ユーベル(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

ユーベルとは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』の登場人物。魔法都市オイサーストで開催される一級魔法使い試験に参加した、殺戮に忌避感を抱かない危険な女魔法使いである。
本人が“切れる”と認識したものを問答無用で両断する「大体なんでも切る魔法」の使い手で、2年前の二級魔法使いでは試験官の魔法使いを殺害して失格している。その後一級魔法使い試験に挑戦し、主人公のフリーレンやその弟子フェルンと協力してこれを突破する一方、参加者の1人であるラントに興味を抱いて近づいていく。

ユーベル(葬送のフリーレン)の概要

ユーベルとは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』の登場人物。北側諸国最大の魔法都市オイサーストで3年に1度開催される一級魔法使い試験に参加した、殺戮に忌避感を抱かない危険な女魔法使いである。
一般の家庭に生まれ、三級魔法使いに合格した後、オイサーストに赴いて二級魔法使い試験に挑戦する。そこで魔法の威力の調整を間違えて試験管の魔法使いを殺害してしまい、あっさりと失格を受け入れて故郷に戻る。

2年後、今度は一級魔法使い試験に参加。かつて勇者ヒンメルと共に魔王討伐を果たしたエルフの魔法使いフリーレン、その弟子で人間の魔法使いフェルンらと共に協力して次々と試験を突破。大陸魔法協会の長であるエルフの魔法使いゼーリエに、一級魔法使いとして認められる。
この試験の中で、同じく参加したラントという男の魔法使いに興味を抱く。試験の最中や合間を利用してラントに近づき、彼のことを知ろうとするが、それがどのような動機に基づくものかは不明。

ユーベル(葬送のフリーレン)のプロフィール・人物像

CV:長谷川育美

気怠い雰囲気をまとい、常に淡い笑みを浮かべた娘。物語に初登場した段階で、年齢は10代後半から二十歳ほどだと思われる。
自分を襲おうとした盗賊の集団を一人残らず返り討ちにしたり、魔法の威力を誤って人を殺しても「非難されて然るべきことをした」と理解しつつも罪悪感を抱かなかったりと、殺人を“悪いこと”だとは認識しつつ忌避感を抱かない危険な人物。

一方でそれ以外の感性は比較的普通で、フェルンが「服が透けて見える魔法」を使えると打ち明けた際は素早く離れて自分の体を隠している。故郷には姉がおり、彼女が裁縫するところを普段から眺める程度には親しいらしく、「殺人にまったく抵抗が無い」だけで「殺人狂」ではないという独特のキャラクターとなっている。
同じ時に一級魔法使い試験に参加したフリーレンやフェルンに対しては、「お陰で試験を突破できた」とある程度の仲間意識を持っている。一方で同じく試験参加者だったヴィアベルは、その魔法使いとしての才能と簡単に人を殺す気質からユーベルを「殺しておいた方がいい人間」と目している。共に一級魔法使いになったラントは、自身がガチガチの理論派魔法使いであることもあって、感覚だけで魔法を使う天才肌のユーベルを「気に食わないタイプ」だとしつつも露骨に邪険にすることもなく接している。

ユーベル(葬送のフリーレン)の魔法・能力

本作の魔法は理路整然とした知識と技術によって行使されるものとなっているが、ユーベルは「なんとなく」の感覚で魔法を操る異才の持ち主である。他人に共感することで、相手が得意とする魔法を自身も使えるようになるというインチキじみた特技を持つ。

大体なんでも切る魔法(レイルザイデン)

自分が「切れる」と認識したものを問答無用で切断する魔法。重要なのは「切れるかどうか」という術者の認識で、対象の実際の強度や硬度は意味を成さない。
ユーベルはこの魔法を使い、「いかなる攻撃魔法も通さない」と評された堅牢無比な防御魔法が施された外套を、“その外套をまとった人間”ごと真っ二つにしている。

見た者を拘束する魔法(ソルガニール)

全身を視界に収めた相手を金縛りにする魔法。一級魔法使い試験で対戦した北部魔法隊の隊長ヴィアベルの得意魔法。
自身もこの魔法で動きを封じられて窮地に陥るも、フェルンが駆け付けたことで生き延びる。この時に交わしたヴィアベルとの会話で彼の人柄を知り、理論や知識ではなく“感覚”だけを頼りに自身も同じ魔法を使えるようになった。

