モラウ=マッカーナーシ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

モラウ=マッカーナーシとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。ハンター協会長・ネテロが選抜した第一級隔離指定生物「キメラ=アント」討伐部隊の一人。特定の分野や多くの功績を残した者に与えられる「一ツ星(シングル)」の称号を持つシーハンターである。戦闘において「100%勝つ気で闘る」をモットーにする武闘派だが、人情味があり涙もろい一面を持つ。主人公・ゴンとは、キメラ=アント討伐部隊として共に闘い、互いの実力を認め合う仲である。

モラウ=マッカーナーシの概要

モラウ=マッカーナーシとは『HUNTER×HUNTER』に登場する、ハンター協会長・ネテロが選抜した第一級隔離指定生物「キメラ=アント」討伐部隊のシーハンター。特定の分野や多くの功績を残した者に与えられる「一ツ星(シングル)」の称号を持つ。現在はキメラ=アント討伐の功績により、歴史的な偉業を達成した者に与えられる「三ツ星(トリプル)」ハンターへの候補に挙げられている。共にキメラ=アント討伐部隊に加入したビーストハンター・ナックルとUMA(未確認生物)ハンター・シュートを弟子に持ち、二人からは師匠として慕われている。「100%勝つ気で闘る」をモットーにしており、強者との戦闘を楽しむ武闘派である。一方で情に厚く涙もろい一面を持つ。瀕死のキメラ=アントの女王の救済にあたる師団長・コルトの姿に胸を打たれたモラウは、コルトが女王から掬い取った赤子を生涯にかけて守ると、涙ながらに宣言した。主人公・ゴンとはキメラ=アント討伐の際に知り合い、ゴンが討伐部隊に入る力量があるかを判別した。現在では互いに力量を認め合い、良き仲間として接している。体格は大柄で、普段は黒いサングラスに白髪のロングヘア。大きなキセルを常備している。

モラウ=マッカーナーシのプロフィール・人物像

CV:楠大典

生年月日:不明
年齢:不明
身長:不明
体重:不明
血液型:不明
念系統:操作系
気さくな人柄で、弟子のナックルとシュートを可愛がっている。漢気溢れる性格であり、キメラ=アント討伐部隊による計画や襲撃時には、メンバーの意見をまとめる等、リーダーシップを発揮した。戦いへの意気込みや普段の言動から直情型に見えるが、戦闘時には頭脳戦を得意とし、いかなる場面でも冷静な判断を怠らない。戦闘好きのモラウだが、その強さを公に口外する事はしない。第一級隔離指定生物「キメラ=アント」の王・メルエムとの戦闘で自爆したネテロの後任を決める第13代会長総選挙で、脱会長派組織「清凛隊」の隊長に打診された際、モラウは「自分を強いとも思ってねェ」と謙虚な口ぶりで断った。自らを「海人(うみんちゅ)」と呼称し、シーハンターとしての誇りを持つモラウは、自身を武闘派のハンターだとは認識していない。一方で任務遂行の為なら、相手がどんな強者でも「100%勝つ気で闘る」をモットーに全力で戦う気概を持つ。また情に厚く涙もろい一面を持つ。コルトが瀕死のキメラ=アントの女王の救済に尽力する場面に立ち会ったモラウは、その姿に心を打たれ、コルトが女王から掬い取った赤子を生涯にかけて守ると涙ながらに約束した。体格は大柄で、筋肉質。普段は黒いサングラスにネクタイを締め、白髪のロングヘアといったカジュアルな服装である。武器の大きなキセルを常備している。

