HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説・考察まとめ

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)とは、1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている日本の漫画作品。原作は幽遊白書などでお馴染みの冨樫義博。くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、居ないと思っていた父親が優秀なハンターであることを知り、強い憧れを抱く。そしてゴンはハンターを目指し、くじら島を旅立つ。

『HUNTER×HUNTER』の概要

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)とは、『週刊少年ジャンプ』誌上で1998年(平成10年)14号から連載を開始。『ONE PIECE』に続く2番目の長期連載である。
単行本の累計発行部数は6800万部を超える。
テレビアニメは第1作目が1999年~2001年までフジテレビで放送された。第2作目が2011年~2014年まで日本テレビで放送された。
放送局が変わるにあたり、声優も変更になっている。
劇場版作品として、『HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)』『劇場版 HUNTER×HUNTER -The LAST MISSION-』がある。

大自然に囲まれた「くじら島」に住む少年ゴン=フリークスは、8歳の時に森で獣に襲われるが、ハンターのカイトに助けられる。
カイトはゴンの父親ジン=フリークスの知人で、ジンは偉大なハンターであり、今でも生きていることを知る。
父親に会うためハンターとなり、世界を巡る旅の中で親友との出会いや強大な敵との戦いを経て、ゴンは大きく成長していく。

『HUNTER×HUNTER』のあらすじ・ストーリー

ハンター試験編

大自然に囲まれた「くじら島」に住む、主人公の少年ゴン=フリークスは、物心ついた時から両親はおらず、父親は死んだと聞かされ、育ての親であるミトと2人でくじら島に暮らしていた。
ゴンは、8歳の時に森で獣に襲われ、ハンターのカイトに助けられる。カイトはゴンの父親ジン=フリークスの弟子で、カイトはゴンにジンは偉大なハンターであり、今も生きていることを話す。
やがて父親に会いたい思いが募り、またハンターにも憧れを抱いたゴンは、ハンターになることを決心する。ハンターになるためには、難関と言われる『ハンター試験』に合格する必要があり、ゴンは「くじら島」を離れ試験会場へと向かう。

ハンター試験は非常に過酷で、死傷者も出るという。試験会場へ向かう途中、ゴンは同じくハンターを志すクラピカ、レオリオと知り合い、更に試験会場でキルアとも知り合う。
クラピカは、盗賊「幻影旅団」に滅ぼされたクルタ族の生き残りだった。クルタ族は「緋の眼」という美麗な眼球のせいで世界中のコレクターから宝石として狙われてた。クラピカは、旅団への復讐と世界中に散らばった同胞の眼を回収するためにハンターを目指していた。レオリオは、医者になる資金を稼ぐため、ハンターを目指しているという。

試験は第一次試験から第五次試験まであり、それぞれの試験で持久力や観察力などが試された。さらに参加者の一人であるヒソカが他の参加者を暗殺したりと荒れた内容となったが、4人は共に協力し合い、ゴン、クラピカ、レオリオの3人は見事合格する。しかし、キルアは家族の反対により自ら合格を辞退することになった。
キルアは、暗殺を生業とするゾルディック家の一員であり、生まれた時から暗殺者として育てられた為、友人が居なかった。キルアはゴンと友人になりたかったが、キルアの家族は暗殺者が友人を持つことを許してくれなかった。キルアは、ゾルディック家に連れ戻されてしまう。
納得の行かないゴン、クラピカ、レオリオはキルアを連れ戻すため、キルアの実家があるククルーマウンテンに向かう。
ゴン達が来たことを知ったキルアはなんとか父親に許可をもらい、ゴン達と外へ出た。

