HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の操作系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。念能力の系統の一つ・「操作系」とは物質や生物などの物体をオーラで操作する能力で、高い応用性を持った系統である。

『HUNTER×HUNTER』の概要

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするアニメやゲームといったメディアミックス作品である。1998年より『週刊少年ジャンプ』で連載されている。1999年以降休載が目立つが、作り込まれた世界観や頭脳、心理戦も盛り込まれた能力バトルは今なお読者を魅了しており、連載再開を望むファンも多い。

主人公のゴン=フリークスは、幼い頃キツネグマから救ってくれたハンターの青年カイトから死んだと聞かされていた父親の生存を知る。父やカイトと同じハンターとなって父を探すことを目指し、ゴンは故郷くじら島を後にする。その他主要人物として、暗殺一家の生まれでゴンと親友になったキルア、クルタ族の生き残りであるクラピカ、医者を目指すレオリオがいる。

ハンター試験に合格したゴンは「念能力」と呼ばれる力の存在を知り、身につけることとなる。念能力、もしくは念とは、生命エネルギーである「オーラ」を操り特殊能力に昇華したものである。個人個人で能力や念の系統には違いがあり、ものの持つ力や働きを強める「強化系」、オーラを飛ばしても能力を維持することに長ける「放出系」、物や生物を操る「操作系」、オーラを物質化させる「具現化系」、オーラの性質を変える「変化系」、上記のどれにも当てはまらない「特質系」に大別される。
ハンターとは稀少なものを探すことに生涯をかける職業で、時には仕事上未開の地や危険な場所に赴くことも多い。その為ハンターは念能力の取得が必要不可欠で、ハンター協会主催の試験に合格し、ハンターライセンスを得ても念能力を取得する裏試験に合格しなければ「ライセンス取得者」と呼ばれ仕事の斡旋すらしてもらえない。ライセンスと念能力があって初めて「プロハンター」と呼ばれる。ハンターでなくとも念能力を得ることは可能で、合格時既に念を会得している者も多い。尚、ハンターの仕事自体は特にライセンスがなくともでき、高度な任務ほどライセンスの有無を問わないため「必要がないから」と受験すらしない者もいる。念能力だけでライセンスを持たないハンターは「アマチュア」と呼ばれる。

自身の系統に合わない能力を選んでしまうと習得に苦労し、使いこなせないといった事態も発生する為、自分がどの系統に属するかを見極めることは大事である。
精孔と呼ばれる穴から漏れているオーラを体に留める「纏(テン)」、オーラを一時的に絶つ「絶(ゼツ)」、オーラを練り上げる「練(レン)」、それらの集大成である「発(ハツ)」が基礎技で「四大行」と呼ばれる。発が能力発動の段階である。「纏」はオーラをとどめて自分をガードすることができる。絶は気配を断ち、自身の能力を隠すのにも使われる。応用技としてオーラを見えにくくする「隠(イン)」、目にオーラを溜め、隠されたオーラを見破る「凝(ギョウ)」、物の周りにオーラを纏わせて強化する「周(シュウ)」、自分を中心にオーラを張り巡らせレーダーの役割を持たせる「円(エン)」などがある。

操作系能力者とは

操作系とは、物質や生物を操る念能力の系統である。
単純に不規則な攻撃を仕掛けることが可能になる他、戦闘以外にも応用が利きやすい系統といえる。能力によっては相手を洗脳することも可能で、うまく決まれば相手を一方的に完封し、一撃必殺の強みとなり得る。能力によってはマニュアル・オートと使い分けをすることもできる。
幅は広いが、大抵「使い込んだもの」を必要とすることが多く、能力に使う道具を奪われるなどすると力を発動しづらくなる。生物を操作する場合、相手に何かを刺すなどの条件が必要となる。操作したい対象が既に誰かに操作されている場合は干渉できないなど弱点も多い。
通常隣り合う系統の能力は取得しやすいとされるが、操作系と隣り合う特質系能力の取得はまず不可能。他の系統と比べて警戒されやすいのも弱点である。とはいえ、警戒されるということは相手がそれだけ操作系の恐ろしさを知っているということの裏返しでもあり、操作系の能力を持っていることをちらつかせればプレッシャーを与え、隙を生むことも可能となる。

