田本研造

田本研造

田本研造(たもと けんぞう)とは、『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』に登場するキャラクターで、同名の実在人物をモデルとした写真家。
北海道の函館に自身の写真館を構え、新選組の土方歳三など様々な人物の写真を撮影したことで知られる。その中に死んだと思われていた神谷越路郎が写っていたことから、彼の娘である神谷薫と結婚した緋村剣心とよしみを結ぶこととなった。函館山を占拠した謎の武装集団「劍客兵器」の存在を剣心に伝え、自身の愛する函館の平和のため、陸軍と協力してこれを排除してくれと依頼する。

田本研造の関連記事 (3/12)

般若(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

般若(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

般若(はんにゃ)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物で、かつて江戸城の守護を担っていた隠密御庭番衆の一員。般若は仲間内で用いている名称で、本名は不明。 戦闘能力も高いが諜報活動にも長けた上位隠密。その名の通り“般若”の面で顔を覆った忍者で、手甲を装備した上での徒手空拳による打撃を得意とする。距離感を誤らせるための縞模様の刺青を腕に施し、様々な人物の顔に変装するために自らの鼻と唇を削ぎ落とすなど、御庭番衆とその長である四乃森蒼紫に対して異常なまでの忠誠心を抱く。

Read Article

駒形由美(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

駒形由美(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

駒形由美(こまがた ゆみ)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(るろうにけんしん めいじけんかくろまんたん)の登場人物で、志々雄真実の愛人にして世話役。 もともとは商家の娘で、賊に家族を皆殺しにされて吉原の遊女となる。持ち前の器量で花魁となると、家族の仇でもある志々雄と再会。妹分を救われ、「強い者のみが生き残る」というその強固な哲学に感服し、彼を仇と知ってなお共に歩む道を選ぶ。以降は常に側に控えて志々雄に尽くし、自身にできる形で彼の覇業を支え、その糧となって命を散らした。

Read Article

マグダリア小夜(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

マグダリア小夜(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

マグダリア小夜(マグダリア さよ)とは『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』のアニメオリジナルストーリー「島原編」に登場する人物で、敬虔なキリシタン。マグダリアは洗礼名である。小夜には兄・島原翔伍がおり、小夜の姓も島原であるが本人は一度も名乗ってはいない。小夜は不治の病とも言われていた結核を患っていたが、とても清廉で美しい心の強い女性である。結核が悪化したところを相楽左之助に助けられふたりの距離は縮まるが、小夜は亡くなってしまう。

Read Article

相楽総三(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

相楽総三(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

相楽総三(さがら そうぞう)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物で、赤報隊の隊長。物語開始時点で故人である。 赤報隊は新政府側の部隊の1つで、子供の頃の相楽左之助も同部隊に所属していた。しかし民衆を味方につけるために上からの指示で彼らが触れ回った「年貢半減」という約束が、新政府側の懐事情的に実行不可能だと明らかになると、赤報隊は“偽官軍”の汚名を着せられる。弁明のために出頭するも捕らえられ、無実の罪で処刑された。左之助にとっては大切な恩師で、相楽自身も彼に目をかけていた。

Read Article

新井赤空(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

新井赤空(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

新井赤空(あらい しゃっくう)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物で、幕末に数多くの殺人奇剣を打ったことで知られる刀工。物語開始時点で故人である。 欧米列強の圧力強まる中、少しでも早く日本を混乱から抜け出させたい一心で殺傷力に特化した刀を作るも、内心では「平和のために人殺しの武器を作る」自身に矛盾を感じて苦しむ。主人公の緋村剣心もまた近しい悩みを抱えていることを察して、“殺せない刀”こと逆刃刀を渡し、彼がどのような答えを出すのかを見届けようとした。

