田本研造

田本研造

田本研造(たもと けんぞう)とは、『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』に登場するキャラクターで、同名の実在人物をモデルとした写真家。
北海道の函館に自身の写真館を構え、新選組の土方歳三など様々な人物の写真を撮影したことで知られる。その中に死んだと思われていた神谷越路郎が写っていたことから、彼の娘である神谷薫と結婚した緋村剣心とよしみを結ぶこととなった。函館山を占拠した謎の武装集団「劍客兵器」の存在を剣心に伝え、自身の愛する函館の平和のため、陸軍と協力してこれを排除してくれと依頼する。

田本研造の関連記事 (5/12)

東谷右喜(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

東谷右喜(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

東谷右喜(ひがしだに うき)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物で、主人公緋村剣心の戦友である相楽左之助の妹。 幼い頃は左之助にべったりで、明治維新の熱にあてられて彼が家を飛び出した際は泣きながら探し続けていた。10年ぶりに故郷に帰ってきた左之助を兄だと気付かず、「見るからに怪しい流れ者」として警戒。弟の央太には決して近づかせまいとする一方、妹との再会に感慨深いものを覚える左之助に対し「ひょっとして惚れられたのでは」と得意になるなど、年頃の娘らしいミーハーな一面を見せた。

Read Article

華火(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

華火(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

華火(はなび)とは、『るろうに剣心 裏幕 -炎を統べる-』の登場人物で、新吉原の遊郭「赤猫楼(あかねころう)」で働く新造。 おっとりとした女性で、物事を深く考えるのは苦手。“苦界”と呼ばれる吉原での生活を「生まれ故郷よりずっと幸せ」だと感じている。明治政府の打倒を目指して活動する志々雄真実や佐渡島方治が吉原にやってきた際、ただの客だと思って彼らを精一杯持て成す。特に方治とは交流を重ね、ただの客と新造に留まらない仲となりかけるが、一ヶ瀬鮫男率いる弘原海鮫兵団の謀略に巻き込まれて死亡した。

Read Article

黒/黒尉(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

黒/黒尉(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

黒(くろ)/黒尉(くろじょう)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物で、隠密御庭番衆の京都探索方に所属する一員。黒尉は仲間内で用いている名称、黒はその略称で、本名は不明。 恰幅のいい大男で、普段は料亭兼旅籠「葵屋(あおいや)」で板前として働いている。明治政府打倒を目論む志々雄真実とその一派が京都で暗躍した際、これを打倒するためにやってきた緋村剣心に協力。京都探索方の長である柏崎念至や仲間たちと共に忍者としての腕を振るい、志々雄一派の野望を食い止める一助となった。

Read Article

赤末有人(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

赤末有人(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

赤末有人(あかまつ あるんど)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物で、明治政府の書記で要人の暗殺を請け負っていた渋海の下で働いていた暗殺者。 暗殺者のわりに自己顕示欲が強く、「自分こそが渋海配下で随一の使い手だ」との自負が強い。新たに渋海の下に加わった斎藤一に対抗心を燃やし、彼が標的としていた幕末最強の人斬り緋村剣心を自分の手で倒そうと画策するも一蹴される。斎藤が明治政府のトップである大久保利通が送り込んだ密偵であることを知ると、面倒を嫌って逃げようとした。

Read Article

八ツ目無名異(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

八ツ目無名異(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

八ツ目無名異(やつめ むみょうい)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物で、主人公緋村剣心の命を狙う「六人の同志」の1人。 佐渡金山で活躍していた金掘り衆の末裔。金を掘り尽くして一族が没落していく中、秘伝の人体精製術の戦闘での有用性を証明するため、徳川幕府直属の暗殺組織「闇乃武」の一員となる。その活動の中で剣心を襲うも返り討ちにされ、彼に自身の姿を見られたことで一族の掟に従って付け狙う。自分の行為に正当性が無いことも理解していたのか、敗北後は素直に引き下がった。