『HUNTER×HUNTER』の操作系能力者

キキョウ=ゾルディック

CV:雪絵れな(1998年版アニメ) / 岩男潤子(2001年版アニメ)

暗殺一家ゾルディック家の一員で、キルアの母。キルアの持つ殺人者としての素質に期待をかけ、稼業に興味を持たない彼を涙ながらに説得した。キルアに顔を刺され家出された時に泣いていたが、その理由は「親を刺すほど立派な暗殺者になってくれてうれしい」というものであった。それでもやはり心配だからとハンター試験を受けに行った長男のイルミに様子を見に行くよう頼んでいる。

操作系に属するが、能力の詳細は不明。

イルミ=ゾルディック

CV:高野麗(1998年版アニメ) / 松風雅也(2011年版アニメ)

ゾルディック家の長男で、キルアの兄。ギタラクルという偽名と姿を使い、第287回ハンター試験に参加、合格した。快楽殺人者のヒソカ、盗賊集団の幻影旅団団長のクロロとはビジネス上の付き合いがある。
「どんな状況でも、キルアが死なないようにすること」を方針に父と共にキルアを教育しており、自身の能力である針を頭に打ち込んだこともあって、キルアが自分に逆らえないようにしていた。こうした行為の背景には、イルミの弟に対する執着にも似た歪んだ愛情がある。ヒソカが「キルアを殺す」と冗談めかして口にした際、彼に凄まじい殺意を向けた。
その一方でキルアをモノと見なしている節もあり、感情や自由意志、友人を作ることも否定している。ハンター試験の最終では受験生同士のトーナメント戦が行われたが、この時キルアと当たり、正体を現した。「お前に友達は必要ない」「いずれゴンを殺したくなる」と精神的な揺さぶりをかけ、キルアが降参するように仕向ける。「ゴンを殺すというのは冗談」と明るく言いながら改めてキルアに友達を持つ資格や必要がないと言い含めた。
キルアの親友となり、改めて家から出るきっかけを作ったゴンを危険視し、ヒソカが挑発でキルアを殺さないよう警戒している。

針や鋲に念を込め、撃ち込んだ相手を操作する能力を持つ。キルアが兄の命令に逆らえないのは、長年の教育というより「勝てない敵とは戦わない」との命令を込めた針を刺されている為であった。いずれ強敵を前にしたキルアがゴンを裏切り、暗殺者として戻ることを期待してのことだが、キルアが針を抜いた為目論見は失敗に終わっている。

針で相手を操作する能力(正式な能力名不明)

イルミの針を抜いたキルア(下)。

対象に念を込めた針、鋲を差し込み操る。自白を強要する、暗示を与えるといったことが可能になる。キルアは脳に「確実に勝てない相手から逃げる」との命令を込めた針を刺されていた。自分に刺すことで顔を変え、変装することもでき、ハンター試験の際ギタラクルという人物に変装していた。幻影旅団でヒソカに化けていたこともある。針を刺し続けないと、4~5時間で変装は解けてしまう。

針人間(はりにんげん)

念を込めた針を刺し、命令することで自分の命令に絶対服従する針人間を生み出す。標的となった人間は、針を刺された瞬間飛躍的に身体能力が上がるが廃人となる。針人間は、イルミの為に力を使い果たしていずれ死ぬ。

「ギタラクル」

頭部に数十本の針を刺し、顔を変えたイルミの姿。針を刺し続けている為長時間顔を変えた状態で潜伏できる。この顔と名前でハンター試験に合格したが、ハンター協会はイルミの素性を把握している。

ミルキ=ゾルディック

CV:石塚堅(1998年版アニメ) / 斉藤貴美子(2011年版アニメ)

