Dr.STONE(ドクターストーン)のネタバレ解説・考察まとめ

『Dr.STONE』とは、原作・稲垣理一郎、作画・BoichiによるSF・サバイバル漫画である。2017年から『週刊少年ジャンプ』で連載開始した。2019年に第1期が全24話でアニメ化し、2021年に第2期が放送。ある日、謎の光によって地球上の全人類が石化してしまう。長い長い時が流れ、最初に石化から目覚めたのは主人公「石神千空」で、人類が石化してから約3700年が経っていた。人類はこれまで築いてきた全文明を失うが、千空は幼馴染「大木大樹」などの仲間と共に科学によってその文明を取り戻していく。

『Dr.STONE』の概要

『Dr.STONE』とは、原作・稲垣理一郎、作画・Boichiによる日本の漫画作品である。2017年に『週刊少年ジャンプ』で連載を開始。話数カウントは「Z=○」となっている。作画担当のBoichiにとっては初の少年漫画である。2019年~2020年に同作者コンビが描く番外編『Dr.STONE reboot:百夜』が同時連載された。2019年にアニメ化し、コミック7巻の中盤辺り(レコードを聞くまで)までのストーリーを原作通りに放送。第1期放送後に2021年1月から第2期が放送された。また、続編の製作も発表されている。

2018年に次にくるマンガ大賞2018 コミックス部門2位入賞、同年に第64回小学館漫画賞少年向け部門を受賞した。
コミックの他に番外編『Dr.STONE reboot:百夜』と、小説『星の夢、地の歌』『声はミライへ向けて』(著:森本市夫)、ムック本『Dr.STONEの最強自由研究』が発売。
2020年に卓上ゲーム「Dr.STONE ボードゲーム 千空と文明の灯」が発売。
2020年2月に「リアル脱出ゲーム×Dr.STONE 石の洞窟(ストーンケイヴ)からの脱出」を開催。

ある日、地球は謎の光に包まれ人類全員が石化してしまう。3700年後、科学に精通した主人公「石神千空(いしがみ せんくう)」が石化から復活すると人類の文明は全て滅び、周りには自分と同じく無数の石化した人間たちが転がっていた。千空は1人で石を調べて石器を作り、火を起こし、狩りをし、革で服を作り、家を作り石器時代を生きた。しかし千空は1人での活動に限界を感じ、コウモリの糞でたまたま出来ていた硝酸で幼馴染の「大木大樹(おおき たいじゅ)」を復活させた。千空と大樹は2人で全人類を石化から復活させようと誓い合い、硝酸とアルコールの比率の実験を繰り返して石化復活液を完成させた。
その後ライオンに追われた際に、霊長類最強の男子高校生「獅子王司(ししおう つかさ)」を復活させる。しかし司は強い者が弱い者を搾取する社会を毛嫌いしていたため、邪悪な大人は復活させず純粋な若者だけを復活させ、科学を発展させず自然と共に生きるという野望を抱いていた。千空と大樹は、大樹の片想いの相手で二人の幼馴染でもある「小川杠(おがわ ゆずりは)」を復活させると、司と対抗できる手段である火薬を作り出すため3人で硫黄が取れる箱根へ向かった。司は千空たちを追い杠を人質にして千空から復活液の作り方を聞き出すと、千空を殺してしまう。しかし千空の首の裏には石化がまだ少し残っており、石化が解ける際に体に起こる修復効果によって蘇生を果たす。
大樹と杠は千空は死んだ事にしてスパイとして司の元に行き、千空は司に対抗できる科学王国を作り出すと2人に約束し1人で行動を始めた。千空は謎の少女「コハク」と出会い、彼女をピンチから救い、コハクの住む村に案内された。集落の人間は現代人では無いようであった。千空は集落の人間を科学王国の仲間に引き入れる事を目標にし、コハクの姉で村の巫女「ルリ」を病気から救うためにサルファ剤を作る計画を建てた。千空は千空に協力的なコハク、科学に興味のある少年「クロム」、村の子供「スイカ」、門番の兄弟「金狼(ぎんろう)」「銀狼(きんろう)」、職人「カセキ」と共にサルファ剤の材料をコツコツ作っていく。司の使いで復活者「あさぎりゲン」が偵察に来るが科学王国に引き入れ、ゲンは逆スパイとなった。千空は村の御前試合に出て優勝して村長になり、集落の人間たちを科学王国に引き入れ、完成したサルファ剤でルリを救った。
するとルリから村の名前は「石神村(いしがみむら)」であると語られる。石神村は宇宙にいたため石化を免れた千空の父で宇宙飛行士の「石神百夜(いしがみ びゃくや)」と、その仲間たちの子孫で形成された村だった事が明らかになった。そんな矢先、石神村に司が復活させた「氷月(ひょうげつ)」「紅葉ほむら(もみじ ほむら)」が偵察に来て、千空が生きているのがバレてしまう。千空は本格的に司が作る帝国と戦うために通信機を作り出すが、司もまた仲間を増やして司帝国を作り千空との戦いの準備をしているのであった。

