Identity V第五人格(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『Identity V第五人格』とは、2018年よりNetEase Gamesが開発・運営している非対称対戦ゲームである。4対1で鬼ごっこ形式のマルチプレイを行うゲームモードがメインとなっている。その他にも多様な対戦モードがあり、様々な楽しみ方をできることが魅力である。全世界のユーザー数は2億人を突破しており、日本でも様々な他作品とのコラボや舞台化が行われるなど人気を博している。

ロッカー

サバイバーが使用するギミック。中に入ることで身を隠すことができる。体が外に見えることはないが、サバイバーの息遣いは聞こえるため、近距離にハンターがいると音で気付かれてしまう。

地下室(ちかしつ)

マップ内に必ず1か所出現するギミック。建物の地下に存在し、中にはサバイバーを拘束する椅子が設置されている。出入口が1つしかないため、サバイバーが逃げにくくなっており、ハンターにとって有利な場所となっている。

脱出ゲート(だっしゅつげーと)

サバイバーが使用するギミック。暗号機の解読が終了すると、解錠することができるようになる。マップ内には、固定の場所に2か所存在している。サバイバーはこのゲートを解錠し、外に出ることでゲームクリアとなる。

ハッチ

サバイバーが使用するギミック。脱出ゲートと同じく、サバイバーが脱出するためのギミックである。2台の暗号機の解読が終了するとマップ内に出現する。サバイバーが残り1人になるとハッチが開き、中に入ることで脱出が可能となる。

電話機(でんわき)

協力狩り専用のギミック。サバイバーとハンターの両陣営が使用でき、任意のアイテムを購入することができる。

『Identity V第五人格』の登場人物・キャラクター

サバイバー

幸運児(こううんじ)

ゲームに参加した動機や名前などが公開されていない謎の人物。顔にはそばかすがあり、少年のような見た目をしている。

チュートリアルをクリアすると使用可能になるサバイバーの1人。「幸運の包み」というアイテムを所持しており、それを使用すると自分が選択した他のアイテムを高確率で入手することができる。近くにある道具箱を、障害物越しでも目視することが可能な能力を持っている。道具箱を開く速度が他のサバイバーよりも早くなっている。
補助型のサバイバーとなっており、相手や味方に合わせた道具を取得しサポート役として立ち回ることが可能なキャラクターである。しかし、選択したアイテムを確実に入手できるわけではないので、プレイヤー自身のスキルが重要なキャラクターとなっている。

医師(いし)/エミリー・ダイアー

個人診療所を開設していた産婦人科医師。本名はリディア・ジョーンズ。診療所は元々赤字経営だったが、当時は禁じられていた中絶手術を行うことで、黒字経営となる。しかし、その違法手術が警察に見つかり、手術中に逃亡したことで、患者を殺してしまった。彼女は逃亡するため、顔を整形し、エミリー・ダイアーという偽名を名乗り始めた。
荘園の主人から、自身の医療事故の隠蔽と資金援助を餌にゲームに招待され、荘園へ訪れることとなった。

チュートリアルをクリアすると使用可能になるサバイバーの1人。初めから鎮静剤を所持している。他のサバイバーが鎮静剤を使用する場合は、使用回数に制限があるが、エミリーが使用する場合は制限なく何度でも使用可能である。0.5ダメージずつの回復が可能で、他のサバイバーよりも治療の速度が速くなる能力を持っている。
補助型のサバイバーで、0.5ダメージを与えることが可能なハンターの攻撃にも対応できるため、回復役として有能である。

弁護士(べんごし)/フレディ・ライリー

「利益に繋がるチャンスを絶対に見逃さない」をモットーに活動していた弁護士。不良債権処理及び買収のプロを名乗り、ファイナンシャルアドバイザーとして自らをアピールする広告を出していた。ハンターの復讐者・レオとは友人関係にあったが、ライリーはレオの妻へ恋愛感情を抱いており、レオを邪魔な存在だと思っていた。その後レオを騙し、多額の負債を抱える軍需工場の工場長へと就任させる。その後、レオの妻と駆け落ちし、財産までも奪い逃走した。

チュートリアルをクリアすると使用可能となるサバイバーの1人。最初から地図を所持しており、地図を開くことで、未解読の暗号機、脱出ゲートの位置、他のサバイバーとハンターの位置を確認できる能力を持つ。
解読型のサバイバーで、解読が進むたびに解読速度が上昇し、最大20%速度が上昇した状態での解読が可能である。

泥棒(どろぼう)/クリーチャー・ピアソン

流浪生活をしていた人物。人々からの信頼を得るために事前活動家を装い、ホワイトサンド・ストリートに孤児院を開設した。孤児を引き取る活動をしながら、その資金は窃盗や詐欺で得たもので賄っていた。孤児院を教会に引き渡し精神病院へと改装した後は、新たな孤児院を建設するための資金集めを始めた。荘園のゲームには孤児院開設の資金のために参加したとされているが、不審な言動や行動が多く、怪しまれている。庭師のエマに恋心を抱いている。

チュートリアルをクリアすると使用可能になるサバイバーの1人。懐中電灯を所持しており、他のサバイバーより懐中電灯の使用時間が50%長くなっている。設置型ライトも3つ所持している。懐中電灯と設置型ライトはどちらもハンターをスタンさせる機能を持っているため、ハンターの妨害が得意なサバイバーとなっている。
牽制型のサバイバーで、ハンターへの妨害や追われる役目を引き受けることが最適なキャラクターとなっている。

0brenraku_6a24
0brenraku_6a24
@0brenraku_6a24

目次 - Contents