ダミアン・デズモンド(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ダミアン・デズモンドとは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、作中の最重要人物ドノバン・デズモンドの次男。
名門イーデン校に通う6歳の少年で、常に2人の取り巻きを引き連れ、親の権力をかさに着て高慢に振る舞う。作品の中心人物の1人であるアーニャ・フォージャーのクラスメイトで、入学初日に悪口を言い続けたことで苛立った彼女に鉄拳制裁される。しかしそのアーニャが一転塩らしく謝罪したのを見て気にかけ始めたり、取り巻きと友人として対等に接したりと、中身は歳相応の“良い子”である。

ダミアン・デズモンドのプロフィール・人物像

年齢:6歳
所属:イーデン校
クラス:1年3組
CV:藤原夏海

ダミアン・デズモンドとは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、作中の最重要人物ドノバン・デズモンドの次男。
作品の中心人物の1人であるアーニャ・フォージャーのクラスメイトであり、名門イーデン校に通う6歳の少年。

常にエミールとユーインというクラスメイトを取り巻きとして引き連れ、親の権力をかさに着て高慢に振る舞う。アーニャを「親が庶民」と見下し、入学初日にしつこく悪口を言い続けたことで、苛立った彼女に鉄拳制裁されている。しかしそのアーニャが一転塩らしく謝罪したのを見て異性として気にかけ始めたり、取り巻きの2人とは友人としてごく健全な関係を築いたりと、中身は歳相応の“良い子”である。
一方、家庭環境は複雑で、有力政治家として多忙を極める父ドノバンとの間には距離を感じており、イーデン校で優等生の名をほしいままにしている兄デミトリスに対しては劣等感を抱いている。父に振り向いてほしい一心で、幼いながらに無理を推して勉学に励んでおり、それをエミールたちや一部の教師たちから密かに心配されている。

ダミアン・デズモンドの来歴・活躍

デズモンド家の次男として生まれる

東人民共和国で強大な政治力を持つ国家統一党の総裁であるドノバン・デズモンドの次男として生まれる。
親の権力に守られて不自由のない生活を送るが、一方で政治家として多忙を極めるドノバンからの愛情を感じられない幼少期を送る。このことから「父に褒めてもらいたい」との思いを強く抱き、それが人生の第一目標となっていく。

先んじてイーデン校に入学した兄のデミトリスは成績優秀で、同校の最高クラスの優等生にのみ送られる「皇帝の学徒(インペリアル・スカラー)」の称号を受けていた。これは校内で行われる懇親会への保護者を伴った参加許可証ともなっており、そこで有力者同士の政治的な話も行われるため、ドノバンはこの懇親会にのみ定期的に通っていた。
これが「兄ばかり父に褒めてもらえて悔しい」、「兄のように皇帝の学徒になれば自分も褒めてもらえるはず」という想いにつながり、ひたすらに勉学に励むようになる。

イーデン校に入学した時にはエミールやユーインと息の合った姿を見せていたため、彼らと出会ったのも入学以前のことだと思われる。

イーデン校に入学

入学初日に出会ったアーニャ・フォージャー(1コマ目)。当初は見下していたが、奇妙な縁が続いていくこととなる。

試験を突破してイーデン校への入学を果たし、皇帝の学徒となるため、成績優秀者にのみ与えられる「星(ステラ)」というエンブレムの獲得を目指していく。
その高い目的意識と、東人民共和国屈指の権力者であるドノバンの息子であるという思いが高じて、入学当時は周囲に高慢に振る舞っていた。特に親がただの精神科医と公務員というアーニャ・フォージャーのことは「庶民のガキ」と徹底的に見下し、侮辱的な言葉を投げかける。その結果、苛立ったアーニャに鉄拳制裁されるという憂き目に遭う。

当然これは問題となるも、「クラスメイトの女の子の足を踏んでいたから怒った」というアーニャの言い訳を信じた教師陣の配慮によりごく軽い処分で済まされることとなる。当のアーニャも塩らしく泣きながら「仲良くしたいです」と謝罪してきたため、表向きこれを許すも、出会った当日とのあまりの落差に驚き、彼女を異性として意識し始める。
実はアーニャはドノバンへの継続的接触と彼からの情報収集を目論む西国のスパイが送り込んだ存在で、彼女自身はそんな謀略とは無関係ではあるが一方で“他人の思考が読める超能力者”という秘密を持っていた。そんなことは露知らず、アーニャたちクラスメイトと時にみっともなくケンカし、時に様々な事態を前に協力しながら、歳相応の少年らしい学校生活を満喫する。

