葬送のフリーレン名勝負「女神の石碑の戦い」のネタバレ解説・考察まとめ

「女神の石碑の戦い」とは、人間を知るための旅を続けるエルフの魔法使いフリーレンの姿を描いた『葬送のフリーレン』で繰り広げられた名勝負の1つ。現代のフリーレンと過去の時代のヒンメルたちが協力して魔族と戦う内容となっている。
女神の石碑を調査したフリーレンは、意識だけが80年前の自分自身へと飛ばされた状態となる。当時のフリーレンは勇者ヒンメルたちと共に旅をしており、歴史の改変を防ぐために彼女は未来の情報を隠そうとする。一方、フリーレンが未来の知識を持つことを察した魔族は、その抹殺を画策する。

『葬送のフリーレン』の概要

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。
2020年から『少年サンデーコミックス』で連載され、その独創的な設定と秀逸なキャラクターは読者のみならず同業の漫画家からも高く評価されている。『マンガ大賞2021』大賞、『このマンガがすごい!2021』オトコ編2位、『全国書店員が選んだおすすめコミック2021』2位、『第25回手塚治虫文化賞』新生賞など、多くの賞を受賞している。

勇者ヒンメルと共に魔王を倒したエルフの魔法使いフリーレン。彼らの冒険は10年もの長きに渡るものとなったが、1000年以上の時を生きるエルフにとってはほんのわずかな時間に過ぎなかった。
50年後、ヒンメルがあっさりと寿命で息を引き取った時、フリーレンは自分と比べてあまりに短い時間しか生きられない人間の儚さを改めて思い知り、苦楽を共にした彼のことを自分がほとんど何も知らないという事実に愕然とする。人とは何か、自分にとってのヒンメルとは何者だったのかを今度こそ理解するため、フリーレンは新たな仲間たちと共に旅立っていく。

ある時、フリーレンは「女神の石碑」と呼ばれる遺跡の解析を試みる。これは創世の女神が地上に残した10の石碑の1つであり、フリーレンがかつて勇者ヒンメルと共に旅をしていた時に解析に挑戦した際はこれといった収穫もなく、それから1週間ほどの間の記憶が無くなる不可思議な現象に見舞われた曰く付きの代物だった。
リベンジのつもりで再調査を始めたフリーレンだったが、石碑には新しく文字が彫られており、何気なくこれを唱えた瞬間周囲の景色が一変。気が付けば彼女の背後には、かつて魔王討伐を目指して共に旅をしたヒンメルたちの姿があった。

「女神の石碑の戦い」とは

「女神の石碑の戦い」とは、人間を知るための旅を続けるエルフの魔法使いフリーレンの姿を描いた『葬送のフリーレン』で繰り広げられた名勝負の1つ。
「80年前の自分自身に意識だけが宿る形でタイムスリップした現代のフリーレン」と、「80年前の勇者ヒンメル一行」が協力して大魔族の徒党と戦う変則的な内容となっている。

女神の石碑を調査したフリーレンは、意識だけが80年前の自分自身へと飛ばされた状態となる。当時のフリーレンは勇者ヒンメルたちと共に魔王討伐を目指す旅の途上にあり、「迂闊なことを漏らせば歴史が変わりかねない」と考えた彼女は、自身が未来の情報を持つことを隠そうとする。
一方、フリーレンが未来の知識を持つことを察した魔族は、その抹殺を画策。魔王軍幹部「七崩賢」の一員である奇跡のグラオザーム(きせきのグラオザーム)を中心に、血塗られし軍神リヴァーレ(ちぬられしぐんしんリヴァーレ)、無名の大魔族ソリテールといった魔王軍屈指の実力者が集まり、ヒンメル一行に襲い掛かる。

「女神の石碑の戦い」までの経緯・因縁

女神の石碑の再調査

大陸の北の果てを目指す旅の途中、関所で3週間ほど足止めを食らうことを知ったフリーレンは、「ちょうどいい」と考えて弟子のフェルンや旅の同行者であるシュタルクと共に近くにある女神の石碑を目指す。これはかつてフリーレンがヒンメルたちと共に旅をしていた時に1度解析を試みたもので、その時は特に何も分からず、ただ「解析してから1週間ほどの記憶が曖昧になっている」ことだけを憶えている不思議なものだった。待ち時間の間にこの時のリベンジをしようというのが、フリーレンの目的だった。
この時フリーレンが調べようとしていた女神の石碑は、創世の女神が地上に残したとされるものの1つで、彼女が以前調べた時はほぼ完全な状態だった。それから何があったのか、現在は半壊した状態で、「フィアラトール」という不可思議な言葉が新たに刻まれていた。

