ジョージ・グルーマン(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ジョージ・グルーマンは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、物語の中心人物であるアーニャ・フォージャーのクラスメイト。
グルーマン製薬の社長の息子として何不自由なく育つも、会社の経営がデズモンドグループに移譲されることを知り、「自分の今の生活が失われる」と絶望。デズモンドの一族を恨み、スパイを雇って嫌がらせしようとする。最終的には和解し、クラスメイトに激励されながら学校を去るも、父から「自分の生活に何も影響はない」と聞かされ驚愕。その後は級友からイジリ倒される日々を送る。

ジョージ・グルーマンのプロフィール・人物像

年齢:6歳
所属:イーデン校
クラス:1年3組
お小遣い:3か月分で本職のスパイを雇える程度の金額

ジョージ・グルーマンは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、東人民共和国屈指の名門イーデン校の1年生。物語の中心人物であるアーニャ・フォージャーのクラスメイトである。
父はグルーマン製薬の社長で、潤沢なお小遣いを与えられるなど幼い頃から何不自由なく育ってきた。しかしそのグルーマン製薬の経営は火の車で、ジョージがイーデン校に入学してしばらくした頃、ついに限界を迎えてしまう。

深刻そうな口調で会社の経営をデズモンドグループに移譲する件について部下と語らう父の様子を見てしまい、「自分の今までの生活が、デズモンドグループによって失われる」と恐慌。しかし子どもの自分に何ができるわけでもなく、その焦燥と絶望を“デズモンドの一族への復讐”という方向に向ける。
スパイを雇って嫌がらせするなど大人顔負けにして子どもっぽい工作の末、もっとも身近なデズモンドの人間である同級生のダミアン・デズモンドからその境遇を同情され、彼と和解。クラスメイトたちから激励されつつ学校を後にした。

しかしその後「デズモンドグループの恩情により、経営陣は入れ替わり社名も変わるが、父親を含めた社員のほとんどはほぼ同じ待遇で会社に残り、今まで通りの生活が送れる」ことが判明。散々「もう学校に通えない」と盛り上げてしまったため、クラスメイトたちから白い目で見られることとなり、イジメとは言わないまでもイジリ倒される日々を送っている。
本人的にも「今さらどんな顔でみんなと接すればいいのか」と針のムシロの状態だったが、やがてそれにも慣れたのか、現在はやや距離を取られつつ普通に過ごしている。アーニャが見栄を張って嘘をついていた際は、「ほどほどにしないと自分のようなぼっちになる」と悟り切ったアドバイスを送っている。

イーデン校バスジャック事件

社会科見学に向かう途中、ジョージたちの乗り込んだバスはビリー(1コマ目)に乗っ取られてしまう。

イーデン校の1年生が、博物館に社会科見学に出掛けることになる。恐竜の骨がみられると男子生徒たちが盛り上がる中、ジョージは「以前あげたマカロンの代わりに」とダミアンからお菓子をもらおうとしていた。過去のやらかしからいくらかの時を経て、なんだかんだクラスに溶け込んでいたことがうかがえる。
しかし彼らの乗るバスは、極左組織「赤いサーカス」の幹部ビリー・スクワイアに目をつけられており、運転手もジョージたちが乗り込んだ時点で彼の手下と入れ替わっていた。首尾よくバスジャックを果たしたビリーは、人質となった生徒たちに銃を突き付けて自分に従うよう脅すのだった。

その後アーニャやベッキー、ダミアンたちの奮闘と警察の努力により事件は解決し、ビリーを含む赤いサーカスの面々は逮捕。自身はクラスメイトたちと共に無事に解放される。

ジョージ・グルーマンの来歴・活躍

グルーマン家に生まれる

東人民共和国の大企業グルーマン製薬の社長の息子として生まれ、数か月分で裏社会の人間を雇えるほどの潤沢なお小遣いを与えられるなど何不自由なく育つ。“大きな会社の社長”である父に対しては強い憧れを抱き、父の側もまたそれを誇りに思うなど、親子関係は非常に良好だった。
6歳になり、恐らくは父の力によって、東人民共和国屈指の名門イーデン校に入学する。