文明を失った世界で、ゼロから地道に努力し科学で文明を発展させていく過程が面白く、科学知識も付くと評判の作品。
科学に興味が無い人でも分かり易く読むことが出来るほか、敵だったキャラが仲間になっていく人間関係の変化や、繊細な作画などが魅力。
テレビ朝日で放送した「林修の今でしょ!講座」の「特別編 東大生ランキング」では、東大生の選ぶ勉強になる漫画11位に選ばれた。
また、漫画の中で行っている方法で実際に爆弾や劇薬を作る事ができるため、アニメでは最後に法に触れる実験は行わないようテロップが出る。
主人公の千空は科学や歴史など広範囲で知識が深く、一見最強主人公のような存在でもある。しかし千空1人では出来る事が限られていて、千空は仲間達の手を借りて一歩一歩努力し目標を達成する。そういった描写に『少年ジャンプ』のモットーである友情、努力、勝利の要素もあり、難解な化学を駆使しつつも少年漫画らしい王道ストーリーとなっている。

『Dr.STONE』のあらすじ・ストーリー

プロローグ(Z=1~12)

全人類と3700年前の文明を復活させる。途方もない目的を抱いて、千空は1人文明の滅びた世界で行動を開始する。

ある日、“地球上の全人類が石化する”という謎の災害が発生。3700年もの月日が流れた後、豊富な科学知識とあくなき探求心を持つ高校生・石神千空(いしがみ せんくう)はただ1人石化から回復する。
文明の崩壊した世界で、ただ1人復活してしまった千空は、しかし絶望することなく科学の力によって状況を打破していく。自身が復活した時の状況から、ナイタール液という化学薬品で石化が解除できることを突き止めた千空は、これを使ってまずは幼馴染で親友の大木大樹(おおき たいじゅ)を蘇らせる。

苦労しながらさらに1人分のナイタール液を調合し、同じく友人にして大樹の想い人でもある小川杠(おがわ ゆずりは)を蘇らせようとするも、猛獣に襲われてやむなく獅子王司(ししおう つかさ)という少年にこれをかける。司は石化前の世界では霊長類最強と呼ばれていた格闘王で、その剛腕で猛獣を退ける。
しかし、完全に文明が崩壊した世界は、司の中に「既得権益によって苦しむ者のいない、完全に平等な世界を作る」という野心を芽生えさせる。科学の力で人類全てを蘇らせたい千空と、古い世界のルールを蘇らせないためにそれを阻止したい司は衝突し、ついに司は千空の頸骨を砕いて彼を殺害する。しかし大樹と、この事件の直前に復活した杠は、千空の首筋に石化したままの箇所があることに気付いて残っていたナイタール液をかける。肉体的には死亡していたはずの千空は、これによって息を吹き返すのだった。

第1部「STONE WORLD THE BEGINNING(Z=13~45)」

自分の思い描く理想の世界のため、槍の達人である氷月(ひょうが)など、有能な人材を次々に復活させていく司。大樹と杠をスパイとして送り込みつつ、千空は司に対抗する手段を求めて旅立つ。やがて彼は、自分たち以外で復活していたばかりか、世代を重ねながら生き延びて原始人同然の暮らしをしている石神村の人々と出会う。
体力に秀でる少女コハク。天才的な発想力を持つクロム。熟練職人のカセキ。科学に興味津々の女の子スイカ。最初は千空をよそ者として警戒していた石神村の人々だったが、彼の科学知識によって作られた様々な品を目の当たりにし、生活が改善されていくに従い、少しずつ隣人として、次代のリーダーとして受け入れていく。

そんな中、村に残されていた手がかりから、千空は石神村が宇宙飛行士をしていた自身の父の興したものであることを知る。宇宙ステーションにいた彼らは、3700年前に人類に起きた異変に巻き込まれることを免れ、人類を救う手立てを探すべく地上へと帰還し、子孫を増やしていったのだ。
「いずれ必ず自分の息子が目覚めて石化の謎を解く」と信じて父が遺した情報を受け取り、千空は化学による人類の完全復活を求めてさらに邁進。そのための第一歩として、司の率いる司帝国との戦いに備えていく。