Read Article

比留間喜兵衛(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

比留間喜兵衛(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

比留間喜兵衛(ひるま きへえ)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物で、物語序盤に暗躍した悪党。 ヒロインである神谷薫の受け継いだ神谷道場の土地を狙い、これを手に入れるべく弟の比留間伍兵衛と共に様々な策を講じる。主人公の緋村剣心によって計画を阻止されるもなお諦めず、喧嘩屋の相楽左之助を利用することで再び暗躍。剣心を拳銃で狙撃するがこれを防がれ、今度こそ心折られて東京を後にする。物語終盤、不動沢という悪漢の子分として再登場し、左之助によって改めて成敗された。

Read Article

刈羽蝙也(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

刈羽蝙也(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

刈羽蝙也(かりわへんや)とは『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』に登場する人物で、志々雄真実(ししおまこと)の精鋭部隊である「十本刀」の一員。逆立った髪と極限まで絞ったガリガリの細い体に黒い翼を装着している異様な風貌が特徴。「飛翔の蝙也」という二つ名を持ち、ダイナマイトを爆発させた爆風で空を飛び上空から敵に攻撃を加える。彼の異様にやせ細った身体は空を飛ぶのに自身を軽量化させる必要があったため。志々雄の命令で京都大火や「葵屋」の襲撃を行う。

Read Article

山県有朋(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

山県有朋(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

山県有朋(やまがた ありとも)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物で、陸軍卿を務める明治政府の重鎮。 激動極まる明治維新を生き抜いた維新志士の1人であり、主人公緋村剣心とはその頃からの仲間である。当時は剣心のことをあまり良く思っていなかったが、やがてその考えを改め、現在は彼にその働きをふさわしい役職で明治政府に迎えることを望んでいる。明治政府の陸軍のトップとして、大きな事件が発生した際には兵を率いて事件に介入することが少なくない。特にアニメ版ではその傾向が顕著である。

Read Article

夷腕坊/外印(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

夷腕坊/外印(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

夷腕坊(いわんぼう)/外印(げいん)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物で、明治政府の打倒を目論む志々雄一派の精鋭部隊「十本刀」の一員にして主人公緋村剣心の命を狙う「六人の同志」の1人。 外印は裏の人形師の末裔で、夷腕坊は彼が死体から作り出した人間そっくりの着ぐるみである。十本刀に参加したのも六人の同志に加わったのも自分の技術力を証明しようとしたからに過ぎず、剣心個人に対して含むところは特にない。偽の死体を作って物語を混乱させるが、隠密御庭番衆の四乃森蒼紫に倒された。

Read Article

神谷越路郎(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

神谷越路郎(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

神谷越路郎(かみや こしじろう)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』及び続編の『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』の登場人物で、ヒロイン神谷薫の父親。 神谷活心流という流派の剣術家で、関東でも屈指の腕前だと評価されていた。豪放な反面弱者や若者を慈しむ優しい性格で、従軍した西南戦争では味方どころか敵に対しても慈悲をかけて奮戦。何人もの若者を守り切った末に命を落としたとされている。しかし『北海道編』で生きている可能性が取り沙汰され、主人公緋村剣心を新たな戦いの旅へと導く。

Read Article

柏崎念至(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

柏崎念至(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

柏崎念至(かしわざきねんじ)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』に登場するキャラクターで、かつて御庭番最恐と恐れられた御庭番京都探索方の頭領。普段の顔は京都の料亭兼旅籠「葵屋」の隠居で、通称は「翁」。明治政府転覆を目論む志々雄一派の存在を知り、彼らと対立する緋村剣心に対して強引に協力を受け入れさせるなど我が儘な一面もある。日頃は飄々としたスケベ爺であるが、捕えた敵の手に釘と蝋燭を突き刺し拷問するなど、時に残忍性を見せる。戦闘能力も御庭番衆の先代御頭とも互角に戦える実力を持つ。

Read Article

土方歳三(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

土方歳三(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

土方歳三(ひじかた としぞう)とは、『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』の登場人物で、新選組の副長として活躍した剣士。 江戸の外れで生まれ、近藤勇や幾人かの仲間たちと共に壬生浪士組を結成。これが新選組の母体となり、幕末の京都で多大な活躍を果たす。主人公緋村剣心は「剣腕はさほどではないが戦巧者で、一番厄介な相手だった」と語っている。新選組が瓦解する中、戊辰戦争でも鬼神のごとく戦い続けるが、最後の戦場となった五稜郭の戦いで戦死した。作中では田本研造の撮影した写真の形で登場する。

