RX-78-2 ガンダム(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

RX-78-2 ガンダムとは、アニメ『機動戦士ガンダム』に登場する人型機動兵器「モビルスーツ」の一機にして、同作の主役機である。
敵対するジオン公国軍のモビルスーツ開発に後れを取った、地球連邦軍によるモビルスーツ開発・配備計画「V作戦」の一貫として製造された試作機。あらゆるコストを度外視して設計・製造されたため非常に高性能であり、戦艦の主砲並の威力を持つビーム兵器「ビームライフル」を運用できる。
主たるパイロットはアムロ・レイ。

RX-78-2 ガンダムの概要

宇宙世紀0079年1月3日、地球から最も離れた宇宙コロニー群「サイド3」を支配する国家「ジオン公国」は「地球連邦政府」に突如として宣戦を布告した。
ジオン公国軍(以下「ジオン軍」という)は、地球連邦軍(以下「連邦軍」という)に比べれば国力で大きく劣りながらも、レーダーを無効化する「ミノフスキー粒子」散布下の環境でも、光学センサーによる目視での戦闘を行える新兵器「モビルスーツ」を主軸に、破竹の勢いで進撃。

これに対し、レーダー無効環境下でのモビルスーツの威力を甘く見ていた連邦軍は、戦艦や戦闘機といった旧来の兵器のみで構成される軍事力でジオン軍を迎撃。その結果は連邦軍有利の形で圧倒的な物量差があったにも関わらず、連邦軍惨敗に終わる。

事態を重く見た連邦軍は、モビルスーツ開発・配備計画「RX計画」を経て、それを作戦として本格化させた「V作戦」を発動。
本機はその一環にて開発・製造された試作型モビルスーツである。
なお、機体名にある「RX-78-2」は型式番号であり、これはRX-78の2号機という意味を表している。『機動戦士ガンダム』作中では1号機から3号機までの存在が設定されていた。

宇宙・地上・水中と活動する場所を選ばず、さらに単機での大気圏突入能力も備えている。
120mmマシンガン程度ならば弾いてしまう装甲、ジオン軍初期のモビルスーツ「ザクII」を圧倒する運動・機動性に加えて、宇宙世紀史上で初めてモビルスーツ単機でビーム兵器を扱えるようになった事による高火力を併せ持つ。

機体上半身と下半身で分離可能。
また、コントロールシステム兼脱出装置に小型戦闘機を用いる「コア・ブロック・システム」を採用しており、機体腹部に戦闘機「コア・ファイター」を格納して「コア・ブロック(コクピット)」とする。戦闘機がそのままコクピットになるという構造のため、被撃墜時のパイロット生還率が高い。
さらに、この分離機能とコア・ブロック・システムの流用によって、ガンダム用サポート重戦闘機「Gファイター」と合体運用も可能であり、本機の元々高い汎用性と火力をさらに高める事も可能となっている。

ソフトウェア面では、学習型コンピュータ(いわゆるAI)を搭載しており、機体の使用状況を自己学習して自ら動作を最適化する機能を持つ。この学習型コンピュータが得たデータは、後に連邦軍の主力量産型モビルスーツとなる「GM(ジム)」開発に活かされる事となった。

『機動戦士ガンダム』作中では、ニュータイプパイロットの「アムロ・レイ(以下アムロという)」によって操縦され、その天才的な操縦技術と相まって、ただの一機で戦略兵器並の戦果を挙げ続けたが、最終決戦時は「シャア・アズナブル」駆るモビルスーツ「ジオング」と相打ちになった。

型式番号の変遷

本機の「RX-78-2」という型式番号は、かつて『機動戦士ガンダム』放映時、単純に「RX-78」であった。
これは劇中にRX-78-2 ガンダム以外のガンダムが登場しないからだったが『MSV』で、RX-78系の別機体となるプロトタイプガンダム、G-3ガンダムなどが設定されたのを皮切りに、時代を経るごとに、次々RX-78系のモビルスーツが登場。

これによって本機を明確に他の機体と区別する必要が生じ、結果としてプロトタイプガンダムに続くRX-78の2番機、すなわち型式番号「RX-78-2」であるという設定が定まった。
これは例えば『ウルトラマン』に登場するヒーローが、後に「初代ウルトラマン」や「マン兄さん」と呼ばれる事になったのと同義であり、すなわちレトロニムである。