ユーベル(葬送のフリーレン)の来歴・活躍

故郷の村で生まれる

故郷の村で生まれ、普通の少女として育つ。姉と仲が良く、彼女が裁縫仕事をするところをたびたび眺め、ハサミが布を裁つ「シャー」という音を聞くのが好きだった。
その後きっかけや経緯は不明ながらユーベルは魔法使いを志し、若くして三級魔法使いの資格を得る。魔法に関しては天才肌の素質を発揮し、彼女はこの頃にはすでに三級程度には収まらないほどの実力を備えていた。

本人にもその自覚があったか、あるいは誰かに勧められたか、ユーベルは魔法使いとしてさらなる高みを目指して一級魔法使い試験を受けようと思い立つ。
「殺人に抵抗が無い」という気質はこの頃にはすでに発露していたが、敵意も無い相手を自分から殺すほど攻撃的な性格でもなく、平和で平穏な故郷の村では大きな事件を起こさなかった。

一級魔法使いのブルグを殺害

二級魔法使い試験に参加し、一次試験を無事に突破。二次の試験は「強力な防御魔法を施した街頭で身を包んだ一級魔法使いのブルグを一歩でも退かせる」というもので、多くの者がこれに失敗。ブルグは防御の魔法に長けており、その外套はあらゆる攻撃魔法を通さないほどの堅牢さを誇り、「不動の外套」とも呼ばれていた。
しかし、ユーベルは“布は切れるものだ、姉が布を裁つところならいくらでも見てきた”との認識から「大体なんでも切る魔法」で「不動の外套」を両断。この時魔法の威力を誤ってブルグも真っ二つにしてしまい、試験は失格となる。

殺人に抵抗が無くても、それが一般的には悪いことだと理解しているユーベルは、この処分を素直に受け入れる。彼女がブルグを殺すところを見ていた一級魔法使いゼンゼは、早々に帰路に就こうとする彼女を呼び止め、どうやって不動の外套を破ったのかと尋ねる。ユーベルはこれに「布は切れるものだから切った、みんな魔法を難しく考えすぎだ」と事も無く回答する。
魔法は術者の認識や想像力によって威力や効果が大きく異なるが、実力ある魔法使いであればあるほどブルグの魔法がいかに堅牢かつ隙の無いものであるかが分かるはずで、「あれは破壊できない」と考えるのが普通だった。その常識と目の前の光景から得られる情報を、ユーベルが自身の経験則と認識だけで覆したことを知ったゼンゼは、彼女の才能に驚愕。自身が髪の毛を操る魔法を得意としていること、ユーベルに殺人への抵抗が無いことから「自分はこの娘には絶対に勝てない」と戦慄する。

一級魔法使い試験への再挑戦

試験会場への旅路

二級魔法使い試験を失格になってから2年。新たに一級魔法使い試験が開催されることとなり、これに参加するために会場のある魔法都市オイサーストへと向かう。この時、自分を1人旅の若い娘と侮って襲ってくる盗賊たちを戯れのように返り討ちにしていたが、割って入ったエルフの武道僧(モンク)クラフトが相手を追い散らしたことで半分ほどを取り逃がす。
クラフトはユーベルが盗賊たちより遥かに強いこと、自分を殺そうとした時点で残らず返り討ちにしようとしていたことを見抜いており、「自衛のための殺しを咎めるつもりはない、ただ助けられる命を助けただけだ」と自身の行動を説明。現実を踏まえたクラフトのスタンスにそれ以上言いがかりをつけることもできず、ユーベルは彼を「食えないおっさん」と評した。

オイサーストに入る前にはクラフトと別れたユーベルは、一級魔法使い試験の会場で「一次の試験が即席のチームを組んで行われる」との説明を受ける。ユーベルは自分と同年代の女魔法使いフェルンと、いくらか年上の男の魔法使いラントと組んで一次試験に臨むこととなり、2人と軽い挨拶を交わす。

一次試験

一次試験は「チームに1人の脱落者もいない状態で、結界で閉ざされた一定の空間の中で隕鉄鳥(シュティレ)を確保する」という内容だった。隕鉄鳥は魔力探知に引っかからず、極めて頑強かつとんでもなく素早いという特徴があり、捕まえるとなると非常に厄介な存在だった。
しかし幸運にもフェルンが「鳥を捕まえる魔法」を修得しており、これを利用してユーベルたちのチームはあっさりと隕鉄鳥を確保。あとは試験の終わる時刻を待てば突破だと安堵するフェルンに、「ここから先は争奪戦になる」と助言する。ただ隕鉄鳥を手に入れるだけでなく、その後これを狙って襲ってくる他のチームをどう凌ぐかも、一次試験の内容の一部だった。

