ハリー・ポッター/ファンタスティック・ビーストシリーズの魔法動物まとめ

『ハリー・ポッター』シリーズおよび『ファンタスティック・ビースト』シリーズとはJ・K・ローリングが原作をてがける小説および映画、舞台、ゲームなどのメディアミックス作品である。同じ魔法界を舞台に、それぞれの時代での闇の魔法使いや闇の勢力との戦いが描かれる。『ファンタスティック・ビースト』シリーズは『ハリー・ポッター』シリーズの公式スピンオフ前日譚で、『ハリー・ポッター』の世界の過去の出来事が分かる作品だ。これらのシリーズには様々な魔法動物が登場し、戦いの中で活躍している。

尻尾爆発スクリュート(しっぽばくはつスクリュート)

ロブスターやサソリのような見た目をした魔法動物で、その名の通り尻尾部分が爆発する。おそらく魔法動物マンティコアとファイア・クラブの雑種だとされている。
卵から孵ったときは15cm程度だが、約3mまで成長する。背中に長いトゲを持ち、厚みのある殻は様々な呪文をはじき返すことができる。雄は針を、雌はお腹に吸盤を持っている。共食いするため、同じ場所で複数飼っているといつの間にか数が減ってしまう。

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』ではハグリッドが正しい飼い方を模索している。その際ハグリッドが教師を務める魔法生物飼育学の授業で、生徒たちに世話や観察をさせていた。その後巨大に成長したものは、三大魔法学校対抗試合の第三の課題で障害物として登場した。

セストラル

誰かが亡くなる瞬間など死を見たことがある人にしか見えない魔法動物である。
コウモリのような翼が生えた黒っぽい馬のような見た目で、その体は肉付きが悪く骨張っている。空を飛ぶこともできる。

ホグワーツでは、駅から学校まで生徒達を運ぶ馬車をセストラルが引いている。死を見たことが無い人には見えないため、ホグワーツの生徒の多くは見えていない。そのためセストラルが引く馬車は「馬なし馬車」と呼ばれている。ハリーは、友人であるセドリックの死を見たことがきっかけでセストラルが見えるようになる。『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』では、ハリーたちはセストラルにのってイギリス魔法省まで移動した。その際セストラルが見えるのはハリーとハリーの友人ルーナだけであり、他の友人達はセストラルが見えないままそれに乗って移動した。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』では、闇の魔法使いグリンデルバルドを欧州へ移送する際の馬車をセストラルが引いていた。

一角獣(いっかくじゅう)/ユニコーン

敬意をもって接する必要があるため、この分類となっている。
額に角と金色のひづめを持つ白馬のような見た目の魔法動物である。森に住んでおり、ホグワーツ近くにある禁じられた森にも住んでいる。
幼い子供や女性を好み、大人の男性は好まれない。生まれたときは金色の毛を持ち、2才ほどで銀に変わる。4才ごろに角が生え、7才になると毛は白くなる。

すばやいため捕らえることは難しい。その角、たてがみは様々な魔法に使われる。毛は魔法使いたちの杖の芯に用いられる。
ユニコーンの血液を服用すると、死を目の前にした者を蘇らせることができるとされている。その対価として「生きながらの死」とよばれる呪いを受けてしまう。『ハリー・ポッターと賢者の石』ではヴォルデモートに取り憑かれていたホグワーツの教師クィレルが、ユニコーンの血液を飲んでいた。

水中人(マーピープル)

その名の通り水中で暮らしている魔法動物である。敬意を持って接する必要があるため、この分類となっている。

高い知能を持ち、特有の言語マーミッシュ語を話し、湖の底などに家を建てて住んでいる。マーミッシュ語は地上で人間が聞くと叫び声のように聞こえる。『ハリー・ポッター』の関係者の中では、アルバス・ダンブルドア校長や魔法省のバーテミウス・クラウチ・シニアがマーミッシュ語を話すことが出来る。ホグワーツの湖に住む水中人はアルバス・ダンブルドア校長と知り合いだ。『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』では水中人たちの協力を得て、湖の中で競技が行われた。『ハリー・ポッターと謎のプリンス』ではダンブルドアの葬儀で水中人たちが慰問の音楽を演奏した。
水中人は地上での活動も可能で、水の外でもしばらくの間は呼吸が出来ることがわかっている。

