機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』とは、テレビアニメ『機動戦士ガンダム』の15話「ククルス・ドアンの島」をリメイクした映画作品。ガンダムシリーズの生みの親の1人である安彦良和が監督を務め、同作を見て育ったベテランスタッフが制作に携わっている。
連邦軍の兵士アムロ・レイは、強行偵察中に崖から落ち、敵軍の兵士のククルス・ドアンに救われる。ドアンは脱走兵らしく、島で戦災孤児たちと暮らしていたが、彼を追う者たちがそこに静かに忍び寄っていた。

『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』の概要

『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』(きどうせんしガンダム ククルス・ドアンのしま)とは、テレビアニメ『機動戦士ガンダム』の15話「ククルス・ドアンの島」をリメイクした映画作品。ガンダムシリーズの生みの親の1人である安彦良和が監督を務め、同作を見てアニメ業界で働くことを志すようになったベテランスタッフたちが制作に携わっている。
今でこそロボットアニメの金字塔として知られる『機動戦士ガンダム』だが、当初の製作環境は限界ギリギリで、中にはすさまじい作画崩壊で有名になってしまった回も存在する。「ククルス・ドアンの島」はまさにそんな“作画崩壊で有名になってしまった回”の代表例で、安彦良和は「いつかこの話を作り直したい」と常々考えていた。『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の連載を終えた時、すでに高齢だった安彦良和は“もしかしたら自分の最後の作品になるかもしれない”とまで考えながら「ククルス・ドアンの島」のリメイクのために動き出し、版権を持つサンライズやスタッフたちがこれに賛同することで企画がスタートした。

宇宙世紀79年。突如地球連邦に宣戦布告したジオン軍は、新兵器MS(モビルスーツ)の力によって戦争を優位に進めていた。これに対し地球連邦は、ジオン軍のMSを解析してガンダムを始めとする新型MSを次々に開発。軍備を整え、大規模な反転攻勢を画策する。
そんな中、連邦軍の兵士でガンダムのパイロットでもあるアムロ・レイは、強行偵察中にジオン軍のMSザクに襲われ崖から落ちてしまい、そのまま意識を失う。彼を助けたのは、そのザクのパイロットだったククルス・ドアンという男だった。ドアンは脱走兵らしく、島で戦災孤児たちと暮らしており、ガンダムを奪われて原隊に復帰する術もないアムロはしばし彼らと共に穏やかな日々を過ごす。そのドアンを追う者たちが島に忍び寄る一方、そこに隠されていた大きな秘密と陰謀が次第に明らかとなっていく。

『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』のあらすじ・ストーリー

一年戦争の始まりとV作戦

人類が新たな生活の場を求めて宇宙へと進出してから79年。宇宙空間に浮かぶ人口の居住地であるスペースコロニー群の1つサイド3は、突如として「ジオン公国」を名乗り、地球連邦政府に独立戦争を挑んだ。国力に勝る地球連邦だったが、ジオン軍の新兵器MSの高い性能の前に苦戦を強いられ、これに対抗するために自らもMSの開発に着手。「V作戦」と名付けられたこの計画は、試作ながら極めて高い性能を誇る「ガンダム」という機体の開発によってひとまずの成功を収める。
ガンダムから得たデータを元に次々とMSを開発し、軍備を整えて反転攻勢の準備を進める地球連邦軍。そうはさせじとガンダムの奪取もしくは破壊を目論むジオン軍。成り行きからそのガンダムのパイロットとなってしまった民間人の少年アムロ・レイは、多くの民間人を乗せたままジオン軍の追撃から逃れようと地球圏を飛び続ける宇宙戦艦ホワイトベースに乗り込み、自身が生きるため、仲間を守るために戦い続けていた。

宇宙から始まった彼らの旅は、ジオン軍屈指のエースパイロットである「赤い彗星」ことシャア・アズナブルの攻撃をかろうじて振り切り、地上へと舞台を移す。連邦軍主力部隊と合流し、多くの民間人がようやくホワイトベースから降ろされる一方、軍事機密の塊であるガンダムや同時開発されたMSに触れてしまったアムロたちは強制的に軍属とさせられ、少年兵としてさらなる戦場へと送り込まれていく。
以上が『機動戦士ガンダム』15話「ククルス・ドアンの島」が始まるまでの同作のストーリーであり、本作も“『機動戦士ガンダム』の15話までの物語がすでに終わっている”という前提で話が展開していく。