ユーベルたちが隕鉄鳥を確保したことを知り、北部魔法隊の隊長を務めるヴィアベルとその仲間たちが一行を襲撃。ユーベルはヴィアベルを相手取り、その百戦錬磨の冷静で隙の無い戦術に苦戦を強いられる。あとはトドメを刺されるのみというところにまで追い詰められるが、ここにフェルンが駆け付けて「ヴィアベルの仲間の魔法使いを殺した」と宣言。脱落者が出た時点で一次試験の突破が不可能になったと悟ったヴィアベルは、戦う理由を失ってユーベルを解放し、その場を静かに去っていく。実はこれはヴィアベルを追い払いたいフェルンの方便で、ヴィアベルはしばらく後にそれに気づいて頭を抱えることとなる。
ラントはラントでヴィアベルの仲間の魔法使いを退け、改めてチームに合流。さらなる襲撃を避けるため、ユーベルたちは探知されないよう魔力を抑えつつ結界内部の洞窟に潜伏する。

ラントへの好奇心

行動を共にする間に、ユーベルはラントが魔法で作り出した分身を使って試験に参加していることに気付く。「得意とする魔法は、その人物がどのような人柄でどのような人生を歩んできたかと密接に関わっている」との持論を持つユーベルは、ラントがどうして分身を作り出す魔法を得手とするようになったかに興味を抱き、彼に接触を繰り返す。
ラントはガチガチの理論派魔法使いで、ユーベルのように感覚で魔法を使いこなすタイプの人間を毛嫌いしていた。はっきりとそう告げられて「付いてくるな」と釘を刺されるユーベルだったが、お構いなしにラントに付きまとい、一次試験から二次試験までの間の日々をほとんど彼と共に過ごす。ラントはこれに辟易とはしていたが、感情的になること嫌う彼は以降声を荒げてユーベルを追い払うことはせず、ひたすら無視を決め込んだ。

結果として2人は不器用に交流する友達以上恋人未満のような日々を過ごす。ユーベルがラントに対して抱いた想いが純粋に魔法使いとしての興味なのか、個人に対する好奇心なのか、異性に対する憧れなのかは不明である。

二次試験

二次試験の内容は、「とある未踏の地下迷宮を最下層まで踏破する」というものだった。試験官は2年前にユーベルと出会ったゼンゼで、迷宮内にはそれほど危険な魔物もおらず、比較的安全なものになるはずだった。
しかし、迷宮深部に敵対する者の精巧な複製を作り出す水鏡の悪魔(シュピーゲル)がいたこと、フェルンの師であるフリーレンも今回の試験に参加していたことで、安全だと思われていた二次試験は一気に危険度が跳ね上がる。フリーレンはかつて勇者ヒンメルと共に魔王を討伐したエルフの魔法使いで、今回の試験の参加者はおろかすでに一級魔法使いの資格を得た者たちと比べても圧倒的に格上の存在だった。

この窮地に参加者たちは協力して立ち向かい、それぞれが“この魔法使い相手なら優位に立てる”と思う相手の複製を攻撃。ユーベルはゼンゼの複製を撃破し、2年前にゼンゼ自身が感じた直感が正しかったことを証明する。
フリーレンの複製は、他ならぬフリーレンがフェルンと協力して撃破。結果として二次試験はごくわずかな脱落者を出しただけで、ユーベルとラントを含む一次試験突破者の大半が合格することとなった。

YAMAKUZIRA
YAMAKUZIRA
@YAMAKUZIRA

Related Articles関連記事

葬送のフリーレン(FRIEREN)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

葬送のフリーレン(FRIEREN)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『葬送のフリーレン』とは、原作山田鐘人、作画アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。 勇者ヒンメルと共に魔王を倒したエルフの魔法使いフリーレン。その50年後、ヒンメルがあっさりと寿命で息を引き取った時、彼女は自分と比べてあまりに短い時間しか生きられない人間の儚さを知り、苦楽を共にしてきた彼のことを自分が何も知らないという事実に激しく後悔する。人とは何か、自分にとってのヒンメルとは何者だったのかを今度こそ理解するため、フリーレンは新たな仲間たちと共に旅立っていく。