唐突な再会

「フィアラトール」とは、創世の女神について記した「聖典」に登場する言葉である。魔法使いのフリーレンはこれについて詳しく知らず、とにかく調べてみようと石碑に解析の魔法をかける。すると不意に女神の石碑が完全な状態に戻り、死んだはずのヒンメルが背後からフリーレンに話しかけてくる。
振り返った先にいたのは、共に魔王討伐の旅をしていた頃のヒンメルと、当時の仲間のハイターとアイゼンだった。「どうやら自分は意識だけ80年前に送り込まれたらしい」と判断したフリーレンは、なんとか帰る方法を探そうと考える一方、「迂闊にヒンメルたちに未来の情報を知られれば、歴史が変わってフェルンやシュタルクが生まれなくなるかもしれない」と警戒する。そのヒンメルたちも「フリーレンの様子がおかしい」と気付くが、信頼する仲間である彼女が話せないなら何か事情があるのだろうと様子を見る。

魔族たちの暗躍

フリーレンが調べた女神の石碑は、魔族たちの監視対象となっていた。この地の見張りを命じられていた残影のツァルト(ざんえいのツァルト)は、時空干渉の反応を察知してヒンメル一行を追跡。一方、1000年先をも見通すとされた大魔族全知のシュラハト(ぜんちのシュラハト)は、このタイミングでフリーレンが未来の知識と技術を持って現れることも見抜いていた。シュラハト本人は少し前の戦いで命を落としていたが、魔王軍幹部「七崩賢」の一員たる奇跡のグラオザーム(きせきのグラオザーム)にフリーレンを討伐するよう指示を与えていた。
フリーレンと、彼女を倒す障害として立ちはだかるだろうヒンメルたちをまとめて倒すため、グラオザームは血塗られし軍神リヴァーレ(ちぬられしぐんしんリヴァーレ)、終極の聖女トート(しゅうきょくのせいじょトート)、無名の大魔族ソリテールといった大物魔族を召集。ヒンメル一行を全滅させることを目論み、動き出していく。

「女神の石碑の戦い」の展開・流れ

未来から来た魔法使い

どことなく挙動のおかしいフリーレンをヒンメルたちが見守る中、一行は残影のツァルト(ざんえいのツァルト)の襲撃を受ける。ツァルトは魔王軍幹部「七崩賢」の一員である奇跡のグラオザーム(きせきのグラオザーム)配下の強力な魔族で、単身ヒンメル一行に挑んできたのも「自分なら勝てる」との勝算あってのことだった。
ツァルトは触れた対象を転移させる魔法の使い手で、不意を突いてフリーレンを空の彼方へと転移させ、ヒンメルたちに「あの女を助けたければ降伏しろ」と要求。この時代、空を飛ぶ魔法は魔族の専売特許で、上空に飛ばされてしまえば墜落死は避けられないのが当たり前だった。

しかしこの時代から80年もの月日が流れる中で、人類の魔法使いは空を飛ぶ魔法を解析し、これを自分たちの技術体系に組み込むようになっていた。この時代ならともかく未来からやってきたフリーレンも空を飛ぶ魔法を修得しており、“どれくらい減速すれば安全に着地できるか”は感覚として心得ていた。「さすがに飛ぶところを見せるのはまずい」との判断から、フリーレンは攻撃魔法の連打で制動をかける形で地上へと帰還する。
フリーレンが無事に戻ったことを見て取ったヒンメルたちは、連携してツァルトを攻撃。この時フリーレンはひたすら援護に徹しており、「いつもよりずっと戦いやすい、やはりいつものフリーレンではない」との印象を彼らに与える。追い詰められたツァルトは、ヒンメルたちの頭上に岩塊を転移させて相手を押し潰す策に出るも、「これはさすがにどうしようもない」と判断したフリーレンが未来の魔法でこれを粉砕。驚くツァルトにトドメを刺し、一行を圧死の危機から救う。

80年後の約束

ツァルトを退けたフリーレンだったが、彼女が未来の魔法を使うところを目撃したヒンメルたちから「事情があるのは分かるが、そろそろ話してほしい」と提案される。気心知れた彼らを相手に最後まで秘密にするのは無理だと考えたフリーレンは、自分が80年後から精神だけこの時代に送られた状態にあることを打ち明け、歴史に影響を与える前に帰りたい旨を告げる。
ヒンメルたちはこれを承知し、時に商人を護衛し、時に巨大な竜と戦いつつ、フリーレンを過去に戻す術についての調査を始める。やがて彼らは聖典の中に女神の石碑を作動させる魔法が暗号の形で隠されていることを突き留めるが、この解読には数十年単位の時間がかかることが予想された。