星の獲得を父に報告

拒絶される恐怖から父との面会を取りやめようとするダミアンの前にアーニャが立ちはだかり、「父親のことが好きなら信じろ」と諭す。

学校生活を楽しむ一方、エミールやユーイン、担任のヘンリー・ヘンダーソンたちから心配されるほどに勉強に励み、ついに中間試験で学年1位を獲得し星を得る。喜び勇んでこれをドノバンに直接報告しようとするも、デミトリスからは「父上は忙しいから時間を作ってもらえるかは分からない、期待するな」と釘を刺される。これにより、「皇帝の学徒への第1歩でもある星を獲得しても、父さんは自分には会ってくれないのか」と絶望的な思いを抱く。
その後開かれる懇親会の前にドノバンと会う約束を取り付けることはできたものの、「もし父さんが来てくれなかったら、今までの努力が全部無駄だったことになってしまう」との恐怖に駆られて逃げようとするも、これに気付いたアーニャに止められる。彼女から「父親に好かれてるのか分からなくて怖い気持ちは自分にも分かる、それでも父親のことが好きなら信じて会ってみるべき」との内容をかなりトンチンカンにまとめた説得を受け、悩んでいるのがバカらしくなり、勇気を出して父を待つことにする。

入れ替わる形で、「娘(アーニャ)の落とし物を探しに来た」という名目で西国スパイのロイド・フォージャーがその場に現れ、ほぼ同時にドノバンが到着。“息子のクラスメイトの父親”という形でドノバンへの接近を図るロイドから、アーニャを話題にして持ち上げられ、「人と人が完全に理解し合うことは不可能でも、歩み寄る努力が大切」との話を聞かされる。
ロイドは話術の一環として語ったに過ぎないのだが、この言葉と「父親が好きなら恐れるな」とのアーニャの説得を思い出し、ドノバンに星を取ったことを報告。自分の学業についてさらに伝え、「よくやった。デズモンド家の名に恥じぬよう引き続き励め」との言葉を受け取る。満面の笑顔でこれに応じ、エミールやユーインともども喜んだ。

イーデン校バスジャック事件

社会科見学に向かう途中、ダミアンたちの乗り込んだバスはビリー(1コマ目)に乗っ取られてしまう。

その後も父を始めとして家族との溝は埋められず、「認められたい」という気持ちをバネに奮起しつつも寂しさを持て余す。一方、アーニャは自分の父のためにもなんとかダミアンと仲良くなろうと彼の周りをウロチョロするが、超能力で心の中を読めてもその複雑な環境についてまでは思いの回らない彼女は空回りを繰り返す。
そんなある日、イーデン校の1年生は博物館に社会科見学に出掛けることになる。恐竜の骨がみられると男子生徒たちが盛り上がる中、ダミアンは何かと自分にちょっかいをかけてくるアーニャとそろそろ関係を整理しようかと、適当にお菓子を渡して“友達未満”程度の距離感を築こうと考えていた。

しかし彼らの乗るバスは、極左組織「赤いサーカス」の幹部ビリー・スクワイアに目をつけられており、運転手もダミアンたちが乗り込んだ時点で彼の手下と入れ替わっていた。首尾よくバスジャックを果たしたビリーは、人質となった生徒たちに銃を突き付けて自分に従うよう脅す。
そんな中、彼らの目的地がバーベル宮殿公園であることを超能力で突き止めたアーニャとベッキーが、バスジャックの事実とこの情報をなんとか外部に伝えようと画策。ダミアンは自らが囮となってビリーの気を引くことで2人をサポートし、彼女たちがメモを窓の外に投げ捨てる手助けをする。しかしビリーは「この女の子が何かした」ことを目敏く見抜き、アーニャに爆弾つきの首輪をつける。次に誰かが不審な行動を取れば容赦なくアーニャの首を吹き飛ばすと告げられて、ダミアンを含む生徒たちは自分の間近にまで“死”が迫っていることを思い知らされて青ざめるのだった。