ゾルディック家の次男で、キルアの兄。家出を決行するキルアに腹を刺された。帰ってきたキルアを拷問し、「友達を作ってるような奴にゾルディック家は継げない」と言うが才能面は認めている。また、ゾルディック家の者が皆キルアを溺愛し、大切に扱う中ミルキだけは対等に口をきいており軽口を言い合うなどそれなりに仲はいい。
大食漢で、滅多に家から出ない(ヨークシンシティに向かう際「10年ぶりの外出」と口にした)ため肥満体を持つ。フィギュア、ゲームを収集するオタクで、幻のゲームグリードアイランドに関する情報を探す際キルアが「ゲームとネット両方に詳しい人物」としてミルキを思い出し連絡を入れた(この時、応対した執事経由で「電話に出ないとお前のフィギュアを壊す」と言われ渋々電話に出た)。
殺し屋としては、外出をせずに済むような仕事をする他、主力である家族の技術支援、情報収集等を行っている。機械全般に強い半面理論が先走って役に立たない物を作ることもあるらしく、祖父のゼノからは「頭はいいが馬鹿なのが玉にキズ」と称された。
グリードアイランドのデータだけを入手したというキルアの言葉で、幻のゲームの再現を試みるが失敗。ヨークシンシティのオークションで大量に出品されるとの噂に賭けて10年ぶりに外出するが、オークションで入手できず食べ歩きをしただけで帰った。

念能力に関しては操作系に属することは判明しているものの、作中で詳しい能力は披露されていない。

えどまち
えどまち
@edono78

Related Articles関連記事

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説・考察まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説・考察まとめ

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)とは、1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている日本の漫画作品。原作は幽遊白書などでお馴染みの冨樫義博。くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、居ないと思っていた父親が優秀なハンターであることを知り、強い憧れを抱く。そしてゴンはハンターを目指し、くじら島を旅立つ。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは1998年に連載が開始された冨樫義博氏が描く少年漫画である。 くじら島出身の少年、ゴン=フリークスが、父親であるジン=フリークスを追い求める冒険の中での様々な人との出会い成長していく。熱いバトルが繰り広げられる冒険譚である本作品を楽しむためにはかかせないのが念能力の存在。念能力は作中に登場する特殊能力で、その方向性によっていくつかの系統に分けることが可能である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画作品、及びそれを原作とした映画やアニメなどのメディアミックス作品である。 父親であるジンを探すため、そして憧れていたハンターになるためにゴンは旅に出る。その先で、キルア、クラピカ、レオリオという仲間と出会い、ゴンは様々な冒険を繰り広げる。 「幻影旅団」とは、A級賞金首達が集う盗賊集団である。敵キャラでありながらも個性的な面々が集う幻影旅団は、ファンからも深く愛されている。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のグリードアイランド全カードまとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のグリードアイランド全カードまとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。あらゆる物を追い求めることに生涯を捧げる職業「ハンター」となり、最高のハンターと称される父ジンを探す少年ゴンと仲間たちの冒険を描く。「グリードアイランド」は、ジンが仲間たちと作ったゲームソフト、並びにその中に登場する島の名前である。オーラと呼ばれる生命エネルギーを操れる念能力者(ねんのうりょくしゃ)しかプレイできない。プレイヤーはゲームの世界に入り、特定のカードを集めてクリアを目指す。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の特質系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の特質系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)』とは『週刊少年ジャンプ』で連載している冨樫義博による少年漫画である。主人公のゴン=フリークスが父親を探すため、怪物・財宝・賞金首・美食・遺跡・幻獣など、稀少な事物を追求することに生涯をかける「ハンター」になり、様々な冒険をする物語だ。ハンターは仕事柄、未知の領域に踏み込むことが多いため、念能力という特殊な能力を身につけている。その中でも特質系と呼ばれる系統は他に類のない特殊な能力で、特質系に分類される能力者はとても少ない。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の具現化系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の具現化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「具現化系」とは念能力の系統の一つで、オーラを物質化させることができる。主要人物の一人であるクラピカは具現化系に属する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のキメラ=アントまとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のキメラ=アントまとめ

