ピクミン4(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ピクミン4』とは2023年7月に発売された任天堂の大人気作品『ピクミンシリーズ』のナンバリングタイトル4作品目。
謎の惑星「PNF-404」に遭難した仲間たちを救うため新人レスキュー隊員の主人公が、ピクミンと協力をしながら謎を解いていくという物語。本作から「夜の探索」が新モードとして登場し、今まで探索することのできなかった夜のステージを探索できるようになった。さらにオリジナルの主人公を制作できるようになり、今まで以上に没入感の高い作品となっている。

『ピクミン4』の概要

『ピクミン4』は任天堂の人気作品『ピクミンシリーズ』第4作目となるゲームだ。
今作は前作、『ピクミン3』から10年以来に登場した作品となる。

前作同様、ピクミン(本作ゲーム内に登場するメインキャラクターの一つ。主人公の活動の手助けをしてくれる、頭に葉っぱや花のある植物のような生物。見た目は様々で色によって個性が違う)の協力をもとに謎を解決し、ゲームを進めていくスタイルは変わらず、新たに、今までは探索できなかった「夜の探索」もできるようになったさらに楽しみが増えた作品となる。

もともと人気の高かった作品であったが、今回、『ピクミン4』は日本国内の売上が100万本以上を記録し、シリーズ初のミリオンセラーとなった。

今までの『ピクミンシリーズ』で自身で操作をするキャラクターは基本決まっており、決められた見た目のキャラクターを操作することでゲームを進行してきたが、今作は、歴代初の要素として、主人公キャラクターを自作することができるようになった。好きな見た目でゲームを楽しめるようになったためより没入感が高いゲーム体験をすることができるようになった。

また、難しい場面で失敗をしてしまっても安心の「巻き戻し」が実装されたことにより、失敗をその場で修正することができるようになった。初心者にとっては致命的となりえた失敗が発生した際にも巻き戻しをすることで再度やり直すことができる。『ピクミン』の過去作をやったことがない初心者でも安心して楽しめる仕様となっている。

本作は舞台となる「PNF-404」(本作における架空の惑星)の調査に向かったが、遭難してしまった遭難者を主人公となる新人レスキュー隊員が惑星に向かい遭難者たちを救出するという物語となっている。
道中ではたくさんの謎やミッションが用意されており、それらを解決しながら進めていく。

『ピクミン4』のあらすじ・ストーリー

第1部 遭難者の救出

舞台となるPNF-404の風景
自然豊かな惑星。地表の70%を水が覆っており、そのほとんどが塩水。地球に似ている。

オリマーが探索中にPNF-404に墜落。
この時に宇宙船のドルフィン号のパーツが飛び散ってしまい飛び立てなくなって途方にくれている時にピクミンと、緑色の見た目をしているオッチンに似た宇宙犬モスに遭遇。
そして一緒にパーツを集めていくことになる。
その最後のパーツが「一番星のかくれ家」にあり、回収に向かう。

これが最初のチュートリアルのステージでドルフィン号のパーツ集めのところがクリア後にできるオリマー遭難記になる。
この最後のパーツを使用し、救難信号を送った。
そして1ヶ月後ようやくレスキュー隊に届いた。
この間にオリマーは葉っぱ人という頭に葉っぱの生えている毛むくじゃらな人になってしまう。
信号をようやくキャッチしたレスキュー隊たちがオリマーの救出に向かうがレスキュー隊も同様に遭難してしまう。
諦めかけた時、最後の希望として本部に1人残っていた新人隊員が出動する事になる。
これが主人公である。
遭難者のいる惑星に到着すると最初にオッチンと出会う。
その後にレスキュー隊員のコリーと隊長のシェパードを救出して墜落したシェパード号へ向かう。
シェパード号から煙が出ていてコリーが確認したところエンジンがオーバーヒートしてしまっていた。
エンジンは無事だったがエネルギータンクがが空になって困っていたところにコリーがオリマーの航海日誌を思い出し、そこにキラキラした物体にあるキラキラエネルギーを取り出すことができると書いてあったからシェパード号を再起動させる作戦としてキラキラしたお宝を集めることになる。
それからお宝を運ぶのに重すぎて運べないと思ってたところピクミンを発生させるオニオンを見つける。
早速ピクミンとオッチンでお宝を回収してエネルギーを取り出してシェパード号の再起動に成功した。
飛び立つほどのエネルギーではないがレーダーで隊員の捜索はできるようになった。
レーダーの反応があったエリアに主人公がビーグル号で向かって隊長とコリーはシェパード号に残ってレーダーを使って無線でサポートすることになった。