天空競技場編

キルアをゾルディック家から連れ出したゴンは、クラピカ、レオリオと一旦別れ、修行に加え資金稼ぎも行える天空闘技場で戦うことを決める。
天空闘技場で、心源流拳法の門下生ズシと、彼の師匠・ウイングと出会う。
ゴンとキルアは順調に勝ち上がっていくが、このまま上位階層の敵と戦えば命を落とすと判断したウイングは2人を止める。
上位階層の選手は『念』と呼ばれる能力を使うことができ、ゴンとキルアが上位階層と戦うには念能力が必要であることをウイングから教えられる。
念とは、肉体から出る生命エネルギー(オーラ)を操る力である。 ゴンとキルアは、闘技場で戦い続けるため、念の修行を開始した。
実はハンター試験は終わっておらず、念の習得を課題とする「裏ハンター試験」が存在していた。念の基礎修行を終えたゴンは正式にハンター試験に合格する。

幻影旅団編(ヨークシン編)

念の修行を終えたゴンは、キルアと故郷の「くじら島」へ戻った。そこで思いがけず、ジンを探す手掛かりであるハンター専用のゲームソフト『グリードアイランド(G.I)』の存在を知る。その「G.I」がオークションに出されると聞き、2人はオークションが開催される「ヨークシンシティ」へ向かう。
ヨークシンシティでゴン・キルアはレオリオと再会する。レオリオに事情を説明して最低落札価格が89億ジェニーという「G.I」を落札するための資金を集める。クラピカも奪われた同胞の眼を回収するため『念』能力を身に付け、マフィア「ノストラードファミリー」の用心棒としてヨークシンシティを訪れていた。
そしてクラピカの一族を滅ぼしたA級賞金首が集まる盗賊「幻影旅団」もオークションに出されるお宝を狙っていた。幻影旅団に賭けられた賞金を狙うゴン、キルア、レオリオ、そして幻影旅団を仇として狙っているクラピカの戦いが始まる。
ゴン、キルア、レオリオは旅団員の行方を追っていたが、逆にゴンとキルアが旅団に捕まってしまう。
隙を突き逃亡に成功したゴンとキルアは、クラピカに旅団の情報を伝え、更にレオリオと旅団のアジトを探る。

幻影旅団の一員だったヒソカはクロロと一騎打ちがしたいために、旅団をヨークシンシティに足止めしていた。この足止めのお陰でゴンたちは旅団を発見できたが、仇を前にして冷静さを失ったクラピカのせいで、ゴンとキルアは再び旅団に捕らえられた。
残されたクラピカとレオリオは旅団に奇襲をかることで、クロロ捕縛に成功する。クラピカは旅団に対して、クロロとゴン・キルアの交換を要求し、ゴン・キルアを取り戻した。

グリードアイランド編

クラピカの念でクロロの能力を封じたものの、旅団に懸けられた懸賞金を逃したゴンたち。手持ちの資金では「G.I」の落札は不可能となったため、「G.I」をすべて落札した大富豪バッテラが開催するプレイヤー選考会に参加する。
無事にプレイヤー選考に合格したゴンとキルアは「G.I」をスタートする。「G.I」は指定されたカード100種類のコンプリートを目指すゲームだった。
2人は知らぬ間にプロハンターのビスケット(ビスケ)に目をつけられていた。ビスケは個人的な興味から2人の仲をかき乱そうと企んでいたが、優れた素質を持ちながらそれを生かせていない2人を歯がゆく思い、無理やり2人を弟子にする。ビスケの訓練で、ゴンとキルアは目覚ましい成長を見せる。
そして、本格的に「G.I」に臨んでいったゴンたちは、このゲームがゴンの念能力訓練のために作られたゲームだと知る。
ゴンは仲間と協力しながら、ジンの仲間であり、ゲームマスターでもあるレイザーとのドッジボール対決に勝利。
プレイヤーキラー『爆弾魔(ボマー)』戦では、左手を失いながらも渾身の攻撃で、爆弾魔(ボマー)のボス=ゲンスルーを倒し、、99枚のカードを揃える。
最後の1枚を掛けたクイズ大会にも優勝したゴンは、ついに100種類のカードを入手し「G.I」をクリアする。