Read Article

オイボレ(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

オイボレ(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

オイボレとは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物で、主人公緋村剣心の最初の妻である雪代巴の父親。 巴曰く「文武はからっきしだが、とにかく優しくて誰にでも好かれる」性格。“伝説の人斬り”緋村剣心の暗殺を巡る謀略の中で彼の妻となった巴が死に、その様を目の当たりにして復讐の虜となった息子の雪代縁が出奔した後、気力を失い明治の混乱の中で世捨て人となる。後に縁によって廃人同然になった剣心と出会い、彼が「娘の夫」であることに気付いて世話を焼き、その復活を見届けた。

Read Article

清里明良(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

清里明良(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

清里明良(きよさと あきら)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物で、主人公緋村剣心の左頬にある十字傷の半分を刻んだ青年。 江戸出身の武士の次男坊で、幼馴染の雪代巴に求婚して婚約者となる。彼女のためにさらなる出世を望み、幕末の動乱の最中にある京都へと赴く。そこで要人の付き人となるも、その要人を暗殺するためにやってきた剣心の襲撃を受ける。要人や同僚が次々と斬殺される中、「巴のためにも死ぬわけにはいかない」と実力以上の力を発揮。剣心の左頬に刀傷をつけるも、奮戦及ばず斬り殺された。

Read Article

辰巳(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

辰巳(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

辰巳(たつみ)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物で、徳川幕府直属の暗殺組織「闇乃武」の頭領。 術式無敵流という格闘術の使い手で、人誅編に登場する戌亥番神は弟子である。老獪かつ狡猾な男で、標的を仕留める再は時間をかけて必勝の策を用意する。主人公緋村剣心の抹殺を依頼された時も、婚約者の訃報を聞いて1人で京都にやってきた雪代巴を言いくるめ、彼女を剣心の下へと送り込んで男女の仲になるのを待ってから人質にするという長期に渡る作戦を立てている。

Read Article

塚山由左衛門(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

塚山由左衛門(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

塚山由左衛門(つかやま ゆざえもん)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物で、刀剣商として成功を収めた士族の男性。 多くの士族が商売に手を伸ばして失敗し破滅する中、他人に頭を下げることを厭わない性格が功を奏して財を成す。しかし本心では“侍の魂”たる刀を外国に売り渡すことに苦痛と疑問を覚え、虚無感に悩まされている。古流剣術の達人石動雷十太が「真古流」という剣客集団を率いていることを知ると、息子の由太郎が彼に心酔したこともあって、そのパトロンになる。

Read Article

月王(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

月王(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

月王(つきおう)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物で、実戦剣術流派「真古流」の同志の1人。 “実戦で振るわれた古流剣術こそ真の剣術であり、その本質は殺人剣である”という真古流の頭目石動雷十太の主張に賛同し、彼と共にその思想を広めるために活動している。古流剣術を使う剣客でありながら雷十太の思想を否定する緋村剣心を仲間たちと共に襲撃するが、彼の恐るべき実力の前に完敗。以降は物語に登場しない。「月王」という名はアニメ版で設定されたもので、こちらでは出番が増えている。

Read Article

一ヶ瀬鮫男(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

一ヶ瀬鮫男(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

一ヶ瀬鮫男(いちがせ さめお)とは、『るろうに剣心 裏幕 -炎を統べる-』の登場人物で、新進気鋭の軍人。 裕福な網元の息子で、「これからは軍人の時代」と語り、西南戦争にも参加している。金をばら撒いて軍属の若者たちを集め、弘原海鮫兵団という組織を結成している。明治政府の軍部で成り上がることを画策し、そのための分かりやすい武力として軍艦の購入を画策する。吉原で志々雄一派と出会い、当初は「傷だらけの弱者」と侮っていたものの、最終的には彼らによって弘原海鮫兵団共々壊滅させられた。

Read Article

東谷央太(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

東谷央太(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

東谷央太(ひがしだに おうた)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物で、主人公緋村剣心の戦友である相楽左之助の弟。 明治維新の熱にあてられた左之助が故郷を飛び出した後に生まれた少年で、姉の右喜から過保護なまでに溺愛されている。このため弱気で引っ込み思案なところがあり、父の上下ェ門から心配されていた。村人たちを苦しめていたヤクザ一家を単身で壊滅させた左之助の雄姿を見て彼に憧れるようになり、その背に記された“悪”の一文字を自身も背負うようになる。