まずはひだまりの庭に向かった主人公はいろいろなピクミンと出会う。
レスキュー隊のラッセルを救出してその後にレスキュー隊以外の遭難者も救出してしまう。レスキュー隊以外の遭難者はオリマーの救難信号と一緒に送られてきた航海日誌を見てお宝を求めてやってきてそれで遭難してしまったようだ。

ラッセルを救出したことで資材を使って装備やアイテム橋とかを作れるケンチクが使えるようになる。
ひだまりの庭で遭難者を助けている途中で全身が葉っぱの人と出会う。
葉っぱ人はダンドリバトルにこだわって対戦に挑んでくる。このダンドリバトルに勝利して葉っぱ人を救助。しかしIDの読み込みができなくなっている。
誰だかわからない救済した葉っぱ人はずっと気絶してるためどこの誰だか調べようがない。
葉っぱ人を直すためにドクターに見てもらおうという話になり、そのためにドクターのパピヨンを探すことになる。
新しく見つかったエリアに遭難者の信号が確認できたということで次のエリア、花ふぶきの楽園に行くことになる。
ここでも遭難者の救助をしながらキラキラエネルギーを集めつつ葉っぱ人とダンドリバトルをしたりする。
ここでレスキュー隊のドクターパピヨンを救出する。
翌朝パピヨンに相談したところ、遭難中に夜にしか現れないヒカリヅカというモノを見つけたという。
ヒカリヅカは高い分解酵素を持つエキスを出すようで、それを使って葉っぱ人を治せるのではという。
そうして夜の探索がスタートする。
そこではヒカリピクミンと協力してヒカリノミツの採取に成功する。
ヒカリノミツから作った薬で葉っぱ人を治すことができるようになる。

遭難者の救助、キラキラエネルギーの回収を進めていって最後のレスキュー隊員パイロットのバーナードを治療する。
治ったバーナードが持っていたオリマーの公開日誌に1番星の隠れ家の情報があってコリーもそこから救難信号が出てる事を確認する。
ここから1番星の隠れ家に向かうことになるのだが、その時にオッチンの尻尾がピクミンと同じ葉っぱになってることに気がつく。
そしてこの1番星の隠れ家でようやくオリマーと思われる葉っぱ人を保護する。
相棒のモスは逃げてしまったが、ここでようやく本来の目的のオリマーを保護する。

ここで任務完了という感じで自分たちの惑星に帰ろうとするが、その途中でオッチンの様子がおかしくなってしまう。
原因として考えられるのは尻尾の葉っぱで詳しくは分からないが葉っぱのある生物はこの惑星から出られなくなってしまうようだ。
オリマーもドルフィン号が完成してこの惑星を出ようと思ったがモスが同じ状態になってしまい、戻ってくる途中にまた遭難したという。

第2部 オッチンのしっぽの謎の解明

ヒカリノミツで治そうと思ってドクターのパピヨンが試したが、オッチンには効果がなかった。
救助者の一覧を確認したところコッパイ星のスパニエルという人が有名な獣医らしく、オッチンを治せるかもということで探すことになる。
それで新たに信号をキャッチしたのが巨人のかまどというエリアである。

そこではルーイとモスがいてコッパイ星人の遭難者を連れて動いてた。
ルーイとのバトルに勝利してコッパイ星人のヨークを救出。
その後にコッパイ星人のドン・ベルマンも救出して同じコッパイ星人のスパニエルの居場所を聞く。
しかし巨大な犬に連れて行かれたということがわかり、その巨大な犬が向かったところは森のさらに奥でシェパード号のレーダーがまだ届かない場所だった。
コッパイ星人の科学者ヨークの力でレーダーの範囲が拡大した。

最後のエリアであるスパニエルがいるであろう林に向かった。
エリアについた瞬間ルーイとモスとスパニエルがいてそのスパニエルを救出するためにルーイとダンドリバトルで対決をする。
勝利をし、無事にスパニエルを救出。

その後オリマーがモスに話しかけてレスキューキャンプに呼び寄せた。
次の日スパニエルに状況を説明したところオッチンを治すにはヒカリノミツと葉っぱ化していない宇宙犬の細胞が必要とのこと。
そこでスパニエルを連れて行った大きな犬の話になり、スパニエルに確認したところ、毛で黙々で葉っぱはなかったということで大きな犬を探すことになる。
オリマーがモスを回収したため、ルーイがおそらくその犬のところに行ってるはずというオリマーの言葉を元にルーイを探すことになる。

