枢木スザク(コードギアス)の徹底解説・考察まとめ

枢木スザク(くるるぎスザク)とは、『コードギアスシリーズ』に登場する人物で、日本最後の首相「枢木ゲンブ」の一人息子にあたる。性格は穏やかでところどころに天然が入っているが、自分の信念のためには手段を選ばない時もある。日本人だがブリタニア軍に所属しており、身体能力やパイロットとしての才能は作中ダントツに優秀で「ゼロ」として暗躍するルルーシュの前に何度も立ち塞がる。

枢木スザクの概要

枢木スザク(くるるぎスザク)とは、『コードギアスシリーズ』に登場する人物で、日本最後の首相「枢木ゲンブ」の一人息子にあたる。性格は穏やかでところどころに天然が入っているが、自分の信念のためには手段を選ばない時もある。作中では日本は神聖ブリタニア帝国に支配されていて「エリア11」と呼ばれている。そのため日本人ではなく「イレブン」と呼ばれ、職に就きづらかったり生活などでかなりの規制を受けてしまう。だがブリタニアに申請をして「名誉ブリタニア人」になることでそのような規制の緩和が認められ、軍などにも所属できるようになる。スザクも物語が始まる頃にはこの「名誉ブリタニア人」としてブリタニア軍に所属している。だが規制が緩和されるという良い面ばかりではなく、祖国を裏切った「裏切り者」として日本人(イレブン)からは非難を受け、ブリタニア人からは扱いやすい駒として見下されるという非常に厄介なポジションである。そんな環境に苦しみつつも、身体能力やパイロットとしての才能は作中ダントツで優秀で「ゼロ」として暗躍するルルーシュの前にブリタニア軍の一員として何度も立ち塞がる。

枢木スザクのプロフィール・人物像

誕生日:皇暦2000年7月10日
年齢:17歳
人種:日本人
身長:176cm
体重:65kg
血液型:O型
星座:かに座
所属:神聖ブリタニア帝国軍
備考:名誉ブリタニア人
CV:櫻井孝宏(青年期)/渡辺明乃(少年期)

普段はかなりおっとりしていて天然っぽい発言や行動をすることが多い。加えて思いやりや気遣いを見せている描写は作中でもかなり多く、他者に対して優しく接することのできる好青年である。だが他人を優先するあまり自分のことを顧みずに死にに行くような行動を取る事もある。そのような行動をとってしまう原因は、父親であり、日本国最後の首相「枢木ゲンブ」の間にある。幼きスザクは戦争をやめさせるために説得していたものの、ゲンブは幼い息子の意見など聞くことはなかった。そんな中、スザクはなんとしても止めなければいけないと考え、最終的にはゲンブを殺害している。その罪の意識からか、スザクは「人の役に立って死にたい」と思うようになり、自分の命を軽視してしまう場面が多々見られる。また他人に否定されても、自分の信念や考えを貫く頑固さも持ち合わせており、自分自身が「悪」とみなした対象には手段を選ばない場面もある。そういった時には別人格のように会話内容や行動が変わり、普段は1人称は「僕」、2人称は「君」だが、怒っている時などは「俺」、「お前」になる。今作の主人公「ルルーシュ」との関係は、ルルーシュが父親である神聖ブリタニア帝国皇帝「シャルル」に謁見したことで、妹の「ナナリー」と一緒に日本に送り込まれた時の受け入れ先であり、辛い幼少期を共に過ごした幼馴染になる。スザクは発想や行動自体を色々考える前に実行してしまうため、作戦を考えたり緻密に考え抜くルルーシュとは時折衝突する事もあるが、スザクにとってルルーシュは友達と言える数少ない人物である。だがスザクは、ブリタニアを破壊するためのルルーシュのもう1つの姿「ゼロ」としての行動や考えに対しては全く賛同しておらず、「間違った方法で手に入れた結果には価値なんてない」と完全に否定している。ルルーシュが「ゼロ」という仮面を被り、ブリタニアを外から破壊し正しい世界にするために「黒の騎士団」を結成したのに対して、スザクはブリタニア軍に入り内部からブリタニアや世界を正しいものに変えようとしている。このことからもわかるようにルルーシュとスザクは根本的な考え方が真逆のため、作中ではゼロや黒の騎士団の宿敵として何度も立ち塞がる。

枢木スザクのナイトメアフレーム(KMF)

