ラッシュアワー2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラッシュアワー2』とは、2001年に公開されたアメリカで制作されたアクション・コメディ映画である。『ラッシュアワー』の続編であり、主人公は同じくジャッキー・チェンとクリス・タッカーである。全世界で3億4,730万ドルの収益を上げた。『ラッシュアワー』よりアクションシーンが多くなっている。監督は『ラッシュアワー』に引き続きブレット・ラトナーである。休暇を取り香港観光に来たカーターだったが、リーの父親を殺した犯人の捜査に協力することになり、2人は息の合ったコンビネーションで事件を解決していく。

『ラッシュアワー2』の概要

『ラッシュアワー2』とは、2001年に公開されたアメリカで制作されたアクション・コメディ映画である。1998年に公開された『ラッシュアワー』の続編であり、主人公は同じくジャッキー・チェンとクリス・タッカーである。全世界で3億4,730万ドルの収益を上げた。『ラッシュアワー』よりアクションシーンが多くなっている。監督は『ラッシュアワー』に引き続きブレット・ラトナーである。
休暇中のカーターは、香港警察であるリーの地元である香港に遊びに行っていた。しかし、リーはどんどん仕事を引き受けるため、カーターは休暇を楽しめないでいた。香港のアメリカ領事館で爆破事件が起き、容疑者はリーの父親の元相棒であるリッキー・タンであった。リーは父親が亡くなった原因がタンにあるとして捜査を始めるが、その事件にカーターも巻き込まれることになる。リーは船上でタンと接触することが出来たが、タンは部下であるフー・リに銃で撃たれ海に落下してしまう。タンは偽札を作っており、アメリカに輸出していた。そのニセ札の原版を探すことになったリーとカーター。1億ドルのニセ札をカジノでばらまくつもりだと気づいたリーとカーターは、何とかするべくカジノに潜入捜査することになった。

『ラッシュアワー2』のあらすじ・ストーリー

カーターの休暇

画像左はリー、右はカーター

ロス市警のカーターは休暇中に、香港警察のリーの住む香港へ遊びに行っていた。リーは街の案内をするため、カーターを車に乗せ同行していた。

カーターは香港に来てからずっと仕事だと文句を言う。その時、リーの携帯が鳴り電話に出る。電話の相手はリーの上司のチンで、「アメリカ領事館で爆破テロが起き、アメリカ人の通訳が2人死んだ」と聞かされる。

チンは「おそらくリッキー・タンの仕業だ」と言い、この件をリーに任せて電話を切る。実はリーの父親は、香港マフィアのボスであるリッキー・タンのせいで亡くなっていた。
リーはカーターに捜査を受けたと言えばまた怒るだろうと思い、リーに嘘をついてリッキー一味が集まるクラブへ向かった。

リッキー・タンを追うリーとカーター

クラブに着くとリーはカーターに目立つなと告げ、トイレに行くフリをして捜査を開始した。クラブでは中国人男性が歌っていたが、カーターは酷い歌で聞いてられないと呆れる。
その後カーターはステージに立ち、踊りながら歌う。そのダンスや歌は、好評で注目されていた。捜査をしていたリーだったが、カーターがかなり目立っていたので、こっそり呼びバレないよう注意する。

カーターはリーの注意を無視しステージ上から、「リッキー・タンを知ってる奴は手を挙げろ」と言うが、皆の反応は無かった。

しかしリーはタンの部下であるフー・リを見つけ、彼女を追いかけた。カーターも続いてリーを追いかける。
マンションの屋上で追いついたリーは、フー・リから攻撃され逃げられてしまう。次の日、カーターはリーに嘘を吐かれたことに怒っていた。リーは謝るが、カーターは怒り続けるのだった。

