『聖闘士星矢』全聖闘士の必殺技・奥義まとめ

ここでは車田正美原作の漫画・アニメ『聖闘士星矢』に登場する聖闘士たちの必殺技や奥義をまとめている。アニメ化されたことで高い人気の出た『十二宮編』、『北欧アスガルド編』、『海皇ポセイドン』を中心に紹介する。

出典: blogs.yahoo.co.jp

◆廬山昇龍覇(ろざんしょうりゅうは)

廬山の大瀑布をも逆流させるという、紫龍最大の奥義。完全燃焼させた小宇宙をこめ、主にアッパーカットで強力な拳を放つ[14]。
放つ際に全身の力を込めるため、無意識に左拳のガードが一瞬下がり、心臓がガラ空きになるという弱点を星矢に見抜かれ敗れる。シュラに同様の弱点を指摘された際は、それを逆手にとって捨て身の攻撃を放っている。
また、体力の消耗が激しいときに使用すると、パワーに耐え切れず全身の毛細血管が破れて血液が吹き出し、死に至るという。

出典:wikipedia

◆廬山龍飛翔(ろざんりゅうひしょう)

龍の闘気を全身に纏い、自らの肉体を拳と化して相手に突進する技。闘気のみを相手にぶつけることもできる。

出典:wikipedia

廬山百龍覇(ろざんひゃくりゅうは)

師である童虎より受け継いだ技。無数の龍の闘気を纏った打撃を放つ。
冥界・嘆きの壁前での戦いでは、この技を冥闘士の精鋭3人に放ち2人を倒した。

出典: ameblo.jp

廬山亢龍覇(ろざんこうりゅうは)

相手を羽交い絞めにして、全小宇宙を爆発させて超高速で飛び上がり、上昇時の摩擦熱によって相手を消滅させる大技。しかし自分自身も摩擦熱に耐え切れずに死んでしまうため、師・童虎より禁じ手として封印するよう命ぜられていた。
山羊座のシュラに追い詰められた紫龍が起死回生の技として使用し、相討ちに持ちこんだ。
アニメオリジナルの北欧アスガルド編ではジークフリートへ使用を試みたが山羊座のシュラに止められ、オーディーン・サファイア消失を防ぐため発動しなかった。

出典:wikipedia

▼青銅聖闘士 白鳥星座(キグナス)の氷河(ヒョウガ)

出典: blog.livedoor.jp

若いw

14歳173cm60kg

聖闘士星矢 全キャラクターの必殺技一覧

出典: www.anikore.jp

◆ダイヤモンドダスト

小宇宙で作り出した凍気をブローに込めて放ち、相手にダメージを与え凍結させる技
一輝との死闘の際には、鏡のように変化させることで、鳳凰幻魔拳をはね返したこともある。
師匠である水瓶座のカミュによれば「ダイヤモンドダストは最も初歩的な技」とされる。序盤で同格である青銅聖闘士の海ヘビ星座の市を倒し、暗黒聖闘士であるブラックスワンを圧倒するも、格上の白銀聖闘士以上の者には通用しないことも多かったが、冥王ハーデス編ではイワンを、『聖闘士星矢Ω』ではミラーを倒している。
TVアニメではオーロラ・サンダー・アタックやオーロラエクスキューションと同等に両拳を組み合わせた型も存在し連打も行っている。

オーロラサンダーアタック

オーロラ・サンダー・アタック
TVアニメのオリジナル技。ロシア語の「ホーロドニースメルチ」では解り難いという理由で改名されたが、用途は同技に相当する。
ホーロドニースメルチの型とは異なる拳であるが、後の「オーロラエクスキューション」を彷彿させる前哨的な拳で連続撃ちも可能。

オーロラエクスキューション

師・カミュとの戦いの中で体得した技。氷河の技の中では最大の威力を誇る。
カミュと同様に、合わせた両手から絶対零度の凍気を発する

出典: blog.livedoor.jp

オーロラエクスキューションで

壮絶な12宮の戦いでオーロラエクスキューションで相打ち

出典: p.twipple.jp

カリツォー(氷結リング)