そこでヒンメルは、フリーレンが「未来の情報をこの時代の人間に伝えるとタイムパラドックスを起こしかねない」と案じていることから、「自分たちの冒険が終わった後で、時間をかけて聖典の該当箇所を解読し、判明した魔法を女神の石碑に彫り付けておく」という方法でこの問題をクリアしようと言い出す。この時点で一行は女神の石碑からかなり離れた場所に移動していたが、フリーレンの精神を再び未来に送り返すためにこれまで歩んだ旅路を逆に辿っていく。
この頃、ツァルトが敗れたことを知ったグラオザームは、血塗られし軍神リヴァーレ(ちぬられしぐんしんリヴァーレ)、終極の聖女トート(しゅうきょくのせいじょトート)、無名の大魔族ソリテールといった大物魔族を召集していた。1000年先をも見通すとされた魔王の腹心全知のシュラハト(ぜんちのシュラハト)は、このタイミングでフリーレンが未来の知識と情報を持った状態になることも見抜いており、彼女を討伐するようグラオザームに言い渡していたのである。フリーレンの精神が時空を超えることは、どのようにしてか魔王も察知しており、召集に応じた魔族たちは「フリーレンを始末するだけではなく、そのまま我らの手で勇者一行を討つ」と意気込んでいた。しかしただ1人、トートだけは「戦うのは苦手だ」と言って早々に引き上げてしまう。

勇者ヒンメル一行 vs. 大魔族の徒党

女神の石碑の近くにまでやってきたところで、ヒンメルたちはグラオザームたちの襲撃を受ける。先陣を切って突撃してきたリヴァーレは、魔族の間でもその名を知られたアイゼンが相手と知って歓喜し、改めて彼と同じ戦斧を手に取る。リヴァーレが完全に自分狙いだと気付いたアイゼンは、この場に留まってその攻撃を食い止めることを決意し、ヒンメルたちを先に行かせる。
しかし、ヒンメルたちが女神の石碑を目指すことは魔族側も予想しており、彼らが進む先にはグラオザームとソリテールが待ち構えていた。強力な精神魔法の使い手であるグラオザームは、「自分でも諦めてしまった幸せな夢を見せる」と言ってフリーレン、ヒンメル、ハイターに幻影の魔法をかける。フリーレンとヒンメルが倒れる中、創世の女神から強力な加護を受けている僧侶のハイターは幻術に取り込まれずに正気を保ち、いざヒンメルとフリーレンにトドメを刺さんとするグラオザームとソリテール相手に必死の防戦を繰り広げる。

その頃、ヒンメルとフリーレンは「仲間に祝福されながら結婚式を挙げる」幻術に囚われていた。「これは幻術だ」と気付いたヒンメルは、花嫁姿のフリーレンに「この状況を打ち破るにはどうすればいい」と尋ねる。「この結婚式は本当の出来事だとしか思えないが、ヒンメルが幻術だと言うのならそうなのだろう」と考えたフリーレンは、彼に幻術の世界の外から伝わるわずかな違和感を頼りに戦うよう助言する。ヒンメルはこれに従い、式場の喧騒以外の衣擦れの音、呼吸音、風の動きを感じ取って大暴れ。ソリテールの援護も物ともせず、幻術に囚われたままグラオザームを追い詰める。
グラオザームが負傷したことで幻術が途切れ、ヒンメルは正気に戻ったフリーレンを女神の石碑の下へと送り出す。彼女の精神が未来へと戻っていったのを確認したソリテールは、「未来の知識を持つフリーレンを倒すことが最大の目的だった、彼女の精神が本来あるべき時代に戻ったのであれば戦う意味が無い」としてグラオザームと共に撤退。予想を遥かに超える力を見せつけたヒンメルとこれ以上戦えば、自分たちの方が返り討ちにされかねないという計算もそこにはあった。1人リヴァーレと死闘を繰り広げていたアイゼンは、傷だらけになりつつもなんとか相手に渾身の一撃を叩き込んで崖下へと突き落とし、ヒンメルの指示に従って追撃することなく退却する。リヴァーレは「久々に楽しい戦いだった」と言って、自分に手傷を負わせたアイゼンを称賛するのだった。

「女神の石碑の戦い」のその後の影響

フリーレンの精神は無事に未来へと戻るが、「未来の自分自身に肉体を奪われる」形となったこの時代のフリーレンは、それと同じ1週間分ほどの記憶が曖昧になる結果となった。その後もヒンメルたちは冒険を続け、魔王を打ち倒し、世界に平和をもたらす。
その後フリーレンとはいったん別れるが、ヒンメル、ハイター、アイゼンの3人は未来の彼女と約束した通りに聖典の解読に取り掛かり、数十年かけて「過去の自分に精神を送り込む魔法」を解明。ヒンメル自身がこれを女神の石碑に石碑に彫り込んだ。