第2部「STONE WARS(Z=46~82)」

千空は戦車を作り、戦闘開始20秒で決着をつける作戦を立てた。

大樹や杠とも連絡を取りつつ、司帝国の中にもメンタリストの浅霧幻(あさぎり げん)や元自衛官の西園寺羽京(さいおんじ うきょう)といった協力者を作った千空たちは、ついに彼らとの決戦に臨む。蒸気機関とカーボン樹脂で作った戦車で司帝国に乗り込み、犠牲者無しでこれを制圧すると、千空は司に取引を持ち掛ける。自身が頸骨の骨折という致命傷を負った上で蘇生した経験から、「石化からの回復にはあらゆる負傷や病気を癒す力がある」と千空は見抜いており、これを使って不治の病に侵された司の妹を治療するというのだ。
司が平等な理想社会を夢見たのは、余命いくばくもない妹にせめて美しい世界を見せてあげたいとの思いが源にあった。その妹に未来を与えられるかもしれないと知った司は、千空や彼の率いる石神村の人々と和解する道を選ぶ。

石化したままだった司の妹は、千空の予測した通り無事に回復。これで解決かと思われたその時、氷月が千空と司に牙を剥く。今の世界を「自分の武芸を実戦の場で使う好機」と捉えた氷月は、今ここで千空たちを始末すれば自分こそが覇者になれると踏んだのだ。千空は司と協力してこれを倒すも、妹を庇った司は致命傷を負ってしまう。
司を救うため、千空はかつて文明を滅ぼした石化の謎を解くことを決意。完全に死ぬ前に司を冷凍冬眠し、彼が生きている間に人間を石化する方法を手に入れて、いったん石化してからナイタール液で回復させようというのだ。日本での戦いは終わりを告げ、新たな科学の探求の旅が始まる。

第3部「Dr.STONE(Z=83~137)」

千空たちが作った科学船ペルセウス。

父の遺した情報から、南米から放たれた不可思議な閃光が人類を石化させたことは、すでに判明していた。この地を目指すため、千空は七海龍水(ななみ りゅうすい)という少年の石化を解除する。龍水は財閥の御曹司にして、高校生にして一流の航海士という技能の持ち主で、「自分の欲するものを手に入れたい」という思いを十二分に発揮して千空に全面的に協力する。
航海の準備を進める中、新たに開発したGPSの試験中、千空たちは謎の人物が発した電波を受信する。ひたすら「WHY(なぜだ)」と繰り返すその信号こそは、人類を石化した何者かが発したメッセージのように思われた。

航海用の船が完成したところで、千空は最初に自身の父が降り立った南洋の島を目指す。そこにいけば、恐らくまだ残っているだろう帰還用ポッドの部品の中から、より大量のナイタール液を調合するために必須となるプラチナが容易に手に入ると踏んだのだ。
島には石神村の面々と同じく、千空の父たち宇宙飛行士の子孫たちが暮らしていたが、驚いたことに彼らは石化装置を所有していた。遥か昔に空から落ちてきたというそれを巡り、島の独裁を目論む悪党たちと争った末に、千空たちは彼らを征して石化装置を手に入れる。

本章「石化の真相(Z=138~211)」

メデューサと名付けた石化装置を手に日本に戻った千空は、司を復活させて仲間たちと共にいよいよ人類復活の事業に乗り出す。まずは大量のナイタール液を用意するべく、その材料たるコーンを求め北米大陸へと向かう。しかしそこでは、千空の知識の師ともいうべき天才科学者ゼノ・ヒューストン・ウイングフィールドが独自に復活を果たし、自身の親友にして元米国軍人のスタンリー・スナイダーなど優秀なアメリカ人たちと共に文明復活を目指していた。
ゼノは「より効率的で自由な科学の発展」を目指すべき社会だと捉えており、そのために不要な人間は復活させない方がいいと考えていた。この点で意見の分かれた千空はゼノと袂を分かち、彼の率いるアメリカの人々と対立。クロムや司の活躍もあってゼノを捕虜にすると、人質として彼を連れたまま石化現象の発生地である南米へと向かう。