Read Article

癋見(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

癋見(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

癋見(べしみ)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物で、かつて江戸城の守護を担っていた隠密御庭番衆の一員。癋見は仲間内で用いている名称で、本名は不明。 戦闘よりも諜報活動に長けた下級隠密。指で鋲を弾いて敵を攻撃する「螺旋鋲」という技を修得しており、毒を仕込んだ鋲による暗殺が得意技。隠密御庭番衆の中でも明確に格下扱いされてはいるが、時代に取り残された者同士で強い仲間意識を持ち、いざとなれば協力して事に当たる。隠密御庭番衆の長である蒼紫に忠誠を誓い、彼のために命懸けで戦う。

Read Article

式尉(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

式尉(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

式尉(しきじょう)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物で、かつて江戸城の守護を担っていた隠密御庭番衆の一員。式尉は仲間内で用いている名称で、本名は不明。 高い戦闘能力を持つ上位隠密。もともとは薩摩藩に仕えていた忍者だったが、江戸城に忍び込んだ際に現在の御庭番衆の長である四乃森蒼紫に敗れ、「さらなる力を得る気はないか」と説得されて仲間になる。生来の巨躯と怪力を、御庭番衆に伝わる秘薬でさらに増大させており、仲間内でも随一の力自慢である。

Read Article

鯨波兵庫(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

鯨波兵庫(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

鯨波兵庫(くじらなみ ひょうご)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物で、主人公緋村剣心の命を狙う「六人の同志」の1人。 武家として生まれた誇り高い人物。戊辰戦争で剣心と戦い右腕を失い、「新時代に侍の生きる場所はない」と殺すよう促すも、不殺の誓いを立てていた彼にそれを断られる。これを「侍として生きる場所どころか死に場所まで奪った」と恨み、剣心への復讐を目論む。それでもなお“侍としての誇り”は捨てられず、明神弥彦に“新時代に生きる侍”の姿を見て自身の敗北を受け入れた。

Read Article

火男/ひょっとこ(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

火男/ひょっとこ(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

火男(ひょっとこ)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物で、かつて江戸城の守護を担っていた隠密御庭番衆の一員。火男は仲間内で用いている名称で、本名は不明。 中級隠密で、特に戦闘力に長けている。巨体から繰り出す拳打は武家屋敷の壁を突き崩すほどの威力があり、さらに胃袋に仕込んだ油袋を利用した火炎放射を奥の手としている。自分の力に強い自負を持ち、下級隠密である癋見のことを軽んじている。しかし仲間としては互いに信頼し、いざという時は息の合ったコンビネーションを見せる。

Read Article

不二(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

不二(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

不二(ふじ)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物で、明治政府打倒を目論む志々雄一派の精鋭部隊「十本刀」の一員。本名は不明。 本来は争いを好まない温厚な人物だが、才槌という老人から洗脳に等しい説得を施され、彼と2人で「破軍」というコンビを組んでいる。戦闘能力のない才槌を武力面で支え、その指示に従い力を振るうが、内心では武士として正々堂々と戦える機会と相手を求めていた。葵屋を襲撃した際、飛天御剣流の先代継承者である比古清十郎と全身全霊で戦い破れ、念願を叶えることとなった。

Read Article

るろうに剣心 伝説の最期編(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

るろうに剣心 伝説の最期編(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『るろうに剣心 伝説の最期編』(るろうにけんしん でんせつのさいごへん)とは、和月伸宏の人気漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』を原作とする実写映画。国家転覆を目論む武装組織との戦いを描いた「京都編」の後半を、オリジナルの展開を交えて映画化したもの。前作と合わせて100億近い興行収入を達成する大ヒットとなった。 明治政府打倒を目論む志々雄真実を倒すため、奥義を修得する緋村剣心。その志々雄は明治政府を脅し、剣心を処刑させることを画策。剣心は否応なく人斬りとして犯してきた罪との対峙を迫られる。