『HUNTER×HUNTER』とは架空の職業「ハンター」を題材にした富樫義博による冒険漫画である。主人公のゴン=フリークスは父のジン=フリークスに会うために彼の職業であるハンターになり、冒険を繰り広げるというストーリーが展開される。 作中では様々な架空の生物が登場する。他の生物を喰らい、喰らった生物の特徴を次世代に反映させるという習性をもつキメラ=アントもその一つである。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の放出系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の放出系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「放出系」とは体から離れたオーラを飛ばす、何らかの形を与える能力が多い。ゴンと共にハンター試験を受けたレオリオは、放出系に属する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の強化系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の強化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博の漫画作品及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事の追求を生涯をかける「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」と呼ばれる特殊な能力を身に着けていなくてはならない。「強化系」とは、念能力を六つの系統に分けた属性の一つで、物の持つ力や働きを強める系統である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の変化系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の変化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「変化系」はオーラの形状や性質を変える能力で、糸、電気、ゴムなどあらゆるものに変化させる。ゴンの友人で、暗殺一家のキルアも変化系に属する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の会長・十二支ん・派閥まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の会長・十二支ん・派閥まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。希少な物事の追及に生涯をかける「ハンター」となり、最高のハンターと称される父を探す少年ゴンと仲間たちの冒険を描く。ゴンも所属する「ハンター協会」とは会長を中心とした組織で、ハンター試験を主宰する。上層部である会長、幹部の「十二支ん」いずれも高い能力と強い個性を持つ。十二支んたちは「バランス重視の穏健保守派」や「改革推進のタカ派」といった派閥に別れて行動する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の287期ハンター試験まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の287期ハンター試験まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは架空の職業「ハンター」を題材にした富樫義博による冒険漫画である。主人公のゴン=フリークスが父のジン=フリークスに会うために彼の職業であるハンターになり、冒険を繰り広げるというストーリーが展開される。 ハンターとは希少な事物を追い求める人々の総称であり、プロのハンターになれば様々な特権が与えられる。プロのハンターになるにはハンター試験に合格する必要があり、287期ハンター試験は主人公のゴンが受験した試験である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の回収済み・未回収の伏線・謎まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の回収済み・未回収の伏線・謎まとめ

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)とは、日本の漫画家・冨樫義博によるバトルファンタジー漫画。1998年に集英社の『週刊少年ジャンプ』にて連載を開始した。幾度となく長期休載をしているが、その人気は衰えることなく、連載再開が発表される度にSNSで話題になっている。ストーリーには様々な伏線や謎が散りばめられており、作中で既に回収されたものや未だ回収されていないものなどが多々ある。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の天空闘技場まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の天空闘技場まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは架空の職業「ハンター」を題材にした富樫義博による冒険漫画である。主人公のゴン=フリークスは父のジン=フリークスに会うために彼の職業であるハンターになり、冒険を繰り広げるというストーリーが展開される。本作の魅力の一つに生命エネルギー「オーラ」を操る技術「念能力」を用いた戦闘が挙げられるが、そのスタイルの戦闘は天空闘技場を舞台とした物語から展開される。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のカキン帝国まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のカキン帝国まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは架空の職業「ハンター」を題材にした富樫義博による冒険漫画である。主人公のゴン=フリークスは父のジン=フリークスに会うために彼の職業であるハンターになり、冒険を繰り広げるというストーリーが展開される。 カキン帝国は議会民主主義国家で、元は長い歴史を持つ超古代国家だったが、革命により現在の体制に変化した新興国家である。