追憶の原生林到着後、オッチンの鼻でルーイの居場所を突き止めてラストステージの王の穴へいく。そこでまだ葉っぱ化していない大きな犬、「ヤタノワスレイヌ」との決戦に勝利する。
首輪を残して逃げてしまうが、その首輪に毛が付着しており、その毛から細胞の採取。
完成した薬でオッチンが回復。
オッチンが回復したことで惑星からの脱出に成功する。

『ピクミン4』のゲームシステム

夜の探索

目的は狂暴な原生生物から朝までヒカリヅカ(夜のステージで登場する光る塚のこと。ヒカリピクミンの住処)を守り抜くことだ。
一度探索すると1日が経過する。
各エリアは3つずつの探索場所に分かれている。
ヒカリピクミン(本作で初めて登場した新しいピクミン。黄色く光っていてお化けのような見た目をしている)のみが使用可能で、昼間に登録した拠点を中心に探索する。

夜の探索は、8人目の遭難者「パピヨン」の救助とダンドリバトルとダンドリチャレンジ(ダンドリチャレンジとはダンドリバトルとは違い、与えられたミッションを段取りよくクリアしていくモード)の1回ずつクリアが解放条件。
条件を満たした状態でベースキャンプのオニヨン(ピクミンを増やすことができるオブジェクトの名称。ピクミンの住処)近くにいるパピヨンに話しかけると夜の探索に行けるようになる。

夜の探索を解放していると、パピヨンの頭上に月のマークが現れる。月のマークが出ていない場合は、ダンドリバトルとダンドリチャレンジのクリアが必要。

昼の探索で拠点を発見すると、夜の探索で行ける場所が増える。拠点によって危険度が変わり、危険度が高いほど敵の数と攻めてくる方角が増え、攻略難易度が上がる。

夜の探索では、原生生物が凶暴化する。昼とは違い、目が赤くなり活発に動き回るため、昼とは全く違う。

ヒカリヅカが壊されると、夜の探索は強制的に終了されてしまう。

ヒカリペレットをヒカリヅカに運ぶと、ヒカリピクミンが入手できる。ヒカリペレットは、金平糖のような形をしており、カラフルな色で光っているので、夜の間でも見つけやすい。

ステージ

ゲームは「一番星のかくれ家」という室内ステージから始まり、最初はオリマーとモス(オッチンに似た宇宙犬。緑色の見た目をしている)を操作する。その後、第1部では新米レスキュー隊員である主人公と救助犬オッチンを操作してレスキューキャンプを探索する。
このキャンプは拠点として機能し、他の遭難者を救助することで新しい機能やサイドミッションが解放される。

ステージを解放するには「キラキラエネルギー」と呼ばれる通貨を集める必要があり、オタカラや原生生物の死骸から集めることができる。
また、レスキューキャンプ内にある「カイハツラボ」を解放すると、探索で見つかるシザイを使用してアイテムや隊員ソウビを作成できる。
このラボではシザイを増やしたり、ステージ内のギミックを作成することも可能。

ひだまりの庭

ステージ風景

最初のステージ。登場するステージの中で一番優しいステージとなる。

花ふぶきの楽園

ステージ風景

2つ目のステージ。青ピクミン(青色のピクミン。水に強い)が必須のステージとなり、1つ目と比べ少々難易度が上がる。

とこなぎの浜辺

ステージ風景

3つ目のステージ。羽ピクミン(ピンク色のピクミン)、白ピクミン(白いピクミン)、紫ピクミン(紫色のピクミン)と出会うことができる。

mzk_9119
mzk_9119
@mzk_9119

Related Articles関連記事

ピクミン(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

ピクミン(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ピクミン』は2001年10月26日に任天堂より発売されたニンテンドーゲームキューブ用ゲームソフト。ピクミンシリーズの第1作目である。後に、2008年12月25日に『Wiiであそぶ ピクミン』としてWiiに移植された。 宇宙を旅する途中で、ホコタテ星人の「キャプテン・オリマー」は未知の惑星に墜落してしまう。そこで出会った奇妙な生物「ピクミン」と共に、未知の惑星からの脱出を目指す。 2001年11月には『ピクミン』のCMソング「愛のうた」が話題になり、愛らしいが悲しさもある歌詞が人気となった。

Read Article

ピクミン3(デラックス)のネタバレ解説・考察まとめ

ピクミン3(デラックス)のネタバレ解説・考察まとめ

『ピクミン3 デラックス』とは、2013年にWiiUで発売された『ピクミン3』に追加コンテンツが収録された、2020年発売のNintendoSwichソフトである。母星の食糧危機を解決する為に未知の惑星に調査に赴き、その星で出会ったピクミン達と協力し食糧確保を目指す。今作から3人のキャラクターを操作することになり、キャラクターを切り替えながらそれぞれで行動することにより前作より幅広く多様な探索が行えるようになった。