ランスロット

ランスロット

特別派遣嚮導技術部、通称「特派」がつくった試作嚮導兵器、第7世代ナイトメアフレーム。
常温で超伝導を実現させるレアメタルで、KMFの動力炉であるユグドラシルドライブでは触媒として用いられる。「サクラダイト」の使用率が従来のKMFに対してかなり多くなっていることで出力量は大幅に上がり驚異的な戦闘力を可能にしている。そのサクラダイトから発生するエネルギーで攻撃を防ぐ盾「ブレイズルミナス」や従来の火器とは比較にならないほどの火力並びに貫通力を誇る衝撃砲「ヴァリス」を用いて戦場を支配する。だが試作段階のため欠点も多く、長所でもある出力量の大きさに耐えきれないため稼働時間が限られている。また一番大きな欠点はランスロットを最大限に活かせるパイロットがスザク以外いないということだ。

ランスロット・エアキャヴァルリー

ランスロット・エアキャヴァルリー

特派が開発したランスロットにフロートユニットを装備し、空を自在に動けるようになった改良版。ランスロットの武装品は引き継いでいるため、攻撃力は健在で空中戦などでも大いに活躍することが期待されていた。だが従来のランスロットよりもフロートユニットを装着したことでエナジーの消費量は上がり、ただでさえ短い稼働時間はさらに短くなった。またブレイズルミナスなどの防御装備が装着されていないため、防御力は皆無の諸刃の剣でもある。

ランスロット・コンクエスター

ランスロット・コンクエスター

ランスロット事実上の最終形態。
ランスロット機が抱えていた欠点である稼働時間の短さや脱出機能などは改善されたり、装備された黒の騎士団が使用するランスロットの機動源である「サクラダイト」を無力化するゲフィオンディスターバーも対策されてかなり戦闘に対して死角がない状態になった。今回の機体では新しく強力なビーム「ハドロン砲」を発射するハドロンブラスターが新装備されたのだが発射時の強力な反動に耐えるためにランスロットの強みである機動性を犠牲にしたらしく、短所も減ったが同時に長所も無くなった部分もある。

ランスロット・アルビオン

ランスロット・アルビオン

作中に登場した過去のランスロットシリーズとは別に新しく開発された、作中には2機しかない第9世代新型KMF。課題となっていた機動力と戦闘力の共存は新技術である「エナジーウイング」と呼ばれる、画像にもある緑色の翼のようなもので解決してみせた。またこのアルビオンはスザクのために作られた機体であり、スザクの身体能力やパイロットとしての才能を発揮できるように調整が施されている。初出陣には帝国最強の騎士「ナイトオブワン」であるビスマルク率いる軍隊を単騎で全て撃破するというとんでもない戦闘力を見せつけた。

枢木スザクの来歴・活躍

『コードギアス 反逆のルルーシュ』

出会いと再会

カプセルの中身を目撃するルルーシュ(左)とスザク(右)

