「黒執事」セバスチャンとシエルの麗し原画まとめ

ゴシックで耽美な世界が大好物な方はまずハマる「黒執事」。原作者の枢やなが描き下ろした麗しのショットです。

パソコンの壁紙にも設定可能な描きおろしイラスト。
黒薔薇とレースがここまで似合うお坊ちゃまも、中々いないのでは。
シエルの右足が、セバスチャンの肩に乗せられているのがツボです。

78話の扉絵です。
柩の上でアフタヌーンティならぬ最後の晩餐のイメージでしょうか。
セバスチャンのトレイに一輪の百合、象徴的です。
このダークゴシックな感じが堪りませんね。

こんなディナーがあったら、是非同席させて頂きたいものです。
視点の角度が絶妙です。

既に一枚の絵画ですね。
シエルのブルーアイに青の衣装は本当に映えます。

骸骨馬のメリーゴーランド、似合い過ぎますね。

チェスの駒、ブックナイトに乗せている所がお洒落です。
ナイトは「女王の番犬」なとど意味をかけているのかもしれませんね。

どれも枢やなワールド全開の麗しいショットですね。
2006年の連載開始から現在まで、変わらずの人気ぶりも頷けます。
ゴシックで耽美な衣装もさることながら、ダークなストーリーも魅力的です。
悪魔との契約や、敵が天使、などツボな設定が堪りません。イギリスの黒歴史も彷彿とさせます。
今後もミュージカルの公開があるなど、まだまだ目が離せません。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

黒執事(枢やな)のネタバレ解説・考察まとめ

黒執事(枢やな)のネタバレ解説・考察まとめ

『黒執事』とは、月刊Gファンタジーにて連載中の著・枢やなによる漫画作品。 19世紀末期のイギリス、名門貴族ファントムハイヴ伯爵家の幼い領主シエル・ファントムハイヴと、シエルと契約した悪魔、執事セバスチャン・ミカエリスが、シエルの過去やイギリス女王からの依頼など事件に巻き込まれつつ真相を探ろうとするダークファンタジー。 2017年に「豪華客船編」のアニメ映画上映が決定している。

Read Article

【黒執事】かっこいいメガネ男子の画像コレクション!二次元限定!【ヴァンパイア騎士】

【黒執事】かっこいいメガネ男子の画像コレクション!二次元限定!【ヴァンパイア騎士】

メガネ男子。それは世の中の女性たちにとって萌え要素の1つ。もともとイケメンなキャラクターなのに、その人物がメガネをかけることでさらにイケメン度がUPします。メガネ男子好きにとっては、もうそれだけでご飯何杯でもおかわりできますよね。この記事では、二次元限定で素敵なメガネ男子の画像を集めました。目の保養にどうぞ。

Read Article