: www.imfdb.org

ロシア兵から身を隠すシールズ隊員。マルティネリ(左)はこの時負傷する

一方、ポリャルヌイ基地のドゥロフはアメリカ側の通信信号をキャッチ。部下の特殊部隊の一群を差し向ける。ビーマンたちシールズはなんとか発見されず隠れおおせたが、新人狙撃手のマルティネリが負傷してしまう。ザカリン救出の命令を受けたビーマンは、まともに動けないマルティネリを置いていく決断をやむなく迫られた。脱出の際、アーカンソーに向かう前に必ず迎えに戻るとビーマンは言い残す。マルティネリには、彼だけが行える任務を与えたのだった。そして速やかに残り2人のメンバーと海に潜り、ポリャルヌイ海軍基地へ向かった。

シールズの過酷な任務

ポリャルヌイに着くと、岩場の影でザカリン大統領の護衛官オレグ見つけ、ビーマンは彼を助ける。手負いであったがその求めに応じ、協力して救出作戦を行うことに。共に大統領が監禁されている司令部へと向かった。なんとかたどり着くが、強固なドアは厳重な作りだった。仕方なく特殊爆薬を使用して突破する。その爆発音を聞いたドゥロフは侵入を察知、阻止するため部下を急行させた。間もなくビーマンたちは、大勢のドゥロフの部下たちの追撃に遭う。激しい銃撃戦を繰り広げるが、ロシア兵の数は増すばかりであった。
大統領を救い出し、脱出を試みるビーマンたちだったが追手は諦めない。護衛官オレグは大統領に別れを告げ、たったひとり残ることを決める。部下の忠誠心に感謝しつつ、ザカリンはシールズと共にその場を離れる。オレグは彼らの脱出の時間を稼ぐため、その命を投げ出したのだ。最後はドゥロフの部下数名を巻き添えに、壮絶な最期を遂げる。
だが犠牲はオレグだけでは無かった。逃走中にメンバーの古参、デヴィン・ホールもまた撃たれて命を落とした。ビーマンは戦友を失う悲しみに浸る間もなく、その亡骸を置いて任務を果たすしか術はなかった。
海路から陸へ。ザカリンを連れて向かうビーマンたちだったが、ドゥロフの部下たちの追跡は執拗であった。ついにはザカリンも撃たれ、絶望的な状況に陥る。だが、はるか彼方から放たれた銃弾がロシア兵をひとり、ふたりと倒し始める。負傷して止むを得ず置き去りにした、新人狙撃手マルティネリの援護射撃だった。
窮地を脱したビーマンたち。撃たれて息も絶え絶えのザカリンを連れアーカンソーとの合流地点、ムルマンスクの護岸へ向かう。だが追手は銃撃をゆるめない。シールズ隊員マット・ジョンストンはザカリンをビーマンに託し、残って敵を防ぐため援護射撃を開始する。なんとか時間を稼ぎ、マット自身も脱出するが追手の放った1発の銃弾が彼を貫き、その命を奪ってしまった。

komori2
komori2
@komori2

Related Articles関連記事

レオン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

レオン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『レオン』とは、1994年公開のリュック・ベッソン監督によるアメリカ・フランス合作のアクション映画。 ナタリー・ポートマンの映画デビュー作であり、本作によって脚光を浴びることとなった。 幼いころから殺し屋として生きてきた男レオンと、父親と義姉の虐待により幼い弟にしか心を開けない少女マチルダ。 ある出来事から殺しを教えることになったレオンとマチルダの奇妙な共同生活を描く。 日本公開時のキャッチコピーは「凶暴な純愛」。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの魔法・呪文まとめ

ハリー・ポッターシリーズの魔法・呪文まとめ

「ハリー・ポッター」とは作家J・Kローリングが描いた小説から始まり、映画化も行われている作品である。 主人公ハリーが悪と戦いを繰り広げ、魔法を用いた世界で、杖や魔法薬を用いることで魔法や呪文を行使できる。 一部の呪文には、効果が対になる呪文が設定されており、これを作中では「反対呪文」と呼ぶ。 このハリー・ポッターの映画や小説で登場した魔法を一覧にまとめた。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの料理・食べ物・飲み物・お菓子まとめ