キメラ=アント編

「G.I」をクリアしたゴンとキルアは、賞品の呪文カードでジンの元へ飛ぼうとするが、ジンの罠によりカイトの元へ飛ばされてしまう。
2人は成り行きでカイトの仕事を手伝うことになり、「キメラ=アント」という生物の出現を知る。
「キメラ=アント」は非常に凶暴で、餌として気に入った種を絶滅するまで喰い尽くす蟻であった。さらに、摂食交配と呼ばれる捕食した種族の特徴を次世代に反映させるという特殊な生態を持っていた。通常のキメラ=アントは普通の蟻と同じようなサイズだが、今回カイト達が相手にしているキメラ=アントは人間を捕食できそうなサイズであった。
そして、カイト達が危惧した通り、キメラ=アントの女王は多くの兵隊蟻を産み、人間を食料として集めさせていた。キメラ=アントの目的は世界を統べる「王」を生むことであった。
ゴンたちは、カイトと共に「キメラ=アント」の調査と討伐に乗り出す。
ゴンたちは、キメラ=アントが繁殖を始めた閉鎖国家「NGL」に向かい、蟻たちを駆逐していく。
女王蟻が人間を捕食したことから知識を得た蟻は、念能力を習得していった。女王は、いずれ生まれる王のために3人の親衛隊を先に産んだ。その一人ネフェルピトーと遭遇したゴン達は、圧倒的な力に気圧され、カイトは片腕を切り落とされる事態となる。ゴンとキルアはやむなくカイトを残して逃走した。
事態の深刻さを悟ったハンター協会のネテロ会長は、部下のハンターを連れNGLへ向かう。だが、ネテロたちの善戦虚しく、キメラ=アントの王・メルエムが誕生する。
王は誕生すると、母親である女王をに重傷を負わせ、ネフェルピトーら親衛隊を引き連れて、独裁国家「東ゴルトー共和国」を乗っ取る。

王は退屈しのぎに、様々な分野の達人との勝負に興じていた。そんなとき、盤上競技「軍儀」の達人で盲目の少女コムギと出会う。王はコムギとの勝負に敗れ、それまで感じたことのない興奮を覚えた。

王の元に辿り着いたネテロは王と直接対決し、敗れはしたものの王に毒を盛ることに成功する。毒に全身を蝕まれていく王は、最後をコムギに看取られて死んでいった。
ゴンは東ゴルトー共和国でカイトとの再会を果たすが、もはやカイトはネフェルピトーの操り人形に成り果てていた。ゴンはまだカイトは生きていると信じており、ネフェルピトーに治させようとする。しかし、ネフェルピトーからカイトの蘇生は不可能だと告げられてしまう。ゴンはカイトを無残な姿にしたネフェルピトーに深い憎しみを抱き、自らに「制約」と「誓約」をかけることにより限界を超えた力を引き出しネフェルピトーを撃破する。しかし、自身にかけた「制約」と「誓約」の代償により瀕死の状態に陥ってしまう。

会長選挙・アルカ編

キメラ=アントの王・メルエムが死んだことで戦いは終結したが、ネテロ会長も命を落とした。
ネテロの遺言によりハンター協会の次期会長選挙が行われることになり、会長直属ハンター「十二支ん」が集められる。そこにはジンも居た。
選挙はなかなか決着がつかず、思いがけなく会長候補にまつり上げられたレオリオと現副会長のパリストンとの争いとなる。
会長選挙はパリストンが勝ち、第13代目ハンター協会会長となるが、就任式で辞任し、「十二支ん」のチードルに会長職を譲る。
会長選挙はパリストンにとってネテロとの最後の「遊び」であり、初めから会長に就任する気はなかった。

キルアはゴンを助けるため、何でも願いを叶える能力を持つ妹アルカに会いにゾルディック家へ戻る。
アルカには「ナニカ」と呼ばれる正体不明の存在が憑いており、その「ナニカ」が願いを叶える力を持っていた。
ナニカの能力で復活したゴンは父ジンと会うため、「世界樹」に向かう。
念願叶いジンと会うことが出来たゴン。父からハンターになった理由や、自身の目指すものを聞かされる。