モラウ=マッカーナーシの能力

人間の生命エネルギーを自らのオーラとして自在に操る「念能力者」であり、オーラで物質や生命をコントロールする「操作系」の使い手。キセルを媒体として口から吐いた煙状のオーラを、様々な形状に変化させる「紫煙拳(ディープパープル)」を扱う。「紫煙拳(ディープパープル)」の用途は多岐に渡り、煙状のオーラで自分自身を模ったダミーや、切断不可能のロープを作ることも可能だ。また煙幕として活用し、相手を撹乱させる事もできる。チーター型のキメラ=アント・ヂートゥとの戦闘時、モラウはヂートゥのスピードを活かした攻撃に翻弄されていたが、長年の経験によって動きを予測し、煙幕からの奇襲に成功した。基礎体力は常人より高く、特に肺活量は人並外れている。キメラ=アント師団長・レオルとの戦闘時、レオルは津波を呼ぶ技「渦波(トルネイヴ)」を発動し、建物内を水で満たしていく。水中に潜ったモラウは、筒状の煙型オーラを水面から出して建物内の空気を吸い尽くし、水上にいるレオルを窒息死させた。身体能力に加え、プロのハンターとして申し分ない精神力を持つ。キメラ=アント討伐部隊としてメルエムの宮殿に突入する際、モラウは全快時の35%程度の疲労状態であった。その中でモラウは、メルエムと直属護衛軍が放つ凶悪なオーラに臆する事無く宮殿内に侵入。直属護衛軍のシャウアプフとメルエムの分断を成功させた。

モラウ=マッカーナーシの必殺技

紫煙拳(ディープパープル)

大きなキセルを媒体にして喫煙の要領で口から煙型のオーラを発し、色々な形に変化させる事が出来る。戦闘経験豊富なモラウ自身が、「紫煙拳(ディープパープル)」よりも対応力のある技に出会った事が無いと確信するほど、その用途は多岐に渡る。煙型といえど、オーラの質感はモラウの意のままに操る事が出来る為、敵を拘束するロープや乗り物としての活用方法もある。その他にも小動物の形状にする事で探知機代わりにする事も可能だ。しかし、オーラで周囲の物体を察知する「円」を敵が使っていた場合、その小動物はオーラで作られたフェイクだと簡単に見抜かれる。

紫煙機兵隊(ディープパープル)

核となるオーラを発し、それを煙型のオーラで覆う事で作られる煙人形。最大で216体同時に発動させる事が出来る。モラウは各煙人形にオーラによる操作条件を組み込んでおり、それによって煙人形の操作を「自動操作(オート)」か「遠隔操作(リモート)」に使い分ける事を可能にした。また、敵からの攻撃に備えた煙人形を作る際、普段より操作条件をやや複雑にする為、約50体の発動が上限となる。その場合、煙人形の数は減るが、敵の「円」で人間かどうか区別し切れなくするといった操作条件を加える事も可能になる。一方で、煙人形に込める操作条件を増やせば、その分敵からの攻撃によって消滅しやすくなる。その為、モラウは「紫煙機兵隊(ディープパープル)」を囮作戦や探知機として利用する事が多い。また煙という特性を活かし、煙人形の外見や色を、実在する人間や動物に変化させる事も可能だ。

監獄ロック(スモーキージェイル)

煙型のオーラを周囲に充満させ、敵を閉じこめる事が出来る。一度「監獄ロック(スモーキージェイル)」で捕獲されると、モラウが能力を解除しない限り、自力での脱出は難しい。外から中の様子を見ることは出来ない。なお包囲した建物が動くと、それに伴い「監獄ロック(スモーキージェイル)」も移動する。

モラウ=マッカーナーシの来歴・活躍

ヂートゥとの心理戦

産まれて間もないメルエムは、親である女王を見捨て、直属護衛軍と共に人間界へ赴いた。東ゴルトー共和国の首都・ペイジンの宮殿を占拠したメルエムは、大規模な世界侵略へ向け、意のままに操れる人間兵器を用いることにした。その生産方法は、建国記念大会と称して集めた国民に対して攻撃を与え、生き残った者をキメラ=アントの兵士として利用する「選別」である。直属護衛軍のネフェルピトーはそれまでの間、殺害した人間の兵士をオーラで操り人形にし、それを使って国民の選別を村単位の規模で進めていた。モラウは選別を中断させる為、ペイジンを「紫煙機兵隊(ディープパープル)」で包囲し、ネフェルピトーの操り人形を待ち構えて破壊することにした。ネフェルピトーから、選別を阻害するハンターの抹殺を命じられたキメラ=アントの師団長・レオルは、ヂートゥにその手伝いを依頼。モラウの元へヂートゥが現れ、戦闘が始まった。攻撃を受けたモラウは、ヂートゥが生み出した草原の空間へと飛ばされる。そこには巨大な砂時計が佇んでおり、ヂートゥはモラウに「鬼ごっこ」を持ち掛け、8時間以内に自分を捕まえられないと脱出不可能になると説明した。