ハリー・ポッターシリーズの料理・食べ物・飲み物・お菓子まとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとは、J・K・ローリングによる小説およびそれを原作とした映画、舞台、ゲームなどのメディアミックス作品である。普通の少年ハリー・ポッターはある日自分が魔法使いである事を知らされる。魔法学校で魔法を学び、仲間と友情を育むハリー。そんな中、両親を殺した宿敵ヴォルデモートとの戦いが始まる。舞台はイギリスの魔法界。作中にはイギリス魔法界ならではの様々な食べ物・飲み物・お菓子が登場する。人間界には無い少し変わったものも多く登場し、作品に楽しさ・面白さといった彩りを添えている。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの魔法具・アイテムまとめ

ハリー・ポッターシリーズの魔法具・アイテムまとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとは、J・K・ローリングによる小説およびそれを原作とした映画、舞台、ゲームなどのメディアミックス作品である。 普通の少年ハリー・ポッターはある日自分が魔法使いである事を知らされる。魔法学校で魔法を学び、仲間と友情を育むハリー。そんな中、両親を殺した宿敵ヴォルデモートとの戦いが始まる。 作中には戦いの行方を左右する重要なものや物語の鍵となるものから、魔法使い達の日常で使われるものまで、様々な魔法具やアイテムが登場する。

Read Article

ダークナイト ライジング(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ダークナイト ライジング(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

2012年に公開された、アメリカ・イギリス共同制作の実写アクション映画。監督はクリストファー・ノーラン。 ゴッサム・シティに平和が訪れ、ブルース・ウェインもバットマンを引退していた。しかしベインと名乗るテロリストが現れ、ゴッサムは再び壊滅の危機にさらされる。 バットマンとして復活したブルースが、窮地に陥りながらも、ゴッサムのために命を懸けて戦う姿が描かれる。

Read Article

ハンニバル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハンニバル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハンニバル』とは、2001年の米英伊合作によるサイコ・スリラー映画である。原作はトマス・ハリスの同名小説で、大ヒット作『羊たちの沈黙』の続編に当たる。監督はリドリー・スコットが務め、主人公レクター役は前作から引き続きアンソニー・ホプキンスが担当した。元精神科医で狂気の連続殺人鬼「ハンニバル・レクター博士」を巡る、極めて猟奇的な物語。FBI捜査官クラリスは彼を追うのだが、その先には身も凍る恐ろしい惨劇が待っていた。息を飲むスリリングな展開と、絵画のような映像によるコントラストは必見である。

Read Article

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。三年生となったハリ―。魔法界を訪れるとアズカバンに投獄されていたシリウス・ブラックが、脱獄していたことを知る。シリウスが自分を狙っていることを知るハリー。学生時代、父とシリウスが親友だったことを知り、ハリーは父を裏切ったシリウスに対し憎しみを抱き始める。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第三弾。

Read Article

オペラ座の怪人(2004年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

オペラ座の怪人(2004年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『オペラ座の怪人』とは2004年にアメリカで公開された、ガストン・ルルー原作の小説『オペラ座の怪人』を映画化したミュージカル映画作品である。19世紀のパリ・オペラ座、その地下には醜い顔をした怪人が住んでいた。彼は若く美しいコーラスガールのクリスティーヌに恋をしており、彼女の音楽の才能を見初めて姿を見せずに音楽を教えていた。怪人の目論見通りに主役に抜擢されたクリスティーヌだったが、幼馴染のラウルと再会を果たし恋仲になってしまう。そこから嫉妬に狂った怪人の復讐劇が始まっていく。

Read Article

ジョン・ウィック:チャプター2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ジョン・ウィック:チャプター2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジョン・ウィック:チャプター2』とは、2017年に公開されたアメリカのアクション映画。 前作同様主演をキアヌ・リーブスが務める。 『ジョン・ウィック』の続編であり、前作から5日後に起こった出来事を描く。 前作で亡くなった妻から贈られた飼い犬の復讐を遂げたジョンの元に、イタリアンマフィアのサンティーノから新たな殺人を依頼される。ジョンがその依頼を断ったことでサンティーノが彼の家をバズーカ砲で木っ端みじんにしてしまったことで再びジョンの復讐劇が始まる。