この際、ヒンメルは関所の近くで暮らす若い戦士と知り合い、彼に自分が「未来のフリーレンのためにここまで来た」旨を語る。若い戦士は伝説の英雄との出会いに驚く一方、ヒンメルたちに数十年を要する仕事を依頼する形になっておきながら会いに来ないフリーレンのことを「さすがに不義理ではないか」と感じる。この時ヒンメルから「過去に渡る未来のフリーレン」がいつ女神の石碑を訪れるかの大体の時期を聞いたこの戦士は、そのタイミングで彼女に接触。晩年のヒンメルの様子を彼女に伝えた。
一方、女神の石碑の戦いでヒンメルたちと交戦した大物魔族たちはそれぞれに別の道を歩んだ。グラオザームは「ヒンメル一行に討たれた」とされているが、“目の前にいる”ことすら認識できなくさせるほどの精神魔法の使い手であることから、ヒンメルたちに倒されたふりをして潜伏している説も存在する。ソリテールは女神の石碑に再挑戦する直前の未来のフリーレンと交戦し、彼女とその弟子のフェルンの連携の前に敗れて死亡。リヴァーレは魔王軍壊滅後も気ままに強者との戦いを楽しみ、シュタルクの故郷の村を壊滅させている。トートは女神の石碑の戦い以降全く姿を見せておらず、自身の呪いが世界全体を覆う日を虎視眈々と待ち続けている状態である。

「女神の石碑の戦い」の重要人物・キャラクター

勇者ヒンメル一行

フリーレン

YAMAKUZIRA
YAMAKUZIRA
@YAMAKUZIRA

Related Articles関連記事

葬送のフリーレン(FRIEREN)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

葬送のフリーレン(FRIEREN)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『葬送のフリーレン』とは、原作山田鐘人、作画アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。 勇者ヒンメルと共に魔王を倒したエルフの魔法使いフリーレン。その50年後、ヒンメルがあっさりと寿命で息を引き取った時、彼女は自分と比べてあまりに短い時間しか生きられない人間の儚さを知り、苦楽を共にしてきた彼のことを自分が何も知らないという事実に激しく後悔する。人とは何か、自分にとってのヒンメルとは何者だったのかを今度こそ理解するため、フリーレンは新たな仲間たちと共に旅立っていく。

Read Article

葬送のフリーレンの魔法・呪い・必殺技まとめ

葬送のフリーレンの魔法・呪い・必殺技まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 典型的なファンタジー世界を舞台としており、物語には多種多様な魔法や技が登場する。炎や雷を放つ戦闘用の魔法から戦士の振るう一撃必殺の大技、魔族の用いる解析不能の呪いまで、その用途も効果も様々である。ここでは、そんな『葬送のフリーレン』に登場する魔法と呪いと必殺技を紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンの七崩賢まとめ

葬送のフリーレンの七崩賢まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 七崩賢は、作中に登場する魔王軍の幹部である。具体的に七崩賢という枠組みができたのがいつのことなのかは不明だが、いずれもが人知の及ばぬ強大な魔法を操り人類を脅かした。南の勇者との戦いで3人、勇者ヒンメル一行に2人が討ち取られ、生き残った2人も魔王軍壊滅後にフリーレンに倒され全滅した。

Read Article

葬送のフリーレンの料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

葬送のフリーレンの料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 物語の舞台はいわゆるファンタジー世界だが、料理に関してはかなり進んでおり、ドーナツやパフェも登場する。主人公のフリーレンたちは旅の行く先々で様々な料理を食べ、舌鼓を打っている。ここでは、『葬送のフリーレン』に登場する料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物をまとめて紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンの恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

葬送のフリーレンの恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 作中では様々なキャラクターが交流しており、その中には恋愛関係に発展しそうなものも少なくない。主人公のフリーレンからして「自分とヒンメルの関係」を理解できておらず、その想いの行く末が注目されている。ここでは、『葬送のフリーレン』の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人を紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンの魔族まとめ

葬送のフリーレンの魔族まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 典型的なファンタジー世界を舞台としており、作中には人類を捕食する魔族という種族が登場する。人間を狩るために言葉を学び、人間を騙すために似た姿を獲得し、人間のものとは異なる特殊な魔法を操り、魔力の多寡で上下が決まる風習を持つ。ここでは、『葬送のフリーレン』に登場する魔族を紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンの勇者ヒンメル一行まとめ

葬送のフリーレンの勇者ヒンメル一行まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 勇者ヒンメル一行は作中に登場する人間と亜人の混合パーティーで、物語のメインとなる時間軸の80年前に魔王の討伐に成功した英雄たちである。主人公のフリーレンもその1人で、1000年以上の時を生きた彼女をして「化け物」と評する傑出した実力者がそろっている。