『HUNTER×HUNTER』の主な登場人物・キャラクター

ゴン=フリークス(CV:竹内順子[第1作]/潘めぐみ[第2作])

本作の主人公。12歳。くじら島という場所で暮らしていたが、ある日ゴンの父親を探しているハンター「カイト」と出会う。父親とハンターという存在をカイトから教えられ憧れを抱いたゴンは、父親を探すためにハンターになる。念能力は強化系。
格闘センスは高いが、分析能力や基礎体力は低め。しかし、集中力と回復力で弱点を補っている。
人懐っこく、クセのあるクラピカやキルアともすぐに打ち解けた。
カイトを殺したピトーを倒すため、念を異常に高めた結果、再起不能となった。その後、「ナニカ」の能力で復活している。

キルア=ゾルディック(CV:三橋加奈子[第1作]/伊瀬茉莉也[第2作])

暗殺を家業とするゾルディック家の三男。念能力は変化系。
暗殺術の才能はゾルディック家史上随一と言われるほどで、ゾルディック家の後継者として期待されている。
家族以外と縁のない生活を送ってきたが、ハンター試験でゴンと出会い、生まれて初めての友達ができる。
再起不能になったゴンを復活させた。

クラピカ(CV:甲斐田ゆき[第1作]/沢城みゆき[第2作])

niminimi55i1
niminimi55i1
@niminimi55i1

Related Articles関連記事

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは1998年に連載が開始された冨樫義博氏が描く少年漫画である。 くじら島出身の少年、ゴン=フリークスが、父親であるジン=フリークスを追い求める冒険の中での様々な人との出会い成長していく。熱いバトルが繰り広げられる冒険譚である本作品を楽しむためにはかかせないのが念能力の存在。念能力は作中に登場する特殊能力で、その方向性によっていくつかの系統に分けることが可能である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画作品、及びそれを原作とした映画やアニメなどのメディアミックス作品である。 父親であるジンを探すため、そして憧れていたハンターになるためにゴンは旅に出る。その先で、キルア、クラピカ、レオリオという仲間と出会い、ゴンは様々な冒険を繰り広げる。 「幻影旅団」とは、A級賞金首達が集う盗賊集団である。敵キャラでありながらも個性的な面々が集う幻影旅団は、ファンからも深く愛されている。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のグリードアイランド全カードまとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のグリードアイランド全カードまとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。あらゆる物を追い求めることに生涯を捧げる職業「ハンター」となり、最高のハンターと称される父ジンを探す少年ゴンと仲間たちの冒険を描く。「グリードアイランド」は、ジンが仲間たちと作ったゲームソフト、並びにその中に登場する島の名前である。オーラと呼ばれる生命エネルギーを操れる念能力者(ねんのうりょくしゃ)しかプレイできない。プレイヤーはゲームの世界に入り、特定のカードを集めてクリアを目指す。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の特質系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の特質系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)』とは『週刊少年ジャンプ』で連載している冨樫義博による少年漫画である。主人公のゴン=フリークスが父親を探すため、怪物・財宝・賞金首・美食・遺跡・幻獣など、稀少な事物を追求することに生涯をかける「ハンター」になり、様々な冒険をする物語だ。ハンターは仕事柄、未知の領域に踏み込むことが多いため、念能力という特殊な能力を身につけている。その中でも特質系と呼ばれる系統は他に類のない特殊な能力で、特質系に分類される能力者はとても少ない。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の操作系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の操作系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。念能力の系統の一つ・「操作系」とは物質や生物などの物体をオーラで操作する能力で、高い応用性を持った系統である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の具現化系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の具現化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「具現化系」とは念能力の系統の一つで、オーラを物質化させることができる。主要人物の一人であるクラピカは具現化系に属する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のキメラ=アントまとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のキメラ=アントまとめ