Read Article

ピクミン2(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

ピクミン2(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ピクミン2』は2004年4月に任天堂より発売されたニンテンドーゲームキューブ用ゲームソフト。『ピクミン』の続編であり、ピクミンシリーズの第2作目である。2009年3月には『Wiiであそぶ ピクミン2』としてWiiに移植された。 前作の『ピクミン』で惑星から脱出した「キャプテン・オリマー」は、ホコタテ星へ帰ることができた。しかし、オリマーが勤めているホコタテ運送会社は莫大な借金を抱えてしまっていた。 前作の「愛のうた」に続き、ピクミンの特徴を歌ったCMソング「種のうた」が人気となった。

Read Article

Pikmin Bloom(ピクミン ブルーム)のネタバレ解説・考察まとめ

Pikmin Bloom(ピクミン ブルーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『Pikmin Bloom』は、任天堂とナイアンテックが共同で開発・提供するスマートフォン向けゲーム。2021年より配信が開始された。任天堂が展開する『ピクミンシリーズ』を題材としており、ピクミンと一緒に現実世界で実際に歩く位置情報ゲームである。「日常生活をサポートする」という方針で開発されており、全世界でダウンロードされ楽しまれている。 可愛いピクミンと一緒に現実世界を歩きながら、健康的な日常生活を送ることができる魅力的なゲームだ。

Read Article

MOTHER3(マザー3)のネタバレ解説・考察まとめ

MOTHER3(マザー3)のネタバレ解説・考察まとめ

『MOTHER3』とは任天堂、東京糸井重里事務所、ハル研究所、ブラウニーブラウンが開発し、任天堂から発売されたゲームボーイアドバンス専用のロールプレイングゲームである。『MOTHERシリーズ』の3作目。人の優しさ、人と人との繋がりが描かれる場面が非常に多く、多くのプレイヤーの感動や共感を呼んだ。舞台となるのは謎の時代・謎の世界に存在するただ一つの島、ノーウェア島。そこで悪事を働くブタの覆面をした兵士たちと、彼らと相対するリュカたちとの戦いを描く。

Read Article

とびだせ どうぶつの森(とび森)のネタバレ解説・考察まとめ

とびだせ どうぶつの森(とび森)のネタバレ解説・考察まとめ

「とびだせ どうぶつの森」は大人気シリーズのどうぶつの森シリーズ6作目で、2012年に任天堂から発売された3DS用ゲームソフトである。プレイヤーは村長になって村を作りをし、どうぶつの住人達とまったりスローライフを過ごすことの出来るゲーム。2016年11月には新要素を含んだ「とびだせ どうぶつの森 amiibo+」が配信され、更新データをダウンロードすると無料でアップグレードできるようになった。

Read Article

どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー(ハピ森)のネタバレ解説・考察まとめ

どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー(ハピ森)のネタバレ解説・考察まとめ

『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』とは、2015年7月30日発売の、任天堂が開発・販売した3DS用ゲームソフト。プレイヤーは不動産屋の新入社員となり、どうぶつ達の理想の住まいや、賑やかな商店街を手がけるデザイナーとして活動し、「みならい」から「いちにんまえ」のデザイナーを目指していく。 今作は任天堂の人気ゲーム『どうぶつの森』の従来のシリーズの楽しみの一つである「家のデザイン」に特化した内容となっている。

Read Article

街へいこうよ どうぶつの森(街森)のネタバレ解説・考察まとめ

街へいこうよ どうぶつの森(街森)のネタバレ解説・考察まとめ

『街へいこうよ どうぶつの森』とは、任天堂が開発し、2008年11月20日に発売されたNintendo Wii専用ソフトである。本作は任天堂の人気シリーズ『どうぶつの森』の第5作目で初のWii用ソフトであり、美麗なグラフィックをテレビの大画面で楽しめる。今作の特徴として、シリーズ従来の村での暮らしに加えて街へお出かけしたり、Wiiリモコンとヌンチャクリモコンによる直感的な操作でより思いのままに遊べる。

Read Article

おいでよ どうぶつの森(おい森)のネタバレ解説・考察まとめ

おいでよ どうぶつの森(おい森)のネタバレ解説・考察まとめ

『おいでよ どうぶつの森』とは、2005年に任天堂より開発されたニンテンドーDS専用のゲームソフト。プレイヤーは、ある村に引っ越し、その村に暮らすどうぶつの住民たちと気ままにスローライフを楽しむゲーム。これまで製作されたどうぶつの森シリーズから一新し、ニンテンドーDSの機能ならではのすれちがい通信や、Wi-Fi機能を使った遊びも楽しむことができる。