アレグランサ島への強行偵察

ドアンの乗るザク(右)と交戦するアムロのガンダム(左)。

地上に降りたホワイトベースに、「アレグランサ島の残置諜者(敵の占領地に留まり破壊工作などに従事する敵兵のこと)を排除せよ」との命令が下される。艦長のブライト・ノアは、この任務が連邦軍上層部の権力闘争と責任の押し付け合いから与えられたものであることを察するも、命令には素直に従いMSパイロットのカイ・シデン、輸送船パイロットのジョブ・ジョン、ハヤト・コバヤシ、さらにアムロにアレグランサ島の強行偵察を命じる。
かくして一行はアレグランサ島へと乗り込む。ガンダムに乗ったまま崖付近を単独で調べていたアムロは、ジオン軍のMSザクらしき機体に襲われる。巧みに間合いを潰して接近戦を挑んできたそのザクは、幾多の強敵との戦いを切り抜けてきたアムロをして驚嘆させるほどの技量を持っていた。

本気で戦わないとやられると身構えるアムロだったが、戦場となった崖はMS2機分の重量を十分に支えるほどの強度は無く、さらにガンダムのビーム兵器でダメージを受けたことで突如崩落。ガンダムごと数十メートルも落下したアムロは、コックピットの中で気を失ってしまう。
猛烈なスコールが迫っていたこともあり、予期せぬ強敵が島に潜んでいると判断したブライトは、連絡の取れなくなったアムロを除く強行偵察チームにいったん帰還するよう命じる。アムロを見捨てるのかといきり立つカイたちだったが、準備を整えてから改めて捜索チームを送るというブライトの言葉を信じ、ホワイトベースへと戻っていく。

ククルス・ドアンと戦災孤児たち

脱走兵のドアン(中央右の帽子の男)は、アレグランサ島で戦災孤児の子供たちと共に暮らしていた。

手も足も出なかったシャアとの戦い、ガンダムのことしか頭になかったその開発者である自身の父親、息子が兵士になったことを嘆く己の母親。悪夢にうなされながら目覚めたアムロが目にしたのは、自分を襲ったザクのパイロットであるらしいククルス・ドアンという男と、彼と共に暮らす20人もの戦災孤児たちだった。ドアンはジオンの正規兵ではなく脱走兵であるらしく、彼のザクがどことなく歪な姿をしているのも補修を繰り返したためだった。ドアンはアムロを殺す気どころか拘束する気もないようだったが、ガンダムは彼によってどこかに隠されてしまっていた。
戸惑いつつも、仲間たちの下に帰るためにもガンダムを取り返そうとするアムロ。ドアンはアムロにガンダムの隠し場所を教えることこそなかったが、彼に水と食事を与えた上で島で自由に行動させ、その真意がどこにあるのかは判然としない。戦災孤児たちの中でも年長のカーラという少女によれば、ドアンはこの島で「大事な仕事」をしているのだという。

一方、地球連邦とジオンの戦争は新たな局面を迎えていた。ジオン軍地球攻略部隊総司令を務めるマ・クベは、地球連邦軍の元帥であるゴップに堂々と通信を用いての会談を持ち掛け、「ジオン軍基地への攻撃をやめないと、地球の複数の大都市が消滅する」と脅しをかける。ゴップは老獪な話術でマ・クベの要求を跳ね除け、この会談は物別れに終わる。
同じ頃、アフリカ北部戦線ではジオン軍のサザンクルス隊が猛威を振るっていた。ドアンはこの隊の隊長だったが、戦争の中で犠牲になる民間人たちを見る内に兵士であり続けることに疑問を抱き、仲間を捨てて脱走。現在のサザンルクス隊の面々は、自分たちを裏切ったドアンに激しい憎悪と強い殺意を抱いていた。そのサザンクルス隊に「アレグランサ島での極秘任務」が与えられることとなり、そこにジオン軍の脱走兵が潜伏して追手を次々に返り討ちにしていることを知った彼らは、「状況や実力からすれば、その脱走兵とはドアンなのではないか」と考え始める。