デミガイズ

毛の長いサルのような姿をした、草食で大人しい穏やかな性格をもつ魔法動物である。大きな黒い目と、絹のようにふさふさとした銀色の毛を持つ。極東で生息している。
未来を予知する能力と透明になる能力があるため、デミガイズの捕獲は非常に難しい。デミガイズを捕獲するには、予測不能な動きをする必要がある。
デミガイズの毛からは透明マント(羽織ると姿を消すことが出来るマント)を作ることが出来る。しかしそのマントは時間がたつと透明になる効果が失われてしまう。

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』では、ニュートがドゥーガルと名づけられたデミガイズをトランクで飼育していた。ドゥーガルはマグル(非魔法族)のジェイコブのことを気に入っている。

エルンペント

大型のサイに似た見た目をした灰色の魔法動物である。体重は1トンほどあり、厚く硬い皮膚は多くの呪文をはねよけることが出来る。鼻の上にある大きな角は、すべての物を貫くとされる。体内には毒液を持っており、注入すればあらゆるものを爆発させる。角や毒液は魔法薬の材料にもなるが、非常に危険なものであるため厳重管理品目に指定されている。
交尾の季節になるとオス同士がメスを巡って争うことがあり、その際に毒液を使い相手を爆発させてしまう。

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』では、ニュートのトランクの中にいたエルンペントがニューヨークで逃げ出してしまう。逃げたエルンペントはセントラル・パークで発見され、ニュートとマグル(非魔法族)のジェイコブが協力し捕獲した。

天馬(てんま)

翼のある馬のような見た目の魔法動物である。金色の毛と赤い目を持つ美しい見た目をしているが、象ほどの大きさがあり蹄は大皿より大きい。マグル(非魔法族)に見られないように、所有者は目くらましの呪文を定期的にかけることが義務付けられている。

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』では、交流相手であるフランス魔法学校・ボーバトン魔法アカデミーの馬車を引いた。
ホグワーツ滞在中の天馬の世話は、ホグワーツの森番・ハグリッドが任されていた。

スニジェット

絶滅危惧種のため、この分類となっている。別名「ゴールデン・スニジェット」とも呼ばれる、小さな鳥の魔法動物である。
丸い体に赤い目、鋭く長いくちばしを持っている。非常に速く飛ぶことができる。
11世紀ごろから大量に捕獲され、魔法界のスポーツであるクィディッチでも用いられた。クィディッチではスニジェットを捕まえると150点が加算されるルールがある。大量捕獲を続けた結果、14世紀半ばごろまでに数が激減してしまった。その後、捕獲およびクィディッチでの使用が禁止された。クィディッチではスニジェットの代わりにスニッチとよばれる翼が生えたボールが使われるようになった。

deepbalderickr9
deepbalderickr9
@deepbalderickr9

Related Articles関連記事

ハリー・ポッターシリーズの魔法学校まとめ

ハリー・ポッターシリーズの魔法学校まとめ

『ハリー・ポッター』とは、イギリスの作家J・K・ローリングを原作とする、全7巻で構成される児童文学『ハリー・ポッターシリーズ』と、映画及びゲームなどのメディアミックス作品。1990年代のイギリスと魔法界を舞台としており、10代の主人公ハリー・ポッターのホグワーツ魔法魔術学校での学校生活と闇の帝王ヴォルデモートとの戦いを描いている。 作中にはホグワーツの他、ダームストラング専門学校とボーバトン魔法アカデミーが登場し、同世界には全部で11の魔法学校が存在することが原作者より明かされている。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

ハリー・ポッターシリーズの恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとは、J・K・ローリング原作のイギリスの小説および映画作品である。1990年代のイギリスを舞台に、魔法使いとなった主人公のハリー・ポッターの学校生活や、強大な闇の魔法使いであるヴォルデモートとの因縁と戦いが描かれている。作中の登場人物・キャラクターの多くが学生ということもあり、青春時代の甘酸っぱい恋愛も描写されている。子供たちが成長していくためにも欠かせない部分となっており、ハリーやロン、ハーマイオニーの大人になっていく姿を楽しむことができる。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの死喰い人/デス・イーターまとめ

ハリー・ポッターシリーズの死喰い人/デス・イーターまとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとは、イギリスの作家J・K・ローリング原作のファンタジー小説。1990年代のイギリスと魔法界を舞台に、物語の主人公ハリー・ポッターのホグワーツ魔法魔術学校での学校生活と、両親を殺害した強大な闇の魔法使いヴォルデモートとの因縁と戦いを描いた物語である。「死喰い人」とは、ヴォルデモートの思想に賛同し忠誠を誓った闇の魔女・魔法使い集団。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの歴史・時系列・年表まとめ