スザクは幼少期に、ブリタニアから人質として送り込まれてきたブリタニア皇族で同い年の少年ルルーシュとその妹ナナリーに出会う。ルルーシュは第11皇子であり第17位の皇位継承権を所有していた人物でもある。スザクは敵国であるブリタニアの皇族という事もあってか2人と仲良くする気はなかった。だが目が見えないながら物事の本当のことを見ていて、何よりも優しくあるナナリーやそんな妹のナナリーを必死に守るルルーシュの姿を見て、スザクは心を入れ替えて2人とかけがえのない時間を過ごす。3人の間には言葉には表せない絆が芽生えて生きた頃、状況は急激に悪化する。ブリタニアが日本への侵攻を始めたのである。大国であるブリタニアの前になす術もなく攻め込まれていく日本、そんな劣勢の中でも犠牲を承知で徹底抗戦を唱えるスザクの父親であり日本国首相の「枢木(くるるぎ)ゲンブ」。そんな父親に対して戦争をやめるように説得を試みるスザクであったが、ゲンブが息子の言葉に耳を傾ける事はなかった。どうにかして止めなければいけないという思いに駆られたスザクは無我夢中に行動した結果、父親を殺してしまうのである。表向きには枢木ゲンブは自害したことになり、スザクの行いは闇に葬られることになる。このような事件もあり日本はブリタニアに敗北、11番目の植民地という意味を込めて「エリア11」と呼ばれるようになったのであった。
時が流れ、17歳になったスザクは、ブリタニア政府に「名誉ブリタニア人」になることを申請する。「名誉ブリタニア人」とは日本人が様々な制限や差別から解放され、また軍などにも所属ができるようになる制度のことである。スザクはこれを利用してブリタニア軍に所属することになったのだ。そんな中、後に同じ学校のクラスメイトにもなるブリタニア人と日本人のハーフの女性「紅月(こうづき)カレン」などが所属するレジスタンス「扇(おうぎ)グループ」に政府重要物資である毒ガスのカプセルが強奪されるという事件が勃発。スザクはそのカプセルの奪還作戦の任務に就き、捜索することに。そしていち早くカプセルを見つけるのだったがそこには民間人の学生が居合わせてしまう。その学生とは幼き頃共に過ごした友達「ルルーシュ」であった。ブリタニアの軍人になっていることをルルーシュに驚かれつつも互いに生きて再会したことに喜びを分かち合う2人。そんな再会に喜んでいる間にカプセルが開いてしまう。しかしそこから現れたのは毒ガスでもなく「ただの少女」であった。2人が驚いているとそこにスザクの上官率いる軍が到着する。スザクの功績を称えつつも、政府が極秘に行っていた実験の一部(謎の少女)を目撃してしまった民間人であるルルーシュを始末しろと命令する。その命令に対してスザクは「友達は撃てない」と拒否したところ、上官に撃たれてしまう。撃たれて地面に倒れこむスザクであったが、皮肉にも父の形見の懐中時計のおかげで助かった。意識が戻り気が付いたスザクはブリタニア軍天才技術者「ロイド」とその助手「セシル」と面会する。そんな中で、スザクはロイドによって開発されていたKMF(ブリタニアが開発した人型自在戦闘装甲騎)「ランスロット」のテストデバイサー(パイロット)に任命される。怪我の治療が終わったスザクはランスロットに搭乗し、ルルーシュが「謎の男」として指揮を執っていた「扇グループ」と交戦。なんと単騎で「扇グループ」を制圧してしまう。そんな予想外の功績を上げたことによりランスロットの正式なデバイサーになったのだ。だがスザクの奮闘空しくその戦いの後「エリア11」総督である「クロヴィス」が何者かに暗殺されてしまう。そしてなんとスザクは証拠を捏造されクロヴィス暗殺の容疑者として逮捕され、全国に報道されてしまうのだ。そこには名誉ブリタニア制度をよく思わない派閥による思惑があったのだ。というのも、ここで名誉ブリタニア人であるスザクを逮捕し処刑したら「名誉ブリタニア人」という制度をなくす口実になるということであった。そんな思惑によって偽装されたスザクの処刑は全国放送される前で行われることになる。そして処刑当日、大勢の観衆の前で、処刑の前のパレードが行われていた最中に、「ゼロ」と名乗る謎の男が現れスザクを救出したのである。助けられた後でスザクはゼロにブリタニアに反乱する組織に入らないかと誘われる。だがその誘いをスザクは「間違った方法で手に入れた答えに意味はない」と切り捨て拒絶、助けてもらったにもかかわらず再度ブリタニア軍に戻るのである。そのゼロと呼ばれる人物はルルーシュであり、友達を敵にしたくないという思いで行った決死の救出作戦であったが、根本的な考え方がルルーシュとスザクでは違っており失敗に終わってしまう。そこからスザクはランスロットとともにブリタニア軍として内部から正しい世界にすることを選び、一方でルルーシュは「ゼロ」として自分がリーダーを務める組織「黒の騎士団」を創立し、ブリタニアを壊すことで世界を正しいものにすることを選ぶ。目的は同じだが手段が違う両者。その両者の対立関係はここから始まったのだった。

出逢いと苦悩

ユフィ(左のピンク髪の女性)を支えるスザク(右)

ageno3
ageno3
@ageno3

Related Articles関連記事

コードギアス 反逆のルルーシュ(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

コードギアス 反逆のルルーシュ(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『コードギアス 反逆のルルーシュ』とは、2006年10月~2007年3月にかけて全25話が放送されたサンライズ制作のSFロボットアニメ作品。コードギアスシリーズの第1期作品である。舞台は現実と異なる世界線を辿った架空の世界。神聖ブリタニア帝国領土下の日本に住むブリタニア人のごく普通の学生ルルーシュ・ランペルージがある日、他人に自分の命令を強制出来る超能力「ギアス」の力を手に入れたことをきっかけに、死んだ母親の仇と妹のナナリーのため「ゼロ」と名乗ってブリタニアへの復讐を始めていく。