アムロ捜索チームとサザンクルス隊

地球連邦軍のお偉方の事情により、ホワイトベースは別の戦線に向かうよう命じられる。アムロの捜索もまだ終わっていないことからブライトはこれに反発し、表面上は唯々諾々と従うように見せかけつつ、カイたちが独断で行動を起こすように促す。これは成功し、カイやハヤトは軍法会議も覚悟でMSと輸送船を持ち出し、仲間たちと共にアムロを捜索するために再びアレグランサ島へと向かう。
そのアレグランサ島では、ドアンが毎日のように島の内部空洞に隠されたジオン軍の大型潜水艦に向かい、そこでなんらかの作業をしていた。ポンプの故障や発電機の不調を修理したことで戦災孤児たちとも次第に打ち解けていったアムロは、ついにその内部空洞にガンダムが隠されていることを突き止めるも、同時にドアンがただの脱走兵ではなく目的があってこの島に留まっていることを知る。

ドアンに真意を問い質すアムロ。それには答えず、アムロがジオン軍から死神のように恐れられるガンダムのパイロットであることは承知していると言葉を返すドアン。生身で顔を合わせて以来、初めて互いを“敵軍の兵士”として相対する2人だったが、そこにカイたち捜索チームとサザンクルス隊がほぼ同時に島へと上陸。そのどちらも自分が相手をすると気を吐くドアンだったが、相手の数が多すぎると見てアムロが協力を申し出る。彼が無事と分かればカイたちとドアンが戦う必要は無くなるのだ。かつての自分の部下たちと戦う決意を固めていたドアンは、彼我の境遇を鑑みて「君に仲間と戦う覚悟はあるのか」とアムロに尋ね、彼の申し出を受け入れて内部空洞へと向かう。
かくして島で戦端が開かれ、サザンクルス隊がカイたち捜索チームに襲い掛かる。不意打ち気味に攻撃を仕掛けられたカイたちが機体を失ったところでドアンのザクが参戦し、サザンクルス隊の面々と激しい戦いを繰り広げる。

結末と別離と旅立ち

サザンクルス隊の高機動ザク(奥)と切り結ぶアムロのガンダム。

地上でドアンがかつての部下たちと死闘を繰り広げる中、アムロは内部空洞に乗り込んできたサザンクルス隊のザクを前に迂闊に動けない状態が続いていた。実はアレグランサ島にはジオン軍の秘密部隊が設置した弾道ミサイルがそのままになっており、サザンクルス隊はマ・クベの命令でこれをロンドンやニューヨークなどの地球上の大都市に撃ち込もうとしていたのだった。なんとかガンダムに乗り込んで内部空洞に侵入してきたサザンクルス隊を殲滅するアムロだったが、弾道ミサイルの発射シークエンスが始まってしまったことには気付かず、ドアンやカイたちを助けるために地上へと向かう。
その地上では、サザンクルス隊によってドアンのザクが追い詰められていた。武器を失い、岩を投擲してまで抗うドアンだったが、そんなものがMSに通用するはずもなくいよいよトドメを刺されそうになる。ここにアムロが駆け付け、ドアンに襲い掛かろうとしていたザクを撃破し、サザンクルス隊は全滅する。

直後、アレグランサ島に隠されていた弾道ミサイルがついに発射されてしまう。ほんの数十秒で大気圏まで上昇した弾道ミサイルは誰にも止めることができず、その目標とされた地球の6つの大都市は消滅を免れないかと思われた。しかしその時、大気圏を飛翔する弾道ミサイルが次々と爆発。ドアンがやっていた「大事な仕事」とは、大規模な破壊と殺戮を生み出すこのミサイルが万一発射されてしまった時、空中で爆発するよう仕掛けを施すことだったのだ。
こうして民間人への被害は未然に防がれ、アレグランサ島での戦いは幕を下ろす。戦争を忌み嫌い、弾道ミサイルを止めようとただ1人尽力していたドアンが兵士としての自分を捨て切れないのは、彼の側に“戦う力”が存在しているからではないのかと気付いたアムロは、戦闘で破損したドアンのザクをガンダムで持ち上げ、これを海に投じる。戦災孤児たちが驚く中、ドアンはアムロの気遣いに感謝し、これでようやく兵士としての自分を捨てることができると安堵する。

アムロとガンダムを回収した捜索チームがホワイトベースに帰還し、彼らは次なる戦場へと飛び去っていく。アレグランサ島の上空を通過していくその姿を見上げながら、ジオン軍の兵士でも脱走兵でもなくなったドアンは、なおも戦場に身を置く少年たちの無事を祈るのだった。