『HUNTER×HUNTER』とは架空の職業「ハンター」を題材にした富樫義博による冒険漫画である。主人公のゴン=フリークスは父のジン=フリークスに会うために彼の職業であるハンターになり、冒険を繰り広げるというストーリーが展開される。 作中では様々な架空の生物が登場する。他の生物を喰らい、喰らった生物の特徴を次世代に反映させるという習性をもつキメラ=アントもその一つである。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の放出系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の放出系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「放出系」とは体から離れたオーラを飛ばす、何らかの形を与える能力が多い。ゴンと共にハンター試験を受けたレオリオは、放出系に属する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の強化系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の強化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博の漫画作品及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事の追求を生涯をかける「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」と呼ばれる特殊な能力を身に着けていなくてはならない。「強化系」とは、念能力を六つの系統に分けた属性の一つで、物の持つ力や働きを強める系統である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の変化系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の変化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「変化系」はオーラの形状や性質を変える能力で、糸、電気、ゴムなどあらゆるものに変化させる。ゴンの友人で、暗殺一家のキルアも変化系に属する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の会長・十二支ん・派閥まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の会長・十二支ん・派閥まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。希少な物事の追及に生涯をかける「ハンター」となり、最高のハンターと称される父を探す少年ゴンと仲間たちの冒険を描く。ゴンも所属する「ハンター協会」とは会長を中心とした組織で、ハンター試験を主宰する。上層部である会長、幹部の「十二支ん」いずれも高い能力と強い個性を持つ。十二支んたちは「バランス重視の穏健保守派」や「改革推進のタカ派」といった派閥に別れて行動する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の287期ハンター試験まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の287期ハンター試験まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは架空の職業「ハンター」を題材にした富樫義博による冒険漫画である。主人公のゴン=フリークスが父のジン=フリークスに会うために彼の職業であるハンターになり、冒険を繰り広げるというストーリーが展開される。 ハンターとは希少な事物を追い求める人々の総称であり、プロのハンターになれば様々な特権が与えられる。プロのハンターになるにはハンター試験に合格する必要があり、287期ハンター試験は主人公のゴンが受験した試験である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の回収済み・未回収の伏線・謎まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の回収済み・未回収の伏線・謎まとめ

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)とは、日本の漫画家・冨樫義博によるバトルファンタジー漫画。1998年に集英社の『週刊少年ジャンプ』にて連載を開始した。幾度となく長期休載をしているが、その人気は衰えることなく、連載再開が発表される度にSNSで話題になっている。ストーリーには様々な伏線や謎が散りばめられており、作中で既に回収されたものや未だ回収されていないものなどが多々ある。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の天空闘技場まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の天空闘技場まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは架空の職業「ハンター」を題材にした富樫義博による冒険漫画である。主人公のゴン=フリークスは父のジン=フリークスに会うために彼の職業であるハンターになり、冒険を繰り広げるというストーリーが展開される。本作の魅力の一つに生命エネルギー「オーラ」を操る技術「念能力」を用いた戦闘が挙げられるが、そのスタイルの戦闘は天空闘技場を舞台とした物語から展開される。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のカキン帝国まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のカキン帝国まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは架空の職業「ハンター」を題材にした富樫義博による冒険漫画である。主人公のゴン=フリークスは父のジン=フリークスに会うために彼の職業であるハンターになり、冒険を繰り広げるというストーリーが展開される。 カキン帝国は議会民主主義国家で、元は長い歴史を持つ超古代国家だったが、革命により現在の体制に変化した新興国家である。