もちろん、初代ウルトラマンの例に従って本機を「初代ガンダム」あるいは「ファーストガンダム」とした区別の方法も存在するが、これはどちらかというと『機動戦士ガンダム』の作品名を指して使われる名称であり、登場モビルスーツとしての本機は「RX-78-2 ガンダム」とするのが一般的となっている(絶対というわけではなく、ファンそれぞれで作品名なのか機体名なのか認識が異なるので、その点は留意しておく必要がある)。

これらの事情のため「RX-78-2」という型式番号の設定が定まる前の時代の資料やプラモデル、また作品などで、型式番号「RX-78」とした場合は、本機を指している場合が多い。

RX-78-2 ガンダムの機体スペック

・形式番号 : RX-78-2
・全高 : 18.0m
・本体重量 : 43.4t
・全備重量 : 60.0t
・動力源 : 熱核融合炉
・装甲 :ルナ・チタニウム合金

RX-78-2 ガンダムの機体バリエーション

RX-78-1 プロトタイプガンダム

中央。

ガンダムの1号機。
RX-78シリーズはすべて試作モビルスーツだが、本機以降の同型機仕様策定を目的に設計・製造されており、その意味で「プロトタイプ」と呼ばれる。
塗装と細かいディテール以外、ほぼRX-78-2 ガンダムと同じ形状を持つ。

本機は作中に登場せず、模型企画『MSV』によって設定された、いわゆる後付設定のバリエーション。
カラーリングは、ガンダム以前の巨大ロボットを代表する『マジンガーZ』のそれと非常に似通っており、踏襲したのだろう、という説が『機動戦士ガンダム』ファンの間では通説となっている。

なお『MSV』とは「モビルスーツ・バリエーション」の略称である。
具体的には『機動戦士ガンダム』に登場するモビルスーツの「兵器」や「製品」という側面をより現実的に捉え「兵器・製品ならもっと試作機が多いだろうし、仕向地ごとに異なる仕様の機体、現地改修機などがあるはずだ」として大量のモビルスーツを後付け設定し、それを基に展開する模型(主にプラモデル)商品企画の名称。

後付け設定は、蛇足になってしまう事もある諸刃の剣だが『MSV』では良い方向に作用した。というのも『機動戦士ガンダム』の放映後は、そのプラモデルブーム(ガンプラブーム)が起きており、それを大きく後押しする効果があったのだ。
これにより『MSV』は正式にガンダムシリーズの設定として採用されるに至り、後年の『機動戦士Ζガンダム』以降のガンダムシリーズに『MSV』の設定が反映されるなどしている。

RX-78-2 ガンダム

本記事で紹介しているモビルスーツ。こちらがガンダムの2号機にあたる。
RX-78シリーズは総じて高性能だが、それでも本機はアムロ・レイがパイロットとして成長した後の、超人的な操縦入力に機体が追従できなくなってしまい、これを克服するため関節の可動摩擦面に磁気コートを施す「マグネットコーティング」というカスタマイズによって、機体反応向上が行われた。

なお『機動戦士ガンダム』の作中に登場したものは、あくまでこの一機であり、他のバリエーション機体は全て後付け設定である。
その後付け設定のひとつとして「本機は型式番号も含めてプロトタイプガンダムと完全な同型機だったが、得られた実験データを基に、より実戦に向く形に調整された結果「RX-78-2」の型式番号に改められた」というものがある。

また『機動戦士ガンダム』放映当時は単純に「RX-78」という型式番号だったのだが、後に、この枝番がない「RX-78」は本機とは別の機体という後付け設定が生まれてしまっている。

Gアーマー

ガンダム用サポート重戦闘機「Gファイター」と、RX-78-2 ガンダムを合体させた姿。
航空機となるためモビルスーツとしての戦闘は行えなくなるが、二機の機体出力を同時利用できるため、対モビルスーツ戦でも優位に立てる飛行速度と、ビームライフルよりもさらに高出力を誇るビームキャノンを運用できる。
弱点は合体しても向きだしのままのRX-78-2 ガンダムの腹部だが、その両腕にガンダムシールドを取り付ける事で解消した。