リッキー・タンとの接触

リーは怒っているカーターを無視して、マッサージ店へ行く。やっと休暇らしくなったとカーターはご機嫌になるが、マッサージ途中にリーはリッキー・タンを見つける。
リーはカーターに「あれがタンだ。応援を呼ぼう」と言うと、カーターは「あんな細い奴は俺たち2人で捕まえようぜ」と言う。リーはカーターを制止しながら、その場を離れ応援を呼ぶ。

カーターは勝手にタンに「俺と一緒に来てもらう」と話しかけるが、タンはノートパソコンを操作しながら見向きもせず断る。

その態度に怒ったカーターは、ノートパソコンを踏みつけて壊す。その瞬間、マッサージされていたタンの手下が立ち上がる。この様子を、戻ってきたリーが目撃した。タンは手下に座るように指示する。リーはタンに署に来てもらうと言うが、タンはここで聞けばいいと言う。

カーターもタンの胸ぐらを掴み署に来るよう言うと、手下が皆立ち上がる。それにびびって謝るカーターを置いて、タンはその場を去った。
リーとカーターは手下たちを相手するが数の多さに負け、捕まり裸にされ道のど真ん中に降ろされた。

シークレットサービスの指示

リーが務める香港警察ヤウマティ署では、シークレットサービスのスターリング特別捜査官が、チンに話し掛けていた。
スターリングは、アメリカ領事館内での殺害事件の指揮は自分が取ると言った。そこに裸のリーとカーターが署に入ってきた。スターリングは「何だあれは?」と聞くと、チンは気まずそうに指揮下に入るリー警部だと伝える。

リーとカーターは、リーのオフィスで着替える。リーは今回の失敗はカーターのせいだと怒っていた。リーは先に着替え終わり、チンのいる部屋へ向かう。着替えていたカーターは、マッサージ店にパスポートを忘れたことを思い出し、マッサージ店へ向かった。

チンのいる部屋に着いたリーは、スターリングを紹介してもらう。スターリングはリーに一切関わらないよう言う。リーは逮捕すべきだと主張するが、スターリングは今はタンを泳がせ、タン以上の大物を狙うと言った。

変装したフー・リは爆弾の入った小包を、リーのオフィスに持って行き爆発させた。リーはカーターが爆発に巻き込まれ、死んでしまったと落ち込む。しかし、カーターはマッサージ店を探し、街に居たため無事だった。

再びリッキー・タンとの接触

カーターは街を歩いていると、偶然タンを見つけた。タクシーに乗り、タンの車を追跡する。

リーは車の中で、タンが自分の船で大きなパーティーを開くという情報をチンから貰う。リーはタンの船に潜入して捜査を始めた。

カーターはタンを追跡し船に乗り込んだが、フー・リを見つけて隠れる。カーターが綺麗な女性イザベラ・モリーナを見つけナンパしていると、大富豪のスティーブン・レインが現れた。
カーターはなぜここに居るのかとスティーブンに話しかける。スティーブンは「観光だよ」と言い、イザベラと共にその場を去る。

リーはタンを探すため、船に潜入後手下を捕まえタンの居場所を聞いていた。そこに偶然カーターが現れたため、リーは驚く。
その時タンの手下が現れ、タンの元へ案内される。カーターはなぜ案内されているのか不思議に思っていると、リーは「タンは父さんの相棒だった」と話す。

船首にて、タンはフー・リに領事館を爆発させた件について怒っていた。リーとカーターの姿を見たタンは、フー・リに下がれと命令する。タンはカーターを船の中で待たせ、リーと2人で話す。

タンはリーに「領事館を爆発させたのは私ではない。犯人は部下のようだが、私をハメようとしているんだ。組織の中で内部抗争が起きている。必要な情報はすべて渡すが、香港から脱出させてくれ」と話す。

その瞬間、フー・リと手下が現れタンを銃で撃つ。タンは船首から海へと落下し、フー・リはその場を立ち去った。リーは残った手下と戦う事になった。フー・リは別の船に乗り移り逃げようとする。カーターは逃げようとするフー・リを見つけ捕まえようとしたが、フー・リに蹴られて気絶してしまう。

