紫雀 / バルカス

紫雀 / バルカス

紫雀(しじゃく)とは、SF時代劇風少年漫画『銀魂』(ぎんたま)の登場人物で、アルタナ解放軍の提督。「央国という星の皇子」という過去を持ち、当時はバルカスと名乗っていた。
地球を起点とする宇宙壊滅の危機を回避するため、“先んじて地球を滅ぼす”ことを目的に大艦隊を率いて地球に到来。徳川喜喜の体を張った交渉を受けて停戦に応じるが、強硬派の暴発を止められず、この鎮圧のために地球側勢力と手を結ぶ。戦後はアルタナ解放軍側の代表として賠償などの戦後処理に努め、地球の復興に尽力した。

紫雀 / バルカスの関連記事 (3/25)

志村新八(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

志村新八(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

志村新八(しむらしんぱち)は、空知英秋作画の漫画「銀魂」で、主人公・坂田銀時の助手兼つっこみ役として活躍する少年です。ボケを連発する登場人物が圧倒的に多い中、随所で的確なツッコミを見せる彼は、銀魂において欠かすことのできない存在。地味・メガネがトレードマークですが、銀時が営む万事屋で様々な事件に直面するたびに、少しづつ成長を見せていきます。

Read Article

徳川そよ(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

徳川そよ(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

徳川そよ(とくがわそよ)は、空知英秋作画の漫画「銀魂」において、国のトップの地位にある第14代征夷大将軍を務めた徳川茂茂(しげしげ)の実妹。普段はおっとりとした柔和な印象の強い、お姫様らしい少女ですが、天然ボケなところやドSな言動も時折見受けられます。神楽とはお互いにタメ口で名を呼びあうほどの仲良しです。

Read Article

キャサリン(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

キャサリン(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

キャサリンとは、空知英秋作画「銀魂」において、主人公・坂田銀時が営む「万事屋」の真下にある「スナックお登勢」の従業員です。黒髪おかっぱ頭に猫耳、四角い顔に太い眉、分厚い唇という乱暴なビジュアルの天人で、地球に来る前は窃盗団の一味でした。お登勢の懐の深さに感動し、現在は更生して働いています。

Read Article

銀魂(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

銀魂(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「銀魂」(実写版)は、2017年7月に公開された福田雄一監督による日本映画。空知英秋作画の漫画「銀魂」の実写化作品で、原作の長編「紅桜編」がベースです。「紅桜編」は、妖刀紅桜を利用して国の転覆を目論む鬼兵隊と、それを阻止しようとする主人公坂田銀時と仲間たちの戦いを描いたもの。原作はSF時代劇コメディです。実写版はそれを忠実に再現し、ギャグ満載、時にほろりとさせる内容になっています。

Read Article

平賀源外(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

平賀源外(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

平賀源外(ひらがげんがい)は、空知英秋作画「銀魂」において、江戸一番の発明家と呼ばれている男性。幕府主催の祭りにて自作のカラクリを用いた余興を披露した際、カラクリ達に暴動を起こさせました。それ以来お尋ね者となっていますが、密かに工房を構え様々なカラクリを作っています。最終章では戦争を止めさせるため、全ての機械の動きを止めるという重要な役どころで登場しています。

Read Article

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「銀魂2 掟は破るためにこそある」とは、2018年8月に公開された、空知英秋原作の漫画「銀魂」を実写化した日本映画です。2017年公開「銀魂」の続編で、前作に続き監督は福田雄一、主演は小栗旬が務めています。前作とほぼ同じメインキャストで臨んだ本作は、原作で人気の長編「真選組動乱編」と、ギャグ色の強い「将軍接待編」をドッキングさせた内容。「真選組動乱篇」は真選組の参謀伊東鴨太郎の謀反を中心にした物語、「将軍接待編」は、万事屋がバイトするキャバクラに徳川茂茂がやってきて起きる騒動を描いたものです。

Read Article

村田鉄子(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

村田鉄子(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

村田鉄子(むらたてつこ)は、空知英秋作画「銀魂」において、主人公坂田銀時の幼馴染だった高杉晋助が提督を務める「鬼兵隊(きへいたい)」と手を組み、紅桜という刀をより強力なものにしようと試みた刀鍛冶・村田鉄矢の妹。彼女自身も刀鍛冶で、兄と二人で鍛冶屋を営んでいました。気が弱く声も小さめで、喋り方はぼそぼそとしています。