Gブル

RX-78-2 ガンダムの上半身と、コア・ファイターおよびGファイターの一部(GパーツA)を合体させて運用する重戦車。
高火力・高機動力・高耐久力と3拍子揃っているが、機体重量がかさんだために、地形によっては運用不可能。
また、RX-78-2 ガンダムを運用する「ホワイトベース隊」には、本機と運用方法のかぶる戦車型モビスルーツ「ガンタンク」も配備されていたため、いまいち活躍の機会に恵まれなかった。

Gスカイ

RX-78-2 ガンダムの下半身と、コア・ファイターおよびGファイターの一部(GパーツB)を合体させて運用する高速戦闘機。
モビルスーツに対抗可能な戦闘機として運用できる。
主にGアーマーでは速度が足らず、長時間飛行できないRX-78-2 ガンダム単体では作戦遂行が困難になる状況に向く。

tw-8805151098
tw-8805151098
@tw-8805151098

Related Articles関連記事

シャア・アズナブル(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

シャア・アズナブル(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

シャア・アズナブルとは、「機動戦士ガンダムシリーズ」に登場するキャラクターである。 天才的なパイロットにしてシリーズの初代主人公「アムロ・レイ」のライバルであり、同時に謀略家としての一面を持つ。常に仮面で顔を隠しているが、アムロにとっての敵でもあるジオン公国、それを統べるザビ家への復讐を胸に秘める。そのため時にアムロたちを利用し、時に手柄として付け狙い、やがて壮絶な私闘を繰り広げていくこととなる。 そのミステリアスな雰囲気と華々しい活躍から、シリーズ全体でも屈指の人気キャラクターである。

Read Article

νガンダム(機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)の徹底解説・考察まとめ

νガンダム(機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)の徹底解説・考察まとめ

νガンダムとは、劇場用アニメ『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場する人型兵器「モビルスーツ」の一機で、同作品の主役機を務める。 地球連邦政府に対して反乱を起こした「シャア・アズナブル」と決着をつけるために、その宿命のライバル「アムロ・レイ」が設計から関わり完成させた。搭乗する人間の意志に反応する、モビルスーツ用構造部材であるサイコフレームを搭載し、それによって精神波操縦兵装フィン・ファンネルを使用する事が可能になっている。

Read Article

アムロ・レイ(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

アムロ・レイ(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

アムロ・レイとは『機動戦士ガンダム』の主人公であり、作中ではRX-78-2 ガンダムのパイロットを務めた。人類革新の姿「ニュータイプ」であるとされ、非常に強い感受性を持っている。 作中最強のパイロットであるともされ、そのモビルスーツ操縦技術は非常に高い。 劇場版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』でも大人となったアムロが主役を務めた。 また、1979年より続くガンダムシリーズにおける最初の主人公でもあり、そのため「ガンダムといえばアムロ」というほどに高い知名度を誇っている。

Read Article

ガンダムシリーズの宇宙世紀年表まとめ

ガンダムシリーズの宇宙世紀年表まとめ

宇宙世紀とは『機動戦士ガンダム』から『G-SAVIOUR』までの作品間に存在する、架空の歴史である。 いわゆる戦記の体裁を採用しており、主に上記作品群の劇中で描かれた戦争をはじめとした、国家および組織間の闘争に年月を当てはめ、あたかも本当にガンダムワールドの歴史が続いているかのように楽しむ事を可能とした設定となっている。 反面、宇宙世紀のガンダムシリーズは年表に基づいた作劇を行うため、この設定を知らないと作品を理解する事が難しくなるという難点も抱えている。

Read Article

機動戦士ガンダム(ファースト・初代)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム(ファースト・初代)のネタバレ解説・考察まとめ

1979年から1980年にかけて日本サンライズによって制作・放送されたロボットアニメ。ファンが多く知名度が高い作品だが、放送当時は視聴率が振るわず打ち切りとなった。 ガンダムシリーズの1作目で「初代(ガンダム)」や「ファースト(ガンダム)」とも呼ばれる。 ガンダムに乗ったアムロやその仲間が各地を転戦しながら、宿敵シャアをはじめ様々な人々との出会いや別れ、戦いを経て成長していく物語である。

