ハリー・ポッターシリーズの地理まとめ

『ハリー・ポッター』とは、イギリスの作家J・K・ローリングのファンタジー小説、および映画・ゲーム等のメディアミックス作品である。1990年代のイギリスと魔法界を舞台に、主人公であるハリー・ポッターのホグワーツ魔法魔術学校での学生生活と、闇の帝王ヴォルデモートとの因縁と戦いを描いている。
作中ではハリーの育った伯母夫婦の家や魔法界の学校ホグワーツの他、学用品を買い付けるダイアゴン横丁、魔法界の政府機関である魔法省など様々な場所が登場する。

『ハリー・ポッター』の概要

『ハリー・ポッター』とは、イギリスの作家J・K・ローリングのファンタジー小説、および映画・ゲーム等のメディアミックス作品である。
1997年にイギリスのブルームズベリー社から第1巻が刊行されると、瞬く間に大ヒット作となり、世界中で翻訳され出版された。日本では静山社から刊行された。
当初は児童書という分類で出版されたが、読者層は子どもから大人までと幅広い年齢層に親しまれる。
本作のブームを受け、2001年にワーナー・ブラザーズによって映画が製作・公開されると、さらにファンを増やし、シリーズ世界歴代3位の興行収入と大きなヒットを記録した。
本作完結後も人気は衰えず、ゲームなど様々なメディアミックス作品も登場した。
その後、1920年代を舞台として同じ世界観を共有する映画『ファンタスティック・ビースト』シリーズが製作され、こちらも大ヒットを記録した。
主人公であるハリー・ポッターは、幼い頃に強大な闇の魔法使いヴォルデモートに両親を殺害され孤児となり、母方の伯母夫婦であるダーズリー家に預けられて育つ。伯母夫婦はマグルと呼ばれる非魔法族の一家であり、「魔法といった荒唐無稽な技術」を嫌悪していた。それゆえ、ハリーは両親がともに魔女・魔法使いでありながら、自身が魔法使いであると知らされぬまま、伯母夫婦に理不尽に扱われて育つ。
ホグワーツ魔法魔術学校への入校許可証を受け取ったことを契機に、自身が魔法使いであることを知ったハリーは、同時に自身が闇の帝王ヴォルデモートに襲われて生き残った唯一の人物であり、魔法界では英雄視されていることを知る。
ハリーは魔法界へ足を踏み入れるや、次第に闇の帝王との戦いを余儀なくされ、本人も望まぬ形で徐々に強力な魔法使いへと成長していく。

「地理」とは

『ハリー・ポッター』シリーズ、およびその派生作品に登場する地名や施設名等の舞台を指す。作中の舞台は主にイギリス魔法界のホグワーツ魔法魔術学校であるが、学用品を買い付けるために訪問するダイアゴン横丁や、魔法界の政府機関である魔法省、ハリーの親友ロン・ウィーズリーの自宅なども登場する。
地名や施設名などはJ・K・ローリングの創作であることがほとんどだが、一部には実在する地名・施設も登場している。

イギリス魔法界

ホグワーツ魔法魔術学校

高くそびえるホグワーツ城(ゲーム『ハリー・ポッター:ホグワーツの遺産』より)

主人公のハリー・ポッターが進学する、7年制・全寮制の魔法学校。993年ごろに創設。創設者はゴドリック・グリフィンドール、ヘルガ・ハッフルパフ、ロウェナ・レイブンクロー、サラザール・スリザリンの4人の優秀な魔法使い。
場所はイギリスのスコットランド高地のどこかとされるが、詳細は明かされていない。最寄駅は後述するホグズミード駅。城の敷地には、マグルと呼ばれる非魔法族が近づくと廃墟に見える魔法が掛けられている。世界一安全と評される古代魔法の牙城。