Read Article

村田鉄矢(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

村田鉄矢(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

村田鉄矢(むらたてつや)は、空知英秋作画「銀魂」において、主人公坂田銀時の幼馴染だった高杉晋助が提督を務める「鬼兵隊(きへいたい)」と手を組み、紅桜という刀をより強力なものにしようと試みた刀鍛冶。名刀鍛冶だった亡き父・村田仁鉄を超える刀を作ることしか頭の中にありません。やたら大声で話すのも彼の特徴です。

Read Article

虚(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

虚(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

虚(うつろ)とは、『銀魂』(ぎんたま)の登場人物で、星の生命エネルギーの奔流「アルタナ」の影響で不死身となり、500年の時を生きる存在。本作最大の敵である。 長い時を生きる中で化け物呼ばわりされ、幾度となく処刑され、その都度復活。苦痛と絶望の中で自我が崩壊するたびに新たな人格を作り出し、“自分を殺そうとする者たち”の技を覚え、人間を超越した魔人へと成長した。主人公坂田銀時の師である吉田松陽も、虚が持つ無数の人格の1つに過ぎない。自身の“確実な死”を求め、宇宙をも道連れにしようと画策した。

Read Article

朧(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

朧(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

朧(おぼろ)とは、SF時代劇風少年漫画『銀魂』(ぎんたま)の登場人物で、幕府直属の暗殺組織「天照院奈落」の頭領。奈落三羽と呼ばれる、同組織最強の暗殺者の1人である。 幕府の望むまま、様々な裏稼業に手を染め、主人公坂田銀時とも幾度となく交戦。その高い実力と致命傷を負っても平然と復活する化け物じみた不死性で、銀時たちを幾度も苦しめる。実は銀時の師である吉田松陽の最初の弟子で、命の恩人でもある彼の夢と幸せのために尽力していた。結局自身では松陽を救えないことを悟り、銀時たちに後を託す。

Read Article

吉田松陽(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

吉田松陽(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

吉田松陽(よしだ しょうよう)とは、SF時代劇風少年漫画『銀魂』(ぎんたま)の登場人物で、主人公である坂田銀時の師。 片田舎で「松下村塾」という私塾を開き、子供相手に学問と剣術を教えていた。しかし言いがかり同然の罪で捕らえられ、幕府によって死刑を申し渡される。師を救おうとする弟子たちの奮戦叶わず、最期は仲間を人質にされた銀時によって斬首される。実は500年もの時を生きる不老不死者の虚が持つ人格の1つで、虚の心の奥底に封じられた状態で復活。出番は少ないが、物語の最重要人物として活躍した。

Read Article

池田朝右衛門(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

池田朝右衛門(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

池田朝右衛門(いけだ あさえもん)とは、SF時代劇風少年漫画『銀魂』(ぎんたま)の登場人物で、代々幕府に仕えて首切り役人を務めてきた池田家の一員。先代である十七代目池田夜右衛門とは血のつながりはなく、彼の養女である。 義父の期待に応えるべく一心不乱に技を鍛え、手練の剣士へと成長する。しかしその義父が囚人を何人も逃がしていたことが明らかとなり、自らその首を落とすこととなる。義父の名誉を守るため出奔し、義兄との対決を経て池田家を継いで十九代目池田夜右衛門となるも、なぜか編集者を兼任する。

Read Article

六転舞蔵(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

六転舞蔵(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

六転舞蔵(ろってん まいぞう)とは、SF時代劇風少年漫画『銀魂』(ぎんたま)の登場人物で、第14代征夷大将軍徳川茂茂とその妹そよ姫の世話係をしている老侍。 マゾ的な性癖を持つが、それを別にすれば清廉で誠実な人物。もともとは前将軍徳川定定に仕え、嫌々ながら彼の謀略の片棒を担がされてきた。その中で鈴蘭太夫という遊女と愛し合うようになったが、「あの女はもはや用済み」と判断した定定によって強引に引き裂かれ、忠義と愛情の間で苦悩しながらも未だに彼女を想い続けている。