しかしこの爆弾は偽物で、単に生徒たちをおとなしくさせるために持ち出したものだった。超能力でビリーの思考を読んだアーニャは安堵するも、彼女を案じたダミアンは「爆弾を自分に付け替えろ」と言い出す。ビリーはこれに従わず、ダミアンにも偽物の爆弾をくくりつける。恐怖に震えるダミアンをアーニャが慰める中、メモの情報を得た警察が到着。ジャックされたバスを包囲する。
ビリーたち犯人グループはなお抵抗し、人質代表としてダミアンの姿を見せつけた上で生徒たちを盾にバスに立て籠る。その後「子供たちと犯人に水と食料を届ける」役を買って出たヘンリーが、怪我人を解放するようビリーたちに要求し、代わりに自分が人質としてバスに残る。見知った大人が来てくれたことに安堵する中、仲間たちと共に救助を待ち続ける。

その間にも事態は進行し、一行と同じタイミングでジャックされたバスが違う場所で解放されていた。これを知った警官隊が強行突入の準備をする一方、別働隊が制圧されたことを知った犯人一味は「いざとなれば自分たちごと爆弾で吹き飛ばしてやる」と息巻く。己の知らないところで一気に状況が動く中、超能力でこれらの情報をつかんだアーニャが「このままだとみんな死ぬ、自分がなんとかするしかない」とビリーに向かって進み出るのを唖然としながら見守る。
アーニャなりに必死に知恵を絞った交渉はとんちんかんなものだったが、相手の思考を読んで咄嗟に紡いだその言葉は、期せずしてビリーが過去に失った娘の言葉と似通ったものになっていた。東国の政治を正すために戦い命を落とした娘が、自分のことを誇りに思いながら死んでいったことを思い出したビリーは、「娘と同じ志を持つ者を殺すことはできない」と闘志を失い、警察に投降。なお足掻く赤いサーカスのメンバーも制圧され、事件は無事に解決する。

その後人質にされた子供たちの親が次々に現場へと駆け付け、我が子の無事を涙ながらに喜ぶ。話を聞いて現場に駆け付けたメリンダに抱き締められ、安堵に泣き出してしまったダミアンは、「情けない姿を見せたことを父には黙っていてほしい」と彼女に伝える。しかしこの一言をきっかけにメリンダは態度を急変させ、事務的な言動に終始するようになる。メリンダはダミアンに対して、“母としての愛情”と"自分とデズモンドを結ぶ存在としての憎悪"を同時に抱えており、超能力によってその複雑怪奇な内心を知ったアーニャを呆然とさせた。
事件の際に見せた勇気と冷静さを評価されたアーニャ、ダミアン、ベッキー、ビルの4人は、学園から星を授与され、それぞれにこれを誇る。特にアーニャは同級生たちから尊敬の眼差しを向けられるが、これに浮かれて「強くなるために家で特訓している」とホラを吹き始める。これを見たダミアンは「いい気になるな」と釘を刺し、畳みかけるように悪口を言うが、アーニャが涙すると思わず「ごめん」と謝ってしまう。エミールやユーインが驚いているのに気付くと、「明らかな非であれば認めて謝る方が正しいのだ」と言い張るも、その顔は真っ赤なままだった。

アーニャとの茶会

どうやってお菓子を渡すかで空回りを続ける中、「どうしてもお菓子が食べたい」アーニャに抱き着かれ、ダミアンはさらに彼女を意識するようになってしまう。

バスジャック事件の際にアーニャから気遣われたことを「大きな借り」と認識したダミアンは、これを返そうとメリンダからの贈り物の高級お菓子を彼女にプレゼントしようと考える。しかし「誰かに渡すところを見られたら恥ずかしい、誤解されるかもしれない」とも考えたダミアンは、アーニャと2人きりになれる状況を作ろうとして空回りを繰り返す。超能力でダミアンの意図を見抜いて早くお菓子が欲しいアーニャ、そのダミアンを心配してこっそり尾行するエミールとユーイン、おもしろがってこれに続くベッキーらが事態を引っ掻き回すも、最終的にお菓子は「学校への持ち込み禁止の品である」とヘンリーに没収されてしまう。
しかしこれがダミアンからアーニャへの贈り物であることを察したヘンリーは、2人に「騒ぎを起こした罰」として反省文を書かせた上で茶会に誘う。ここでヘンリーは没収したお菓子をアーニャたちに出し、それとなく2人に和解を促す。これで貸し借り無しだと言い切るダミアンだったが、今回の騒動の中でアーニャに抱き着かれたことを思い出して赤面し、その感情の動きを超能力で感じ取ったアーニャも同調。ヘンリーに呆れた目で眺められつつ、結局ダミアンとアーニャはこれまで同様にケンカ友達のような間柄に落ち着くのだった。

