Identity V第五人格(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『Identity V第五人格』とは、2018年よりNetEase Gamesが開発・運営している非対称対戦ゲームである。4対1で鬼ごっこ形式のマルチプレイを行うゲームモードがメインとなっている。その他にも多様な対戦モードがあり、様々な楽しみ方をできることが魅力である。全世界のユーザー数は2億人を突破しており、日本でも様々な他作品とのコラボや舞台化が行われるなど人気を博している。

使用すると自分の幻影を作り出し、自身は一定時間透明になれるアイテム。ハンターが幻影を攻撃すると、数秒間ハンターの居場所を確認できる。マジシャンは2回、他のサバイバーは1回使用できる。

ガリバー旅行記(がりばーりょこうき)

使用すると体が小さくなり、身を隠しやすくなるアイテム。使用中は移動以外の操作ができなくなる。冒険家以外のサバイバーが使用する場合は使用に上限があり、使い切ると消失する。

信号銃(しんごうじゅう)

ハンターに向けて使用すると、一定時間スタンさせることができるアイテム。空軍が使用した場合、他のサバイバーよりもスタン時間が長くなる。

操縦器(そうじゅうき)

使用すると機械人形を生成し、遠隔操作することができるアイテム。機械人形がハンターに攻撃されると、操縦者の位置がハンターに通知される。使用に上限があり、使い切ると消失する。

ラグビーボール

使用中は高速で移動できるアイテム。オフェンスが使用する場合は、ハンターをスタンさせる能力を持つ。使用に上限があり、使い切ると消失する。

忘却の香(ぼうきゃくのこう)

使用すると自身の幻影のようなものが現れ、効果が続いている間に再びアイテム使用ボタンをタップすると、その幻影の位置に戻ることができる。幻影の位置に戻ると、その間に受けたダメージなどは反映されない。調香師は3回、他のサバイバーは2回使用できる。

懐中時計(かいちゅうどけい)

使用するとハンターに催眠術をかけるアイテム。催眠にかかっている間は、ハンターにはアイテムを使用したサバイバーの1秒前の姿が見えている。一等航海士は2回、他のサバイバーは1回使用できる。

協力狩りモード(共通)

煙幕瓶(えんまくびん)

使用すると周囲に煙幕を発生させ視界を遮るアイテム。

黒いヘドロ

サバイバーがハンターを向けて使用すると、命中したハンターの視界を悪くするアイテム。ハンターがサバイバーに使用すると、命中したサバイバーにダメージを与える。また、サバイバーの足元に泥が発生し、それを踏んだサバイバーは移動速度が低下する。

加速剤(かそくざい)

使用すると移動速度が上昇するアイテム。

協力狩りモード(サバイバー専用)

集中剤(しゅうちゅうざい)

使用すると解読速度が上昇するアイテム。

幸運剤(こううんざい)

0brenraku_6a24
0brenraku_6a24
@0brenraku_6a24

目次 - Contents