Read Article

葬送のフリーレンのミニアニメ「●●の魔法」まとめ

葬送のフリーレンのミニアニメ「●●の魔法」まとめ

『葬送のフリーレン 〜●●の魔法〜』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』を原作とする公式のミニアニメ。アニメ版『葬送のフリーレン』の放送に合わせ、YouTubeで順次公開された。 『葬送のフリーレン』の主人公フリーレンはエルフの魔法使いで、日常生活で少しだけ役に立つ民間魔法を集めることを趣味としている。『葬送のフリーレン 〜●●の魔法〜』ではこの点をクローズアップし、フリーレンが手に入れた新たな民間魔法と、それによるちょっとした騒動を描いている。

Read Article

葬送のフリーレンの戦士・騎士まとめ

葬送のフリーレンの戦士・騎士まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 典型的なファンタジー世界を舞台としており、作中には武器を手に戦う戦士や騎士が多数登場する。人間、ドワーフ、魔族など種族も様々で、中には一撃で竜を叩き伏せ、ダイヤモンドすら握り潰すほどの怪力を誇る猛者もいる。ここでは、『葬送のフリーレン』に登場する戦士と騎士を紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンの魔法使いまとめ

葬送のフリーレンの魔法使いまとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 典型的なファンタジー世界を舞台としており、この手の作品には定番の職業である「魔法使い」が数多く登場する。主人公のフリーレンもまた魔法使いであり、彼女と人間や魔族の魔法使いたちとの魔法勝負も作品の見所の1つとなっている。ここでは、『葬送のフリーレン』に登場する魔法使いたちを紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンのエルフまとめ

葬送のフリーレンのエルフまとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 典型的なファンタジー世界を舞台としており、主人公のフリーレンを始めとする登場人物の何名かはエルフとなっている。エルフとは長い耳と1000年以上の寿命を持つ人類の亜種で、人間と共に暮らしている者も多い。ここでは、そんな『葬送のフリーレン』に登場するエルフを紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンの魔物まとめ

葬送のフリーレンの魔物まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 物語の舞台はいわゆるファンタジー世界で、竜などの有名なものから巨人のようなものまで荒野や森の奥地を様々な魔物が闊歩している。フリーレンたちは時には旅の中で彼らと交戦し、時には仕事として彼らの討伐を請け負う。ここでは、『葬送のフリーレン』に登場する魔物をまとめて紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンの僧侶・武道僧まとめ

葬送のフリーレンの僧侶・武道僧まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 典型的なファンタジー世界を舞台としており、作中には天地創造の女神を信仰する僧侶が登場する。「女神の魔法」と呼ばれる特殊な魔法を操る治癒と解毒の専門家だが、中には武道僧という“僧侶にして武術を修めた”人物も存在する。ここでは、『葬送のフリーレン』に登場する僧侶と武道僧を紹介する。

Read Article

葬送のフリーレンのドワーフまとめ

葬送のフリーレンのドワーフまとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 典型的なファンタジー世界を舞台としており、登場人物の何名かはこの手の作品では定番のキャラクターであるドワーフとなっている。ドワーフとは小柄で屈強な体を持つ人類の亜種で、人間とは友好的で街の一員として暮らしていることも多い。ここでは、『葬送のフリーレン』に登場するドワーフを紹介する。

Read Article

葬送のフリーレン名勝負「一級魔法使い試験」のネタバレ解説・考察まとめ

葬送のフリーレン名勝負「一級魔法使い試験」のネタバレ解説・考察まとめ

「一級魔法使い試験」とは、人間を知るための旅を続けるエルフの魔法使いフリーレンの姿を描いた『葬送のフリーレン』で繰り広げられた名勝負の1つ。一級魔法使い試験に臨む世界有数の魔法使いたちによる、熾烈な戦いや様々な駆け引きを描いている。 旅の途中で一級魔法使いの資格を欲したエルフの魔法使いフリーレンは、弟子のフェルンと共にこの試験が開催されるオイサーストへと向かう。宮廷魔法使いデンケン、北部魔法部隊の隊長ヴィアベルといった猛者たちもこれに参加し、時に争い、時に協力しながら試験を突破していく。

Read Article

葬送のフリーレン名勝負「断頭台のアウラとの戦い」のネタバレ解説・考察まとめ

葬送のフリーレン名勝負「断頭台のアウラとの戦い」のネタバレ解説・考察まとめ

「断頭台のアウラとの戦い」とは、人間を知るための旅を続けるエルフの魔法使いフリーレンの姿を描いた『葬送のフリーレン』で繰り広げられた名勝負の1つ。かつて魔王軍幹部「七崩賢」の一員だった断頭台のアウラとその軍勢を相手に、フリーレンと仲間たちが奮闘する内容となっている。 グラナト伯爵領を訪れたフリーレンは、この地の人々がアウラの軍勢と戦い続けてきたこと、相手の申し出で和睦を結ぼうとしていることを知る。それが魔族の策略だと見抜いたフリーレンは、かつて取り逃がしたアウラを今度こそ討つべく戦いに臨む。