イーデン校の期末テスト

イーデン校の期末テストの日が迫ってくる。これは後期のクラス分けの指標にもなるため、「ダミアンと仲良くなる」というプランBのためにもアーニャは気合を入れる。ダミアンは「アーニャの学業の成績はいつもダメダメだし、今回も悪い成績を取るだろう」と考え、自身の勉強に専念。そのかいあって歴史の科目で学年の首席となり、新たに星を獲得する。
一方、最近隣の部屋に引っ越してきた元大学教授のジークムント・オーセンに勉強を教えてもらったアーニャは、総合的な成績を急上昇させると共に古語の科目で学年2位の好成績を獲得。これにより新たに星を得ることとなり、ダミアンを驚かせる。

この時の星の授与式で、ダミアンは久々に兄のデミトリスと対面。6つの科目で首席となり、大量の星を一気に獲得したデミトリスを称えるが、彼もまた父のドノバンとそれほど親しくないことを知り、「父は自分だけを嫌っているわけではなく、単に忙しくて自分たちに構っている余裕が無いだけなのか」と考える。

ダミアン・デズモンドの関連人物・キャラクター

アーニャ・フォージャー

イーデン校1年3組の生徒で、ダミアンのクラスメイト。本作の中心人物の1人。
その正体は、かつてとある組織で「被検体007」として研究対象にされていた超能力者。他人の思考を読み取る力を持つ。

西国と東人民共和国の戦争を防ぐため、両国間の不要な摩擦を避けたいと考えた西国諜報機関WISE(ワイズ)は、黄昏(たそがれ)のコードネームを持つ敏腕スパイに東人民共和国の要人ドノバン・デズモンドへの継続的接触と彼からの情報収集を命じる。そのドノバンが息子を通わせているイーデン校の懇親会にのみ定期的に参加していることを知った黄昏は、ロイド・フォージャーという東人民共和国での仮初の立場を作り、孤児院から適当にもらってきた子を「自分の子」だということにしてイーデン校に入学させることを目論む。
以上の事情から黄昏ことロイドに引き取られ、彼の娘という立場でイーデン校に入学。父の力になろうと、ドノバンの次男で同級生でもあるダミアンと仲良くしようと心掛けているが、空回りすることも多い。当のダミアンは、「入学初日にブン殴ってきた庶民の女」と「塩らしく泣きながら謝って自分と仲良くしたいと言ってきた女の子」という強烈なギャップでアーニャを強く意識するようになるも、気恥ずかしさとプライドの高さが邪魔をしてそれを認められない状態が続いている。

周囲には6歳ということで通しているが、実年齢は4~5歳であるらしく、同級生と比べて成長に1年以上の差がある。そのため成績は劣悪で、ロイドに勉強を教えてもらってはいるものの赤点ギリギリが定位置の劣等生となっている。
“この歳にしては”という言葉を前につけるのであれば頭の回転自体は早く、自分の超能力の有効な使い方と超能力者であることが周囲に知られることの危険性については熟知し、器用に立ち回っている。

YAMAKUZIRA
YAMAKUZIRA
@YAMAKUZIRA

Related Articles関連記事

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のネタバレ解説・考察まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のネタバレ解説・考察まとめ

『SPY×FAMILY(スパイファミリー)』は、遠藤達哉によるアクションコメディ漫画。『少年ジャンプ+』にて連載中。スパイアクションとホームドラマの融合によるコメディという異色作で、赤の他人だったスパイの男、殺し屋の女、超能力者の少女が「仮初の家族」を築き、偽装家族が互いに秘密を抱えながらも「家族としての普通の日常」を送るために日々のトラブルと奮闘するホームコメディ。物語はスパイの男が与えられた任務を成功させるための行動が主軸になっており、家族の平穏から世界平和まで守る姿が描かれている。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の武器まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の武器まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 社会の裏側で暗躍する人々を題材としているため、作中には暗器、刀剣、各種銃器、爆弾や手榴弾、さらには生物兵器に至るまで多種多様な武器が登場し、時にはそれ自体を巡っての激しい攻防が描かれる。物語を華々しく、あるいは陰惨に彩るそれらの武器について紹介する。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 コミカルなシーンが多い一方、その世界設定は「大国同士が緊張状態にある」という危ういもので、時にテロリズムなどの凄惨なシーンが登場する。それに屈さず、手を血に染めてでも平和のために戦うキャラクターたちの言葉は、普段との落差もあって読者の胸に鋭く突き刺さるものとなっている。