父の会社の危機

会社の経営状態について部下と話すジョージの父。ジョージはこれを聞いてしまい、「自分の今までの生活が失われる」と恐慌する。

イーデン校に入学して数か月ほど経ち、初めての中間テストに差し掛かった頃、父が会社の部下と「デズモンドグループに買収されてグルーマン製薬は消える、自分も社長ではなくなる」と深刻そうに話し込んでいるのを聞いてしまう。会社が無くなれば自分の今の生活も無くなる、イーデン校にも通えなくなると絶望した末に、「イーデン校に通うデズモンドの息子たちがテストで赤点を取れば、その騒ぎで買収の話も無くなるのではないか」と考える。
そこで貯め込んだ小遣いを使って、自称“東人民共和国最高のスパイ”こと東雲(しののめ)を雇い、クラスメイトでもあるダミアン・デズモンドと、その兄であるデミトリス・デズモンドのテストの答案の内容を赤点になるよう書き換えることを依頼する。

東雲はテストの答案を書き換えるところまでは実行するも、その際別のスパイが同じ場所に忍び込んでいたことには気付かず、余計な波風が起きることを嫌った彼がこっそり答案の内容を修復してしまう。これによりダミアンとデミトリスはそれぞれに学年1位の成績を取り、イーデン校の優等生の証である星(ステラ)のエンブレムを獲得することとなった。

ダミアンとの和解

父の会社のために、スパイを使ってまで貶めようとしていたダミアンやクラスメイトたちから同情され、ジョージは彼らに感謝する。

プロのスパイを雇ってまで実行した工作がうまくいかなかったことに業を煮やし、最後の手段として父の会社とデズモンドグループが契約を結ぶ当日、ダミアンに近づいて彼に「タバコを吸っていた」という冤罪を被せようと画策。しかしジョージの様子がおかしかったことから彼を注視していたアーニャがダミアンを庇い、最後の計画にも失敗してしまう。どうしてこんなことをするのかとダミアンたちになじられ、デズモンドグループのせいでグルーマン家が破滅することを打ち明ける。
根が善良なダミアンはこれに驚き、「それは大人の都合で自分には関係ない」と言い返す。ジョージはそれを認めつつ、しかし実際に大人の都合で自分は学校を去ることになるだろうことを、下手をすれば東人民共和国にもいられなくなり亡命する羽目にもなるだろうことを口にして己の運命を嘆く。

話を聞いていた1年3組の面々の間に、自分たち子どもにはどうしようもない理由で裕福な暮らしを失うジョージへの同情的な雰囲気が広がり、せめて快く彼を送り出してやろうと誰からともなく盛り上がる。ダミアンも涙を浮かべて彼に自分のペンケースをプレゼントし、クラスメイトたちの心意気を受け取ったジョージも泣きながら自分の行いを反省。この後どんな運命を辿るにしても彼らのことを忘れない旨を誓う。
こうしてクラスメイトたちに見送られ、ジョージは自身もまた幼い友情に感涙しながらイーデン校を後にした。

衝撃の真実と羞恥の日々

全てが勘違いからの勇み足だったことが明らかとなり、ジョージはアーニャ(4コマ目)以外のクラスメイトから冷ややかな態度を取られるようになる。

しかしその後父から「デズモンドグループの恩情により、社名は変わり、経営陣は入れ替わるものの、社長ではなくなるが自分を始め多くの社員は待遇ほぼそのままで会社に残り、ジョージの生活にもなんら影響はない」という驚愕の事実を知らされる。父が心配していたのは「会社の名前が変わることと、自分が立場として社長ではなくなることを、“社長である父”を誇ってくれていたジョージにショックを与えずに伝えるにはどうすればいいか」ということで、全てはジョージの早とちりだったのである。
ジョージがデズモンド兄弟を貶めようとしていたこと、クラスメイトたちの前で涙の別れを済ませていたことなど露知らず、「これからもイーデン校に通え」と父から告げられ、愕然としながらもこれに従う。当然ダミアンらクラスメイトたちの反応はごく冷ややかなもので、「プレゼントしたものを返せ」、「最後だと思って奢ってやった分のお金も返せ」と顔も合わさずに告げられる。ジョージを楽しい思い出と共に送り出そうという輪の中に本心から参加していなかったアーニャだけは多少同情し、「元気出せ」とばかりにその肩を叩いている。