Read Article

葬送のフリーレン名勝負「黄金郷ヴァイゼの戦い」のネタバレ解説・考察まとめ

葬送のフリーレン名勝負「黄金郷ヴァイゼの戦い」のネタバレ解説・考察まとめ

「黄金郷ヴァイゼの戦い」とは、人間を知るための旅を続けるエルフの魔法使いフリーレンの姿を描いた『葬送のフリーレン』で繰り広げられた名勝負の1つ。黄金へと姿を変えた城塞都市ヴァイゼの解放を巡り、フリーレンと彼女の仲間たちが大魔族マハトに挑んだものである。 人類との共存を目指すマハトは、魔族に無い罪悪感という感情を学ぶため、友と呼べるほど親しくなった人間ごと城塞都市ヴァイゼを黄金へと変える。数十年後、ヴァイゼ出身の魔法使いデンケンがマハトの打倒のため動き出し、フリーレンもこれに協力していく。

Read Article

葬送のフリーレンの回収済み・未回収の伏線・謎まとめ

葬送のフリーレンの回収済み・未回収の伏線・謎まとめ

『葬送のフリーレン』とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる、“勇者による魔王退治”の後日談を描いた漫画作品。勇者ヒンメルの死を見届けたエルフの魔法使いフリーレンが歩む、「人間を知るための旅路」を描いている。 主人公のフリーレンは1000年以上の時を生きており、彼女の半生はもちろん「勇者一行がどのようにして魔王を倒したのか」、「魔王は何を目的にしていたのか」など、様々な情報が謎のままだったり伏せられた状態になっている。ここでは、『葬送のフリーレン』の謎や回収済み・未回収の伏線を紹介する。

Read Article

フリーレン構文とは!?元ネタ・使い方・トリビア・反応など徹底解説!

フリーレン構文とは!?元ネタ・使い方・トリビア・反応など徹底解説!

「フリーレン構文」とは、人間を知るための旅を続けるエルフの魔法使いの活躍を描いた『葬送のフリーレン』を元ネタとするネットスラング。 主人公で1000年以上の時を生きるフリーレンの、「長く生きている」からこそのトンチンカンな反応を、現実の高齢オタクのあるあるになぞらえたジョークである。 「“人間を知る”ための旅をしているフリーレンが、どうでもいいか知らない方がいいような知識に興味を持つ」というパターンも存在し、これも同じ名で呼ばれている。 ここでは2種類の「フリーレン構文」を紹介する。

Read Article

ファンタジーの定番「エルフ」とは!?元ネタ・特徴・能力・有名キャラクターを徹底解説!

ファンタジーの定番「エルフ」とは!?元ネタ・特徴・能力・有名キャラクターを徹底解説!

エルフとは、ファンタジー風の異世界を舞台とする作品にたびたび登場する、人間に近い姿をした「亜人」と呼ばれる種族の1つである。もともとは北欧に伝わる妖精の一種で、『指輪物語』や『ロードス島物語』といった作品で取り上げられながら設定が整理されていった。 エルフは長い耳と人間の数倍以上の寿命を持ち、種族的に高い魔力を持つ。自然を崇拝し、森の中を主な生活圏にしており、他種族に対しては排他的な傾向が強い。ここでは、ファンタジー物の作品では定番のキャラクターであるエルフについて解説していく。

Read Article

ヒンメル理論/ヒンメル構文とは!?元ネタ・使い方・トリビア・反応など徹底解説!

ヒンメル理論/ヒンメル構文とは!?元ネタ・使い方・トリビア・反応など徹底解説!

「ヒンメル理論/ヒンメル構文」とは、人間を知るための旅を続けるエルフの魔法使いの活躍を描いた『葬送のフリーレン』を元ネタとするネットスラング。 作中で魔王討伐を果たした勇者ヒンメルは、その高潔な人柄で仲間たちに感銘を与え、彼らの人生にも大きな影響を及ぼした。ヒンメルの死後、その仲間たちは誰かに手を差し伸べては「ヒンメルならそうした」と語り、共に旅をした偉大な勇者に恥ずかしくない人間であろうと努めていく。ヒンメル理論はこれを現実に持ち出して、何かを実行する時に唱えて勇気を奮い起こすものである。

Read Article

ファンタジーの定番「ドワーフ」とは!?元ネタ・特徴・能力・有名キャラクターを徹底解説!

ファンタジーの定番「ドワーフ」とは!?元ネタ・特徴・能力・有名キャラクターを徹底解説!