Read Article

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。復活を遂げたヴォルデモート。しかし魔法省はそれを受け入れずホグワーツに干渉するようになる。そんな中、ダンブルドアは「不死鳥の騎士団」を再び活動させる。五年生となったハリーたちはヴォルデモートに対抗するため、ダンブルドア軍団を結成。そしてヴォルデモートや死喰い人と再び対峙することとなる。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第五弾。

Read Article

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。四年生となったハリーたち。ハリーは何者かの陰謀により、トライ・ウィザード・トーナメントに参加することとなる。待ち受ける過酷な課題を乗り越えていくハリー。そんな彼の前で因縁の敵、ヴォルデモートがついに復活する。肉体を持ったヴォルデモートと初めて戦うことになったハリー。その強大な力に圧倒される。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第四弾。

Read Article

ゲイリー・オールドマンはハリー・ポッターシリーズのシリウス・ブラック役!他に出てる映画まとめ【ハンニバル】

ゲイリー・オールドマンはハリー・ポッターシリーズのシリウス・ブラック役!他に出てる映画まとめ【ハンニバル】

ゲイリー・オールドマンといえば、『ハリー・ポッター』シリーズでシリウス・ブラックの役を務めた人物ですよね。彼のシブいビジュアルと演技にハートを射貫かれた方は多いのではないでしょうか。もちろん、ハリポタ以外にもいろいろな作品に出演してますよ!この記事では、ゲイリー・オールドマンが他に一体どんな映画に出ているのかまとめました。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズに出演したイギリスの名優を紹介【ゲイリー・オールドマンなど】

ハリー・ポッターシリーズに出演したイギリスの名優を紹介【ゲイリー・オールドマンなど】

映画「ハリー・ポッター」シリーズに出演していたイギリスの名優についてのまとめです。ここで紹介するのは、シリウス・ブラック役のゲイリー・オールドマン、セブルス・スネイプ役のアラン・リックマン、ルシウス・マルフォイ役のジェイソン・アイザックス、ゼノフィリアス・ラブグッド役のリス・エヴァンスの4人。彼らが他作品で演じた悪役の画像や、ネットの反応などをまとめました。

Read Article

ゲイリー・オールドマン出演のオフショット画像まとめ【レオンなど18作品】

ゲイリー・オールドマン出演のオフショット画像まとめ【レオンなど18作品】

名優ゲイリー・オールドマンが出演した作品のオフショット画像を集めました。狂気的な刑事役が印象的だった『レオン』や、ぶっ飛んだ役を熱演した『フィフス・エレメント』、世界中で大ヒットした『ハリー・ポッター』シリーズなど、計18作品の貴重なオフショットを紹介していきます。

Read Article

ゲイリー・オールドマンに影響を受けた俳優まとめ【ブラッド・ピットなど】

ゲイリー・オールドマンに影響を受けた俳優まとめ【ブラッド・ピットなど】

名優ゲイリー・オールドマンに影響を受けた俳優たちをまとめました。ブラッド・ピットやダニエル・ラドクリフなど、ゲイリー・オールドマンの演技から多くを学んだと公言するスターの画像や尊敬理由、また彼のカメレオン俳優っぷりが分かる代表作品の画像も紹介しています。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの俳優陣が出演した話題作を紹介【エマ・ワトソン】

ハリー・ポッターシリーズの俳優陣が出演した話題作を紹介【エマ・ワトソン】

映画「ハリー・ポッター」シリーズに出演した俳優たちの、その後の出演作をまとめました。『ザ・サークル』でトム・ハンクスと共演したエマ・ワトソンだけでなく、ゲイリー・オールドマンやレイフ・ファインズなど重要な役を演じたベテラン俳優たちも注目作・話題作に出演。ここではそれぞれの作品のあらすじ・ストーリーや見どころ、予告動画を紹介していきます。

Read Article

【DCEU】ファン必見!ダークナイトシリーズのメイキング画像まとめ

【DCEU】ファン必見!ダークナイトシリーズのメイキング画像まとめ

クリストファー・ノーラン監督が手掛け、世界中で大ヒットした『ダークナイト』シリーズ。ここでは『バットマン ビギンズ』、『ダークナイト』、『ダークナイト ライジング』のメイキング画像をまとめました。演技指導を受ける俳優たちや、特殊メイクを施されている様子など、ファン必見の画像集です。