Read Article

NEW
SPY×FAMILY(スパイファミリー)の料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 裏社会の人々の暗闘だけでなく、主人公たちが各々の事情から作り上げた“家族”も物語のテーマとなっている。そのためごく日常的な食事シーンなどもたびたび描かれており、キャラクターの立ち位置や他者との関係、その変化を表すものとしても重要な意味を持たされている。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のスパイグッズ・道具・アイテムまとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のスパイグッズ・道具・アイテムまとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 裏家業の人々を題材としているため、盗聴器や暗号といったいかにもな品が数多く登場する。一方で「それぞれの理由で家族を演じなければならない」という事情から、ごく日常的なアイテムが重要な意味を持つことも少なくない。そんな『SPY×FAMILY』に登場する道具の数々を紹介する。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のイーデン校まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のイーデン校まとめ

イーデン校とは、遠藤達哉の漫画『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)に登場する、東人民共和国屈指の名門校。物語の中心人物の1人であるアーニャ・フォージャーが入学し、以後多くの時間を過ごすこととなる場所である。 男女共学で、授業は13年制となっており、生徒のほとんどは名家や有力者の子女である。未来の国士を育てるため、愛国教育にも力を入れている。入学には厳しい試験を突破する必要があり、劣等生を強制的に途中退学させる仕組みも存在するなど、名門に相応の峻厳な教育システムで知られている。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の元ネタ・モデルまとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の元ネタ・モデルまとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 作中には「戦争直前の緊張状態にある東西の大国」、「国境を超えて暗躍する諜報組織」、「優等生に様々な特権が与えられる名門校」などが存在しており、ファンの間ではそれらのモデルについても様々に語られている。ここでは、そんな『SPY×FAMILY』の元ネタとされるものを紹介する。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の変装まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の変装まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 国家間や組織間で暗躍する人々をメインに扱っているため、作中には様々な変装シーンが存在する。それらは変装した相手の知り合いすら見抜けないほど精巧なものから、ただのコスプレ同然のもの、仮装にもなっていないものなど、種類も質も多種多様。作品を彩る変装の数々を紹介していく。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のコラボ商品・グッズまとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のコラボ商品・グッズまとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 2019年に連載が開始されるや読者から高い評価を受け、2022年にアニメ化されてからはさらに注目される作品となった。その人気にあやかる形で様々な企業とのコラボレーションが展開されており、連載初期からのファンや新規の客層を楽しませている。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の殺し屋・ヒットマン・暗殺者まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の殺し屋・ヒットマン・暗殺者まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 物語の中心人物の1人であるヨル・フォージャーを始めにして、作中には殺し屋やヒットマン、暗殺者など殺しを生業とする裏社会の人間が数多く登場する。平和な社会の裏側で暗躍する彼らの存在は、その熾烈な戦いが作品の大きな魅力となると同時に、世界観に深みをもたらすものともなっている。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のWISE・ワイズまとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のWISE・ワイズまとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 WISEは作中に登場する組織で、中心人物の1人であるロイド・フォージャーが所属する西国の諜報機関。東人民共和国の要人ドノバン・デズモンドを警戒し、これをより近くで監視するためにオペレーション<梟>を発動。疑似家族を作って東人民共和国に潜伏するロイドを様々にサポートする。

