Identity V第五人格(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『Identity V第五人格』とは、2018年よりNetEase Gamesが開発・運営している非対称対戦ゲームである。4対1で鬼ごっこ形式のマルチプレイを行うゲームモードがメインとなっている。その他にも多様な対戦モードがあり、様々な楽しみ方をできることが魅力である。全世界のユーザー数は2億人を突破しており、日本でも様々な他作品とのコラボや舞台化が行われるなど人気を博している。

ゲーム内でアイテムを購入するための通貨のようなもの。課金することで、その額に応じたエコーを獲得することができる。

欠片(かけら)

ゲーム内で主に衣装を購入するために使用する通貨のようなもの。同じアイテムを重複して手に入れた時などに獲得できる。

『Identity V第五人格』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

世界的に有名なアーティスト・ASHLEY WOODとのコラボ

『Identity V第五人格』は、世界的に有名なアーティストであるASHLEY WOOD(アシュレイ・ウッド)とコラボしたことがある。ハンターのアンデッドは、このコラボで誕生したキャラクターである。他作品とのコラボで、キャラクターの衣装やアイテムの追加がされたことはあるが、キャラクターそのものが作成されたのはこのコラボのみとなっている。

サバイバーは全員人形の姿

ハンターはそれぞれリアリティのある姿をしているが、サバイバーは目がボタンになっていたり、髪の毛が毛糸のようだったりと全員人形のような見た目をしている。公式では特に理由は語られておらず、ファンの間ではゲーム内で行われる対戦は、あくまで探偵の脳内で行われている再現であることが理由なのではないかと言われている。

記念日にはキャラクターの重要情報を公開

キャラクターの記念日もしくは誕生日には、そのキャラクターに関する重要な手掛かりが得られる。記念日にはタスクが用意されており、それをクリアするとそのキャラクターの過去に関する記録や手紙などを獲得することができる。それにより、明かされていない過去やストーリーを考察することができるため、キャラクターを理解するには重要な手掛かりとなる。

0brenraku_6a24
0brenraku_6a24
@0brenraku_6a24

目次 - Contents