Read Article

ゼルダの伝説 夢をみる島(夢島)のネタバレ解説・考察まとめ

ゼルダの伝説 夢をみる島(夢島)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゼルダの伝説 夢をみる島』とは、1999年に任天堂『ゼルダの伝説シリーズ』の第四段として発表されたゲームボーイ用アクションアドベンチャーゲーム。『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』の後日談となっている。主人公のリンクがハイラル王国へ帰る途中、嵐に巻き込まれて漂着した自然豊かな不思議な島「コホリント島」から脱出を目指す。初めてゼルダ以外のヒロインが出た作品であり、任天堂の他作品のキャラクターがゲスト出演している。ゲーム誌の『ファミコン通信』のクロスレビューではゴールド殿堂を獲得している。

Read Article

あつまれ どうぶつの森(あつ森)のネタバレ解説・考察まとめ

あつまれ どうぶつの森(あつ森)のネタバレ解説・考察まとめ

『あつまれ どうぶつの森』(通称:あつ森)とは、任天堂が開発し、2020年3月20日に発売された「どうぶつの森」シリーズ初のNintendo Switch用のソフトである。プレイヤーはこれまでのシリーズの舞台だった村を飛び出し、たぬきちが立ち上げた組織「たぬき開発」が手掛ける暮らしのプラン「無人島移住パッケージプラン」に参加し、自然あふれる無人島で新しい生活を始めることとなる。プレイヤーは島を家具で飾り付けたり、どうぶつたちのお願いを聞いたりしながら少しずつできることが増えていく。

Read Article

どうぶつの森 ポケットキャンプ(ポケ森)のネタバレ解説・考察まとめ

どうぶつの森 ポケットキャンプ(ポケ森)のネタバレ解説・考察まとめ

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』とは、気ままなスローライフを楽しむコミュニケーションゲーム『どうぶつの森』シリーズのスピンオフ作品。どうぶつが暮らす村にやってきたプレーヤーが、どうぶつ達と交流をしたり、好きな家具を集めて自分だけの家を作ったりと、自由気ままに過ごす。今作はプレーヤーが管理人を務めるキャンプ場が舞台となっており、動物たちの「おねがい」を叶えながら、キャンパーレベルをアップしていく。どうぶつ達との交流といった基本要素はそのままに、スマートフォン版としてリリースされ話題を呼んだ。

Read Article

スーパーマリオカート(初代マリカー)のネタバレ解説・考察まとめ

スーパーマリオカート(初代マリカー)のネタバレ解説・考察まとめ

『スーパーマリオカート』とは、1992年に任天堂から発売されたスーパーファミコン用のアクションレースゲーム。マリオカートシリーズの記念すべき1作目で、シリーズ内で唯一「スーパー」と付く作品。 本作は、おなじみのマリオキャラクター達がカートに乗ってレースやバトルで競い合うというシンプルなものだが、「アイテムを使って競争相手を妨害できる」という要素が斬新で、後のレースゲームに大きな影響を与えた作品とされている。

Read Article

New スーパーマリオブラザーズ(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

New スーパーマリオブラザーズ(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『New スーパーマリオブラザーズ』とは、任天堂から発売された家庭用ゲーム機のDS専用ゲームソフトで、2Dアクションの『スーパーマリオブラザーズ』シリーズでは、『スーパーマリオUSA』から約14年ぶりのオリジナル作品だ。 このゲームはマリオとピーチ姫二人が散歩している時にピーチ城に雷が落ち、マリオがピーチ城に様子を見に行っている間にクッパJr.がピーチ姫を連れ去ってしまうのだ。そして、マリオはピーチ姫を取り戻すために敵と闘って冒険するアドベンチャーゲームである。

Read Article

カエルの為に鐘は鳴る(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

カエルの為に鐘は鳴る(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『カエルの為に鐘は鳴る』は1992年9月に発売されたゲームボーイ用アクションRPGである。任天堂とインテリジェントシステムズによる共同開発。公式ジャンルは「変身ギャグベンチャー」。随所にパロディが散りばめられている。 主人公であるサブレ王国の王子がゲロニアンに襲われたティラミス姫とミルフィーユ王国を助けるために冒険に赴く物語。王子は人間、カエルとヘビの姿を使い分けて冒険を進めていく。