Read Article

葬送のフリーレンの魔法・呪い・必殺技まとめ

葬送のフリーレンの魔法・呪い・必殺技まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 典型的なファンタジー世界を舞台としており、物語には多種多様な魔法や技が登場する。炎や雷を放つ戦闘用の魔法から戦士の振るう一撃必殺の大技、魔族の用いる解析不能の呪いまで、その用途も効果も様々である。ここでは、そんな『葬送のフリーレン』に登場する魔法と呪いと必殺技を紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンの料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

葬送のフリーレンの料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 物語の舞台はいわゆるファンタジー世界だが、料理に関してはかなり進んでおり、ドーナツやパフェも登場する。主人公のフリーレンたちは旅の行く先々で様々な料理を食べ、舌鼓を打っている。ここでは、『葬送のフリーレン』に登場する料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物をまとめて紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンの七崩賢まとめ

葬送のフリーレンの七崩賢まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 七崩賢は、作中に登場する魔王軍の幹部である。具体的に七崩賢という枠組みができたのがいつのことなのかは不明だが、いずれもが人知の及ばぬ強大な魔法を操り人類を脅かした。南の勇者との戦いで3人、勇者ヒンメル一行に2人が討ち取られ、生き残った2人も魔王軍壊滅後にフリーレンに倒され全滅した。

Read Article

葬送のフリーレンの恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

葬送のフリーレンの恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 作中では様々なキャラクターが交流しており、その中には恋愛関係に発展しそうなものも少なくない。主人公のフリーレンからして「自分とヒンメルの関係」を理解できておらず、その想いの行く末が注目されている。ここでは、『葬送のフリーレン』の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人を紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンの魔族まとめ

葬送のフリーレンの魔族まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 典型的なファンタジー世界を舞台としており、作中には人類を捕食する魔族という種族が登場する。人間を狩るために言葉を学び、人間を騙すために似た姿を獲得し、人間のものとは異なる特殊な魔法を操り、魔力の多寡で上下が決まる風習を持つ。ここでは、『葬送のフリーレン』に登場する魔族を紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンの勇者ヒンメル一行まとめ

葬送のフリーレンの勇者ヒンメル一行まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 勇者ヒンメル一行は作中に登場する人間と亜人の混合パーティーで、物語のメインとなる時間軸の80年前に魔王の討伐に成功した英雄たちである。主人公のフリーレンもその1人で、1000年以上の時を生きた彼女をして「化け物」と評する傑出した実力者がそろっている。

Read Article

葬送のフリーレンのミニアニメ「●●の魔法」まとめ

葬送のフリーレンのミニアニメ「●●の魔法」まとめ

『葬送のフリーレン 〜●●の魔法〜』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』を原作とする公式のミニアニメ。アニメ版『葬送のフリーレン』の放送に合わせ、YouTubeで順次公開された。 『葬送のフリーレン』の主人公フリーレンはエルフの魔法使いで、日常生活で少しだけ役に立つ民間魔法を集めることを趣味としている。『葬送のフリーレン 〜●●の魔法〜』ではこの点をクローズアップし、フリーレンが手に入れた新たな民間魔法と、それによるちょっとした騒動を描いている。

Read Article

葬送のフリーレンの戦士・騎士まとめ

葬送のフリーレンの戦士・騎士まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 典型的なファンタジー世界を舞台としており、作中には武器を手に戦う戦士や騎士が多数登場する。人間、ドワーフ、魔族など種族も様々で、中には一撃で竜を叩き伏せ、ダイヤモンドすら握り潰すほどの怪力を誇る猛者もいる。ここでは、『葬送のフリーレン』に登場する戦士と騎士を紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンの魔法使いまとめ

葬送のフリーレンの魔法使いまとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 典型的なファンタジー世界を舞台としており、この手の作品には定番の職業である「魔法使い」が数多く登場する。主人公のフリーレンもまた魔法使いであり、彼女と人間や魔族の魔法使いたちとの魔法勝負も作品の見所の1つとなっている。ここでは、『葬送のフリーレン』に登場する魔法使いたちを紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンのエルフまとめ

葬送のフリーレンのエルフまとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 典型的なファンタジー世界を舞台としており、主人公のフリーレンを始めとする登場人物の何名かはエルフとなっている。エルフとは長い耳と1000年以上の寿命を持つ人類の亜種で、人間と共に暮らしている者も多い。ここでは、そんな『葬送のフリーレン』に登場するエルフを紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンの魔物まとめ

葬送のフリーレンの魔物まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 物語の舞台はいわゆるファンタジー世界で、竜などの有名なものから巨人のようなものまで荒野や森の奥地を様々な魔物が闊歩している。フリーレンたちは時には旅の中で彼らと交戦し、時には仕事として彼らの討伐を請け負う。ここでは、『葬送のフリーレン』に登場する魔物をまとめて紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンの僧侶・武道僧まとめ

葬送のフリーレンの僧侶・武道僧まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 典型的なファンタジー世界を舞台としており、作中には天地創造の女神を信仰する僧侶が登場する。「女神の魔法」と呼ばれる特殊な魔法を操る治癒と解毒の専門家だが、中には武道僧という“僧侶にして武術を修めた”人物も存在する。ここでは、『葬送のフリーレン』に登場する僧侶と武道僧を紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンのドワーフまとめ

葬送のフリーレンのドワーフまとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 典型的なファンタジー世界を舞台としており、登場人物の何名かはこの手の作品では定番のキャラクターであるドワーフとなっている。ドワーフとは小柄で屈強な体を持つ人類の亜種で、人間とは友好的で街の一員として暮らしていることも多い。ここでは、『葬送のフリーレン』に登場するドワーフを紹介する。

Read Article

葬送のフリーレン名勝負「一級魔法使い試験」のネタバレ解説・考察まとめ

葬送のフリーレン名勝負「一級魔法使い試験」のネタバレ解説・考察まとめ

「一級魔法使い試験」とは、人間を知るための旅を続けるエルフの魔法使いフリーレンの姿を描いた『葬送のフリーレン』で繰り広げられた名勝負の1つ。一級魔法使い試験に臨む世界有数の魔法使いたちによる、熾烈な戦いや様々な駆け引きを描いている。 旅の途中で一級魔法使いの資格を欲したエルフの魔法使いフリーレンは、弟子のフェルンと共にこの試験が開催されるオイサーストへと向かう。宮廷魔法使いデンケン、北部魔法部隊の隊長ヴィアベルといった猛者たちもこれに参加し、時に争い、時に協力しながら試験を突破していく。

Read Article

葬送のフリーレン名勝負「断頭台のアウラとの戦い」のネタバレ解説・考察まとめ

葬送のフリーレン名勝負「断頭台のアウラとの戦い」のネタバレ解説・考察まとめ

「断頭台のアウラとの戦い」とは、人間を知るための旅を続けるエルフの魔法使いフリーレンの姿を描いた『葬送のフリーレン』で繰り広げられた名勝負の1つ。かつて魔王軍幹部「七崩賢」の一員だった断頭台のアウラとその軍勢を相手に、フリーレンと仲間たちが奮闘する内容となっている。 グラナト伯爵領を訪れたフリーレンは、この地の人々がアウラの軍勢と戦い続けてきたこと、相手の申し出で和睦を結ぼうとしていることを知る。それが魔族の策略だと見抜いたフリーレンは、かつて取り逃がしたアウラを今度こそ討つべく戦いに臨む。

Read Article

葬送のフリーレンの回収済み・未回収の伏線・謎まとめ

葬送のフリーレンの回収済み・未回収の伏線・謎まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 主人公のフリーレンは1000年以上の時を生きており、彼女の半生はもちろん「勇者一行がどのようにして魔王を倒したのか」、「魔王は何を目的にしていたのか」など、様々な情報が謎のままだったり伏せられた状態になっている。ここでは、『葬送のフリーレン』の謎や回収済み・未回収の伏線を紹介する。