ジョージ自身も今さらどんな顔をしてクラスで過ごせばいいのか分からず、しばらくは針のムシロ状態が続く。しかし次第にそれにも慣れたのか、次第に多少距離を取られつつそれまで通りに過ごすようになった。なお、ダミアンからもらったペンケースは返していない。
唯一露骨に距離を取らずにいてくれたアーニャに対しては、その感謝もあるのか比較的親身に接しており、彼女がテストで悪い点を取った時は「すでにぼっちの自分よりマシ」と励まし、見栄を張ってクラスメイトたちに嘘をついた時は「ほどほどにしないと自分のようにぼっちになる」とアドバイスしている。

イーデン校バスジャック事件

楽しい社会科見学に向かうはずだったバスは、過激派組織にジャックされてしまう。

イーデン校の1年生が、博物館に社会科見学に出掛けることになる。恐竜の骨が見られると男子生徒たちが盛り上がる中、ぼっち生活に慣れてきたジョージも面の皮の厚さを発揮しつつ年相応にはしゃいでいた。
しかし彼らの乗るバスは、極左組織「赤いサーカス」の幹部ビリー・スクワイアに目をつけられており、運転手もユーインたちが乗り込んだ時点で彼の手下と入れ替わっていた。首尾よくバスジャックを果たしたビリーは、人質となった生徒たちに銃を突き付けて自分に従うよう脅すのだった。

アーニャたちの工作によりバスは警察に包囲されるも、犯人グループはなお諦めずに生徒たちを盾に立て籠り、仲間たちの解放を要求。水と食料を届けに来たヘンリーに励まされ、救助を待ち続ける。
その間にも事態は進行し、一行と同じタイミングでジャックされたバスが違う場所で解放されていた。これを知った警官隊が強行突入の準備をする一方、別働隊が制圧されたことを知った犯人一味は「いざとなれば自分たちごと爆弾で吹き飛ばしてやる」と息巻く。己の知らないところで一気に状況が動く中、超能力でこれらの情報をつかんだアーニャが「このままだとみんな死ぬ、自分がなんとかするしかない」とビリーに向かって進み出るのを唖然としながら見守る。

ジョージ・グルーマンの関連人物・キャラクター

YAMAKUZIRA
YAMAKUZIRA
@YAMAKUZIRA

Related Articles関連記事

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のネタバレ解説・考察まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のネタバレ解説・考察まとめ

『SPY×FAMILY(スパイファミリー)』は、遠藤達哉によるアクションコメディ漫画。『少年ジャンプ+』にて連載中。スパイアクションとホームドラマの融合によるコメディという異色作で、赤の他人だったスパイの男、殺し屋の女、超能力者の少女が「仮初の家族」を築き、偽装家族が互いに秘密を抱えながらも「家族としての普通の日常」を送るために日々のトラブルと奮闘するホームコメディ。物語はスパイの男が与えられた任務を成功させるための行動が主軸になっており、家族の平穏から世界平和まで守る姿が描かれている。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の武器まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の武器まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 社会の裏側で暗躍する人々を題材としているため、作中には暗器、刀剣、各種銃器、爆弾や手榴弾、さらには生物兵器に至るまで多種多様な武器が登場し、時にはそれ自体を巡っての激しい攻防が描かれる。物語を華々しく、あるいは陰惨に彩るそれらの武器について紹介する。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 コミカルなシーンが多い一方、その世界設定は「大国同士が緊張状態にある」という危ういもので、時にテロリズムなどの凄惨なシーンが登場する。それに屈さず、手を血に染めてでも平和のために戦うキャラクターたちの言葉は、普段との落差もあって読者の胸に鋭く突き刺さるものとなっている。