それを聞いたモラウは、まず砂時計の破壊を試みるがびくともしない。長期戦を予測し、「5時間経ったら起こしてくれや」とその場に寝転んだ。始めはモラウの側でちょっかいを出すヂートゥだったが、途中から飽きて読書をし始めた。4時間ほど経過し、モラウはおもむろに立ち上がった。彼が持つキセルから、自分の足首につながるロープが伸びていることにヂートゥは気づく。モラウは寝ていると見せかけて、煙型のオーラで作った長いロープを、ヂートゥの足元に括り付けていたのである。俊足能力が高いヂートゥといえど、そのロープを振り切ることは出来ない。勝利を確信したモラウだが、ヂートゥは絶体絶命の危機に際した事で、弓と大きな爪のついた武器を念能力で生み出した。遠距離能力が授かったことに高揚するヂートゥだが、モラウはその武器から飛んできた矢を簡単に防いだ。モラウはヂートゥにその能力が無意味であると言い聞かせ、「敗因を教えてやるよ お前バカだから」と挑発した。それに憤ったヂートゥは、鬼ごっこ云々を無視して、モラウの胸を鋭い爪で貫いた。しかしそれは本体ではなく、モラウの姿を模った煙型のオーラだった。

その隙をついたモラウは、困惑するヂートゥの肩を後ろから「捕まえた」と軽く叩いた。モラウは寝転んだ時、ヂートゥから見えない位置に自分と同じ態勢の分身をオーラで作っていた。本体は草原の中を匍匐前進しながらヂートゥの反対側に接近していたのだ。モラウの思惑は功を奏し、ヂートゥの能力は解除され、現実世界のペイジンに戻った。ヂートゥは一度でも自分が捕まれば、二度と鬼ごっこの能力を使えない仕組みにしていた。直属護衛軍のシャウアプフから新たな能力を開花してもらう為、その場を去るヂートゥ。モラウはヂートゥの発言から、シャウアプフに能力開花の力があると推察し「紫煙機兵隊(ディープパープル)」によるペイジンの包囲を続行した。

波を呼ぶ闘い

レオルと対峙するモラウ(右)

ネフェルピトーは操り人形を使い、遠隔操作で村単位の選別を続けていた。モラウはヂートゥと戦った後、キメラ=アント討伐隊のノヴと選別の阻止に向けて行動を開始。その頃、ネフェルピトーから選別の妨げとなるハンターの抹殺を命じられたキメラ=アント師団長のレオル、ウェルフィン、ブロヴーダの三人はペイジンで作戦を練っていた。レオルは、キメラ=アント師団長・フラッタが持つ、敵の位置を把握する能力「衛星蜻蛉(サテライトンボ)」を、他者の能力を借りる能力「謝債発行機(レンタルポッド)」を使い、モラウを発見。一方でノヴは、メルエムの宮殿から発していた、オーラで物質を感知できる能力「円」が解除された事を知る。それを好機と捉えたノヴは、空間移動能力「4次元マンション(ハイドアンドシーク)」を使って、宮殿内部に侵入し、襲撃時の出入口を作ることを試みる。モラウはノヴと二手に分かれたことで、キメラ=アント師団長の三人から集中して狙われる事になった。その後、モラウはウェルフィンとブロヴーダの追跡を振り切ることに成功するが、レオルの巧みな誘導によって、かつて防空壕だった地下教会へと辿り着く。

