北斗の拳 / Fist of the North Star

『北斗の拳』とは、武論尊が原作、原哲夫が作画した日本の少年漫画。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1983年41号から1988年35号で連載された。単行本は全27巻だが、人気のためその後も様々な媒体で刊行され続けている。全世界累計発行部数は1億部を突破した。
世界的な核戦争によって文明と人々の秩序が失われ、争いが繰り返される最終戦争後の199×年が舞台。暴力が支配する世界に伝説の暗殺拳“北斗神拳”の伝承者ケンシロウが現れ、救世主として数々の敵と戦うハードボイルドアクション。「ひでぶ」「あべし」「たわば」などの独特な敵の叫びや悲鳴、ケンシロウの敵に対しての決め台詞「お前はもう死んでいる」が有名。
1984年から1987年にテレビアニメ化。1987年から1988年には『北斗の拳2』が放送された。映画化や小説化もあり、1995年に実写映画化を果たした。舞台作品としては、2017年、本編では主要キャラクターに瞬殺される雑魚キャラ達を主役にした演劇『北斗の拳-世紀末のザコ伝説-』が上演。2022年にはミュージカル化され『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』が上演された。

子タグ