Read Article

HUNTER×HUNTERのエンディングは4パターン!各結末のネタバレ解説・考察まとめ【ハンター×ハンター】

HUNTER×HUNTERのエンディングは4パターン!各結末のネタバレ解説・考察まとめ【ハンター×ハンター】

漫画家の冨樫義博が、自身の代表作である『HUNTER×HUNTER』の結末に関する2023年時点での4つのアイデアを公表した。 同年11月21日深夜に放送されたテレビ朝日のトークバラエティー番組『イワクラと吉住の番組』にて手紙の形で公開したもので、この内A〜Cパターンは「どのような反響が予想されるか」にだけ触れる形となり、残るDパターンについては「ボツにした」と説明した上で具体的な内容が語られた。ここでは、ネットを中心に大きな話題となった『HUNTER×HUNTER』の4つの結末を紹介する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『HUNTER×HUNTER』は1998年より『週刊少年ジャンプ』で連載開始した冨樫義博による漫画作品である。 主人公のゴン=フリークスは父親のジン=フリークスと出会うため、ジンの職業、ハンターとなるべく冒険を始めるところからストーリーが展開される。他生物を食べてその特徴を次世代に反映させる昆虫、キメラ=アントや暗黒大陸など、架空の生物や土地が数多く登場する。作者の描く独特の世界観と、念能力という異能力を用いたキャラクターのたちの高度な駆け引きが人気を博している。

Read Article

ヒソカ=モロウ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ヒソカ=モロウ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ヒソカ=モロウとは『HUNTER×HUNTER』の登場人物で、ピエロのような風貌の気まぐれな殺人快楽者。主人公ゴンと同じく第287期ハンター試験に合格。気に入った強敵と戦って殺すことに喜びを感じ、興味のない相手は躊躇なく殺す。ハンター協会内でも「謎の奇術師」として警戒されている。自らに匹敵する強さになると見込んだゴンをいたく気に入っている。幻影旅団の団長と戦うために一時団員として身を置いていた。団長との戦闘で敗北し奇跡的に生還を遂げた後は、旅団員を全員を殺すため暗黒大陸を目指す船に潜伏している。

Read Article

クロロ=ルシルフル(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

クロロ=ルシルフル(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

クロロ=ルシルフルとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。クモと呼ばれる盗賊集団・幻影旅団のNo.0。殺人に一切の躊躇がない冷酷さを持ち、主人公・ゴンを捕らえた際、メンバーに逃亡を図れば殺害する様に指示を出した。リーダーとしての高いカリスマ性と優れた戦闘センスを持ち、メンバーからの信頼も厚い。「緋の眼」を手に入れる為、クルタ族を虐殺した幻影旅団は、唯一の生き残りであるクラピカと激しい争いを繰り返している。

Read Article

コムギ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

コムギ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

コムギとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。東ゴルトー共和国で発祥された盤上競技「軍儀」の世界王者である。第一級隔離指定生物「キメラ=アント」の王・メルエムの宮殿に招かれ、軍儀をする中でメルエムと心を通わせた。メルエムが重宝する唯一の人間であるコムギは、ハンターによるキメラ=アント討伐時、主人公・ゴンによってメルエムの直属護衛軍・ネフェルピトーと条件交渉をする為の人質として利用された。普段は二つ括りの髪型に、スカートを着用。盲目の為、杖を常備している。

Read Article

イルミ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

イルミ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

イルミ=ゾルディックとは『週刊少年ジャンプ』に掲載されている漫画『HUNTER×HUNTER』に登場する、ゾルディック家の長男でキルアの兄である。黒い瞳に黒髪ロングの見た目で感情の起伏に乏しく表情も全く変化がないため日本人形や能面を思わせる雰囲気を持っている青年。弟のキルアに対して異常な執着を持っており、普段は感情をあまり表に出さない冷酷なイメージだが、キルアが絡むと感情を露わにすることがある。執事のツボネ曰くイルミと次男のミルキは母親似で好きになれないらしい。