Read Article

NEW
SPY×FAMILY(スパイファミリー)の料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 裏社会の人々の暗闘だけでなく、主人公たちが各々の事情から作り上げた“家族”も物語のテーマとなっている。そのためごく日常的な食事シーンなどもたびたび描かれており、キャラクターの立ち位置や他者との関係、その変化を表すものとしても重要な意味を持たされている。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のスパイグッズ・道具・アイテムまとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のスパイグッズ・道具・アイテムまとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 裏家業の人々を題材としているため、盗聴器や暗号といったいかにもな品が数多く登場する。一方で「それぞれの理由で家族を演じなければならない」という事情から、ごく日常的なアイテムが重要な意味を持つことも少なくない。そんな『SPY×FAMILY』に登場する道具の数々を紹介する。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のイーデン校まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のイーデン校まとめ

イーデン校とは、遠藤達哉の漫画『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)に登場する、東人民共和国屈指の名門校。物語の中心人物の1人であるアーニャ・フォージャーが入学し、以後多くの時間を過ごすこととなる場所である。 男女共学で、授業は13年制となっており、生徒のほとんどは名家や有力者の子女である。未来の国士を育てるため、愛国教育にも力を入れている。入学には厳しい試験を突破する必要があり、劣等生を強制的に途中退学させる仕組みも存在するなど、名門に相応の峻厳な教育システムで知られている。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の元ネタ・モデルまとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の元ネタ・モデルまとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 作中には「戦争直前の緊張状態にある東西の大国」、「国境を超えて暗躍する諜報組織」、「優等生に様々な特権が与えられる名門校」などが存在しており、ファンの間ではそれらのモデルについても様々に語られている。ここでは、そんな『SPY×FAMILY』の元ネタとされるものを紹介する。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の変装まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の変装まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 国家間や組織間で暗躍する人々をメインに扱っているため、作中には様々な変装シーンが存在する。それらは変装した相手の知り合いすら見抜けないほど精巧なものから、ただのコスプレ同然のもの、仮装にもなっていないものなど、種類も質も多種多様。作品を彩る変装の数々を紹介していく。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のコラボ商品・グッズまとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のコラボ商品・グッズまとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 2019年に連載が開始されるや読者から高い評価を受け、2022年にアニメ化されてからはさらに注目される作品となった。その人気にあやかる形で様々な企業とのコラボレーションが展開されており、連載初期からのファンや新規の客層を楽しませている。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の殺し屋・ヒットマン・暗殺者まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の殺し屋・ヒットマン・暗殺者まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 物語の中心人物の1人であるヨル・フォージャーを始めにして、作中には殺し屋やヒットマン、暗殺者など殺しを生業とする裏社会の人間が数多く登場する。平和な社会の裏側で暗躍する彼らの存在は、その熾烈な戦いが作品の大きな魅力となると同時に、世界観に深みをもたらすものともなっている。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のWISE・ワイズまとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のWISE・ワイズまとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 WISEは作中に登場する組織で、中心人物の1人であるロイド・フォージャーが所属する西国の諜報機関。東人民共和国の要人ドノバン・デズモンドを警戒し、これをより近くで監視するためにオペレーション<梟>を発動。疑似家族を作って東人民共和国に潜伏するロイドを様々にサポートする。