ドワーフとは、ファンタジー風の異世界を舞台とする作品にたびたび登場する、人間に近い姿をした「亜人」と呼ばれる種族の1つである。もともとは北欧神話に登場する妖精の一種で、『指輪物語』や『ロードス島物語』といった作品で取り上げられながら設定が整理されていった。 ドワーフは小柄で屈強な体を持ち、手先が器用で鉱物の加工を得意とする。酒を好み、髭が長く、偏屈なところはあるが人間に対して友好的である。ここでは、ファンタジー物の作品では定番のキャラクターであるドワーフについて解説していく。

Read Article

葬送のフリーレンの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

葬送のフリーレンの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『葬送のフリーレン』とは、山田鐘人(原作)とアベツカサ(作画)による漫画作品。 10年の歳月を費やして魔王を打倒し世界を救った勇者一行。その50年後、勇者ヒンメルは昔の仲間たちと再び集い、人生の幕を閉じた。 その一行の中にいたエルフのフリーレンは、その長寿な種族の性質上、人間と深く交わることがほとんどなかった。しかし、10年という歳月を共に生きた友の訃報を受け、彼女は人間と交流し理解しようという決意を固める。 勇者一行や勇者に助けられた者たちなどの多くの名言・名セリフが登場する。

Read Article

ミリアルデ(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

ミリアルデ(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

ミリアルデとは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』に登場するキャラクター。殺されない限りは不老不死に近い存在であるエルフの女性。 過去に「“なんの価値もないゴミ”を、そうとは知らずに人生を懸けて探し求めた」ことがあるらしく、その反動でか無気力で無味乾燥な性格。自分と同じような人生を歩む者が現れることを期待したのか、不味いことで話題になっていた皇帝酒を「最上の名酒」と称える碑文を残した。ミリアルデは主人公フリーレンの知り合いだが、本人が今どこで何をしているかは不明。

Read Article

終極の聖女トート(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

終極の聖女トート(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

終極の聖女トート(しゅうきょくのせいじょトート)とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』に登場するキャラクター。人類側にも広くその名を知られた大魔族ながら、戦いを好まず魔法の探求に勤しむ変わり者である。 魔王の打倒を目指す勇者ヒンメル一行を討伐するため集められた4名の大魔族の1人。しかし招集には応じておきながら、「戦うのは苦手」といって1人引き返してしまう。この時点でなんらかの呪いを無差別に振り撒いており、「100年後には私の呪いが星全体を覆い尽くす」と豪語した。

Read Article

ユーベル(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

ユーベル(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

ユーベルとは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』の登場人物。魔法都市オイサーストで開催される一級魔法使い試験に参加した、殺戮に忌避感を抱かない危険な女魔法使いである。 本人が“切れる”と認識したものを問答無用で両断する「大体なんでも切る魔法」の使い手で、2年前の二級魔法使いでは試験官の魔法使いを殺害して失格している。その後一級魔法使い試験に挑戦し、主人公のフリーレンやその弟子フェルンと協力してこれを突破する一方、参加者の1人であるラントに興味を抱いて近づいていく。

Read Article

クラフト(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

クラフト(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

クラフトとは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』に登場するキャラクター。1000年以上の時を生きるフリーレンよりさらに高齢のエルフで、女神を信仰する武道僧(モンク)である。 記憶にも記録にも残らない古の昔、仲間たちと共になんらかの偉業を果たす。それがどのようなものかは作中で語られていないが、自分たちの過去がこの世から忘れられていくことを憂いたクラフトは、人間たちの信仰対象である女神を崇め始める。長い旅の中で偶然フリーレンと出会い、数百年後の再会を予感しつつ別れた。

Read Article

フリーレン(葬送のフリーレン主人公)とは【徹底解説・考察まとめ】

フリーレン(葬送のフリーレン主人公)とは【徹底解説・考察まとめ】

フリーレンとは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』の登場人物。物語の主人公であり、かつて勇者ヒンメルや仲間たちと共に魔王を倒して世界に平和をもたらした魔法使い。見た目は幼いが、エルフと呼ばれる長命種の存在で、年齢は1000歳を超えている。 冷静沈着で感情の起伏に乏しい。魔法使いとしては最上位クラスの実力者で、多くの魔族を葬ったことから「葬送のフリーレン」の異名を持つ。勇者ヒンメルの葬儀の際、自分が彼のことを何も知らないことに愕然とし、人間を知るための旅に出る。

Read Article

ヒンメル(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

ヒンメル(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

ヒンメルとは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』の登場人物。僧侶ハイター、戦士アイゼン、そしてエルフの魔法使いフリーレンと共に魔王を討伐した勇者。この冒険は物語の本筋からすると過去の出来事で、ヒンメル自身は第1話で老衰により死亡する。 ポーズにこだわった銅像を各地に残すなどナルシスト的なところもあるが、困っている人を見掛ければ旅の途中だろうと助けて回る善良にして高潔な人物。フリーレンには好意と憧れの混じった感情を抱いていたが、それを明かさぬまま息を引き取った。