Read Article

コードギアス 反逆のルルーシュR2(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

コードギアス 反逆のルルーシュR2(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

サンライズ制作によって放送されたダークヒーローアニメの続編。現実とは異なる世界線で、母国に捨てられた皇子・ルルーシュが、テロリストの仮面をかぶり、”ギアス”という名の超能力を駆使して復讐劇を開始する。だが前章にて、ルルーシュは親友だったはずの男に売られ、記憶を失ってしまった。彼が記憶を取り戻し、野望を現実にした時、世界はかつてない変革を迎える。

Read Article

紅月カレン(コードギアス)の徹底解説・考察まとめ

紅月カレン(コードギアス)の徹底解説・考察まとめ

紅月カレン(こうづきカレン)とは、『コードギアスシリーズ』に登場する人物で、主人公であるルルーシュが「ゼロ」としてリーダーを務めている「黒の騎士団」に所属している。ブリタニアの貴族と日本人の母の間に生まれるが、心は日本人である。また愛する家族を奪われれたことでブリタニアに強い恨みを持っておりブリタニアに占領されていた日本で次々と反乱を起こす首謀者の一員になっていく。

Read Article

ロイド・アスプルンド(コードギアス)の徹底解説・考察まとめ

ロイド・アスプルンド(コードギアス)の徹底解説・考察まとめ

ロイド・アスプルンドとは『コードギアス 反逆のルルーシュ』シリーズの登場人物。一流の科学者であり、神聖ブリタニア帝国第2皇子であるシュナイゼル・エル・ブリタニア直轄の「特別派遣嚮導技術部(通称:特派)」の主任を務める。科学者としての実力は申し分ないが技術開発にしか興味がなく、人付き合いから逃れるべく「空気を読まない」言動や子供のような振る舞いで他人を遠ざけている。枢木スザクが搭乗するナイトメアフレーム・ランスロットの開発者で、彼が死に急いでいることを察して挑発を重ねるが、内心では案じ続けた。

Read Article

ロロ・ランペルージ(コードギアス)の徹底解説・考察まとめ

ロロ・ランペルージ(コードギアス)の徹底解説・考察まとめ

ロロ・ランペルージとは『コードギアス 反逆のルルーシュR2』の登場人物で、アッシュフォード学園に通う主人公ルルーシュ・ランペルージの弟。その正体は元孤児の暗殺者であり、記憶を改竄されたルルーシュの監視のためにギアス嚮団から派遣された。 相手の体感時間を止めるギアス能力を持つが、使用すると心臓に負担がかかる。記憶を取り戻したルルーシュに、家族愛への渇望を見抜かれて篭絡され、ギアス嚮団を離反。以降はルルーシュの指示に従って暗躍する一方、彼を本当の兄のように慕い、その愛情の独占を望むようになる。

Read Article

コードギアスシリーズのナイトメアフレーム(KMF)まとめ

コードギアスシリーズのナイトメアフレーム(KMF)まとめ

『コードギアスシリーズ』とは、サンライズによって制作されたSFロボットアニメ。 世界の3分の1を支配する超大国「神聖ブリタニア帝国」。その第11皇子として生まれたルルーシュ・ランペルージはテロで母を亡くし、妹のナナリーも重傷を負うという悲劇に遭う。日本に追放されたルルーシュはそこで生来の友となる枢木スザクと出会い、「ギアス」という異能の力と関わっていく。 ナナリーが幸せになれる世界を作るため、ブリタニアの植民地となった日本のレジスタンスを巻き込みながら、ルルーシュは故国に反旗を翻す。

Read Article

FLOW(バンド)の徹底解説まとめ

FLOW(バンド)の徹底解説まとめ

FLOWは、1998年に結成された日本の5人組ロックバンド。2003 年にシングル「ブラスター」で本格デビュー。男性2人のツインボーカルという特徴ある音楽性を武器に、数々のヒット曲を世に放っている。近年では多くのアニメ主題歌を手がけ、バンドの人気も急上昇中。今やFLOWが歌えばアニメもヒットするという、“アニソン界の帝王”の異名を得るほどのロックバンドである。