Read Article

葬送のフリーレン名勝負「黄金郷ヴァイゼの戦い」のネタバレ解説・考察まとめ

葬送のフリーレン名勝負「黄金郷ヴァイゼの戦い」のネタバレ解説・考察まとめ

「黄金郷ヴァイゼの戦い」とは、人間を知るための旅を続けるエルフの魔法使いフリーレンの姿を描いた『葬送のフリーレン』で繰り広げられた名勝負の1つ。黄金へと姿を変えた城塞都市ヴァイゼの解放を巡り、フリーレンと彼女の仲間たちが大魔族マハトに挑んだものである。 人類との共存を目指すマハトは、魔族に無い罪悪感という感情を学ぶため、友と呼べるほど親しくなった人間ごと城塞都市ヴァイゼを黄金へと変える。数十年後、ヴァイゼ出身の魔法使いデンケンがマハトの打倒のため動き出し、フリーレンもこれに協力していく。

Read Article

葬送のフリーレン名勝負「女神の石碑の戦い」のネタバレ解説・考察まとめ

葬送のフリーレン名勝負「女神の石碑の戦い」のネタバレ解説・考察まとめ

「女神の石碑の戦い」とは、人間を知るための旅を続けるエルフの魔法使いフリーレンの姿を描いた『葬送のフリーレン』で繰り広げられた名勝負の1つ。現代のフリーレンと過去の時代のヒンメルたちが協力して魔族と戦う内容となっている。 女神の石碑を調査したフリーレンは、意識だけが80年前の自分自身へと飛ばされた状態となる。当時のフリーレンは勇者ヒンメルたちと共に旅をしており、歴史の改変を防ぐために彼女は未来の情報を隠そうとする。一方、フリーレンが未来の知識を持つことを察した魔族は、その抹殺を画策する。

Read Article

フリーレン構文とは!?元ネタ・使い方・トリビア・反応など徹底解説!

フリーレン構文とは!?元ネタ・使い方・トリビア・反応など徹底解説!

「フリーレン構文」とは、人間を知るための旅を続けるエルフの魔法使いの活躍を描いた『葬送のフリーレン』を元ネタとするネットスラング。 主人公で1000年以上の時を生きるフリーレンの、「長く生きている」からこそのトンチンカンな反応を、現実の高齢オタクのあるあるになぞらえたジョークである。 「“人間を知る”ための旅をしているフリーレンが、どうでもいいか知らない方がいいような知識に興味を持つ」というパターンも存在し、これも同じ名で呼ばれている。 ここでは2種類の「フリーレン構文」を紹介する。

Read Article

ファンタジーの定番「エルフ」とは!?元ネタ・特徴・能力・有名キャラクターを徹底解説!

ファンタジーの定番「エルフ」とは!?元ネタ・特徴・能力・有名キャラクターを徹底解説!

エルフとは、ファンタジー風の異世界を舞台とする作品にたびたび登場する、人間に近い姿をした「亜人」と呼ばれる種族の1つである。もともとは北欧に伝わる妖精の一種で、『指輪物語』や『ロードス島物語』といった作品で取り上げられながら設定が整理されていった。 エルフは長い耳と人間の数倍以上の寿命を持ち、種族的に高い魔力を持つ。自然を崇拝し、森の中を主な生活圏にしており、他種族に対しては排他的な傾向が強い。ここでは、ファンタジー物の作品では定番のキャラクターであるエルフについて解説していく。

Read Article

ヒンメル理論/ヒンメル構文とは!?元ネタ・使い方・トリビア・反応など徹底解説!

ヒンメル理論/ヒンメル構文とは!?元ネタ・使い方・トリビア・反応など徹底解説!

「ヒンメル理論/ヒンメル構文」とは、人間を知るための旅を続けるエルフの魔法使いの活躍を描いた『葬送のフリーレン』を元ネタとするネットスラング。 作中で魔王討伐を果たした勇者ヒンメルは、その高潔な人柄で仲間たちに感銘を与え、彼らの人生にも大きな影響を及ぼした。ヒンメルの死後、その仲間たちは誰かに手を差し伸べては「ヒンメルならそうした」と語り、共に旅をした偉大な勇者に恥ずかしくない人間であろうと努めていく。ヒンメル理論はこれを現実に持ち出して、何かを実行する時に唱えて勇気を奮い起こすものである。

Read Article

ファンタジーの定番「ドワーフ」とは!?元ネタ・特徴・能力・有名キャラクターを徹底解説!

ファンタジーの定番「ドワーフ」とは!?元ネタ・特徴・能力・有名キャラクターを徹底解説!