Read Article

機動戦士ガンダム(ファースト・初代)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

機動戦士ガンダム(ファースト・初代)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

機動戦士ガンダムは日本サンライズによって制作された矢立肇・富野喜幸(現:富野由悠季)原作のロボットアニメである。ガンダム以前のロボットアニメとは違い、重厚な人間関係や緻密なロボット設計で新たなロボットアニメとしてジャンルを築いた。ロボットアニメでありながら、戦争という環境に置かれた主人公アムロ・レイの成長を主軸に描かれているこの作品には数多くの名言が残されている。

Read Article

機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』とは、テレビアニメ『機動戦士ガンダム』の15話「ククルス・ドアンの島」をリメイクした映画作品。ガンダムシリーズの生みの親の1人である安彦良和が監督を務め、同作を見て育ったベテランスタッフが制作に携わっている。 連邦軍の兵士アムロ・レイは、強行偵察中に崖から落ち、敵軍の兵士のククルス・ドアンに救われる。ドアンは脱走兵らしく、島で戦災孤児たちと暮らしていたが、彼を追う者たちがそこに静かに忍び寄っていた。

Read Article

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(オリジン)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(オリジン)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』とは、アニメ「機動戦士ガンダム」の作画監督を務めた安彦良和が原作アニメ設定やストーリーを再構築したコミカライズ(マンガ化)作品をアニメ化したもの。 アニメ化に際し、原作マンガの描いた79年の原作アニメの前日談の部分を再構築し、原作アニメにつながるストーリーとなっている。79年のアニメでは主人公アムロ・レイの好敵手であるシャア・アズナブルが本作の主人公として描かれている。

Read Article

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(逆シャア・CCA)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(逆シャア・CCA)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』は富野由悠季による日本のアニメ映画。 宇宙世紀0093。新生ネオ・ジオン軍のアクシズ落とし計画を阻止しようと、全力をもって挑む連邦軍の特殊部隊「ロンド・ベル」。その中で、アムロ・レイとシャア・アズナブルという、『機動戦士ガンダム』シリーズきってのメインキャラクターが互いの信念をぶつけ合い、決着を迎えることとなる。

Read Article

機動戦士Ζガンダム(ゼータ)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士Ζガンダム(ゼータ)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士Ζガンダム』とは、1985年から1986年にかけて日本サンライズによって制作・放送されたロボットアニメ。全50話で略称は「Ζ(ゼータ)」。 一年戦争終結から7年、地球連邦軍は増長したエリート組織ティターンズと反地球連邦組織エゥーゴが内紛状態に陥っていた。学生だったカミーユ・ビダンはその抗争に巻き込まれる中で、様々な出会いや別れ、戦いを経験し、新たなニュータイプとして覚醒していく。

Read Article

機動戦士Ζガンダム(ゼータ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

機動戦士Ζガンダム(ゼータ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

機動戦士Ζガンダムは富野由悠季原作のTVアニメ。前作である機動戦士ガンダムから数年後が舞台となっており、登場人物やMS(モビルスーツ)は刷新され、前作の登場人物は年齢を重ねて再登場している。前作とは違い、エゥーゴ対ティターンズという地球連邦を母体とする2つの勢力抗争、そしてジオンの残党であるアクシズの三つ巴による同盟・裏切りなどの複雑な展開は様々な名言を残している。

Read Article

ハサウェイ・ノア(機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ)の徹底解説・考察まとめ

ハサウェイ・ノア(機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ)の徹底解説・考察まとめ

ハサウェイ・ノアとはアニメおよび小説『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』で主役を務めた、宇宙世紀ガンダムシリーズの登場キャラクターである。 初出は『機動戦士Ζガンダム』で、物心つく前の子どもとして描かれた後『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』で初恋の少女クェス・パラヤと悲劇的な別れを経験。 それが元となって、世直しの大義を掲げテロリストの道へ走り、最後には処刑されるという数奇な運命を辿った人物である。

Read Article

ククルス・ドアン(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

ククルス・ドアン(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

ククルス・ドアンとは、『機動戦士ガンダム』シリーズの登場人物で、作中における敵方であるジオン軍の脱走兵。2022年の映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』では、TV版と大きく設定が変わっている。 民間人にも犠牲が出るような凄惨な戦場に嫌気が差し、軍を脱走。戦災孤児の子供たちと共に無人島に隠れ住む。ひょんなことからそこに主人公アムロ・レイが訪れ、自分が守る子供たちとそう変わらない年代ながら兵士である彼に驚きつつも交流。やがて島にやってきた追手を相手に、獅子奮迅の活躍を見せた。

