十二国記(ラノベ・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『十二国記』とは、小野不由美による小説、及びそれを原作とするアニメなどのメディアミックス作品である。女子高生の中嶋陽子は、人の顔色を気にして生きてきた。そんな陽子の前に、麒麟の景麒を名乗る青年が現れ彼女を王と呼ぶ。陽子は本来の故郷である十二国世界へ渡り、様々な戦いを経て王になる覚悟を決めるのだった。ある者は権力とそれに伴う責任に向き合い、ある者はコンプレックスに向き合って成長を遂げる。古代中国風の異世界を舞台にした異世界ファンタジーでありながら、不思議なリアリティを持つ作品である。

出典: fotki.yandex.ru

声:子安武人

慶国の麒麟。蓬莱まで陽子を迎えに来て誓約の為頭を垂れる。塙王の追っ手が来ていることもあり、何も知らない陽子に対し説明ができず、陽子たちをまず十二国世界に逃がすことになった。優香や郁也も十二国世界に行かせたのは陽子がそう望んだ為である。景麒自身は血を浴びたことで弱り、塙麟によって動きを封じられる。
予王(先代の景王)の妹の舒栄が偽王として覇権を握るために、麒麟を弱らせる鎖を使われていたところを陽子に救われて改めて誓約を交わす。その後は陽子に仕えるが、使用人に「お疲れ様」と声をかけたり、メモを取ったりする陽子の姿勢に王らしくないとの不満を抱く。原作では「不満だけはすぐ顔に出る」とされており、真面目で慈悲深いが不器用な印象を与える。

景麒は戴国の麒麟の泰麒と話をしたことがある。その頃胎果の泰麒は十二国世界に戻って来たばかりで、転変ができず落ち込んでいた為、女仙の長である碧霞玄君に頼まれて蓬山を訪れたのだった。この時、泰麒に王の選び方や転変の仕方を聞かれるが、景麒は王を選ぶことも転変もさして難しいことではないと告げた。この言動は悪気があってのものではなかったが、話し方が四角四面な上、泰麒が麒麟にとって自然で簡単に出来るはずの動作すらできないとの事実を知らしめることとなり、却って泰麒にプレッシャーを与える結果となった。この一件に関して碧霞玄君に「もっと言いようがあるだろう」ととがめられて「同じ蓬莱生まれの延台補にお頼みすればよかったのでは」と返している。
それでも泰麒の目の前で転変を行い、使令の捕らえ方や、王を選んだ時のことなどを教え、不器用ながら泰麒のためできうることをした。その真意は伝わったらしく、泰麒から「景台補はお優しいです」と言われている。転変以外でも泰麒が王を選び出す自信がないことを知っていたため、泰王即位の知らせを受けた時には無事に王を選ぶことができたのだと安堵した。

景麒自身は泰麒が戻る二年前に王気を感じ、王気をたどって予王を探し当てた。予王の時代、王から異性として想いを寄せられていた。予王が景麒に近づく女性への嫉妬から、ことごとく女官などが罷免した際に失道の病(王が道に外れた政治をした時に、麒麟がかかる病)にかかっている。予王が自主的に退位したことで病は治った模様。

白芥瑚(はく かいこ)

出典: s.dianping.com

声:進藤尚美

景麒の女怪(麒麟が幼い時に乳母の務めをし、王を選んだ麒麟の使令となる存在)。『月の影 影の海』に登場。景麒の命令で陽子の先導役となる。郁也や優香とは離れて移動していることや、水禺刀についた碧双珠が陽子を守ることなどを説明し、水禺刀を失くさぬように言った。十二国世界に入った後、しばらく陽子を護衛していたが、追手の妖魔から陽子を逃がすべく囮になった。陽子に聞かれたことにはある程度の説明をしたが、何故十二国世界に陽子を迎えに来たのかなどの理由は話すことができないままであった。

冗佑(じょうゆう)