Read Article

エーレ(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

エーレ(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

エーレとは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』の登場人物。一級魔法使いの祖父を持つ、魔法学校を首席で卒業した才媛である。 幼い頃にヴィアベル率いる北部魔法隊に自身の街を救われ、この時の経験と祖父の影響で自身も魔法使いを志す。後に一級魔法使い試験の会場で偶然ヴィアベルと再会したエーレは、彼と共にこれに参加。奮戦するも、結局は三次試験で失格する。しかしヴィアベルの人柄を改めて知って気に入ったのか、以降エーレは彼と行動を共にして相棒のごとく振る舞うようになる。

Read Article

ヴィアベル(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

ヴィアベル(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

ヴィアベルとは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』の登場人物。魔王軍残党と長年戦い続けてきた北部魔法隊の隊長であり、その経歴に見合う高い戦闘能力を持つ。 強面で言動も荒々しく、必要だと判断した殺しは躊躇なく実行する。しかし不要な戦いは避けるなど軍人としては良識的で、戦いを離れれば面倒見の良さや気配りの上手さを発揮する二面性のある人物。一級魔法使い試験に参加した中でも屈指の猛者として注目される一方、主人公フリーレン一行の戦士シュタルクを熱心に自軍にスカウトする。

Read Article

ゼンゼ(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

ゼンゼ(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

ゼンゼとは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』の登場人物。大陸全土でも45人しかいない一級魔法使いの1人で、髪の毛を自在に操る特殊な魔法を操る。 主人公のフリーレンが参加した一級魔法使い試験で試験官を務め、「零落の王墓」と呼ばれる未踏の迷宮の攻略を参加者に課す。この結果を見届けるためゼンゼ自身も迷宮に踏み入り、彼らの奮戦を見届けた。平和主義者を自称しているが、一級魔法使いを目指す中で命を落とす者の犠牲については許容するなど、責務に忠実かつ厳しい性格である。

Read Article

ゼーリエ(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

ゼーリエ(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

ゼーリエとは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』の登場人物。1000年以上前から生きているフリーレンをも子供扱いする、神話にも等しい時代に生まれたエルフの大魔法使い。 全知全能の女神にもっとも近いとされる力の持ち主で、大陸魔法協会の創始者。苛烈にして尊大な性格だが高慢ではなく、格下のものであっても聞くべきと判断した意見は素直に聞き入れる。フリーレンとは大師匠と孫弟子の関係にあるが、魔法使いとして目指す方向性が違うため仲はあまり良くない。

Read Article

血塗られし軍神リヴァーレ(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

血塗られし軍神リヴァーレ(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

血塗られし軍神リヴァーレ(ちぬられしぐんしんリヴァーレ)とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』に登場するキャラクター。人類側にもその名を広く知られた大魔族で、「魔族最強の戦士」を自負する猛者。 数百年を生きる大物魔族たちを前に自身を「老いぼれ」と称するなど、魔族としても非常に長命の人物。戦闘狂的な気質を持ち、強い戦士との戦いには嬉々として臨む。主要人物の1人であるシュタルクの故郷の村を襲撃し、彼以外の一族を皆殺しにした。

Read Article

リュグナー(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

リュグナー(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

リュグナーとは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』に登場するキャラクター。魔王軍最高幹部「七崩賢」の一員である断頭台のアウラに仕える3人の魔族の内の1人で、「首切り役人」と称されている。 「首切り役人」の中ではリーダー格で、経験、実力、アウラへの忠誠を高いレベルで兼ね備える。魔王討伐を果たした勇者一行の魔法使いフリーレンと過去に戦うも、手も足も出ずに逃げ出した。グラナト伯爵領攻略のため暗躍するが、フリーレンの弟子であるフェルンに敗北して死亡する。

Read Article

水鏡の悪魔/シュピーゲル(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

水鏡の悪魔/シュピーゲル(葬送のフリーレン)とは【徹底解説・考察まとめ】

水鏡の悪魔(シュピーゲル)とは、原作:山田鐘人、作画:アベツカサによる漫画『葬送のフリーレン』に登場する魔物の一種。一級魔法使い試験の二次試験では、この魔物を攻略するために本来競争相手である参加者たちが手を組むこととなった。 自分に近づいた人間の複製体を作り出し、これを操る力を持つ。この複製体は元となった人物とまったく同じ力を持つ上に、水鏡の悪魔の魔力が続く限りいくらでも作ることが可能。作中では零落の王墓と呼ばれる迷宮の最深部に巣食い、魔王討伐の英雄フリーレンの複製体を作って猛威を振るった。

Read Article

目次 - Contents