ロシア語で「輪」を意味する。相手の周りに氷の結晶のリングを作り出し、動きを封じる。その輪は次第に増えていく[12]。TVアニメでの呼称は「氷結リング」。
利用機会は多くはなく、ブラックスワンに対して使った以外は、蠍座のミロを一時的に動きを止めるのに使用した程度である。ミロがカリツォーを一払いではねのけたのに対して、氷河自身もさほど効果を当てにしてはいなかったかのような発言をしている。

出典:wiki

凍結拳

アニメのみの技。通称、シベリア仕込みの足封じ技。相手の足元に滑り込み、両足首をつかんで下半身を凍結させ、動作を封じる。自分より体格で勝る相手に有効だが、小宇宙を完全燃焼させるために消耗が激しい上、無防備な背中を相手に向ける姿勢となるため、一気に凍結しなければ自分の身に危険がおよぶ(実際、肩甲骨部分に打撃を受ける描写が多かった)という弱点も孕んでいる。

出典;wiki

▼青銅聖闘士 アンドロメダ星座の瞬(しゅん)

出典: tv.ameba.jp

13歳165cm51kg

ネビュラチェーン

腕に装備している星雲鎖で相手を攻撃する。鎖自体が本能を持っているため、自在に操ることが出来る。
以下、ネビュラストーム・ネビュラストリーム以外はすべて、星雲鎖を使った必殺技である

出典: app.famitsu.com

サンダーウェーブ

角鎖が稲妻のような形状に変化して、たとえ相手が何光年彼方にいようとも必ず追尾・攻撃する[11]。
追尾能力は高く、気配を消したり、時空を隔てた相手にも攻撃できる。
原作版・アニメ版共に、双子座のサガが操る空洞の双子座の聖衣に対しての攻撃の際に初めて使用されて以後、重要な必殺技として使用される頻度が多くなる。

出典: snk-seiya.net

ローリングディフェンス

円鎖をらせん状に回転させて全身を覆い、敵の攻撃から身を守る

サークルディフェンス

アンドロメダ星雲と同様に、自分を中心に鎖を渦巻状に張り巡らせる。ファラオ戦で魔琴に対抗するため使用。

runamutayuki1
runamutayuki1
@runamutayuki1

Related Articles関連記事

聖闘士星矢(セイントセイヤ)のネタバレ解説・考察まとめ

聖闘士星矢(セイントセイヤ)のネタバレ解説・考察まとめ

1986年から週間少年ジャンプで連載が始まる。原作者は車田正美、「リングにかけろ」、「風間の小次郎」などの代表作を持つ。 地上の愛と正義を守る、アテナの元に集まった聖闘士(セイント)たちの熱い戦いの物語である。星座や、ギリシャ神話をモチーフにした作風が、日本のみならず、世界中のファンをとりこにした。

Read Article

今年で30周年の1986年のアニメ作品10本

今年で30周年の1986年のアニメ作品10本

今年2016年は、「聖闘士星矢」「ドラゴンボール」などの作品の、30周年にあたる。アニメも含め少年ジャンプの黄金時代と言えるだろう。一方で、リアルロボットアニメを中心としたアニメブームは終わり、オリジナル作品は衰え、「ジ・アニメ」「マイアニメ」といったアニメ誌が廃刊していくという時代でもあった。そんな時代を代表する、10本の作品を選んでみた。

Read Article

海外でも評価が高い80年代のおすすめアニメランキングTOP20!【北斗の拳、シティーハンターほか】

海外でも評価が高い80年代のおすすめアニメランキングTOP20!【北斗の拳、シティーハンターほか】

日本が誇る一大カルチャー「アニメ」。日本のアニメはストーリーやキャラクター設定の綿密さ、作画技術の高さに定評があり、特に海外では高い評価を受けている。日本で放送されたアニメが外国で新たに制作されるケースもあるほどだ。本記事では海外で評価が高かった日本発の80年代アニメを、20タイトルまとめて紹介する。

Read Article

目次 - Contents