Read Article

劇場版 SPY×FAMILY CODE: White(スパイファミリー)のネタバレ解説・考察まとめ

劇場版 SPY×FAMILY CODE: White(スパイファミリー)のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版 SPY×FAMILY CODE: White』(スパイファミリー コードホワイト)とは、遠藤達哉による漫画『SPY×FAMILY』の劇場版アニメ作品。監督は片桐崇が務め、原作者である遠藤自身が監修に携わった。 それぞれの目的から家族となり、互いの正体を知らぬまま暮らすフォージャー家。娘で超能力者のアーニャが調理実習を控えていると知った父にしてスパイのロイドは、これも任務遂行のためと家庭旅行を提案。一方、母で暗殺者のヨルは、仮初の夫婦でしかない自身とロイドの関係に不安を覚えていた。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のミッション・任務まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のミッション・任務まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 登場人物の多くがいわゆる「裏社会」に属する人々であるため、彼らが本来の仕事を行う際はミッションもしくは任務という形で命じられている。時にそのミッション自体が物語の重要なエピソードとして登場し、主人公たちの華々しい活躍や成長が描かれる舞台ともなっている。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の組織まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の組織まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 作中には数多くのスパイや殺し屋、盗賊、テロリストと、彼らが所属する組織が登場する。個々に目的も人員も異なる組織が活動し衝突する様を描くことで、世界観に立体的な構造を持ち込む仕組みともなっている。ここでは、そんな『SPY×FAMILY』に登場する組織について紹介する。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の地下テニス大会キャンベルドンまとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の地下テニス大会キャンベルドンまとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 地下テニス大会「キャンベルドン」は単行本6巻で描かれた中編シリーズで、新たな大戦の火種にもなりうるとされるザカリス文書を巡り、物語中心人物の1人である黄昏が仲間と共にスパイ活動ではなくテニスに挑戦する様を描いている。作品においても特にコメディ色の強いエピソードである。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のガーデンまとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のガーデンまとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 ガーデンとは作中に登場する組織で、中心人物の1人であるヨル・フォージャーが所属する東人民共和国の暗殺組織。所属する暗殺者は単身で一個中隊に匹敵する猛者ばかりで、東人民共和国に仇なす悪党や売国奴が主な標的。その存在は世間には秘されているが、知る者ぞ知る都市伝説と化している。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のバーリント市役所まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のバーリント市役所まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 バーリントは物語の舞台である東人民共和国の首都であり、その市役所には物語の中心人物の1人であるヨル・フォージャーが勤務している。ヨルは殺し屋という裏の顔を持ち、偽装のためにこの職場を利用しているに過ぎないが、私生活上での交流などで一般の公務員たちとも積極的に交流している。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のフォージャー家まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のフォージャー家まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 時にコミカルに、時にハードに描かれる主人公たち「フォージャー家」の日常は、無関係の3人が少しずつ家族らしい絆で結ばれていく微笑ましいものであり、一方で“いずれ彼らの関係は破綻する”という虚無感を内包したものとなっている。物語の中心となるフォージャー家の面々を紹介する。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のスパイまとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)のスパイまとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 物語の中心人物であるロイド・フォージャーはスパイであり、作中には彼の同僚や商売敵という形で何人ものスパイが登場する。戦争直前の緊張状態にある西国と東人民共和国の間で、時に戦争回避のために暗躍し、時に個人的な依頼を受けて激しくぶつかり合うスパイたちを紹介する。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の星・ステラまとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の星・ステラまとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 「星」(ステラ)とは、作中に登場するイーデン校で、学校の生徒の規範となる行いをした者に授けられる勲章。星を8つ獲得した生徒は「皇帝の学徒」という称号を与えられ、国の重鎮が集まる懇親会への参加が可能となる。主人公の1人であるアーニャ・フォージャーは、星の獲得を目指している。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の雷・トニトまとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の雷・トニトまとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が仮初の家族となり、互いに自分の秘密がバレないように苦心しながらも“本物の家族”として成長していく様を描いた遠藤達哉の漫画作品。 「雷」(トニト)とは、作中に登場するイーデン校で、成績劣等な生徒や校則違反者に与えられる罰点。これが8つ累積した生徒はイーデン校を強制的に退学となってしまう。暴力事件はもちろん、忘れ物など軽微な違反でも与えられることがあり、生徒たちにとっては恐怖の的となっている。

Read Article

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

SPY×FAMILY(スパイファミリー)の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)とは、遠藤達哉による漫画。スパイの男と、殺し屋の女と、超能力者の女の子が、それぞれの事情や目的から互いの正体を知らないまま仮初の家族として生活する様をコメディチックに描いている。 作品の大きなテーマの1つに「家族」があり、契約上のものから長年連れ添った熟練夫婦まで、夫婦や恋人といった関係にあるキャラクターが多数登場する。ここでは、『SPY×FAMILY』に登場する恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人をまとめて紹介する。