モラウはすぐさま「紫煙拳(ディープパープル)」を発動し、辺りを煙幕のオーラで覆った。レオルは「謝債発行機(レンタルポッド)」を使って、雨の日に発動できる能力「TUBE(イナムラ)」で津波を呼び起こした。波にのまれたモラウは、レオルのオーラで具現化させたサーフィンの体当たり攻撃を寸前で回避。「TUBE(イナムラ)」をさも自分の能力かの様に扱うレオルの態度にに苛立ったモラウは、「そいつはオレの 友達(ダチ)の能力だ!!」と激怒した。そして煙型のオーラで船を作り、それに乗ったモラウは、レオルが乗る波をキセルで遮る。しかし致命傷にはならなかった。レオルも負けじと、波を竜巻状に回転させた技「渦波(トルネイヴ)」でモラウを水中に落とし込んだ。レオルが上空から銛で一突きにしようと試みた時、水中の渦中にモラウの姿は無い。超人的な肺活量を持つモラウは、息をジェット噴射の要領で吐き、渦から脱出していたのだ。モラウは再度、煙型のオーラで作った船に乗り、レオルに「TUBE(イナムラ)」はグラチャンというハンターの能力であったと説明する。

それに対しレオルは、「TUBE(イナムラ)」は正当防衛で奪い取った能力であると釈明し、大量の波を呼ぶ技「大波(ビッグウォール)」を発動。建物内に充満する波にモラウは巻き込まれ、レオルは水上で次の一撃で仕留めるべく様子を伺う。しかしいつまで経ってもモラウは現れない。その時、水面のいたるところに泡が噴き出し始める。レオルはその泡について、モラウが水の底から空気を補給しているか、他の通路から脱出する為のブラフなのかを考察する。モラウを探すレオルだったが、徐々に意識が薄らぎ、オーラで具現化されたサーフィンも消え、そのまま水中へ落下した。モラウは水の底から無数の筒状にした煙型のオーラを出し、呼吸をしていた。そのため、建物内は凄まじい肺活量を持つモラウの呼吸によって酸素濃度が低下。レオルは、モラウの呼吸時に排出された、大量の二酸化炭素を吸い込みショック状態に陥ったのである。レオルを水の中に引き込み、溺死へと導いたモラウは、そのまま泳いで建物外へ脱出し、選別の阻害活動を再開した。

two_lightzp2
two_lightzp2
@two_lightzp2

Related Articles関連記事

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは1998年に連載が開始された冨樫義博氏が描く少年漫画である。 くじら島出身の少年、ゴン=フリークスが、父親であるジン=フリークスを追い求める冒険の中での様々な人との出会い成長していく。熱いバトルが繰り広げられる冒険譚である本作品を楽しむためにはかかせないのが念能力の存在。念能力は作中に登場する特殊能力で、その方向性によっていくつかの系統に分けることが可能である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説・考察まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説・考察まとめ