南米で彼らを待っていたのは、見渡す限りを埋め尽くすほどに大量のメデューサだった。ゼノ奪還のためにスタンリーが迫る中、千空たちは最後の手段として再起動に成功したメデューサで再び全人類を石化させる。時間差で流れるようにしておいたナイタール液によってスイカ1人が石化から回復し、彼女の数年がかりの努力によって千空たちは復活。アメリカ側の切り札であるスタンリーは石化させたままでゼノを復活させ、彼と交渉して翻意させることに成功する。「一緒に石化現象の謎を解き明かそう」という千空の誘いに、ゼノが乗った形である。
これまでの調査で、メデューサは月からやってきたことが判明。人類文明を滅ぼした石化の謎を解き明かすため、千空は世界中の人々を復活させながら月へと向かうロケットを作ることを計画する。

終結章「STONE TO SPACE(Z=212~232)」

人類文明を滅ぼしたメデューサの正体は、宇宙由来の機械生命体だった。

トライアンドエラーを繰り返しながら、月に向かうためのロケットは少しずつ形となっていく。乗組員は頭脳担当の千空、仲間内でもっとも身体能力に秀でた司、船舶の操作技能に長けた龍水が候補となっていたが、司は「コハクは自分と同程度に動けるし、何より女性である分ずっと軽いからロケットへの負担が小さい」と彼女にその座を譲り、龍水も「スタンリーならば自分と同等の操縦技術を持つし、何より荒事があればこれほど頼もしい人物はいない」と辞退。ナイタール液で石化状態から復活したスタンリーは、軍人らしく過去のことをすぐに割り切り、ゼノの依頼もあって月に向かうことを承諾する。
かくしてロケットに乗り込んで月を目指す千空、コハク、スタンリー。自分のための物資や燃料を帰還用のロケットに積み込んで勝手についてきた龍水もこれに同行する。果たして月で彼らを待っていたのは、南米で目撃したそれをさらに上回る、地球上からでも“月面で蠢く謎の影”として観察できるほどの、膨大な数のメデューサだった。

メデューサの正体は意志を持った機械生命体であり、宇宙を渡りながら知的生命体を探し、石化を用いた永遠に等しい命を授ける代わりに自分たちをメンテナンスさせるという生態を持っていた。彼らは人類を「次なる寄生相手」と見込んで石化光線を放つも、メデューサの謎とその使い方に辿り着く前に千空たちが勝手に石化を解いて活動を開始したため、「どうして(WHY)そんなことをする、老いて死にたいのか」と不思議がっていたのだった。
人類とメデューサが相容れないと考えた千空たちは、彼らに地球から立ち去ってほしい旨を伝える。メデューサもまた「人類はまだ自分たちを十分に使えるほど優れた知的生命体ではない」と判断してこれを受け入れる。その上で、メデューサが重力を制御する力を持つことを知った千空は、「自分と一緒にタイムマシンを作るつもりはないか」と彼らに持ち掛ける。重力を自由に御せるのであれば、時間の移動さえもあるいは可能となるかもしれないのだ。

大半のメデューサが「人類にはほぼ不可能だ」とこれを一蹴して宇宙へと旅立っていく中、たった1個だけ「お前のアイデアは興味深い」と感じたメデューサが千空たちと行動を共にする道を選ぶ。
タイムマシンが完成すれば、崩壊した文明も、地球に降りて朽ちていったメデューサさえも救えるかもしれない。10年、100年、いや1000年かかろうと構わない。大樹と杠が結婚する中、千空はゼノやクロム、復活した世界最高峰の科学者と共に、新たな研究に打ち込んでいくのだった。

『Dr.STONE』の登場人物・キャラクター

科学王国(かがくおうこく)

石神 千空(いしがみ せんくう)