カーターが気を取り戻すと、スティーブンが平然とタバコを吸っているのを見かける。カーターは、銃声を聞いても慌てないスティーブンを怪しむ。

チンとスターリングが船に到着し、「泳いでいたリッキー・タンは殺された。仇討ちおめでとう」とリーに嫌味を言う。カーターは仇討ちとは何のことか気になっていた。
スターリングは続けてカーターに帰れと言う。香港でいいことは無かったカーターは、ロサンゼルスに帰ることにした。リーが空港まで送ってくれる。カーターは仇討ちとは何のことか教えてくれないリーに苛立っていた。

車を降りてカーターが空港に入る時、リーはカーターを呼び止めタンに自分の父が撃たれたことを話した。
それを聞いたカーターは全ての発端がリーの父の事件だと分かり、リーをロスに連れて行く。

リーはなぜ自分を連れていくのかと不思議に思っていると、カーターは「でっかい犯罪の裏には必ず金持ちの白人がいる」と言う。カーターはスティーブンが事件に関与していると判断した。

イザベラとの再会

偽札と証明するために燃やして見せるイザベラ

スティーブンが住むレインタワーの隣のビルから、カーターは中の様子を見ていた。そこでスティーブンとイザベラが、一緒にいるところを目撃する。
またその部屋へ来客に変装したフー・リが、小包を持ってきたことも確認する。この小包を爆弾だと思い、カーターはイザベラの部屋に突入して小包を屋上で処理しようとした。

そこにイザベラが現れ、中に入っていた偽札を見せ爆弾じゃないと説明する。そしてイザベラは、自分はシークレットサービスのおとり捜査官だと告げる。リーはイザベラに協力したいと告げ、イザベラの部屋で詳細な内容を話し合った。

偽札は銀行でも見抜けないほど本物に近いものであった。イザベラはインクの違いで偽札は赤い炎で燃え、本物は黒く燃えると教えてくれた。
イザベラはリーとカーターに、この偽札を刷るための原版のありかを探すようにお願いする。

情報屋であるケニーに有力情報を求める

リーとカーターは、情報屋がいる店に到着する。情報屋ケニーが家族と食事をしている時に、店の奥へ行くカーターとリー。店の奥は賭博場で、カーターは「全員逮捕するぞ」と騒ぐ。ケニーは外で話そうと賭博場を出たが、妻や子供の前で騒がれたことに腹を立てていた。

ケニーは怒ってカーターに攻撃しようとするが、リーが庇いケニーと取っ組み合いになる。その時リーが「虎の拳だな」と言う。
それを聞いたケニーは手を緩めた。ケニーの師匠の名前はフレディー・チンといい、リーの上司であるチン警視の兄弟だった。これにより2人は意気投合する。

ケニーは常連の客が多額の借金をしたが、翌日に全額返したことを伝えた。カーターはそのお金を燃やしてみると、案の定偽札だった。ケニーに常連客の名前を聞くと、レインプラザで働いているチンという名前だと教えてもらう。

偽札の使い道を知るリーとカーター

リーとカーターはレインプラザに到着する。カーターは受付の男性に「警察だ。チンて人はいるか?」と聞くと、受付の男性は脱走した。リーとカーターは男性を追って奥に行くと、フー・リと手下がトラックで何かを運ぼうとしていた。フー・リは銃をリーに向ける。

そこにはイザベラもおり、フー・リに「あなたの一存で殺してもいいと思うの?」と言う。それを聞いたフー・リは銃を下す。その後イザベラは、リーを後ろから殴り気絶させた。カーターもフリーの手下たちに殴られ気絶した。

目が覚めるとリーとカーターはトラックに乗せられ、手を縛られていた。カーターは「イザベラは敵だ」と言うが、リーは「フー・リに殺されるのを助けてくれた」と言い、二人の意見が分かれる。