Read Article

HUNTER×HUNTERのエンディングは4パターン!各結末のネタバレ解説・考察まとめ【ハンター×ハンター】

HUNTER×HUNTERのエンディングは4パターン!各結末のネタバレ解説・考察まとめ【ハンター×ハンター】

漫画家の冨樫義博が、自身の代表作である『HUNTER×HUNTER』の結末に関する2023年時点での4つのアイデアを公表した。 同年11月21日深夜に放送されたテレビ朝日のトークバラエティー番組『イワクラと吉住の番組』にて手紙の形で公開したもので、この内A〜Cパターンは「どのような反響が予想されるか」にだけ触れる形となり、残るDパターンについては「ボツにした」と説明した上で具体的な内容が語られた。ここでは、ネットを中心に大きな話題となった『HUNTER×HUNTER』の4つの結末を紹介する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『HUNTER×HUNTER』は1998年より『週刊少年ジャンプ』で連載開始した冨樫義博による漫画作品である。 主人公のゴン=フリークスは父親のジン=フリークスと出会うため、ジンの職業、ハンターとなるべく冒険を始めるところからストーリーが展開される。他生物を食べてその特徴を次世代に反映させる昆虫、キメラ=アントや暗黒大陸など、架空の生物や土地が数多く登場する。作者の描く独特の世界観と、念能力という異能力を用いたキャラクターのたちの高度な駆け引きが人気を博している。

Read Article

ヒソカ=モロウ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ヒソカ=モロウ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ヒソカ=モロウとは『HUNTER×HUNTER』の登場人物で、ピエロのような風貌の気まぐれな殺人快楽者。主人公ゴンと同じく第287期ハンター試験に合格。気に入った強敵と戦って殺すことに喜びを感じ、興味のない相手は躊躇なく殺す。ハンター協会内でも「謎の奇術師」として警戒されている。自らに匹敵する強さになると見込んだゴンをいたく気に入っている。幻影旅団の団長と戦うために一時団員として身を置いていた。団長との戦闘で敗北し奇跡的に生還を遂げた後は、旅団員を全員を殺すため暗黒大陸を目指す船に潜伏している。

Read Article

クロロ=ルシルフル(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

クロロ=ルシルフル(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

クロロ=ルシルフルとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。クモと呼ばれる盗賊集団・幻影旅団のNo.0。殺人に一切の躊躇がない冷酷さを持ち、主人公・ゴンを捕らえた際、メンバーに逃亡を図れば殺害する様に指示を出した。リーダーとしての高いカリスマ性と優れた戦闘センスを持ち、メンバーからの信頼も厚い。「緋の眼」を手に入れる為、クルタ族を虐殺した幻影旅団は、唯一の生き残りであるクラピカと激しい争いを繰り返している。

Read Article

コムギ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

コムギ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

コムギとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。東ゴルトー共和国で発祥された盤上競技「軍儀」の世界王者である。第一級隔離指定生物「キメラ=アント」の王・メルエムの宮殿に招かれ、軍儀をする中でメルエムと心を通わせた。メルエムが重宝する唯一の人間であるコムギは、ハンターによるキメラ=アント討伐時、主人公・ゴンによってメルエムの直属護衛軍・ネフェルピトーと条件交渉をする為の人質として利用された。普段は二つ括りの髪型に、スカートを着用。盲目の為、杖を常備している。

Read Article

イルミ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

イルミ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

イルミ=ゾルディックとは『週刊少年ジャンプ』に掲載されている漫画『HUNTER×HUNTER』に登場する、ゾルディック家の長男でキルアの兄である。黒い瞳に黒髪ロングの見た目で感情の起伏に乏しく表情も全く変化がないため日本人形や能面を思わせる雰囲気を持っている青年。弟のキルアに対して異常な執着を持っており、普段は感情をあまり表に出さない冷酷なイメージだが、キルアが絡むと感情を露わにすることがある。執事のツボネ曰くイルミと次男のミルキは母親似で好きになれないらしい。