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)とは、1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている日本の漫画作品。原作は幽遊白書などでお馴染みの冨樫義博。くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、居ないと思っていた父親が優秀なハンターであることを知り、強い憧れを抱く。そしてゴンはハンターを目指し、くじら島を旅立つ。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画作品、及びそれを原作とした映画やアニメなどのメディアミックス作品である。 父親であるジンを探すため、そして憧れていたハンターになるためにゴンは旅に出る。その先で、キルア、クラピカ、レオリオという仲間と出会い、ゴンは様々な冒険を繰り広げる。 「幻影旅団」とは、A級賞金首達が集う盗賊集団である。敵キャラでありながらも個性的な面々が集う幻影旅団は、ファンからも深く愛されている。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の特質系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の特質系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)』とは『週刊少年ジャンプ』で連載している冨樫義博による少年漫画である。主人公のゴン=フリークスが父親を探すため、怪物・財宝・賞金首・美食・遺跡・幻獣など、稀少な事物を追求することに生涯をかける「ハンター」になり、様々な冒険をする物語だ。ハンターは仕事柄、未知の領域に踏み込むことが多いため、念能力という特殊な能力を身につけている。その中でも特質系と呼ばれる系統は他に類のない特殊な能力で、特質系に分類される能力者はとても少ない。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の具現化系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の具現化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「具現化系」とは念能力の系統の一つで、オーラを物質化させることができる。主要人物の一人であるクラピカは具現化系に属する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の操作系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の操作系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。念能力の系統の一つ・「操作系」とは物質や生物などの物体をオーラで操作する能力で、高い応用性を持った系統である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の放出系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の放出系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「放出系」とは体から離れたオーラを飛ばす、何らかの形を与える能力が多い。ゴンと共にハンター試験を受けたレオリオは、放出系に属する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の強化系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の強化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博の漫画作品及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事の追求を生涯をかける「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」と呼ばれる特殊な能力を身に着けていなくてはならない。「強化系」とは、念能力を六つの系統に分けた属性の一つで、物の持つ力や働きを強める系統である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の変化系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の変化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「変化系」はオーラの形状や性質を変える能力で、糸、電気、ゴムなどあらゆるものに変化させる。ゴンの友人で、暗殺一家のキルアも変化系に属する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のグリードアイランド全カードまとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のグリードアイランド全カードまとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。あらゆる物を追い求めることに生涯を捧げる職業「ハンター」となり、最高のハンターと称される父ジンを探す少年ゴンと仲間たちの冒険を描く。「グリードアイランド」は、ジンが仲間たちと作ったゲームソフト、並びにその中に登場する島の名前である。オーラと呼ばれる生命エネルギーを操れる念能力者(ねんのうりょくしゃ)しかプレイできない。プレイヤーはゲームの世界に入り、特定のカードを集めてクリアを目指す。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の会長・十二支ん・派閥まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の会長・十二支ん・派閥まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。希少な物事の追及に生涯をかける「ハンター」となり、最高のハンターと称される父を探す少年ゴンと仲間たちの冒険を描く。ゴンも所属する「ハンター協会」とは会長を中心とした組織で、ハンター試験を主宰する。上層部である会長、幹部の「十二支ん」いずれも高い能力と強い個性を持つ。十二支んたちは「バランス重視の穏健保守派」や「改革推進のタカ派」といった派閥に別れて行動する。

Read Article

ゼノ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゼノ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゼノ=ゾルディックとは『HUNTER×HUNTER』の登場人物で、主人公ゴン=フリークスの親友であるキルア=ゾルディックの祖父。暗殺一家ゾルディック家の一員。キルアに対して甘い一面があり、家族の意に反しハンターの道を進むキルアを見守っている。オーラと呼ばれる生命エネルギーを龍に変化させ自在に操る変化系の能力者。ハンター協会会長を務めていたアイザック=ネテロと古くから付き合いがあり、表社会と裏社会を統べる者同士で持ちつ持たれつの関係を築いている。登場人物の中でも、トップクラスの実力の持ち主である。

Read Article

シルバ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シルバ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シルバ=ゾルディックとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターであり、暗殺一家ゾルディック家の当主。ゴンの友達キルアの父親。長身、長髪で筋肉質な見た目は周りのものを委縮させるほどの威圧感がある。過去には幻影旅団の団員と戦って暗殺したことがあり、暗殺者としては一流の腕を持つ。キメラアント編ではヂートゥを一撃で叩き潰している。

Read Article

キルア=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

キルア=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

キルア=ゾルディックとは漫画『HUNTER×HUNTER』の主要人物の1人で、伝説の暗殺一家の三男。暗殺術の才能はゾルディック家史上随一と言われており、ゾルディック家当主の父シルバ、長男イルミから英才教育を受けていた。しかし敷かれたレールの上を歩く人生に嫌気がさし、ある日母と次男を刺して家出をする。そして暇つぶしに受けたハンター試験でゴンに出会うのであった。

Read Article

ノヴ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ノヴ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ノヴとは、『週刊少年ジャンプ』で連載されている『HUNTER×HUNTER』に登場する冷静沈着な性格のキャラクターで、異空間に出入り自由なマンションを創るという非常に貴重な能力を有しているプロのハンター。特殊な蟻「キメラ=アント」の脅威に対処すべく、ハンター協会会長のアイザック=ネテロ等と共に、キメラ=アントが潜伏しているNGL自治国に派遣される。しかし敵の禍々しいオーラをじかに感じて、心が折れてしまう。これによって姿も変わり果ててしまう。