Read Article

悪役キャラクターのオフショット&貴重な舞台裏画像まとめ!【ヒース・レジャーなど】

悪役キャラクターのオフショット&貴重な舞台裏画像まとめ!【ヒース・レジャーなど】

名作・人気作の印象的な悪役として登場した人物・キャラクターのオフショットや、貴重な舞台裏の画像をまとめました。「ダークナイト」のジョーカー役ヒース・レジャーや、「マイティ・ソー」のロキ役トム・ヒドルストンをはじめ、様々な人気俳優や名作の舞台裏を紹介。映画ファン必見の貴重なショットばかりです。

Read Article

『ドリフターズ』と史実や他メディアでの同名キャラとを比べてみた!

『ドリフターズ』と史実や他メディアでの同名キャラとを比べてみた!

『ドリフターズ』とは、『ヘルシング』でもお馴染み平野耕太先生の作品。それぞれ異なった時代の人物たちが登場し、世界を壊さんとする「廃棄物」側と、それを阻止せんとする「漂流者」側とに別れ戦う、史実ごっちゃ混ぜ気味なマンガなのです。今回こちらでは、作中に登場する人物と、史実やマンガ及びゲームなどの人物像とを比べつつ、簡単な解説と共にまとめさせて頂きました。

Read Article

あなたはどこまで見た?TSUTAYAのDVDレンタルランキング【お願い!ランキング】

あなたはどこまで見た?TSUTAYAのDVDレンタルランキング【お願い!ランキング】

バラエティ番組「お願い!ランキング」で紹介された、TSUTAYAのDVDレンタルランキングをまとめました。最新作のランキングではなく、「ハンニバル」や「タイタニック」をはじめ、様々な年代・ジャンルの名作のランキングです。100位から順に、作品のあらすじを交えながら紹介していきます!

Read Article

【マーベル】アメコミヒーロー誕生のきっかけとなった名言・名セリフまとめ【DCコミックス】

【マーベル】アメコミヒーロー誕生のきっかけとなった名言・名セリフまとめ【DCコミックス】

人気アメコミ映画の中で、ヒーロー誕生のきっかけとなった名言・名セリフをまとめました。『スパイダーマン』の「大いなる力には、大いなる責任が伴う」や、『バットマン ビギンズ』の「人はなぜ落ちる?這い上がるためだ」など、主人公たちの心を揺さぶった名言を網羅。各作品の簡単なあらすじや見どころなどもあわせて紹介していきます。

Read Article

「ハリー・ポッターシリーズ」マルフォイは6月5日が誕生日!金曜ロードショーのTwitter公式アカウントが一番はじけてた件

「ハリー・ポッターシリーズ」マルフォイは6月5日が誕生日!金曜ロードショーのTwitter公式アカウントが一番はじけてた件

『ハリー・ポッター』シリーズファンの中で特に愛されている登場人物・キャラクターといえば、ドラコ・マルフォイ!ある年の6月5日に『金曜ロードショー』で『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』が放送されたのですが、実はこの日はマルフォイの誕生日。これにネット民が沸き返る中、もっともはじけていたのは金ローの公式Twitterアカウントでした。この記事で、そのツイート内容をまとめています。きっとツイートしてる人もマルフォイのファンなんでしょうね。なんて面白いんだフォイ。

Read Article

【アベンジャーズ】ファン必見!ヒーロー映画の撮影風景まとめ【ダークナイト ライジング】

【アベンジャーズ】ファン必見!ヒーロー映画の撮影風景まとめ【ダークナイト ライジング】

公開前から世界中で話題を呼んだヒーロー映画、「アベンジャーズ」と「ダークナイト ライジング」の撮影風景をまとめました。アイアンマンやキャプテン・アメリカ、バットマンなど、スーパーヒーローたちの和気あいあいとした雰囲気を感じられる、ファン必見の画像を紹介していきます。

Read Article

【マトリックスなど】名作映画を再現した動画・画像まとめ【LEGOで再現シリーズや60秒で再現シリーズなど】

【マトリックスなど】名作映画を再現した動画・画像まとめ【LEGOで再現シリーズや60秒で再現シリーズなど】

短い時間で名作映画を再現した動画や画像を集めました。「LEGOで再現」シリーズや、「数分で再現」、「60秒で再現」シリーズなど、作品の内容を見事にまとめた動画をメインに紹介。『マトリックス』や『ダークナイト ライジング』をはじめ、様々な映画がレゴやクレイアニメ、実写やペーパーアニメーションなどで再現されています。

Read Article

NEW
映画アクアマンがダークナイト ライジングを抜きハリー・ポッターと死の秘宝に次いで世界で大ヒット!