Read Article

村上(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

村上(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

村上(むらかみ)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物で、徳川幕府直属の暗殺組織「闇乃武」の一員。 日本の刀の柄頭を鎖でつないだ、「連鎖刀」という武器の使い手。幕末の京都で人斬りとして活躍していた頃の緋村剣心を抹殺する命令を受け、その一番手として彼を襲撃する。この際たまたま前にいた不逞浪士2人を問答無用で斬り捨てており、任務達成のためには容赦のない性格であることが演出されている。独特の戦法で剣心を苦しめるも、最後は自分の武器を逆に利用される形で斬殺された。

Read Article

るろうに剣心 最終章 The Final(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

るろうに剣心 最終章 The Final(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『るろうに剣心 最終章 The Final』とは、和月伸宏の人気漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の長編エピソード「人誅編」を原作とする実写映画。伝説の人斬り緋村剣心と、姉の仇として彼を狙う復讐鬼の壮絶な戦いを描く。人気キャラクターの瀬田宗次郎がサプライズ出演したことで話題となった。 強敵との戦いを終えて、未来を見守り始めた剣心の前に、雪代縁という男が現れる。縁は剣心が誤って斬殺したかつての妻の弟で、姉の復讐のために東京を火の海に沈め、剣心を追い詰めていく。

Read Article

椿(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

椿(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

椿(つばき)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物で、悠久山安慈(ゆうきゅうざん あんじ)の寺に引き取られた孤児の1人。 東北の貧しい村で生まれ、村長でもあった父が戊辰戦争で旧幕府軍側に与したため肩身の狭い思いをしていた。孤児たちの中では最年長で、安慈に好意を抱いていたように描写されている。安慈や他の孤児たちと貧しくも平和に暮らしていたが、廃仏毀釈のことを知った今の村長たちが寺に火を放ったことで焼死。彼女の「怒る時は怒った方がいい」という言葉が、安慈の暴走のきっかけとなった。

Read Article

寒郷豪人/覇號(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

寒郷豪人/覇號(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

寒郷豪人(カンザト ゴウト)/覇號(ハゴウ)とは、『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』の登場人物で、護国を使命とする武装集団「劍客兵器」の一員。 劍客兵器の中でも部隊将と呼ばれる高い位にある人物で、8つの目が描かれた仮面を身に着けている。真面目な性格で、劍客兵器の長である将君への忠誠心も高く、実質的なサブリーダーとして独断専行の多い仲間たちを引き締めている。護国を果たすため、新たな猛者が生まれることに期待し、北海道を舞台に「実検戦闘」と称した戦闘行動を繰り返す。

Read Article

新井青空(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

新井青空(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

新井青空(あらい せいくう)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物で、京都で暮らす鍛冶屋の青年。 幕末時代に名刀工と呼ばれた新井赤空の息子で、彼譲りの鍛冶の腕を持つ。しかし赤空が人殺しに特化した剣を数多く打つ様を見てきたため、「自分はああはなりたくない」との思いから刀ではなく包丁などの日用品のみ手掛けている。赤空の刀を求めてやってきた主人公緋村剣心の人柄を認め、彼に父の最後の1振りを譲る。同時に赤空が自身の刀に込めた悲痛な願いを知り、父への評価を改めた。

Read Article

闇乃武の頭目/老婆(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

闇乃武の頭目/老婆(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

闇乃武の頭目(やみのぶのとうもく)/老婆とは、『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』の登場人物で、北海道で暗躍する謎の組織「劍客兵器」に雇われた傭兵集団「闇乃武」の長を務める老婆。名前は不明。 かつて幕府直属の暗殺組織として名を馳せるも、“伝説の人斬り”緋村剣心の暗殺に失敗して信用を、徳川幕府の滅亡によって組織としての基盤を失った闇乃武を傭兵として切り盛りする遣り手。金さえ払えばどのような仕事も笑顔で引き受けるが、無駄死にさせられた部下を無念そうに見詰めるなど、相応の仲間意識を持つ。