Read Article

クラピカ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

クラピカ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

クラピカとは、『HUNTER×HUNTER』の登場人物で、主要人物の1人。興奮状態になると目が緋色になる少数民族”クルタ族”の生き残り。同胞を惨殺し”緋の眼”を奪い去った幻影旅団を捕まえるため第287期ハンター試験を受験し合格。イズナビの元で修業を積み念能力を習得し、ノストラードファミリーとして裏社会で暗躍しながら亡き同胞の奪われた目を取り戻していく。レオリオの推薦で”十二支ん”のメンバーに抜擢され、残りの目を取り戻すため”B・W(ブラックホエール)1号”に乗り暗黒大陸を目指す。

Read Article

ヒソカ=モロウ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ヒソカ=モロウ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ヒソカ=モロウとは『HUNTER×HUNTER』の登場人物で、ピエロのような風貌の気まぐれな殺人快楽者。主人公ゴンと同じく第287期ハンター試験に合格。気に入った強敵と戦って殺すことに喜びを感じ、興味のない相手は躊躇なく殺す。ハンター協会内でも「謎の奇術師」として警戒されている。自らに匹敵する強さになると見込んだゴンをいたく気に入っている。幻影旅団の団長と戦うために一時団員として身を置いていた。団長との戦闘で敗北し奇跡的に生還を遂げた後は、旅団員を全員を殺すため暗黒大陸を目指す船に潜伏している。

Read Article

イルミ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

イルミ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

イルミ=ゾルディックとは『週刊少年ジャンプ』に掲載されている漫画『HUNTER×HUNTER』に登場する、ゾルディック家の長男でキルアの兄である。黒い瞳に黒髪ロングの見た目で感情の起伏に乏しく表情も全く変化がないため日本人形や能面を思わせる雰囲気を持っている青年。弟のキルアに対して異常な執着を持っており、普段は感情をあまり表に出さない冷酷なイメージだが、キルアが絡むと感情を露わにすることがある。執事のツボネ曰くイルミと次男のミルキは母親似で好きになれないらしい。

Read Article

ナックル=バイン(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ナックル=バイン(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ナックル=バインとは冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』のキャラクター。作中の長編シリーズのひとつである、キメラアント編で初登場した。一つ星ハンターであるモラウを師匠としており、同じく弟子であるシュートと共に修行を積みペアを組む。ハンター協会会長であるネテロによって、シュートと共にキメラアント討伐隊のメンバー候補に選ばれ、同じく候補であったゴンとキルアとメンバー入りを賭けて戦う。ゴンに勝利してキメラアント討伐隊に選ばれると、人類の平和のため討伐作戦において死闘を繰り広げる。

Read Article

フィンクス=マグカブ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

フィンクス=マグカブ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

フィンクス=マグカブとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。クモと呼ばれる盗賊集団・幻影旅団の初期メンバーで、戦闘に長けており殺人に一切の躊躇がない冷酷さを持つ。団員の中でも短気な性格であり、団長クロロの奪還について反対するフィンクスに主人公・ゴンが腹を立てた際は、その首を折ると脅した。また旅団メンバーに助言を行うこともあり、冷静な状況判断にも長けている。常に武器は持たず、肉弾戦を得意としている。一族を滅ぼされたクラピカと旅団で激しい争いを繰り返している。

Read Article

フェイタン=ポートオ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

フェイタン=ポートオ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

フェイタン=ポートオとは『HUNTER×HUNTER』における悪名高い盗賊集団・幻影旅団(通称クモ)の一員である。戦闘に長けており、殺人に躊躇のない冷酷さを持つ。中でも拷問好きの一面を持ち、旅団のアジトに連れ去られた主人公・ゴンに拷問を仕掛けようとした。一族を殺された報復としてクラピカにメンバーの殺害や団長を誘拐され、お互いを殺し合おうと激しい争いを繰り返している。一人称はワタシで「お前 調子乗りすぎね」等、特徴的な話し方をする。主な武器は、刀と弾丸を備えた傘。ゲームに興味を寄せる一面もある。