CV:小林裕介
幼少期CV:小松未可子

本作の主人公。16歳。広末高等学校科学部部長。身長171.4センチメートル。1月4日生まれ。
口癖は「唆るぜ、これは!」、そのほかにも100%や100点のことを「100億%」「100億点」と言ったりする。
根っからの科学オタクで、「科学は地道な探求」と言う持論を持つ。その持論通り実験と失敗を繰り返しながら地道に成功を模索するタイプで忍耐が強い。純粋な科学の他に、医学、生物学、植物学などの科学が関わる幅広い範囲に詳しい。数学にも精通しており、複雑で高難易度の暗算が出来るほか正確に秒数を数えられる。3700年耐えることなく秒数を数え続け正確な暦を把握し、文明が崩壊した世界でも科学知識を糧に皆を助け導いていく。性格は合理的で何事にも科学に基いた判断を下すが、人情深く1人の命も犠牲に出来ない優しさと甘さを持っている。頭を使う作業は得意であるが身体能力は低く、女子のほむらにも腕力が劣る。またここぞという時に運が悪い。幼少の頃からの夢は宇宙へ行くことで、百夜と同じ夢であるが百夜とは違いパイロットとして行きたいのではなく、ロケットを自分で作って宇宙に行きたいというもの。その夢を叶えるために幼少の頃からロケットの製作と実験を繰り返し、その過程で大樹や杠と友人となった。大樹とは幼い頃からの友人で、お互いに強い信頼関係を持っている。杠との友情も強く、杠の器用さを高く買っている。またお互いに好意を持ち合う2人の仲を理解し、態度には出さないものの2人の関係を応援している。司とは敵対してしまうが敵同士でもお互いを理解し合い、出会う場所が違ければ友達になれたと思いあっている。戦闘後は和解し、コールドスリープ解除後は司も科学王国に入る。初めに会った村人であるコハクとは長い付き合いになっており信頼関係が生まれている。クロムとは初めは千空がクロムに科学を教える師弟のような関係であったが、クロムが成長して行くに連れて対等な立場となっていく。石神村の人々からは初めは懐疑的に見られていたが、ルリを助けたことや科学によって生活が改善した事によって信頼を寄せられている。

石化時から3700年意識を保ち且つ秒数を続け、偶然硝酸を浴びた事によって石化から復活。その後大樹を復活させて2人で復活液を作り出す。ライオンに襲われた事で司を復活させるが司と意思を違えて対立し、司に勝つために1人で科学王国を作る事になる。コハクに出会い石神村に訪れ、ルリを救ったことで石神村を科学王国に組み込む事に成功する。司帝国に勝利後、コールドスリープした司を救うために船を作って宝島へ向かい、激闘の末に石化装置メデューサを手に入れる。石化の治癒力で司を治し、仲間に引き入れた。そして大量の復活液を作るのに必要なアルコールの原材料コーンを獲りにアメリカへ向かい、ドクターゼノの勢力と戦う。その過程で暗殺されかけて負傷するが、ドクターゼノを捕獲する事に成功し、南米へ向かった。

5wRyz
5wRyz
@5wRyz

Related Articles関連記事

Dr.STONE(ドクターストーン)のアイテム・発明品まとめ

Dr.STONE(ドクターストーン)のアイテム・発明品まとめ

『Dr.STONE』とは、原作:稲垣理一郎、作画:Boichiによる漫画作品である。 ある日、地球を怪光線が包んだ。その光線は人類全てを石化させてしまう。それから3700年後、石神千空という少年が石化から解ける。千空は卓越した科学力を持っており、石化した人類、崩壊した文明を取り戻そうとする。 千空は試行錯誤しながら、様々なアイテムを開発していく。

Read Article

アイシールド21(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

アイシールド21(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『アイシールド21』とは、原作:稲垣理一郎、作画:村田雄介によって週刊少年ジャンプに掲載されていた少年漫画、およびそれを原作としたテレビアニメ作品。 パシリにより鍛えられた俊足を見込まれ、強制的に泥門高校のアメフト選手にされた小早川瀬名。選手登録名「アイシールド21」として日本のアメフト界の最高峰である全国大会決勝(クリスマスボウル)を目指し、仲間たちと共に様々な強敵を相手に奮闘する。

Read Article

アイシールド21の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

アイシールド21の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『アイシールド21』とは原作・稲垣理一郎、作画・村田雄介によるアメリカンフットボールを題材とした漫画作品である。 主人公の小早川瀬那(セナ)は気弱な高校生だが、俊足の持ち主であった。彼の走りを見たアメフト部の主将、蛭魔に強制的にアメフト部に入部させられ、セナは最強ランナーである「アイシールド21」を名乗ることになる。 本作では、勝利のためにひたむきに努力する姿や、苦悩する姿が描かれ、胸を熱くさせる名言・名シーンが存在する。

Read Article

【人気漫画】2007年~2018年の週刊少年ジャンプ打ち切り・終了マンガまとめ!

【人気漫画】2007年~2018年の週刊少年ジャンプ打ち切り・終了マンガまとめ!

週刊少年ジャンプ連載作品で、2007年1号以降に終了した作品をすべて順に紹介します。『週刊少年ジャンプ』は、集英社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。略称は『ジャンプ』『WJ』 。1968年に『少年ジャンプ』として月2回刊誌として創刊し、翌1969年より週刊となり『週刊少年ジャンプ』に改名した。

Read Article

目次 - Contents