Read Article

ウォルソン/バボル(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ウォルソン/バボル(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ウォルソン・バボルペアとは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、地下テニス大会「キャンベルドン」に参加した元プロテニス選手の2人組。 10年前にグランドスラムを達成した実力者ペア。引退後も研鑽を重ね、さらなる強敵との戦いを求めて地下テニス界に身を投じ、東人民共和国の闇テニスクラブへとやってきた。 対戦相手となった黄昏と夜帳のスパイペアを弱者と断じ、「これから始まるのは試合ではなく一方的な蹂躙」だと豪語するも、彼らに一蹴されて呆気なく敗退した。

Read Article

ヨル・フォージャー/いばら姫(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ヨル・フォージャー/いばら姫(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ヨル・フォージャー(旧姓:ブライア)とは『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、バーリント市役所に努める女性事務員。裏の顔は〈いばら姫〉というコードネームの暗殺者で、「店長」という人物から指令を受けて東国に害成す売国奴を暗殺する。非常に高い戦闘能力を持つが浮世離れした性格で、嘘をついたり人と話を合わせたりするのが苦手。利害の一致からロイド・フォージャーと偽装結婚することになり、アーニャの義母となった。自分の正体を隠しながら、慣れない子育てに奮闘していく。

Read Article

アーニャ・フォージャー(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

アーニャ・フォージャー(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

アーニャ・フォージャーとは『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、ロイド・フォージャーの養女。ある組織の実験によって生み出された超能力者で、人の心を読むことができる。ロイドの正体が西国の凄腕スパイ〈黄昏〉であると知った上で、好奇心から彼の養子となり任務の遂行のために名門イーデン校に入学する。天真爛漫な性格で、突飛な行動からロイドを度々振り回す。スパイの父と殺し屋の母がいるフォージャー家の日々を気に入っており、この偽装家族を維持するために奮闘する。

Read Article

メリンダ・デズモンド(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

メリンダ・デズモンド(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

メリンダ・デズモンドとは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、「東西両国間の新たな戦争を画策している」とされる作中の重要人物ドノバン・デズモンドの妻。 明るく活発で、思い立ったら即行動に出るタイプ。愛国婦人会というコミュニティに参加しており、会の友人たちとお茶やママさんバレーを楽しんでいる。デパートで転びそうになったところをヨル・フォージャーに助けられ、彼女を気に入って会に誘う。「息子のダミアンを殴った女の子」として、フォージャーの名には覚えがあるようである。

Read Article

ボンド・フォージャー(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ボンド・フォージャー(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ボンド・フォージャーとは遠藤達哉の漫画『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)に登場する大型犬でフォージャー家のペット。かつての東国旧政権下で行われた動物実験プロジェクト〈アップル〉によって未来予知能力を得た。政権崩壊によって実験が頓挫した後、排外主義の学生グループの手に渡り外相暗殺計画に利用されそうになっていたが、アーニャと出会いテログループのアジトを脱出。予知能力を活かしてアーニャと共にテロ計画を阻止した後、フォージャー家に引き取られ「ボンド」という名前を付けられた。

Read Article

ロイド・フォージャー/黄昏(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ロイド・フォージャー/黄昏(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ロイド・フォージャーとは遠藤達哉による漫画『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の主人公で凄腕のスパイ。コードネームは「黄昏」で本名は不明。東国の大物政治家ドノバン・デズモンズとの接触を目的とした任務・オペレーション〈梟〉(ストリクス)を遂行するため、精神科医ロイド・フォージャーを名乗り偽装家族を形成する。スパイとしての能力は超一流で、戦闘能力だけでなく変装技術、人心掌握術と様々な技能に長けている。スパイらしく常に冷静で合理的な性格だが、本質的には平和を愛する心優しい青年である。

Read Article

ベッキー・ブラックベル(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ベッキー・ブラックベル(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ベッキー・ブラックベルとは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、名門イーデン校に通う6歳の女の子。 「自分のために男子に立ち向かってくれた」という誤解をきっかけに、物語の中心人物の1人であるアーニャ・フォージャーと友人関係になる。そのアーニャの父であるロイドに入れ込み、いずれ自分が彼のお嫁さんになることを夢想するなど、年齢のわりには大人びた価値観の持ち主。父親は大手軍事企業ブラックベルのCEOで、時に反発し、時には素直に甘えるなど、良好な親子関係を築いている。