Read Article

ネフェルピトー(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ネフェルピトー(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ネフェルピトーとは、漫画『HUNTER×HUNER』に登場するキャラクターで、第一級隔離指定種に認定されている蟻「キメラ=アント」の王直属護衛の一人。一番最初に生まれた軍団長で、猫型の蟻。王に対する忠誠心は非常に強く、ありのままの王を受け入れ従っている。主人公・ゴンが、ハンターを目指すきっかけを作った、プロハンターのカイトを斬首して殺害。「戦いが楽しかった」という理由から、カイトの遺体を自身の能力で戦闘用の操り人形にするなど、残酷な一面をもっている。

Read Article

マチ=コマチネ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

マチ=コマチネ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

マチ=コマチネは『HUNTER×HUNTER』において最初に登場した幻影旅団(通称クモ)の一員である。主に追跡や治療の役割を担っており、ゴンやキルア、ヒソカといった主要メンバーと関わる機会が多い敵陣のキャラクターだ。強気でクールな性格であり、自らと関係のない人物の命を容赦なく奪う。その一方で同じ旅団員、特に結成時のメンバーには仲間意識が強い。また団長クロロに厚い信頼を寄せている。

Read Article

ビスケット=クルーガー(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ビスケット=クルーガー(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ビスケット=クルーガーとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターで、宝石の収集をメインに活動しているストーンハンター。愛称はビスケ。ハンター協会の会長であるネテロの創始した「心源流拳法」の師範である。主人公ゴンとその友達のキルアの潜在能力の高さに気づき、修行を経て二人の能力を開花させた人物。師匠としてはとても優秀で、弟子には厳しくも優しく接している。

Read Article

ゴン=フリークス(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゴン=フリークス(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゴン=フリークスとは『週刊少年ジャンプ』に掲載されている『HUNTER×HUNTER』に登場する主人公である。ツンツンに逆立つ緑色がかった黒髪にどんぐり目の一重の少年。くじら島の出身で叔従母(いとこおば)のミトのもとで、幼い頃から大自然に囲まれて育ち、8歳の時にカイトと出会い、自然の厳しさと父親ジン=フリークスのことを教えられ、ハンターに対して強い憧れを抱く。そして11歳になり、父親を探し自分の夢を叶えるために、くじら島を出てハンター試験を受ける。

Read Article

シャルナーク=リュウセイ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シャルナーク=リュウセイ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シャルナーク=リュウセイとは『HUNTER×HUNTER』に登場する悪名高い盗賊集団・幻影旅団(通称クモ)の一員である。旅団結成時からの初期メンバーで、明るく仲間想いな性格である反面、殺人への躊躇がない冷酷な一面を持つ。また論理的な思考の持ち主で、旅団のアジトに連れ去られた主人公・ゴンが標的とは無関係だと結論づけた後は、すぐ逃がそうとした。プロのハンターでもあり、旅団内では主に情報処理を担当している。団長クロロが不在の際には、その優れた知識と分析力で状況を判断し、メンバーに対して指揮をとる。

Read Article

パクノダ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

パクノダ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

パクノダとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。クモと呼ばれる盗賊集団・幻影旅団の初期メンバーで、主に尋問と調査の役割を担っている。旅団を尾行していた主人公ゴンと元暗殺者キルアを捕らえた際は、旅団に一族を滅ぼされたクラピカの情報を聞き出そうとした。仲間意識が強く団長クロロとクモの掟に絶大な信頼を寄せている反面、任務の為なら躊躇なく殺人を行う冷酷さを持つ。

Read Article

コムギ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

コムギ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

コムギとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。東ゴルトー共和国で発祥された盤上競技「軍儀」の世界王者である。第一級隔離指定生物「キメラ=アント」の王・メルエムの宮殿に招かれ、軍儀をする中でメルエムと心を通わせた。メルエムが重宝する唯一の人間であるコムギは、ハンターによるキメラ=アント討伐時、主人公・ゴンによってメルエムの直属護衛軍・ネフェルピトーと条件交渉をする為の人質として利用された。普段は二つ括りの髪型に、スカートを着用。盲目の為、杖を常備している。