トラックの座席にて、フー・リはイザベラに敵意を燃やしていた。ボスからの命令でイザベラを連れて行くことに、フー・リは腹を立てていた。

リーとカーターは協力して、口で紐を外し解放された。しかしその衝撃で横にあった銅像が倒れ、中から100ドル札が出てきた。そのお金を証拠品と言い、カーターは胸ポケットに偽札を詰めた。

その時トラックが止まったため、こっそりリーとカーターは下水道から逃げた。下水道のマンホールから外へ出ると、レッドドラゴンというカジノの前に出た。
レッドドラゴンとは、リッキー・タンの船の名前であった。カーターは「カジノで1億ドル偽札をばらまくつもりだ」と言い、潜入する事にした。

生きていたリッキー・タン

カーターのおかげで無事に潜入できたリー

オープン当日挨拶をするスティーブン。カーターがよそ見をしている間に、リーはイザベラに別の場所に連れて行かれた。

イザベラがリーをダンスに誘い「私、疑われ始めたみたい。お願い、力を貸して」と協力を求める。ダンスをしているリーを見かけたカーターは、リーの名前を呼びながらリーの元へ向かう。イザベラはその場を去る。

呑気に踊っていたリーをカーターは怒る。「相手はイザベラだ」とリーが言うと、カーターはまた騙されるから反対と言う。それでもリーは行こうとするため、カーターは「至る所にガードマンだらけだ。俺が騒ぎを起こすから、その間に忍びこめ」と言う。

カーターはカジノテーブルに行き、カジノに参加する。しかし他の客と比べて、自分だけ掛金の上限が低いと騒ぐ。店員がそれを見て、ガードマンを数名テーブルに呼ぶ。カーターはリーがもう少しで潜入出来そうなのを確認し、更に騒ぎ出す。それを見たガードマンたちは、更にカーターのテーブルに向かう。

リーは無事に潜入に成功するが、防犯カメラに見つかりガードマンと戦うことになった。そこにフー・リと手下が現れた。戦いに負けたリーは、口に爆弾を詰められ腕をテープで拘束された。そして爆弾のリモコンを持ったフー・リに付いてくるよう言われる。

leoleo11282
leoleo11282
@leoleo11282

Related Articles関連記事

スパルタンX(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

スパルタンX(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『スパルタンX』(映画)とは、スペインのバルセロナを舞台に、トーマス、デヴィッド、そして探偵のモビーの三人が、謎の組織に誘拐された美女シルヴィアを救出すべく奮闘するコメディ・アクション映画である。また、この作品を題材にしたアーケード&テレビゲームが制作された。 本作のクライマックスで繰り広げられる、ベニー・ユキーデとの一騎打ちは、ジャッキー・チェン映画における名ファイトシーンとして多くのファンから絶賛されている。

Read Article

七福星(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

七福星(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『七福星』とは、サモ・ハン・キンポー監督・主演のアクション・コメディー作品で、『福星』シリーズ第3弾。『あぶない刑事』の同時上映として公開された。前作『大福星』にてヤクザ撲滅に協力したキッド(演:サモ・ハン・キンポー)ら一同は、褒美としてパタヤ旅行へ行く事となった。またその先でも思わぬ魔の手が立ちはだかっていた。一方で香港警察の刑事マッスル(演:ジャッキー・チェン)やリッキー(演:ユン・ピョウ)達は香港で捜査に乗り出していた。ジャッキー・チェンやユン・ピョウは『福星』シリーズ出演最後となった。

Read Article

香港発活劇エクスプレス 大福星(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

香港発活劇エクスプレス 大福星(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『香港発活劇エクスプレス 大福星』とは、サモ・ハン・キンポー監督&出演による、ジャッキー・チェン、ユン・ピョウ出演によるアクション・コメディー作品であり、『福星』シリーズ第2弾。全編日本ロケで行われた。香港警察の刑事マッスル(演:ジャッキー・チェン)とリッキー(演:ユン・ピョウ)が、日本でヤクザ「かかし組」を追うが、リッキーが捕まってしまう。マッスルは香港から応援としてキッド(演:サモ・ハン・キンポー)を応援に要請し、彼の仲間達も日本へやって来て、リッキー救出と「かかし組」の撲滅に挑む。