Read Article

ALI PROJECT(アリプロジェクト)の徹底解説まとめ

ALI PROJECT(アリプロジェクト)の徹底解説まとめ

「ALI PROJECT」とは、宝野アリカ(ヴォーカル・作詞)と片倉三起也(作曲・編曲)の音楽ユニット。通称アリプロ。鬼才宝野アリカの作る哲学的でゴシックな世界観と、片倉三起也のクラシカルなメロディで、官能的・退廃的な音楽を作っている。その音楽性からゴシック・ロリータな女の子達から多大な支持を得ている。アニメのタイアップ曲も数多く持つ。

Read Article

藍井エイル(Eir Aoi)の徹底解説まとめ

藍井エイル(Eir Aoi)の徹底解説まとめ

J-POPやアニソンを中心に歌い上げる女性歌手・藍井エイルは、アニメ『Fate/Zero』『ソードアート・オンライン』『アルスラーン戦記』などのテーマ曲で一躍有名となり、「アニソン界のヒロイン」と呼ばれる。テレビ出演に始まり、世界13ヵ国でライブを行うなど精力的な活動を続けてきたが、2016年、体調不良を理由に無期限の活動休止を発表した。

Read Article

Cö shu Nie(コシュニエ)の徹底解説まとめ

Cö shu Nie(コシュニエ)の徹底解説まとめ

Cö shu Nie(コシュニエ)とは、中村未来(Vo,Gt,Key,Manipulator)と松本駿介(Ba)による2人組ロックバンドである。2011年に大阪で結成され、2018年にソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズよりメジャーデビューした。代表曲「asphyxia」は、アニメ『東京喰種 トーキョーグール:re』の主題歌として注目を集め、iTunesチャートではTOP5を獲得するなど、アニメファンや音楽ファンから高い評価を受けた。ダークな世界観と、ボーカルの力強く美しい歌声が魅力。

Read Article

藤原さくら(Fujiwara Sakura)の徹底解説まとめ

藤原さくら(Fujiwara Sakura)の徹底解説まとめ

藤原さくらとは、福岡県出身のシンガーソングライター。2015年春期の月9「ラブソング」で主演の福山正治のヒロインをオーディションで勝ち取り、一躍知名度を全国区にした。更に、そのキュートなルックスと類稀なるハスキーボイスが魅力となりファンが急増。また、古今東西の様々な音楽を吸収した独自の音楽性は、音楽業界からも注目されており、マンネリ化するJ‐POPに新風を巻き起こしている。

Read Article

Rayflower(レイフラワー)の徹底解説まとめ

Rayflower(レイフラワー)の徹底解説まとめ

Rayflowerとは、2009年に結成し、2010年5月に『裏切りのない世界まで / 蒼い糸』でメジャーデビューした、ヴィジュアル系ロックバンド。メンバーは、都啓一、Sakura、IKUO、YUKI、田澤孝介の5人である。メンバーそれぞれが数々のバンドで活動していたり、他アーティストのサポートについていたりとセッションの経験が多く、とてもテクニカルなメンバーが揃っている。田澤の透き通るような歌声と、表現豊かな楽器隊が1曲1曲の世界観を作り上げ、ファンを魅了させるバンドである。

Read Article

凛として時雨(Ling tosite sigure)の徹底解説まとめ

凛として時雨(Ling tosite sigure)の徹底解説まとめ

男女のツインボーカル、迫力満点のドラミング、個性的な歌詞とサウンドが特徴的な3ピースロックバンド・凛として時雨。 2008年のメジャーデビューからわずか2年でオリコン1位のアルバムを世に送り込み、瞬く間に人気バンドとなった。 メンバー各自のソロ活動も並行して行いつつも、ライブを中心に活動を続けている。

Read Article

思わず見とれてしまう「美男美女」の兄妹キャラまとめ!

思わず見とれてしまう「美男美女」の兄妹キャラまとめ!

「人は顔じゃない」と言いますが、何だかんだ言ってみんな美形の人には惹かれてしまうものですヽ(゜´A`゜)ノ。その悲しい現実が顕著に現れるのが、美形ぞろいのキャラクターが溢れる2次元の世界。という事で今回は、アニメにおける美男美女の「兄妹(姉弟)達」に迫っていきたいと思います!若干気色悪く感じる文面もあるかと思いますが、その点ご了承ください(´д`)ww

Read Article

「コードギアス反逆のルルーシュ」を見た海外の反応 動画(全25話)

「コードギアス反逆のルルーシュ」を見た海外の反応 動画(全25話)