Read Article

スーパーマリオ オデッセイ(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

スーパーマリオ オデッセイ(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『スーパーマリオ オデッセイ』とは、任天堂より2017年10月発売の、Nintendo Switchでは初のマリオのアクションゲームソフト。新アクション「キャプチャー」を駆使して、クッパに攫われたピーチ姫を助けにいく。初心者向けの「おたすけモード」が導入されており、世代を問わず幼児から大人まで楽しめるアクションゲームとなっている。昔懐かしい8bitの世界もあり、2Dから3Dのマリオを楽しむことができる。

Read Article

ファミコンウォーズ(Famicom Wars)のネタバレ解説・考察まとめ

ファミコンウォーズ(Famicom Wars)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファミコンウォーズ』(Famicom Wars)とは任天堂が開発、発売した戦略・戦術型シュミレーションゲームである。レッドスター軍とブルームーン軍の2チームで対戦。歩兵や戦車、戦闘機、戦艦など全16種類の兵器が登場する。交互にコマンドを進めていくフェーズ・ターン制で、通常マップ15面に最終マップ2面の全17面構成となっている。また、マップには地形効果があり、戦術性をより高めている。シンプルだが奥深く、飽きのこないウォー・シュミレーションゲームだ。派生したシリーズが各種存在する。

Read Article

ルイージマンション3(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

ルイージマンション3(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ルイージマンション3』とはNintendo Switch専用ソフトの『ルイージマンション』、『ルイージマンション2』に続く『ルイージマンション』シリーズの第3作目である。ホテルオーナーの罠にかかり、絵の中に閉じ込められてしまった仲間たちを救うためルイージは、色々な人の助けを借りながら、時には謎を解き、時にはオバケ達と戦いホテルを進んでいく。 謎解きアクションゲームだ。 マルチプレイモードで多人数プレイもでき、年齢や国籍問わず楽しめる作品となっている。

Read Article

ゼルダの伝説 スカイウォードソード(スカウォ)のネタバレ解説・考察まとめ

ゼルダの伝説 スカイウォードソード(スカウォ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゼルダの伝説 スカイウォードソード(スカウォ)』とは2011年に任天堂から発売されたアクションアドベンチャーゲームである。Wii用に発売されたのちにWii U用に2016年にダウンロードソフトとしても発売されている。 数多ある『ゼルダの伝説』のはじまりの物語として位置づけられ、主人公のリンクを操作しながらシリーズで共通している要素の退魔の剣マスターソードや万能の力といわれるトライフォースの誕生の経緯、なぜ「ゼルダ」が伝説として後に伝わっていったかについて描かれている。

Read Article

GIRLS MODE 3 キラキラ☆コーデ(ガールズモード3)のネタバレ解説・考察まとめ

GIRLS MODE 3 キラキラ☆コーデ(ガールズモード3)のネタバレ解説・考察まとめ

『GIRLS MODE 3 キラキラ☆コーデ(ガールズモード3)』とは、2015年に任天堂より発売された女性向けのファッション、着せ替えを楽しむニンテンドー3DS専用ソフト。『ガールズモード』シリーズ三作目となる本作はドールハウスの向こうにある街、ルミナスタウンにてブティックを経営し、お客様の要望に沿うコーデを提供するファッションコーディネートゲームである。前作までのファッションコーデに加えモデル、美容師、メイクの仕事も追加され、より幅広いオシャレを楽しむことが出来る。

Read Article

星のカービィ ディスカバリー(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

星のカービィ ディスカバリー(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『星のカービィ ディスカバリー』とは、『星のカービィシリーズ』の新規タイトルであり、シリーズ初の3Dアクションを起用したNintendo Switch用ソフトである。本作は開発はハル研究所、任天堂より発売され、日本で162万本を売り上げた。 カービィは突如現れた謎の渦に巻き込まれ、発達している文明と自然が融合した「新世界」に迷い込んでしまう。その世界に存在するビースト軍団に捕らわれてしまったワドルディを救うため、「新世界」で出会った謎の生物エフィリンと共に冒険の旅に出ることになる。

Read Article

どうぶつの森e+(イープラス)のネタバレ解説・考察まとめ

どうぶつの森e+(イープラス)のネタバレ解説・考察まとめ

『どうぶつの森e+』とは、2003年に任天堂からニンテンドーゲームキューブ用ソフトとして発売されたコミュニケーションゲーム。どうぶつの森シリーズの第三作目。一人暮らしをするために引っ越してきた主人公が、どうぶつの住人と共に仲良く村で暮らし、住人達の引っ越しにより繰り広げられる出会いと別れを繰り返しながら友情を深めていく。現実世界と同じ時間が流れており、時には村のお祭りや大会など多くのイベントが詰め込まれている。