声:堀川仁

景麒の使令で、賓満(ひんまん)という種族。戦場や軍隊に現れる妖魔であり、人間などに憑依する。取り憑いた相手の目を借り、戦闘力を上げる。物語当初で陽子の体内に憑依し、剣を振るわせた。
景麒の命令に従い、無き者として振る舞っていた(姿を見せずにいた)ものの、陽子が十二国世界に留まるかどうか悩んでいた際に言いつけを破って話しかけている。尚、無き者として振る舞えとの命令は陽子が冗祐を恐れた為である。
『月の影 影の海』のラストで、陽子から名前の字を尋ねられ礼を言われた。この時、「使令は王や麒麟に仕えるもので、礼を言われるには及びません」と陽子に告げている。

驃騎(ひょうき)

陽子を背に乗せ、空を翔る驃騎。

声:清水敏孝

景麒の使令で種族は鉤吾(こうご)。原作での表記は「暗赤色の豹」。『月の影 影の海』では第一話から登場。陽子が投げ捨てた水禺刀を拾って景麒に手渡し、追っ手の妖魔と戦った。『風の万里 黎明の空』では、班渠共々昇紘の居場所を陽子に伝えている。

班渠(はんきょ)

声:岡野浩介

景麒の使令で、鋼色の毛並みを持つ狼のような外見。種族は狗即(いそく)。騎獣に匹敵する俊足を持つ。班渠は陽子を蓬莱に迎えに行った際、景麒と共に塙王の放つ追手の囮となった。その後も生き永らえ、陽子や景麒に仕える。
『風の海 迷宮の岸』では、景麒が泰麒に使令の捕らえ方を指南した際、「使令は麒麟の死肉を食べる」との景麒の言葉で大口を開けて泰麒を驚かせた(「麒麟を食べる」との言葉に対する一種のジョークと思われる)。
『風の万里 黎明の空』では、街に下りる陽子を影ながら護衛した。

重朔(じゅうさく)

出典: note.mu

景気の使令で、雍和(ようわ)という種族。蓬莱まで陽子を迎えに来た。陽子の要望により共に十二国世界に渡るべく、優香と郁也を抱えていた。見た目は巨大な狒狒に似る。

雀胡(じゃっこ)

出典: passport.weibo.com

景麒の使令で、飛鼠(ひそ)という種族。耳が短いうさぎといった外見。景麒が泰麒に妖魔を捕らえ使令に下す方法を教える際、手本として下したものである。景麒曰く「あまり強くない方なのでからめとりやすかった」とのこと。妖魔としては低位なので、片言でしか話せない。

青猿(あおざる)

出典: ameblo.jp

声:岡野浩介

どこからともなく現れる小男。青白い顔色をし、猿を思わせる。度々「本当は他人なんか信じてないんだろう?」などと、挑発めいた言葉をかけて陽子の心を乱す。その正体は陽子自身の迷いや弱さが水禺刀の鞘に反映して現れる幻覚であり、陽子が迷いを捨て蒼猿を斬ると同時に鞘に戻った。
猿のような男の姿で現れたのは、本来互いを封じ合う剣と鞘が離れ鞘の封印が解けた状態にあり、猿に変じた為(封印が解けると主の心を読んで惑わすのは、この鞘の性質である)。延王曰く、蒼猿が消えることは鞘が死ぬ(機能しなくなる)ことを意味している。本来水禺刀は景王以外の者には抜くことすらかなわないのだが、青猿が消え鞘が死んだことで、延王にも簡単に水禺刀を抜くことができた。尚、早い段階から陽子に斬りこまれそうになる描写があったが、その時は陽子に迷いがあったためか、斬られる前に姿を消している。
本来水寓刀の鞘とは、剣が王に幻覚を見せるのを封じる為にあった。その機能がなくなってから陽子は気を抜くたび悪夢や幻覚に悩まされることになる。

玉葉(ぎょくよう)

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

目次 - Contents