ダークヒーローアニメの面白さは世界共通なのか!?「コードギアス反逆のルルーシュ(1期)」を楽しむ世界のアニメファンのリアクション動画を全25話分まとめています。どんでん返しの連続だからこそ止まらない驚きのリアクションには、思わす共感してしまいます。(※全動画表示に時間がかかります。ご了承ください。)

Read Article

【コードギアス】ダークヒーロー主人公『ルルーシュ』の、4つの顔とは

【コードギアス】ダークヒーロー主人公『ルルーシュ』の、4つの顔とは

面白い作品に魅力的な主人公は付き物だが、今回は筆者が見てきたアニメの中でも一際異彩を放つ《ダークヒーロー主人公・ルルーシュ》について迫っていく。誰もが羨む優秀な学生、でも実は極度のシスコンで、裏では国家転覆を目論むテロリスト…。しかもその正体が死んだはずの皇子って、どういう事?いくつもの仮面を使い分けるダークヒーロー「ルルーシュ」の素顔を紐解く。

Read Article

ダークヒーローアニメ【コードギアス反逆のルルーシュR2】ついに完結!!

ダークヒーローアニメ【コードギアス反逆のルルーシュR2】ついに完結!!

前作で生死不明ENDに終わったルルーシュの反逆劇。しかし、彼は生きていた。自分が皇子であることも、テロリスト「ゼロ」であったことも、ギアスを持っていたことすら全て忘れて――。一体、ルルーシュの身に何が起こったのか!? 「どんでん返しが止まらないストーリー/ロボットアニメ/厨二病アニメ」好きにおすすめ。

Read Article

【偽物語】号泣するほど感動する漫画やアニメの名言まとめ!有名作品ばかり!【ヒカルの碁 など】

【偽物語】号泣するほど感動する漫画やアニメの名言まとめ!有名作品ばかり!【ヒカルの碁 など】

メジャーどころから新作・旧作まで、古今東西マンガ・アニメの名言を更新していきます!キャラクターたちの名言に心を震わせてください。読んだことある作品もない作品も、数々の名言だらけです!偽物語やヒカルの碁など有名作品ばかりなのでぜひ最後までご覧ください!

Read Article

『コードギアス 反逆のルルーシュ』の都市伝説・裏設定まとめ

『コードギアス 反逆のルルーシュ』の都市伝説・裏設定まとめ

『コードギアス 反逆のルルーシュ』の都市伝説・裏設定をまとめました。ここで掲載しているのは、2期25話から1期1話に繋がっていると解釈できる理由や、コードユーザーや継承といったコードに関する様々な噂など。知れば知るほどより作品が楽しめる、興味深い情報をたっぷり紹介していきます。

Read Article

【神田ユウ】誰が好き?櫻井孝宏の演じた人気キャラクター・登場人物20選【枢木スザク】

【神田ユウ】誰が好き?櫻井孝宏の演じた人気キャラクター・登場人物20選【枢木スザク】

儚げな美少年からクールなイケメンまで、幅広い役でファンを魅了する櫻井孝宏。この記事では、彼がこれまでに演じてきたアニメキャラのうち、特に人気のあるものを20個厳選しました。役の振り幅は大きいけれど、声質的にはBLにピッタリ!?声だけで様々に演じ分けられる声優って、ほんとにスゴいです。

Read Article

【必見】高評価おすすめアニメまとめ【攻殻機動隊・コードギアスなど】

【必見】高評価おすすめアニメまとめ【攻殻機動隊・コードギアスなど】

アニメ大国と言われる日本。毎年数多くのアニメが制作されており、何を見たらいいのか迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。そんな数々のアニメの中でも、長年にわたり高い評価を得ている作品を、あらすじ・レビューとともにまとめました。これさえ見ておけば間違いない、見て損はないという作品ばかりです!

Read Article

【2017年秋】この作品が面白い!私見でまとめたアニメランキング【おすすめ度順】

【2017年秋】この作品が面白い!私見でまとめたアニメランキング【おすすめ度順】

アニメ遍歴の長いとあるファンが独自制作した、「2017年の秋アニメ」と「これまで見てきたアニメ」のランキングを紹介する。それぞれのアニメに「30秒で読める分かりやすい紹介文」と「雰囲気がよく伝わるYoutube動画」を用意するという手の込みようである。 「面白いアニメ・おすすめアニメを探している」という方は、是非参考にしてみてほしい。

Read Article

目次 - Contents