Read Article

Ζガンダム(モビルスーツ)の徹底解説・考察まとめ

Ζガンダム(モビルスーツ)の徹底解説・考察まとめ

Ζガンダム(ゼータガンダム)とは、アニメ『機動戦士Ζガンダム』の主役機であり、ウェイブライダー(戦闘機)形態への変形機能を有する可変型モビルスーツである。 機動力を特色としたバランスの良い機体で、同世代では最強クラスの性能を誇る。ただし操縦性は悪く、パイロットにも高い資質が求められる。 また、バイオセンサーというニュータイプ(宇宙進出で感知力を増大した人種)の精神波に反応し、それを力に変えるシステムが搭載されており、パイロット次第ではスペック以上の性能を発揮する。

Read Article

ガンダムMk-II(機動戦士Ζガンダム)の徹底解説・考察まとめ

ガンダムMk-II(機動戦士Ζガンダム)の徹底解説・考察まとめ

ガンダムMk-IIとは、アニメ『機動戦士Ζガンダム』および『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場する、人型兵器「モビルスーツ」の一機で『機動戦士Ζガンダム』の物語前半に主役機を務める。 モビルスーツの外装と骨格を、生き物のように分ける事を可能とした「ムーバブルフレーム」を採用し、革新的な運動性能を得た。地球連邦軍特殊部隊「ティターンズ」にて製造されたが、反地球連邦組織「エゥーゴ」によって全機が奪取されている。 主たるパイロットはカミーユ・ビダン、エマ・シーン、エル・ビアンノ。

Read Article

カミーユ・ビダン(機動戦士Ζガンダム)の徹底解説・考察まとめ

カミーユ・ビダン(機動戦士Ζガンダム)の徹底解説・考察まとめ

カミーユ・ビダンとは『機動戦士Ζガンダム』に登場するキャラクターで、ガンダムシリーズで最高のニュータイプ(宇宙進出で超感知力を得た人類)能力を持った少年。 先の戦争で地球連邦に敗北したジオン残党狩りを目的とした特殊部隊ティターンズに反感を持ち、その配備モビルスーツ「ガンダムMk-II」を奪い、反連邦組織エゥーゴに参加し軍属となる。 後に「Ζガンダム」に乗り換え戦局を渡り歩くも、最終決戦で宿敵パプテマス・シロッコを倒すため精神をオーバーロードさせ、廃人になってしまった。

Read Article

ガンダムシリーズの歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

ガンダムシリーズの歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

ガンダムシリーズの主題歌・挿入歌を「宇宙世紀」、「アナザーガンダム」、「外伝作品」の3種に分けて一挙に紹介する。同シリーズは日本のアニメ文化を代表する作品の1つであり、その人気も知名度も非常に高い。それだけに作品の顔とも呼べるOPやEDの曲を任されるアーティストは実力派ぞろいで、時に華々しく時に切なく物語を盛り上げてきた。

Read Article

アニメ「ガンダム」シリーズにおける顔パロディ

アニメ「ガンダム」シリーズにおける顔パロディ

アニメ「ガンダム」シリーズでは、過度な感情表現から、普段はまともなキャラクターたちの顔がとんでもないことになるシーンが多々あります。あの味方からあの敵キャラだけでなく、油断しているところで思わず変顔になっている場面など、見ているだけでとにかく笑えます。今回はそんないろんな「パロディ顔」を集めてみました。

Read Article

当たらなければどうということはない!シャア・アズナブル少佐の名言・名セリフまとめ

当たらなければどうということはない!シャア・アズナブル少佐の名言・名セリフまとめ

シャア・アズナブルとは、『機動戦士ガンダム』シリーズの記念すべき初代作品に登場した、主人公アムロの永遠のライバルだ。アムロの敵であるジオン公国に復讐を誓いつつもアムロと敵対し、壮絶な決闘を繰り広げるシャアには、クールな名言が数多く存在する。ここではシャアの名言・名セリフをまとめた。