Read Article

四星/四神の青龍(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

四星/四神の青龍(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

四星(スーシン)/四神(スーシン)の青龍(せいりゅう)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物で、兄弟たちと共に上海マフィアの呉黒星の護衛を務める中国武術の達人。 兄弟たちの中でもっとも「技を見切る」ことに長け、大振りの薙刀のような青龍大刀を得物とする。職務に忠実で、普段は黒星の護衛に徹しているが、一方で力を振るうことに貪欲な面があり、戦闘の許可を与えられると喜々として敵に襲い掛かる。黒星の指示で斎藤一と戦い、己の左腕を犠牲にしながら手傷を負わせた。

Read Article

佐古(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

佐古(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

佐古(さこ)とは、『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』の登場人物で、北海道で暗躍する謎の組織「劍客兵器」に雇われた傭兵集団「闇乃武」の一員。 闇乃武の中でも中核的な戦力であり、刃物を仕込んだ鉄扇を得物にしている。劍客兵器の奇襲にも即座に対応するなど確かな実力を持つ一方、侮られることを極端に嫌い、「弱いと思われた」と感じると露骨に怒りを露にする。劍客兵器に命じられるまま様々な作戦に従事する一方、闇乃武没落の原因となった緋村剣心への復讐を虎視眈々と狙う。

Read Article

才槌(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

才槌(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

才槌(さいづち)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物で、明治政府打倒を目論む志々雄一派の精鋭部隊「十本刀」の一員。本名は不明。 自身の知略に絶対の自信を持つ軍師。十本刀の中では佐渡島方治と同じく前線より後方で組織を支えることを得意とした人材で、事務的な能力に長ける方治とは異なり戦術や作戦立案を得意とする。自分に足らない武力を補うため、規格外の巨体を持つ不二を言葉巧みに洗脳。彼と「破軍」というコンビを組み、志々雄一派の野望を達成するために力を振るった。

Read Article

鶴左衛門(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

鶴左衛門(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

鶴左衛門(つるざえもん)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物で、実戦剣術流派「真古流」の同志の1人。 “実戦で振るわれた古流剣術こそ真の剣術で、その本質は殺人剣である”という真古流の頭目石動雷十太の主張に賛同し、彼と共にその思想を広めるために活動している。古流剣術を使う剣客でありながら雷十太の思想を否定する緋村剣心を仲間たちと共に襲撃するが、彼の恐るべき実力の前に完敗。以降は物語に登場しない。「鶴左衛門」という名はアニメ版で設定されたもので、こちらでは出番が増えている。

Read Article

呉黒星(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

呉黒星(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

呉黒星(ウー ヘイシン)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物で、主人公緋村剣心への復讐を目論む雪代縁の片棒を担ぐ上海マフィア。 名目上のボスである縁と、「剣心への復讐を果たしたら組織は譲る」との約束を交わしており、それが順守されるかどうかを案じて彼の前に現れる。緻密な計算で策を練り組織を動かす頭脳派だが、裏社会の人間としてはまだ若く血気に逸る面もあり、最終的に縁と決裂。彼の力を知るからこそ直接対決を避け、復讐の対象である剣心を殺すことで留飲を下げようとした。

Read Article

高杉晋作(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

高杉晋作(るろうに剣心)とは【徹底解説・考察まとめ】

高杉晋作(たかすぎ しんさく)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場キャラクターで、史実上の同名人物をモデルにした長州派の維新志士。 明晰な頭脳と奇想天外な発想力を持つ傑物。弁舌と軍略に優れ、師である吉田松陰が掲げた“狂”の思想をもっとも強く体現した人物とされる。出身に関わらず兵士を集う奇兵隊を結成し、ここに参加しようとやってきた剣心の力量に感嘆。彼を幕府要人相手の暗殺に使おうと考える盟友桂小五郎に対し、「目的のために他人の人生を台無しにする覚悟」を求めた。

Read Article