ジャンゴ 繋がれざる者

『ジャンゴ 繋がれざる者』は、クエンティン・タランティーノが監督・脚本を手掛けた、2012年に公開されたアメリカ映画である。南北戦争時代のアメリカを舞台に、元奴隷のジャンゴが自由を手に入れた後、ドイツ系賞金稼ぎのキング・シュルツと共にジャンゴの妻ブルーム・ヒルズ・ブリトルズを捜す旅を繰り広げる物語。
主人公ジャンゴを演じたのはジェイミー・フォックス、キング・シュルツ役はクリストフ・ヴァルツが務めた。また、ブルーム・ヒルズ・ブリトルズの一員として、レオナルド・ディカプリオが悪役カルヴィン・キャンディを演じ、キャンディの家族の一員で副官のスティーブンをサミュエル・L・ジャクソンが演じている。
本作はタランティーノ監督の代表作の一つであり、アメリカ南北戦争時代における奴隷制度や人種差別、そして復讐や愛を描いた作品として高い評価を受けている。また、暴力的なシーンやタランティーノ監督が得意とする映画音楽の使い方も話題になった。
第85回アカデミー賞では、脚色賞、助演男優賞(クリストフ・ヴァルツ)を受賞し、主演男優賞(ジェイミー・フォックス)や作品賞、監督賞などにもノミネートされた。

ジャンゴ 繋がれざる者の関連記事