Read Article

ノヴ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ノヴ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ノヴとは、『週刊少年ジャンプ』で連載されている『HUNTER×HUNTER』に登場する冷静沈着な性格のキャラクターで、異空間に出入り自由なマンションを創るという非常に貴重な能力を有しているプロのハンター。特殊な蟻「キメラ=アント」の脅威に対処すべく、ハンター協会会長のアイザック=ネテロ等と共に、キメラ=アントが潜伏しているNGL自治国に派遣される。しかし敵の禍々しいオーラをじかに感じて、心が折れてしまう。これによって姿も変わり果ててしまう。

Read Article

ジン=フリークス(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ジン=フリークス(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ジン=フリークスとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターで、主人公ゴン=フリークスの父親である。二ツ星(ダブル)ハンターの称号を持つ遺跡ハンター。ハンター協会の最高幹部の集団である十二支んの元メンバーでもあり、その時のコードネームは亥。12歳になる直前に「欲しいものがあるんだ」と言って島を飛び出し、その後はプロのハンターとなって世界を股にかけて活躍をしている。ある日、赤ん坊だったゴンを連れて突如帰郷。ゴンを従兄のミトに預けて再び姿を消してしまったのだった。

Read Article

ビスケット=クルーガー(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ビスケット=クルーガー(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ビスケット=クルーガーとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターで、宝石の収集をメインに活動しているストーンハンター。愛称はビスケ。ハンター協会の会長であるネテロの創始した「心源流拳法」の師範である。主人公ゴンとその友達のキルアの潜在能力の高さに気づき、修行を経て二人の能力を開花させた人物。師匠としてはとても優秀で、弟子には厳しくも優しく接している。

Read Article

モラウ=マッカーナーシ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

モラウ=マッカーナーシ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

モラウ=マッカーナーシとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。ハンター協会長・ネテロが選抜した第一級隔離指定生物「キメラ=アント」討伐部隊の一人。特定の分野や多くの功績を残した者に与えられる「一ツ星(シングル)」の称号を持つシーハンターである。戦闘において「100%勝つ気で闘る」をモットーにする武闘派だが、人情味があり涙もろい一面を持つ。主人公・ゴンとは、キメラ=アント討伐部隊として共に闘い、互いの実力を認め合う仲である。

Read Article

ナックル=バイン(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ナックル=バイン(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ナックル=バインとは冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』のキャラクター。作中の長編シリーズのひとつである、キメラアント編で初登場した。一つ星ハンターであるモラウを師匠としており、同じく弟子であるシュートと共に修行を積みペアを組む。ハンター協会会長であるネテロによって、シュートと共にキメラアント討伐隊のメンバー候補に選ばれ、同じく候補であったゴンとキルアとメンバー入りを賭けて戦う。ゴンに勝利してキメラアント討伐隊に選ばれると、人類の平和のため討伐作戦において死闘を繰り広げる。

Read Article

イカルゴ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

イカルゴ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

イカルゴとは、週刊少年ジャンプで連載されている『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。特殊な蟻「キメラ=アント」の女王によって生み出され、タコと人間の特徴を持つ。遺体を操作する能力を持っている。キメラ=アントにしては珍しく仲間思いで優しい心の持ち主である。キメラ=アントが拠点にしている東ゴルトー共和国に潜入したキルア=ゾルディックと対峙するが、その仲間思いな性格からキルアに認められ親交を深める。キメラ=アント編における重要人物の一人である。

Read Article

ゼノ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゼノ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゼノ=ゾルディックとは『HUNTER×HUNTER』の登場人物で、主人公ゴン=フリークスの親友であるキルア=ゾルディックの祖父。暗殺一家ゾルディック家の一員。キルアに対して甘い一面があり、家族の意に反しハンターの道を進むキルアを見守っている。オーラと呼ばれる生命エネルギーを龍に変化させ自在に操る変化系の能力者。ハンター協会会長を務めていたアイザック=ネテロと古くから付き合いがあり、表社会と裏社会を統べる者同士で持ちつ持たれつの関係を築いている。登場人物の中でも、トップクラスの実力の持ち主である。