ロンドン市内

イギリス魔法省本庁

ロンドンの地下に存在する魔法界の政治と法律を施行する中央機関「魔法省」の本庁。そのほかの魔法界の施設同様、マグルが侵入することがないよう魔法がかけられている。作中ではイギリスのみならず、それぞれの国・地域の魔法政府機関があるとされているが、全てが同じように法権修中しているかは不明。イギリス魔法省は「魔法使い評議会(The Wizards' Council)」を前身とする公的機関で、司法・外交・運輸などマグルの官公庁同様の仕事のほか、魔法族および魔法生物の存在をマグルから秘匿すること、闇の魔術から魔法界の秩序と安全を守ることを目的としている。

イギリスにおける魔法界の最高権力者は魔法大臣で、これはマグルの首相と同格である。議会はなく、裁判所も省の一機関であるなど権力分立はされていないため、大臣や権力をもつ役員の恣意的な法令・判決が出ることもある。また1990年代には賄賂や縁故も横行しており、内部が腐敗している様子も描写されている。

聖マンゴ魔法疾患傷害病院

ロンドンにある癒者のマンゴ・ボナムが1600年代に創立した魔法族の病院で、専門の癒者たちが勤務する。他の施設同様マグルからは見えず、常時改装中となっているロンドン中心部のデパート「パージ・アンド・ダウズ商会」の内部に存在する。
各階ごとに以下のとおり診療科がわけられている。
1階 物品性事故(大鍋爆発、杖逆噴射、箒衝突など)
2階 生物性傷害(噛み傷、刺し傷、火傷、とげ埋め込みなど)
3階 魔クテリア(バクテリア)・性疾患(感染症、消滅症、巻き黴など)
4階 薬剤・植物性中毒(湿疹、嘔吐、抑制不能クスクス笑いなど)
5階 呪文性損傷(解除不能性呪い、呪詛、不適正使用呪文など)
6階 外来者喫茶室・売店
5階には長期療養の病棟(隔離病棟)もあり、自分の魔法で記憶を失ったギルデロイ・ロックハートや、死喰い人に拷問されて正気を失ったフランク・ロングボトムとアリス・ロングボトム夫妻が長年に渡り入院している。

ブラック邸

ブラック邸のあるグリモールド・プレイス

キングス・クロス駅から徒歩20分、住所はロンドン市グリモールド・プレイス 12番地。
純血の一族ブラック家の邸宅であり、シリウスの母ヴァルブルガの死後、10年あまり放置されていた。第5巻でシリウスが騎士団の本部として提供する。シリウスの父オリオンが知りうる限りの安全対策を施したため位置探知などは不可能であり、加えてアルバス・ダンブルドアが秘密の守人になることで絶対の安全が保障される。ブラック邸は直系の男子に相続されてきたが、シリウスの死により男子の直系が絶え、それにより被後見人であったハリーが相続した。
内装はスリザリン出身者を多く輩出することに誇りがあるようで、壁紙すら緑や銀色の壁紙を多様している。シリウスは16の時に家出するまでこの屋敷で長期休暇を過ごしていたため、自室の壁にスリザリン寮のライバルであり自身の出身寮グリフィンドールを彷彿とさせる赤い装飾を施したり、マグルの女性のグラビア写真を貼り付けるなどして、家人らを挑発していたよう。

ニュート・スキャマンダーのタウンハウス

1927年に居住したニュート・スキャマンダーの自宅。住所はロンドン市シェリングフォード・スクエアの9番地。黄色いレンガ造りのビクトリア様式のタウンハウス。
魔法省からの給金が少ないとする彼の居住スペースはそれほど広くなく、内装や家具は古めかしく、リビングにベッドやソファ、暖炉があり、キッチンにテーブルと食器洗い用のシンクがあるのみ。キッチンからは地下室に繋がる扉があり、地下室は広々としている。この地下で多数の魔法生物たちが飼育され、中には水生生物のための水辺も完備されている。この地下室にだけ、拡大呪文が施されていることは間違いない。
晩年にはイギリス南西部のドーセットへ移住している。