ハリー・ポッターシリーズの歴史・時系列・年表まとめ

『ハリー・ポッター』とは、イギリスの作家J・K・ローリングが原作のファンタジー小説、およびそれを原作とする映画・ゲーム・舞台などのメディアミックス作品である。1990年代のイギリスと魔法界を舞台としており、主人公ハリー・ポッターのホグワーツ魔法魔術学校での学生生活と、闇の帝王ヴォルデモートとの因縁と戦いを描いた物語である。 作中では、非常に古くから魔法の存在が言及されており、中世の魔女狩りの時代を経て、20世紀に台頭してきた闇の魔法使いらとそれらへの対抗勢力による魔法界の変遷が描かれる。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズのハッフルパフまとめ

ハリー・ポッターシリーズのハッフルパフまとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとはイギリスの作家J・K・ローリング原作のファンタジー小説、およびそれを原作とする映画作品。イギリスではブルームズベリー出版から、日本では静山社から刊行された。「ハッフルパフ」は作中に登場するホグワーツ魔法魔術学校の学生寮の1つである。主人公ハリー・ポッターの同学年の生徒が多数所属する他、ハリーの人生に影響を与えた人物セドリック・ディゴリーが所属する。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズのスリザリンまとめ

ハリー・ポッターシリーズのスリザリンまとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとはイギリスの児童文学作家J・K・ローリング原作のファンタジー小説、およびそれを原作とする映画・舞台劇・ゲーム等のメディアミックス作品。原作小説はイギリスではブルームズベリー出版から、日本では静山社から刊行された。 スリザリンは作中に登場するホグワーツ魔法魔術学校の学生寮の1つであり、主人公ハリー・ポッターのライバルであるドラコ・マルフォイが所属する。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズのグリフィンドールまとめ

ハリー・ポッターシリーズのグリフィンドールまとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとはイギリスの作家J・K・ローリング原作のファンタジー小説、およびそれを原作とする映画作品。イギリスではブルームズベリー出版から刊行され、日本では静山社から刊行された。グリフィンドールは作中に登場するホグワーツ魔法魔術学校の学生寮の1つであり、主人公ハリー・ポッターが所属する。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの地理まとめ

ハリー・ポッターシリーズの地理まとめ

『ハリー・ポッター』とは、イギリスの作家J・K・ローリングのファンタジー小説、および映画・ゲーム等のメディアミックス作品である。1990年代のイギリスと魔法界を舞台に、主人公であるハリー・ポッターのホグワーツ魔法魔術学校での学生生活と、闇の帝王ヴォルデモートとの因縁と戦いを描いている。 作中ではハリーの育った伯母夫婦の家や魔法界の学校ホグワーツの他、学用品を買い付けるダイアゴン横丁、魔法界の政府機関である魔法省など様々な場所が登場する。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの不死鳥の騎士団まとめ

ハリー・ポッターシリーズの不死鳥の騎士団まとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとは、イギリスの作家J・K・ローリング原作の1990年代のイギリスと魔法界を舞台とするファンタジー小説。物語の主人公ハリー・ポッターのホグワーツ魔法魔術学校での学校生活と、両親を殺害した強大な闇の魔法使いヴォルデモートとの因縁と戦いを描いた物語である。「不死鳥の騎士団」とは、闇の帝王が唯一恐れる魔法使いアルバス・ダンブルドアをリーダーに、闇の勢力の対抗陣営として結成された秘密組織。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの本・書物・新聞・教科書・雑誌まとめ

ハリー・ポッターシリーズの本・書物・新聞・教科書・雑誌まとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとは、イギリスの作家J・K・ローリング原作の、ファンタジー小説および映画・ゲーム等のメディアミックス作品である。1990年代のイギリスと魔法界を舞台に、主人公ハリー・ポッターのホグワーツ魔法魔術学校での学生生活と、両親を殺害した強大な闇の魔法使いヴォルデモートとの因縁と戦いを描いている。 作中には教科書をはじめとして数多くの書籍・出版物が登場しており、いくつかの書籍タイトルが原作者の言葉遊びになっている他、作中の随所で問題を打開していく重要なアイテムとなっている。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズのレイブンクローまとめ

ハリー・ポッターシリーズのレイブンクローまとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとはイギリスの作家J・K・ローリング原作のファンタジー小説、およびそれを原作とする映画作品。イギリスではブルームズベリー出版から、日本では静山社から刊行された。レイブンクローは作中に登場するホグワーツ魔法魔術学校の学生寮の1つであり、主人公ハリー・ポッターの初恋の女子チョウ・チャンやハリーが闇の帝王を打ち破るのに力を貸したルーナ・ラブグッドが所属する。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズのクィディッチまとめ

ハリー・ポッターシリーズのクィディッチまとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとは、イギリスの作家J・K・ローリング原作のファンタジー小説。1990年代のイギリスと魔法界を舞台に、物語の主人公ハリー・ポッターのホグワーツ魔法魔術学校での学校生活と、両親を殺害した強大な闇の魔法使いヴォルデモートとの因縁と戦いを描いた物語である。「クィディッチ」とは、作中に登場する飛行用箒を活用した魔法界のスポーツ。主人公のハリーは、自身の所属する寮の代表チームに100年ぶりに選出された1年生選手として活躍する。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの魔法薬まとめ

ハリー・ポッターシリーズの魔法薬まとめ

『ハリー・ポッター』とは、イギリスの作家J・K・ローリングが原作のファンタジー小説、および映画・ゲームなどのメディアミックス作品である。1990年代のイギリスと魔法界を舞台に、主人公ハリー・ポッターのホグワーツ魔法魔術学校での学園生活と、両親を殺害した強大な闇の魔法使いヴォルデモート卿との戦いと因縁を描いた物語である。 「魔法薬」とは、魔法学校での授業やその他の魔法界の生活で登場する多種多様の効能を持つ薬のこと。それぞれの魔法薬に特徴的な名前がつけられている。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

ハリー・ポッターシリーズの料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとは、J・K・ローリングによる小説およびそれを原作とした映画、舞台、ゲームなどのメディアミックス作品である。普通の少年ハリー・ポッターはある日自分が魔法使いである事を知らされる。魔法学校で魔法を学び、仲間と友情を育むハリー。そんな中、両親を殺した宿敵ヴォルデモートとの戦いが始まる。舞台はイギリスの魔法界。作中にはイギリス魔法界ならではの料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物が登場する。人間界には無い少し変わったものも登場し、作品に楽しさ・面白さといった彩りを添えている。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの魔法・呪文まとめ

ハリー・ポッターシリーズの魔法・呪文まとめ

「ハリー・ポッター」とは作家J・Kローリングが描いた小説から始まり、映画化も行われている作品である。 主人公ハリーが悪と戦いを繰り広げ、魔法を用いた世界で、杖や魔法薬を用いることで魔法や呪文を行使できる。 一部の呪文には、効果が対になる呪文が設定されており、これを作中では「反対呪文」と呼ぶ。 このハリー・ポッターの映画や小説で登場した魔法を一覧にまとめた。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの魔法具・アイテムまとめ

ハリー・ポッターシリーズの魔法具・アイテムまとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとは、J・K・ローリングによる小説およびそれを原作とした映画、舞台、ゲームなどのメディアミックス作品である。 普通の少年ハリー・ポッターはある日自分が魔法使いである事を知らされる。魔法学校で魔法を学び、仲間と友情を育むハリー。そんな中、両親を殺した宿敵ヴォルデモートとの戦いが始まる。 作中には戦いの行方を左右する重要なものや物語の鍵となるものから、魔法使い達の日常で使われるものまで、様々な魔法具やアイテムが登場する。

Read Article

ハリー・ポッターと謎のプリンス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと謎のプリンス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。活発に動き始めた死喰い人。ハリーとダンブルドアはヴォルデモートを倒すため、秘密裏に対策を取り始める。そんな中ハリーは半純血のプリンスと署名された魔法薬学の教科書を発見。疑いながら、所有者に感情移入していく。しかし、死喰い人がホグワーツに現れたことで状況が一変。ダンブルドアが倒され、ホグワーツは最大の危機に陥る。J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第六弾。

Read Article

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。三年生となったハリ―。魔法界を訪れるとアズカバンに投獄されていたシリウス・ブラックが、脱獄していたことを知る。シリウスが自分を狙っていることを知るハリー。学生時代、父とシリウスが親友だったことを知り、ハリーは父を裏切ったシリウスに対し憎しみを抱き始める。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第三弾。

Read Article

ハリー・ポッターと賢者の石(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと賢者の石(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと賢者の石』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。魔法学校を通じて、ハリーと友人たちの絆や成長を描いていく。 1997年に刊行されたJ・K・ローリング原作小説を映画化したもので、2001年に公開された。ハリーポッターシリーズ第一弾。