Read Article

《クイズ形式》あなたは読める!?ロボット作品の独特な読み方

《クイズ形式》あなたは読める!?ロボット作品の独特な読み方

「機動戦士ガンダム」を主に、日本では様々なロボットアニメや漫画が人気を博していますよね。しかし、そんな中で度々出てくるのが、その独特な読み方の数々。それはもはや、《読めない=知らない=にわかファン》と言われても言い返せないほどです。今回はそんな独特な読み方をする作品からワードを集めて、クイズ&面白くまとめてみました。

Read Article

世界での評価も高い日本のCM カップヌードル編

世界での評価も高い日本のCM カップヌードル編

1971年に販売が開始された、日清のカップヌードル。世界80カ国以上累計販売数300億食を超える日本を代表するロングラン&メガヒット商品です。 そんなカップヌードルですが、なんとCMは世界的な賞や使用曲が人気を博すなど話題に事欠かないのであります。 今回は、そんなカップヌードルのCMをその時代と共に紹介していきたいと思います。

Read Article

量産型百式改プラモデル化記念!ガンダムシリーズの金色のモビルスーツ特集

量産型百式改プラモデル化記念!ガンダムシリーズの金色のモビルスーツ特集

プレミアムバンダイ限定で初のプラモデル化となった量産型百式改!往年のガンダムファンには嬉しい知らせとなりました。そんな量産型百式改のプラモデル化を記念して、今回はガンダムシリーズに登場した金色のモビルスーツをプラモデルと併せてご紹介したいと思います。 高級感のある金色のモビルスーツ。是非その手でお確かめ下さい。

Read Article

重装甲&重武装は漢のロマン!1/144サイズで手に入るフルアーマーガンダム7選!(前編)

重装甲&重武装は漢のロマン!1/144サイズで手に入るフルアーマーガンダム7選!(前編)

重厚な装甲と圧倒的な火力で敵を殲滅するガンダム!実に憧れるシチュエーションです。今回はそんな重装甲&重武装のいわゆる“フルアーマー系”のガンプラを7つ選んでご紹介します!ガンプラにはいくつかシリーズがありますが、初心者でも比較的製作しやすい1/144のHGシリーズから筆者の好みで厳選!漢のロマン、感じてみませんか?

Read Article

①《vol.1〜15》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

①《vol.1〜15》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

雨上がり決死隊のトーク番組、略して「アメトーーク」ですが、毎回面白いですよね。近年ではperfumeさんやハーフ芸人会、プレゼン大会などもあり、その面白さは無限大です。そんな中、今回は「アメトーーク」の中で取り上げられたアニメ・漫画に関する回、DVDのvol.1からvol.15巻までを、まとめてみました。

Read Article

重装甲&重武装は漢のロマン!1/144サイズで手に入るフルアーマーガンダム7選!(後編)

重装甲&重武装は漢のロマン!1/144サイズで手に入るフルアーマーガンダム7選!(後編)

漢のロマン!フルアーマーガンダム!前編では4つのガンプラをご紹介しましたが、まだまだ注目の商品がありますので続けて後編でもご紹介したいと思います。後編に登場するのは比較的近年の作品で活躍した3つのフルアーマーガンダム!アナタの思い入れがある機体はあるでしょうか?

Read Article

「機動戦士ガンダム」と「スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望」の共通点・相違点まとめ

「機動戦士ガンダム」と「スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望」の共通点・相違点まとめ

1979年、『機動戦士ガンダム』のテレビ放映がスタートしました。その前年、『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』(公開当初のタイトルは『スター・ウォーズ』)が日本で公開されています。ほぼ同時期に制作されたこの2つの作品にどのような共通点や相違点があるのか、ガンダム制作スタッフの発言内容をもとにまとめました。これを読めば、さらに作品を楽しめるかもしれません。

Read Article

機動戦士ガンダムの秀逸な「bokete」を紹介!全然燃え上がらない抱腹絶倒のネタが大集合!

機動戦士ガンダムの秀逸な「bokete」を紹介!全然燃え上がらない抱腹絶倒のネタが大集合!

『機動戦士ガンダム』のワンシーンを切り取って作られた、秀逸な「bokete」をまとめて紹介する。名作として知られる『ガンダム』は、インパクトのあるシーンが多く、それらに実際のものとは異なる解釈の言葉をつけるだけでクスッと笑えるものとなる。笑い過ぎに気を付けて読んでほしい。

Read Article

目次 - Contents