Read Article

ノヴ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ノヴ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ノヴとは、『週刊少年ジャンプ』で連載されている『HUNTER×HUNTER』に登場する冷静沈着な性格のキャラクターで、異空間に出入り自由なマンションを創るという非常に貴重な能力を有しているプロのハンター。特殊な蟻「キメラ=アント」の脅威に対処すべく、ハンター協会会長のアイザック=ネテロ等と共に、キメラ=アントが潜伏しているNGL自治国に派遣される。しかし敵の禍々しいオーラをじかに感じて、心が折れてしまう。これによって姿も変わり果ててしまう。

Read Article

ジン=フリークス(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ジン=フリークス(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ジン=フリークスとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターで、主人公ゴン=フリークスの父親である。二ツ星(ダブル)ハンターの称号を持つ遺跡ハンター。ハンター協会の最高幹部の集団である十二支んの元メンバーでもあり、その時のコードネームは亥。12歳になる直前に「欲しいものがあるんだ」と言って島を飛び出し、その後はプロのハンターとなって世界を股にかけて活躍をしている。ある日、赤ん坊だったゴンを連れて突如帰郷。ゴンを従兄のミトに預けて再び姿を消してしまったのだった。

Read Article

ビスケット=クルーガー(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ビスケット=クルーガー(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ビスケット=クルーガーとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターで、宝石の収集をメインに活動しているストーンハンター。愛称はビスケ。ハンター協会の会長であるネテロの創始した「心源流拳法」の師範である。主人公ゴンとその友達のキルアの潜在能力の高さに気づき、修行を経て二人の能力を開花させた人物。師匠としてはとても優秀で、弟子には厳しくも優しく接している。

Read Article

モラウ=マッカーナーシ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

モラウ=マッカーナーシ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

モラウ=マッカーナーシとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。ハンター協会長・ネテロが選抜した第一級隔離指定生物「キメラ=アント」討伐部隊の一人。特定の分野や多くの功績を残した者に与えられる「一ツ星(シングル)」の称号を持つシーハンターである。戦闘において「100%勝つ気で闘る」をモットーにする武闘派だが、人情味があり涙もろい一面を持つ。主人公・ゴンとは、キメラ=アント討伐部隊として共に闘い、互いの実力を認め合う仲である。

Read Article

ナックル=バイン(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ナックル=バイン(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ナックル=バインとは冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』のキャラクター。作中の長編シリーズのひとつである、キメラアント編で初登場した。一つ星ハンターであるモラウを師匠としており、同じく弟子であるシュートと共に修行を積みペアを組む。ハンター協会会長であるネテロによって、シュートと共にキメラアント討伐隊のメンバー候補に選ばれ、同じく候補であったゴンとキルアとメンバー入りを賭けて戦う。ゴンに勝利してキメラアント討伐隊に選ばれると、人類の平和のため討伐作戦において死闘を繰り広げる。

Read Article

イカルゴ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

イカルゴ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

イカルゴとは、週刊少年ジャンプで連載されている『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。特殊な蟻「キメラ=アント」の女王によって生み出され、タコと人間の特徴を持つ。遺体を操作する能力を持っている。キメラ=アントにしては珍しく仲間思いで優しい心の持ち主である。キメラ=アントが拠点にしている東ゴルトー共和国に潜入したキルア=ゾルディックと対峙するが、その仲間思いな性格からキルアに認められ親交を深める。キメラ=アント編における重要人物の一人である。

Read Article

ゼノ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゼノ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゼノ=ゾルディックとは『HUNTER×HUNTER』の登場人物で、主人公ゴン=フリークスの親友であるキルア=ゾルディックの祖父。暗殺一家ゾルディック家の一員。キルアに対して甘い一面があり、家族の意に反しハンターの道を進むキルアを見守っている。オーラと呼ばれる生命エネルギーを龍に変化させ自在に操る変化系の能力者。ハンター協会会長を務めていたアイザック=ネテロと古くから付き合いがあり、表社会と裏社会を統べる者同士で持ちつ持たれつの関係を築いている。登場人物の中でも、トップクラスの実力の持ち主である。