Read Article

劇場版 SPY×FAMILY CODE: White(スパイファミリー)のネタバレ解説・考察まとめ

劇場版 SPY×FAMILY CODE: White(スパイファミリー)のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版 SPY×FAMILY CODE: White』(スパイファミリー コードホワイト)とは、遠藤達哉による漫画『SPY×FAMILY』の劇場版アニメ作品。監督は片桐崇が務め、原作者である遠藤自身が監修に携わった。 それぞれの目的から家族となり、互いの正体を知らぬまま暮らすフォージャー家。娘で超能力者のアーニャが調理実習を控えていると知った父にしてスパイのロイドは、これも任務遂行のためと家庭旅行を提案。一方、母で暗殺者のヨルは、仮初の夫婦でしかない自身とロイドの関係に不安を覚えていた。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のミッション・任務まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のミッション・任務まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 登場人物の多くがいわゆる「裏社会」に属する人々であるため、彼らが本来の仕事を行う際はミッションもしくは任務という形で命じられている。時にそのミッション自体が物語の重要なエピソードとして登場し、主人公たちの華々しい活躍や成長が描かれる舞台ともなっている。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の組織まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の組織まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 作中には数多くのスパイや殺し屋、盗賊、テロリストと、彼らが所属する組織が登場する。個々に目的も人員も異なる組織が活動し衝突する様を描くことで、世界観に立体的な構造を持ち込む仕組みともなっている。ここでは、そんな『SPY×FAMILY』に登場する組織について紹介する。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の地下テニス大会キャンベルドンまとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の地下テニス大会キャンベルドンまとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 地下テニス大会「キャンベルドン」は単行本6巻で描かれた中編シリーズで、新たな大戦の火種にもなりうるとされるザカリス文書を巡り、物語中心人物の1人である黄昏が仲間と共にスパイ活動ではなくテニスに挑戦する様を描いている。作品においても特にコメディ色の強いエピソードである。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のガーデンまとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のガーデンまとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 ガーデンとは作中に登場する組織で、中心人物の1人であるヨル・フォージャーが所属する東人民共和国の暗殺組織。所属する暗殺者は単身で一個中隊に匹敵する猛者ばかりで、東人民共和国に仇なす悪党や売国奴が主な標的。その存在は世間には秘されているが、知る者ぞ知る都市伝説と化している。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のバーリント市役所まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のバーリント市役所まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 バーリントは物語の舞台である東人民共和国の首都であり、その市役所には物語の中心人物の1人であるヨル・フォージャーが勤務している。ヨルは殺し屋という裏の顔を持ち、偽装のためにこの職場を利用しているに過ぎないが、私生活上での交流などで一般の公務員たちとも積極的に交流している。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のフォージャー家まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のフォージャー家まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 時にコミカルに、時にハードに描かれる主人公たち「フォージャー家」の日常は、無関係の3人が少しずつ家族らしい絆で結ばれていく微笑ましいものであり、一方で“いずれ彼らの関係は破綻する”という虚無感を内包したものとなっている。物語の中心となるフォージャー家の面々を紹介する。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のスパイまとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のスパイまとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 物語の中心人物であるロイド・フォージャーはスパイであり、作中には彼の同僚や商売敵という形で何人ものスパイが登場する。戦争直前の緊張状態にある西国と東人民共和国の間で、時に戦争回避のために暗躍し、時に個人的な依頼を受けて激しくぶつかり合うスパイたちを紹介する。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の星・ステラまとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の星・ステラまとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 「星」(ステラ)とは、作中に登場するイーデン校で、学校の生徒の規範となる行いをした者に授けられる勲章。星を8つ獲得した生徒は「皇帝の学徒」という称号を与えられ、国の重鎮が集まる懇親会への参加が可能となる。主人公の1人であるアーニャ・フォージャーは、星の獲得を目指している。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の雷・トニトまとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の雷・トニトまとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 「雷」(トニト)とは、作中に登場するイーデン校で、成績劣等な生徒や校則違反者に与えられる罰点。これが8つ累積した生徒はイーデン校を強制的に退学となってしまう。暴力事件はもちろん、忘れ物など軽微な違反でも与えられることがあり、生徒たちにとっては恐怖の的となっている。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、遠藤達哉による漫画。スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が、それぞれの事情や目的から互いの正体を知らないまま仮初の家族として生活する様をコメディチックに描いている。 作品の大きなテーマの1つに「家族」があり、契約上のものから長年連れ添った熟練夫婦まで、夫婦や恋人といった関係にあるキャラクターが多数登場する。ここでは、『SPY×FAMILY』に登場する恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人をまとめて紹介する。

Read Article

ウォルソン/バボル(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ウォルソン/バボル(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ウォルソン・バボルペアとは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、地下テニス大会「キャンベルドン」に参加した元プロテニス選手の2人組。 10年前にグランドスラムを達成した実力者ペア。引退後も研鑽を重ね、さらなる強敵との戦いを求めて地下テニス界に身を投じ、東人民共和国の闇テニスクラブへとやってきた。 対戦相手となった黄昏と夜帳のスパイペアを弱者と断じ、「これから始まるのは試合ではなく一方的な蹂躙」だと豪語するも、彼らに一蹴されて呆気なく敗退した。