映画アクアマンがダークナイト ライジングを抜きハリー・ポッターと死の秘宝に次いで世界で大ヒット!

2019年に日本で公開された映画『アクアマン』。この映画は世界中で大ヒットしたのですが、その出来事が大きな話題になりました。というのも、同じDC映画の中でトップを誇っていた『ダークナイト ライジング』を抜き、ワーナー・ブラザース映画としては『ハリー・ポッターと死の秘宝』に次ぐ記録を残したのです。こう聞くと、『アクアマン』を観たくなっちゃいますよね!ぜひ、機会があれば観てみてください。

Read Article

ハリー・ポッターと炎のゴブレットで「下野どこ?」が話題に

ハリー・ポッターと炎のゴブレットで「下野どこ?」が話題に

地上波で『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』が放送されると、視聴者の間で「下野どこ?」という投稿が相次ぎました。これは人気声優・下野紘がモブ役で作品に登場しており、一体どこで彼が吹き替えを担当していたのかをファンが探し出そうとしたためのようです。作品の内容そっちのけで下野探しに盛り上がるツイートをまとめました。

Read Article

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」のおもしろ画像&注目ツイートまとめ

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」のおもしろ画像&注目ツイートまとめ

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』は、大人気ファンタジーシリーズの第5作目です。このあたりから物語がかなりシビアになってくるので、展開から目が離せないですよね。この記事では、そんな本作のおもしろ画像や注目ツイートをまとめました。作中では敵対していても、カメラが回っていないところではキャスト同士で笑い合ったりしてる様子が素敵!

Read Article

名作洋画の細かすぎるミステイク動画・画像まとめ【ハリー・ポッターシリーズなど】

名作洋画の細かすぎるミステイク動画・画像まとめ【ハリー・ポッターシリーズなど】

名作洋画の細かすぎるミステイク動画と画像を集めました。名作映画のミステイク箇所をまとめた動画や、『スター・ウォーズ』シリーズや『ハリー・ポッター』シリーズ、『パイレーツ・オブ・カリビアン』など、作品別にまとめたものを紹介。修正前・後を比較した画像も載せています。

Read Article

NEW
『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』地上波放送が待ちきれないファンのツイートまとめ【金曜ロードショー】

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』地上波放送が待ちきれないファンのツイートまとめ【金曜ロードショー】

『金曜ロードショー』での『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』の放送が待ちきれないファンのおもしろツイートをまとめました。アン・ブリッジやセブルス・スネイプをいじったネタ系ツイートや俳優・声優に関する雑学系など、ハリポタファン必見のつぶやきを紹介していきます。

Read Article

【アベンジャーズ】人気映画の登場人物・キャラクターに扮した子供のハロウィン仮装画像まとめ【ダークナイト ライジング】

【アベンジャーズ】人気映画の登場人物・キャラクターに扮した子供のハロウィン仮装画像まとめ【ダークナイト ライジング】

2012年に公開された映画の仮装をする子供たちの画像を集めました。世界中で人気を博した「アベンジャーズ」のヒーローや、「ダークナイト ライジング」のバットマンや魅力的なヴィランの仮装など、どれも子供たちの可愛い姿に胸を撃ち抜かれるものばかりです。

Read Article

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」が金曜ロードショーで放送!おもしろ画像・ツイートまとめ

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」が金曜ロードショーで放送!おもしろ画像・ツイートまとめ

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』といえば、大人気シリーズ第3作!定期的に『金曜ロードショー』で放送されるのですが、それにあたって様々なおもしろ画像やツイートが飛び交っているので、この記事でまとめました。ハリポタ関連のツイートを見ていると、マルフォイが絶対にイジられてます。愛されてますね!

Read Article

目次 - Contents