Read Article

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』とは2018年に公開された『ファンタスティック・ビースト』シリーズ2作目の映画。『ハリー・ポッター』シリーズと同じ"魔法界"を舞台とした作品で、『ハリー・ポッター』シリーズの公式スピンオフ前日譚の第2弾。 闇の魔法使いグリンデルバルドが移送中に逃亡するシーンから物語が始まる。巨大な力を求め仲間を集めるグリンデルバルドとの攻防が繰り広げられる。 黒い魔法使いグリンデルバルドを追う魔法動物学者ニュートの新たな冒険が描かれる。

Read Article

ハリー・ポッターと死の秘宝(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと死の秘宝(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと死の秘宝』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。ホグワーツに戻らず、分霊箱を探す旅に出かけたハリー、ロン、ハーマイオニー。数少ない手がかりを探しながら、困難な旅を続けていく。そんな中ホグワーツにヴォルデモートが現れ、戦闘が始まる。多くの仲間が死んでいく中、ついにハリーはヴォルデモートと対峙することになる。J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ。第七弾。

Read Article

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。復活を遂げたヴォルデモート。しかし魔法省はそれを受け入れずホグワーツに干渉するようになる。そんな中、ダンブルドアは「不死鳥の騎士団」を再び活動させる。五年生となったハリーたちはヴォルデモートに対抗するため、ダンブルドア軍団を結成。そしてヴォルデモートや死喰い人と再び対峙することとなる。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第五弾。

Read Article

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。四年生となったハリーたち。ハリーは何者かの陰謀により、トライ・ウィザード・トーナメントに参加することとなる。待ち受ける過酷な課題を乗り越えていくハリー。そんな彼の前で因縁の敵、ヴォルデモートがついに復活する。肉体を持ったヴォルデモートと初めて戦うことになったハリー。その強大な力に圧倒される。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第四弾。

Read Article

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』とは2016年に公開された『ファンタスティック・ビースト』シリーズ1作目の映画。『ハリー・ポッター』シリーズと同じ"魔法界"を舞台とした作品で、『ハリー・ポッター』シリーズの公式スピンオフ前日譚。原作者J.K.ローリングが脚本を手がけた。 イギリスの魔法使いニュートが魔法動物達と共にニューヨークに降り立つところから物語が始まる。手違いで逃げ出してしまった魔法動物達とニューヨークで起こった不思議な事件。魔法動物と魔法使いによる新たな魔法界の物語。

Read Article

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』とは2022年に公開された『ファンタスティック・ビースト』シリーズ3作目の映画。『ハリー・ポッター』シリーズと同じ魔法界を舞台とした作品で、『ハリー・ポッター』シリーズの公式スピンオフ前日譚の第3弾。主人公ニュートらに協力を要請し闇の魔法使いグリンデルバルドの陣営に対抗するチームを作ったダンブルドア。魔法界を支配しようとするグリンデルバルドの企みを阻止するため、寄せ集めの凸凹チームが魔法動物と共に戦いに挑む。ダンブルドアの過去が明かされる物語。

Read Article

ハリー・ポッターと秘密の部屋(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと秘密の部屋(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。二年生になったハリーはドビーに「ホグワーツに行ってはいけない」と忠告を受ける。そして忠告通り、ホグワーツで生徒が襲われるという事件が発生。五十年前に開かれたという秘密の部屋をヒントに、ハリー、ロン、ハーマイオニーがその謎を追う。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第二弾。

Read Article

ホグワーツ・レガシー(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

ホグワーツ・レガシー(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホグワーツ・レガシー』とは、ワーナー・ブラザーズ ゲームズからポートキー・ゲームズのレーベルのもとで発売された、『ハリー・ポッターシリーズ』の世界を再現したオープンワールドRPGゲーム。プレイヤー自身がホグワーツ魔法学校へ入学し、学校内で起こる様々な出来事を魔法を用いて謎解きしていく。対応ハードはPS4・5およびWindowsPC(Steam)など。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズのスピンオフ映画3部作制作決定!主人公はルーナ・ラブグッドの義祖父

ハリー・ポッターシリーズのスピンオフ映画3部作制作決定!主人公はルーナ・ラブグッドの義祖父

『ハリー・ポッター』シリーズ完結後、その前時代を舞台にしたスピンオフ映画の制作が発表されました。そのタイトルは、『ファンタスティック・ビースト』シリーズ。主人公はニュート・スキャマンダーという人物で、かつてハリーとともに戦ったルーナ・ラブグッドの義祖父にあたります。この記事では、そんなファンタビについて、作者のJ・K・ローリングが語った内容などをまとめました。ハリポタファンなら、絶対見逃せないですね!