キングズ・クロス駅

実際にロンドンに存在するキングズ・クロス駅そのもの。作中では、「9と3/4番線」からホグワーツ行きの特急列車が運行する。ほかにも魔法界へと繋がるホームが複数隠されて存在していることが明かされており、「7と1/2番線」からは、ヨーロッパ大陸にある魔法使いだけの村に行く列車に乗車することができる。この列車はJ・K・ローリングによると「オリエント急行のようなもの」であるという。
この魔法界へ続くホームへの入口は、魔法によって他者が干渉し閉じることもできるよう。作中では第2巻で屋敷しもべ妖精のドビーがハリーをホグワーツに帰還させないためにホームの入口を閉鎖した。

キングス・クロス駅は実在するため、小説や映画を見た熱狂的なファンから「本当に存在するのか」といった問い合わせや、見学に訪れる人が相次いだ。そのため駅は「9と3/4番線」の看板を作成し、9・10番線ホーム入口脇に掲げ、その下にキングズ・クロス駅の半分壁に突っ込んだ状態の荷物カートが設置された。実際の9・10番線は、他のホームと独立した行き止まり式2面2線配置のため、線路間には降りられないので注意が必要。
また、1世紀の女王の墓が9または10番線の下にあるという伝説がある。

mamapiyo
mamapiyo
@mamapiyo

Related Articles関連記事

ハリー・ポッター/ファンタスティック・ビーストシリーズの魔法動物まとめ

ハリー・ポッター/ファンタスティック・ビーストシリーズの魔法動物まとめ

『ハリー・ポッター』シリーズおよび『ファンタスティック・ビースト』シリーズとはJ・K・ローリングが原作をてがける小説および映画、舞台、ゲームなどのメディアミックス作品である。同じ魔法界を舞台に、それぞれの時代での闇の魔法使いや闇の勢力との戦いが描かれる。『ファンタスティック・ビースト』シリーズは『ハリー・ポッター』シリーズの公式スピンオフ前日譚で、『ハリー・ポッター』の世界の過去の出来事が分かる作品だ。これらのシリーズには様々な魔法動物が登場し、戦いの中で活躍している。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

ハリー・ポッターシリーズの恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとは、J・K・ローリング原作のイギリスの小説および映画作品である。1990年代のイギリスを舞台に、魔法使いとなった主人公のハリー・ポッターの学校生活や、強大な闇の魔法使いであるヴォルデモートとの因縁と戦いが描かれている。作中の登場人物・キャラクターの多くが学生ということもあり、青春時代の甘酸っぱい恋愛も描写されている。子供たちが成長していくためにも欠かせない部分となっており、ハリーやロン、ハーマイオニーの大人になっていく姿を楽しむことができる。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの魔法学校まとめ

ハリー・ポッターシリーズの魔法学校まとめ

『ハリー・ポッター』とは、イギリスの作家J・K・ローリングを原作とする、全7巻で構成される児童文学『ハリー・ポッターシリーズ』と、映画及びゲームなどのメディアミックス作品。1990年代のイギリスと魔法界を舞台としており、10代の主人公ハリー・ポッターのホグワーツ魔法魔術学校での学校生活と闇の帝王ヴォルデモートとの戦いを描いている。 作中にはホグワーツの他、ダームストラング専門学校とボーバトン魔法アカデミーが登場し、同世界には全部で11の魔法学校が存在することが原作者より明かされている。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの死喰い人/デス・イーターまとめ

ハリー・ポッターシリーズの死喰い人/デス・イーターまとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとは、イギリスの作家J・K・ローリング原作のファンタジー小説。1990年代のイギリスと魔法界を舞台に、物語の主人公ハリー・ポッターのホグワーツ魔法魔術学校での学校生活と、両親を殺害した強大な闇の魔法使いヴォルデモートとの因縁と戦いを描いた物語である。「死喰い人」とは、ヴォルデモートの思想に賛同し忠誠を誓った闇の魔女・魔法使い集団。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの歴史・時系列・年表まとめ