Read Article

わがままファッション GIRLS MODE よくばり宣言!(ガールズモード2)のネタバレ解説・考察まとめ

わがままファッション GIRLS MODE よくばり宣言!(ガールズモード2)のネタバレ解説・考察まとめ

『わがままファッション GIRLS MODE よくばり宣言!(ガールズモード2)』とは、2012年に発売された女性向けのファッション、着せ替えを楽しむニンテンドー3DS用ソフト。女性を中心に支持を集め国内売上本数は約39万3000本。『ガールズモード』シリーズ二作目となる本作ではグラフィックが大幅に向上、メンズコーデ含め新作アイテムも多数追加された。セレクトショップの店長となり、お客様の要望に応えるコーデを提供するファッションコーディネートゲームである。

Read Article

マーヴェラス 〜もうひとつの宝島〜(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

マーヴェラス 〜もうひとつの宝島〜(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『マーヴェラス 〜もうひとつの宝島〜』とは、任天堂により1996年10月26日に発売されたスーパーファミコン専用のアクションアドベンチャーゲームである。人気作『ゼルダの伝説』シリーズの開発スタッフが手掛けた、謎解き要素満載のシナリオになっている。 物語は主人公の少年3人組、ディオン、マックス、ジャックが、海賊に攫われた担任のジーナ先生を助けることが目的である。クリエイティブかつコミカルな仕掛けを解いて物語を進行させるところに魅力がある作品。

Read Article

スプラトゥーン3(Splatoon 3)のネタバレ解説・考察まとめ

スプラトゥーン3(Splatoon 3)のネタバレ解説・考察まとめ

『スプラトゥーン3(Splatoon 3)』とは、2022年に任天堂から発売された、Nintendo Switch用のアクションシューティングゲームである。イカがモデルとなったキャラクターを操作し、様々な「ブキ」でインクを塗り広げながら戦う、爽快感とポップな世界観が魅力。2015年発売の『スプラトゥーン』、2017年発売の『スプラトゥーン2』に続く、シリーズ3作目。前作のファンはもちろん、新規プレイヤーも多く、発売から3日で、パッケージ版とダウンロード版を合わせて345万本の売上を記録した。

Read Article

メイド イン ワリオ(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

メイド イン ワリオ(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『メイド イン ワリオ』とは任天堂が2003年3月21日に発売したゲームボーイアドバンス用瞬間アクションゲームであり、「マリオ」シリーズに登場するワリオを主人公としたスピンオフ作品である。 日本国内はもとより海外でも人気を博しており、アメリカでは同年5月26日に発売されヨーロッパでも続々と発売された。アメリカでの名称は『WarioWare, Inc.: Mega Microgames!』、ヨーロッパでは『WarioWare, Inc.: Minigame Mania』である。

Read Article

スターフォックス(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

スターフォックス(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『スターフォックス』は、1993年に任天堂より発売されたスーパーファミコン用3Dシューティングゲーム。 任天堂の人気作品となる『スターフォックス』シリーズの第1作目。 スーパーファミコンとしては初の3Dグラフィックスによる作品であり、技術的な面でも後の多くの作品に影響を与えた一作である。 プレイヤーは主人公であるフォックスとなって戦闘機アーウィンを操縦し、悪の科学者アンドルフの率いる軍団から銀河の平和を守るための戦いに身を投じていく。

Read Article

ペーパーマリオ オリガミキング(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

ペーパーマリオ オリガミキング(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ペーパーマリオ オリガミキング』は任天堂を代表するキャラクター、マリオが主役を務める派生作品『ペーパーマリオ』シリーズの第6作である。紙に描かれた「ペラペラ」なキャラクターと、オリガミ作品のような立体感のあるキャラクターが織りなす独特の世界観が高く評価されている作品だ。今回のマリオは、オリガミに変えられたピーチ姫を救うために世界中を巡り、オリー王の野望を阻止することが主な目的だ。360度バトルやオリガミを彷彿とさせるギミックなど、オリジナル要素が盛りだくさんの内容となっている。

Read Article

スーパーマリオブラザーズ ワンダー(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

スーパーマリオブラザーズ ワンダー(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』とは、2023年10月に任天堂の代表作『マリオシリーズ』の1つとして発売された家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」対応ソフト。Wiiや3DSにおいては、同シリーズソフトが3Dアクションで発売されたこともあったが、今作では従来の2次元スクロール型の仕様に戻り、DSにおける同シリーズソフトと類似する構成となっている。本作では、クッパに支配されてしまったフラワー王国を舞台に、王国の平和を取り戻すため、マリオ達が冒険を繰り広げる。