Read Article

ハリー・ポッタースピンオフ3部作の制作が決定!ファン歓喜!【ファンタスティック・ビーストシリーズ】

ハリー・ポッタースピンオフ3部作の制作が決定!ファン歓喜!【ファンタスティック・ビーストシリーズ】

世界中で大ヒットした映画『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ『ファンタスティック・ビースト』シリーズ3部作の制作が決定!2016年に1作目が劇場公開されることが明かされ、ハリポタファンを喜ばせました。ここでは情報が明かされた当時の情報をまとめています。ハリポタシリーズの簡単なあらすじ・ストーリーや、重要ワードの説明もあわせて紹介しています。

Read Article

ファンタスティック・ビーストのニュート・スキャマンダーとハリー・ポッターの繋がりをネタバレまとめ【ファンタビ】

ファンタスティック・ビーストのニュート・スキャマンダーとハリー・ポッターの繋がりをネタバレまとめ【ファンタビ】

2016年に第1作が公開された『ファンタスティック・ビースト』シリーズ。あの『ハリー・ポッター』シリーズの時代から約70年前が物語の舞台ですが、ファンタビの主人公ニュート・スキャマンダーとハリーとの間には何か繋がりがあるのでしょうか。この記事でまとめました。ネタバレを含むので、作品をまだ観ていない方は閲覧に気を付けてくださいね。

Read Article

ファンタスティック・ビースト&ハリー・ポッターのコラボアイテムを紹介【ラフォーレ原宿】

ファンタスティック・ビースト&ハリー・ポッターのコラボアイテムを紹介【ラフォーレ原宿】

2018年にラフォーレ原宿で発売されたファンタビ&ハリポタのコラボグッズをまとめました。ホグワーツのローブをイメージしたワンピースや映画のワンシーンをプリントしたスカートをはじめ、作品の雰囲気を楽しめるアイテムばかりです。見ているだけでワクワクするオシャレなコラボグッズの画像や、ネットの反応を紹介していきます。

Read Article

ファンタスティック・ビースト(ファンタビ)のニュートは映画ハリー・ポッターシリーズに出演してる?

ファンタスティック・ビースト(ファンタビ)のニュートは映画ハリー・ポッターシリーズに出演してる?

『ハリー・ポッター』シリーズと関連の深い映画として公開された『ファンタスティック・ビースト』シリーズ。その主役はニュート・スキャマンダーという男性です。実は彼、映画の『ハリー・ポッター』シリーズで至るところに登場してたってご存知ですか?一体どんな場面で出てきているのか、この記事でまとめています。

Read Article

ホグワーツの寮の組み分け基準まとめ【ハリー・ポッターシリーズ】

ホグワーツの寮の組み分け基準まとめ【ハリー・ポッターシリーズ】

『ハリー・ポッターシリーズ』に登場するホグワーツ魔法魔術学校では「グリフィンドール」「ハッフルパフ」「レイブンクロー」「スリザリン」の4つの寮が存在しており、生徒たちは組み分け帽子によってこの中のどれかに割り振られる。どの寮になるのかは生徒の資質などによって決まる。ここでは4つの寮の、組み分けの基準をまとめた。

Read Article

【全80人】ハリーポッターシリーズの登場人物一覧! 【画像付き】

【全80人】ハリーポッターシリーズの登場人物一覧! 【画像付き】

ハリーポッターシリーズの登場人物の特徴、関係性をまとめた。有名キャラクターから少しマイナーなキャラクターまで全80人! 『ハリー・ポッター』(英:Harry Potter )は、作家J・K・ローリングによるファンタジー小説。第一巻がロンドンのブルームズベリー出版社から刊行される。2001年からの映画も大ヒットを記録。最終巻が2007年に発売され、完結した。

Read Article

【ネタバレ注意】徹底解明!ハリー・ポッターシリーズ全編の謎と伏線

【ネタバレ注意】徹底解明!ハリー・ポッターシリーズ全編の謎と伏線

世界中にファンが多い『ハリー・ポッター』シリーズ。その壮大な物語の中には数々の謎や伏線が存在しています。小説を全巻読んでも、映画を全て観ても、何がどうなっているのかなかなか一回では理解できないですよね。そこで、ハリポタシリーズの謎や伏線について、この記事で徹底解明していきます。自力で考えたい人や、まだ作品を読んでいないor観ていない人はネタバレ注意!

Read Article

目次 - Contents