Read Article

ノブナガ=ハザマ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ノブナガ=ハザマ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ノブナガ=ハザマとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターである。クモと呼ばれる盗賊集団・幻影旅団の初期メンバーで、旅団内では特攻の役割を担っている。戦闘に長けており殺人に一切の躊躇がない冷酷さを持つ。その反面、自らが気に入った人物に対しては情に厚く、尋問中の主人公・ゴンがノブナガを腕相撲で打ち負かした際には、旅団への入団を誘った。また常に刀を持ち歩き、素早い抜刀で標的を殺害できる。一族を滅ぼされたクラピカと旅団で激しい争いを繰り返している。

Read Article

シズク=ムラサキ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シズク=ムラサキ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シズク=ムラサキとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。クモと呼ばれる盗賊集団・幻影旅団のメンバーで、旅団内では主に情報・処理の役割を担っている。殺人への躊躇を見せない冷酷さを持つ反面、天然でマイペースな性格であり、一度忘れた事は二度と思い出さない。また好奇心が豊かであり、主人公・ゴンが腕相撲でダイヤを報酬に条件競売を実施した際は、盗賊であるにも関わらずお金を払って参加した。旅団に一族を滅ぼされたクラピカと激しい争いを繰り返している。

Read Article

アイザック=ネテロ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

アイザック=ネテロ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

アイザック=ネテロとは『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターで、ハンター協会及びハンター試験審査委員会の会長である。ハンター試験のトラブル処理をしたり、奇術師ヒソカの挑発を煙に巻くなど老獪な爺さん。また、「心源流拳法」の創設者である。ハンター試験に合格して裏試験を受けたプロハンターは、全員が心源流の教えに基づいて念能力を習得している。

Read Article

メルエム(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

メルエム(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

メルエムとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターでキメラ=アントの王。自らが種の全てを託された王であるという自覚と自負を、生まれながらにして持っている。非常にプライドが高く、自身の発言・命令への拒否、偽り、誤魔化しは断じて許さない。口癖は「二度言わすな」。身体能力は他のキメラアントを遥かに凌駕しており、長く伸びた尾をムチのように振るい、相手を叩き潰すことを得意としている。

Read Article

シャウアプフ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シャウアプフ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シャウアプフとは、冨樫義博の作品『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターである。第一級隔離指定生物・キメラアントの王であるメルエムに仕える、直属護衛軍の一人である。」メルエムに絶対的な忠誠心を持ち、人間を王国建設の為に支配されるべき下等動物であると蔑んでいる。一方で、メルエムの危険因子となる人間に対しては、最大限の注意を払い、主人公・ゴンを背後から殺そうとした。メルエムと親密になる少女棋士コムギを疎ましく思っている。普段はタキシードを模した服を着た、好青年の容姿をしている。

Read Article

カイト(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

カイト(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

カイトとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターで主人公ゴンの父親であるジンの弟子であり、ゴンの先輩にあたるプロハンターである。股に届くほど伸ばした長髪の青年で、帽子を愛用している。父親は死んだと教えられていたゴンに、ジンは生きていること、ハンターという職業があることを教え、自分もジンのようなハンターになりたいと決意させたのはカイトである。

Read Article

ゴトー(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゴトー(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゴトーとは、冨樫義博の作品『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。伝説の暗殺一家・ゾルディック家の屋敷執事のリーダー的存在である。来客対応の全てを任されており、外部の人間が彼の許可無しに一族と会うことは出来ない。ゾルディック家の三男で、エリートと称されるキルアを気に掛けている。キルアと会う為、屋敷に入ろうとした主人公・ゴンを電話越しで追い払う等、執事としての仕事に忠実な人物である。フレームが横長のメガネとスーツがトレードマーク。常にコインを持ち歩いている。

Read Article

目次 - Contents