ハリー・ポッターシリーズの歴史・時系列・年表まとめ

『ハリー・ポッター』とは、イギリスの作家J・K・ローリングが原作のファンタジー小説、およびそれを原作とする映画・ゲーム・舞台などのメディアミックス作品である。1990年代のイギリスと魔法界を舞台としており、主人公ハリー・ポッターのホグワーツ魔法魔術学校での学生生活と、闇の帝王ヴォルデモートとの因縁と戦いを描いた物語である。 作中では、非常に古くから魔法の存在が言及されており、中世の魔女狩りの時代を経て、20世紀に台頭してきた闇の魔法使いらとそれらへの対抗勢力による魔法界の変遷が描かれる。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズのハッフルパフまとめ

ハリー・ポッターシリーズのハッフルパフまとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとはイギリスの作家J・K・ローリング原作のファンタジー小説、およびそれを原作とする映画作品。イギリスではブルームズベリー出版から、日本では静山社から刊行された。「ハッフルパフ」は作中に登場するホグワーツ魔法魔術学校の学生寮の1つである。主人公ハリー・ポッターの同学年の生徒が多数所属する他、ハリーの人生に影響を与えた人物セドリック・ディゴリーが所属する。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズのスリザリンまとめ

ハリー・ポッターシリーズのスリザリンまとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとはイギリスの児童文学作家J・K・ローリング原作のファンタジー小説、およびそれを原作とする映画・舞台劇・ゲーム等のメディアミックス作品。原作小説はイギリスではブルームズベリー出版から、日本では静山社から刊行された。 スリザリンは作中に登場するホグワーツ魔法魔術学校の学生寮の1つであり、主人公ハリー・ポッターのライバルであるドラコ・マルフォイが所属する。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズのグリフィンドールまとめ

ハリー・ポッターシリーズのグリフィンドールまとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとはイギリスの作家J・K・ローリング原作のファンタジー小説、およびそれを原作とする映画作品。イギリスではブルームズベリー出版から刊行され、日本では静山社から刊行された。グリフィンドールは作中に登場するホグワーツ魔法魔術学校の学生寮の1つであり、主人公ハリー・ポッターが所属する。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの不死鳥の騎士団まとめ

ハリー・ポッターシリーズの不死鳥の騎士団まとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとは、イギリスの作家J・K・ローリング原作の1990年代のイギリスと魔法界を舞台とするファンタジー小説。物語の主人公ハリー・ポッターのホグワーツ魔法魔術学校での学校生活と、両親を殺害した強大な闇の魔法使いヴォルデモートとの因縁と戦いを描いた物語である。「不死鳥の騎士団」とは、闇の帝王が唯一恐れる魔法使いアルバス・ダンブルドアをリーダーに、闇の勢力の対抗陣営として結成された秘密組織。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの本・書物・新聞・教科書・雑誌まとめ

ハリー・ポッターシリーズの本・書物・新聞・教科書・雑誌まとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとは、イギリスの作家J・K・ローリング原作の、ファンタジー小説および映画・ゲーム等のメディアミックス作品である。1990年代のイギリスと魔法界を舞台に、主人公ハリー・ポッターのホグワーツ魔法魔術学校での学生生活と、両親を殺害した強大な闇の魔法使いヴォルデモートとの因縁と戦いを描いている。 作中には教科書をはじめとして数多くの書籍・出版物が登場しており、いくつかの書籍タイトルが原作者の言葉遊びになっている他、作中の随所で問題を打開していく重要なアイテムとなっている。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズのレイブンクローまとめ

ハリー・ポッターシリーズのレイブンクローまとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとはイギリスの作家J・K・ローリング原作のファンタジー小説、およびそれを原作とする映画作品。イギリスではブルームズベリー出版から、日本では静山社から刊行された。レイブンクローは作中に登場するホグワーツ魔法魔術学校の学生寮の1つであり、主人公ハリー・ポッターの初恋の女子チョウ・チャンやハリーが闇の帝王を打ち破るのに力を貸したルーナ・ラブグッドが所属する。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズのクィディッチまとめ

ハリー・ポッターシリーズのクィディッチまとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとは、イギリスの作家J・K・ローリング原作のファンタジー小説。1990年代のイギリスと魔法界を舞台に、物語の主人公ハリー・ポッターのホグワーツ魔法魔術学校での学校生活と、両親を殺害した強大な闇の魔法使いヴォルデモートとの因縁と戦いを描いた物語である。「クィディッチ」とは、作中に登場する飛行用箒を活用した魔法界のスポーツ。主人公のハリーは、自身の所属する寮の代表チームに100年ぶりに選出された1年生選手として活躍する。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの魔法薬まとめ

ハリー・ポッターシリーズの魔法薬まとめ

『ハリー・ポッター』とは、イギリスの作家J・K・ローリングが原作のファンタジー小説、および映画・ゲームなどのメディアミックス作品である。1990年代のイギリスと魔法界を舞台に、主人公ハリー・ポッターのホグワーツ魔法魔術学校での学園生活と、両親を殺害した強大な闇の魔法使いヴォルデモート卿との戦いと因縁を描いた物語である。 「魔法薬」とは、魔法学校での授業やその他の魔法界の生活で登場する多種多様の効能を持つ薬のこと。それぞれの魔法薬に特徴的な名前がつけられている。

Read Article

NEW
ハリー・ポッターシリーズの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ハリー・ポッターシリーズの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ハリー・ポッター』とはJ・K・ローリングによる小説及びそれを原作とした映画、舞台、ゲーム作品である。本作は1997年にイギリスで1作目が刊行。その後、全7シリーズが刊行され2007年に完結した。児童書でありながら緻密に設定された世界観に、子供だけではなく大人も引き込まれる物語である。バラエティ豊かな登場人物たちに視聴者は感情移入し、観ている者に多くの感動を与える作品となっている。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

ハリー・ポッターシリーズの料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとは、J・K・ローリングによる小説およびそれを原作とした映画、舞台、ゲームなどのメディアミックス作品である。普通の少年ハリー・ポッターはある日自分が魔法使いである事を知らされる。魔法学校で魔法を学び、仲間と友情を育むハリー。そんな中、両親を殺した宿敵ヴォルデモートとの戦いが始まる。舞台はイギリスの魔法界。作中にはイギリス魔法界ならではの料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物が登場する。人間界には無い少し変わったものも登場し、作品に楽しさ・面白さといった彩りを添えている。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの魔法・呪文まとめ

ハリー・ポッターシリーズの魔法・呪文まとめ

「ハリー・ポッター」とは作家J・Kローリングが描いた小説から始まり、映画化も行われている作品である。 主人公ハリーが悪と戦いを繰り広げ、魔法を用いた世界で、杖や魔法薬を用いることで魔法や呪文を行使できる。 一部の呪文には、効果が対になる呪文が設定されており、これを作中では「反対呪文」と呼ぶ。 このハリー・ポッターの映画や小説で登場した魔法を一覧にまとめた。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの魔法具・アイテムまとめ

ハリー・ポッターシリーズの魔法具・アイテムまとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとは、J・K・ローリングによる小説およびそれを原作とした映画、舞台、ゲームなどのメディアミックス作品である。 普通の少年ハリー・ポッターはある日自分が魔法使いである事を知らされる。魔法学校で魔法を学び、仲間と友情を育むハリー。そんな中、両親を殺した宿敵ヴォルデモートとの戦いが始まる。 作中には戦いの行方を左右する重要なものや物語の鍵となるものから、魔法使い達の日常で使われるものまで、様々な魔法具やアイテムが登場する。

Read Article

ハリー・ポッターと謎のプリンス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと謎のプリンス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。活発に動き始めた死喰い人。ハリーとダンブルドアはヴォルデモートを倒すため、秘密裏に対策を取り始める。そんな中ハリーは半純血のプリンスと署名された魔法薬学の教科書を発見。疑いながら、所有者に感情移入していく。しかし、死喰い人がホグワーツに現れたことで状況が一変。ダンブルドアが倒され、ホグワーツは最大の危機に陥る。J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第六弾。

Read Article

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。三年生となったハリ―。魔法界を訪れるとアズカバンに投獄されていたシリウス・ブラックが、脱獄していたことを知る。シリウスが自分を狙っていることを知るハリー。学生時代、父とシリウスが親友だったことを知り、ハリーは父を裏切ったシリウスに対し憎しみを抱き始める。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第三弾。

