Identity V第五人格(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『Identity V第五人格』とは、2018年よりNetEase Gamesが開発・運営している非対称対戦ゲームである。4対1で鬼ごっこ形式のマルチプレイを行うゲームモードがメインとなっている。その他にも多様な対戦モードがあり、様々な楽しみ方をできることが魅力である。全世界のユーザー数は2億人を突破しており、日本でも様々な他作品とのコラボや舞台化が行われるなど人気を博している。

サバイバー3人とハンター1人で1組のチームとなり対戦するモード。サバイバーは何度ダウンしても復帰することができる役職である侍従2人と、脱落すると即敗北となる役職であるキング1人に分かれる。ハンターは味方の侍従とキングの回復が可能な役割であるナイトとなる。
基本的な勝利条件は相手のキングを脱落させることである。試合開始から10分が経過すると、勝利条件が追加される。

ブラックジャック

5人のプレイヤーで対戦するカードゲーム形式の対戦モード。1人のプレイヤーがサバイバーとハンター1人ずつを選択することができる。トランプゲームの一種であるブラックジャックと同じく、所持しているカードの数が21に近い人が勝利する。ターン制となっており、そのターンで1番点数の高い人がハンターとなり、他のサバイバーをダウンさせることで自分の所持しているカードを1枚押し付けることができる。その他にもアイテムを駆使することで、サバイバー同士でもカードの押し付けや交換を行うことができ、相手の点数を22点以上にすることで脱落させることができる。

マップ

軍需工場(ぐんじゅこうじょう)

大規模な火災が発生し、廃墟と化した軍需工場。夜な夜な奇妙な足音が聞こえてくると言われている。ハンターの復讐者・レオは、サバイバーの弁護士・ライリーに騙され、赤字を抱えたこの工場の工場長となっていた過去がある。

メインである軍需工場と小さな小屋が建っており、見晴らしの良いマップ。建物の外には、壁や板が密集しているエリアが数か所あり、サバイバーがハンターから逃げる際に牽制しやすい場所となっている。

赤の教会(あかのきょうかい)

全体的に重厚で安定しているロマネスク式の教会。屋根が赤いためこの名がつけられている。ここではかつて、未完了の結婚式が行われた。それ以降怪事件が起こるようになり、放棄される。

メインの教会と墓地を中心として展開されているマップ。壊すことでサバイバーにはダメージを、ハンターにはスタンを与えることができる独自にの壁のギミックがある。

聖心病院(せいしんびょういん)

沼地の付近にある廃墟と化した教会病院。クリスチャンであるエウリュディケ荘園の主が、自分の領地に建てたとされている。医者と患者の間で対立が起き、それ以降は人が来なくなり幽霊が出るという噂が出まわるようになった。誰もいないはずの院内には、毎夜灯りが灯ると言われている。

メインの病院が中心に建ち、周辺には女神像や沼地が存在するマップ。沼地にはサバイバーとハンター両陣営の動きを鈍化させる効果がある。

湖景村(こけいむら)

美しい湖に寄り添うように存在する廃村。かつては漁村として栄えており、風景も綺麗なことからそこそこ有名な村であった。しかしある時から住人が消え、生きている人の気配がない村となる。いつ住人が消えたのか、消えた原因が一切分からない村は不吉な村とされ、誰も訪れぬ廃村となった。

湖畔に止められた船や風車、小屋などが目立つマップ。大きなオブジェクトが多く、比較的広いマップとなっている。

月の河公園(つきのかわこうえん)

月の河と呼ばれる河を挟むように建設されたテーマパーク。以前は、様々なアトラクションやサーカスショーなどで人気を博していた。しかし一晩中開園状態にするビッグイベントを行った際に、狂ったサーカス関係者がチェーンソーで大量虐殺を行った。それにより付近の住人が話題に出すことも躊躇う禁忌の地となってしまった。

ジェットコースター、メリーゴーランド、サーカス団のテントなど、様々なアトラクションや建物が存在する遊園地のようなマップ。ジェットコースターやメリーゴーランドなどのアトラクションは乗ることができる。

レオの思い出(れおのおもいで)

火災事故が起きる前の軍需工場。工場長であったレオの名前からこの名が付けられたとされている。マップ登場時には「彼はこれが人生最後の雪だとは思ってもいなかった」と紹介され、マップ内も常に雪が降っているが、この雪の状況や軍需工場にまつわるエピソードとの関係などは不明である。

軍需工場と同じく、メインの工場と小屋が存在するマップだが、配置やマップの広さは変わっている。常に雪が降っている夜の風景のため、視界が悪く相手の姿を捉えづらいマップとなっている。

ホワイトサンド精神病院(ほわいとさんどせいしんびょういん)

0brenraku_6a24
0brenraku_6a24
@0brenraku_6a24

目次 - Contents