Read Article

ヨル・フォージャー/いばら姫(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ヨル・フォージャー/いばら姫(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ヨル・フォージャー(旧姓:ブライア)とは『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、バーリント市役所に努める女性事務員。裏の顔は〈いばら姫〉というコードネームの暗殺者で、「店長」という人物から指令を受けて東国に害成す売国奴を暗殺する。非常に高い戦闘能力を持つが浮世離れした性格で、嘘をついたり人と話を合わせたりするのが苦手。利害の一致からロイド・フォージャーと偽装結婚することになり、アーニャの義母となった。自分の正体を隠しながら、慣れない子育てに奮闘していく。

Read Article

アーニャ・フォージャー(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

アーニャ・フォージャー(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

アーニャ・フォージャーとは『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、ロイド・フォージャーの養女。ある組織の実験によって生み出された超能力者で、人の心を読むことができる。ロイドの正体が西国の凄腕スパイ〈黄昏〉であると知った上で、好奇心から彼の養子となり任務の遂行のために名門イーデン校に入学する。天真爛漫な性格で、突飛な行動からロイドを度々振り回す。スパイの父と殺し屋の母がいるフォージャー家の日々を気に入っており、この偽装家族を維持するために奮闘する。

Read Article

メリンダ・デズモンド(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

メリンダ・デズモンド(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

メリンダ・デズモンドとは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、「東西両国間の新たな戦争を画策している」とされる作中の重要人物ドノバン・デズモンドの妻。 明るく活発で、思い立ったら即行動に出るタイプ。愛国婦人会というコミュニティに参加しており、会の友人たちとお茶やママさんバレーを楽しんでいる。デパートで転びそうになったところをヨル・フォージャーに助けられ、彼女を気に入って会に誘う。「息子のダミアンを殴った女の子」として、フォージャーの名には覚えがあるようである。

Read Article

ボンド・フォージャー(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ボンド・フォージャー(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ボンド・フォージャーとは遠藤達哉の漫画『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)に登場する大型犬でフォージャー家のペット。かつての東国旧政権下で行われた動物実験プロジェクト〈アップル〉によって未来予知能力を得た。政権崩壊によって実験が頓挫した後、排外主義の学生グループの手に渡り外相暗殺計画に利用されそうになっていたが、アーニャと出会いテログループのアジトを脱出。予知能力を活かしてアーニャと共にテロ計画を阻止した後、フォージャー家に引き取られ「ボンド」という名前を付けられた。

Read Article

ロイド・フォージャー/黄昏(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ロイド・フォージャー/黄昏(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ロイド・フォージャーとは遠藤達哉による漫画『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の主人公で凄腕のスパイ。コードネームは「黄昏」で本名は不明。東国の大物政治家ドノバン・デズモンズとの接触を目的とした任務・オペレーション〈梟〉(ストリクス)を遂行するため、精神科医ロイド・フォージャーを名乗り偽装家族を形成する。スパイとしての能力は超一流で、戦闘能力だけでなく変装技術、人心掌握術と様々な技能に長けている。スパイらしく常に冷静で合理的な性格だが、本質的には平和を愛する心優しい青年である。

Read Article

ベッキー・ブラックベル(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ベッキー・ブラックベル(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ベッキー・ブラックベルとは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、名門イーデン校に通う6歳の女の子。 「自分のために男子に立ち向かってくれた」という誤解をきっかけに、物語の中心人物の1人であるアーニャ・フォージャーと友人関係になる。そのアーニャの父であるロイドに入れ込み、いずれ自分が彼のお嫁さんになることを夢想するなど、年齢のわりには大人びた価値観の持ち主。父親は大手軍事企業ブラックベルのCEOで、時に反発し、時には素直に甘えるなど、良好な親子関係を築いている。

Read Article

シルヴィア・シャーウッド/鋼鉄の淑女(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

シルヴィア・シャーウッド/鋼鉄の淑女(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

シルヴィア・シャーウッド(コードネーム:鋼鉄の淑女)とは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、西国諜報機関WISEの管理官。物語の中心人物の1人ロイド・フォージャーの直属の上司である。 西国と東人民共和国の戦争を回避するため、両国間の緊張を緩和するための様々な任務に従事している。必要とあれば拷問紛いのことすら辞さない冷徹な人物だが、変装用に購入したコートを気に入るなど女性らしい一面も。過去に幼い娘を戦争で失い、その頃の娘と同年代の少女に対しては時に優しい一面を覗かせる。