Read Article

ハリー・ポッターと賢者の石(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと賢者の石(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと賢者の石』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。魔法学校を通じて、ハリーと友人たちの絆や成長を描いていく。 1997年に刊行されたJ・K・ローリング原作小説を映画化したもので、2001年に公開された。ハリーポッターシリーズ第一弾。

Read Article

ハリー・ポッターと死の秘宝(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと死の秘宝(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと死の秘宝』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。ホグワーツに戻らず、分霊箱を探す旅に出かけたハリー、ロン、ハーマイオニー。数少ない手がかりを探しながら、困難な旅を続けていく。そんな中ホグワーツにヴォルデモートが現れ、戦闘が始まる。多くの仲間が死んでいく中、ついにハリーはヴォルデモートと対峙することになる。J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ。第七弾。

Read Article

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。復活を遂げたヴォルデモート。しかし魔法省はそれを受け入れずホグワーツに干渉するようになる。そんな中、ダンブルドアは「不死鳥の騎士団」を再び活動させる。五年生となったハリーたちはヴォルデモートに対抗するため、ダンブルドア軍団を結成。そしてヴォルデモートや死喰い人と再び対峙することとなる。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第五弾。

Read Article

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。四年生となったハリーたち。ハリーは何者かの陰謀により、トライ・ウィザード・トーナメントに参加することとなる。待ち受ける過酷な課題を乗り越えていくハリー。そんな彼の前で因縁の敵、ヴォルデモートがついに復活する。肉体を持ったヴォルデモートと初めて戦うことになったハリー。その強大な力に圧倒される。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第四弾。

Read Article

ハリー・ポッターと秘密の部屋(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと秘密の部屋(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。二年生になったハリーはドビーに「ホグワーツに行ってはいけない」と忠告を受ける。そして忠告通り、ホグワーツで生徒が襲われるという事件が発生。五十年前に開かれたという秘密の部屋をヒントに、ハリー、ロン、ハーマイオニーがその謎を追う。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第二弾。

Read Article

ホグワーツ・レガシー(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

ホグワーツ・レガシー(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホグワーツ・レガシー』とは、ワーナー・ブラザーズ ゲームズからポートキー・ゲームズのレーベルのもとで発売された、『ハリー・ポッターシリーズ』の世界を再現したオープンワールドRPGゲーム。プレイヤー自身がホグワーツ魔法学校へ入学し、学校内で起こる様々な出来事を魔法を用いて謎解きしていく。対応ハードはPS4・5およびWindowsPC(Steam)など。

Read Article

ホグワーツの寮の組み分け基準まとめ【ハリー・ポッターシリーズ】

ホグワーツの寮の組み分け基準まとめ【ハリー・ポッターシリーズ】

『ハリー・ポッターシリーズ』に登場するホグワーツ魔法魔術学校では「グリフィンドール」「ハッフルパフ」「レイブンクロー」「スリザリン」の4つの寮が存在しており、生徒たちは組み分け帽子によってこの中のどれかに割り振られる。どの寮になるのかは生徒の資質などによって決まる。ここでは4つの寮の、組み分けの基準をまとめた。

Read Article

【全80人】ハリーポッターシリーズの登場人物一覧! 【画像付き】

【全80人】ハリーポッターシリーズの登場人物一覧! 【画像付き】

ハリーポッターシリーズの登場人物の特徴、関係性をまとめた。有名キャラクターから少しマイナーなキャラクターまで全80人! 『ハリー・ポッター』(英:Harry Potter )は、作家J・K・ローリングによるファンタジー小説。第一巻がロンドンのブルームズベリー出版社から刊行される。2001年からの映画も大ヒットを記録。最終巻が2007年に発売され、完結した。

Read Article

【ネタバレ注意】徹底解明!ハリー・ポッターシリーズ全編の謎と伏線

【ネタバレ注意】徹底解明!ハリー・ポッターシリーズ全編の謎と伏線

世界中にファンが多い『ハリー・ポッター』シリーズ。その壮大な物語の中には数々の謎や伏線が存在しています。小説を全巻読んでも、映画を全て観ても、何がどうなっているのかなかなか一回では理解できないですよね。そこで、ハリポタシリーズの謎や伏線について、この記事で徹底解明していきます。自力で考えたい人や、まだ作品を読んでいないor観ていない人はネタバレ注意!