Read Article

シルバ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シルバ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シルバ=ゾルディックとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターであり、暗殺一家ゾルディック家の当主。ゴンの友達キルアの父親。長身、長髪で筋肉質な見た目は周りのものを委縮させるほどの威圧感がある。過去には幻影旅団の団員と戦って暗殺したことがあり、暗殺者としては一流の腕を持つ。キメラアント編ではヂートゥを一撃で叩き潰している。

Read Article

ノブナガ=ハザマ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ノブナガ=ハザマ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ノブナガ=ハザマとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターである。クモと呼ばれる盗賊集団・幻影旅団の初期メンバーで、旅団内では特攻の役割を担っている。戦闘に長けており殺人に一切の躊躇がない冷酷さを持つ。その反面、自らが気に入った人物に対しては情に厚く、尋問中の主人公・ゴンがノブナガを腕相撲で打ち負かした際には、旅団への入団を誘った。また常に刀を持ち歩き、素早い抜刀で標的を殺害できる。一族を滅ぼされたクラピカと旅団で激しい争いを繰り返している。

Read Article

パクノダ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

パクノダ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

パクノダとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。クモと呼ばれる盗賊集団・幻影旅団の初期メンバーで、主に尋問と調査の役割を担っている。旅団を尾行していた主人公ゴンと元暗殺者キルアを捕らえた際は、旅団に一族を滅ぼされたクラピカの情報を聞き出そうとした。仲間意識が強く団長クロロとクモの掟に絶大な信頼を寄せている反面、任務の為なら躊躇なく殺人を行う冷酷さを持つ。

Read Article

キルア=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

キルア=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

キルア=ゾルディックとは漫画『HUNTER×HUNTER』の主要人物の1人で、伝説の暗殺一家の三男。暗殺術の才能はゾルディック家史上随一と言われており、ゾルディック家当主の父シルバ、長男イルミから英才教育を受けていた。しかし敷かれたレールの上を歩く人生に嫌気がさし、ある日母と次男を刺して家出をする。そして暇つぶしに受けたハンター試験でゴンに出会うのであった。

Read Article

シズク=ムラサキ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シズク=ムラサキ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シズク=ムラサキとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。クモと呼ばれる盗賊集団・幻影旅団のメンバーで、旅団内では主に情報・処理の役割を担っている。殺人への躊躇を見せない冷酷さを持つ反面、天然でマイペースな性格であり、一度忘れた事は二度と思い出さない。また好奇心が豊かであり、主人公・ゴンが腕相撲でダイヤを報酬に条件競売を実施した際は、盗賊であるにも関わらずお金を払って参加した。旅団に一族を滅ぼされたクラピカと激しい争いを繰り返している。

Read Article

シュート=マクマホン(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シュート=マクマホン(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シュート=マクマホンとは『週刊少年ジャンプ』で連載されている『HUNTER×HUNTER』に登場する非常に慎重な性格のプロハンターで、特殊な蟻「キメラ=アント」の危機に対処すべく結成された討伐隊の1人。討伐隊への参加資格をかけてゴン=フリークスやキルア=ゾルディックと戦う。モラウ=マッカーナーシの弟子であり、ナックル=バインと共に行動している。討伐隊としてキメラ=アントと激闘を繰り広げる。

Read Article

ネフェルピトー(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ネフェルピトー(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ネフェルピトーとは、漫画『HUNTER×HUNER』に登場するキャラクターで、第一級隔離指定種に認定されている蟻「キメラ=アント」の王直属護衛の一人。一番最初に生まれた軍団長で、猫型の蟻。王に対する忠誠心は非常に強く、ありのままの王を受け入れ従っている。主人公・ゴンが、ハンターを目指すきっかけを作った、プロハンターのカイトを斬首して殺害。「戦いが楽しかった」という理由から、カイトの遺体を自身の能力で戦闘用の操り人形にするなど、残酷な一面をもっている。

Read Article

目次 - Contents