Read Article

メトロイド ドレッド(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

メトロイド ドレッド(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『メトロイド ドレッド』とは、2021年にNintendo Switchで任天堂が発売した、2Dアクションゲーム。2002年に発売された『メトロイド フュージョン』の続編で、2D『メトロイド』シリーズでは19年ぶりの完全新作である。物語の舞台となるのは未開の惑星「ZDR」。そこに、絶滅したはずの危険な寄生生命体「X」が存在する可能性がある。すぐに探査ロボット「E.M.M.I.」が派遣されたが、7体すべてが行方不明になってしまった。このZDRに物語の主人公サムス・アランが向かい、惑星を調査する。

Read Article

メトロイド フュージョン(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

メトロイド フュージョン(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『メトロイド フュージョン』とは、2002年にゲームボーイアドバンスで発売された2Dアクションゲーム。『メトロイド』シリーズの第4作目である。日本よりも海外で先に発売され、日本では2003年に発売された。物語の主人公サムス・アランを操作し、宇宙空間に浮かぶ巨大な研究施設を舞台に戦いを繰り広げる。危険な寄生生命体「X」が施設内で増殖し、様々なトラブルを発生させる。Xに唯一対抗できる人間であるサムスは、コンピュータの指示の下で施設で起きた事故の調査を行い、最終的にXを根絶させることを目指す。

Read Article

マリオカート8 デラックス(MK8D・マリカ8DX)のネタバレ解説・考察まとめ

マリオカート8 デラックス(MK8D・マリカ8DX)のネタバレ解説・考察まとめ

『マリオカート8 デラックス』は、Nintendo Switch専用ソフトとして2017年に発売された、『マリオシリーズ』発の大人気アクションレースゲームであり、Wii U専用ソフト『マリオカート8』のリメイク版、強化版という位置づけである。ベーシックなレースシステムに、アイテムによるアクション性・ランダム性が加わったとてもユニークなゲームシステムとなっている。また、豊富なキャラクターやコースも用意されている。

Read Article

ゼルダの伝説 大地の汽笛(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

ゼルダの伝説 大地の汽笛(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゼルダの伝説 大地の汽笛』は2009年に任天堂から発売されたニンテンドーDS専用のアクションアドベンチャーゲーム。『汽笛』などと略される。ニンテンドーDS本体に搭載されているタッチパネルやマイクを使って移動したりアクションを起こしたりするのが特徴的な作品。ハイラル王国のゼルダ姫は王国の大臣キマロキによって魔王復活のため魂だけの姿にされてしまう。リンクはゼルダ姫の体と王国の平和を取り戻すために冒険に出発する。

Read Article

スターフォックス64(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

スターフォックス64(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『スターフォックス64』とは、1997年にNINTENDO64で発売された、3Dシューティングゲーム。『スターフォックス』シリーズの第2作目。架空の恒星ライラット系に属する惑星や宙域が舞台で、マシンを操作し敵を倒していく。Dr.アンドルフがライラット系の支配を目論み、フォックス・マクラウドをリーダーとしたチーム「スターフォックス」がその野望を阻止するために戦う。 全世界における売上本数は約400万本以上。世界一売れたシューティングゲームソフトとして、ギネス・ワールドレコーズに登録されている。

Read Article

ゼルダの伝説 トライフォース3銃士(トラさん・トラ3)のネタバレ解説・考察まとめ

ゼルダの伝説 トライフォース3銃士(トラさん・トラ3)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゼルダの伝説 トライフォース3銃士』は2015年に任天堂から発売されたニンテンドー3DS専用のアクションアドベンチャーゲーム。『トラさん』『トラ3』などと略される。本作はマルチプレイ特化型のゲームで、3人のプレイヤーが協力してプレイしていく。とあるオシャレを愛する国のお姫様が、魔女の呪いで脱ぐことのできないタイツ姿にされてしまう。呪いを解くため王様は魔女を倒すことができるというウワサの「伝説の勇者」を募集した。

Read Article

トモダチコレクション 新生活(トモコレ)のネタバレ解説・考察まとめ

トモダチコレクション 新生活(トモコレ)のネタバレ解説・考察まとめ

『トモダチコレクション 新生活(トモコレ)』とは、2013年に任天堂がニンテンドー3DS用にリリースしたソフトである。翌年には欧米やオーストラリア、韓国でも英語版がリリースされ、2015年にオランダ語版も実装された。本作から専用アバター「Mii(ミー)」を使うことができ、キャラクタークリエイトの幅も広がった。またゲーム内の舞台である島も2つに増え、遊園地や喫茶店などの施設が追加された。

Read Article

目次 - Contents