トラウマ恋愛映画『ブルーバレンタイン』を解説!夫婦で観たら離婚必至!?

『ブルーバレンタイン』は「夫婦で観たら気まずくなる映画No.1」とも呼ばれるトラウマ恋愛映画だ。監督の実体験を元にした本作は、倦怠期の夫婦が離婚するまでと、出会ったばかりのラブラブな頃の様子が並行して描かれ、観た人の心を的確に抉っていく。

夫婦の冷え切った関係を修復するためにディーンが思いついたのは、子ども抜きでラブホテルに行くこと。
ラブホを選択するセンスに疑問がある人もいるかも知れないがケンカの後にセックスして仲直りするというのは、よくあること。
しかし、お出かけ中の途中のスーパーで、よりによって元彼と偶然に再会してしまいます。ディーンはいらだちます。

この画像は結婚前。

かつてのラブラブはどこへやら。

シンディは、ディーンを生理的に嫌いになっているようです。

ラブホに到着して、さあというところですが…。シンディがキスを拒みつつ、仕方なしにちょっと応じる感じ。
ディーンに愛撫されるのをシンディは拳を握りしめて我慢し、ヤリたいならさっさと終わらせてとばかりに下着を脱ぎ捨てる行為がなんとか愛情を取り戻そうと奮闘するディーンの気持ちをコケにし、シンディが既にディーンに対して「生理的に嫌い」というまったく議論の余地のない領域に到っていることを如実に表しています。

写真はイメージで…。

話し合いの機会がありますが、平行線というか、ここでふたりの価値観のすれ違いが決定的に判明します。

少し酔っぱらってきたシンディがディーンに対して「歌とか、絵とか、才能を生かせずに失望しない?」と、言います。
それに対してディーンが「才能ってなんだよ? 稼ぎの問題か? 俺は家族を愛している」と応えるとシンディは「いつも意味を曲解して文句を言い始める」と言い返します。
絶対的な価値観のすれ違いを感じます。

激昂してしまったディーン。そりゃ怒ってしまうけどね…。

明朝、病院からの電話によって、ホテルにディーンをひとり残してシンディーが出勤してしまったことに腹を立てたディーンがシンディーの勤務先の病院に押しかけて、完全な修羅場となります。
女々しいだの、最低の男だのと、シンディは非難の根拠を全く示さずにディーンを罵倒します。
ディーンはシンディの上司を殴ってしまう。

離れ離れになっていくふたり…。娘がかわいそうすぎます。

そしてフラッシュバックされる結婚式の幸福な映像。心がしめつけられる。

もはや修復できない関係になってしまったふたりは、離婚という結末を迎えます。去っていくディーン。ラストシーンで離れて行く二人と、結婚したばかりの幸せそうな二人の映像が花火と共に映し出され、心をエグります。

実際に観た方から、夫婦でみてはいかんと警告が!!

特に結婚してる人には危険な作品ですぞ!夫婦で一緒に観るのもお勧めしませんヽ(`Д´)ノダメ、絶対!

出典: ameblo.jp

この映画がキツイのは、やけにリアルな事。(おまけに息を抜く所が殆んど無い~笑)

出典: blog.goo.ne.jp

どこにでもいそうな夫婦のありふれた一日を描きながらも、その内容は確実に観る者の顔を蒼ざめさせ、カップルで鑑賞していようものならかなりの高確率で年間摂取量ギリギリの「気まずさ」を味あわせてくれる、とても破壊力のある映画でしたよ。

出典: sukifilm.blog53.fc2.com

私も、もう一度観てみたいと思っているんですけど、できれば彼氏と観るのは避けたいです(笑)。

出典: www.cinemacafe.net

心に重く残るとても切ない後味の映画です。夫と妻と娘のどの立場で観てもツライ。この映画を観て結婚の理想と現実について誰かと話し合いたい…それ位考えさせられる作品

出典: itunes.apple.com

うまくいっている時は無敵モード。 無理になったら絶対無理。 どちらもアルアル話ですが、これらが交錯することで怖さ倍増。 ほんと現実感があって笑えませんでした。

出典: www.jtnews.jp

夫婦の愛が冷めていく様子を描いた『レボリューショナリー・ロード』と比較されることの多い『ブルーバレンタイン』はデレク・シアンフランス監督の実体験が多く取り入れられ、まさに私小説的な趣があるのですが『レボリューショナリー・ロード』よりもさらに粘着質でタチの悪い作品だと思います。

出典: nohouz.blog.fc2.com

tamu68
tamu68
@tamu68

Related Articles関連記事

ブルーバレンタイン(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ブルーバレンタイン(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ブルーバレンタイン』とは2010年公開のアメリカの恋愛映画。あるカップルの出会いから結婚、破局までを描く切ないストーリー。価値観の違い、気持ちの温度差、方向性の違い、仕事の格差から冷め切った夫婦をライアン・ゴズリングとミシェル・ウィリアムズが演じ、過激な性描写や体重増量も辞さない迫真の演技で、2人とも第68回ゴールデングローブ賞にノミネートされた。デレク・シアンフランス監督は10年かけて脚本を練り上げ、第63回カンヌ国際映画祭では「ある視点」部門に出品された。

Read Article

グレイテスト・ショーマン(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

グレイテスト・ショーマン(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『グレイテスト・ショーマン』とは2017年に公開された、アメリカで19世紀に活躍した興行師「P.T.バーナム」をモデルとしたミュージカル映画である。奇抜なアイデア故に奇人扱いされていた「P.T.バーナム」は、ピンチをチャンスに変えて「史上最大のショー(The Greatest Show)」を作りあげていく。主演は『レ・ミゼラブル』でも活躍したヒュージャックマンが務め、音楽は『ラ・ラ・ランド』も担当したベンジ・パセック&ジャスティン・ポールのコンビである。