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの登場キャラクターたちの19年後の職業・結婚相手まとめ

ハリー・ポッターシリーズの登場キャラクターたちの19年後の職業・結婚相手まとめ

『ハリー・ポッターシリーズ』の作者J・K・ローリングは、ハリーをはじめとする登場人物・キャラクターの19年後についてインタビューで語っている。またUSJの「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」でも、映画では描かれなかった彼らのその後に関する情報が公開されている。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズのマイナーな裏設定・都市伝説まとめ

ハリー・ポッターシリーズのマイナーな裏設定・都市伝説まとめ

全世界で人気の『ハリー・ポッター』シリーズ。超大作ゆえに様々な裏話や裏設定がある。ここでは「ハグリットの身長を大きく見せるために大きいセットと小さいセットの2種類が作られていた」、「ハーマイオニーはもともとグレンジャーではなかった」など、あまり知られていない裏設定・都市伝説をまとめた。

Read Article

【イアン・ハート】ハリー・ポッターでヴォルデモート役を演じた7人の俳優まとめ【レイフ・ファインズ】

【イアン・ハート】ハリー・ポッターでヴォルデモート役を演じた7人の俳優まとめ【レイフ・ファインズ】

ヴォルデモートといえば、『ハリー・ポッター』シリーズの最大にして最強の悪役ですよね。ひときわ存在感を放つ彼ですが、実は映画版では7人の俳優によって演じられていました。当然ながら彼もかつては子どもでしたし、学生時代の姿も出てきてます。かと思えば他の人物に憑依していたこともありますから、演じている俳優がたくさんいても何ら不思議ではありません。誰がどんなヴォルデモートを演じていたのか、この記事で紹介しています。

Read Article

【影の主役】セブルス・スネイプのかっこいい生き様【ハリー・ポッターシリーズ】

【影の主役】セブルス・スネイプのかっこいい生き様【ハリー・ポッターシリーズ】

『ハリー・ポッター』シリーズ全巻を通して登場するセブルス・スネイプ。初登場時からの不気味な出で立ちとハリーのことを憎んでいることから、悪者感がハンパじゃなく漂っていますよね。そんなスネイプ先生、物語が進むにつれて、実はとても愛に溢れた人物であることが判明します。この記事では、そんな彼の知られざる生き様についてまとめました。ファンが多いスネイプ先生だからこそ、もっと彼のことを知りたくなりますよね。

Read Article

Twitterでネタにされるドラコ・マルフォイの画像まとめ【ハリー・ポッターシリーズ】

Twitterでネタにされるドラコ・マルフォイの画像まとめ【ハリー・ポッターシリーズ】

ドラコ・マルフォイは『ハリー・ポッターシリーズ』に登場する人物で、主人公ハリーのライバル的存在である。ことあるごとにハリー達に突っかかり、卑怯な手段を用いて貶そうとするが、臆病で間抜けな一面も持つ。その人間臭さが読者に愛されており、Twitterではマルフォイをネタにする画像がよく投稿されている。

Read Article

共通点が見えてくる?ハリー・ポッター主な登場人物の組み分けまとめ

共通点が見えてくる?ハリー・ポッター主な登場人物の組み分けまとめ

ハリー・ポッターシリーズの登場人物の組み分けについてまとめました。 大人気小説の物語を彩る魅力的な登場人物たち。 彼らが通うホグワーツにはそれぞれ違う性質を持つ4つの寮に生徒を組み分ける儀式があります。 彼らが何故その寮に組み分けられたのか分かれば物語がより楽しめるかも!?

Read Article

目次 - Contents