『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』の登場人物・キャラクター

地球連邦

アムロ・レイ

CV:古谷徹
地球連邦軍の少年兵。年齢は15歳。
民間人だったが、住んでいたコロニーがジオン軍に襲撃された際、友人たちを救うために父の開発したMSガンダムに乗り込んでしまい、「機密情報に触れた」という理由からむりやり軍属とさせられる。他に戦える者がいなかったこともあり、その後も自分と仲間たちを守るためにガンダムで戦い続け、人として戦士として成長していく。
後にガンダムシリーズ全体でも最強クラスのMSパイロットへと怪物的な成長を遂げていくが、本作の時間軸においてはその才能はまだ完全には開花しておらず、ガンダムの性能にやや頼った戦法が目立つ。アレグランサ島の強行偵察中、足場へのダメージを気にせずに立ち回ったせいで崖の崩落に巻き込まれて意識を失い、ドアンや戦災孤児たちとしばし共同生活を送ることとなる。

renote.net

ブライト・ノア

YAMAKUZIRA
YAMAKUZIRA
@YAMAKUZIRA

Related Articles関連記事

機動戦士ガンダム(ファースト・初代)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム(ファースト・初代)のネタバレ解説・考察まとめ

1979年から1980年にかけて日本サンライズによって制作・放送されたロボットアニメ。ファンが多く知名度が高い作品だが、放送当時は視聴率が振るわず打ち切りとなった。 ガンダムシリーズの1作目で「初代(ガンダム)」や「ファースト(ガンダム)」とも呼ばれる。 ガンダムに乗ったアムロやその仲間が各地を転戦しながら、宿敵シャアをはじめ様々な人々との出会いや別れ、戦いを経て成長していく物語である。

Read Article

機動戦士ガンダム(ファースト・初代)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

機動戦士ガンダム(ファースト・初代)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

機動戦士ガンダムは日本サンライズによって制作された矢立肇・富野喜幸(現:富野由悠季)原作のロボットアニメである。ガンダム以前のロボットアニメとは違い、重厚な人間関係や緻密なロボット設計で新たなロボットアニメとしてジャンルを築いた。ロボットアニメでありながら、戦争という環境に置かれた主人公アムロ・レイの成長を主軸に描かれているこの作品には数多くの名言が残されている。

Read Article

ガンダムシリーズの宇宙世紀年表まとめ

ガンダムシリーズの宇宙世紀年表まとめ

宇宙世紀とは『機動戦士ガンダム』から『G-SAVIOUR』までの作品間に存在する、架空の歴史である。 いわゆる戦記の体裁を採用しており、主に上記作品群の劇中で描かれた戦争をはじめとした、国家および組織間の闘争に年月を当てはめ、あたかも本当にガンダムワールドの歴史が続いているかのように楽しむ事を可能とした設定となっている。 反面、宇宙世紀のガンダムシリーズは年表に基づいた作劇を行うため、この設定を知らないと作品を理解する事が難しくなるという難点も抱えている。

Read Article

RX-78-2 ガンダム(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

RX-78-2 ガンダム(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

RX-78-2 ガンダムとは、アニメ『機動戦士ガンダム』に登場する人型機動兵器「モビルスーツ」の一機にして、同作の主役機である。 敵対するジオン公国軍のモビルスーツ開発に後れを取った、地球連邦軍によるモビルスーツ開発・配備計画「V作戦」の一貫として製造された試作機。あらゆるコストを度外視して設計・製造されたため非常に高性能であり、戦艦の主砲並の威力を持つビーム兵器「ビームライフル」を運用できる。 主たるパイロットはアムロ・レイ。

Read Article

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(オリジン)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(オリジン)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』とは、アニメ「機動戦士ガンダム」の作画監督を務めた安彦良和が原作アニメ設定やストーリーを再構築したコミカライズ(マンガ化)作品をアニメ化したもの。 アニメ化に際し、原作マンガの描いた79年の原作アニメの前日談の部分を再構築し、原作アニメにつながるストーリーとなっている。79年のアニメでは主人公アムロ・レイの好敵手であるシャア・アズナブルが本作の主人公として描かれている。

Read Article

シャア・アズナブル(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

シャア・アズナブル(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

シャア・アズナブルとは、「機動戦士ガンダムシリーズ」に登場するキャラクターである。 天才的なパイロットにしてシリーズの初代主人公「アムロ・レイ」のライバルであり、同時に謀略家としての一面を持つ。常に仮面で顔を隠しているが、アムロにとっての敵でもあるジオン公国、それを統べるザビ家への復讐を胸に秘める。そのため時にアムロたちを利用し、時に手柄として付け狙い、やがて壮絶な私闘を繰り広げていくこととなる。 そのミステリアスな雰囲気と華々しい活躍から、シリーズ全体でも屈指の人気キャラクターである。