Read Article

ポリス・ストーリー/香港国際警察(ジャッキー・チェン)のネタバレ解説・考察まとめ

ポリス・ストーリー/香港国際警察(ジャッキー・チェン)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポリス・ストーリー/香港国際警察』とは、ジャッキー・チェンが監督・脚本・主演・武術指導を兼ねたアクション映画。 香港警察のチェン刑事は他の刑事達と共に、麻薬密売を行うチュウ率いる犯罪組織の取引現場へ潜入する、張り込みが一味にバレて銃撃戦へと展開。チェンの活躍でチュウ達を逮捕するが、更なる波乱が待ち受けていた。 現在でも、なおジャッキー・チェンのベスト作品としても人気が高い。

Read Article

ファースト・ミッション(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ファースト・ミッション(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファースト・ミッション』とは、1985年に公開されたサモ・ハン・キンポー監督、ジャッキー・チェン主演の香港映画である。刑事のフォン・シャンヤンは上司のウォン警部達と宝石の密輸を行うシンジケートの捜査を行っていた。その矢先、彼の兄シャンタクはある出来事によりシンジケートの事件に巻き込まれる事となる。監督のサモ・ハンの意向でドラマ重視の作品となったが日本公開時にはアクション場面とジャッキー・チェン歌唱の主題歌が追加された。

Read Article

タキシード(2002年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

タキシード(2002年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『タキシード』とは、並外れたドライブテクニックを持ったタクシー運転手のジミー・トンが、タキシードを着ることによりスーパーマンのように強化し、雇い主であるデヴリンの代わりに、ミッションを遂行するアクションコメディー映画である。ジャッキー・チェンの映画では珍しく、「タキシードを着ないと強くならない」という設定である。監督はケヴィン・ドノヴァンである。アメリカでは2002年9月27日に劇場公開され、日本では2003年3月15日に日比谷映画系列で公開された。

Read Article

ラッシュアワー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ラッシュアワー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラッシュアワー』とは、1998年にアメリカで公開されたアクションコメディー映画である。本作は公開第1週で興行収入3,300万ドルの収益を上げ、北米興収1位となった。大変好評であったため、『ラッシュアワー2』『ラッシュアワー 3』も公開される。いずれもブレット・ラトナーが監督を務めている。香港警察のリーと、ロス市警のカーターが誘拐された領事の娘を救うために協力する話である。

Read Article

レッド・ドラゴン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

レッド・ドラゴン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『レッド・ドラゴン』とは、トマス・ハリスの小説をもとにして2002年に公開されたアメリカのサスペンス映画である。 監督はブレット・ラトナー、主演をアンソニー・ホプキンスである。人食いハンニバルと呼ばれる精神科医の殺人犯ハンニバル・レクター(アンソニー・ホプキンス)に殺されかけた過去を持つ、元FBI捜査官であるウィル・グレアム(エドワード・ノートン)との戦いを描く。見どころは、レクター博士とウィルの頭脳戦と徐々にレッド・ドラゴンと呼ばれる猟奇殺人犯を追い詰めていく所である。

Read Article

デッドヒート(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

デッドヒート(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『デッドヒート』とは、1995年に公開された、ジャッキー・チェン主演のカーアクション映画である。レーサーであるジャッキーは、父親が経営するレーシング・ショップを手伝いつつ、親子で街に蔓延る改造車の摘発を警察の協力のもとで行っていた。そんななか一台の車がジャッキーの目の前を爆走する。運転手は国際テロリストのクーガーだった。ジャッキー・チェンの車好きが高じたのか、全編にわたり、カーアクションが繰り広げられる。