Read Article

阿伏兎(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

阿伏兎(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

阿伏兎(あぶと)とは、SF時代劇風少年漫画『銀魂』(ぎんたま)の登場人物で、宇宙海賊春雨の第七師団の副団長を務める人物。 夜兎と呼ばれる種族の天人(宇宙人)で、種族の特徴でもある高い戦闘能力を持つ。第七師団の団長である神威とは彼が子供の頃からの付き合いで、年下ながら優れた戦士である彼を部下として支えている。種族的に好戦的な夜兎の中にあって比較的理知的な性格で、同胞に対しては甘さを見せる。『銀魂』では珍しくギャグ的な活躍の少ないキャラだが、その反動かスピンオフではイジられキャラとなっている。

Read Article

一橋喜喜/徳川喜喜(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

一橋喜喜/徳川喜喜(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

一橋喜喜(ひとつばし のぶのぶ)とは、SF時代劇風少年漫画『銀魂』(ぎんたま)の登場人物で、江戸幕府の次期征夷大将軍の座を狙う野心家。将軍就任以降は徳川喜喜(とくがわ のぶのぶ)と名乗るようになる。 非道で冷酷、高慢で残忍な人物。政敵の徳川茂茂を排除するために様々な謀略を進め、幕府を裏で操る天導衆と結託。犠牲を厭わぬ姿勢でついに将軍となるも、そこでようやく天導衆によって国が滅びかけていること、自分に味方がいないことに気付く。以降は主人公坂田銀時たちと共に命を賭して事態の幕引きを図った。

Read Article

寺田辰五郎(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

寺田辰五郎(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

寺田辰五郎(てらだ たつごろう)とは、SF時代劇風少年漫画『銀魂』(ぎんたま)の登場人物で、かつてかぶき町で活動していた岡っ引き。物語開始の数十年前に死亡している。 情に篤く、腕っ節も強く、粋で華やいだ雰囲気の快男児。若い頃のお登勢や泥水次郎長とは非常に親しい間柄で、特に次郎長とは親友にしてお登勢を巡る恋敵でもあった。後にお登勢と結婚し、彼女とかぶき町を守るために次郎長と共に攘夷戦争に参加。八面六臂の活躍を見せるも、次郎長を庇って致命傷を負い、お登勢とかぶき町を彼に託して息を引き取った。

Read Article

東城歩(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

東城歩(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

東城歩(とうじょう あゆむ)とは、SF時代劇風少年漫画『銀魂』(ぎんたま)の登場人物で、柳生一門屈指の剣士集団「柳生四天王」の筆頭。 柳生家の現当主の娘である九兵衛が幼い頃から仕え、その成長を見守ってきた。九兵衛は柳生家のお家事情から男として育てられており、東城も普段はこの方針に従っているが、内心では「九兵衛は女性として生きた方が幸せなのではないか」と考えている。このため折りに触れて九兵衛の中の女性としての意識を刺激しようとしているが、趣味的な方法ばかりで彼女をドン引きさせている。

Read Article

徳川茂茂(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

徳川茂茂(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

徳川茂茂(とくがわ しげしげ)とは、SF時代劇風少年漫画『銀魂』(ぎんたま)の登場人物で、江戸幕府第14代征夷大将軍。 将軍職にあることは事実だが、幕府は宇宙規模の秘密結社「天導衆」の傀儡と化しており、肩書きに見合うほどの権力は持っていない。しかし器量と人格は将軍にふさわしいものを持ち、信頼できる者たちと協力して天導衆の支配を打ち破る計画を進める。出オチ同然のギャグキャラクターだったが、物語終盤で“主人公たちが犠牲を払いつつ守り切った後に別の場所で暗殺される”という衝撃的な形で退場した。