Read Article

νガンダム(機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)の徹底解説・考察まとめ

νガンダム(機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)の徹底解説・考察まとめ

νガンダムとは、劇場用アニメ『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場する人型兵器「モビルスーツ」の一機で、同作品の主役機を務める。 地球連邦政府に対して反乱を起こした「シャア・アズナブル」と決着をつけるために、その宿命のライバル「アムロ・レイ」が設計から関わり完成させた。搭乗する人間の意志に反応する、モビルスーツ用構造部材であるサイコフレームを搭載し、それによって精神波操縦兵装フィン・ファンネルを使用する事が可能になっている。

Read Article

アムロ・レイ(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

アムロ・レイ(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

アムロ・レイとは『機動戦士ガンダム』の主人公であり、作中ではRX-78-2 ガンダムのパイロットを務めた。人類革新の姿「ニュータイプ」であるとされ、非常に強い感受性を持っている。 作中最強のパイロットであるともされ、そのモビルスーツ操縦技術は非常に高い。 劇場版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』でも大人となったアムロが主役を務めた。 また、1979年より続くガンダムシリーズにおける最初の主人公でもあり、そのため「ガンダムといえばアムロ」というほどに高い知名度を誇っている。

Read Article

ククルス・ドアン(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

ククルス・ドアン(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

ククルス・ドアンとは、『機動戦士ガンダム』シリーズの登場人物で、作中における敵方であるジオン軍の脱走兵。2022年の映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』では、TV版と大きく設定が変わっている。 民間人にも犠牲が出るような凄惨な戦場に嫌気が差し、軍を脱走。戦災孤児の子供たちと共に無人島に隠れ住む。ひょんなことからそこに主人公アムロ・レイが訪れ、自分が守る子供たちとそう変わらない年代ながら兵士である彼に驚きつつも交流。やがて島にやってきた追手を相手に、獅子奮迅の活躍を見せた。

Read Article

ガンダムシリーズの歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

ガンダムシリーズの歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

ガンダムシリーズの主題歌・挿入歌を「宇宙世紀」、「アナザーガンダム」、「外伝作品」の3種に分けて一挙に紹介する。同シリーズは日本のアニメ文化を代表する作品の1つであり、その人気も知名度も非常に高い。それだけに作品の顔とも呼べるOPやEDの曲を任されるアーティストは実力派ぞろいで、時に華々しく時に切なく物語を盛り上げてきた。

Read Article

機動戦士ガンダム 水星の魔女(G Witch)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム 水星の魔女(G Witch)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダム 水星の魔女』とは、サンライズによるアニメ作品で、ロボットアニメの金字塔である『ガンダムシリーズ』の作品群の1つ。同シリーズでは7年ぶりのテレビ用作品で、放送前からファンの注目を集めていた。 人類が宇宙に進出し、太陽系に広く勢力を拡大したA.S.122年。アスティカシア高等専門学園に、辺境の地・水星からスレッタ・マーキュリーという少女が編入してくる。やがて彼女を含むパイロット候補生たちは、巨大企業の陰謀に飲み込まれるも、それに懸命に抗っていく。

Read Article

機動戦士ガンダム サンダーボルト(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム サンダーボルト(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダムサンダーボルト』とは、原案を矢立肇と冨野由悠季、作画を太田垣康男によるガンダムシリーズの漫画作品またはそれを原作とするOVA(オリジナルビデオアニメーション)作品である。 本作は大元の原作であるアニメ『機動戦士ガンダム』とほぼ同じ時代から数か月たった期間を描いた作品である。 地球連邦軍所属のイオ・フレミングとジオン公国軍所属のダリル・ローレンツのダブル主人公で構成され、二人の宿命的な出会いと運命的な殺しあう様を描いている。

Read Article

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダムUC(機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096)は福井晴敏による小説、およびそれを原作としたアニメ作品。 2007年より小説版が連載され、2010年よりOVA劇場上映および発売、2016年にはTVアニメ版が放送された。 機動戦士ガンダムから続く宇宙世紀を舞台に、ラプラスの箱と呼ばれる重要機密を巡る戦いを描く。