Read Article

炎の大捜査線(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

炎の大捜査線(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『炎の大捜査線』とは、1991年に台湾・香港で製作・公開された刑務所を舞台としたアクション映画である。警察官のウェイが、異動に伴い署長のもとへ挨拶に行った矢先、何者かにより署長が殺害される。署長を殺害した男は逃走用の車に乗った直後に爆死。男の死体を調べると、彼は3ヶ月前に死刑が執行されていた。ウェイは、犯人が収監されていた刑務所に何かあると考え、自らの入所を試みる。ジャッキー・チェンをはじめ、1990年代の香港の人気俳優が総出演。

Read Article

サンダーアーム/龍兄虎弟(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サンダーアーム/龍兄虎弟(香港映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『サンダーアーム/龍兄虎弟』は、1986年に香港で製作されたジャッキー・チェン主演のアクション映画。 冒険家のジャッキーは、友人アランから恋人のローラが邪教集団に誘拐されたと告げられる。一方で教団は、ジャッキーを利用して世界各地にある五つの「神の武具」をジャッキーに集めさせ、恐るべき力を手に入れようとしていた。 本作品での撮影中に、主演のジャッキー・チェンが頭蓋骨骨折という大怪我を負った事は有名であり、現在も彼の脳が飛び出さない様にプラスチックの栓がしてある。

Read Article

ポリス・ストーリー2/九龍の眼(ジャッキー・チェン)のネタバレ解説・考察まとめ

ポリス・ストーリー2/九龍の眼(ジャッキー・チェン)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポリス・ストーリー2/九龍の眼』とは、1988年に公開された、ジャッキー・チェン主演のポリスアクション作品である。犯罪組織のボスであるチュウ一味を逮捕したチェン刑事だが、彼等逮捕する際に器物破壊等の行為で多大な損害を出してしまう。これにより制服警官への降格、交通係への勤務を命じられる。地道に働くチェンだったが、その背後で爆弾事件が発生する。人気シリーズ第2弾であり、派手な格闘、爆破シーンが話題となった。

Read Article

ダブル・ミッション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ダブル・ミッション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ダブル・ミッション』とはアメリカ合衆国で制作され、2010年に公開されたアクション・コメディ映画である。監督はブライアン・レヴァントであり、主人公はジャッキー・チェンが演じている。CGやスタントに頼らない、人間離れした体当たりアクションがジャッキーならではの映画となっている。主人公ボブはジリアンと結婚するために、スパイを引退するつもりでいた。ジリアンの息子・イアンが、ボブのパソコンからテロリストの極秘ファイルをダウンロードしてしまい、テロリストから狙われてしまうという話である。

Read Article

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』とは、2019年のアメリカのSF怪獣映画である。監督はマイケル・ドハティ、主演はカイル・チャンドラー。2014年公開の『GODZILLA 』の続編である。 世界各地では、休眠状態であった怪獣達が次々目を覚ましていた。世界の破滅を防ぐ為、未確認生物特務機関モナークは怪獣ゴジラと手を組み、地球を破滅の道に導こうとしている怪獣たちに立ち向かうのであった。 作品の見所は怪獣を愛する人と、怪獣を憎む人の心の葛藤である。

Read Article

初恋のきた道(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

初恋のきた道(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『初恋のきた道』とは、1999年に公開された中国映画。押し寄せる時代の荒波の中を生きた男女のヒューマン・ラブ・ストーリーである。都会で暮らすユーシェンは父親の訃報を聞き故郷の村へ帰って来た。母親は、今では行われていない昔のしきたり通りの葬儀をすると言って周囲を困らせる。町に出かけた際に亡くなった父の棺を担いで葬列を組み、村まで戻ると言い張ったのだ。そんな母の様子を見て、ユーシェンは父と母の出会いを思い返す。そこにこそ、母がそれほどまでにこだわる理由があったのだった。

Read Article

目次 - Contents