Read Article

マシュー・マクマホン/部長(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

マシュー・マクマホン/部長(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

マシュー・マクマホンとは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、東人民共和国で古くから活動する暗殺者組織ガーデンに所属する殺し屋。物語の中心人物の1人であるヨル・フォージャーの殺し屋としての先達で、組織内では部長と呼ばれている。 普段は首都バーリントで公務員として働き、物腰穏やかな老紳士として通っている。ダーツからスナイパーライフルまでをも使いこなす熟達した殺し屋で、任務遂行のためなら拷問も障害の排除も辞さない。国賊を始末するガーデンの職務に誇りを持つ、職人肌の人物である。

Read Article

ダミアン・デズモンド(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ダミアン・デズモンド(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ダミアン・デズモンドとは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、作中の最重要人物ドノバン・デズモンドの次男。 名門イーデン校に通う6歳の少年で、常に2人の取り巻きを引き連れ、親の権力をかさに着て高慢に振る舞う。作品の中心人物の1人であるアーニャ・フォージャーのクラスメイトで、入学初日に悪口を言い続けたことで苛立った彼女に鉄拳制裁される。しかしそのアーニャが一転塩らしく謝罪したのを見て気にかけ始めたり、取り巻きと友人として対等に接したりと、中身は歳相応の“良い子”である。

Read Article

キース・ケプラー(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

キース・ケプラー(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

キース・ケプラーとは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、東人民共和国の学生テロリストグループのリーダー。 東人民共和国の思想と正義を妄信し、10年前まで戦争状態にあった西国を敵視し、再び戦端を開かせることを画策。同じ志を持つ仲間を集め、軍用犬に爆弾をくくりつけて西国の外務大臣ブランツを襲撃させる計画を進めていた。若く経験もないため計画自体には穴もあったが、それだけにセオリーから外れた行動も多く、一時は彼らを阻止しようとした敏腕スパイのロイド・フォージャーをも追い詰めた。

Read Article

マーサ(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

マーサ(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

マーサとは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、物語の中心人物の1人であるアーニャ・フォージャーの友人ベッキー・ブラックベルの従者。 立ち居振る舞いに隙の無い老婦人で、アーニャの父親でスパイでもあるロイドの見立てによると元軍人。常にベッキーに寄り添い、子どもの我がまま同然の彼女の指示にも従順に従う一方、時には了見の狭さを優しく諭すなど母か祖母のような目線で接している。ベッキーの新たな友人となってくれたアーニャにも感謝し、2人の幼い友情を温かく見守っている。

Read Article

フィオナ・フロスト/夜帳(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

フィオナ・フロスト/夜帳(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

フィオナ・フロスト(コードネーム:夜帳)は、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、西国諜報機関WISEに所属する女スパイ。 怜悧冷徹にして職務に忠実な人物で、スパイとして高い実力を持つ。しかし実は物語の中心人物の1人でスパイとしての先輩に当たるロイド・フォージャーに熱烈な恋心を抱いており、彼の関心を買うことを第1の目標としている。ロイドが任務のために疑似家族を作った際、自分以外の女性が彼の妻役を演じることに納得できず、その座を射止めたヨル・フォージャーに猛烈な敵愾心を抱く。

Read Article

ユーリ・ブライア(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ユーリ・ブライア(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ユーリ・ブライアとは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、作中の中心人物の1人であるヨル・フォージャーの実弟。 幼い頃から親代わりに育ててくれた姉のヨルを慕い、熱烈なシスコンへと成長する。それだけにそのヨルの夫であるロイドには非常に辛辣で、2人の結婚を祝福するどころかまったく認めていない。一方、普段は東人民共和国の国家保安局の一員として働いており、思想犯や西国への協力者を厳しく取り締まるという、フォージャー家の人々の前では見せない非情な一面を持つ。

Read Article

目次 - Contents