Read Article

圓翔(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

圓翔(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

圓翔(えんしょう)とは、SF時代劇風少年漫画『銀魂』(ぎんたま)の登場人物で、アルタナ解放軍の提督。軍事惑星「武嶺」の皇子で、戦場での獅子奮迅の暴れっぷりから「硝煙の皇子」の異名を持つ。 宇宙規模の秘密結社天導衆によって妻を失い、その復讐のためにアルタナ解放軍に参加。地球を起点とする宇宙壊滅の危機を回避するため、先んじて地球を滅ぼすことを目的とする遠征に赴く。停戦協定を受け入れられず、強硬派と共にあくまで地球を滅ぼそうとするも地球側の猛者に敗れ、味方側の兵士の凶弾に散った。

Read Article

錦幾松(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

錦幾松(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

錦幾松(にしき いくまつ)とは、SF時代劇風少年漫画『銀魂』(ぎんたま)の登場人物で、江戸でラーメン店を営む未亡人。 維新志士のテロで夫の大吾を失い、彼と2人で作った味を守るために奮闘する。ある日、真選組に追われていた桂小太郎と出会い、彼もまた維新志士であることを薄々察しつつも成り行きでしばし匿う。この縁で桂と交流するようになり、桂の友人の坂田銀時からは男女の仲であることを疑われている。大手反物屋「錦屋」の創業者・錦松五郎の娘という過去を持ち、生き別れた父にずっと見守られていた。

Read Article

星海坊主/神晃(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

星海坊主/神晃(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

星海坊主(うみぼうず)とは、SF時代劇風少年漫画『銀魂』(ぎんたま)の登場人物で、ヒロインである神楽の父。星海坊主は通り名で、本名は神晃(かんこう)。 夜兎という宇宙人で、「宇宙最強の掃除屋」、「夜兎の生ける伝説」など数々の異名を持つ作中最高峰の猛者。地球で暮らし始めた神楽を案じ、当初は彼女を強引に連れ帰ろうとした。主人公の坂田銀時など、神楽の周囲に善良で気骨のある人物がいることを知ると考えを改め、彼女を地球に残す。薄毛を気にしていたり、娘かわいさで暴走したりと、ギャグシーンでの活躍が多い。

Read Article

ハタ皇子(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

ハタ皇子(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

ハタ皇子(ハタおうじ)とは、SF時代劇風少年漫画『銀魂』(ぎんたま)の登場人物で、央国(おうこく)星の皇子。天人と呼ばれる宇宙人の1人である。 地球人への差別意識を持つが根は優しく、天人が過度な暴力を振るっているところを見ると止めることもある。生き物が大好きで、地球の珍しい生き物を収拾して回っているが、たびたび謎の宇宙生物を持ち込んで騒ぎを起こす。幼い頃に別れた兄が戻ってきて共に国を支えていくという夢を諦められず、今も“皇子”を名乗っている。兄と別れた頃はかなりの美形だった。

Read Article

椿平子/泥水平子(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

椿平子/泥水平子(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

椿平子(ちん ぴらこ)とは、SF時代劇風少年漫画『銀魂』(ぎんたま)の登場人物で、ヤクザの植木蜂一家の特攻隊長にして溝鼠組の組長泥水次郎長の娘。椿平子はその素性を隠すための偽名で、本名は泥水平子。 親友の遺言を守るため自分と母親を蔑ろにした父を憎む一方でその愛情を求め、「父を縛るかぶき町が無くなれば帰ってきてくれるのではないか」と考える。これを父と敵対する華佗に利用されてかぶき町を混乱に陥れるも、主人公坂田銀時に計画を叩き潰される。その後は次郎長と共に旅立ち、親子としての関係を修復していった。

Read Article

鳳仙(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

鳳仙(銀魂)とは【徹底解説・考察まとめ】

鳳仙(ほうせん)とは、SF時代劇風少年漫画『銀魂』(ぎんたま)の登場人物で、夜王の異名と共に吉原桃源郷に君臨する楼主。地球人ではなく夜兎という異星の戦闘民族の出身で、老いてなお恐るべき力を持つ。 かつては宇宙海賊春雨の第七師団を率いて暴れ回り、これを引退してからは地球の吉原桃源郷を力で牛耳り支配する。夜兎特有の弱点である日光を毛嫌いすると同時に強く憧れ、太陽のような優しさを持つ日輪太夫に固執し、これを手元に留めるべく監禁。日輪を解放せんとする主人公坂田銀時らと熾烈な戦いを繰り転げた。

Read Article