Read Article

土居潜具羅/地號(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

土居潜具羅/地號(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

土居潜具羅(ドイ モグラ)/地號(チゴウ)とは、『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』の登場人物で、護国を使命とする武装集団「劍客兵器」の一員。 地中を移動する特殊な技能の持ち主で、敵地に留まる仲間に酒と食料を届けるなど戦闘面以外でも力を発揮する。戦場に弱者が踏み込むことを嫌い、これから雇う予定の相手であってもその力を試し、未熟と判断すれば容赦なく殺害している。護国を果たすため、北海道を舞台に「実検戦闘」と称した戦闘行動を繰り返す。

Read Article

伊差川糸魚(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

伊差川糸魚(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

伊差川糸魚(イサガワ イトイ)とは、『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』の登場人物で、護国を使命とする武装集団「劍客兵器」に新たに加わった剣士の1人。 眼力琉球武術の使い手で、かつて斎藤一と戦って敗れた魚沼宇水の弟弟子。彼の敗北が信じられず、流派の誇りに懸けて斎藤を倒そうとしている。その斎藤が“自分の技に適した刀”を失っていることを知ると「今勝っても意味が無い」と引き上げるなど、こと戦いに関しては高潔な人物。劍客兵器の目的そのものには興味が無く、兄弟子の名誉回復を第一としている。

Read Article

比留間伍兵衛(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

比留間伍兵衛(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

比留間伍兵衛(ひるま ごへえ)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物で、物語序盤に活躍した悪党。 比留間喜兵衛の弟だが、見た目はまったく似ていない。喜兵衛の神谷道場を奪う計画に協力し、その道場生を名乗って辻斬りを繰り返す。さらにこの時「伝説の人斬り緋村抜刀斎」を騙り、神谷道場の名を貶め、手放さざるを得ない状況を作ろうとした。本物の抜刀斎である緋村剣心に喜兵衛共々叩きのめされ警察に突き出されるも脱獄し、なお道場を諦めない兄に従って暗躍を重ねた。物語終盤にも脇役として再登場する。

Read Article

尖角(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

尖角(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

尖角(せんかく)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物で、明治政府打倒を目論む志々雄一派の構成員。 一派の長である志々雄真実直属の部下で、“名は体を表す”のごとく異様に尖った禿頭が印象的な巨漢。伝説の人斬りと呼ばれた緋村剣心に食い下がるほどのスピードを誇り、握り懐剣で敵を叩き潰す戦法を得手とする。東京侵攻の橋頭保とするべく確保された新月村の統治を任され、ここにやってきた剣心と戦い、敗北。原作ではそのまま逮捕されて死罪となり、アニメ版では改心しかけるもかつての仲間に粛清された。

Read Article

飯塚(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

飯塚(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

飯塚(いいづか)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物で、長州派維新志士として活動していた人物。 人斬りとして活動していた頃の緋村剣心の世話役兼検分役。したたかかつ明るい性格で、時にからかうように語り掛けるなど、剣心とは親しく接していた。しかし裏では幕府側と通じており、剣心や長州派の維新志士たちの情報を徳川幕府直属の暗殺組織「闇乃武」に流す。やがてこのことを突き止められ、面倒は御免と早々に逃げ出すが、人斬りとしての役目を剣心から引き継いだ志々雄真実に斬り捨てられた。

Read Article

大久保利通(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

大久保利通(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

大久保利通(おおくぼ としみち)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(るろうにけんしん めいじけんかくろまんたん)の登場人物で、維新三傑の1人にして明治政府のトップである内務卿。 冷徹にして強引な手法で明治維新を成立させ、以後10年を新たな国造りのために捧げてきた。非情な政治家だが一切の私心は無く、日本の未来と民の安寧だけを願っている。志々雄真実の暗躍を察し、これを排除するために緋村剣心を差し向けようと目論む。しかし剣心から許諾の言葉を聞く前に志々雄配下の瀬田宗次郎によって暗殺された。

Read Article