ドワーフとは、ファンタジー風の異世界を舞台とする作品にたびたび登場する、人間に近い姿をした「亜人」と呼ばれる種族の1つである。もともとは北欧神話に登場する妖精の一種で、『指輪物語』や『ロードス島物語』といった作品で取り上げられながら設定が整理されていった。 ドワーフは小柄で屈強な体を持ち、手先が器用で鉱物の加工を得意とする。酒を好み、髭が長く、偏屈なところはあるが人間に対して友好的である。ここでは、ファンタジー物の作品では定番のキャラクターであるドワーフについて解説していく。

Read Article

葬送のフリーレンの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

葬送のフリーレンの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『葬送のフリーレン』とは、山田鐘人(原作)とアベツカサ(作画)による漫画作品。 10年の歳月を費やして魔王を打倒し世界を救った勇者一行。その50年後、勇者ヒンメルは昔の仲間たちと再び集い、人生の幕を閉じた。 その一行の中にいたエルフのフリーレンは、その長寿な種族の性質上、人間と深く交わることがほとんどなかった。しかし、10年という歳月を共に生きた友の訃報を受け、彼女は人間と交流し理解しようという決意を固める。 勇者一行や勇者に助けられた者たちなどの多くの名言・名セリフが登場する。

Read Article

ミリアルデ(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

ミリアルデ(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

ミリアルデとは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』に登場するキャラクター。殺されない限りは不老不死に近い存在であるエルフの女性。 過去に「“なんの価値もないゴミ”を、そうとは知らずに人生を懸けて探し求めた」ことがあるらしく、その反動でか無気力で無味乾燥な性格。自分と同じような人生を歩む者が現れることを期待したのか、不味いことで話題になっていた皇帝酒を「最上の名酒」と称える碑文を残した。ミリアルデは主人公フリーレンの知り合いだが、本人が今どこで何をしているかは不明。

Read Article

終極の聖女トート(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

終極の聖女トート(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

終極の聖女トート(しゅうきょくのせいじょトート)とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』に登場するキャラクター。人類側にも広くその名を知られた大魔族ながら、戦いを好まず魔法の探求に勤しむ変わり者である。 魔王の打倒を目指す勇者ヒンメル一行を討伐するため集められた4名の大魔族の1人。しかし招集には応じておきながら、「戦うのは苦手」といって1人引き返してしまう。この時点でなんらかの呪いを無差別に振り撒いており、「100年後には私の呪いが星全体を覆い尽くす」と豪語した。

Read Article

クラフト(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

クラフト(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

クラフトとは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』に登場するキャラクター。1000年以上の時を生きるフリーレンよりさらに高齢のエルフで、女神を信仰する武道僧(モンク)である。 記憶にも記録にも残らない古の昔、仲間たちと共になんらかの偉業を果たす。それがどのようなものかは作中で語られていないが、自分たちの過去がこの世から忘れられていくことを憂いたクラフトは、人間たちの信仰対象である女神を崇め始める。長い旅の中で偶然フリーレンと出会い、数百年後の再会を予感しつつ別れた。

Read Article

フリーレン(葬送のフリーレン主人公)とは【徹底解説・考察まとめ】

フリーレン(葬送のフリーレン主人公)とは【徹底解説・考察まとめ】

フリーレンとは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』の登場人物。物語の主人公であり、かつて勇者ヒンメルや仲間たちと共に魔王を倒して世界に平和をもたらした魔法使い。見た目は幼いが、エルフと呼ばれる長命種の存在で、年齢は1000歳を超えている。 冷静沈着で感情の起伏に乏しい。魔法使いとしては最上位クラスの実力者で、多くの魔族を葬ったことから「葬送のフリーレン」の異名を持つ。勇者ヒンメルの葬儀の際、自分が彼のことを何も知らないことに愕然とし、人間を知るための旅に出る。

Read Article

ヒンメル(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

ヒンメル(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

ヒンメルとは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』の登場人物。僧侶ハイター、戦士アイゼン、そしてエルフの魔法使いフリーレンと共に魔王を討伐した勇者。この冒険は物語の本筋からすると過去の出来事で、ヒンメル自身は第1話で老衰により死亡する。 ポーズにこだわった銅像を各地に残すなどナルシスト的なところもあるが、困っている人を見掛ければ旅の途中だろうと助けて回る善良にして高潔な人物。フリーレンには好意と憧れの混じった感情を抱いていたが、それを明かさぬまま息を引き取った。