Read Article

機動戦士Ζガンダム(ゼータ)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士Ζガンダム(ゼータ)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士Ζガンダム』とは、1985年から1986年にかけて日本サンライズによって制作・放送されたロボットアニメ。全50話で略称は「Ζ(ゼータ)」。 一年戦争終結から7年、地球連邦軍は増長したエリート組織ティターンズと反地球連邦組織エゥーゴが内紛状態に陥っていた。学生だったカミーユ・ビダンはその抗争に巻き込まれる中で、様々な出会いや別れ、戦いを経験し、新たなニュータイプとして覚醒していく。

Read Article

ガンダム Gのレコンギスタ(Gレコ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ガンダム Gのレコンギスタ(Gレコ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ガンダム Gのレコンギスタ』とは、「機動戦士ガンダム」シリーズの続編で、全26話のアニメシリーズ。 ∀(ターンエー)ガンダム以来、ガンダムのTVアニメシリーズとしては15年ぶりの富野由悠季監督作品である。また後年にはテレビシリーズを基に再編された劇場版も制作されている。 独特な演出とセリフ回しはファンから富野節とも呼ばれ、小気味良いテンポで展開されていくストーリーの中で、物語中の状況の変化と共に数々の名台詞が存在している。

Read Article

新機動戦記ガンダムW(ウイング)のネタバレ解説・考察まとめ

新機動戦記ガンダムW(ウイング)のネタバレ解説・考察まとめ

『新機動戦記ガンダムW』とは、サンライズ制作の『ガンダムシリーズ』のテレビアニメ。物語の主軸は戦争であるが、本作ではコロニーを支配するためにOZがめぐらす戦略やガンダムに乗るパイロットたちをめぐる人間性と様々な葛藤も描かれている。また日本、西洋、中東、アメリカ、中国をイメージした5機のガンダムが登場し、それぞれのガンダムパイロットの5人全員が主人公役扱いになっている。

Read Article

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(鉄オル)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(鉄オル)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』とは、第一期、第二期と25話ずつに分けて全50話が放送されたガンダムのテレビアニメシリーズ。 本編と同時に小説や漫画などで展開された公式外伝「月鋼(げっこう)」や、第一期と第二期の間の時期の金星を舞台にした物語という設定のスピンオフ作品で、アプリゲームとして発表された「ウルズハント」なども後年制作されている。 本編では主人公の三日月・オーガスとオルガ・イツカらの結成した「鉄華団」の壮絶な戦いが描かれている中で、数々の名セリフが物語を味わい深くしている。

Read Article

機動戦士ガンダム00(ダブルオー)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム00(ダブルオー)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダム00』とは、サンライズが製作した日本のオリジナルロボットアニメである。2度のテレビ放映の後に劇場版も公開されている。 宇宙へ進出し、地域格差が現代よりも厳しくなっている地球を舞台に武装組織「ソレスタル・ビーイング」が戦争根絶を目的として、世界へ宣戦布告する。世界は混乱しながらも一致団結して「ソレスタル・ビーイング」と戦いを繰り広げていく。

Read Article

機動戦士Ζガンダム(ゼータ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

機動戦士Ζガンダム(ゼータ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

機動戦士Ζガンダムは富野由悠季原作のTVアニメ。前作である機動戦士ガンダムから数年後が舞台となっており、登場人物やMS(モビルスーツ)は刷新され、前作の登場人物は年齢を重ねて再登場している。前作とは違い、エゥーゴ対ティターンズという地球連邦を母体とする2つの勢力抗争、そしてジオンの残党であるアクシズの三つ巴による同盟・裏切りなどの複雑な展開は様々な名言を残している。

Read Article

機動戦士ガンダム 第08MS小隊(08小隊)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム 第08MS小隊(08小隊)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』とは、1年戦争当時、東南アジアのジャングル地帯でジオン軍の開発する新兵器を巡る攻防と、それに関わる若き連邦士官とジオン軍女兵士との関係を描いた外伝作品。 ビデオ11作と完結編で構成されており、1996年から1999年にかけて発売された。陸戦が主体で、リアルな戦場を描いた作品であるとともに、戦時下の兵士の苦悩を描いている。ガンダムシリーズには珍しく、特別なガンダムが活躍する話ではない。