Read Article

ヴェノム(Venom)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ヴェノム(Venom)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ヴェノム(Venom)』とは、2018年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。日本での公開は2018年11月2日。ソニー・ピクチャーズの保有するマーベル・コミックのキャラクターを実写映画化した『ソニー・ユニバース』シリーズの第1作品目。 地球外生命体シンビオートに寄生され、ヴェノムに変身する特殊能力を手に入れたジャーナリストエディ・ブロックの闘いを描く。

Read Article

ラ・ラ・ランド(La La Land)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ラ・ラ・ランド(La La Land)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ラ・ラ・ランド』とは2016年公開のミュージカル映画。売れないジャズピアニストのセバスチャン(セブ)が弾くピアノに惹かれてバーに入った女優志望のミア。後日あるパーティ会場でミアはセブに再会する。2人は急速に恋に落ち、互いの夢のために励まし合いながら共に暮らすが、ミアの夢を叶えるチャンスを掴むために別れる決断をする。往年の名作ミュージカル映画をオマージュした美しい映像や楽曲、ミアとセブの表現力溢れる歌声やダンス、切ないストーリーで観るもの全てが恋に落ちる極上のエンターテイメント。

Read Article

きみに読む物語(The Notebook)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

きみに読む物語(The Notebook)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

2004年制作。アメリカ映画。出演のジーナ・ローランズは本作でゴールデン・サテライト賞助演女優賞を受賞した。療養施設にいるデュークは、認知症の老女に物語の読み聞かせをしている。その物語とは、1940年代のある若いカップルの話だった。話を聞くうち、老女は時折記憶を取り戻す。原作はニコラス・スパークス。

Read Article

秘密への招待状(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

秘密への招待状(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『秘密への招待状』とは、2019年アメリカにて公開されたヒューマンドラマである。インドで孤児院を経営するイザベルに、ニューヨークのメディア会社で長年辣腕を振るってきたテレサという実業家から大口の寄付の話が舞い込む。イザベルはテレサの強引な要請で、契約をまとめるためにニューヨークに飛ぶ。そこでイザベルを待ち受けていたのは、心の奥底に封じ込んでいた自らの過去だった。18歳で訳あって別れた元恋人オスカーと、2人の間に生まれた娘グレイスとの突然の対面に揺れるイザベルの心を、テレサの愛情が溶かしていく。

Read Article

ラ・ラ・ランドのオマージュしたミュージカル映画まとめ

ラ・ラ・ランドのオマージュしたミュージカル映画まとめ

2016年に全米で公開されたミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」。 母国アメリカをはじめ世界中で大ヒットを記録し、アカデミー賞では監督賞をはじめ6部門で賞を受賞しました。そんな「ラ・ラ・ランド」にはミュージカル映画の名作のオマージュがちりばめられていて、それも見どころになっております。 今回は、「ラ・ラ・ランド」でオマージュされている映画について紹介します。

Read Article

切なさが心にしみる映画・ブルーバレンタインの主題歌・劇中歌まとめ

切なさが心にしみる映画・ブルーバレンタインの主題歌・劇中歌まとめ

2月14日はバレンタインデー。女性が愛する男性にチョコレートをプレゼントし、告白をするという一大行事だ。一方バレンタインデーをテーマにしたほろ苦い映画『ブルーバレンタイン』という作品もある。永遠の愛を誓ったはずの若い夫婦が破綻への道を歩むという、切ないストーリーだ。本記事では『ブルーバレンタイン』の中で使われていた楽曲をまとめて紹介する。

Read Article

【MCU】スパイダーマンの原作に登場するヴィランまとめ【マーベル・コミックス】

【MCU】スパイダーマンの原作に登場するヴィランまとめ【マーベル・コミックス】

マーベル・コミックスの代表的なヒーロー、スパイダーマン。ここではスパイダーマンの原作に登場するヴィランについてまとめました。サム・ライミ監督版「スパイダーマン」三部作や、「アメイジング・スパイダーマン」シリーズに登場したヴィランをはじめ、ヴェノムやカーネイジなど、映画「ヴェノム」シリーズに登場したキャラクターなども紹介しています。

Read Article

おすすめの恋愛映画15作品をまとめて紹介!素敵なときめきタイムで心と体に潤いを

おすすめの恋愛映画15作品をまとめて紹介!素敵なときめきタイムで心と体に潤いを

大好きな人にときめきを感じて、脳を刺激すると分泌されるドーパミン。女性の場合ドーパミンが作用すると成長ホルモンが通常よりも多く放出され、肌や髪に潤いを与える効果がある。そこで本記事では思わずときめきを感じてしまうような、おすすめの恋愛映画を15作品ピックアップし、あらすじ・ストーリーやおすすめポイントを掲載した。ぜひドキドキする素敵な時間を楽しんでみてほしい。

Read Article

【雪の華】Twitterで話題の「バレンタインに観たい恋愛映画」まとめ【きみに読む物語】

【雪の華】Twitterで話題の「バレンタインに観たい恋愛映画」まとめ【きみに読む物語】

Twitterで話題の「バレンタインに観たい恋愛映画」をまとめてみた。 「平成最後のバレンタインに観たい映画No. 1」とも言われた「雪の華」、身分の違う恋人同士の純愛作品「きみに読む物語」など。作品のファンや視聴済みの方たちのオススメツイートと共に、国内外問わず名作と言える作品を紹介する。

Read Article

目次 - Contents