Read Article

エーレ(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

エーレ(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

エーレとは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』の登場人物。一級魔法使いの祖父を持つ、魔法学校を首席で卒業した才媛である。 幼い頃にヴィアベル率いる北部魔法隊に自身の街を救われ、この時の経験と祖父の影響で自身も魔法使いを志す。後に一級魔法使い試験の会場で偶然ヴィアベルと再会したエーレは、彼と共にこれに参加。奮戦するも、結局は三次試験で失格する。しかしヴィアベルの人柄を改めて知って気に入ったのか、以降エーレは彼と行動を共にして相棒のごとく振る舞うようになる。

Read Article

ゼンゼ(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

ゼンゼ(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

ゼンゼとは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』の登場人物。大陸全土でも45人しかいない一級魔法使いの1人で、髪の毛を自在に操る特殊な魔法を操る。 主人公のフリーレンが参加した一級魔法使い試験で試験官を務め、「零落の王墓」と呼ばれる未踏の迷宮の攻略を参加者に課す。この結果を見届けるためゼンゼ自身も迷宮に踏み入り、彼らの奮戦を見届けた。平和主義者を自称しているが、一級魔法使いを目指す中で命を落とす者の犠牲については許容するなど、責務に忠実かつ厳しい性格である。

Read Article

ヴィアベル(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

ヴィアベル(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

ヴィアベルとは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』の登場人物。魔王軍残党と長年戦い続けてきた北部魔法隊の隊長であり、その経歴に見合う高い戦闘能力を持つ。 強面で言動も荒々しく、必要だと判断した殺しは躊躇なく実行する。しかし不要な戦いは避けるなど軍人としては良識的で、戦いを離れれば面倒見の良さや気配りの上手さを発揮する二面性のある人物。一級魔法使い試験に参加した中でも屈指の猛者として注目される一方、主人公フリーレン一行の戦士シュタルクを熱心に自軍にスカウトする。

Read Article

ゼーリエ(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

ゼーリエ(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

ゼーリエとは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』の登場人物。1000年以上前から生きているフリーレンをも子供扱いする、神話にも等しい時代に生まれたエルフの大魔法使い。 全知全能の女神にもっとも近いとされる力の持ち主で、大陸魔法協会の創始者。苛烈にして尊大な性格だが高慢ではなく、格下のものであっても聞くべきと判断した意見は素直に聞き入れる。フリーレンとは大師匠と孫弟子の関係にあるが、魔法使いとして目指す方向性が違うため仲はあまり良くない。

Read Article

血塗られし軍神リヴァーレ(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

血塗られし軍神リヴァーレ(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

血塗られし軍神リヴァーレ(ちぬられしぐんしんリヴァーレ)とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』に登場するキャラクター。人類側にもその名を広く知られた大魔族で、「魔族最強の戦士」を自負する猛者。 数百年を生きる大物魔族たちを前に自身を「老いぼれ」と称するなど、魔族としても非常に長命の人物。戦闘狂的な気質を持ち、強い戦士との戦いには嬉々として臨む。主要人物の1人であるシュタルクの故郷の村を襲撃し、彼以外の一族を皆殺しにした。

Read Article

水鏡の悪魔/シュピーゲル(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

水鏡の悪魔/シュピーゲル(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

水鏡の悪魔(シュピーゲル)とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』に登場する魔物の一種。一級魔法使い試験の二次試験では、この魔物を攻略するために本来競争相手である参加者たちが手を組むこととなった。 自分に近づいた人間の複製体を作り出し、これを操る力を持つ。この複製体は元となった人物とまったく同じ力を持つ上に、水鏡の悪魔の魔力が続く限りいくらでも作ることが可能。作中では零落の王墓と呼ばれる迷宮の最深部に巣食い、魔王討伐の英雄フリーレンの複製体を作って猛威を振るった。

Read Article

フェルン(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

フェルン(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

フェルンとは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』の登場人物。勇者と共に魔王討伐を果たした僧侶ハイターに引き取られた戦災孤児で、彼の死後は同じく勇者一行の一員であるエルフの魔法使いフリーレンの弟子となった。 フリーレンも認める素質の持ち主で、十代前半にして「1人前の魔法使い」へと成長。普段はだらしないフリーレンの私生活を支え、約束を破ると叱るなど一行の母親役を務める。旅仲間のシュタルクに対しては信頼と好意を寄せているが、後者については自覚していない。

Read Article

目次 - Contents