Read Article

ガンダム Gのレコンギスタ(Gレコ)のネタバレ解説・考察まとめ

ガンダム Gのレコンギスタ(Gレコ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ガンダム Gのレコンギスタ』とは富野由悠季氏による日本のアニメーション作品。 技術の頂点を極めた人々が戦争の末に人類を滅亡しかけた宇宙世紀の1000年以上後を舞台にしている。命からがら生き延びた人々は新しい時代を「リギルド・センチュリー(R・C)」と名付け、さらには同じ轍を踏まぬよう技術に制限をかけ再び繁栄を初めていた。 明るく純粋無垢な主人公ベルリ・ゼナム、少し世話の焼けるお嬢様アイーダ・スルガンの二人の成り行きで始まった世界の仕組みを知る旅の物語である。

Read Article

機動戦士ガンダムSEED FREEDOM(シード フリーダム)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダムSEED FREEDOM(シード フリーダム)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』(きどうせんしガンダムシード フリーダム)とは、TVアニメ『機動戦士ガンダムSEED』シリーズのその後を描いた、福田己津央監督による2024年公開のアニメ映画。キャッチコピーは「私の中にあなたはいます。 あなたの中に私はいますか?」 。 2度に渡って世界を絶滅戦争の危機から救ったキラ・ヤマトは、仲間たちと共に地球の小国に招かれ、策謀によって全滅の危機に陥る。この時恋人のラクス・クラインが誘拐されたことを知ったキラは、彼女を取り戻すべく再び戦場に赴く。

Read Article

機動戦士ガンダムUCのモビルスーツ・モビルアーマー・艦船・兵器まとめ

機動戦士ガンダムUCのモビルスーツ・モビルアーマー・艦船・兵器まとめ

機動戦士ガンダムUC(機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096)は福井晴敏による小説、およびそれを原作としたアニメ作品。 機動戦士ガンダムから続く宇宙世紀を舞台に、重要機密であるラプラスの箱を巡る戦いに巻き込まれた少年の葛藤と成長を描く。 緻密に練り込まれた物語もさることながら、戦闘シーンも見所の一つであり、それを彩る兵器であるモビルスーツ、モビルアーマーも幅広い層から人気を集めている。

Read Article

機動戦士ガンダムΖΖ(ダブルゼータ)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダムΖΖ(ダブルゼータ)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダムΖΖ』とはガンダムシリーズの3作目として1986年3月~1987年1月に放映された。スペース・コロニー「サイド1」でジャンク屋を営んでいた「ジュドー・アーシタ」は前作Z(ゼータ)ガンダムの主人公「カミーユ・ビダン」との邂逅によりニュータイプとして目覚めたことをきっかけにモビルスーツのパイロットとして戦火へと身を投じてゆく。

Read Article

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY(Mobile Suit Gundam 0083)とは、1991年から1992年にかけて、全13話が製作されたOVAシリーズである。アムロ・レイの活躍によって終結した、『機動戦士ガンダム』の戦いの三年後を描く。本作の星の屑作戦によって地球にコロニーが落とされたことで、物語は『機動戦士Ζガンダム』へと続いていく。

Read Article

機動戦士ガンダムSEED DESTINY(種死・種デス・種運命)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダムSEED DESTINY(種死・種デス・種運命)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』とは、TBS系列で2004年10月9日から2005年10月1日まで放送された『ガンダムシリーズ』の1つに属するロボットアニメ。全50話+特別編。制作はサンライズ、毎日放送。『機動戦士ガンダムSEED』の続編であり、2年後の世界を描く。戦争で家族を失った主人公シン・アスカは、守りたいものを守れる力を欲し軍へ入隊した。しかし、シンの力への渇望と純真すぎる心が、彼自身を戦いの中心へと駆り立て、戦火はより広がって行くのだった。

Read Article

機動戦士ガンダム0083のモビルスーツ・モビルアーマー・艦船・兵器まとめ

機動戦士ガンダム0083のモビルスーツ・モビルアーマー・艦船・兵器まとめ

機動戦士ガンダム0083(Mobile Suit Gundam 0083)は、OVAとして発売されたアニメ作品である。1991年より全13話が発売、1992年にはOVAを編集した総集編が劇場公開された。地球連邦軍と、ジオン軍残党デラーズフリートとの戦いを描く。シリーズ作品である「機動戦士ガンダム」と「機動戦士Ζガンダム」の間をつなぐ物語として制作され、両者の空白の期間を埋めるものとなっている。