Read Article

シルヴィア・シャーウッド/鋼鉄の淑女(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

シルヴィア・シャーウッド/鋼鉄の淑女(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

シルヴィア・シャーウッド(コードネーム:鋼鉄の淑女)とは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、西国諜報機関WISEの管理官。物語の中心人物の1人ロイド・フォージャーの直属の上司である。 西国と東人民共和国の戦争を回避するため、両国間の緊張を緩和するための様々な任務に従事している。必要とあれば拷問紛いのことすら辞さない冷徹な人物だが、変装用に購入したコートを気に入るなど女性らしい一面も。過去に幼い娘を戦争で失い、その頃の娘と同年代の少女に対しては時に優しい一面を覗かせる。

Read Article

マシュー・マクマホン/部長(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

マシュー・マクマホン/部長(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

マシュー・マクマホンとは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、東人民共和国で古くから活動する暗殺者組織ガーデンに所属する殺し屋。物語の中心人物の1人であるヨル・フォージャーの殺し屋としての先達で、組織内では部長と呼ばれている。 普段は首都バーリントで公務員として働き、物腰穏やかな老紳士として通っている。ダーツからスナイパーライフルまでをも使いこなす熟達した殺し屋で、任務遂行のためなら拷問も障害の排除も辞さない。国賊を始末するガーデンの職務に誇りを持つ、職人肌の人物である。

Read Article

キース・ケプラー(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

キース・ケプラー(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

キース・ケプラーとは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、東人民共和国の学生テロリストグループのリーダー。 東人民共和国の思想と正義を妄信し、10年前まで戦争状態にあった西国を敵視し、再び戦端を開かせることを画策。同じ志を持つ仲間を集め、軍用犬に爆弾をくくりつけて西国の外務大臣ブランツを襲撃させる計画を進めていた。若く経験もないため計画自体には穴もあったが、それだけにセオリーから外れた行動も多く、一時は彼らを阻止しようとした敏腕スパイのロイド・フォージャーをも追い詰めた。

Read Article

マーサ(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

マーサ(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

マーサとは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、物語の中心人物の1人であるアーニャ・フォージャーの友人ベッキー・ブラックベルの従者。 立ち居振る舞いに隙の無い老婦人で、アーニャの父親でスパイでもあるロイドの見立てによると元軍人。常にベッキーに寄り添い、子どもの我がまま同然の彼女の指示にも従順に従う一方、時には了見の狭さを優しく諭すなど母か祖母のような目線で接している。ベッキーの新たな友人となってくれたアーニャにも感謝し、2人の幼い友情を温かく見守っている。

Read Article

フィオナ・フロスト/夜帳(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

フィオナ・フロスト/夜帳(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

フィオナ・フロスト(コードネーム:夜帳)は、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、西国諜報機関WISEに所属する女スパイ。 怜悧冷徹にして職務に忠実な人物で、スパイとして高い実力を持つ。しかし実は物語の中心人物の1人でスパイとしての先輩に当たるロイド・フォージャーに熱烈な恋心を抱いており、彼の関心を買うことを第1の目標としている。ロイドが任務のために疑似家族を作った際、自分以外の女性が彼の妻役を演じることに納得できず、その座を射止めたヨル・フォージャーに猛烈な敵愾心を抱く。

Read Article

ユーリ・ブライア(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ユーリ・ブライア(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

ユーリ・ブライアとは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、作中の中心人物の1人であるヨル・フォージャーの実弟。 幼い頃から親代わりに育ててくれた姉のヨルを慕い、熱烈なシスコンへと成長する。それだけにそのヨルの夫であるロイドには非常に辛辣で、2人の結婚を祝福するどころかまったく認めていない。一方、普段は東人民共和国の国家保安局の一員として働いており、思想犯や西国への協力者を厳しく取り締まるという、フォージャー家の人々の前では見せない非情な一面を持つ。

Read Article

フランキー・フランクリン(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

フランキー・フランクリン(SPY×FAMILY)の徹底解説・考察まとめ

フランキー・フランクリンとは、『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の登場人物で、物語の中心人物の1人であるロイド・フォージャーと顔馴染みの情報屋。 東人民共和国の首都バーリントを主な活動場所としており、その情報収集能力にはロイドも一目置いている。ロイドとは単なるスパイと情報屋という関係を超えた長年の腐れ縁で、時に私生活の相談を持ち掛けるなど友人のような間柄。ロイドの家族であるヨルやアーニャ、ペットのボンドとも交流がある。女性にモテないことを気にしており、たびたび珍妙な騒ぎを巻き起こす。

Read Article

目次 - Contents