Read Article

シルバ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シルバ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シルバ=ゾルディックとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターであり、暗殺一家ゾルディック家の当主。ゴンの友達キルアの父親。長身、長髪で筋肉質な見た目は周りのものを委縮させるほどの威圧感がある。過去には幻影旅団の団員と戦って暗殺したことがあり、暗殺者としては一流の腕を持つ。キメラアント編ではヂートゥを一撃で叩き潰している。

Read Article

ノブナガ=ハザマ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ノブナガ=ハザマ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ノブナガ=ハザマとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターである。クモと呼ばれる盗賊集団・幻影旅団の初期メンバーで、旅団内では特攻の役割を担っている。戦闘に長けており殺人に一切の躊躇がない冷酷さを持つ。その反面、自らが気に入った人物に対しては情に厚く、尋問中の主人公・ゴンがノブナガを腕相撲で打ち負かした際には、旅団への入団を誘った。また常に刀を持ち歩き、素早い抜刀で標的を殺害できる。一族を滅ぼされたクラピカと旅団で激しい争いを繰り返している。

Read Article

パクノダ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

パクノダ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

パクノダとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。クモと呼ばれる盗賊集団・幻影旅団の初期メンバーで、主に尋問と調査の役割を担っている。旅団を尾行していた主人公ゴンと元暗殺者キルアを捕らえた際は、旅団に一族を滅ぼされたクラピカの情報を聞き出そうとした。仲間意識が強く団長クロロとクモの掟に絶大な信頼を寄せている反面、任務の為なら躊躇なく殺人を行う冷酷さを持つ。

Read Article

キルア=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

キルア=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

キルア=ゾルディックとは漫画『HUNTER×HUNTER』の主要人物の1人で、伝説の暗殺一家の三男。暗殺術の才能はゾルディック家史上随一と言われており、ゾルディック家当主の父シルバ、長男イルミから英才教育を受けていた。しかし敷かれたレールの上を歩く人生に嫌気がさし、ある日母と次男を刺して家出をする。そして暇つぶしに受けたハンター試験でゴンに出会うのであった。

Read Article

シズク=ムラサキ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シズク=ムラサキ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シズク=ムラサキとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。クモと呼ばれる盗賊集団・幻影旅団のメンバーで、旅団内では主に情報・処理の役割を担っている。殺人への躊躇を見せない冷酷さを持つ反面、天然でマイペースな性格であり、一度忘れた事は二度と思い出さない。また好奇心が豊かであり、主人公・ゴンが腕相撲でダイヤを報酬に条件競売を実施した際は、盗賊であるにも関わらずお金を払って参加した。旅団に一族を滅ぼされたクラピカと激しい争いを繰り返している。

Read Article

シュート=マクマホン(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シュート=マクマホン(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シュート=マクマホンとは『週刊少年ジャンプ』で連載されている『HUNTER×HUNTER』に登場する非常に慎重な性格のプロハンターで、特殊な蟻「キメラ=アント」の危機に対処すべく結成された討伐隊の1人。討伐隊への参加資格をかけてゴン=フリークスやキルア=ゾルディックと戦う。モラウ=マッカーナーシの弟子であり、ナックル=バインと共に行動している。討伐隊としてキメラ=アントと激闘を繰り広げる。

Read Article

ネフェルピトー(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ネフェルピトー(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ネフェルピトーとは、漫画『HUNTER×HUNER』に登場するキャラクターで、第一級隔離指定種に認定されている蟻「キメラ=アント」の王直属護衛の一人。一番最初に生まれた軍団長で、猫型の蟻。王に対する忠誠心は非常に強く、ありのままの王を受け入れ従っている。主人公・ゴンが、ハンターを目指すきっかけを作った、プロハンターのカイトを斬首して殺害。「戦いが楽しかった」という理由から、カイトの遺体を自身の能力で戦闘用の操り人形にするなど、残酷な一面をもっている。

Read Article

目次 - Contents