Read Article

機動新世紀ガンダムX(エックス)のネタバレ解説・考察まとめ

機動新世紀ガンダムX(エックス)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動新世紀ガンダムX』とは、1996年から1997年にかけてテレビ朝日系列にて放映されたアニメ作品。舞台は大きな戦後の世界で、バルチャーと呼ばれる組織が活動する中、厳しい環境を精一杯生き抜く主人公、ガロード・ランを中心に進んでいく。彼の行動が周囲の大人たちを動かし、次第に世界を巡る情勢をも変えていくことになる。

Read Article

機動戦士ガンダム 水星の魔女のモビルスーツ・モビルアーマー・艦船・兵器まとめ

機動戦士ガンダム 水星の魔女のモビルスーツ・モビルアーマー・艦船・兵器まとめ

『機動戦士ガンダム 水星の魔女』とは、サンライズによるアニメ作品で、ロボットアニメの金字塔である『ガンダムシリーズ』の作品群の1つ。人型機動兵器MS(モビルスーツ)のパイロットを目指す少女たちが、彼女たちを飲み込まんとする巨大企業や大組織の陰謀に抗っていく様を描いている。 『ガンダムシリーズ』はリアル路線のロボットアニメとして知られており、作中に登場するロボットはあくまでも“兵器”として扱われている。ここでは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』に登場するMSなどの兵器を紹介する。

Read Article

XVX-016 ガンダム・エアリアル(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

XVX-016 ガンダム・エアリアル(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

XVX-016 ガンダム・エアリアルとは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』に登場する人型機動兵器MS(モビルスーツ)の1機にして、同作の主役機である。 詳細な出自については謎が多いが、ヴァナディース機関が開発したガンダム・ルブリスを利用して作り出された機体だと思われる。大企業の独断で闇へと葬られたGUNDフォーマットというシステムを利用しており、自律兵装GUNDビットでの攻防一体の戦闘が特色。高性能のAIを搭載しており、メインパイロットのスレッタ・マーキュリーとは姉弟のような絆で結ばれている。

Read Article

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争(ポケ戦・ポケなか)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争(ポケ戦・ポケなか)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』とは、1979年から断続的に製作され続けているロボットアニメ『ガンダムシリーズ』の1作品で、「宇宙世紀」と呼ばれる架空の時代の出来事を描いたOVAである。 地球連邦軍の新型モビルスーツ・ガンダムNT-1の奪取または破壊任務を命じられたジオン軍の特殊部隊サイクロプス隊。リボーコロニーで暮らす少年アルは、偶然からサイクロプス隊の面々と交流し、その作戦に加担していく。やがて彼らの戦いはコロニーの命運をも巻き込み、アルに戦争の残酷さを突き付ける。

Read Article

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(第1部)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(第1部)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』とは、反地球連邦を掲げるテロリストのハサウェイ・ノア、地球連邦の軍人ケネス・スレッグ、謎の美少女ギギ・アンダルシアの運命が交錯し擦れ違っていく様を描いた、2021年公開のアニメ映画。『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』のストーリーに連なる続編的立ち位置であり、『機動戦士ガンダム』シリーズの生みの親、富野由悠季の小説を元に映像化。同シリーズ40周年記念作品として製作された3部作の第1作目で、美しい映像美と壮大な音楽、大迫力の戦闘シーンが魅力の映画作品である。

Read Article

機動戦士ガンダムAGE(エイジ)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダムAGE(エイジ)のネタバレ解説・考察まとめ

「機動戦士ガンダムAGE」とは2011年10月から2012年9月までMBS・TBS系列にて放送されたテレビアニメである。突如あらわれた謎の勢力との戦争の中で、主人公(フリット、アセム、キオ)が世代交代していくのが特徴だ。子供向けの絵柄とは裏腹に、敵との戦争の中で各々の異なった葛藤を描いているのも魅力の一つであり、子供から大人まで楽しめる作品となっている。

Read Article

ダリルバルデ(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

ダリルバルデ(水星の魔女)の徹底解説・考察まとめ

ダリルバルデとは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』に登場する人型機動兵器MS(モビルスーツ)の1機で、同作に登場するジェターク・ヘビー・マシーナリー社製の最新鋭機。 タイプとしては分厚い装甲を売りとする重MSで、それを意識させないだけの高い出力と機動力を持つ。両腕とシールドにドローンシステムを搭載しており、これを利用した立体的な戦闘を持ち味としている。最新型の意志拡張AIにより、完全なオートパイロットで戦闘を行うことも可能だが、反応が早過ぎて陽動に引っかかりやすいという弱点を持つ。

Read Article

目次 - Contents